図面 (/)

技術 リモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する撮影システム及びその制御方法

出願人 三星電子株式会社
発明者 金學載朴慧英
出願日 2004年10月20日 (14年11ヶ月経過) 出願番号 2004-305895
公開日 2005年6月9日 (14年3ヶ月経過) 公開番号 2005-151545
状態 拒絶査定
技術分野 スタジオ装置 TV方式の細部 スタジオ装置 TV送受信機回路
主要キーワード 中央統制 メニュー表示命令 論理レベルハイ 論理レベルロー 復元命令 環境設定値 バイパスキャパシタ CCTVカメラ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年6月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

複数の操作ボタンが備えられたモコンを利用して撮影装置制御命令を入力できる撮影ステムにおいて、複数の操作ボタンを同時に選択してそれに該当する複数のリモコン信号が撮影装置に印加されれば、撮影装置は印加された複数のリモコン信号を組み合わせて構成した新しい制御命令によって制御動作を行う撮影システム及びその制御方法を提供する。

解決手段

本撮影システムは、画像信号を出力する撮影部、第1及び第2制御命令を各々入力するための第1及び第2操作ボタンを備え、第1及び第2操作ボタンのうち少なくとも一つを選択できる入力部及び第1及び第2操作ボタンのいずれかが選択されれば対応される第1及び第2制御命令のいずれによって撮影部を制御し、第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば第3制御命令によって撮影部を制御する制御部を含む。

概要

背景

データ伝送技術が発達するに従って、撮影装置が設置された場所から遠く離れた場所でも、撮影装置が撮影して伝送した画像を見ることができるようになった。例えば、外部から保安が要求される場所や犯罪の多い場所にCCTVカメラを設置し、監視者管理室モニタを通して監視する場合と交通渋滞地域にカメラを設置し中央統制室で道路状況を把握する場合などである。

図1は、従来の撮影システムブロック図である。図1に示すように、従来の撮影システムは撮影装置10、記録/再生部20及びリモコン30から構成される。

撮影装置10は、被写体を撮像して生成した画像信号を記録/再生部20に提供し、キー入力部15またはリモコン30にて入力される使用者制御命令に基づき各モジュールを制御する。このような機能を行う撮影装置10は、撮影部11、メイン制御部13、キー入力部15及びリモコン信号伝達部17から構成される。

撮影部11は、メイン制御部13の制御に基づき、被写体を撮像して生成した画像信号を記録/再生部20に提供する。

メイン制御部13は、キー入力部15またはリモコン30にて使用者の制御命令を伝達され、それに従って撮影部11の撮影動作を制御する。

また、リモコン信号伝達部17は、リモコン30から出力されるリモコン信号をメイン制御部13に伝達する。

記録/再生部20は、撮影装置10から撮像された画像を伝送され、これをディスプレイ装置に再生したり記録媒体に記録する。

リモコン30は、使用者が遠隔地で撮影装置10に制御命令を入力するための手段であって、複数の操作ボタンを備える。各々の操作ボタンは、それぞれ異なる制御命令を入力するためのものである。

以下では、使用者がリモコン30にて入力した制御命令がメイン制御部13に伝達される過程と制御命令を受け取ったメイン制御部13が撮影部11を制御する過程に対して、図2及び図3を参照して説明する。

図2は、図1のリモコン30から出力されるリモコン信号がリモコン信号伝達部17を介してメイン制御部13に印加される過程を説明する図面である。図2に示すように、リモコン30にはズーム倍率縮小させるためのWIDEボタン31、ズーム倍率を拡大させるためのTELEボタン33、焦点FOCUSを遠距離に移動させるためのFARボタン35及び焦点を近距離に移動させるためのNEARボタン37が備えられている。

また、リモコン信号の伝達部17には、リモコン30から出力されるリモコン信号を受け取るための3個の端子Zoom、Com.、Focusが備えられている。また、メイン制御部13には、リモコン信号伝達部17から出力される論理レベル信号を受け取るための4個のポートZW、ZT、FFFNが備えられている。

使用者がWIDEボタン31を選択すれば、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間には+5Vの電圧が印加される。したがって、第1発光ダイオードD1だけが導通されて発光し、第1光トランジスタTr1だけがオン状態となって、メイン制御部13のZW(Zoom_Wide)ポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第2〜第4発光ダイオードD2〜D4は導通されないため、第2〜第4光トランジスタTr2〜Tr4はオフ状態となり、メイン制御部13のZT(Zoom_TELE)ポート、FF(FOCUS_FAR)ポート及びFN(FOCUS_NEAR)ポートには論理レベルハイが入力される。

また、使用者がTELEボタン33を選択すれば、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間には-5Vの電圧が印加される。したがって、第2発光ダイオードD2のみが導通されて発光し、第2光トランジスタTr2がオンの状態となってメイン制御部13のZTポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1、第3、第4発光ダイオードD1、D3、D4は導通されないため、第1、第3、第4光トランジスタTr1、Tr3、Tr4はオフ状態となって、メイン制御部13のZWポート、FFポート及びFNポートには論理レベルハイが入力される。

また、使用者がFARボタン35を選択すれば、リモコン信号伝達部17のFocus端子とCom.端子との間には+5Vの電圧が印加される。したがって、第3発光ダイオードD3のみが導通されて発光し、第3光トランジスタTr3がオンの状態となってメイン制御部13のFFポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1、第2、第4発光ダイオードD1、D2、D4は導通されないので、第1、第2、第4光トランジスタTr1、Tr2、Tr4はオフ状態となってメイン制御部13のZWポート、ZTポート及びFNポートには論理レベルハイが入力される。

