図面 (/)

技術 ディスク記録再生装置

出願人 シャープ株式会社
発明者 古原寛
出願日 2003年10月20日 (15年11ヶ月経過) 出願番号 2003-358894
公開日 2005年5月12日 (14年5ヶ月経過) 公開番号 2005-122846
状態 未査定
技術分野 記録媒体(ディスク)の供給・案内 ヘッド上下移動;ヘッド復帰移動
主要キーワード 斜めスライド 自動排出装置 前後移動動作 プレートスプリング スプリング付勢力 ホルダーアーム 差込位置 搬送動作停止
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年5月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

簡単な構成で、ディスク引き込み及び装着並びに排出を行うとともに記録用ヘッド昇降させるモータを、ディスク回転のためのモータで兼用したディスク記録再生装置を提供する。

解決手段

スピンドルモータ2が矢印g方向に回転した場合、モータアーム5も矢印g方向に回転し、アイドラアーム8及びアイドラギヤ9も装置手前側に移動する。アイドラギヤ9の規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達したとき、モータギヤ4の回転がアイドラギヤ9を介して中間ギヤA11に伝達される。ピックアップレバー35が左端に位置する状態で、スピンドルモータ2が矢印g方向に回転した場合、モータアーム5のL字状の先端部5bがピックアップレバー35に当接することにより移動を阻止され、アーム規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達しない状態で位置決めされる。このときモータギヤ4の回転がアイドラギヤ9及び中間ギヤB13に伝達される。

概要

背景

従来より、このような、ディスク自動引き込み及び自動排出装置を備えたMDレコーダー等のディスク記録再生装置は、一般に、ディスクの回転用モータ、及び光ピックアップ等のディスク読み取り部動作用モータを有しており、またこれらとは別に、ディスクの引き込み及び装着並びに排出用と記録用ヘッド昇降用とを兼ねたモータの、合計3個のモータを備えている。

図10は、このような機能を備えた従来のディスク記録再生装置における、ディスク引き込み及び排出装置と記録用ヘッド昇降装置の、一部の部品構成を示す図であり、同図(a)平面図、同図(b)は側面図である。また図11は、図10(a)に描かれている部品の上部空間に配置される部品の図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。さらに、図12は、図11の一部の部品をそれぞれ抜き出して描いた図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。

図10(a)に示すように、ディスク記録再生装置の胴部であるシャーシ100には、その内側の一角近傍に、ローディングモータ101が取り付けられており、ローディングモータ101の回転軸には、モータギヤ102が圧入されていて、ローディングモータ101の回転軸と一体となって回転する。さらに、シャーシ100には減速ギヤA103,減速ギヤB104,及びカムギヤC105、が取り付けられている。

そして、モータギヤ102は減速ギヤA103のギヤ103aと、減速ギヤA103のギヤ103bは減速ギヤB104の大歯車104aと、及び減速ギヤB104の小歯車104bはカムギヤC105の大歯車105bと、それぞれ噛合状態になるよう配設されている。従って、ローディングモータ101が作動すると、その回転駆動力がモータギヤ102から減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105にまで伝達される。

また、カムプレート106が、カムギヤC105の大歯車105b一端付近より上方に延びる円筒形状のボス105aと、溝部106aで係合しており、シャーシ100の上面において、前後方向に移動可能に取り付けられている。つまり、カムギヤC105の回転に伴って、カムプレート106が矢印A方向(装置手前方向)或いは矢印B方向(装置奥部方向)に移動する。さらに、図10(b)に示すように、カムプレート106上には、SWプレート107が前後方向に一体的に移動可能に取り付けられており、カムプレート106とSWプレート107を繋ぐSWプレートスプリング108により、矢印B方向に付勢されている。

上記カムプレート106は、側面にガイド穴106b,106cを有しており、図11に示すように、カートリッジホルダ109及びホルダーアーム110を支えつつ高さを規制している。カートリッジホルダ109は、ディスクカートリッジ50を収納するものであり、そのアーム部109aを、シャーシ100前部に設けたホルダーアーム110のフック部110aで持ち上げ支持されている。また、その側面のバーリング突き出し穴)部109cを、カムプレート106側面のガイド穴106c内に位置させており、前記ガイド穴106cにより、高さ方向の位置を規制され保持されている。

ホルダーアーム110は、シャーシ100前部から上方向に伸びた左右2箇所の支持部100a,100bに、ホルダーアーム110前部で左右2箇所の支点穴110b,110dが嵌合して回動可能に取り付けられているとともに、左側後方に位置するバーリング部110cをカムプレート106側面のガイド穴106b内に位置させており、前記ガイド穴106bにより高さ方向の位置を規制されている。

スライダー111は、カートリッジホルダ109内にあって、このスライダー111上部に設けたスライダーシャフト111a,111bが、前記カートリッジホルダ109上面のガイド穴109dに沿って、前後方向に移動できるよう配されており、ディスクカートリッジ50と係合して、前記ディスクカートリッジ50を装置内部へ引き込み、或いは装置内部から排出する働きを持つ。

LDアーム112は、カートリッジホルダ109上面に突設する支点軸109eを中心として回動可能に取り付けられている。そして、図12(a)に示すように、その先端部112aがSWプレート107の口型形状部107aの中に、摺動可能な状態で位置しており、また、他端部の二股形状部112bでスライダーシャフト111aを挟持しつつこれと摺接している。

図10に戻って、記録用ヘッド昇降レバーA113は、シャーシ100の図示しない軸を中心として回動可能に取り付けられており、その一端113aはカムギヤC105上のカムと摺接し、他端113bは記録用ヘッド昇降レバーB114の左端部114aと係合している。また、記録用ヘッド昇降レバーB114は、シャーシ100の図示しない軸を中心として回動可能に取り付けられており、壁部114bは記録用ヘッド115と摺接している。この構成において、カムギヤC105が回転すると、記録用ヘッド昇降レバーA113の揺動運動を介して記録用ヘッド昇降レバーB114が回動し、記録用ヘッド115をディスクに接触させ、或いはディスクから離間させる。

上記構成のディスク記録再生装置では、ディスクを引き込み装着する場合、ローディングモータ101を回転軸方向から見て半時計回りに回転させる。このとき、モータギヤ102も同方向に回転する。この回転が、それぞれ噛合状態にある減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105に伝達される。このとき、カムギヤC105は半時計回りに回転しており、カムプレート106の溝部106aはカムギヤC105のボス105aと噛合状態にあるため、カムプレート106は図示の矢印A方向に移動する。

さらに、LDアーム112の先端部112aは、SWプレート107の口型形状部107aにより矢印A方向に押されるため、LDアーム112は反時計回りに回動する。このとき、ディスクカートリッジ50と係合しているスライダー111は、スライダーシャフトA111aがLDアーム112の二股形状部112bに押圧されることにより、装置奥部(矢印B方向)へ移動する。

装置奥部方向への移動が完了した後も、カムプレート106は矢印A方向への移動を続ける。このとき、カムプレート106側面のガイド穴106bの中に位置するホルダーアーム110のバーリング部110c、及びカムプレート106側面の別のガイド穴106cの中に位置するカートリッジホルダ109側面のバーリング部109cが、それぞれガイド穴106b,106cの形状に沿うように移動する。

このため、カートリッジホルダ109側面のバーリング部109cは、下方向(矢印C方向)に移動する。これにより、カートリッジホルダ109も下方向に移動し、内部に保持したディスクをターンテーブル116に装着する位置まで降下させる。その後、図示しない検出装置によりカムプレート107の位置が検出されると、装着完了と判断される。

さらに、カムギヤC105が回転を続けると、カムプレート106の溝部106aの円弧部とカムギヤC105のボス105aが摺接することにより、カムプレート106は矢印A方向への移動を停止したままで、カムギヤC105上のカムが記録用ヘッド昇降レバー113の一端113aと当接することにより、記録用ヘッド昇降レバーB114を介して記録用ヘッド115をディスクに接触させる。その後、図示しない検出装置によって記録可能状態と判断される。

ディスクの排出時は、前記ディスク装着状態にあるとき、ローディングモータ101が時計回りに回転することにより、モータギヤ102も時計回りに回転する。そして、引き込み時と同様に、モータギヤ102の回転は、減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105に伝達される。このとき、カムギヤC105は時計回りに回転しており、カムプレート106の溝部106aの円弧部が、カムギヤC105のボス105aと摺接しているので、カムプレート106は停止したまま、カムギヤC105上のカムが記録用ヘッド昇降レバー113の一端113aと当接する。これにより、記録用ヘッド昇降レバーB114を介して、記録用ヘッド115をディスクから離間させる。

その後、カムプレート106の溝部106aの円弧部からボス105aの摺接が外れ、カムプレート106は図示の矢印B方向に移動する。このとき、カムプレート106側面のガイド穴106bの中に位置するホルダーアーム110のバーリング部110c、及びカムプレート106側面の別のガイド穴106cの中に位置するカートリッジホルダ109側面のバーリング部109cは、それぞれガイドに従い上方向(矢印D方向)に移動する。これにより、カートリッジホルダ109も上方向に移動する。

