図面 (/)

技術 情報処理方法、情報処理装置

出願人 キヤノン株式会社
発明者 横山哲也
出願日 2003年11月13日 (16年4ヶ月経過) 出願番号 2003-383901
公開日 2005年6月9日 (14年9ヶ月経過) 公開番号 2005-149005
状態 特許登録済
技術分野 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード 上機嫌 参照文 登録予定 記憶媒体ドライブ装置 文章データベース 光磁気記憶装置 CG画像データ ファクス装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年6月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

登録するデータのセキュリティーレベルを向上させること。

解決手段

画像処理装置401が有するデータベース登録予定の処理データをデータベースに登録した後で、登録場所に対する機器からのアクセスを画像処理装置401が許可しなかった場合に、画像処理装置401に行わせる処理を特定するデータを作成し、処理データに従った画像と、作成したデータに従った画像との合成画像を画像処理装置401が有する印刷装置によって印刷させるために、処理データに基づいた印刷用データ、作成したデータに基づいた印刷用データを印刷装置に送信する。

概要

背景

従来、文書データを格納しているサーバ装置端末装置からアクセスする際、このサーバ装置にアクセスできない場合や、このサーバ装置が保持している文書データにアクセスできない場合に端末装置やサーバ装置が行うべき処理方法は端末装置もしくはサーバ装置の何れかに設定していた。
特開2000−347943号公報

概要

登録するデータのセキュリティーレベルを向上させること。画像処理装置401が有するデータベース登録予定の処理データをデータベースに登録した後で、登録場所に対する機器からのアクセスを画像処理装置401が許可しなかった場合に、画像処理装置401に行わせる処理を特定するデータを作成し、処理データに従った画像と、作成したデータに従った画像との合成画像を画像処理装置401が有する印刷装置によって印刷させるために、処理データに基づいた印刷用データ、作成したデータに基づいた印刷用データを印刷装置に送信する。

目的

本発明は以上の問題に鑑みてなされたものであり、登録するデータのセキュリティーレベルを向上させることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印刷装置に接続された外部装置が有するデータベースにデータを登録する情報処理方法であって、前記データベースに登録予定の処理データを前記データベースに登録した後で、当該登録場所に対する前記外部装置と通信可能な機器からのアクセスを前記外部装置が許可しなかった場合に、前記外部装置に行わせる処理を特定するデータを作成する作成工程と、前記処理データに従った画像と、前記作成工程で作成したデータに従った画像との合成画像を前記印刷装置によって印刷させるために、前記処理データに基づいた印刷用データ、前記作成工程で作成したデータに基づいた印刷用データを前記印刷装置に送信する送信工程とを備えることを特徴とする情報処理方法。

請求項2

前記作成工程では、前記アクセスに関する情報の通知先を示すデータを作成することを特徴とする請求項1に記載の情報処理方法。

請求項3

前記作成工程では、前記処理データに対するアクセスの可否を示すデータを作成することを特徴とする請求項1に記載の情報処理方法。

請求項4

前記作成工程で作成したデータに従った画像は、2次元パーコードであることを特徴とする請求項1に記載の情報処理方法。

請求項5

印刷装置、データベースを備え、当該データベースに登録されているデータに対するアクセスを制御する情報処理装置が行う情報処理方法であって、外部から前記データベースに登録するために送信された第1のデータの前記データベースへの登録場所に対する、前記情報処理装置と通信可能な機器からのアクセスを前記情報処理装置が許可しなかった場合に、前記情報処理装置が行うべき処理を特定する第2のデータを入力する入力工程と、前記第1のデータの登録場所に対するアクセスが発生し、且つ当該アクセスを許可しなかった場合に、前記第2のデータが特定する処理を行う処理工程とを備えることを特徴とする情報処理方法。

請求項6

前記処理工程では、前記第2のデータに含まれる情報が、前記第1のデータの処理を許可していない旨を示している場合に、前記第2のデータが特定する処理を行うことを特徴とする請求項5に記載の情報処理方法。