最後に、使用者がNEARボタン37を選択すれば、リモコン信号伝達部17のFocus端子とCom.端子との間には−5Vの電圧が印加される。したがって、第4発光ダイオードD4のみが導通されて発光し、第4光トランジスタTr4がオン状態となってメイン制御部13のFNポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1〜第3発光ダイオードD1〜D3は導通されないので、第1〜第3光トランジスタTr1〜Tr3はオフ状態となってメイン制御部13のZWポート、ZTポート及びFFポートには論理レベルハイが入力される。

上記した、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間、またはFocus端子とCom.端子との間に印加される電圧に基づき、メイン制御部13の4個のポートZW、ZT、FF、FNに入力される論理レベルを整理すると、次の表の通りである。

図3は、リモコン30に設けられた操作ボタン31〜37を選択して、撮影装置10を制御する方法の説明に提供されるフローチャートである。図3を参照するに、まず、使用者が撮影装置10に対した制御命令を入力するため、リモコン30に備えられた複数の操作ボタン31〜37のいずれかを選択すれば、図2で説明した通り、メイン制御部13の4個のポートZW、ZT、FF、FNのうち、対応されるいずれかに論理レベルローが入力される(S41)。この場合、撮影部11がフォーカス動作中であるかズーム動作中である場合には、予め遂行中のフォーカス動作またはズーム動作が継続維持され、使用者により入力された制御命令は無視される(S51、S53)。

撮影部11がフォーカス動作やズーム動作を行っていない場合、メイン制御部13はS41で選択された操作ボタンに対応する制御命令を行う(S61〜S93)。

使用者がS41でWIDEボタン31を選択して、メイン制御部13のZWポートに論理レベルローが入力された場合(S61)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたズームモータをWIDE方向に駆動させ、ズーム倍率を縮小させる(S63)。

また、使用者がS41でTELEボタン33を選択して、メイン制御部13のZTポートに論理レベルローが入力された場合(S71)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたズームモータをTELE方向に駆動させ、ズーム倍率を拡大させる(S73)。

また、使用者がS41でFARボタン35を選択し、メイン制御部13のFFポートに論理レベルローが入力された場合(S81)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたフォーカスモータをFAR方向に駆動させ、焦点を遠距離に移動させる(S83)。

最後に、使用者がS41でNEARボタン37を選択して、メイン制御部13のFNポートに論理レベルローが入力された場合(S91)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたフォーカスモータをNEAR方向に駆動させ、焦点を近距離に移動させる(S93)。

以上で説明したように、従来の撮影システムで使用者はリモコン30を利用して撮影装置10のズーム機能フォーカス機能に対する制御命令を入力できる。しかし、使用者がリモコン30にて入力できる制御命令は、ズーム機能とフォーカス機能とに限定されるので、以外の制御命令を入力するためには、撮影措置10に設けられたキー入力部15を利用しなければならない。もし、撮影装置10が建物天井のように高い所に位置している場合、使用者がキー入力部15を直接操作するのに困難な問題点がある。

もちろん、使用者のPCと撮影装置10との間の直列通信を利用して、制御命令を入力する方法を想定できるが、これは別途設備をさらに要求するため、複雑、かつ費用面でも使用者に負担となる。

また、リモコン30に設けられた操作ボタンの個数を増加させて、さらに多くの制御命令を入力できるようにする方法も利用できるが、もしメイン制御部13にリモコン信号を受け取るために割り当てられたポートの個数に制限がある場合には、この方法も困難となる問題点がある。

概要

複数の操作ボタンが備えられたモコンを利用して撮影装置に制御命令を入力できる撮影システムにおいて、複数の操作ボタンを同時に選択してそれに該当する複数のリモコン信号が撮影装置に印加されれば、撮影装置は印加された複数のリモコン信号を組み合わせて構成した新しい制御命令によって制御動作を行う撮影システム及びその制御方法を提供する。 本撮影システムは、画像信号を出力する撮影部、第1及び第2制御命令を各々入力するための第1及び第2操作ボタンを備え、第1及び第2操作ボタンのうち少なくとも一つを選択できる入力部及び第1及び第2操作ボタンのいずれかが選択されれば対応される第1及び第2制御命令のいずれによって撮影部を制御し、第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば第3制御命令によって撮影部を制御する制御部を含む。

目的

そこで、本発明は上記従来の問題点に鑑みてなされたものであって、本発明の目的は、複数の操作ボタンが備えられたリモコンを利用して撮影装置に制御命令を入力できる撮影システムにおいて、複数の操作ボタンを同時に選択してそれに該当する複数のリモコン信号が撮影装置に印加されれば、撮影装置は印加された複数のリモコン信号を組み合わせて構成した新しい制御命令に基づき制御動作を行う撮影システム及びその制御方法を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

レンズ部を介して入射される光信号電気的信号光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を出力する撮影部と、第1及び第2制御命令を各々入力するための第1及び第2操作ボタンを備え、前記第1及び第2操作ボタンの少なくとも一つを選択できる入力部と、前記第1及び第2操作ボタンのいずれかが選択されれば、対応される前記第1及び第2制御命令のいずれかに基づき前記撮影部を制御し、前記第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば、第3制御命令に基づき前記撮影部を制御する制御部とを備えることを特徴とする撮影システム

