図面 (/)

技術 遊技機、プログラム及び記憶媒体

出願人 株式会社オリンピア
発明者 伊東豊子
出願日 2003年9月29日 (17年3ヶ月経過) 出願番号 2003-338185
公開日 2005年4月21日 (15年8ヶ月経過) 公開番号 2005-102842
状態 拒絶査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード ピース状 ジグソーパズル 部分図柄 サウンドプログラム 合計個数 いの目 パズル ホッパー装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

図柄の表示態様に関して従来にない斬新な娯楽性を付与して、遊技者視覚的により一層楽しませることができる遊技機を提供する。

解決手段

主制御装置15に図柄片群決定部19を設ける。図柄片群決定部19には、第1〜第6分割図柄片群テーブル31〜36が備えられている。図柄片群決定部19では、保留球個数と、当たり決定部18での当たりか否かの判定結果とに対応する分割図柄片群テーブルが選択され、図柄表示装置4に表示させる図柄片群が抽選によって決定される。この図柄片群を示す信号がCPU16によって図柄制御装置24に入力されると、図柄制御装置24では、表示データが読み出され、図柄表示装置4にて図柄片群が表示される。

概要

背景

明細書中ではパチンコ機を例に挙げて説明しているため、遊技媒体としてパチンコ球を用いて説明するが、遊技媒体としてはメダルなどの他の媒体も含む。また、遊技盤の遊技盤面に設けられた入賞口にパチンコ球が入ることを入賞とする。

パチンコ機の一種としてデジパチと呼ばれるタイプのパチンコ機がある。デジパチタイプのパチンコ機では一般に、通常モードと当たりモードとでの遊技が行われ、先ず、通常モードでの遊技が開始される。遊技盤面の中央部分には図柄表示装置が設けられており、始動入賞口にパチンコ球が入賞すると図柄表示装置で数字文字などの図柄の可変表示が行われる。

また、始動入賞口にパチンコ球が入賞すると、当たりか否かを抽選により決定する当たり決定抽選が行われる。そして、当たり決定抽選に当選すると、図柄表示装置には、入賞有効ライン上に、図柄が予め定められた当たり用表示態様(例えば、「7」、「7」、「7」等のぞろ目)で停止表示され、当たりモードへの移行報知される。一方、当たり決定抽選に当選しなかった場合、図柄表示装置には、入賞有効ライン上に、図柄が予め定められたハズレ用の表示態様(例えば、「7」、「5」、「6」等の不揃いの目)で停止表示され、ハズレの報知が行われる。

また、図柄表示装置における、図柄が当たりモードに移行される可能性のある状態を報知するリーチ表示態様(例えば、「7」、「7」、「−」。ただし「−」は未停止状態を示す。)や所定の組み合わせに確定するまでの図柄の可変表示の過程では、図柄が次々に流れるようなスクロール表示や、キャラクタ背景画像を用いた演出表示が行われる。

概要

柄の表示態様に関して従来にない斬新な娯楽性を付与して、遊技者視覚的により一層楽しませることができる遊技機を提供する。主制御装置15に柄片群決定部19を設ける。柄片群決定部19には、第1〜第6分割柄片群テーブル31〜36が備えられている。柄片群決定部19では、保留球個数と、当たり決定部18での当たりか否かの判定結果とに対応する分割柄片群テーブルが選択され、柄表示装置4に表示させる柄片群が抽選によって決定される。この柄片群を示す信号がCPU16によって柄制御装置24に入力されると、柄制御装置24では、表示データが読み出され、柄表示装置4にて柄片群が表示される。

目的

本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、図柄表示装置での図柄の表現や、当たりか否かを報知する図柄の表示態様に関して従来にない斬新な娯楽性を付与して、遊技者を視覚的により一層楽しませることができる遊技機を提供することを目的とする。加えて、図柄表示装置における図柄の可変表示に関わる時間が短縮されたことを視覚的に容易に理解させることができる遊技機を提供することも本発明の別の目的である。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球特定入賞口に入賞したことに応答して乱数サンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段とを備えたことを特徴とする遊技機