請求項7

印刷装置に接続された外部装置が有するデータベースにデータを登録する情報処理方法であって、前記データベースに登録予定の処理データを前記データベースに登録した後で、当該登録場所に対する前記外部装置と通信可能な機器からのアクセスを前記外部装置が許可しなかった場合に、前記外部装置に行わせる処理を特定するデータを作成する作成手段と、前記処理データに従った画像と、前記作成手段が作成したデータに従った画像との合成画像を前記印刷装置によって印刷させるために、前記処理データに基づいた印刷用データ、前記作成手段が作成したデータに基づいた印刷用データを前記印刷装置に送信する送信手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。

請求項8

印刷装置、データベースを備え、当該データベースに登録されているデータに対するアクセスを制御する情報処理装置であって、外部から前記データベースに登録するために送信された第1のデータの前記データベースへの登録場所に対する、前記情報処理装置と通信可能な機器からのアクセスを前記情報処理装置が許可しなかった場合に、前記情報処理装置が行うべき処理を特定する第2のデータを入力する入力手段と、前記第1のデータの登録場所に対するアクセスが発生し、且つ当該アクセスを許可しなかった場合に、前記第2のデータが特定する処理を行う処理手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。

請求項9

コンピュータに請求項7又は8に記載の情報処理方法を実行させることを特徴とするコンピュータプログラム

請求項10

請求項9に記載のコンピュータプログラムを格納する、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体

技術分野

0001

本発明は、データベースへのデータの登録処理に係る情報処理技術に関するものである。

背景技術

0002

従来、文書データを格納しているサーバ装置端末装置からアクセスする際、このサーバ装置にアクセスできない場合や、このサーバ装置が保持している文書データにアクセスできない場合に端末装置やサーバ装置が行うべき処理方法は端末装置もしくはサーバ装置の何れかに設定していた。
特開2000−347943号公報

発明が解決しようとする課題

0003

上記サーバ装置にアクセスできない場合の処理方法が端末装置側に設定されているとすると、サーバ装置に文書データを登録したユーザ(登録ユーザ)の意志とは無関係に、文書データへのアクセス拒否時の処理が行われていた。そのため、登録ユーザの所望の結果を得ることができず、セキュリティの面で問題になることがあった。また、端末装置が複数存在する場合、全ての端末装置で同じ結果を得るためには、夫々の端末装置に処理方法を設定しなくてはいけないため、作業効率の低下を招いていた。

0004

また、文書データにアクセスできない場合の処理方法が、サーバ装置側に設定されていると、サーバ装置にアクセスできない場合に、端末装置はサーバ装置に設定された処理方法を実行することができず、代わりに端末装置に設定されている処理を行わざるを得ず、この場合にも、登録ユーザの所望の結果を得ることができず、セキュリティの面で問題になることがあった。また、端末装置が複数存在する場合、全ての端末装置で同じ結果を得るためには、夫々の端末装置に処理方法を設定しなくてはいけないため、作業効率の低下を招いていた。

0005

本発明は以上の問題に鑑みてなされたものであり、登録するデータのセキュリティーレベルを向上させることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の目的を達成する為に、例えば本発明の情報処理方法は以下の構成を備える。

0007

即ち、印刷装置に接続された外部装置が有するデータベースにデータを登録する情報処理方法であって、
前記データベースに登録予定の処理データを前記データベースに登録した後で、当該登録場所に対する前記外部装置と通信可能な機器からのアクセスを前記外部装置が許可しなかった場合に、前記外部装置に行わせる処理を特定するデータを作成する作成工程と、
前記処理データに従った画像と、前記作成工程で作成したデータに従った画像との合成画像を前記印刷装置によって印刷させるために、前記処理データに基づいた印刷用データ、前記作成工程で作成したデータに基づいた印刷用データを前記印刷装置に送信する送信工程と
を備えることを特徴とする。