上方向への移動が完了した後も、カムプレート106は矢印B方向への移動を続ける。これにより、LDアーム112の先端部112aは、SWプレート107の口型形状部107aにより矢印B方向に押されるため、LDアーム112は時計回りに回動する。このとき、ディスクカートリッジ50と係合しているスライダー111は、スライダーシャフトA111aがLDアーム112の二股形状部112bに押されることにより、ディスク排出方向に移動する。排出が完了すると、図示しない検出装置によりカムプレート107の位置が検出され、排出完了と判断されてモータの回転が停止する。

ところが、上述したような従来のディスク記録再生装置では、ディスク記録再生時にディスクを回転させるモータ、及び光ピックアップ等のディスク読み取り部の動作用モータとは別に、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行い且つ記録用ヘッドの昇降をするために、専用のローディングモータを必要とするため、装置の薄型軽量化阻害し、また高価になる欠点を有していた。

このような不具合を解消するために、ディスク回転駆動用のモータを、ローディングアンローディングの操作等の、他のディスク動作の駆動用モータとして利用する方法が開示されている(例えば、特許文献1〜特許文献3参照。)。また、複数のディスクを保持可能な装置において、記録再生手段を昇降させて任意のディスクトレイの高さに位置決めする第1位置決め手段と、ディスクトレイをディスク収納位置装置外の位置,及び再生位置との間で移送する移送手段を昇降させる第2位置決め手段とを、モータの回転方向切り換える方法が開示されている(例えば、特許文献4参照。)。
特開平6−36515号公報
特開平7−73610号公報
特開平11−86400号公報
特開平10−134475号公報

概要

簡単な構成で、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行うとともに記録用ヘッドを昇降させるモータを、ディスク回転のためのモータで兼用したディスク記録再生装置を提供する。スピンドルモータ2が矢印g方向に回転した場合、モータアーム5も矢印g方向に回転し、アイドラアーム8及びアイドラギヤ9も装置手前側に移動する。アイドラギヤ9の規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達したとき、モータギヤ4の回転がアイドラギヤ9を介して中間ギヤA11に伝達される。ピックアップレバー35が左端に位置する状態で、スピンドルモータ2が矢印g方向に回転した場合、モータアーム5のL字状の先端部5bがピックアップレバー35に当接することにより移動を阻止され、アーム規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達しない状態で位置決めされる。このときモータギヤ4の回転がアイドラギヤ9及び中間ギヤB13に伝達される。

目的

本発明は、このような問題点に鑑みなされたものであり、簡単な構成で、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行うとともに記録用ヘッドを昇降させるモータを、ディスク回転のためのモータで兼用したディスク記録再生装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

2方向への回転が可能なモータと、前記モータが第1の回転方向へ回転することによりディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータが第2の回転方向へ回転することにより駆動されて、前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送手段と、前記モータが第1の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達せず、第2の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達する連結手段と、前記ディスクの位置を検出する検出手段と、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、前記搬送手段と連動して前記ディスクに記録するための記録動作手段と、を備えたことを特徴とするディスク記録再生装置

請求項2

2方向への回転が可能なモータと、該モータの回転軸に固定したターンテーブルにディスクを保持し、前記モータが第1の回転方向へ回転することにより前記ディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータと一体的に回転するモータギヤと、前記モータが第1の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されず、第2の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されるアイドラギヤと、前記アイドラギヤの回転が伝達されることにより回転駆動されるカムギヤと、前記カムギヤの回転によりディスク装着方向又はディスク排出方向に移動する従動部材と、装置本体に揺動可能に固定されており、一端が前記従動部材と接続し、他端がディスクと係合するスライダーと接続し、前記従動部材の移動に従って前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送アームと、使用者の指示によりモータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、ディスクへ磁界を供給する記録用ヘッドと、前記カムギヤと連動し、前記記録用ヘッドをディスクに対して接触或いは離間させる記録用ヘッド昇降手段と、を備えたことを特徴とするディスク記録再生装置。

請求項3

前記ディスクの位置を検出する検出手段を設け、前記モータ制御手段は、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御することを特徴とする請求項2に記載のディスク記録再生装置。

請求項4

前記検出手段により前記ディスクの差込位置への挿入を検出したときに、前記モータ制御手段が前記モータを第2の回転方向へ回転させることを特徴とする請求項3に記載のディスク記録再生装置。

請求項5

前記検出手段によりディスクの排出を検出したときに前記モータの回転を停止し、ディスクの装着を検出した後に記録が選択されたときにはモータの回転を継続し、再生が選択されたときにはモータの回転を停止することを特徴とする請求項4に記載のディスク記録再生装置。

請求項6

前記検出手段は、前記従動部材の移動によって係脱されるスイッチであることを特徴とする請求項4に記載のディスク記録再生装置。

請求項7

ディスクにレーザースポットを供給する光ピックアップを備え、該光ピックアップの位置により、前記モータが第2の回転方向へ回転している状態で、前記アイドラギヤは第1の位置及び第2の位置を選択可能であることを特徴とする請求項2に記載のディスク記録再生装置。

請求項8

前記アイドラギヤが第1の位置を選択されたとき、前記従動部材が第1の駆動方向に駆動し、前記アイドラギヤが第2の位置を選択されたとき、前記従動部材が第2の駆動方向に駆動することを特徴とする請求項7に記載のディスク記録再生装置。

請求項9

前記モータが第2の回転方向へ回転している状態で、前記アイドラギヤが第1の位置を選択されたとき、ディスクを差込位置から装着位置まで搬送して再生可能状態となり、続いて記録用ヘッド昇降手段を介して、記録用ヘッドをディスクに接触させる記録可能状態となり、前記アイドラギヤが第2の位置を選択されたとき、記録用ヘッド昇降手段を介して、記録用ヘッドをディスクから離間させて再生可能状態となり、ディスクを装着位置から差込位置へ搬送することを特徴とする請求項8に記載のディスク記録再生装置。

技術分野

0001

本発明は、ディスク自動引き込み及び自動排出装置を備えたMDレコーダー等のディスク記録再生装置に関するものである。

背景技術

0002

従来より、このような、ディスクの自動引き込み及び自動排出装置を備えたMDレコーダー等のディスク記録再生装置は、一般に、ディスクの回転用モータ、及び光ピックアップ等のディスク読み取り部動作用モータを有しており、またこれらとは別に、ディスクの引き込み及び装着並びに排出用と記録用ヘッド昇降用とを兼ねたモータの、合計3個のモータを備えている。

0003

図10は、このような機能を備えた従来のディスク記録再生装置における、ディスク引き込み及び排出装置と記録用ヘッド昇降装置の、一部の部品構成を示す図であり、同図(a)平面図、同図(b)は側面図である。また図11は、図10(a)に描かれている部品の上部空間に配置される部品の図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。さらに、図12は、図11の一部の部品をそれぞれ抜き出して描いた図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。

0004

図10(a)に示すように、ディスク記録再生装置の胴部であるシャーシ100には、その内側の一角近傍に、ローディングモータ101が取り付けられており、ローディングモータ101の回転軸には、モータギヤ102が圧入されていて、ローディングモータ101の回転軸と一体となって回転する。さらに、シャーシ100には減速ギヤA103,減速ギヤB104,及びカムギヤC105、が取り付けられている。

0005

そして、モータギヤ102は減速ギヤA103のギヤ103aと、減速ギヤA103のギヤ103bは減速ギヤB104の大歯車104aと、及び減速ギヤB104の小歯車104bはカムギヤC105の大歯車105bと、それぞれ噛合状態になるよう配設されている。従って、ローディングモータ101が作動すると、その回転駆動力がモータギヤ102から減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105にまで伝達される。

0006

また、カムプレート106が、カムギヤC105の大歯車105b一端付近より上方に延びる円筒形状のボス105aと、溝部106aで係合しており、シャーシ100の上面において、前後方向に移動可能に取り付けられている。つまり、カムギヤC105の回転に伴って、カムプレート106が矢印A方向(装置手前方向)或いは矢印B方向(装置奥部方向)に移動する。さらに、図10(b)に示すように、カムプレート106上には、SWプレート107が前後方向に一体的に移動可能に取り付けられており、カムプレート106とSWプレート107を繋ぐSWプレートスプリング108により、矢印B方向に付勢されている。

0007

上記カムプレート106は、側面にガイド穴106b,106cを有しており、図11に示すように、カートリッジホルダ109及びホルダーアーム110を支えつつ高さを規制している。カートリッジホルダ109は、ディスクカートリッジ50を収納するものであり、そのアーム部109aを、シャーシ100前部に設けたホルダーアーム110のフック部110aで持ち上げ支持されている。また、その側面のバーリング突き出し穴)部109cを、カムプレート106側面のガイド穴106c内に位置させており、前記ガイド穴106cにより、高さ方向の位置を規制され保持されている。

0008

ホルダーアーム110は、シャーシ100前部から上方向に伸びた左右2箇所の支持部100a,100bに、ホルダーアーム110前部で左右2箇所の支点穴110b,110dが嵌合して回動可能に取り付けられているとともに、左側後方に位置するバーリング部110cをカムプレート106側面のガイド穴106b内に位置させており、前記ガイド穴106bにより高さ方向の位置を規制されている。

0009

スライダー111は、カートリッジホルダ109内にあって、このスライダー111上部に設けたスライダーシャフト111a,111bが、前記カートリッジホルダ109上面のガイド穴109dに沿って、前後方向に移動できるよう配されており、ディスクカートリッジ50と係合して、前記ディスクカートリッジ50を装置内部へ引き込み、或いは装置内部から排出する働きを持つ。

