図面 (/)

技術 ゴーグル装着部交換シート用収納容器

出願人 パナソニック電工株式会社
発明者 福永秀雄村上宗司澤井章人
出願日 2003年12月22日 (17年0ヶ月経過) 出願番号 2003-425101
公開日 2005年7月7日 (15年5ヶ月経過) 公開番号 2005-178875
状態 特許登録済
技術分野 内容物取出用特殊手段をもつ容器・包装体
主要キーワード 側縁片 取付用ベルト 取出用開口 装着場所 外蓋体 外縁形状 破断用 娯楽用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年7月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

複数のゴーグル装着部交換シート1を清潔に保って保管することができ、且つゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができるゴーグル装着部交換シート用収納容器Aを提供する。

解決手段

人体Hの顔面装着固定するゴーグル10の装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート1を収納する収納容器Aである。複数のゴーグル装着部交換シート1が積層された状態で収容される容器30の、前記ゴーグル装着部交換シート1の積層方向の一面の一部に、取出用開口31を設ける。これにより、ゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、取出用開口31から露出する上面のゴーグル装着部交換シート1を手指で摘んで引き上げて、一枚ずつ取り出すことができる。

概要

背景

映像表示装置等を内蔵するゴーグルは、娯楽用表示装置めまい検査用眼振計などに応用されている(特許文献1参照)。このようなゴーグルは、使用者被験者人体顔面装着固定して使用される。

このようなゴーグルは、複数人が使用する場合が多く、このためゴーグルの装着時に顔面に直接接触する部位(装着面)を清潔に保つことが求められている。そこで、ゴーグルの装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート1が提案されている。

このようなゴーグル装着部交換シート1としては、例えば特許文献2では、図5に示すように、ゴーグル10の観察光ユニット及び画像表示ユニット(図示せず)を保持するフレームに対して着脱可能であって、フレームを観察者の頭部もしくは顔面に装着するクッションパッド21および鼻当て22に各々装着するものが提案されている。かかる二つの分離した部材23、24からなるゴーグル装着部交換シート1は、ゴーグル10の使用時に、クッションパッド21および鼻当て22に装着し、使用後取り外して廃棄することにより使い棄てて、ゴーグル10を清潔に保つことができる。

また、上記のゴーグル装着部交換シート1ではクッションパッド21と鼻当て22とに分離して装着するため装着や交換に手間がかるものであるが、ゴーグル装着部交換シート1を一体のシート状部材にて形成したものとして、本出願人が、特願2003−301845において提案しているものがある。このゴーグル装着部交換シート1は、図2,3に示すように、眼部外周縁当接部2及び当接部3が一体となって形成されており、また、ゴーグル10の装着部形状に対応した形状に形成される。

このように形成されるゴーグル装着部交換シート1を保管する際には、例えば複数枚のゴーグル装着部交換シート1を重ねて積層し、これを箱等の容器に入れておくものであり、またこのゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、箱等からゴーグル装着部交換シート1の積層物を取り出し、これから一枚のゴーグル装着部交換シート1を取り出して使用するものである。
特開平9−285468号公報
特開平11−38350号公報

概要

複数のゴーグル装着部交換シート1を清潔に保って保管することができ、且つゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができるゴーグル装着部交換シート用収納容器Aを提供する。人体Hの顔面に装着固定するゴーグル10の装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート1を収納する収納容器Aである。複数のゴーグル装着部交換シート1が積層された状態で収容される容器30の、前記ゴーグル装着部交換シート1の積層方向の一面の一部に、取出用開口31を設ける。これにより、ゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、取出用開口31から露出する上面のゴーグル装着部交換シート1を手指で摘んで引き上げて、一枚ずつ取り出すことができる。

目的

本発明は上記の点に鑑みて為されたものであり、複数のゴーグル装着部交換シート1を清潔に保って保管することができ、且つゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができるゴーグル装着部交換シート用収納容器Aを提供することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