請求項2

前記制御部は、前記第1及び第2操作ボタン全部が所定の時間以上持続的に選択されれば、第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することを特徴とする請求項1に記載の撮影システム。

請求項3

記入力部は、前記第3及び第4制御命令のいずれかを入力するための第3操作ボタンをさらに備え、前記制御部は、前記入力部で前記第3操作ボタンが所定時間未満に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御し、所定の時間以上持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することを特徴とする請求項2に記載の撮影システム。

請求項4

前記制御部は、前記第1操作ボタンが所定の時間以上持続的に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御し、前記第2操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することを特徴とする請求項2に記載の撮影システム。

請求項5

前記第3制御命令は、メニュー画面表示命令、前記撮影部の環境設定値基本値復元するための復元命令自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであることを特徴とする請求項1に記載の撮影システム。

請求項6

前記第4制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであることを特徴とする請求項2に記載の撮影システム。

請求項7

レンズ部を介して入射される光信号を電気的信号に光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を出力する撮影部及び第1及び第2操作ボタンが含まれた入力部を備えた撮影システムの制御方法において、a)前記第1及び第2操作ボタンの少なくとも一つを選択するステップと、b)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタンのいずれが選択されれば、対応される第1及び第2制御命令のいずれかに基づいて前記撮影部を制御するステップと、c)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば、第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとを備えることを特徴とする撮影システムの制御方法。

請求項8

d)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタン全てが所定時間以上に持続的に選択されれば、第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップをさらに備えることを特徴とする請求項7に記載の撮影システムの制御方法。

請求項9

前記入力部は、前記第3及び第4制御命令のいずれかを入力するための第3操作ボタンをさらに備え、e)前記a)ステップにおいて、前記第3操作ボタンが所定時間未満に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップと、f)前記a)ステップにおいて、前記第3操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとをさらに備えることを特徴とする請求項8に記載の撮影システムの制御方法。

請求項10

g)前記a)ステップにおいて、前記第1操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップと、h)前記a)ステップにおいて、前記第2操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとをさらに備えることを特徴とする請求項8に記載の撮影システムの制御方法。

請求項11

前記第3制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであることを特徴とする請求項7に記載の撮影システムの制御方法。

請求項12

前記第4制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであることを特徴とする請求項8に記載の撮影システムの制御方法。

技術分野

0001

本発明は、撮影ステム及びその制御方法に関し、さらに詳細には複数の操作ボタンが備えられたリモコンを利用して撮影装置制御命令を入力できる撮影システム及びその制御方法に関する。

背景技術

0002

データ伝送技術が発達するに従って、撮影装置が設置された場所から遠く離れた場所でも、撮影装置が撮影して伝送した画像を見ることができるようになった。例えば、外部から保安が要求される場所や犯罪の多い場所にCCTVカメラを設置し、監視者管理室モニタを通して監視する場合と交通渋滞地域にカメラを設置し中央統制室で道路状況を把握する場合などである。

0003

図1は、従来の撮影システムのブロック図である。図1に示すように、従来の撮影システムは撮影装置10、記録/再生部20及びリモコン30から構成される。

0004

撮影装置10は、被写体を撮像して生成した画像信号を記録/再生部20に提供し、キー入力部15またはリモコン30にて入力される使用者の制御命令に基づき各モジュールを制御する。このような機能を行う撮影装置10は、撮影部11、メイン制御部13、キー入力部15及びリモコン信号伝達部17から構成される。

0005

撮影部11は、メイン制御部13の制御に基づき、被写体を撮像して生成した画像信号を記録/再生部20に提供する。

0006

メイン制御部13は、キー入力部15またはリモコン30にて使用者の制御命令を伝達され、それに従って撮影部11の撮影動作を制御する。

0007

また、リモコン信号伝達部17は、リモコン30から出力されるリモコン信号をメイン制御部13に伝達する。

0008

記録/再生部20は、撮影装置10から撮像された画像を伝送され、これをディスプレイ装置に再生したり記録媒体に記録する。

0009

リモコン30は、使用者が遠隔地で撮影装置10に制御命令を入力するための手段であって、複数の操作ボタンを備える。各々の操作ボタンは、それぞれ異なる制御命令を入力するためのものである。

0010

以下では、使用者がリモコン30にて入力した制御命令がメイン制御部13に伝達される過程と制御命令を受け取ったメイン制御部13が撮影部11を制御する過程に対して、図2及び図3を参照して説明する。

0011

図2は、図1のリモコン30から出力されるリモコン信号がリモコン信号伝達部17を介してメイン制御部13に印加される過程を説明する図面である。図2に示すように、リモコン30にはズーム倍率縮小させるためのWIDEボタン31、ズーム倍率を拡大させるためのTELEボタン33、焦点FOCUSを遠距離に移動させるためのFARボタン35及び焦点を近距離に移動させるためのNEARボタン37が備えられている。

0012

また、リモコン信号の伝達部17には、リモコン30から出力されるリモコン信号を受け取るための3個の端子Zoom、Com.、Focusが備えられている。また、メイン制御部13には、リモコン信号伝達部17から出力される論理レベル信号を受け取るための4個のポートZW、ZT、FFFNが備えられている。

0013

使用者がWIDEボタン31を選択すれば、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間には+5Vの電圧が印加される。したがって、第1発光ダイオードD1だけが導通されて発光し、第1光トランジスタTr1だけがオン状態となって、メイン制御部13のZW(Zoom_Wide)ポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第2〜第4発光ダイオードD2〜D4は導通されないため、第2〜第4光トランジスタTr2〜Tr4はオフ状態となり、メイン制御部13のZT(Zoom_TELE)ポート、FF(FOCUS_FAR)ポート及びFN(FOCUS_NEAR)ポートには論理レベルハイが入力される。