請求項2

前記抽選手段でハズレが抽選されたときに、可変表示手段は、表示画面に前記分割図柄片の各々を離散的に表示する際に、分割図柄片の少なくとも一つを前記所定パターンの当たり図柄に含まれない異なる部分図柄の分割図柄片に置き換えて表示することを特徴とする請求項1記載の遊技機。

請求項3

遊技上での条件に応じて前記分割図柄片の個数可変されることを特徴とする請求項1又は2記載の遊技機。

請求項4

前記遊技上での条件は、前記可変表示手段が変動表示を行っている間に特定入賞口に入賞した遊技球の個数を計数する保留球カウンタカウント値であり、このカウント値の増加に対応して分割図柄片の個数が減少することを特徴とする請求項3記載の遊技機。

請求項5

遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球が特定入賞口に入賞したことに応答して乱数のサンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段として遊技機のコンピュータを機能させるためのプログラム

請求項6

請求項5記載のプログラムが記憶されるとともに、そのプログラムをコンピュータで読み取ることができる記憶媒体

技術分野

0001

本発明は、パチンコ店などの遊技場に設置して使用される遊技機に関するものである。

背景技術

0002

明細書中ではパチンコ機を例に挙げて説明しているため、遊技媒体としてパチンコ球を用いて説明するが、遊技媒体としてはメダルなどの他の媒体も含む。また、遊技盤の遊技盤面に設けられた入賞口にパチンコ球が入ることを入賞とする。

0003

パチンコ機の一種としてデジパチと呼ばれるタイプのパチンコ機がある。デジパチタイプのパチンコ機では一般に、通常モードと当たりモードとでの遊技が行われ、先ず、通常モードでの遊技が開始される。遊技盤面の中央部分には図柄表示装置が設けられており、始動入賞口にパチンコ球が入賞すると図柄表示装置で数字文字などの図柄の可変表示が行われる。

0004

また、始動入賞口にパチンコ球が入賞すると、当たりか否かを抽選により決定する当たり決定抽選が行われる。そして、当たり決定抽選に当選すると、図柄表示装置には、入賞有効ライン上に、図柄が予め定められた当たり用表示態様(例えば、「7」、「7」、「7」等のぞろ目)で停止表示され、当たりモードへの移行報知される。一方、当たり決定抽選に当選しなかった場合、図柄表示装置には、入賞有効ライン上に、図柄が予め定められたハズレ用の表示態様(例えば、「7」、「5」、「6」等の不揃いの目)で停止表示され、ハズレの報知が行われる。

0005

また、図柄表示装置における、図柄が当たりモードに移行される可能性のある状態を報知するリーチ表示態様(例えば、「7」、「7」、「−」。ただし「−」は未停止状態を示す。)や所定の組み合わせに確定するまでの図柄の可変表示の過程では、図柄が次々に流れるようなスクロール表示や、キャラクタ背景画像を用いた演出表示が行われる。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上述したように、従来のデジパチタイプのパチンコ機の図柄表示装置では、当たりモードへの移行を報知する表示態様として、入賞有効ライン上に、特定の図柄をぞろ目となるように停止表示させるものがほとんどであり、どこの遊技場に行っても、表示態様が画一的で代わり映えしないという欠点があった。

0007

ところで、上述した図柄表示装置による図柄の可変表示は、予め決められた時間行なわれるが、デジパチタイプのパチンコ機には、所定の条件を満たすことにより、図柄表示装置の図柄の可変表示に関わる時間を短縮させる機能(時短機能)を備えたものがある。しかし、この種のパチンコ機では、図柄の可変表示に関わる時間が短縮された場合、時間が短縮されたか否かを図柄から視覚的に実感することはできず、そのため、遊技者は時短機能が働いているか否かを理解することが困難だった。