0010

LDアーム112は、カートリッジホルダ109上面に突設する支点軸109eを中心として回動可能に取り付けられている。そして、図12(a)に示すように、その先端部112aがSWプレート107の口型形状部107aの中に、摺動可能な状態で位置しており、また、他端部の二股形状部112bでスライダーシャフト111aを挟持しつつこれと摺接している。

0011

図10に戻って、記録用ヘッド昇降レバーA113は、シャーシ100の図示しない軸を中心として回動可能に取り付けられており、その一端113aはカムギヤC105上のカムと摺接し、他端113bは記録用ヘッド昇降レバーB114の左端部114aと係合している。また、記録用ヘッド昇降レバーB114は、シャーシ100の図示しない軸を中心として回動可能に取り付けられており、壁部114bは記録用ヘッド115と摺接している。この構成において、カムギヤC105が回転すると、記録用ヘッド昇降レバーA113の揺動運動を介して記録用ヘッド昇降レバーB114が回動し、記録用ヘッド115をディスクに接触させ、或いはディスクから離間させる。

0012

上記構成のディスク記録再生装置では、ディスクを引き込み装着する場合、ローディングモータ101を回転軸方向から見て半時計回りに回転させる。このとき、モータギヤ102も同方向に回転する。この回転が、それぞれ噛合状態にある減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105に伝達される。このとき、カムギヤC105は半時計回りに回転しており、カムプレート106の溝部106aはカムギヤC105のボス105aと噛合状態にあるため、カムプレート106は図示の矢印A方向に移動する。

0013

さらに、LDアーム112の先端部112aは、SWプレート107の口型形状部107aにより矢印A方向に押されるため、LDアーム112は反時計回りに回動する。このとき、ディスクカートリッジ50と係合しているスライダー111は、スライダーシャフトA111aがLDアーム112の二股形状部112bに押圧されることにより、装置奥部(矢印B方向)へ移動する。

0014

装置奥部方向への移動が完了した後も、カムプレート106は矢印A方向への移動を続ける。このとき、カムプレート106側面のガイド穴106bの中に位置するホルダーアーム110のバーリング部110c、及びカムプレート106側面の別のガイド穴106cの中に位置するカートリッジホルダ109側面のバーリング部109cが、それぞれガイド穴106b,106cの形状に沿うように移動する。

0015

このため、カートリッジホルダ109側面のバーリング部109cは、下方向(矢印C方向)に移動する。これにより、カートリッジホルダ109も下方向に移動し、内部に保持したディスクをターンテーブル116に装着する位置まで降下させる。その後、図示しない検出装置によりカムプレート107の位置が検出されると、装着完了と判断される。

0016

さらに、カムギヤC105が回転を続けると、カムプレート106の溝部106aの円弧部とカムギヤC105のボス105aが摺接することにより、カムプレート106は矢印A方向への移動を停止したままで、カムギヤC105上のカムが記録用ヘッド昇降レバー113の一端113aと当接することにより、記録用ヘッド昇降レバーB114を介して記録用ヘッド115をディスクに接触させる。その後、図示しない検出装置によって記録可能状態と判断される。

0017

ディスクの排出時は、前記ディスク装着状態にあるとき、ローディングモータ101が時計回りに回転することにより、モータギヤ102も時計回りに回転する。そして、引き込み時と同様に、モータギヤ102の回転は、減速ギヤA103及び減速ギヤB104を経て、カムギヤC105に伝達される。このとき、カムギヤC105は時計回りに回転しており、カムプレート106の溝部106aの円弧部が、カムギヤC105のボス105aと摺接しているので、カムプレート106は停止したまま、カムギヤC105上のカムが記録用ヘッド昇降レバー113の一端113aと当接する。これにより、記録用ヘッド昇降レバーB114を介して、記録用ヘッド115をディスクから離間させる。

0018

その後、カムプレート106の溝部106aの円弧部からボス105aの摺接が外れ、カムプレート106は図示の矢印B方向に移動する。このとき、カムプレート106側面のガイド穴106bの中に位置するホルダーアーム110のバーリング部110c、及びカムプレート106側面の別のガイド穴106cの中に位置するカートリッジホルダ109側面のバーリング部109cは、それぞれガイドに従い上方向(矢印D方向)に移動する。これにより、カートリッジホルダ109も上方向に移動する。

0019

上方向への移動が完了した後も、カムプレート106は矢印B方向への移動を続ける。これにより、LDアーム112の先端部112aは、SWプレート107の口型形状部107aにより矢印B方向に押されるため、LDアーム112は時計回りに回動する。このとき、ディスクカートリッジ50と係合しているスライダー111は、スライダーシャフトA111aがLDアーム112の二股形状部112bに押されることにより、ディスク排出方向に移動する。排出が完了すると、図示しない検出装置によりカムプレート107の位置が検出され、排出完了と判断されてモータの回転が停止する。

0020

ところが、上述したような従来のディスク記録再生装置では、ディスク記録再生時にディスクを回転させるモータ、及び光ピックアップ等のディスク読み取り部の動作用モータとは別に、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行い且つ記録用ヘッドの昇降をするために、専用のローディングモータを必要とするため、装置の薄型軽量化阻害し、また高価になる欠点を有していた。

0021

このような不具合を解消するために、ディスク回転駆動用のモータを、ローディングアンローディングの操作等の、他のディスク動作の駆動用モータとして利用する方法が開示されている(例えば、特許文献1〜特許文献3参照。)。また、複数のディスクを保持可能な装置において、記録再生手段を昇降させて任意のディスクトレイの高さに位置決めする第1位置決め手段と、ディスクトレイをディスク収納位置装置外の位置,及び再生位置との間で移送する移送手段を昇降させる第2位置決め手段とを、モータの回転方向切り換える方法が開示されている(例えば、特許文献4参照。)。
特開平6−36515号公報
特開平7−73610号公報
特開平11−86400号公報
特開平10−134475号公報

発明が解決しようとする課題

0022

しかしながら、上記特許文献1〜特許文献4に記載されているような構成では、モータの駆動をディスクの搬送に利用するため、或いはディスクの引き込みや排出の動作を制御するために、複雑な構成が必要である。また、当該モータを記録用ヘッドの昇降装置に利用することについては開示されていない。

0023

本発明は、このような問題点に鑑みなされたものであり、簡単な構成で、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行うとともに記録用ヘッドを昇降させるモータを、ディスク回転のためのモータで兼用したディスク記録再生装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0024

上記目的を達成するために、本発明では、2方向への回転が可能なモータと、前記モータが第1の回転方向へ回転することによりディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータが第2の回転方向へ回転することにより駆動されて、前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送手段と、前記モータが第1の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達せず、第2の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達する連結手段と、前記ディスクの位置を検出する検出手段と、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、前記搬送手段と連動して前記ディスクに記録するための記録動作手段と、を備えたことを特徴としている。

0025

この構成によれば、使用者の記録再生の指示により、モータ制御部がモータを第1の回転方向に回転させると、記録再生手段が保持したディスクを回転させて再生或いは記録を行うことができる。このときモータの回転駆動は、連結手段により搬送手段へは伝達されないので、搬送は行われない。また、使用者の指示か、或いは検出手段の検出するディスクの位置に従って、ディスクの排出或いは取り込みが行われる場合、モータ制御部がモータを第2の回転方向に回転させる。そして、モータの第2の回転方向への回転により、連結手段は搬送手段に回転駆動を伝達し、これにより、搬送手段が差込位置と装着位置との間におけるディスクの搬送を行う。

0026

また、検出手段はディスクの位置を検出することで、ディスクの差込位置へのディスク挿入を検出して、搬送動作開始(即ち、モータの第2の回転方向への回転の開始)を行わせたり、或いは装着動作におけるディスクの装着位置への到達や、排出動作におけるディスクの差込位置への到達等を検出して、搬送動作停止(即ち、モータの回転の停止)をさせたりすることができる。なお、上記差込位置とはディスクのディスク記録再生装置への挿入口であり、装着位置とはディスクを記録再生させるディスクの位置である。

0027

加えて、ディスクの装着位置において、ディスク搬送動作と連動して記録用ヘッドが記録状態再生状態かの動作をさせることができる。これによれば、ディスク記録再生のためのディスク回転に用いるモータを、ディスクの差込位置と装着位置との間での搬送のために利用することができるとともに、ディスクの位置を検出して上記モータの第2の回転方向への回転の開始、或いは停止を行うことができ、また記録用ヘッドの記録状態と再生状態の動作移行に利用することができる。このとき、モータの第2の回転方向への1方向の回転で、ディスクの装着及び排出の2方向の動作と、記録用ヘッドの記録と再生の2方向の動作を行うため、簡単な構成でディスクの搬送や記録を行うことができる。従って、簡単な構成により、モータの製造コストを低減しつつディスク記録再生装置を薄型化できるとともに、ディスクの自動搬送が可能となる。