0014

また、使用者がTELEボタン33を選択すれば、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間には-5Vの電圧が印加される。したがって、第2発光ダイオードD2のみが導通されて発光し、第2光トランジスタTr2がオンの状態となってメイン制御部13のZTポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1、第3、第4発光ダイオードD1、D3、D4は導通されないため、第1、第3、第4光トランジスタTr1、Tr3、Tr4はオフ状態となって、メイン制御部13のZWポート、FFポート及びFNポートには論理レベルハイが入力される。

0015

また、使用者がFARボタン35を選択すれば、リモコン信号伝達部17のFocus端子とCom.端子との間には+5Vの電圧が印加される。したがって、第3発光ダイオードD3のみが導通されて発光し、第3光トランジスタTr3がオンの状態となってメイン制御部13のFFポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1、第2、第4発光ダイオードD1、D2、D4は導通されないので、第1、第2、第4光トランジスタTr1、Tr2、Tr4はオフ状態となってメイン制御部13のZWポート、ZTポート及びFNポートには論理レベルハイが入力される。

0016

最後に、使用者がNEARボタン37を選択すれば、リモコン信号伝達部17のFocus端子とCom.端子との間には−5Vの電圧が印加される。したがって、第4発光ダイオードD4のみが導通されて発光し、第4光トランジスタTr4がオン状態となってメイン制御部13のFNポートには論理レベルローが入力される。これに対し、第1〜第3発光ダイオードD1〜D3は導通されないので、第1〜第3光トランジスタTr1〜Tr3はオフ状態となってメイン制御部13のZWポート、ZTポート及びFFポートには論理レベルハイが入力される。

0017

上記した、リモコン信号伝達部17のZoom端子とCom.端子との間、またはFocus端子とCom.端子との間に印加される電圧に基づき、メイン制御部13の4個のポートZW、ZT、FF、FNに入力される論理レベルを整理すると、次の表の通りである。

0018

図3は、リモコン30に設けられた操作ボタン31〜37を選択して、撮影装置10を制御する方法の説明に提供されるフローチャートである。図3を参照するに、まず、使用者が撮影装置10に対した制御命令を入力するため、リモコン30に備えられた複数の操作ボタン31〜37のいずれかを選択すれば、図2で説明した通り、メイン制御部13の4個のポートZW、ZT、FF、FNのうち、対応されるいずれかに論理レベルローが入力される(S41)。この場合、撮影部11がフォーカス動作中であるかズーム動作中である場合には、予め遂行中のフォーカス動作またはズーム動作が継続維持され、使用者により入力された制御命令は無視される(S51、S53)。

0019

撮影部11がフォーカス動作やズーム動作を行っていない場合、メイン制御部13はS41で選択された操作ボタンに対応する制御命令を行う(S61〜S93)。

0020

使用者がS41でWIDEボタン31を選択して、メイン制御部13のZWポートに論理レベルローが入力された場合(S61)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたズームモータをWIDE方向に駆動させ、ズーム倍率を縮小させる(S63)。

0021

また、使用者がS41でTELEボタン33を選択して、メイン制御部13のZTポートに論理レベルローが入力された場合(S71)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたズームモータをTELE方向に駆動させ、ズーム倍率を拡大させる(S73)。

0022

また、使用者がS41でFARボタン35を選択し、メイン制御部13のFFポートに論理レベルローが入力された場合(S81)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたフォーカスモータをFAR方向に駆動させ、焦点を遠距離に移動させる(S83)。

0023

最後に、使用者がS41でNEARボタン37を選択して、メイン制御部13のFNポートに論理レベルローが入力された場合(S91)、メイン制御部13は撮影部11に備えられたフォーカスモータをNEAR方向に駆動させ、焦点を近距離に移動させる(S93)。

0024

以上で説明したように、従来の撮影システムで使用者はリモコン30を利用して撮影装置10のズーム機能フォーカス機能に対する制御命令を入力できる。しかし、使用者がリモコン30にて入力できる制御命令は、ズーム機能とフォーカス機能とに限定されるので、以外の制御命令を入力するためには、撮影措置10に設けられたキー入力部15を利用しなければならない。もし、撮影装置10が建物天井のように高い所に位置している場合、使用者がキー入力部15を直接操作するのに困難な問題点がある。

0025

もちろん、使用者のPCと撮影装置10との間の直列通信を利用して、制御命令を入力する方法を想定できるが、これは別途設備をさらに要求するため、複雑、かつ費用面でも使用者に負担となる。

0026

また、リモコン30に設けられた操作ボタンの個数を増加させて、さらに多くの制御命令を入力できるようにする方法も利用できるが、もしメイン制御部13にリモコン信号を受け取るために割り当てられたポートの個数に制限がある場合には、この方法も困難となる問題点がある。

発明が解決しようとする課題

0027

そこで、本発明は上記従来の問題点に鑑みてなされたものであって、本発明の目的は、複数の操作ボタンが備えられたリモコンを利用して撮影装置に制御命令を入力できる撮影システムにおいて、複数の操作ボタンを同時に選択してそれに該当する複数のリモコン信号が撮影装置に印加されれば、撮影装置は印加された複数のリモコン信号を組み合わせて構成した新しい制御命令に基づき制御動作を行う撮影システム及びその制御方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0028