人体顔面装着固定するゴーグルの装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート収納する収納容器であって、複数のゴーグル装着部交換シートが積層された状態で収容される容器の、前記ゴーグル装着部交換シートの積層方向の一面の一部に、取出用開口を設けて成ることを特徴とするゴーグル装着部交換シート用収納容器。

請求項2

上記取出用開口を開閉自在とする蓋体具備することを特徴とする請求項1に記載のゴーグル装着部交換シート用収納容器。

技術分野

0001

本発明は、眼振計表示装置等として使用されるゴーグルに対して用いられるゴーグル装着部交換シート収納する容器に関するものである。

背景技術

0002

映像表示装置等を内蔵するゴーグルは、娯楽用の表示装置やめまい検査用の眼振計などに応用されている(特許文献1参照)。このようなゴーグルは、使用者被験者人体顔面装着固定して使用される。

0003

このようなゴーグルは、複数人が使用する場合が多く、このためゴーグルの装着時に顔面に直接接触する部位(装着面)を清潔に保つことが求められている。そこで、ゴーグルの装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート1が提案されている。

0004

このようなゴーグル装着部交換シート1としては、例えば特許文献2では、図5に示すように、ゴーグル10の観察光ユニット及び画像表示ユニット(図示せず)を保持するフレームに対して着脱可能であって、フレームを観察者の頭部もしくは顔面に装着するクッションパッド21および鼻当て22に各々装着するものが提案されている。かかる二つの分離した部材23、24からなるゴーグル装着部交換シート1は、ゴーグル10の使用時に、クッションパッド21および鼻当て22に装着し、使用後取り外して廃棄することにより使い棄てて、ゴーグル10を清潔に保つことができる。

0005

また、上記のゴーグル装着部交換シート1ではクッションパッド21と鼻当て22とに分離して装着するため装着や交換に手間がかるものであるが、ゴーグル装着部交換シート1を一体のシート状部材にて形成したものとして、本出願人が、特願2003−301845において提案しているものがある。このゴーグル装着部交換シート1は、図2,3に示すように、眼部外周縁当接部2及び当接部3が一体となって形成されており、また、ゴーグル10の装着部形状に対応した形状に形成される。

0006

このように形成されるゴーグル装着部交換シート1を保管する際には、例えば複数枚のゴーグル装着部交換シート1を重ねて積層し、これを箱等の容器に入れておくものであり、またこのゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、箱等からゴーグル装着部交換シート1の積層物を取り出し、これから一枚のゴーグル装着部交換シート1を取り出して使用するものである。
特開平9−285468号公報
特開平11−38350号公報

発明が解決しようとする課題

0007

上記のようにゴーグル装着部交換シート1を保管する場合には、箱等から一旦すべてのゴーグル装着部交換シート1の積層物を取り出さなければならず、またこの積層物からゴーグル装着部交換シート1を一枚取り出した後は、残りのゴーグル装着部交換シート1を元通り箱等に収納しなければならず、取り出し作業が繁雑なものであった。また、箱等からのゴーグル装着部交換シート1の出し入れの際に、ゴーグル装着部交換シート1の積層物に手で触れることにより汚れたり、或いは他の汚れや埃等が付着する機会が多くなって、保管中のゴーグル装着部交換シート1を清潔に保つことが難しいものであった。

0008

本発明は上記の点に鑑みて為されたものであり、複数のゴーグル装着部交換シート1を清潔に保って保管することができ、且つゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができるゴーグル装着部交換シート用収納容器Aを提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0009