0028

また本発明では、2方向への回転が可能なモータと、そのモータの回転軸に固定したターンテーブルにディスクを保持し、前記モータが第1の回転方向へ回転することにより前記ディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータと一体的に回転するモータギヤと、前記モータが第1の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されず、第2の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されるアイドラギヤと、前記アイドラギヤの回転が伝達されることにより回転駆動されるカムギヤと、前記カムギヤの回転によりディスク装着方向又はディスク排出方向に移動する従動部材と、装置本体に揺動可能に固定されており、一端が前記従動部材と接続し、他端がディスクと係合するスライダーと接続し、前記従動部材の移動に従って前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送アームと、使用者の指示によりモータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、ディスクへ磁界を供給する記録用ヘッドと、前記カムギヤと連動し、前記記録用ヘッドをディスクに対して接触或いは離間させる記録用ヘッド昇降手段と、を備えたことを特徴としている。

0029

この構成によれば、使用者の記録再生の指示により、モータ制御部がモータを第1の回転方向に回転させると、記録再生手段が保持したディスクを回転させて再生或いは記録を行うことができる。このとき、アイドラギヤ及びモータギヤがモータと一体的に第1の回転方向に回転するが、この場合アイドラギヤはモータギヤと噛み合わず、回転駆動は他のギヤに伝達されないので、搬送動作には影響しない。

0030

また、使用者の指示に従って、ディスクの排出或いは取り込みが行われる場合、モータ制御部がモータを第2の回転方向に回転させる。上記モータが第2の回転方向に回転すると、モータと一体的に回転するモータギヤとアイドラギヤが同方向に回転する。このとき、アイドラギヤはモータギヤと噛合して回転駆動をカムギヤに伝達する。上記カムギヤが回転すると、これに連動して従動部材がディスク装着方向(差込位置から装着位置への方向)又はディスク排出方向(装着位置から差込位置への方向)に移動する。

0031

そして、一点を揺動可能に固定されて、一端が上記従動部材と接続し、他端がディスクと係合するスライダーと接続した搬送アームが、上記従動部材の移動に連動して揺動し、スライダーを移動させることで、ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する。そして、カムギヤの回転に連動した記録用ヘッドの昇降手段により、記録用ヘッドをディスクに対する接触状態離間状態との間で昇降させる。

0032

これによれば、簡単な構成により、ディスク記録再生のためのディスク回転に用いるモータを、ディスクの差込位置と装着位置との間での搬送のために利用することができる。このとき、モータの第2の回転方向への回転のみでディスクの装着及び排出の2方向の動作と、記録用ヘッドの記録と再生の2方向の動作を行うため、簡単な構成でディスクの搬送や記録を行うことができる。従って、モータの製造コストを低減し、ディスク記録再生装置を薄型化できる。

0033

さらに本発明では、前記ディスクの位置を検出する検出手段を設け、前記モータ制御手段は、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御することを特徴としている。この構成によれば、検出手段はディスクの位置を検出することで、ディスクの差込位置へのディスク挿入を検出して搬送動作開始(即ち、モータの第2の回転方向への回転の開始)をさせたり、或いは装着動作におけるディスクの装着位置への到達、排出動作におけるディスクの差込位置への到達等を検出して、搬送動作停止(即ち、モータの回転の停止)をさせたりすることができる。これによれば、簡単な構成で、ディスクの位置を検出して上記モータの第2の回転方向への回転の開始、或いは停止を行うことができる。

0034

また本発明では、前記検出手段により前記ディスクの差込位置への挿入を検出したときに、前記モータ制御手段が前記モータを第2の回転方向へ回転させることを特徴としている。この構成によれば、上記検出手段が差込位置へのディスク挿入を検出すると、モータの第2の回転方向への回転を開始させ、ディスクを差込位置から装着位置へ移動させる。なお、差込位置へのディスク挿入の検出は、差込位置で使用者がディスクを奥に押し込む動作などにより行えば良い。これにより、簡単な構成で、検出手段が差込位置へのディスク挿入を検出し、ディスクの取り込みを行うことができる。

0035

また本発明では、前記検出手段によりディスクの排出を検出したときに前記モータの回転を停止し、ディスクの装着を検出した後に記録が選択されたときにはモータの回転を継続し、再生が選択されたときにはモータの回転を停止することを特徴としている。この構成によれば、上記検出手段が、装着位置にディスクがあること又は装置奥にディスクが存在しないことを検出し、上記モータの回転を停止することで、ディスクの搬送手段の動作を止める。これにより、簡単な構成で、検出手段がディスクの装着完了或いは排出完了を検出し、ディスクの搬送動作を停止できる。更に装着位置にディスクがあることを検出した後、記録動作が選択されていた場合は、そのままモータの回転を継続し、円滑な動作継続性を保つことができる。

0036

また本発明では、前記検出手段は、前記従動部材の移動によって係脱されるスイッチであることを特徴としている。本発明においては、ディスクの差込位置と装着位置との間の位置に連動して、上記従動部材が移動する。そこで、従動部材の移動によって係脱すること、即ち従動部材が所定位置にある場合に従動部材がスイッチと係合し、それ以外の位置ではスイッチと離間する構成とすることで、スイッチを、ディスクの位置を検出する検出手段とすることができる。

0037

例えば、ディスクが差込位置にあるときの従動部材の位置でスイッチが押される構成であれば、このスイッチが押されることでディスクの排出が検出できる。これは、ディスクが装着位置に到達した場合も同様である。また、ディスクの差込位置への挿入の検出は、使用者がディスクを差込位置より押し込むことで、上記のディスクが差込位置にある場合に押されているスイッチが外れることで検出すれば良い。これにより、簡単な構成で、タイミング良くモータの回転方向を反転し、或いは回転を停止させることができるので、ディスクの排出若しくは装着を円滑に移行させることができる。

0038

また本発明では、ディスクにレーザースポットを供給する光ピックアップを備え、その光ピックアップの位置により、前記モータが第2の回転方向へ回転している状態で、前記アイドラギヤは第1の位置及び第2の位置を選択可能であることを特徴としている。本発明においては、光ピックアップの位置検出によって、光ピックアップを所定の位置に選択することにより、モータが第2の回転方向への回転によりアイドラギヤが搬送手段に回転駆動を伝達している状態で、アイドラギヤが第1と第2の2つの位置を選択可能にできる。このとき、モータの第2の回転方向への回転のみでアイドラギヤの2つの位置を選択可能にすることができるため、簡単な構成で搬送手段への2つの回転駆動の伝達を選択することができる。

0039

また本発明では、前記アイドラギヤが第1の位置を選択されたとき、前記従動部材が第1の駆動方向に駆動し、前記アイドラギヤが第2の位置を選択されたとき、前記従動部材が第2の駆動方向に駆動することを特徴としている。本発明においては、モータが第2の回転方向へ回転している状態で、アイドラギヤの2つの位置のいずれかを選択することにより、その位置に応じた従動部材の移動方向を選択することが可能となる。このとき、モータの第2の回転方向への回転のみで従動部材の2つの移動方向をアイドラギヤの位置で選択可能にすることができるため、簡単な構成で従動部材の移動方向を切り替えることができる。

0040

また本発明では、前記モータが第2の回転方向へ回転している状態で、前記アイドラギヤが第1の位置を選択されたとき、ディスクを差込位置から装着位置まで搬送して再生可能状態となり、続いて記録用ヘッド昇降手段を介して、記録用ヘッドをディスクに接触させる記録可能状態となり、前記アイドラギヤが第2の位置を選択されたとき、記録用ヘッド昇降手段を介して、記録用ヘッドをディスクから離間させて再生可能状態となり、ディスクを装着位置から差込位置へ搬送することを特徴としている。

0041

本発明においては、モータが第2の回転方向へ回転している状態でアイドラギヤが第1の位置を選択されたとき、搬送手段によりディスクは差し込み位置から再生可能な状態に至り、その後記録用ヘッド昇降手段により記録可能状態となる一連の動作を行うことができる。またアイドラギヤが第2の位置を選択されたとき、録音可能状態から記録用ヘッド昇降手段により再生可能状態に至り、その後搬送手段により差込位置へ搬送される一連の動作を行うことができる。つまり、モータの第2の回転方向への回転のみにより、アイドラギヤの2つの位置を選択することで、ディスク搬送手段と記録用ヘッド昇降手段の一連の動作の順序を切り替えることができる。

発明の効果

0042

本発明によれば、簡単な構成で、ディスクの引き込み及び装着並びに排出を行うとともに記録用ヘッドを昇降させるモータを、ディスク回転のためのモータで兼用したディスク記録再生装置を提供することができる。

0043

具体的には、本発明のディスク記録再生装置は、2方向への回転が可能なモータと、前記モータが第1の回転方向へ回転することによりディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータが第2の回転方向へ回転することにより駆動されて、前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送手段と、前記モータが第1の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達せず、第2の回転方向へ回転したときにはその回転を前記搬送手段に伝達する連結手段と、前記ディスクの位置を検出する検出手段と、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、前記搬送手段と連動して前記ディスクに記録するための記録動作手段と、を備えた構成である。

0044

この構成によれば、ディスク記録再生のためのディスク回転に用いるモータを、ディスクの差込位置と装着位置との間での搬送のためにも利用することができ、また、ディスク搬送手段と連動して記録用ヘッドの記録状態と再生状態の動作移行にも利用することができるので、モータの製造コストの低減及びディスク記録再生装置の薄型化が図れるとともに、ディスクの位置を検出して上記モータの第2方向への回転の開始、或いは停止を行うことができるという効果を奏する。