上記目的を達成するための本発明による撮影システムは、レンズ部を介して入射される光信号電気的信号光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を出力する撮影部と、第1及び第2制御命令を各々入力するための第1及び第2操作ボタンを備え、前記第1及び第2操作ボタンの少なくとも一つを選択できる入力部と、前記第1及び第2操作ボタンのいずれかが選択されれば、対応される前記第1及び第2制御命令のいずれかに基づき前記撮影部を制御し、前記第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば、第3制御命令に基づき前記撮影部を制御する制御部とを備える。

0029

また、前記制御部は、前記第1及び第2操作ボタン全部が所定の時間以上に持続的に選択されれば、第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することが好ましい。

0030

また、前記入力部は、前記第3及び第4制御命令のいずれかを入力するための第3操作ボタンをさらに備え、前記制御部は、前記入力部で前記第3操作ボタンが所定時間未満に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御し、所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することができる。

0031

また、前記制御部は、前記第1操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御し、前記第2操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御することができる。

0032

また、前記第3制御命令は、メニュー画面表示命令、前記撮影部の環境設定値基本値復元するための復元命令自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであり得る。また、前記第4制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであり得る。

0033

また、本発明に係るレンズ部を介して入射される光信号を電気的信号に光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を出力する撮影部及び第1及び第2操作ボタンが含まれた入力部を備えた撮影システムの制御方法は、a)前記第1及び第2操作ボタンの少なくとも一つを選択するステップと、b)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタンのいずれが選択されれば、対応される第1及び第2制御命令のいずれかに基づいて前記撮影部を制御するステップと、c)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタン全てが選択されれば、第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとを備える。

0034

また、撮影システムの制御方法は、d)前記a)ステップにおいて、前記第1及び第2操作ボタン全てが所定時間以上に持続的に選択されれば、第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップをさらに備えることが好ましい。

0035

また、前記入力部は、前記第3及び第4制御命令のいずれかを入力するための第3操作ボタンをさらに備え、e)前記a)ステップにおいて、前記第3操作ボタンが所定時間未満に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップと、f)前記a)ステップにおいて、前記第3操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとをさらに備えることが好ましい。

0036

また、撮影システムの制御方法は、g)前記a)ステップにおいて、前記第1操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第3制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップと、h)前記a)ステップにおいて、前記第2操作ボタンが所定時間以上に持続的に選択されれば、前記第4制御命令に基づき前記撮影部を制御するステップとをさらに備えることができる。

0037

また、前記第3制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであり得る。また、前記第4制御命令は、メニュー画面の表示命令、前記撮影部の環境設定値を基本値に復元するための復元命令、自動焦点設定命令及び自動露出設定命令のいずれかであり得る。

発明の効果

0038

本発明の撮影システム及びその製造方法によれば、複数の操作ボタンが備えられたリモコンを利用して撮影装置に制御命令を入力できる撮影システムにおいて、複数の操作ボタンを同時に選択してそれに該当する複数のリモコン信号が撮影装置に印加されれば、撮影装置は印加された複数のリモコン信号を組み合わせて構成した新しい制御命令に基づき制御動作を行うことができる。したがって、撮影装置が建物の天井のように高い所に位置している場合に撮影装置の裏面に設けられたキー入力部を直接操作しなければならないという不便とPCと撮影装置との間の直列通信を利用して制御命令を入力しなければならないという不便を防止でき、リモコンによりさらに多い種類の制御命令を入力するため、メイン制御部にリモコン信号を受け取るためのポートの個数を増加させる必要がなくなる。

発明を実施するための最良の形態

0039

次に、本発明を実施するための最良の形態の具体例を図面を参照しながら説明する。

0040

図4は、本発明に係る撮影システムの説明に提供されるブロック図である。図4に示すように、本発明に係る撮影システムは撮影装置100、記録/再生部200及びリモコン300から構成される。

0041

撮影装置100は、レンズを介して入射される光信号を電気的信号に光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を記録/再生部200に提供し、キー入力部150またはリモコン300にて入力される使用者の制御命令に基づき、各モジュールを制御する。このような機能を行う撮影装置100は、撮影部110、OSD(オンスクリーンディスプレイ)処理部120、メイン制御部130、リモコン信号伝達部140、キー入力部150及びOSDメニュー格納部160から構成される。

0042

撮影部110は、レンズを介して入射される光信号を電気的信号に光電変換させた後、所定の信号処理過程を経て生成した画像信号を出力する。このような機能を行う撮影部110は、レンズ部111、レンズ駆動部113、CCD(電荷結合素子)115、CCD駆動部117及び信号処理部119から構成される。

0043

CCD115は、レンズ部111を介して入射される光信号を電気的信号に光電変換する。また、レンズ駆動部113とCCD駆動部117は、メイン制御部130の制御に基づき、レンズ部111とCCD115を各々駆動させる。具体的に、レンズ駆動部113には撮影対象である被写体の倍率が拡大/縮小されるようにレンズ部111を駆動させるズームモータ、焦点距離を遠距離/近距離に調整するためにレンズ部111を駆動させるフォーカスモータ及びCCD115に入射される光量を調節するためにレンズ部111に設けられたアイリス(絞り)を駆動させるアイリスモータが備えられる。