0008

本発明の目的を達成する為に、例えば本発明の情報処理方法は以下の構成を備える。

0009

即ち、印刷装置、データベースを備え、当該データベースに登録されているデータに対するアクセスを制御する情報処理装置が行う情報処理方法であって、
外部から前記データベースに登録するために送信された第1のデータの前記データベースへの登録場所に対する、前記情報処理装置と通信可能な機器からのアクセスを前記情報処理装置が許可しなかった場合に、前記情報処理装置が行うべき処理を特定する第2のデータを入力する入力工程と、
前記第1のデータの登録場所に対するアクセスが発生し、且つ当該アクセスを許可しなかった場合に、前記第2のデータが特定する処理を行う処理工程と
を備えることを特徴とする。

0010

本発明の目的を達成する為に、例えば本発明の情報処理装置は以下の構成を備える。

0011

即ち、印刷装置に接続された外部装置が有するデータベースにデータを登録する情報処理方法であって、
前記データベースに登録予定の処理データを前記データベースに登録した後で、当該登録場所に対する前記外部装置と通信可能な機器からのアクセスを前記外部装置が許可しなかった場合に、前記外部装置に行わせる処理を特定するデータを作成する作成手段と、
前記処理データに従った画像と、前記作成手段が作成したデータに従った画像との合成画像を前記印刷装置によって印刷させるために、前記処理データに基づいた印刷用データ、前記作成手段が作成したデータに基づいた印刷用データを前記印刷装置に送信する送信手段と
を備えることを特徴とする。

0012

本発明の目的を達成する為に、例えば本発明の情報処理装置は以下の構成を備える。

0013

即ち、印刷装置、データベースを備え、当該データベースに登録されているデータに対するアクセスを制御する情報処理装置であって、
外部から前記データベースに登録するために送信された第1のデータの前記データベースへの登録場所に対する、前記情報処理装置と通信可能な機器からのアクセスを前記情報処理装置が許可しなかった場合に、前記情報処理装置が行うべき処理を特定する第2のデータを入力する入力手段と、
前記第1のデータの登録場所に対するアクセスが発生し、且つ当該アクセスを許可しなかった場合に、前記第2のデータが特定する処理を行う処理手段と
を備えることを特徴とする。

発明の効果

0014

本発明の構成によって、登録するデータのセキュリティーレベルを向上させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下添付図面を参照して、本発明を好適な実施形態に従って詳細に説明する。

0016

[第1の実施形態]
図4は、本実施形態に係るシステムの構成を示す図である。本実施形態に係るシステムは画像処理装置401、サーバ装置402、そしてクライアント装置403より構成されている。本実施形態では、クライアント装置403から画像処理装置401が保持する文書データベースに文書データを格納し、更にこの文書データの格納場所等の文書情報を記録した参照文書データを画像処理装置401が有する後述の印刷装置から出力する。

0017

また、画像処理装置401は参照文書データを解析し、この参照文書データと共に格納された文書データを画像処理装置401が有する印刷装置から出力、或いはサーバ装置402に対しての送信や画像処理装置401が有する後述のファクス装置を介して公衆回線に対して送信といった処理を行う。

0018

図3は、画像処理装置401の主要部の基本構成を示すブロック図である。画像処理装置401の主要部は、中央処理装置301、主記憶装置302、表示装置303、入力装置304、外部記憶装置305、印刷装置306、画像読み取り装置307、ネットワーク装置308、電子メール装置309、及びファクス装置310から構成されている。

0019

中央処理装置301は同図に示した各部を制御すると共に、画像処理装置401が行うべき後述の処理を実行する。

0020

主記憶装置302は、外部の機器とデータ通信を行うことで一時的にプログラムやデータを記憶するエリアを備えると共に、中央処理装置301が各種の処理を行うために用いるワークエリアも備える。

0021

表示装置303は画像や文字を表示することのできるもので、CRT液晶画面タッチパネルなどにより構成されている。

0022

入力装置304は中央処理装置301に対して各種の指示を入力するためのもので、キーボードマウスカードリーダやタッチパネルなどにより構成されている。

0023

外部記憶装置305は、磁気記憶装置光磁気記憶装置として機能するもので、ここにOSや印刷装置306や画像読み取り装置307といった各装置に対するドライバプログラム(データを含む)、中央処理装置301が行う処理に係るプログラムやデータを保存することができ、これらの一部は必要に応じて主記憶装置302にロードされる。また、この外部記憶装置305には、文書データを格納するための文書データベースが保存されているものとする。この文書データベースについての詳細は後述する。