0045

また、本発明のディスク記録再生装置は、2方向への回転が可能なモータと、そのモータの回転軸に固定したターンテーブルにディスクを保持し、前記モータが第1の回転方向へ回転することにより前記ディスクを回転させて情報を再生或いは記録する記録再生手段と、前記モータと一体的に回転するモータギヤと、前記モータが第1の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されず、第2の回転方向へ回転したときには前記モータギヤの回転を伝達されるアイドラギヤと、前記アイドラギヤの回転が伝達されることにより回転駆動されるカムギヤと、前記カムギヤの回転によりディスク装着方向又はディスク排出方向に移動する従動部材と、装置本体に揺動可能に固定されており、一端が前記従動部材と接続し、他端がディスクと係合するスライダーと接続し、前記従動部材の移動に従って前記ディスクを差込位置と装着位置との間で搬送する搬送アームと、使用者の指示によりモータの回転動作及び回転方向を制御するモータ制御手段と、ディスクへ磁界を供給する記録用ヘッドと、前記カムギヤと連動し、前記記録用ヘッドをディスクに対して接触或いは離間させる記録用ヘッド昇降手段と、を備えた構成である。

0046

これによれば、簡単な構成で、ディスク記録再生のためのディスク回転に用いるモータを、ディスクの差込位置と装着位置との間での搬送のために利用することができ、また、ディスク搬送手段と連動して記録用ヘッドの記録状態と再生状態の動作移行の記録用ヘッド昇降に利用することができるので、モータの製造コストの低減及びディスク記録再生装置の薄型化が図れるという効果を奏する。

0047

さらに、本発明のディスク記録再生装置は、前記ディスクの位置を検出する検出手段を設け、前記モータ制御手段は、使用者の指示に従って、或いは前記検出手段により検出されたディスク位置に従って、前記モータの回転動作及び回転方向を制御する構成である。これによれば、簡単な構成で、ディスクの位置を検出して、必要に応じて上記モータの第2方向への回転の開始、或いは停止を行うことができるという効果を奏する。

0048

また、本発明のディスク記録再生装置は、ディスクにレーザースポットを供給する光ピックアップを備え、その光ピックアップの位置により、前記モータが第2の回転方向へ回転している状態で、前記アイドラギヤは第1の位置及び第2の位置を選択可能である構成である。これによれば、簡単な構成で、光ピックアップの位置により、上記モータの第2の回転方向への回転の伝達を、アイドラギヤを介して2つのカムギヤに対して行うことができ、必要に応じてその回転伝達経路を選択可能にすることができるという効果を奏する。

発明を実施するための最良の形態

0049

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。本発明のディスク記録再生装置では、ディスク回転用のモータと、ディスク搬送及び記録用ヘッド昇降用のモータとを兼用した構成としている。

0050

図1は、本発明のディスク記録再生装置の中心を成す部分の図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。そして図2は、図1(a)のe−eの破線上で切断した場合の断面図である。また図3は、図1(a)に示した部品の上部空間に構成される部品を示した図であり、同図(a)平面図、同図(b)はその側面図である。さらに、図4は、図3の部品の一部を抜き出して描いた図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。

0051

加えて、図5は、ディスク記録再生装置の記録や再生時における、モータギヤ,アイドラギヤ,中間ギヤA,及び中間ギヤBの噛合状態を示す平面図である。図6は、ディスク装着時の主要構成部品を示した図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。図7は、図6(a)の記録用ヘッドとヘッドレバーの側面図である。

0052

また、図8は、記録状態へ移行時の主要構成部品を示した図であり、同図(a)は平面図、同図(b)は側面図である。図9は、図8(a)の記録用ヘッドとヘッドレバーの側面図である。

0053

本発明のディスク記録再生装置は、図1図3に示すように、シャーシ1、駆動部40、記録再生手段を構成するターンテーブル3、連結手段を構成する連結部41、駆動伝達部42、搬送手段を構成するディスク案内部43、検出手段を構成する検出部44、図示しないモータ制御手段、記録再生手段を構成する光ピックアップ26、記録動作手段を構成する記録用ヘッド31、記録用ヘッド昇降手段を構成する記録部45、光ピックアップ検出部46等から成る。そして、ディスクカートリッジ50に記録された情報を読み込み、或いはディスクカートリッジ50に情報を書き込む機能を有する。

0054

シャーシ1は、ディスク記録再生装置を支える胴部であり、このシャーシ1上に上記各部材が取り付けられている。駆動部40は、図2に示すように、スピンドルモータ2,取り付け板2a,モータ回転軸2b,及びモータギヤ4を有しており、ディスク回転及びディスクカートリッジ50の引き込み及び排出動作(搬送動作)、また記録用ヘッド31の昇降の駆動源となっている。記録用ヘッド31はディスクへ磁界を供給する働きを有する。また、光ピックアップ26はディスクにレーザースポットを供給する働きを有する。

0055

スピンドルモータ2は、シャーシ1に取り付け板2aを介してビス等により取り付けられている。スピンドルモータ2は回転駆動源であり、スピンドルモータ2の上部に突出したモータ回転軸2bを回転させる。モータ回転軸2bは、これに固着した、後述のターンテーブル3,モータギヤ4,或いはモータアーム5を回転させる。モータギヤ4は、モータ回転軸2bのスピンドルモータ2側の根元部分に固着しており、この回転駆動力をカートリッジホルダ50の搬送や記録用ヘッド31の昇降に利用するためのギヤである。

0056

ターンテーブル3は、モータ回転軸2bの先端部に配されており、これにディスクを載置してディスクを回転させ、ディスクに対して情報の読み込み又は書き込みを行うものである。連結部41は、モータアーム5,圧縮スプリング6,ワッシャー7,支持軸5a,アイドラアーム8,アーム規制軸8a,アイドラギヤ9,ワッシャー10から成り、モータギヤ4の回転を、カートリッジホルダ50の搬送をさせるディスク案内部、及び記録用ヘッド31を昇降させる記録部に伝達するか否かを制御する。

0057

モータアーム5は、モータ回転軸2bにおける、モータギヤ4及びターンテーブル3の間の部分で接続しており、圧縮状態で設置された圧縮スプリング6とターンテーブル3との間において、モータ回転軸2bに挿入されたワッシャー7で発生する付勢力により、モータ回転軸2bの回転方向と同一方向に回転するように構成されている。更にモータアーム5は、モータ回転軸2bの接続部とは反対側の端部で、アイドラアーム8を支持軸5aによって回動可能に接続している。

0058

アイドラアーム8は、モータアーム5の接続部とは反対側の端部で、アイドラギヤ9がアイドラアーム8に固着されたアーム規制軸8aにワッシャー10で固定されている。このアイドラギヤ9は、アーム規制軸8aを中心として回転可能となっている。つまり、アイドラギヤ9は、モータアーム5及びアイドラアーム8を介して、モータ回転軸2bの回転に伴って移動する。このとき、アーム規制軸8aの上端部はシャーシ1に設けたガイド穴1aの中に位置しているので、アイドラギヤ9の移動範囲が規制され、モータアーム5及びアイドラアーム8の回動範囲も一定範囲内に規制されている。

0059

なお、上記ガイド穴1aは、図1(a)のようにシャーシ1上で斜め方向に延びており、図5に示したように、その装置奥側端部にアーム規制軸8aが当接して位置規制されると、アイドラギヤ9がモータギヤ4及び後述の中間ギヤB13から離間し、噛み合わなくなるように配されている。また、図1(a)に示したように、ガイド穴1aの装置手前側端部にアーム規制軸8aが当接して位置規制されると、アイドラギヤ9がモータギヤ4及び後述の中間ギヤA11と噛み合うように配されている。

0060

アイドラギヤ9の位置は、モータギヤ4の回転方向によって制御できる。つまり、スピンドルモータ2が図5のように矢印f方向(図中の時計回り)即ちディスクの記録再生回転方向に回転した場合、モータアーム5も矢印f方向に回転し、これに伴ってアイドラアーム8及びアイドラギヤ9も装置奥側に移動する。アーム規制軸8aがガイド穴1aの装置奥側端部に達したとき、アイドラギヤ9は、モータギヤ4と中間ギヤB13とから離れた位置にあるため、モータギヤ4の回転は中間ギヤB13に伝達されず、中間ギヤB13は回転しない。

0061

一方、図1(a)に示したように、スピンドルモータ2が矢印g方向に回転(図中の反時計回り)した場合、モータアーム5も矢印g方向に回転し、これに伴ってアイドラアーム8及びアイドラギヤ9も装置手前側に移動する。そして、アイドラギヤ9の規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達したとき、アイドラギヤ9は、モータギヤ4及び中間ギヤA11の両方と噛合する位置にあるため、モータギヤ4の回転がアイドラギヤ9を介して中間ギヤA11に伝達される。

0062

また、後述するピックアップレバー35が、光ピックアップ26に連動して図6に示す位置にある状態で、スピンドルモータ2が矢印g方向に回転した場合、モータアーム5も矢印g方向に回転し、これに伴ってアイドラアーム8及びアイドラギヤ9も移動するが、モータアーム5のL字状の先端部5bがピックアップレバー35に当接することにより移動を阻止され、アーム規制軸8aがガイド穴1aの装置手前側端部に達しない状態で位置決めされる。このときアイドラギヤ9は、モータギヤ4及び中間ギヤB13の両方と噛合する位置にあるため、モータギヤ4の回転がアイドラギヤ9及び中間ギヤB13に伝達される。このようにして、アイドラギヤ9は、モータギヤ4と中間ギヤA11及び中間ギヤB13との噛合を制御している。