0008

本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、図柄表示装置での図柄の表現や、当たりか否かを報知する図柄の表示態様に関して従来にない斬新な娯楽性を付与して、遊技者を視覚的により一層楽しませることができる遊技機を提供することを目的とする。加えて、図柄表示装置における図柄の可変表示に関わる時間が短縮されたことを視覚的に容易に理解させることができる遊技機を提供することも本発明の別の目的である。

課題を解決するための手段

0009

上記目的を達成するために、本発明の遊技機は、遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球特定入賞口に入賞したことに応答して乱数サンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段とを備えたものである。

0010

また、前記抽選手段でハズレが抽選されたときに、可変表示手段は、表示画面に前記分割図柄片の各々を離散的に表示する際に、分割図柄片の少なくとも一つを前記所定パターンの当たり図柄に含まれない異なる部分図柄の分割図柄片に置き換えて表示することが好ましい。

0011

また、遊技上での条件に応じて前記分割図柄片の個数可変されることが好ましい。

0012

また、前記遊技上での条件は、前記可変表示手段が変動表示を行っている間に特定入賞口に入賞した遊技球の個数を計数する保留球カウンタカウント値であり、このカウント値の増加に対応して分割図柄片の個数が減少することが好ましい。

0013

また、プログラムとしては、遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球が特定入賞口に入賞したことに応答して乱数のサンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段として遊技機のコンピュータを機能させるものが良い。

0014

また、記憶媒体としては、上記記載のプログラムが記憶されるとともに、そのプログラムをコンピュータで読み取ることができるものである。

発明の効果

0015

本発明の遊技機によれば、遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球が特定入賞口に入賞したことに応答して乱数のサンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段とを備えたので、当たりの時に、ジグソーパズルを完成させた時と同様の快感が得られ、これにより、遊技者の遊技への興趣を盛り立てることができ、当たりモードへ移行したときの達成感を高めることができる。

0016

また、前記抽選手段でハズレが抽選されたときに、可変表示手段は、表示画面に前記分割図柄片の各々を離散的に表示する際に、分割図柄片の少なくとも一つを前記所定パターンの当たり図柄に含まれない異なる部分図柄の分割図柄片に置き換えて表示するので、遊技者は、表示される分割図柄片の種類を視認することで、当たり図柄が形成されるか否かを知ることができる。また、表示される分割図柄片の種類によって、当たり図柄が形成されるか否かを遊技者に推測させることができるため、遊技者の遊技への興趣を持続させることができる。

0017

また、遊技上での条件に応じて前記分割図柄片の個数が可変されるので、遊技者を視覚的に楽しませることができる。また、分割図柄片の可変表示にかかる時間に変化を与えることができる。また、遊技者は、表示される分割図柄片の個数を視認することで、分割図柄片の可変表示にかかる時間を推測することができる。さらに、分割図柄片の個数が減少した場合には、遊技者に当たり図柄が容易に形成されるように見せることができるため、大当たりへの期待感を高めることができる。

0018

前記遊技上での条件は、前記可変表示手段が変動表示を行っている間に特定入賞口に入賞した遊技球の個数を計数する保留球カウンタのカウント値であり、このカウント値の増加に対応して分割図柄片の個数が減少するので、分割図柄片の可変表示にかかる時間を効率良く短縮させることができ、保留球を早く消化することができる。よって、例えば保留数に所定の上限値が設定されていた場合には、上限値を超える入賞が少なくなり、大当たりを期待している遊技者に不利益感を与えずに済む。また、分割図柄片の個数が減少することで、遊技者は、分割図柄片の可変表示にかかる時間が短縮されていることを容易に理解することができる。また、表示される分割図柄片の個数が減少することから、遊技者の大当たりへの期待感を高めることができる。

