図面 (/)

技術 内視鏡の配管接続部

出願人 HOYA株式会社
発明者 高野雅弘
出願日 2004年1月30日 (16年9ヶ月経過) 出願番号 2004-022538
公開日 2005年8月11日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2005-211375
状態 未査定
技術分野 内視鏡 内視鏡 孔内観察装置
主要キーワード 各送水管 口元側 注水路 駆動用突起 給気管路 口元開口 通水洗浄 軸線位置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年8月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

主送水管路副送水管路の二系統送水管路が内蔵された内視鏡において、主送水管路内を洗浄する際に同時に副送水管路内も確実に洗浄されるようにした内視鏡の配管接続部を提供すること。

解決手段

送水タンク受け口金13内と注水器具受け口金20内とを連通させる連通路21を設けると共に、送水タンク40の接続口金41が送水タンク受け口金13に接続された状態では連通路21を閉じ、管路洗浄水注入するための洗浄水注入管60の接続口金61が送水タンク40の接続口金41に代えて送水タンク受け口金13に接続された状態においては連通路21を開く連通路開閉弁27を設ける。

概要

背景

内視鏡には一般に、挿入部の先端に配置されている観察窓の表面に向けて吹き付ける水を通すための送水管路が内蔵されており、さらに一部の内視鏡には、観察対象である粘膜面汚れを洗い流すために観察方向に向けて吹き出す水を通すための副送水管路が併設されている(例えば、特許文献1)。
特開2001−292958

概要

主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が内蔵された内視鏡において、主送水管路内を洗浄する際に同時に副送水管路内も確実に洗浄されるようにした内視鏡の配管接続部を提供すること。送水タンク受け口金13内と注水器具受け口金20内とを連通させる連通路21を設けると共に、送水タンク40の接続口金41が送水タンク受け口金13に接続された状態では連通路21を閉じ、管路洗浄水注入するための洗浄水注入管60の接続口金61が送水タンク40の接続口金41に代えて送水タンク受け口金13に接続された状態においては連通路21を開く連通路開閉弁27を設ける。

目的

そこで本発明は、主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が内蔵された内視鏡において、主送水管路内を洗浄する際に同時に副送水管路内も確実に洗浄されるようにした内視鏡の配管接続部を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

挿入部の先端から放水する水を通すための主送水管路副送水管路の二系統送水管路配管されて、上記主送水管路に送り込む水を貯留する送水タンク接続口金着脱自在に接続される送水タンク受け口金と、上記副送水管路に水を送り込むための注水器具が着脱自在に接続される注水器具受け口金とが併設された内視鏡配管接続部において、上記送水タンク受け口金内と上記注水器具受け口金内とを連通させる連通路を設けると共に、上記送水タンクの接続口金が上記送水タンク受け口金に接続された状態では上記連通路を閉じ、管路洗浄水注入するための洗浄水注入管の接続口金が上記送水タンクの接続口金に代えて上記送水タンク受け口金に接続された状態においては上記連通路を開く連通路開閉弁を設けたことを特徴とする内視鏡の配管接続部。

請求項2

上記連通路開閉弁が、上記送水タンク受け口金に何も接続されていない状態では上記連通路を閉塞していて、上記送水タンク受け口金に上記洗浄水注入管の接続口金が接続されることにより、上記連通路を開放する位置に移動させられる請求項1記載の内視鏡の配管接続部。

請求項3

上記送水タンク受け口金に上記洗浄水注入管の接続口金が接続された状態の時に上記注水器具受け口金の開口部を塞ぐための栓体が設けられている請求項1又は2記載の内視鏡の配管接続部。

請求項4

上記注水器具受け口金の開口部を塞ぐための栓体が、上記洗浄水注入管の接続口金と一体的に設けられている請求項3記載の内視鏡の配管接続部。

技術分野

0001

この発明は内視鏡配管接続部に関する。

背景技術

0002

内視鏡には一般に、挿入部の先端に配置されている観察窓の表面に向けて吹き付ける水を通すための送水管路が内蔵されており、さらに一部の内視鏡には、観察対象である粘膜面汚れを洗い流すために観察方向に向けて吹き出す水を通すための副送水管路が併設されている(例えば、特許文献1)。
特開2001−292958

発明が解決しようとする課題

0003

内視鏡使用後に内視鏡を洗浄する際には、挿入部の外表面だけでなく、送水管路の内面等も洗浄水を通して完全に洗浄する必要がある。
したがって、主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が内蔵された内視鏡においては、管路内洗浄水を注入する洗浄水注入管を二系統設けて、それらを各送水管路に接続する必要がある。

0004

しかし、副送水管路を有する内視鏡はごく一部なので、うっかりして洗浄水注入管の接続口金を副送水管路に接続することを忘れてしまう場合がある。また、内視鏡用洗浄装置によっては副送水管路用の洗浄水注入管が設けられていないものがあり、そのようなものでは副送水管路内の洗浄を行うことができない。