0063

駆動伝達部42は、図2に示すように、中間ギヤA11,ワッシャー12,支持軸1b,中間ギヤB13,ワッシャー14,支持軸1c,中間ギヤC15,及びカムギヤ16から成り、スピンドルモータ2の回転が、連結部41により中間ギヤA11や中間ギヤB13に伝達された場合に、ギヤの噛合により、その回転をカムギヤ16へ伝達する。

0064

中間ギヤA11は、支持軸1bによりこれを中心として回転可能に支持されつつ、ワッシャー12により抜け止めされており、モータギヤ4が図1(a)の矢印g方向に回転した場合に、上述したように、連結部41により中間ギヤA11はアイドラギヤ9と噛合する。また、中間ギヤB13は、支持軸1cによりこれを中心として回転可能に支持されつつ、ワッシャー14により抜け止めされており、モータギヤ4が図1(a)の矢印g方向に回転した場合に、上述したように、連結部41とピックアップレバー35により、中間ギヤB13の大歯車部13aはアイドラギヤ9と噛合する。なお、中間ギヤB13の大歯車部13aは中間ギヤA11と常に噛合している。また、中間ギヤC15は、シャーシ1のボス1dに回転可能に支持されており、その大歯車部15aは中間ギヤB13の小歯車部13bと噛合している。

0065

カムギヤ16は、回転可能な状態で、下面中心より下方に延びる円筒部16aをシャーシの穴1eに挿入されており、カムギヤ16のギヤ部16bは中間ギヤC15の小歯車部15bと噛合している。カムギヤ16上面の外周部付近には、上方に延びる円筒形状のボス16cが、カムギヤ16と一体的に形成されている。ボス16cは、カムギヤ16の上部に設置されたカムプレート17の溝部17aに嵌合している。

0066

カムギヤ16下面の外周部付近には、下方に延びる円筒形状のボス16dが、カムギヤ16と一体的に形成されている。ボス16dは、カムギヤ16の下部に設置された後述のカムレバー33と当接可能に配置されている。なお、図1(a)のe−e断面である図2では、ボス16dは本来図示できないが、カムギヤ16の下面に形成されていることを概念的に示すために、図2において紙面まで回転移動した位置で図示している。

0067

ディスク案内部43は、図3(a)に示すように、従動部材であるカムプレート17,SWプレート18と、搬送アームとしてのLDアーム22、及びスライダー20,カートリッジホルダ19,ホルダーアーム21から成る。カムプレート17は、シャーシ1上面を前後方向(矢印A方向及びB方向)に移動可能に取り付けられており、上述したカムギヤ16の回転によりボス16cが回転移動し、これに伴ってカムプレート17の溝部17aが押圧されて、カムプレート17が矢印A方向又はB方向に移動する。

0068

また、カムプレート17の側面には、図3(b)に示すように、主として前後方向に延びるガイド穴17b,17cがあり、それぞれ、後述するカートリッジホルダ19のバーリング部19c、及びホルダーアーム21のバーリング部21cが嵌合している。ガイド穴17b,17cは、矢印A方向及びB方向に平行に形成されているが、矢印B方向側の端部付近が矢印C方向に向かって斜めに延びている。

0069

SWプレート18は、カムプレート17上を前後方向に移動可能に取り付けられており、SWプレートスプリング23によりカムプレート17と連結され、装置奥部方向(矢印B方向)に付勢されている。そして、SWプレート18は、カムプレート17と一体的に移動する。また、SWプレート18は、後述のLDアーム22の先端部22aと摺接しており、カムプレート17の前後移動動作をLDアーム22に伝達している。なお、後述するように、SWプレート18は検出部44としての機能も有している。

0070

LDアーム22は、カートリッジホルダ19上面に突設する支点軸19eを中心として回動可能に取り付けられており、その先端部22aは、SWプレート18の口型形状部18aの中に摺動可能な状態で位置している。従って、LDアーム22はSWプレート18の前後移動に従って揺動する。また、支点軸19eを挟んで反対側の端部にある二股形状部22bで、後述のスライダー20のスライダーシャフト20aを挟持しつつこれと摺接している。従って、LDアーム22の揺動はスライダー20に伝達される。

0071

スライダー20は、カートリッジホルダ19内に位置しており、ディスクカートリッジ50と係合して、このディスクカートリッジ50を装置内部へ引き込み、或いは装置内部から排出するものである。スライダー20は、その上部にスライダーシャフト20a,20bを有しており、これがカートリッジホルダ上面のガイド穴19dに沿って移動することで、ディスクカートリッジ50を円滑に前後方向に移動できる。上記のLDアーム22の揺動は、スライドシャフト20aを矢印A方向又はB方向に移動させ、それに伴って、ディスクカートリッジ50を矢印A方向又はB方向に移動させて、引き込み及び排出動作を行わせる。

0072

カートリッジホルダ19は、ディスクカートリッジ50を収納するものである。カートリッジホルダ19側面のバーリング部19cは、カムプレート17側面のガイド穴17c内に位置しており、ガイド穴17cにより、高さ方向の位置を規制され保持されている。従って、ディスクに対して情報の読み込み或いは書き込みを行う場合、カムプレート17を矢印A方向の最端部に移動させて、バーリング部19cが斜めスライド部分に位置すると、カートリッジホルダ19がガイド穴17cに案内されて、矢印C方向に移動する。

0073

一方、ディスクを交換する場合は、カムプレート17をB方向へ移動させると、逆にカートリッジホルダ19が矢印D方向に移動する。このように、ディスク交換時にカートリッジホルダ19が矢印D方向に移動することで、ディスクの出し入れをスムーズに行うことができる。また、アーム部19aはホルダーアーム21のフック部21dで支持されている。

0074

ホルダーアーム21は、上記カートリッジホルダ19を支えるためのものであり、シャーシ1前部から上方向に伸びた2箇所の支持部1f,1gに、ホルダーアーム21前部で左右2箇所の支点穴21a,21bに保持される形で、回動可能に取り付けられているとともに、左側後方に位置するバーリング部21cをカムプレート17側面のガイド穴17b内に位置させており、前記ガイド穴17bにより高さ方向の位置を規制されている。

0075

ガイド穴17bはガイド穴17cと同様の形状であり、ガイド穴17cに案内されるカートリッジホルダ19と同様に、ホルダーアーム21もガイド穴17bに案内されて、ディスクの読み込み或いは書き込みを行う場合に矢印C方向に回動し、ディスクを交換する場合に矢印D方向に回動する。このように、本実施例のディスク記録再生装置は、スピンドルモータ2を駆動源として引き込み及び排出動作を行うことができる。

0076

また、モード検出手段は、SWプレート18,ローディング検出スイッチ24,装着位置検出スイッチ25,及びLDアーム22から成り、ディスクカートリッジ50がどのような状態にあるかを検出している。

0077

まず、ディスクカートリッジ50が完全に挿入された状態では、SWプレート18が矢印A方向の最端部に位置して、下部の一端18bがシャーシ1下面に配置された装着位置検出スイッチ25を押している。一方、ディスクカートリッジ50が排出されると、SWプレート18が矢印B方向の最端部に位置して、下部の一端18bがシャーシ1下面に配置されたローディング検出スイッチ24を押す。

0078

装着位置検出スイッチ25が押された状態では、次の動作が再生か記録かの動作モードによりスピンドルモータ2の駆動を選択することができる。また、ディスクの排出が完了してローディング検出スイッチ24が押された状態では、スピンドルモータ2の矢印g方向への回転を停止することができる。

0079

記録部45は、光ピックアップ26,記録用ヘッド31,ヘッドレバー32,カムレバー33,及びカムレバー検出スイッチ34から成り、カムギヤ16の回転を記録用ヘッド31の昇降動作に変換する働きを有する。まず、光ピックアップ26は、図示しないスライド駆動装置により、内周方向(ターンテーブル3に近づく方向)と外周方向(ターンテーブル3から離れる方向)へと移動可能となっている。

0080

記録用ヘッド31は、図7に示すように、この本体31aが光ピックアップ26上にビス等で固定されている。ヘッドレバー32は、一端の支点穴32aと他端の支点穴32dとでシャーシ1に回動可能に取り付けられており、図示しないスプリングにより支点穴32aを中心に時計回りに付勢されている。ヘッドレバー32の中央部の壁面32bは、記録用ヘッド31のアーム部の一端31bと摺接可能に位置している。

0081

カムレバー33は、支点穴33aを中心として回動可能にシャーシ1に取り付けられており、その一端はカムギヤ16のボス16dと当接可能に位置していて、他端のボス33bはヘッドレバー32の下端部32cと当接可能に位置している。従って、図7において、ヘッドレバー32は図示しないスプリングの付勢力で時計回りに付勢されているため、壁面32bは記録用ヘッド31のアーム部の一端31bを押圧し、記録用ヘッドコア部31cを上方向に押し上げた状態となっている。このとき、ディスクカートリッジ50の搬送中や装着状態では、ディスクカートリッジ50と記録用ヘッド31は当接することなく、十分な隙間が設けられている。