0044

信号処理部119は、メイン制御部130の制御に基づき、CCd115の出力信号に含まれた雑音を除去し、信号のレベルが一定に維持されるように利得を調整し、デジタル信号に変換し、以外に輝度値色差(クロミナンス)値などを調整し、画像サイズを調整(デジタルズーム)する。また、記録対象となる画像信号はMPEGフォーマットの信号に圧縮する。

0045

SD処理部120は、メイン制御部130の制御に基づき、撮影部110から提供された画像にOSDメニューをオーバーラップさせる。具体的に、使用者がキー入力部150やリモコン300を介してメニュー表示命令または関連情報表示命令などをディスプレイさせることを命令すれば、これを伝達されたメイン制御部130がOSDメニュー、表示文字などが記録されているOSDメニュー格納部160から該当OSDメニュー、表示文字などを読み出してOSD処理部120に印加すれば、OSD処理部120は撮影部110から提供された画像にOSDメニュー、表示文字などをオーバーラップして出力する。

0046

メイン制御部130は、キー入力部150またはリモコン300にて使用者の制御命令を受け取り、それに基づき撮影部110とOSD処理部120とを制御する。

0047

そして、リモコン信号伝達部140はリモコン300から出力されるリモコン信号をメイン制御部130に印加する。

0048

記録/再生部200は撮影装置100で撮影された画像を伝送されて、これをディスプレイ装置に再生したり記録媒体に記録する。

0049

リモコン300は、使用者の命令を入力するための手段であって、複数の操作ボタンを備える。

0050

以下では、使用者がリモコン300にて入力した制御命令がメイン制御部130に伝達される過程と、制御命令を受け取ったメイン制御部130が撮影部110を制御する過程とに対して、図5ないし図8を参照して説明する。

0051

図5は、本発明の一実施の形態に係るリモコン300から出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置100を制御する撮影システムの説明に提供される図面である。図5に示すリモコン300は、図2に示すリモコン30とは異なり、各々の操作ボタン311〜317が2つ以上の制御命令を担当でき、これを反映して各々の操作ボタン311〜317には該当制御命令らが複数個で表示されている。したがって、リモコン300の操作ボタン311〜317には、WIDE、TELE、FAR、NEAR制御命令の以外に、カーソル移動命令を入力するためにも使用できることを示す表示である「▲」、「▼」、「▲」、「▲」が各々さらに表示されている。

0052

また、図2に示すリモコン30とは異なり、図5に示すリモコン300の場合は、複数の操作ボタン311〜317のうち、2個以上を同時に選択することも可能である。リモコン300の操作ボタン311〜317の下段には2個の操作ボタンを同時に選択した場合に入力される制御命令/機能に対する案内情報である操作ボタン使用情報330が表示されている。操作ボタン使用情報330において、「・」表示は操作ボタンを短く押すことを意味し、「−」表示は操作ボタンを長く押すことを意味する。

0053

操作ボタン使用情報330によれば、WIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315を同時に長く押す場合にはメニュー画面(MENU)表示命令が入力され、同時に短く押す場合には自動焦点(Auto Focusing:AF)設定命令が入力されるが、メニュー画面が表示された場合であれば、カーソルが位置したメニュ項目を選択/実行させるためのエンター(ENTER)命令が入力されることが分かる。また、TELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317を同時に長く押す場合には、撮影部110に設けられた各モジュールの環境設定値を基本値に復元させるための復元(HOME)命令が入力され、同時に短く押した場合には自動露出(AE)設定命令が入力されることが分かる。

0054

図6は、図5のリモコン300の回路図である。リモコン300は、AC 24VまたはDC 12V電源を使用することができる。第1及び第2定電圧回路部341、342は負荷の変動があっても、常に一定の電圧を出力できる回路である。本実施の形態では、第1定電圧回路部341から10Vの電圧が出力され、第2定電圧回路部342から5Vの電圧が出力されることとした。これに伴い、ノードAの電圧は10Vとなり、ノードBの電圧は5Vとなり、したがってCom.端子には5Vの電圧が印加される。

0055

また、第1〜第6キャパシタC1〜C6はノイズ成分を除去するためのバイパスキャパシタである。また、第5発光ダイオードD5は電源が印加される場合に発光され、使用者にリモコン300がオンの状態となったことを示すものである。

0056

WIDE▲ボタン311のみが押された場合、R6での電圧降下を無視すれば、Zoom端子にはノードAの電圧と同じ10Vが印加される。したがって、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差は+5V(10−5=+5V)となって、メイン制御部130のZWポートに論理レベルローが入力され、余りポートには論理レベルハイが入力される(表1参照)。

0057

また、TELE▼ボタン313のみが押された場合、R7での電圧降下を無視すれば、Zoom端子には0Vが印加される。したがって、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差は、−5V(0−5=−5V)となって、メイン制御部130のZTポートに論理レベルローが入力され、余りのポートには論理レベルハイが入力される。

0058

また、FAR▲ボタン315のみが押された場合、R6での電圧降下を無視すれば、Focus端子にはノードAの電圧と同じ10Vが印加される。したがって、リモコン信号伝達部140のFocus端子とCom.端子との間の電圧差は+5V(10−5=+5V)となって、メイン制御部130のFFポートに論理レベルローが入力され、余りのポートには論理レベルハイが入力される。

0059

また、NEAR▲ボタン317のみが押された場合、R7での電圧降下を無視すれば、Focus端子には0Vが出力される。したがって、リモコン信号伝達部140のFocus端子とCom.端子との間の電圧差は、−5V(0−5=−5V)となって、メイン制御部130のFNポートに論理ベローが入力され、余りポートには論理レベルハイが入力される。