発明を実施するための最良の形態

0019

本発明である図1に示すパチンコ機2(遊技機)の構成を説明する前に、先ず、パチンコ機2の遊技モードについて説明する。パチンコ機2では、通常モード及び当たりモードの2つの遊技モードが設けられている。当たりモードは、後述する始動入賞口5にパチンコ球が入賞した場合に行われ、当たりか否かを決定する当たり決定抽選で当たりに当選すると移行される。当たりモードでは、1ラウンドが、大入賞口10が所定時間(例えば、30秒)開放されるか,又は大入賞口10にパチンコ球が所定個数(例えば、10個)入賞されると終了し、1ラウンドごとに所定の条件を満たすことによって最大16ラウンドまで継続する。

0020

以下、図面を参照しながらパチンコ機2の構成を説明する。図1に示すように、パチンコ機2の遊技盤3の遊技盤面3aには図柄表示装置4(可変表示手段)が組み込まれている。また、遊技盤面3aには、始動入賞口5、通常入賞口6、アタッカ7、アウト口8が設けられ、さらに図示は省略してあるが、障害釘風車などが設けられている。

0021

発射ハンドル9が操作されると、パチンコ球は発射制御装置29(図2参照)によって一個ずつ遊技盤面3a上の遊技領域3bに打ち出され、始動入賞口5、又は通常入賞口6のいずれかに入賞するか、あるいは、ハズレ扱いとなるアウト口8に入る。アタッカ7の奥には大入賞口10が設けられており、アタッカ7は大入賞口10を開放する位置と大入賞口10を閉じる位置との間で回動自在に取り付けられている。

0022

図柄表示装置4には液晶パネル11が組み込まれている。液晶パネル11には、図7に示すように、予め定められた当たりを報知する図柄である当たり図柄38が停止表示される。また、詳しくは後述するが、液晶パネル11には、当たり図柄38が停止表示される前に、図3図8〜12に示すように、当たり図柄38を複数個に分割した分割図柄片の各々から構成されている第1〜6分割図柄片群11、50、55、59、65、70のうちのいずれか1つの分割図柄片群が表示される。始動入賞口5にパチンコ球が入賞すると、液晶パネル11にて上記分割図柄片群を構成している分割図柄片の各々が離散的に表示されるとともに、回転するように変動表示される。液晶パネル11上では、変動表示されている複数の分割図柄片が連結されて、当たり図柄38が形成されるか否かによって当たり決定抽選の結果(当たり、またはハズレ)が報知される。図柄表示装置4にて、当たり図柄38が形成されると、通常モードから当たりモードに移行される。

0023

図柄表示装置4の上方には保留球表示部12が設けられている。液晶パネル11での分割図柄片群の変動表示中にパチンコ球が始動入賞口5に入賞すると、分割図柄片群を変動表示させる権利保留される。つまり、始動入賞口5へ入賞したパチンコ球が保留球として記憶される。なお、保留球は所定個数(例えば4個)を限度に記憶される。

0024

保留球表示部12は、4つの表示窓とそれぞれの表示窓の奥に組み込まれたランプとから構成されている。保留球表示部12は、保留球が記憶されるたびにランプを1個づつ点灯し、記憶された保留球の個数を表示する。図柄表示装置4にて、分割図柄片群の変動表示が終了し、当たり決定抽選の結果が報知されたときに、保留球表示部12から保留球が記憶されていることが表示されている場合には、ランプが1つ消灯されて、再び分割図柄片の変動表示が開始される。

0025

始動入賞口5、通常入賞口6、大入賞口10にパチンコ球が入賞すると、入賞した入賞口ごとに割り当てられた個数のパチンコ球が払い出し口から受け皿に払い出される。

0026

図2に示すように、パチンコ機2は主制御部13と副制御部14とから構成されている。主制御部13には主制御装置15が設けられている。パチンコ機2は主制御装置15に設けられたCPU16(制御手段)によって管制される。

0027

主制御装置15には、CPU16の他、メモリ17、当たり決定部18、分割図柄片群決定部19、が設けられている。CPU16はメモリ17のROM領域に格納されたプログラムにしたがってパチンコ機2の動作を制御して遊技を実行させる。