0082

図6(a)から図8(a)にかけて示すように、カムギヤ16が反時計回りに回転して、ボス16dがカムレバー33を押圧すると、カムレバー33はボス33bでヘッドレバー32の下端部32cを押圧して、図7から図9にかけて示すように、ヘッドレバー32をスプリング付勢力に抗して反時計回りに回動させる。それに伴い、記録用ヘッド31のアーム部の一端31bとヘッドレバー32の壁面32bが摺動しながら、記録用ヘッドコア部31cはディスクに摺接する位置まで下降し、やがて一端31bと壁面32bは離間する(記録可能状態)。この状態のとき、カムレバー33がカムレバー検出スイッチ34を押圧し、記録可能状態へ移行したことを判断して、スピンドルモータ2の回転を停止する。

0083

光ピックアップ検出部46は、図1(a)に示すように、ピックアップレバー35,ピックアップ検出スイッチ36,及びピックアップ内周検出スイッチ37から成る。まず、ピックアップレバー35は、シャーシ1に左右移動可能に取り付けられており、図示しないスプリングで右方向に付勢されている。ピックアップレバー35の右端部は光ピックアップ26と当接可能に位置しており、左端部はモータアーム5と当接可能に位置している。

0084

ピックアップ検出スイッチ36は、光ピックアップ26前部の外形部26bと摺接可能に配置され、図1(a)に示すように、モータアーム5とピックアップレバー35が離間した状態を検出できるように配置されている。この状態のとき、アイドラギヤ9はモータギヤ4と中間ギヤA11とに噛合する位置となる。ピックアップ内周検出スイッチ37は、光ピックアップ26の後部側面より突設する突出部26aと対向するように位置しており、光ピックアップ26が最内周に位置していることを検出可能なように配置されている。

0085

図6(a)及び図8(a)に示すように、光ピックアップ26が最内周に位置する場合には、ピックアップレバー35は、図示しないスプリングの付勢力に抗して、光ピックアップ26に押圧されて左方向へ移動した状態となり、このとき、モータアーム5のL字状の先端部5bが押圧されることにより、モータアーム5は時計回りに回動され、アイドラギヤ9はモータギヤ4と中間ギヤB13とに噛合する位置となる。このようにして、スピンドルモータ2が矢印g方向に回転している状態では、光ピックアップ26は、モータギヤ4の回転をアイドラギヤ9を介して中間ギヤA11に伝達するか、或いは中間ギヤB13に伝達するかの噛合位置を制御している。

0086

次に、上記の本実施例に係るディスク記録再生装置の動作について説明する。まず、本発明のディスク記録再生装置において、ディスク引き込み(挿入)を行う場合を説明する。このとき、ディスクカートリッジ50はディスク記録再生装置外に出ており、SWプレート18が矢印B側の端部に位置していて、ローディング検出スイッチ24を押した状態となっている。

0087

使用者が、本発明のディスク記録再生装置に、ディスクカートリッジ50を差込位置より矢印B方向に挿入すると、ディスクカートリッジ50と係合したスライダー20が、カートリッジホルダ19内を装置奥部方向(矢印B方向)に移動し、スライダーシャフト20aがLDアームの二股形状部22bを押圧し、LDアーム22は反時計回りに回動する。このとき、SWプレート18の口型形状部18aの中に位置するLDアームの先端部22aは、SWプレート18を押圧して装置前部方向(ディスク排出方向即ち矢印A方向)に僅かに移動させる。

0088

この移動により、それまでローディング検出スイッチ24を押していたSWプレート18下部の一端18bが、前記ローディング検出スイッチ24から離れることにより、図示しない回路システムがディスク引き込み開始と判断し、スピンドルモータ2を反時計回り(矢印g方向)に回転させると同時に、ピックアップ内周検出スイッチ37が検出するまで光ピックアップ26を最内周位置まで移動させる。

0089

スピンドルモータ2が反時計回りに回転すると、モータアーム5は圧縮スプリング6とワッシャー7によって発生する摩擦力により、モータ回転軸2bと同方向に回動する。これに伴い、アイドラアーム8のアーム規制軸8aはガイド穴1aに沿って回動し、モータアーム5が光ピックアップ26の最内周位置に連動した位置のピックアップレバー35により回動を規制され、図6に示す状態になる。

0090

これにより、アイドラギヤ9はモータギヤ4と中間ギヤB13の両方と噛合状態となるため、反時計回りであるモータギヤ4の回転は、アイドラギヤ9を介して中間ギヤB13に伝達され、中間ギヤC15を経てカムギヤ16へ伝達される。このとき、カムギヤ16は反時計回りに回転する。そして、カムギヤ16の上面にあるボス部16aが、カムギヤ16の回転に伴いカムプレート17の溝穴部17aを矢印A方向に押圧するため、図1の状態から図6の状態へと移動する。

0091

カムプレート17の移動に伴って、SWプレート18も矢印A方向へ移動し、これにより、スイッチ従動部材の口型形状部18aがLDアームの先端部22aを矢印A方向に押して、LDアーム22を反時計回りに回動させる。LDアーム22の二股形状部22bは、スライダーシャフト20aを矢印B方向に押し、スライダー20及びディスクカートリッジ50を装置奥部方向(矢印B方向)へ移動する。

0092

装置奥部方向への移動が完了した後も、カムプレート17は矢印A方向への移動を続け、カムプレート17側面のガイド穴17bの中に位置するホルダーアーム21のバーリング部21c、及びカムプレート側面の別のガイド穴17cの中に位置するカートリッジホルダ19側面のバーリング部19cは、それぞれガイド穴17b,17cの斜面に沿って、下方向(矢印C方向)に移動する。

0093

これにより、カートリッジホルダ19も下方向に移動し、内部に保持したディスクを装着位置まで降下させる。その後、カムプレート17はさらに矢印A方向に移動し、装着位置検出スイッチ25により、カムプレート17が装着位置に到達したことが検出され、図示しない回路システムが装着完了と判断し、次の指示された動作によりスピンドルモータ2の回転を制御する。

0094

また、ヘッドレバー32は、図示しないスプリングの付勢力により、その壁面32bが記録用ヘッド31の一端31bを押圧した状態であるため、図7に示すように、記録用ヘッドコア部31cは上方向へ押し上げられているので、ディスクカートリッジ50の搬送に支障は無い。

0095

次に、ディスクカートリッジ50の再生時の動作を説明する。装着完了時では、ディスク記録再生装置は、ディスクを装着しているが記録再生は行っていない待機状態となっており、何の動作も起こさない。他方、ディスク記録再生装置に再生指示が与えられている場合、スピンドルモータ2が矢印f方向へ正回転(時計回り回転)する。これにより、モータ回転軸2bに備えられたターンテーブル3が回転し、ディスクを回転させて再生を行う。

0096

このとき、一端がスピンドルモータ2の回転軸に接続したモータアーム5は、その接続部にて、圧縮スプリング6とワッシャー7によって、スピンドルモータ2の回転により発生する摩擦力を与えられ、モータ回転軸2bと同方向に回動する。これに伴い、モータアーム5の他端に接続されたアイドラアーム8も、モータ回転軸2bと同方向に回転する。

0097

アイドラアーム8は、図5に示すように、モータアーム5と接続している側とは反対側の端にアーム規制軸8aを有しており、アーム規制軸8aは、アイドラギヤ9のガイド穴1aの一端縁に付勢されている。従って、アイドラギヤ9はモータギヤ4及び中間ギヤB13と離間した状態にあるため、スピンドルモータ2が正回転しても、アイドラギヤ9及び中間ギヤB13は回転することはなく、中間ギヤB13以降のギヤ列にも回転は伝わらない。また、上述したディスクカートリッジ50の搬送時と同様に、記録用ヘッド31の記録用ヘッドコア部31cは上方向へ押し上げられており、ディスクからは十分に離間しているので、記録されることは無い。

0098

次に、ディスクカートリッジ50の記録時の動作を説明する。ディスク装着状態で、ディスク記録再生装置に記録指示が与えられている場合、スピンドルモータ2が矢印g方向へ回転(反時計回り回転)する。アイドラギヤ9は、モータギヤ4と中間ギヤB13の両方と噛合状態となっているため、反時計回りに回転しているモータギヤ4の回転は、アイドラギヤ9を介して中間ギヤB13に伝達され、中間ギヤC15を経てカムギヤ16へ伝達される。

0099

このとき、カムギヤ16は反時計回りに回転する。そして、カムギヤ16の上面にあるボス部16aが、カムギヤ16の回転に伴い、カムプレート17の溝穴部17aの円弧部と摺接しながら、図6(a)から図8(a)にかけて示すように回転するため、カムプレート17は移動せず、ディスク装着状態を維持する。また、カムギヤ16の下面にあるボス16dも、カムギヤ16の回転に伴いカムレバー33を押圧し、カムレバー33が時計回りに回動する。

0100

これにより、図7から図9にかけて示すように、ヘッドレバー32を反時計回りへ回動させ、記録用ヘッド31のコア部31cはディスク面へ摺接する。このとき、カムレバー33によりカムレバー検出スイッチ34が押されているので、記録用ヘッド31が記録可能状態に至ったことが検出され、図示しない回路システムが記録可能状態と判断し、スピンドルモータ2の回転を停止する。