0024

印刷装置306は図形や文字などを紙やOHPなどの記録媒体上に印刷するもので、中央処理装置301によって変換された印刷データに従って印刷処理を行う。

0025

画像読み取り装置307は、紙やOHPなどの記録媒体上に記録された情報を読み取り、読み取った結果を電子データとして主記憶装置302や外部記憶装置305に読み出す処理を行う。

0026

ネットワーク装置308は、図4に示したコンピュータネットワークに接続するためのもので、画像処理装置401はこのネットワーク装置308によってコンピュータネットワークに接続された各装置とデータ通信を行うことができる。

0027

電子メール装置309は、図4に示したコンピュータネットワークに接続するためのもので、画像処理装置401はこの電子メール装置309によってコンピュータネットワークに接続された各装置とメールの送受信を行うことができる。

0028

ファックス装置310は、公衆回線を介して外部の装置とファックス送受信処理を行う。

0029

図7はクライアント装置403の基本構成を示すブロック図である。

0030

701はCPUで、RAM702やROM703が格納するプログラムやデータを用いて本装置全体の制御を行うと共に、クライアント装置403が行う後述する処理を実行する。

0031

702はRAMで、外部記憶装置707や記憶媒体ドライブ装置708からロードされたプログラムやデータ、I/F709を介して外部から受信したプログラムやデータを記憶するためのエリアを備えると共に、CPU701が各種の処理を行うために用いるワークエリアも備える。

0032

703はROMで、ブートプログラムや本装置の設定データなどを格納する。

0033

704、705は夫々キーボード、マウスで、各種の指示をCPU701に入力するために用いられる。

0034

706は表示部で、CRTや液晶画面などにより構成されており、画像や文字などを表示する。

0035

707は外部記憶装置で、ハードディスクドライブ装置などの大容量情報記憶装置として機能するものであり、ここにOSやクライアント装置403が行うべき後述の処理をCPU701に実行させるためのプログラムやデータを保存させておく、なお、これらの一部は必要に応じてRAM702に読み出される。

0036

708は記憶媒体ドライブ装置で、CD−ROMやDVD−ROMなどの記憶媒体に記録されたプログラムやデータを読み出して、RAM702や外部記憶装置707に出力する。なお、外部記憶装置707が保持しているプログラムやデータの一部を記憶媒体に記録しておき、この記憶媒体ドライブ装置708によってこの記憶媒体からプログラムやデータをRAM702にロードするようにしても良い。

0037

709はI/Fで、図4に示したコンピュータネットワークに接続しており、クライアント装置403はこのI/F709を介して外部の装置とデータ通信を行うことができる。

0038

710は上述の各部を繋ぐバスである。

0039

次に、以上説明したクライアント装置403において作成した(もしくは予めRAM702にロードされた)文書データを画像処理装置401に登録する処理について説明する。

0040

図1は、クライアント装置403が行う、文書データを画像処理装置401に登録する処理のフローチャートである。なお、同図のフローチャートに従ったプログラムはRAM702にロードされ、CPU701はこのプログラムを実行することにより、クライアント装置403は同図のフローチャートに従った処理を行うことになる。また、以下説明する処理の前段で、既にRAM702には登録する文書データが記憶されているものとする。

0041

まず、CPU701は、RAM702に記憶されている文書データ(以下、アプリケーションデータと呼称する場合もある)を画像処理装置401が有する外部記憶装置305内に設けられた文書データベースに登録する指示を受け付ける(ステップS100)。この指示には、登録しようとする文書データと共に、この文書データの格納場所(例えば画像処理装置401の外部記憶装置305のネットワークアドレス情報など)、文書データの処理の可否情報、及び、格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法を含む文書情報を記録した参照文書を画像処理装置401が有する印刷装置306から出力させる指示をも含むものとするが、これらの指示は別個に行っても良く、その場合は両方の指示を行っても良いし、何れか一方だけの指示を行うようにしても良い。

