図面 (/)

技術 商品発注納品システム

出願人 前田泰志
発明者 前田泰志
出願日 2003年10月14日 (15年11ヶ月経過) 出願番号 2003-353885
公開日 2005年5月12日 (14年4ヶ月経過) 公開番号 2005-122286
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 卸売り業者 居住エリア 納品システム 中間流 営業成果 小売り業者 所要期間 委託業者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年5月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

小売り販売店それぞれが十分な品揃えを確保し難いような商品に好適な商品発注納品システムを提供する。

解決手段

エンドユーザーEU1…個人と販売店MS1…の両方を特定する個人・販売店特定コードが予め設定され、このコードを入力することにより商品発注が行えるインターネット2上のウエブサイト1を利用し、当該ウエブサイト1においてエンドユーザーEU1…が前記コードを入力して商品発注を行うことにより、前記販売店MS1…の流通上位業者3に、前記コードから特定されたエンドユーザーEU1…の情報と当該エンドユーザーEU1…が所属する販売店MS1…の情報、及び発注商品情報が開示され、当該流通上位業者3が前記コードから特定された販売店MS1…に、同コードから特定されたエンドユーザーEU1…からの発注商品として該当商品を配送し、エンドユーザーEU1…と販売店MS1…との間で当該商品の受け渡しを行う。

概要

背景

例えばペット用品のように、アイテム数が非常に多い商品や、ライフサイクルの比較的短い商品で新製品が頻繁に発売されるような商品を取り扱う末端小売り販売店においては、品揃えを完璧にすることは店舗の広さその他の関係から現実には無理であって、代表的な商品のみを在庫し、他の商品については顧客との間のカタログなどによる商談に基づいて注文品メーカー卸売り業者などから取り寄せる営業方法が一般的に行われているが、近年は、インターネット上のウエブサイトを利用した無店舗小売り営業方法も広がっている。即ち、特許文献などを開示するまでもなく明らかなように、小売り業者の他、メーカーや卸売り業者などがインターネット上にウエブサイトを開設し、このウエブサイトを利用してエンドユーザーから注文受け付け受注商品発注者配送するインターネット利用無店舗販売システムが知られている。

概要

小売り販売店それぞれが十分な品揃えを確保し難いような商品に好適な商品発注納品システムを提供する。エンドユーザーEU1…個人と販売店MS1…の両方を特定する個人・販売店特定コードが予め設定され、このコードを入力することにより商品発注が行えるインターネット2上のウエブサイト1を利用し、当該ウエブサイト1においてエンドユーザーEU1…が前記コードを入力して商品発注を行うことにより、前記販売店MS1…の流通上位業者3に、前記コードから特定されたエンドユーザーEU1…の情報と当該エンドユーザーEU1…が所属する販売店MS1…の情報、及び発注商品情報が開示され、当該流通上位業者3が前記コードから特定された販売店MS1…に、同コードから特定されたエンドユーザーEU1…からの発注商品として該当商品を配送し、エンドユーザーEU1…と販売店MS1…との間で当該商品の受け渡しを行う。

目的

本発明は上記のような従来の問題点を解消し得る商品発注納品システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エンドユーザー個人販売店の両方を特定する個人・販売店特定コードが予め設定され、このコードを入力することにより商品発注が行えるインターネット上のウエブサイトを利用し、当該ウエブサイトにおいてエンドユーザーが前記コードを入力して商品発注を行うことにより、前記販売店の流通上位業者に、前記コードから特定されたエンドユーザー情報と当該エンドユーザーが所属する販売店情報、及び発注商品情報が開示され、当該流通上位業者が前記コードから特定された販売店に、同コードから特定されたエンドユーザーからの発注商品として該当商品配送し、エンドユーザーと販売店との間で当該商品の受け渡しを行うことを特徴とする、商品発注納品システム

請求項2

前記ウエブサイトは、販売店が会員登録を行う機能と、この販売店会員登録に基づいて発行された販売店特定コードとエンドユーザーの個人情報の入力とに基づいて販売店毎のエンドユーザーの登録を行う機能とを備え、この販売店毎のエンドユーザーの登録に基づいて前記個人・販売店特定コードが発行される、請求項1に記載の商品発注納品システム。

請求項3

前記ウエブサイトにおいてエンドユーザーが商品発注を行ったことに基づいて、当該エンドユーザーが所属する販売店に、エンドユーザー情報と受注商品情報とが伝送される、請求項1又は2に記載の商品発注納品システム。