0060

一方、WIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315とが同時に押されば、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差は全て+5Vとなって、メイン制御部130のZWポートとFFポートとにローが入力され、余りのポートには論理レベルハイが入力される。

0061

また、TELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317が同時に押された場合、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差は全て−5Vとなって、メイン制御部130のZTポートとFNポートとにローが入力され、余りのポートには論理レベルハイが入力される。

0062

以下では、制御命令を伝達されたメイン制御部130が撮影部110を制御する過程に対して、図7及び図8を参照して説明する。図7及び図8は本発明の一実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する方法を説明する図である。

0063

図7を参照するに、まず、使用者が撮影装置100に対した制御命令をするため、リモコン300に備えられた操作ボタン311〜317のうち、少なくとも一つを選択すれば、それに対応されるメイン制御部130のポートに論理レベルローが入力される(S610)。

0064

S610で2つ以上の操作ボタンが同時に選択されて、メイン制御部130の2つ以上のポートに論理レベルローが同時に入力された場合(S620)、メイン制御部130は論理レベルローが入力されたポートの種類を判断する。もし、リモコン300のWIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315が同時に選択されて、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差が全部+5Vとなって、メイン制御部130のZWポートとFFポートとに論理レベルローが同時に入力されれば(S631)、メイン制御部130はZWポートとFFポートとに論理レベルローが入力される時間をチェックする。

0065

もし、リモコン300のWIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315が同時に所定時間(例えば、2秒)以上選択されて(押されて)、メイン制御部130のZWポートとFFポートとに論理レベルローが同時に所定時間以上持続的に入力されれば(S633)、メイン制御部130はこれをメニュー画面(MENU)表示命令として認識する。したがって、メイン制御部130は、OSDメニュー格納部160から該当OSDメニューを読み出してOSD処理部120に印加し、OSD処理部120は撮影部110から提供された画像にOSDメニューをオーバーラップして記録/再生部200に出力することによって、使用者がインターフェスできるようにする(S635)。

0066

これに対し、S633でメイン制御部130のZWポートとFFポートとに論理レベルローが所定時間未満入力されれば、メイン制御部130はこれを自動焦点(Auto Focusing:AF)設定命令として認識する。したがって、メイン制御部130は、レンズ駆動部113に備えられたフォーカスモータを自動に制御することによって、AFを行う(S637)。

0067

一方、S610において、リモコン300のTELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317とが同時に選択されて、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差が全て-5Vとなって、メイン制御部130のZTポートとFNポートとに論理レベルローが入力されれば(S641)、メイン制御部130はZTポートとFNポートとに論理レベルローが入力される時間をチェックする。

0068

もし、リモコン300のTELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317とが同時に所定時間(たとえば、2秒)以上選択されて(押されて)、メイン制御部130のZTポートとFNポートとに論理レベルローが所定時間以上持続的に入力されれば(S643)、メイン制御部130はこれを復元HOME命令として認識する。したがって、メイン制御部130は撮影部110に設けられた各モジュールの環境設定値を基本値(デフォルト値)に再設定(復元)する(S645)。

0069

これに対し、S643において、メイン制御部130のZTポートとFNポートとに論理レベルローが所定時間未満入力されれば、メイン制御部130はこれを自動露出(Auto Exposure:AE)設定命令として認識する。したがって、メイン制御部130は、レンズ駆動部113に備えられたアイリスモータを自動に制御することによって、AEを行う(S647)。

0070

また、S610において、一つの操作ボタンのみが選択された場合には、メイン制御部130は入力された制御命令に基づき、ズームフォーカスを制御する(S650)が、これに対する細部過程は図3と同じである。

0071

以下では、S635が行われて記録/再生部200にメニュー画面が表示された場合、リモコン300の操作ボタンを選択することにより行われる動作に対して、図8を参照して説明する。

0072

記録/再生部200にメニュー画面が表示された場合(S635)、リモコン300のWIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315とが同時に選択され、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子の電圧差と、Focus端子とCom.端子の電圧差が全部+5Vとなって、メイン制御部130のZWポートとFFポートとにローが同時に入力されれば(S711)、メイン制御部130はこれを現在メニュー画面上でカーソルが位置したメニュー項目を選択/実行させるためのエンターENTER命令として認識し、これを行う(S713)。この場合、カーソルが位置したメニュー項目に従属する下位メニューが存在する場合、メイン制御部130はその下位メニューをOSDメニュー格納部160から引出してOSD処理部120に印加することによって、記録/再生部200に表示されるようにし、若し、カーソルが位置したメニュー項目の下位メニューが存在しない場合、メイン制御部130はそのメニュー項目に対応される制御動作を行う。

0073

もし、リモコン300のWIDE▲ボタン311が選択されて、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差が+5Vとなって、メイン制御部130のZWポートに論理レベルローが入力されれば(S721)、メイン制御部130はこれをメニュー画面上に表示されたカーソルを上方向UPに移動させるための命令として認識し、OSD処理部120を制御してカーソルが上方向UPに移動されて表示されるようにする(S723)。

0074

また、リモコン300のTELE▼ボタン313が選択されて、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差が-5Vとなって、メイン制御部130のZTポートに論理レベルローが入力されれば(S731)、メイン制御部130はこれをメニュー画面上に表示されたカーソルを下方向Downに移動させるための命令として認識し、OSD処理部120を制御してカーソルが下方向Downに移動されて表示されるようにする(S733)。