0042

ここで、「文書データの処理の可否情報」とは、文書データに対するアクセス(例えばこの文書データを検索するためのアクセス)の可否を示す情報であって、例えば、所定のグループに属するユーザに対しては、アクセスを許可する等の旨の情報である。このような情報の設定は予め行われており、その設定データはRAM702にロードされているものとする。また、上記「格納場所」の設定も予め行われており、「格納場所」を示すデータについても予めRAM702にロードされているものとする。なお、「文書データの処理の可否情報」、『「格納場所」を示すデータ』を所定のGUIを用いて設定を行っても良い。

0043

また、以下の説明では特に断らない限り、「文章データへのアクセス」を「格納場所へのアクセス」と同じ意味で用いる場合がある。

0044

次に、クライアント装置403のユーザは、格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法、即ち、画像処理装置401がこの格納場所に対して(換言すればこの格納場所に登録する文章データに対して)のアクセスを許可しなかった場合に画像処理装置401が行うべき処理方法を入力する(ステップS101)。本実施形態ではこの入力形態としてGUIを用いるものとする。図5は、格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法を選択するためのGUIを例示する図である。

0045

格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法の選択肢には、「管理者に通知する」、「所有者に通知する」、「なにもしない」が用意されており、ユーザは、この中のいずれかを選択するものとする。選択方法としては、ユーザはキーボード704やマウス705を用いてカーソル510を移動させ、チェックボタン501乃至503の何れかを指示する。チェックボタン501を指示すると「管理者に通知する」を選択したことになり、チェックボタン502を指示すると「所有者に通知する」を選択したことになり、チェックボタン503を指示すると「何もしない」を選択したことになる。同図では503のチェックボタンが選択されているので、即ち「何もしない」を選択していることになる。

0046

そしてこの設定で良ければOKボタン504をキーボード704やマウス705を用いて同様に指示する。指示すると、選択した内容を示すデータはRAM702に記憶される。

0047

上記処理方法を入力する処理が完了すると、次に、文書データベースに格納する文書データから、印刷用のデータを生成する処理を行う(ステップS102)。本実施形態では印刷用のデータの形式としてPDFフォーマットのものを用いるものとするが、以下の説明はこれに限定されるものではない。

0048

次に、ステップS102で生成したPDFデータと、元の文書データ(登録対象の文書データ)とを1つの文書データ(以下、オリジナル文書データと呼称)として合成する(ステップS103)。従って元の文章データに対する可否情報、格納場所などは、換言すればオリジナル文章データに対するものでもある。

0049

合成することで生成されたオリジナル文書データはRAM702に一時的に記憶される。そしてこのオリジナル文書データをI/F709、コンピュータネットワークを介して画像処理装置401が有する外部記憶装置305内の文書データベースに送信する(ステップS104)。

0050

次に、ステップS100で受け付けた指示を解析し、この指示に印刷指示が含まれていた場合には(ステップS105)、処理をステップS106に進め、印刷装置306の為のドライバプログラムを実行することで、登録しようとする文書データから印刷装置306の為の印刷データ(画像)を生成する(ステップS106)。次に、この印刷指示を解析し、この印刷指示に参照文書(上述の通り、オリジナル文章データの格納場所、文書データの処理の可否情報、格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法を含む文書情報を記録したもの)をも印刷する指示が含まれているか否かを判断する。含まれていない場合には、ステップS106で生成した画像のデータのみを画像処理装置401の印刷装置306に送信する(ステップS110)。印刷装置306はこの画像データに従った画像を印刷する。即ちステップS110では印刷装置306に
一方、ステップS107で、参照文章を印刷すると判断した場合には処理をステップS108に進め、ステップS104で送信したオリジナル文章データの格納場所、このオリジナル文章データに含まれる文章データやPDFデータの処理の可否情報、ステップS101で入力した「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」夫々を示すデータを文書情報とし、この文章情報から参照文章の画像データを生成する(ステップS108)。本実施形態ではこの画像データとして2次元バーコードであるQPコードを生成する。なお、所望の情報に基づいた2次元バーコードの生成処理、QPコードについては周知のものであるので、ここでの説明は省略する。なお、文章情報を表現する方法は2次元バーコードに限定されるものではなく、1次元バーコードを用いても良いし、その表現形態は特に限定するものではないが、この文章情報は画像処理装置401側で復元され、解釈されるものであるので、クライアント装置403側と画像処理装置401側とで対応を取っておく必要がある。