0005

そこで本発明は、主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が内蔵された内視鏡において、主送水管路内を洗浄する際に同時に副送水管路内も確実に洗浄されるようにした内視鏡の配管接続部を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するため、本発明の内視鏡の配管接続部は、挿入部の先端から放水する水を通すための主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が配管されて、主送水管路に送り込む水を貯留する送水タンクの接続口金が着脱自在に接続される送水タンク受け口金と、副送水管路に水を送り込むための注水器具が着脱自在に接続される注水器具受け口金とが併設された内視鏡の配管接続部において、送水タンク受け口金内と注水器具受け口金内とを連通させる連通路を設けると共に、送水タンクの接続口金が送水タンク受け口金に接続された状態では連通路を閉じ、管路内洗浄水を注入するための洗浄水注入管の接続口金が送水タンクの接続口金に代えて送水タンク受け口金に接続された状態においては連通路を開く連通路開閉弁を設けたものである。

0007

なお、連通路開閉弁が、送水タンク受け口金に何も接続されていない状態では連通路を閉塞していて、送水タンク受け口金に洗浄水注入管の接続口金が接続されることにより、連通路を開放する位置に移動させられるようにしてもよい。

0008

また、送水タンク受け口金に洗浄水注入管の接続口金が接続された状態の時に注水器具受け口金の開口部を塞ぐための栓体が設けられていてもよく、注水器具受け口金の開口部を塞ぐための栓体が、洗浄水注入管の接続口金と一体的に設けられていてもよい。

発明の効果

0009

本発明によれば、主送水管路と副送水管路の二系統の送水管路が内蔵された内視鏡において、主送水管路内を洗浄する際に同時に副送水管路内も洗浄されるので、管路内洗浄水を注入する洗浄水注入管が一つしかない洗浄装置等を用いても、主送水管路内と副送水管路内を確実に洗浄することができる。

発明を実施するための最良の形態

0010

送水タンク受け口金内と注水器具受け口金内とを連通させる連通路を設けると共に、送水タンクの接続口金が送水タンク受け口金に接続された状態では連通路を閉じ、管路内洗浄水を注入するための洗浄水注入管の接続口金が送水タンクの接続口金に代えて送水タンク受け口金に接続された状態においては連通路を開く連通路開閉弁を設ける。

0011

図面を参照して本発明の実施例を説明する。
図2は内視鏡の全体構成における配管図であり、内視鏡は、可撓性の挿入部1の基端に操作部2が連結され、図示されていない光源装置に接続されるコネクタ部3が、操作部2から後方延出する連結可撓管4の先端に取り付けられた構成になっている。

0012

そして、ほとんど全ての配管(送気管路11、主送水管路12、吸引管路15、副送水管路19)が、連結可撓管4内から操作部2内を通って挿入部1内の全長にわたって挿通配置されている。

0013

そして、挿入部1の先端面に配置されている観察窓の表面に吹き付ける空気と水を送るための送気管路11と主送水管路12については、その入口である送水タンク受け口金13がコネクタ部3の側面に突設されて、途中位置の操作部2には送気送水操作弁14が介挿接続されている。

0014

また、吸引管路15については、図示されていない外部吸引装置を接続するための吸引口金17がコネクタ部3の送水タンク受け口金13とは逆側の側面に突設されて、途中位置の操作部2に吸引操作弁18が介挿接続され、処置具挿入口16からの通路とも途中で連通している。

0015

副送水管路19は、被写体に向かって水を吹き付けるように挿入部1の先端面に観察方向に向けて開口していて、その入口である注水器具受け口金20が送水タンク受け口金13と並んでコネクタ部3の側面に突設され、注水器具受け口金20内と送水タンク受け口金13内とが連通路21によって連通している。

0016

図3は、コネクタ部3に並んで突設されている送水タンク受け口金13と注水器具受け口金20を示し、図4は、主送水管路12に送り込む水を貯留する送水タンク40の接続口金41が送水タンク受け口金13に接続されて、注水器具受け口金20に注水器具50が対向している状態を示している。

0017

コネクタ部3から突出して設けられた送水タンク受け口金13の口金筒24には、送水タンク40の接続口金41が着脱自在に差し込み接続されて、バネ材からなるCリング状のクリックバネ42により着脱可能に係止される。

0018

口金筒24の底部には、送水タンク40からの給水管路43が接続される給水受け管25が軸線位置に突設され、その接続面をシールするためのOリング26が給水受け管25に装着されている。

0019

また、そのように送水タンク40の接続口金41が口金筒24に接続されると、送水タンク40の接続口金41に給水管路43と並んで配置されている給気管路44が、口金筒24内を介して送気管路11と連通した状態になる。

0020

連通路21の送水タンク受け口金13側の開口30は、口金筒24の中間部分の側壁部に形成されており、その開口30を口金筒24の内側から閉塞する筒状の連通路開閉弁27が、軸線方向に移動自在に口金筒24内に嵌挿配置されている。31は、連通路21の開口30の外周を全周にわたってシールするためのシール部材である。