本発明に係るゴーグル装着部交換シート用収納容器Aは、人体Hの顔面に装着固定するゴーグル10の装着面に着脱可能なゴーグル装着部交換シート1を収納する収納容器Aであって、複数のゴーグル装着部交換シート1が積層された状態で収容される容器30の、前記ゴーグル装着部交換シート1の積層方向の一面の一部に、取出用開口31を設けて成ることを特徴とするものである。これにより、ゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、取出用開口31から露出する上面のゴーグル装着部交換シート1を手指で摘んで引き上げることにより、ゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができ、このとき、取り出すゴーグル装着部交換シート1以外の他のゴーグル装着部交換シート1には手を触れず、或いは僅かに手を触れるだけで、ゴーグル装着部交換シート1を取り出すことができ、容器30内に収納されているゴーグル装着部交換シート1が汚れる機会が低減する。

0010

このゴーグル装着部交換シート用収納容器Aには、上記取出用開口31を開閉自在とする蓋体32を具備させることが好ましい。これにより、取出用開口31が蓋体32にて閉塞されていることから、容器30の内部に埃等が浸入することが防止され、ゴーグル装着部交換シート1が清潔に保たれる。

発明の効果

0011

本発明では、ゴーグル装着部交換シートを取り出す際には、取出用開口から露出する上面のゴーグル装着部交換シートを手指で摘んで引き上げることにより、ゴーグル装着部交換シートを一枚ずつ容易に取り出すことができ、このとき、取り出すゴーグル装着部交換シート以外の他のゴーグル装着部交換シートには手を触れず、或いは僅かに手を触れるだけで、ゴーグル装着部交換シートを取り出すことができ、容器内に収納されているゴーグル装着部交換シートが汚れる機会が低減する。

発明を実施するための最良の形態

0012

映像表示装置等を内蔵し、娯楽用の表示装置やめまい検査用の眼振計などに応用されるゴーグル10としては、図4に示すものを挙げることができる。このゴーグル10は、人体Hの目の動きに影響を及ぼす周囲の光が侵入しないように、人体Hの眼部周辺を覆うように装着され、ゴーグル取付用ベルト11により人体Hの顔面に固定されている。また、ゴーグル10の装着面には、装着性及び装着感の向上のため、ウレタンスポンジ等のスポンジ(図示せず)が貼着されている。

0013

このようなゴーグル10に使用されるゴーグル装着部交換シート1としては、図2に示すようなものがある。これは、眼部外周縁当接部2及び鼻当接部3が一体となって形成されており、また、ゴーグル10の装着部形状に対応した形状に形成される。

0014

眼部外周縁当接部2は、横長のアイマスクのような外縁形状に、眼部を挿通させる抜穴部2aを有するものであって、装着時に眼部の外周を覆うような形状に形成されている。抜穴部2aは二つのものが横方向に並んで設けられ、二つの抜穴部2aの間は、縦方向に長い幅狭の仕切部7にて仕切られている。また鼻当接部3は、装着時に鼻梁及びその両端部を覆うような形状に形成されている。

0015

また、眼部外周縁当接部2と鼻当接部3とは、鼻梁部近傍部4bを介して一体に形成されており、この鼻梁部近傍部4bの両側における、眼部外周縁当接部2と鼻当接部3とのとの境界に沿って、幅狭の略同一幅切り込み部4がハ字状に形成されている。一方の切り込み部4の外縁部4aの近傍には、切り込み部4を幅方向に横切る破断用連結部5を設けて、この破断用連結部5にて眼部外周縁当接部2と鼻当接部3とを連結するようにしている。これにより眼部外周縁当接部2と鼻当接部3が外縁部で連結されてまとまりよく一体に形成され、装着開始の際、取扱や装着場所位置決めが容易となっている。この破断用連結部5は幅狭で微小な部材であるため、装着の際になどに破断用連結部5を破断することが容易であり、これにより鼻当接部3を鼻全体に容易に当接させることができる。