0075

また、リモコン300のFAR▲ボタン315が選択されて、リモコン信号伝達部140のFocus端子とCom.端子との間の電圧差が+5Vとなって、メイン制御部130のFFポートに論理レベルローが入力されれば(S741)、メイン制御部130はこれをメニュー画面上に表示されたカーソルを左方向Leftに移動させるための命令として認識し、OSD処理部120を制御してカーソルが左方向Leftに移動されて表示されるようにする(S743)。

0076

最後に、リモコン300のNEAR▲ボタン317が選択されて、リモコン信号伝達部140のFocus端子とCom.端子との間の電圧差が−5Vとなって、メイン制御部130のFNポートに論理レベルローが入力されれば(S751)、メイン制御部130はこれをメニュー画面上に表示されたカーソルを右方向Rightに移動させるための命令として認識し、OSD処理部120を制御してカーソルが右方向Rightに移動されて表示されるようにする(S753)。

0077

以下では、本発明のさらに他の実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する方法に対して図9及び図10を参照して説明する。

0078

図9に示しているリモコン300は、図5のリモコン300にMENU/AF操作ボタン321とHOME/AE操作ボタン323とをさらに追加したものである。使用者がMENU/AF操作ボタン321を選択すれば、WIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315とが同時に選択された場合と同じ制御命令が入力され、使用者がHOME/AE操作ボタン323を選択すれば、TELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317とが同時に選択された場合と同じ制御命令が入力される。

0079

以下では、使用者がMENU/AF操作ボタン321、またはHOME/AE操作ボタン323を選択した場合、メイン制御部130に制御命令が伝達される過程に対して、図10を参照して説明する。図10は、図9のリモコン300の回路図を示す図面である。図10に示す回路図は、図6に示す回路図にMENU/AF操作ボタン321、HOME/AE操作ボタン323及び第6〜第9ダイオードD6〜D9がさらに追加されたものである。

0080

MENU/AF操作ボタン321が選択されれば、第6ダイオードD6と第7ダイオードD7とが導通され、R6での電圧降下を無視すればZoom端子とFocus端子とにはノードAの電圧と同じ10Vが印加される。したがって、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差は全部+5V(10−5=+5V)となって、メイン制御部130のZWポートとFFポートに論理レベルローが入力されて、余りポートには論理レベルハイが入力される。したがって、WIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315が同時に選択された場合と同じ制御命令が入力されるので、図7のS631を行うようになる。

0081

また、HOME/AE操作ボタン323が選択されれば、第8ダイオーD8と第9ダイオードD9とが導通され、R7での電圧降下を無視すればZoom端子とFocus端子には0Vが印加される。したがって、リモコン信号伝達部140のZoom端子とCom.端子との間の電圧差とFocus端子とCom.端子との間の電圧差は全部−5V(0−5=−5V)となって、メイン制御部130のZTポートとFNポートとに論理レベルローが入力され、余りのポートには論理レベルハイが入力される。したがって、TELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317とが同時に選択された場合と同じ制御命令が入力されるため、図7のS641を行うようになる。

0082

これによれば、一つの操作ボタンの選択だけで、二つの操作ボタンを同時に選択したことと同じ制御命令が入力される。また、操作ボタンが追加されたがメイン制御部130にリモコン信号入力用として割り当てられたポートの個数に変化がないので、リモコン300の設計変更だけで本実施の形態を実現できる。使用者がよく入力する制御命令の場合には、こういう一つの操作ボタンだけを使用して入力できるようにすることによって、使用者が2つの操作ボタンを同時に選択することによって体験する不便さを防止できるようになる。

0083

一方、図7ではリモコン300に設けられた操作ボタン311〜317各々に対応される制御命令でない他の制御命令Menu、AF、Home、AEを入力するため、二つの操作ボタンを同時に選択する方式に対して記述したが、これは一例にすぎない。したがって、2つでない1つの操作ボタンだけを所定時間(例えば、2秒以上)以上選択することによって、Menu、AF、Home、AEのような制御命令を入力しうることはもちろんである。

0084

また、図7では説明の便宜上、リモコン300のWIDE▲ボタン311とFAR▲ボタン315とが組み合わせられた場合と、リモコン300のTELE▼ボタン313とNEAR▲ボタン317とが組み合わせられた場合に対してのみ記述したが、これも一例に過ぎないものであって、WIDE▲ボタン311とNEAR▲ボタン317とを組み合わせたり、TELE▼ボタン313とFAR▲ボタン315とを組み合わせて制御命令を入力することが可能であることは勿論である。

図面の簡単な説明

0085

従来の撮影システムのブロック図である。
図1のリモコンから出力されるリモコン信号がリモコン信号伝達部を介してメイン制御部に印加される過程を示す図である。
リモコンに設けられた操作ボタンを選択して、撮影装置を制御する方法を示すフローチャートである。
本発明に係る撮影システムを示すブロック図である。
本発明の一実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する撮影システムを示す図である。
図5のリモコンの回路図である。
本発明の一実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する方法を示す図である。
本発明の一実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する方法を示す図である。
本発明のさらに他の実施の形態に係るリモコンから出力可能な複数のリモコン信号を組み合わせて構成した制御命令に基づき撮影装置を制御する方法を示す図である。
図9のリモコンの回路図を示す図である。

符号の説明

0086

100撮影装置
110撮影部
120 OSD処理部
130メイン制御部
140リモコン信号伝達部
160OSDメニュー格納部
200 記録/再生部
300 リモコン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