0028

CPU16には、始動入賞口入賞球検出センサ20、大入賞口入賞球検出センサ21、通常入賞口入賞球検出センサ22、払出払出球検出センサ23、図柄制御装置24、ランプ制御装置25、音声制御装置26、払出制御装置27、可動物制御装置28が接続されている。また、主制御部13内には発射制御装置29が設けられている。

0029

始動入賞口入賞球検出センサ20は始動入賞口5、大入賞口入賞球検出センサ21は大入賞口10、通常入賞口入賞球検出センサ22は通常入賞口6にパチンコ球が入賞したか否かを検出する。払出口払出球検出センサ23は払い出し口30からパチンコ球が払い出されたか否かを検出する。

0030

始動入賞口入賞球検出センサ20によりパチンコ球の入賞が検出されると、CPU16にスタート信号が入力される。CPU16はスタート信号に応答して当たり決定部18、及び分割図柄片群決定部19を作動させる。

0031

図柄制御装置24はメモリを備えており、このメモリには各分割図柄片群や当たり決定抽選の結果に基づいた図柄(当たり、あるいはハズレを報知する図柄)の表示データが記憶されている。図柄制御装置24のCPUは、後述する分割図柄片群決定部19で決定された分割図柄片群に対応する分割図柄片群の表示データと、当たり決定抽選の結果に基づいた図柄の表示データをメモリから読み出すことによって液晶パネル11から分割図柄片群の変動表示と、当たり決定抽選の結果に基づいた図柄の停止表示を行わせる。

0032

ランプ制御装置25では、遊技盤面3a上のランプやパチンコ機2の枠に設けられたランプ、保留球表示部12の奥に組み込まれたランプなど、パチンコ機2に設けられた各種ランプの点灯制御が行われる。

0033

音声制御装置26はサウンドメモリを備えており、分割図柄片の変動表示時や当たりモードへの移行時、当たりモード中などのときに、サウンドメモリからサウンドプログラム読み出し、パチンコ機2に設けられたサウンドプロセッサを介してスピーカーから音楽音声などを出力する。

0034

払出制御装置27は、始動入賞口入賞球検出センサ20、大入賞口入賞球検出センサ21、通常入賞口入賞球検出センサ22のいずれかのセンサによってパチンコ球が入賞したことが検出されると作動される。払出制御装置27はメモリを備えており、このメモリ内には配当球テーブルが格納されている。配当球テーブルには各入賞口ごとのパチンコ球1個の入賞に対する配当球の個数が書き込まれている。いずれかの入賞口で入賞が発生すると払出制御装置27は払い出し用パチンコ球が貯留されているホッパー装置を駆動し、入賞口(センサ)の種類に応じた個数のパチンコ球の払い出しを行わせる。

0035

可動物制御装置28はアタッカ7に連結されており、アタッカ7を大入賞口10を開放する位置と大入賞口10を閉じる位置との間で回動させる。

0036

発射制御装置29は発射ハンドル9に連結されており、発射ハンドル9が操作されると、発射ハンドル9で調節されたパチンコ球の打ち出しの強さに応じて、パチンコ球を一定時間ごとに発射する。

0037

当たり決定部18は乱数発生器乱数サンプリング回路、当たり決定テーブルを含んでおり、始動入賞口入賞球検出センサ20がパチンコ球の入賞を検出するたびに乱数値をサンプリングする。サンプリングされた乱数値は当たり決定テーブルと照合され、当たりモードに移行させるか否かが決定される。

0038

当たり決定テーブルでは、乱数値の抽出を行う際に発生する全乱数値が2つにグループ分けされている。2つの乱数値グループには、ハズレ及び当たりがそれぞれ割り当てられており、サンプリングされた乱数値がいずれのグループに属する値であるかによって、ハズレ及び当たりのいずれかにするかが決定される。