請求項4

前記ウエブサイトにおいてエンドユーザーが前記個人・販売店特定コードを入力することにより、当該エンドユーザーが所属する販売店名掲載された商品発注ページが表示される、請求項1〜3の何れかに記載の商品発注納品システム。

技術分野

0001

本発明は、アイテム数が非常に多いなどの理由で末端小売り販売店それぞれが十分な品揃えを確保し難いような商品に好適な商品発注納品システムに関するものである。

背景技術

0002

例えばペット用品のように、アイテム数が非常に多い商品や、ライフサイクルの比較的短い商品で新製品が頻繁に発売されるような商品を取り扱う末端の小売り販売店においては、品揃えを完璧にすることは店舗の広さその他の関係から現実には無理であって、代表的な商品のみを在庫し、他の商品については顧客との間のカタログなどによる商談に基づいて注文品メーカー卸売り業者などから取り寄せる営業方法が一般的に行われているが、近年は、インターネット上のウエブサイトを利用した無店舗小売り営業方法も広がっている。即ち、特許文献などを開示するまでもなく明らかなように、小売り業者の他、メーカーや卸売り業者などがインターネット上にウエブサイトを開設し、このウエブサイトを利用してエンドユーザーから注文受け付け受注商品発注者配送するインターネット利用無店舗販売システムが知られている。

発明が解決しようとする課題

0003

上記のようなインターネット利用の無店舗販売システムでは、取り扱う商品のアイテム数が如何に多くとも、画像や説明文から成る商品カタログ購入可能な取り扱い商品を全て開示し且つ各商品の在庫状況リアルタイムに表示できるので、エンドユーザーは無駄な時間を費やすことなく希望の商品を的確に発注することができ、しかも、一般的には中間流コストの削減で希望の商品を安価に入手できるなど、エンドユーザー側にとってはデメリットがないように思われるが、エンドユーザーの居住エリアに存在する従前からの小売り販売店、即ち、商品に関する専門知識をもっている地域の業者とのコミュニケーションがなくなり、エンドユーザーが手軽に相談相手を得られないという致命的な問題点がある。又、社会的にも、既存の小売り販売店とメーカーや卸売り業者の両者の共存共栄を図ることができず、地域の経済的繁栄を阻害する要因にもなる。

課題を解決するための手段

0004

本発明は上記のような従来の問題点を解消し得る商品発注納品システムを提供することを目的とするものであって、その手段を後述する実施形態の参照符号を付して示すと、エンドユーザーEU1,EU2……個人と販売店MS1,MS2……の両方を特定する個人・販売店特定コードが予め設定され、このコードを入力することにより商品発注が行えるインターネット2上のウエブサイト1を利用し、当該ウエブサイト1においてエンドユーザーEU1,EU2……が前記コードを入力して商品発注を行うことにより、前記販売店MS1,MS2……の流通上位業者3に、前記コードから特定されたエンドユーザーEU1,EU2……の情報と当該エンドユーザーEU1,EU2……が所属する販売店MS1,MS2……の情報、及び発注商品情報が開示され、当該流通上位業者3が前記コードから特定された販売店MS1,MS2……に、同コードから特定されたエンドユーザーEU1,EU2……からの発注商品として該当商品を配送し、エンドユーザーEU1,EU2……と販売店MS1,MS2……との間で当該商品の受け渡しを行う構成となっている。

0005

上記の本発明システムを実施する場合、請求項2に記載のように、前記ウエブサイト1は、販売店MS1,MS2……が会員登録を行う機能と、この販売店会員登録に基づいて発行された販売店特定コードとエンドユーザーEU1,EU2……の個人情報の入力とに基づいて販売店MS1,MS2……毎のエンドユーザーEU1,EU2……の登録を行う機能とを備えたものとし、この販売店MS1,MS2……毎のエンドユーザーEU1,EU2……の登録に基づいて前記個人・販売店特定コードが発行されるように構成することができる。

0006

又、請求項3に記載のように、前記ウエブサイト1においてエンドユーザーEU1,EU2……が商品発注を行ったことに基づいて、当該エンドユーザーEU1,EU2……が所属する販売店MS1,MS2……に、エンドユーザーEU1,EU2……の情報と受注商品情報とが伝送されるように構成するのが望ましい。

0007

更に、請求項4に記載のように、前記ウエブサイト1においてエンドユーザーEU1,EU2……が前記個人・販売店特定コードを入力することにより、当該エンドユーザーEU1,EU2……が所属する販売店名(店名表示フレーム6aに差し込み表示される)が掲載された商品購入ページ6が表示されるように構成することができる。