0016

また、図2に示される切り込み部4に代えて、図3に示すように、鼻梁部近傍部4bの両側に、眼部外周縁当接部2と鼻当接部3との境界に沿って、鼻梁部近傍4bから外縁部近傍に向かうに従って開口幅が小さくなる鼻当接部隆起用開口部6を設けても良い。この場合は、眼部外周縁当接部2を顔面に沿って装着する際に、上記のような眼部外周縁当接部2と鼻当接部3との分離をすることなく、鼻当接部3が隆起して人体Hの鼻梁及びその両側部全体を覆うように当接することができるので、装着時の作業性がさらに向上する。

0017

このゴーグル装着部交換シート1の材質としては、不織布を用いた場合は、スポンジとの密着性がよくなり、ゴーグル装着部交換シート1の装着性が良好となる。また、このような不織布の材質として、繊維のけばだちが多いものを用いると、スポンジと絡み合って簡単には剥がれなくなるため、ゴーグル装着部交換シート1の装着性が一層良好となる。特にスポンジがウレタンスポンジの場合は、ポリエステル不織布やナイロン不織布が、好適に用いられる。

0018

図1は、本発明に係るゴーグル装着部交換シート用収納容器Aの一例を示すものであり、上面が開放された直方体状の箱本体35の上面の、対向する二つの辺に、それぞれ中蓋体33と外蓋体34とを回動自在に設けて形成されている。中蓋体33には、取出用開口31が形成されている。この箱本体35と中蓋体33とで、上記のようなゴーグル装着部交換シート1が複数積層された状態で収容され且つ前記ゴーグル装着部交換シート1の積層方向の一面に取出用開口31が設けられた容器30が構成される。また外蓋体34にて、上記取出用開口31を開閉自在な蓋体32が構成される。

0019

箱本体35は、その内部に複数のゴーグル装着部交換シート1を上下に重ねて積層したものが収容されるように適宜の寸法に形成される。

0020

中蓋体33は、箱本体35の上面の一つの長辺から延出するように形成され、且つこの長辺を軸に回動自在に形成されている。そして中蓋体33は回動することにより箱本体35の上面開口を開閉自在に形成される。また、中蓋体33の先端は、中蓋体33にて上面開口を閉塞した状態において下方に折り返されて、この折り返し部分により差入片36が形成されている。中蓋体33を閉塞する際にはこの差入片36を箱本体35の開口縁差し入れることで、閉塞状態が維持される。

0021

上記中蓋体33には、取出用開口31が設けられている。この取出用開口31は、中蓋体33を閉塞した際に箱本体35の内部に連通するものであり、箱本体35の内部にゴーグル装着部交換シート1が収容されている状態では、ゴーグル装着部交換シート1の積層物の最上面の一枚が、取出用開口31にて外部に露出するようになる。

0022

取出用開口31は容器30の上面(すなわち中蓋体33)の一部に開口するように設け、これにより最上面のゴーグル装着部交換シート1の一部が、取出用開口31にて外部に露出するように形成される。図示の例では、取出用開口31は中蓋体33の略中央部に、楕円形状に形成されており、中蓋体33の閉塞時にはこの取出用開口31にて、最上面のゴーグル装着部交換シート1の抜穴部2a及び仕切部7が露出するように形成されている。ここで、少なくとも仕切部7が取出用開口31にて露出するように形成することが好ましい。

0023

また外蓋体34は、箱本体35の上面の二つの長辺のうち、上記中蓋体33が形成されている側とは反対側の長辺から延出するように形成されており、この長辺を軸に回動自在に形成されている。そして外蓋体34は回動することにより取出用開口31を開閉自在に形成されている。

0024

外蓋体34は、中蓋体33が箱本体35の上面開口を閉塞している状態において、回動することにより取出用開口31を開閉する。取出用開口31を閉塞する際には、外蓋体34は中蓋体33の上面に重ねて配置される。この閉塞状態において外蓋体34の先端は下方に折り返されており、この折り返し部分は縁片部37として形成されている。この縁片部37の先端には、差込片38が突設されている。一方、箱本体35の側面には、前記差込片38と合致する位置に切れ込み39が設けられており、外蓋体34の閉塞状態において差込片38を切れ込み39に差し込むことで、外蓋体34の閉塞状態が維持されている。また外蓋体34を開く際には差込片38を切れ込み39から引き出して外蓋体34を上方に回動させることにより、取出用開口31を開放するものである。