0051

また、ステップS101でユーザにより「管理者に通知する」または「所有者に通知する」が選択されている場合には夫々、管理者、もしくは所有者(ここではクライアント装置403のユーザ自身)のE−mailアドレスも文書情報としてQPコードに埋め込む。これらのE−mailアドレスのデータは予めRAM702にロードされているものとする。

0052

そしてステップS106で生成した文章データの出力用画像データと、ステップS108で生成した文書情報の画像データとを合成する(ステップS109)。即ち、この出力用画像上に2次元バーコードを重ねた画像(合成画像)を生成する処理を行う。

0053

図6は、この合成画像の一例を示す図である。同図において600が合成画像全体で、601が出力用画像データの部分、602で示す点線部分で囲んだ領域内の画像が2次元バーコードである。

0054

そして生成した合成画像を印刷装置306に出力する(ステップS110)。

0055

以上の処理によって、クライアント装置403は、オリジナル文章データの格納場所に対するアクセスを画像処理装置401が許可しなかった場合に、画像処理装置401が行うべき処理方法を特定するデータを文章情報を表現する2次元バーコードでもって設定することができる。

0056

次に、クライアント装置403から文章データを登録された画像処理装置401が行う処理について説明する。この処理は、クライアント装置403による上述の処理によって印刷装置306より印刷した原稿を読み取り、読み取った情報を何れかの装置に出力する処理である。なお、読み取った情報と内容が同じものは上記処理によって外部記憶装置305内の文章データベースに登録されているはずである。従って画像処理装置401は、読み取った情報と同じものをこの文章データベースから検索し、検索したものを何れかの装置に出力する処理を行う。

0057

図2は、画像処理装置401が行うこの処理のフローチャートである。なお、同図のフローチャートに従ったプログラムは主記憶装置302にロードされており、中央処理装置301がこれを実行することで、画像処理装置401は同図のフローチャートに従った処理を行うことになる。

0058

まず、画像処理装置401を使用するユーザの認証を行う(ステップS201)。本実施形態では、入力装置304を用いて、ユーザIDとパスワード(事前に登録済み)を入力させ、事前に登録しておいたものと一致すれば認証成功とする。この一連ユーザ認証処理については周知のものであるので、ここでの説明は省略する。

0059

次に、入力装置304を用いた操作により、後述の電子データの出力先を指定する(ステップS202)。指定した出力先を示すデータは一時的に主記憶装置302に記憶されるものとする。

0060

次に、図1に示した処理によって印刷装置306より印刷した原稿を画像読み取り装置304によって読み込ませ、読み取った情報と同じものを文章データベースから検索し、検索したものをステップS202で指定された出力先に出力する指示(ジョブの開始の指示)の受付を行う(ステップS203)。この指示の入力は入力装置304を用いて行われるものとする。本実施形態ではステップS202で指定した出力先を”a@can.co.jp”という電子メールアドレスで特定される機器とするが、図2に示したフローチャートに従った処理の本質はこれに限定されるものではない。

0061

また、画像読み取り装置304には原稿台が備わっており、上機嫌光はこの原稿台におかれて読み取られるものとする。また、この原稿台にはADF(Auto Document Feeder)を備えており、読み取りの際には全ての原稿を自動的に1枚ずつ読み込めるものとする。