0021

連通路開閉弁27は、圧縮コイルスプリング28によって口金筒24の奥側から口元側方向に向かって常時付勢されており、通常は、口金筒24の内周部に固定的に取り付けられたストッパ29に当接して、連通路21の開口30を閉塞した状態で静止している。

0022

送水タンク受け口金13に送水タンク40の接続口金41が接続された状態の時も、図4に示されるように、接続口金41は連通路開閉弁27に対して何らの外力を与えないので、連通路21の開口30は閉塞された状態を維持している。

0023

そして、送気送水操作弁14を操作することにより、送水タンク40内に貯留されている水が給水管路43から主送水管路12内に送り込まれ、給気管路44から送気管路11内に空気を送り込むこともできる。

0024

連通路21の注水器具受け口金20側の開口38は、注水器具受け口金20の口金筒33の側壁部に形成されており、口金筒33内の底部寄りの位置には、口金筒33の底部中央に接続されている副送水管路19方向に流体流れ出るのを阻止するゴム製の逆止弁36が配置されている。

0025

逆止弁36は、口金筒33に対して口元の開口部側から挿脱自在な逆止弁支持筒34の先端部分に取り付けられていて、逆止弁支持筒34の側壁部分には通水孔37が形成されている。35はシール用のOリング、39は、逆止弁支持筒34の手元側端部に取り付けられた摘み環である。

0026

このような構成により、注水器具受け口金20に(厳密には注水器具受け口金20の逆止弁支持筒34に)注水器具50を接続して注水すると、その水が通水孔37を通って、逆止弁36を外面側から内側に向かって弾力的に変形させながら副送水管路19内に送り込まれる。

0027

内視鏡使用後に内視鏡の洗浄をする際には、図1に示されるように、管路内洗浄水を注入するための洗浄水注入管60の接続口金61を、送水タンク40の接続口金41に代えて送水タンク受け口金13の口金筒24に接続する。

0028

またそれと同時に、注水器具受け口金20の逆止弁支持筒34にその口元開口部を閉塞する栓体70を差し込む。71は、逆止弁支持筒34の内周面密着するシール用のOリング、72は、逆止弁支持筒34と弾力的に係合するCリング状のクリックバネである。

0029

洗浄水注入管60の接続口金61には、送水タンク受け口金13の口金筒24と係合するCリング状のクリックバネ62が取り付けられ、洗浄水注入管60内と口金筒24内とを連通させる注水路63が、接続口金61の軸線位置に貫通形成されている。

0030

また、接続口金61の先端部分には、接続口金61が口金筒24に差し込み接続された時に、圧縮コイルスプリング28の付勢力に抗して連通路開閉弁27を押し込んで、連通路21の開口30に面しない位置に連通路開閉弁27を退避させる弁駆動用突起65が突出形成されている。

0031

その結果、洗浄水注入管60の接続口金61を送水タンク受け口金13に差し込んで、洗浄水注入管60から送水タンク受け口金13に洗浄水を注水すると、その洗浄水が送水タンク受け口金13の口金筒24内から主送水管路12内と送気管路11内に送り込まれると同時に、連通路21内を通って、注水器具受け口金20側の逆止弁36を弾力的に変形させながら副送水管路19内に送り込まれて、それらの配管11,12,19内を一挙に通水洗浄することができる。

0032

なお、本発明は上記実施例に限定されるものではなく、例えば図5に示されるように、送水タンク受け口金13に差し込まれる洗浄水注入管60の接続口金61と注水器具受け口金20に差し込まれる栓体70とを一体に連結した構成にすれば洗浄時のセッティングが楽であり、或いは、栓体70をゴムバンド等で注水器具受け口金20に繋いだ構成をとってもよい。

0033

また、連通路21を逆止弁36より下流の副送水管路19寄りの位置に接続すれば、栓体70を省略することもできる。

図面の簡単な説明

0034

本発明の実施例の内視鏡の配管接続部の管路内洗浄状態の側面断面図である。
本発明の実施例の内視鏡の全体構成における配管図である。
本発明の実施例の内視鏡の配管接続部の側面断面図である。
本発明の実施例の内視鏡の配管接続部の内視鏡使用状態の側面断面図である。
本発明の実施例の内視鏡の配管接続部の変形例の管路内洗浄状態の側面断面図である。

符号の説明

0035

1 挿入部
2 操作部
3コネクタ部
11 送気管路
12主送水管路
13送水タンク受け口金
19副送水管路
20注水器具受け口金
21連通路
24口金筒
27連通路開閉弁
28圧縮コイルスプリング
33 口金筒
34逆止弁支持筒
36 逆止弁
40送水タンク
41接続口金
43給水管路
44給気管路
50注水器具
60洗浄水注入管
61 接続口金
63注水路
65 弁駆動用突起
70 栓体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