0101

そして、スピンドルモータ2が矢印f方向へ正回転(時計回り回転)し、モータ回転軸2bに備えられたターンテーブル3が回転する。これにより、ディスクを回転させて記録を行う。このとき、一端がスピンドルモータ2の回転軸に接続したモータアーム5は、その接続部にて、圧縮スプリング6とワッシャー7によって、スピンドルモータ2の回転により発生する摩擦力を与えられ、モータ回転軸2bと同方向に回動する。

0102

これに伴い、モータアーム5の他端に接続されたアイドラアーム8も、モータ回転軸2bと同方向に回転する。アイドラアーム8は、図5に示すように、モータアーム5と接続している側と反対側の端部に、アーム規制軸8aを有しており、アーム規制軸8aはアイドラギヤ9のガイド穴1aの一端縁に付勢される。従って、アイドラギヤ9はモータギヤ4及び中間ギヤB13と離間した状態にあるため、スピンドルモータ2が正回転しても、アイドラギヤ9及び中間ギヤB13は回転することはないので、中間ギヤB13以降のギヤ列にも回転は伝わらない。

0103

次に、記録状態から再生状態への動作を説明する。ディスク記録状態からディスク再生状態へ動作する場合、再生の指示に従って、ピックアップ検出スイッチ36が検出するまで、光ピックアップ26を外周方向に移動させると同時に、引き込み時と同様に、スピンドルモータ2を反時計回り(矢印g方向)に回転を開始させる。

0104

スピンドルモータ2が反時計回りに回転すると、モータアーム5は圧縮スプリング6とワッシャー7によって発生する摩擦力により、モータ回転軸2bと同方向に回動する。これに伴い、アイドラアーム8のアーム規制軸8aは、ガイド穴1aに沿って、図1(a)に示すように、ガイド穴1aの下端部に付勢される。このとき、ピックアップレバー35は、図示しないスプリングの付勢力によって、光ピックアップ26の移動に追従して右方向に移動し、ピックアップレバー35とモータアーム5は離間した位置となる。

0105

これにより、アイドラギヤ9はモータギヤ4と中間ギヤA11の両方と噛合状態となるため、反時計回りに回転しているモータギヤ4の回転は、アイドラギヤ9を介して中間ギヤA11に伝達される。中間ギヤA11に伝達された回転は、噛合関係にある中間ギヤB13,中間ギヤC15を経て、カムギヤ16へ伝達される。このとき、カムギヤ16は時計回りに回転する。

0106

記録状態にあるとき、カムギヤ16の上面にあるボス16cと下面にあるボス16dは、図8に示す位置にあり、カムギヤ16が時計回りに回転することにより、ボス16dはカムレバー33から離間する図6(a)に示す位置へと回転する。そのとき、ヘッドレバー32への図示しないスプリングの付勢力により、ヘッドレバー32は図9から図7に示す状態へと回動し、同時に当該スプリングの付勢力により、ヘッドレバー32の下端部32cがカムレバー33のボス33bを押圧しつつ、カムレバー33がカムギヤ16のボス16dに追従しながら反時計回りへ回動する。

0107

このとき、ヘッドレバー32の壁面32bが、記録用ヘッド31の一端31bを当該スプリングの付勢力で押圧されることにより、コア部31cは上方向へ付勢される。さらに、カムギヤ16が時計回りに回転することにより、ボス16cはカムプレート17の溝穴部17aの円弧部と摺接しながら、図8(a)から図6(a)にかけて示すように回転するため、カムプレート17は移動せず、ディスクの装着は維持される。

0108

以上で、記録状態からディスク装着状態(記録再生は行っていない待機状態)への動作が完了する。このとき、ディスク記録再生装置に再生指示が与えられている場合、上記ディスクカートリッジ50の再生時の動作説明と同様に、スピンドルモータ2が矢印f方向へ正回転(時計回り回転)することにより再生できる。

0109

次に、ディスク排出時の動作を説明する。ディスク装着状態にあるディスクを排出する場合、ディスク排出の指示に従って、ピックアップ検出スイッチ36が検出するまで、光ピックアップ26を外周方向に移動させると同時に、引き込み時と同様にして、スピンドルモータ2を反時計回り(矢印g方向)に回転を開始させる。また、記録状態からディスクを排出する場合、記録状態から再生状態への動作説明と同様の動作で、記録状態からディスク装着状態への動作を完了させる。

0110

そして、ディスク装着状態にあるとき、カムプレート17は図6に示す位置にあり、カムギヤ16の上面にあるボス部16cが、カムギヤ16の回転に伴い、カムプレートの溝穴部17aを矢印B方向に押すため、カムプレート17は矢印B方向に移動する。このとき、カムプレート17側面のガイド穴17bの中に位置するホルダーアーム21のバーリング部21c、及びカムプレート17側面の別のガイド穴17cの中に位置するカートリッジホルダ側面のバーリング部19cは、それぞれガイド穴17b,17cの斜面に沿って上方向(矢印D方向)に移動する。これにより、カートリッジホルダ19も上方向に移動する。

0111

このような上方向への移動が完了した後も、カムプレート17は矢印B方向への移動を続ける。これに伴いSWプレート18も矢印B方向へ移動し、口型形状部18aによりLDアーム22の先端部22aが矢印B方向に押されるため、LDアーム22は時計回りに回動する。この回動により、LDアーム22の二股形状部22bがスライダーシャフト20aをA方向に押し、スライダー20及びディスクカートリッジ50をディスク排出方向(矢印A方向)に移動する。

0112

排出が完了すると、カムプレート17と一体となって移動するSWプレート18は、その一端18bがローディングスイッチ24を押し、これにより、図示しない回路システムが排出完了と判断し、スピンドルモータ2の回転を停止する。このとき、図1に示す状態となる。なお、上記ディスクカートリッジ50としては、MD等が利用できる。

0113

また、本発明は、上述した実施例に限定されるものではなく、特許請求の範囲内で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても、本発明の技術的範囲に含まれる。

0114

本発明は、実施例としてMDレコーダーについて説明したが、これに限定されるものではなく、CDやDVD等についても適用可能である。

図面の簡単な説明

0115

本発明の実施例に係るディスク記録再生装置の主要構成部品を示す図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の主要構成部品を示す、図1(a)のe−e断面図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の、図1(a)の上部空間で構成される部品の図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の要部を示す図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の記録や再生時における、モータギヤ,アイドラギヤ,中間ギヤA,及び中間ギヤBの噛合状態を示す平面図。
本実施例に係るディスク記録再生装置のディスク装着時の主要構成部品を示す図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の図6(a)の記録用ヘッドとヘッドレバーの側面図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の記録状態へ移行時の主要構成部品を示す図。
本実施例に係るディスク記録再生装置の図8(a)の記録用ヘッドとヘッドレバーの側面図。
従来技術のディスク記録再生装置の主要構成部品を示す図。
従来技術のディスク記録再生装置の、図10(a)の上部空間で構成される部品の図。
従来技術のディスク記録再生装置の要部を示す図。

符号の説明

0116

1シャーシ
1aガイド穴
1b支持軸
1c 支持軸
1dボス
1e穴部
1f 支持部
1g 支持部
2スピンドルモータ
2a取り付け板
2bモータ回転軸
3ターンテーブル
4モータギヤ
5モータアーム
5a 支持軸
6圧縮スプリング
7ワッシャー
8アイドラアーム
8aアーム規制軸
9アイドラギヤ
10 ワッシャー
11中間ギヤA
12 ワッシャー
13 中間ギヤB
14 ワッシャー
15 中間ギヤC
16カムギヤ
16a円筒部
16c ボス部
16bギヤ部
17カムプレート
17a溝穴部
17b ガイド穴
17c ガイド穴
18 SWプレート
18a口型形状部
18b アーム部
19カートリッジホルダ
19a アーム部
19cバーリング部
19d ガイド穴
19e支点軸
20スライダー
20aスライダーシャフト
20b スライダーシャフト
21ホルダーアーム
21a支点穴
21b 支点穴
21c バーリング部
21dフック部
22LDアーム
22a 先端部
22b二股形状部
23 SWプレートスプリング
24ローディング検出スイッチ
25 装着位置検出スイッチ
26光ピックアップ
31記録用ヘッド
31a 本体
31b 一端
31cコア部
32ヘッドレバー
32a 支点穴
32b 壁面
32c下端部
33カムレバー
33a 支点穴
33b ボス
34 カムレバー検出スイッチ
35ピックアップレバー
36ピックアップ検出スイッチ
37 ピックアップ内周検出スイッチ
40 駆動部
41 連結部
42駆動伝達部
43ディスク案内部
44 検出部
50 ディスクカートリッジ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • コニカミノルタ株式会社の「 情報機器およびディスクドライブ」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題】手動による移動が可能な複数の可動部を有する機器に実装されるディスクドライブの信頼性の低下を抑える。【解決手段】ディスクドライブを備えた情報機器は、手動による往復移動が可能に設けられた複数の可動... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム」が 公開されました。( 2019/05/30)

    【課題】HDDの寿命を短くすることなく、MFPのパフォーマンスを向上することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】受け付けたジョブの実行に伴う複数のデータをHDD203に書き込むMFP10におい... 詳細

  • ソニー株式会社の「 ディスク搬送装置」が 公開されました。( 2019/01/31)

    【課題・解決手段】ディスクカートリッジに関する汎用性の向上を図る。ケース体の内部にディスク状記録媒体が収納されたディスクカートリッジの少なくとも一部をディスク状記録媒体が収納された状態で保持し少なくと... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