発明の効果

0008

上記構成の本発明に係る商品発注納品システムによれば、エンドユーザーがインターネット上で商品を購入する際に利用するウエブサイトをメーカーや卸売り業者など、若しくはこれら業者の委託を受けたウエブサイト運営業者運営することにより、当該ウエブサイト上ではアイテム数の多少にかかわらず全ての商品とその在庫状況をリアルタイムに且つ正確に公開することができ、エンドユーザーは、アイテム数の多い商品群からの希望の商品の選定が容易且つ的確に行え、しかも品切れ品の発注に伴うタイムロスの恐れがないなど、従来のインターネット利用の無店舗販売システムを利用する場合と同様のメリットを享受することができる。

0009

しかも、エンドユーザーがウエブサイト上で商品を購入する際に使用するユーザーIDとパスワードなどのコードは、従来のようにエンドユーザー個人のみを特定するのではなく、当該エンドユーザーが例えば予め選定した地域の販売店、即ち、商品受け取りが可能な地域の販売店をも特定する個人・販売店特定コードであって、ウエブサイト上で発注された商品は、メーカーや卸売り業者などの流通上位業者から、発注者であるエンドユーザーではなく、前記個人・販売店特定コードに基づいて特定される販売店に当該コードに基づいて特定されるエンドユーザーからの発注商品として配送され、エンドユーザーと販売店との間で商品の受け渡しが行われるシステムであるから、エンドユーザーは、発注手続きを除いて、地域の販売店との間の従来通りのマンツーマンによる商品購入時と同一の感覚で商品を入手できる。従って、従来のインターネット利用の無店舗販売システムでは期待できないメリット、即ち、商品に関する専門知識をもっている地域の小売り業者を相談相手とするコミュニケーションが容易に確保できるというメリットが得られる。

0010

又、地域の小売り販売店サイドでは、アイテム数の多い商品の品揃えに苦慮する必要がなくなり、取扱商品の購入の可能性のある地域のエンドユーザーの登録人数を増加させる営業努力さえ怠らなければ、小資本でも営業成果を上げることができ、メーカーや卸売り業者サイドでは、従前通り地域の小売り販売店を活かした営業が可能であり、両者の共存共栄を図ることができ、地域の経済的衰退を防止できる。

0011

尚、請求項2に記載の構成によれば、エンドユーザーがウエブサイト上で商品を購入する際に使用する個人・販売店特定コードの発行が、当該ウエブサイト上で自発的に会員登録した地域の小売り販売店による操作、即ち、会員登録によって得られた販売店特定コードとエンドユーザーの個人情報の入力とに基づいて行われるので、本発明システムの実行が地域の小売り販売店主導により行われることになり、地域に密着した小売り販売店の営業活動を十二分に活かすことができる。又、ウエブサイトを運営するメーカーや卸売り業者、或いは運営委託業者らは、会員販売店や当該販売店毎のエンドユーザーのデータベースを自動的に構成し、活用することができる。

0012

又、請求項3に記載の構成によれば、エンドユーザーがウエブサイト上で商品を発注した段階で、当該エンドユーザーを顧客とする販売店が当該顧客と商品発注内容とを確認することができ、当該販売店は、店頭での商品販売時と同様に顧客に対する好適な対応を速やかにとることができると共に、商品の売れ筋などをリアルタイムに入手して、営業に活かすことができる。

0013

更に、請求項4に記載の構成によれば、ウエブサイトにおいてエンドユーザーが商品を選定して発注操作を行うとき、普段から付き合いのある地域の販売店を意識させることができ、販売店サイドにおいても、自前のウエブサイトを運営しているような感覚で顧客に宣伝活動を行うことができるので、エンドユーザー(顧客)と地域の小売り販売店との関係を良好に維持することができ、本発明システムへの小売り販売店の加入推進させることに役立つ。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下に本発明の具体的実施例を添付図に基づいて説明すると、図1において、1はインターネット2上に開設されたウエブサイトであって、その運営は、メーカーや卸売り業者などの小売り販売店に対する流通上位業者3か又は、流通上位業者3から委託をうけたウエブサイト運営業者によって行われる。インターネット2には、本発明システムを利用する会員販売店(メンバーショップ)MS1,MS2……のパソコン端末会員エンドユーザーEU1,EU2……のパソコン端末が接続されている。