0062

次に、原稿をADFから引き込み、画像読み取り装置307によってこの原稿上の情報を画像として読み込む(スキャン)処理を行う(ステップS204)。読み込んだ画像のデータは主記憶装置302に記憶される。この読み込んだ画像はステップS109で合成された画像と同じものであるので、読み込んだ画像上にはステップS108で生成した2次元バーコードが配置されている。従って次に、この読み込んだ画像上から2次元バーコードを検出する処理を行う(ステップS205)。この検出処理は特に限定するものではないが、例えば、予め2次元バーコードを配置する位置をクライアント装置403、画像処理装置401共に登録しておき、検出の際にはその位置近辺でもって検出処理を行う。また2次元バーコードの画像の色を予め決めておき、その色を検出するようにすれば、2次元バーコードの検出は可能である。

0063

次に、検出した2次元バーコードを解析する(ステップS206)。本実施形態ではこの2次元バーコードは、オリジナル文書の格納場所、このオリジナル文章に含まれる文章データの処理の可否情報、及びステップS101で選択した、「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」が含まれた文章情報である。従ってこの解析処理により、文章情報を復元する。

0064

次に、復元した文章情報に含まれる上記可否情報を参照して、オリジナル文章データ(2次元バーコードが意味する文章情報に含まれる情報である「格納場所」に格納されているオリジナル文章データ)の処理が許可されているかどうかを判断する(ステップS207)。許可されている場合には、処理をステップS208に進め、2次元バーコードが意味する文章情報中の「格納場所」を検索し、この「格納場所」に格納されているオリジナル文章データを特定する(ステップS208)。

0065

次に、特定したオリジナル文章データに、ステップS201で認証を行ったユーザがアクセス可能であるか否かを判断する(ステップS209)。

0066

ここで、ステップS207で許可されていないと判断された場合、もしくはステップS209でアクセス可能でないと判断された場合の何れの場合であっても、「画像処理装置401はオリジナル文章データへのアクセスを許可しなかった」ことには変わりないので、処理はステップS210に進める。そして、復元した文章情報に含まれる「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」を参照する(ステップS210)。

0067

「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」が「管理者に通知する」ことを示すものであった場合には、処理をステップS211に進め、2次元バーコードが示す文章情報中に含まれる管理者のE−mailアドレスにステップS201で認証したユーザの認証情報、及びアクセスしようとしたオリジナル文書に係る情報、アクセスしようとした時刻、及びアクセスできなかった原因を電子メール装置309によって通知する(ステップS211)。

0068

なお、ステップS207で、データの処理が許可されていない場合に処理をステップS211に進めた場合には、アクセスできなかった原因を「文章データの処理が禁止されているにも関わらず、データの検索が行われたこと」として通知する。

0069

本実施形態ではユーザの認証情報としてユーザ名、オリジナル文書に係る情報として、画像処理装置401名、オリジナル文章データ名(ファイル名)とするが、これに限定されるものではない。

0070

「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」が「所有者に通知する」ことを示すものであった場合には、処理をステップS212に進め、2次元バーコードが示す文章情報中に含まれる所有者(2次元バーコードが意味する文章情報中の「格納場所」に格納されているオリジナル文章データを文章データベースに登録したユーザ)のE−mailアドレスにステップS201で認証したユーザの認証情報、及びアクセスしようとしたオリジナル文書に係る情報、アクセスしようとした時刻、及びアクセスできなかった原因を電子メール装置309によって通知する(ステップS212)。即ち、ステップS211で管理者に対して送信するものと同じものを送信する。しかし、その送信内容は管理者、所有者の夫々で異なっていても良いし、その送信用は上記説明に限定されるものではない。

0071

「格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法」が「なにもしない」ことを示すものであった場合には、単に、アクセスが拒否された旨のメッセージを表示装置303に表示する処理を行う(ステップS213)。

0072

また、一方で、ステップS219で、アクセス可能と判断した場合には、処理をステップS214に進め、電子メール装置309を用いて、オリジナル文書をステップS202で設定した出力先である”a@can.co.jp”に電子メールの形態で送信する処理を行う(ステップS214)。送信するのはオリジナル文章データに含まれる文章データ、PDFデータの両方であっても良いし、何れか一方であっても良い。

0073

ここで、ステップS202で例えば印刷装置306を指定した場合には、ステップS214ではオリジナル文章に含まれるPDFデータを印刷装置306に出力し、印刷させる処理を行う。