0039

なお、図柄表示装置4において、第1〜6分割図柄片群11、50、55、59、65、70のうちのいずれか1つの分割図柄片群の変動表示が行なわれているときに始動入賞口5にパチンコ球が入賞した場合には、当たり決定部18にて、乱数値の抽出が行われるが、この乱数値は、主制御装置15のCPU16によってメモリ17のRAM領域に記憶される。そして、サンプリングされた乱数値と、当たり決定テーブルとの照合による当たりか否かの判定は、過去にサンプリングされた乱数値と当たり決定テーブルとの照合によって得た判定結果が報知された後に行われる。

0040

分割図柄片群決定部19は、当たり決定部18での抽選が行われた後に作動される。分割図柄片群決定部19では、図柄表示装置4にて変動表示される分割図柄片群が決定される。分割図柄片群決定部19は、第1〜6分割図柄片群テーブル31〜36の6種類のテーブルを備えている。詳しくは後述するが、用いられる分割図柄片群テーブルは、メモリ17のRAM領域に記憶されている乱数値の個数に応じて決定される。また、それぞれの分割図柄片群テーブルは、当たり用のテーブルとハズレ用のテーブルとの2つのグループに分けられており、サンプリングされた乱数値が、当たり決定部18での当たりか否かの判定結果に対応する分割図柄片群テーブルと照合される。図柄表示装置4にて表示される図柄片群が決定されると、CPU16は表示させる分割図柄片群を示す信号を図柄制御装置24に入力する。

0041

第1分割図柄片群テーブル31のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第1分割図柄片群が書き込まれている。図3に示すように、当たり用の第1分割図柄片群37は、当たり図柄38(図7参照)をパズルピース状に9分割した分割図柄片39〜47から構成されている。分割図柄片39〜47のそれぞれには凸部48と凹部49が形成されており、凸部48と凹部49とを介して分割図柄片39〜47が互いに連結されることで当たり図柄38が形成される。
なお、分割図柄片39〜47は、当たり図柄38を分割した最小単位の図柄片であり、以下、この最小単位の図柄片を単位図柄片と称し、特に、分割図柄片39〜47については単位図柄片39〜47と称する。

0042

また、第1分割図柄片群テーブル31のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第1分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第1分割図柄片群(不図示)は、当たり報知図柄38を形成することができない9個の単位図柄片から構成されている。なお、本実施形態では、図7に示すように、に乗っている人の絵が描かれた当たり図柄38を用いているが、この他にも数種類の当たり図柄があり、これらの当たり図柄に対応した分割図柄片群が分割図柄片群テーブルに書き込まれている。また、当たり図柄38を9分割したが、分割数は適宜に決定すれば良い。

0043

第2分割図柄片群テーブル32のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第2分割図柄片群が書き込まれている。例えば、図8に示すように、当たり用の第2分割図柄片群50は、複数の単位図柄片が連結されて形成される4個の分割図柄片51、52、53、54から構成されている。分割図柄片51は、単位図柄片39と単位図柄片46とが連結して形成され、分割図柄片52は、単位図柄片40と単位図柄片41とが連結して形成され、分割図柄片53は、単位図柄片42と単位図柄片43とが連結して形成され、分割図柄片54は、単位図柄片44、単位図柄片45、及び単位図柄片47とが連結して形成されている。分割図柄片51、52、53、54が連結されると当たり図柄38が形成される。

0044

また、第2分割図柄片群テーブル32のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第2分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第2分割図柄片群(不図示)も当たり用の第2分割図柄片群50と同様に、複数の単位図柄片が連結されて形成される4個の分割図柄片から構成されているが、これらの分割図柄片のうちの少なくとも1つは、他の分割図柄片と連結することができないような形状に形成された分割図柄片か、あるいは当たり図柄38に描かれた絵とは異なる絵が描かれている図柄(部分図柄)が分割されて形成された分割図柄片であり、当たり図柄38を形成することが形成することができないような組み合わせの分割図柄片群に構成されている。

