図面 (/)

技術 公園や道路等の公共性の高い施設の緑地の樹木植栽管理方法

出願人 玉城昌伸
発明者 玉城昌伸
出願日 2003年10月22日 (17年3ヶ月経過) 出願番号 2003-398121
公開日 2005年5月19日 (15年9ヶ月経過) 公開番号 2005-128980
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 固定施設 付帯施設 規制地域 育成システム 農業生産物 施設管理者 個性化 一般広告
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年5月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

公園道路等公共性の高い施設の、緑地樹木植栽管理維持費は、施設管理者出費通行料等でまかなわれており、予算都合上、管理の行き届かない緑地も多々あり、施設管理者等の樹木植栽管理維持費のコスト低減又管維持費の確保が必要である。

解決手段

公共性の高い、施設の緑地の樹木植栽管理を、希望者個人又は企業に、委託させ、個人又は企業は、本来の、施設管理者に対価支払うことで、個人又は企業の要望とする樹木植栽管理を行わせ、広告物掲示する、施設管理者は、その対価を用い、従来の樹木植栽管理維持を行う、オーナー管理方法

概要

背景

従来、公園道路等公共性の高い施設の、緑地樹木植栽管理は、公園は、行政出費よって、道路管理においては、道路管理者の出費と通行料等によって、樹木植栽の管理の維持がなされているのが大半であり一部、公園道路等、地域の住民ボランティア等の協力に頼っている、予算都合上、管理の行き届かない緑地も多々あり、施設管理者の出費と通行料等とボランティア等の出費よって最低限の維持管理なされているのが現状である。

緑化ビジネス運営としての特許文献1。
代理管理としての特許文献2。
管理方法としての特許文献3。
特許公開2003−1349041 緑化ビジネス運営システムと、その運営方法と、それを実行する為のコンピュータープログラム。 特許公開2002−73728オーナー農業生産物育成システム。 特許公開2002−157379固定施設の管理方法及びシステム

概要

公園や道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理維持費は、施設管理者の出費と通行料等でまかなわれており、予算の都合上、管理の行き届かない緑地も多々あり、施設管理者等の樹木植栽管理維持費のコスト低減又管維持費の確保が必要である。公共性の高い、施設の緑地の樹木植栽管理を、希望者個人又は企業に、委託させ、個人又は企業は、本来の、施設管理者に対価支払うことで、個人又は企業の要望とする樹木植栽管理を行わせ、広告物掲示する、施設管理者は、その対価を用い、従来の樹木植栽管理維持を行う、オーナー制管理方法。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

公共性の高い施設緑地に、広告物掲示し又は、掲示させ、対価を得、その対価を用い緑地の樹木植栽管理維持する管理方法

請求項2

公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理を、希望者委託させ、その委託管理者が、本来の施設管理者に対価を支払い、委託管理者又は代理により樹木植栽管理維持させ、広告物の掲示をする管理方法。

請求項3

公園の緑地の樹木植栽管理を、希望者に委託させ、その委託管理者が、本来の公園管理者に対価を支払い、委託管理者又は代理により樹木植栽管理維持させ、広告物の掲示をする管理方法。

請求項4

道路付帯施設の、緑地の樹木植栽管理を、希望者に委託させ、その委託管理者が、本来の道路管理者に対価を支払い、代理により樹木植栽管理維持させ、広告物の掲示をする管理方法。

技術分野

0001

本発明は、公園道路等の公共性の高い施設の、緑地樹木植栽管理維持費を、施設管理者に代わり、個人又は企業にも管理費を拠出させる、樹木植栽管理方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、公園、道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理は、公園は、行政出費よって、道路管理においては、道路管理者の出費と通行料等によって、樹木植栽の管理の維持がなされているのが大半であり一部、公園道路等、地域の住民ボランティア等の協力に頼っている、予算都合上、管理の行き届かない緑地も多々あり、施設管理者の出費と通行料等とボランティア等の出費よって最低限の維持管理なされているのが現状である。