0074

以上の説明により、本実施形態によって、文章データをデータベースに登録する場合に、登録場所に対するアクセスが画像処理装置401によって許可されなかった際に、画像処理装置401によって行われる処理を指定することができるため、文章データを登録するユーザの意図が反映された結果となり、結果として文章データのセキュリティも向上することになる。

0075

また、文書データを検索して出力をする際に、文書データを格納している装置にアクセスできない場合でも、その処理方法が検索時に読み込む原稿に記録されているため、文書データのアクセス拒否時の処理が、文書データを文書データベースに格納したユーザの意思を反映することが可能となる。

0076

また、機器毎に同じ処理方法を記録する必要がなくなる。そのため、格納したユーザの所望の結果を容易に得ることができ、セキュリティの強化や作業効率の向上を図ることができる。

0077

また、文書データにアクセスできない場合の処理方法が、文書データを格納している装置に記録する必要がなくなり、この装置にアクセスできない場合でも、その処理方法が検索時に読み込む原稿に記録されているため、文書データのアクセス拒否時の処理が、文書データを文書データベースに格納したユーザの意思を反映することが可能となる。

0078

この場合にも、機器毎に同じ処理方法を記録する必要がなくなり、格納したユーザの所望の結果を容易に得ることができるため、セキュリティの強化や作業効率の向上を図ることができる。

0079

なお、本実施形態では登録するデータを文章データとしたが、このデータの種類は特に限定するものではなく、他にも例えばCG画像データ等であっても良い。

0080

[第2の実施形態]
第1の実施形態では、画像処理装置401において例えばオリジナル文章の出力先等の設定を入力装置304を用いて行っているが、これに限定されるものではなく、クライアント装置403側で設定し、この設定内容を示すデータを画像処理装置401に送信するようにしても良い。当然画像処理装置401はこのデータに基づいた設定内容に従った処理を行うことになる。

0081

また、第1の実施形態では、文章データベースに登録するデータは印刷のためのものであった。しかし、第1の実施形態で説明した一連のデータの登録処理は、これに限定されるものではない。

0082

即ち、単にデータベースにデータを登録する場合においても、第1の実施形態で説明した登録処理の本質は使用することができる。例えば、データベースにデータを登録する際に、このデータへのアクセスの可否を示す情報、このデータへのアクセスが許可されない場合に、データベースを管理する管理装置に行わせる処理を特定するデータ(処理特定データ)を登録するデータと共にデータベースに登録しておく。

0083

そしてこのデータへのアクセスが生じた場合に、先ず、アクセスした元のユーザ情報と、上記可否情報とを比較し、このユーザにアクセス権が与えられているのか否かを判断する。

0084

アクセス権が与えられている場合には、そのままアクセスさせるのであるが、アクセス権がない場合には、上記処理特定データに従った処理を管理装置に行わせる。

0085

このようにすることで、管理するデータに対するアクセス制御を高いセキュリティーレベルで行うことができる。

0086

[その他の実施形態]
本発明の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアプログラムコードを記録した記録媒体(または記憶媒体)を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記録媒体に格納されたプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。この場合、記録媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記録した記録媒体は本発明を構成することになる。

0087

また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているオペレーティングシステム(OS)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

0088

さらに、記録媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張カードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリ書込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張カードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

0089

本発明を上記記録媒体に適用する場合、その記録媒体には、先に説明したフローチャートに対応するプログラムコードが格納されることになる。

図面の簡単な説明

0090

クライアント装置403が行う、文書データを画像処理装置401に登録する処理のフローチャートである。
クライアント装置403から文章データを登録された画像処理装置401が行う処理のフローチャートである。
画像処理装置401の主要部の基本構成を示すブロック図である。
本発明の第1の実施形態に係るシステムの構成を示す図である。
格納場所にアクセスできなかった場合の処理方法を選択するためのGUIを例示する図である。
ステップS106で生成した文章データの出力用画像データと、ステップS108で生成した文書情報の画像データとを重ねた画像(合成画像)の一例を示す図である。
クライアント装置403の基本構成を示すブロック図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