0015

図2及び図3に示すように、ウエブサイト1には、このウエブサイト1に接続することによりメニューから選択できる販売店会員登録ページ4、会員販売店ごとの会員販売店専用ページ5、商品購入ページ6などが設けられ、データベースとしては、販売店データベース7、エンドユーザーデータベース8、商品データベース9などが準備され、更に、プログラムとしては、会員販売店特定コード(ID&パスワード)の自動発行プログラム10、エンドユーザー個人と販売店の両方を特定する個人・販売店特定コード(ID&パスワード)の自動発行プログラム11、会員販売店宛メールや会員エンドユーザー宛メールの自動送信プログラム12などが準備されている。

0016

先ず最初に本システムを利用しょうとする販売店は、会員販売店MS1,MS2……となるために、パソコン端末をウエブサイト1に接続し、メニューから販売店会員登録ページ4を開き、店名、住所代表者名、電話電子メールアドレスなどの必要事項を入力して登録する登録手続き13を行う。この登録手続き13によって会員販売店特定コードの自動発行プログラム10が稼働し、会員販売店特定コード(ID&パスワード)が自動発行される。発行された会員販売店特定コードの通知14は、メール自動送信プログラム12によって自動送信される新規会員販売店宛の電子メールによって行われる。一方、販売店会員登録ページ4に入力された会員販売店情報によって、販売店データベース7が自動更新される。

0017

尚、販売店会員登録ページ4に入力された会員販売店情報をウエブサイト1を実質的に運営する流通上位業者3に伝送し、この流通上位業者3において必要な審査を行った後、適格販売店に対して会員販売店特定コードを発行するようにしても良い。換言すれば、会員販売店特定コードの発行通知業務は、前記流通上位業者3において人為的に行うこともできる。勿論、会員販売店特定コードをIDとパスワードの組み合わせとする場合、パスワードは会員販売店が後から設定したり、先に自動発行された初期パスワードを後から変更できるようにすることができる。

0018

会員販売店MS1,MS2……やウエブサイト1を実質的に運営する流通上位業者3による宣伝などによって本システムの存在を知ったエンドユーザーは、自らが出向くことのできる地域の会員販売店MS1,MS2……に対し、エンドユーザー登録依頼15を行う。エンドユーザー登録依頼15を受けた会員販売店MS1,MS2……は、パソコン端末をウエブサイト1に接続し、メニューから会員販売店特定コードを入力して会員販売店専用ページ5を開き、その中のエンドユーザー会員登録ページ5aにおいて、エンドユーザー名、住所、電話、電子メールアドレスなどの必要事項を入力して登録するエンドユーザー登録手続き16を行う。この登録手続き16によって個人・販売店特定コードの自動発行プログラム11が稼働し、エンドユーザー個人と会員販売店の両方を特定する個人・販売店特定コード(ID&パスワード)が自動発行される。発行された個人・販売店特定コードの会員販売店S1,MS2……宛の通知17は、メール自動送信プログラム12によって自動送信される会員販売店宛の電子メールによって行われ、当該個人・販売店特定コードの会員エンドユーザーEU1,EU2……宛の通知18は、会員販売店MS1,MS2……から会員エンドユーザーEU1,EU2……に対する書面などで行われる。一方、エンドユーザー会員登録ページ5aに入力されたエンドユーザー情報によって、エンドユーザーデータベース8が自動更新される。

0019

尚、発行された個人・販売店特定コードの会員エンドユーザーEU1,EU2……宛の通知は、メール自動送信プログラム12によって自動送信される会員エンドユーザーEU1,EU2……宛の電子メールによる通知19によって行うこともできる。又、個人・販売店特定コードをIDとパスワードの組み合わせとする場合、パスワードは会員エンドユーザーが後から設定したり、先に自動発行された初期パスワードを後から変更できるようにすることができる。

0020

会員エンドユーザーEU1,EU2……が商品を購入するときは、図3に示すように、パソコン端末をウエブサイト1に接続して商品購入ページ6を開き、商品購入手続き20を行う。即ち、商品購入ページ6において、商品データベース9に基づいて表示される商品カタログから購入する商品及び個数の選定、個人・販売店特定コードの入力、及び発注内容の確認と決定、などの必要な操作を行う。この場合、メニュー上で商品購入ページ6を選択する際に、最初に個人・販売店特定コードの入力を行うようにし、この入力後に開かれる商品購入ページ6(商品カタログページなど)の店名表示フレーム6aに、入力された個人・販売店特定コードから特定できる会員販売店名が自動的に差し込み表示されるように構成することができる。