0003

緑化ビジネス運営としての特許文献1。
代理管理としての特許文献2。
管理方法としての特許文献3。
特許公開2003−1349041 緑化ビジネス運営システムと、その運営方法と、それを実行する為のコンピュータープログラム。 特許公開2002−73728オーナー農業生産物育成システム。 特許公開2002−157379固定施設の管理方法及びシステム

発明が解決しようとする課題

0004

公園や道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理維持費は、施設管理者の出費と通行料等でまかなわれており、予算の都合上、管理の行き届かない緑地も多々あり、施設管理者等の樹木植栽管理維持費のコスト低減又管維持費の確保が必要である。

課題を解決するための手段

0005

0006

一般的に、公園、道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管地は、広告物規制地域であるが、施設管理者の性格上公益性が認められるので広告物の掲示が可能であり、又管理用広告物の設置もできる。

0007

公園や道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理を、希望する個人又は企業に委託し、個人又は企業はその樹木植栽管理地に広告物を掲示するものである、しかしながら、公園や道路等公共性の高い施設の緑地の樹木植栽管理は、その景観維持に定期的な管理が必要であり場合によって危険を伴う、個人又は企業では、定期的な管理は不可能であり、危険を伴うこともあるので、個人又は企業は、本来の、施設管理者に対価支払うことで、個人又は企業の要望とする樹木植栽管理を行い、広告物を掲示する、オーナー制管理方法。

発明の効果

0008

公園や道路等公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理に、個人又は企業の広告物を掲示し対価を支払させることは、本来の、施設管理者の管理維持費の低減になり、施設管理者の性格上公益性が認められる。

0009

緑地の樹木植栽管理に、オーナー制管理方法、を採用すると、施設管理者の計画的な樹木植栽管理維持が可能になり、個々の管理による、虫食い状態の管理が無くなり、景観維持につながる。

0010

緑地の樹木植栽管理に建設設計の段階から、本発明を採用すると、建設費の軽減になり、より個人又は企業の要望とする樹木植栽が行われる。

0011

有料道路等の、緑地の樹木植栽管理に、本発明を採用すると、サービスエリやパーキングエリアの樹木植栽による、各施設の個性化ができ、利用者へのサービス向上に繋がり、樹木植栽管理維持費の削減にもなり、有料道路等の収益の向上につながる。

0012

個人又は企業が、公園や道路等の緑地の樹木植栽管理に対価を支払い、広告緑化や広告物を掲示することは、環境緑化事業に対する、個人又は企業のイメージ戦略にもなる。

発明を実施するための最良の形態

0013

公共性の高い施設の、緑地の樹木植栽管理を、希望者の個人又は企業に、委託させ、その委託管理者が、本来の施設管理者に対価を支払い、委託管理者又は代理により樹木植栽管理維持させ、個人又は企業の要望とする樹木植栽管理を行い、広告緑化や広告物の掲示をする、オーナー制管理方法

0014

公園の緑地の樹木植栽管理を、希望者の個人又は企業に、委託させ、その委託管理者が、本来の施設管理者に対価を支払い、委託管理者又は代理により樹木植栽管理維持させ、個人又は企業の要望とする樹木植栽管理を行う、広告は、広告物の許認可を受け広告物を掲示する場合と、管理用広告物の掲示をする場合とがある、広告物の掲示は、公園の出入り口等とし、広告物条例等、美観風致を害しないものとする。

0015

有料道路の緑地の樹木植栽管理を、サービスエリやパーキングエリア部分など、部分別に希望者に委託させ、その委託管理者が、本来の道路管理者に対価を支払い、危険性を伴う為、代理により樹木植栽管理維持させ、緑地の場所に応じて一般広告物又は管理用広告物の掲示とし、広告物条例等に反せず、道路標識等に類以しない広告物とする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