0025

また、箱本体35の上面開口の二つの短辺からは、それぞれ側縁片40が延出して設けられている。この二つの側縁片40は、前記短辺を軸に回動自在に形成されている。

0026

このように形成されるゴーグル装着部交換シート用収納容器Aでは、ゴーグル装着部交換シート1を収納する際に、まず外蓋体34と中蓋体33を開放した状態で、箱本体35の内部にゴーグル装着部交換シート1を上下に重ねて積層した状態で収容する。次いで、二つの側縁片40を内側に回動させて略水平状態とし、この状態で中蓋体33を回動させ、差入片36を上面開口の開口縁に差し入れると共に中蓋体33にて上面開口を閉塞する。これによりゴーグル装着部交換シート1が容器30に収納された状態となる。

0027

次いで、外蓋体34を回動させて、差込片38を切れ込み39に差し込むと共に外蓋体34を中蓋体33の上面に重ねて、取出用開口31を閉塞する。このように取出用開口31が蓋体32(外蓋体34)にて閉塞されていることから、容器30の内部に埃等が浸入することが防止され、ゴーグル装着部交換シート1が清潔に保たれる。

0028

またゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には、蓋体32(外蓋体34)を回動させて取出用開口31を開放し、この取出用開口31から露出する上面のゴーグル装着部交換シート1を手指で摘んで引き上げることにより、ゴーグル装着部交換シート1を一枚ずつ容易に取り出すことができる。このとき、取り出すゴーグル装着部交換シート1以外の他のゴーグル装着部交換シート1には手を触れず、或いは僅かに手を触れるだけで、ゴーグル装着部交換シート1を取り出すことができ、容器30内に収納されているゴーグル装着部交換シート1が汚れる機会が低減するものである。

0029

ここで、上記のように取出用開口31を、ゴーグル装着部交換シート1の少なくとも仕切部7が露出するように形成していると、ゴーグル装着部交換シート1を取り出す際には仕切部7を手指で摘んで引き出すことにより、非常に容易に取り出しを行うことができ、またこのとき他のゴーグル装着部交換シート1には殆ど手を触れずに取り出しを行うことができるものである。

図面の簡単な説明

0030

(a)〜(d)は、本発明の実施の形態の一例を示す斜視図である。
ゴーグル装着部交換シートの一例を示す平面図である。
ゴーグル装着部交換シートの他例を示す平面図である。
ゴーグルを人体に装着した様子を示す概略斜視図である。
ゴーグルとゴーグル装着部交換シートの他例を示す斜視図である。

符号の説明

0031

1ゴーグル装着部交換シート
10ゴーグル
30容器
31取出用開口
32蓋体
A ゴーグル装着部交換シート用収納容器
H 人体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 3エルエムエーデー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングの「 塗布システム」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題・解決手段】本発明は、それぞれが出口(9)を有する少なくとも1つの容器(2)を備えるカートリッジ(1)と、前記カートリッジ(1)の出荷状態において前記少なくとも1つの容器(2)の前記出口(9)を... 詳細

  • ヨンウカンパニーリミテッドの「 詰め替え可能な内容器付き化粧品容器」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題・解決手段】詰め替え可能な内容器付き化粧品容器であって、内容物を貯蔵する内容器と、前記内容器を収容する容器本体と、前記内容器に収容された内容物を排出させる排出手段と、前記排出手段によって排出され... 詳細

  • 大王製紙株式会社の「 シート包装体」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】シートの取出し性に優れるシート包装体を提供すること。【解決手段】積層された複数枚のシートを収容する包装袋と、前記包装袋の天面の中央部に形成され、前記シートが引き出される取出口と、前記天面の長手... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