0021

上記の会員エンドユーザーEU1,EU2……による商品購入手続き20が完了することにより、この手続きに際して入力された選定、個人・販売店特定コードから特定される会員エンドユーザーEU1,EU2……宛にメール自動送信プログラム12によって自動送信される電子メールによる発注確認通知21と、この手続きに際して入力された選定、個人・販売店特定コードから特定される会員販売店MS1,MS2……宛にメール自動送信プログラム12によって自動送信される電子メールによる受注報告22とが実行される。尚、日々更新される商品データベース9に商品ごとの各会員販売店までの営業日ベースの配送所要期間が設定されているならば、会員エンドユーザーEU1,EU2……宛の発注確認通知21や会員販売店MS1,MS2……宛の受注報告22には、会員販売店に対する商品到着予定日を明示することも可能である。

0022

又、流通上位業者3に対しては、商品購入手続き20に際して入力された個人・販売店特定コードに対応する会員販売店情報と当該会員販売店に所属する会員エンドユーザー情報、及び発注商品情報の開示23が行われる。上記の会員エンドユーザーEU1,EU2……による商品購入手続き20の履歴は、自動的に保存される。従って、流通上位業者3に対する上記の発注情報の開示23は、例えば、定期的又は商品発注があったことの通知に基づいて流通上位業者3が人為的に行う「自動保存されている受注履歴閲覧プリントアウト」により行わせることができるが、会員エンドユーザーEU1,EU2……宛の発注確認通知21や会員販売店MS1,MS2……宛の受注報告22を実行した際に、流通上位業者3側のプリンター自動プリントアウトされる書面で行われるように構成するのが望ましい。

0023

上記の発注情報の開示23によって、流通上位業者3は、各会員販売店MS1,MS2……に所属する会員エンドユーザーEU1,EU2……の内、何れの会員販売店に所属する会員エンドユーザーからの発注であるかを、発注商品内容と共に知ることができるので、これに基づいて流通上位業者3は、発注会員エンドユーザーが所属する会員販売店MS1,MS2……に発注商品の配送24を行う。このとき当該会員販売店MS1,MS2……に対し何れの会員エンドユーザーからの発注であるかを明示する。

0024

発注者である会員エンドユーザーEU1,EU2……は、発注確認通知21において明示された商品到着予定日か又は、商品到着後に会員販売店MS1,MS2……が発注者である会員エンドユーザーEU1,EU2……に対して行われた商品到着通知に基づいて、自分が所属している会員販売店MS1,MS2……に出向き、注文した商品を受け取り、代金決済を行う。即ち、会員エンドユーザーEU1,EU2……と会員販売店MS1,MS2……との間で商品の受け渡し25が行われる。流通上位業者3は、商品の納入に基づいて従前通り会員販売店MS1,MS2……に対し債権が発生し、会員販売店MS1,MS2……がこれを決済することにより一連商品取引が完了する。

0025

尚、販売店データベース7やエンドユーザーデータベース8は、会員エンドユーザーEU1,EU2……の商品購入手続きに際して入力された個人・販売店特定コードから会員エンドユーザー情報と当該会員エンドユーザーが所属する会員販売店情報を検索・出力する際に使用されるが、この他、販売店データベース7は、会員販売店MS1,MS2……ごとの納品履歴保存管理に流通上位業者3が利用することができ、エンドユーザーデータベース8は、各会員エンドユーザーEU1,EU2……ごとの発注履歴の保存管理に各会員販売店MS1,MS2……が利用できるように構成することができる。

図面の簡単な説明

0026

インターネット上での本発明システムの構成を示す説明図である。
販売店及びエンドユーザーが会員登録する手順とウエブサイトの構成を示す説明図である。
会員エンドユーザーが商品発注してから商品の受け渡しが行われるまでの手順ウエブサイトの構成を示す説明図である。

符号の説明

0027

1ウエブサイト
3小売り販売店に対する流通上位業者
4 販売店会員登録ページ
5会員販売店専用ページ
5aエンドユーザー会員登録ページ
6商品購入ページ
6a 店名表示フレーム
7販売店データベース
8 エンドユーザーデータベース
9商品データベース
10会員販売店特定コードの自動発行プログラム
11個人・販売店特定コードの自動発行プログラム
12 メール自動送信プログラム
13 販売店登録手続き
14 会員販売店特定コードの通知
15エンドユーザー登録依頼
16 エンドユーザー登録手続き
17,18,19 個人・販売店特定コードの通知
20商品購入手続き
21発注確認通知
22受注報告
23発注情報の開示
24発注商品の配送
MS1,MS2……会員販売店
EU1,EU2……会員エンドユーザー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