0045

第3分割図柄片群テーブル33のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第3分割図柄片群が書き込まれている。例えば、図9に示すように、当たり用の第3分割図柄片群55は、複数の単位図柄片が連結されて形成される3個の分割図柄片56、57、58から構成されている。分割図柄片56は、単位図柄片39と単位図柄片46とが連結して形成され、分割図柄片57は、単位図柄片40〜43が連結して形成され、分割図柄片58は、単位図柄片44、単位図柄片45、及び単位図柄片47とが連結して形成されている。分割図柄片56、57、58が連結されると当たり図柄38が形成される。

0046

また、第3分割図柄片群テーブル33のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第3分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第3分割図柄片群(不図示)も当たり用の第3分割図柄片群55と同様に、複数の単位図柄片が連結されて形成される3個の分割図柄片から構成されているが、これらの分割図柄片のうちの少なくとも1つは、他の分割図柄片と連結することができないような形状に形成された分割図柄片か、あるいは当たり図柄38に描かれた絵とは異なる絵が描かれている図柄が分割されて形成された分割図柄片であり、当たり図柄38を形成することが形成することができないような組み合わせの分割図柄片群に構成されている。

0047

第4分割図柄片群テーブル34のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第4分割図柄片群が書き込まれている。当たり用の第4分割図柄片群は、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が5個となるように構成されている。例えば、図10に示すように、当たり用の第4分割図柄片群59は、4個の分割図柄片60、61、62、63と、1個の単位図柄片47とから構成されており、これらの図柄片が連結されると当たり図柄38が形成される。なお、分割図柄片60は、単位図柄片39と単位図柄片46とが連結して形成され、分割図柄片61は、単位図柄片40と単位図柄片41とが連結して形成され、分割図柄片62は、単位図柄片42と単位図柄片43とが連結して形成され、分割図柄片63は、単位図柄片44と単位図柄片45とが連結して形成されている。

0048

また、第4分割図柄片群テーブル34のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第4分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第4分割図柄片群(不図示)も当たり用の第4分割図柄片群59と同様に、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が5個となるように構成されているが、これらの図柄片のうちの少なくとも1つは、他の図柄片と連結することができないような形状に形成された分割図柄片か、あるいは当たり図柄38に描かれた絵とは異なる絵が描かれている図柄が分割されて形成された分割図柄片であり、当たり図柄38を形成することができないような組み合わせの分割図柄片群に構成されている。

0049

第5分割図柄片群テーブル35のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第5分割図柄片群が書き込まれている。当たり用の第5分割図柄片群も、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が4個となるように構成されている。例えば、図11に示すように、当たり用の第5分割図柄片群65は、3個の分割図柄片66、67、68と、1個の単位図柄片47とから構成されており、これらの図柄片が連結されると当たり図柄38が形成される。なお、分割図柄片66は、単位図柄片39と単位図柄片46とが連結して形成され、分割図柄片67は、単位図柄片40と単位図柄片41とが連結して形成され、分割図柄片68は、単位図柄片42〜45が連結して形成されている。

0050

また、第5分割図柄片群テーブル35のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第5分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第5分割図柄片群(不図示)も当たり用の第5分割図柄片群65と同様に、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が4個となるように構成されているが、これらの図柄片のうちの少なくとも1つは、他の図柄片と連結することができないような形状に形成された分割図柄片か、あるいは当たり図柄38に描かれた絵とは異なる絵が描かれている図柄が分割されて形成された分割図柄片であり、当たり図柄38を形成することができないような組み合わせの分割図柄片群に構成されている。

0051

第6分割図柄片群テーブル36のうち、当たり用のテーブルには、複数種類の当たり用の第6分割図柄片群が書き込まれている。当たり用の第6分割図柄片群も、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が3個となるように構成されている。例えば、図12に示すように、当たり用の第6分割図柄片群70は、2個の分割図柄片71、72と、1個の単位図柄片47とから構成されており、これらの図柄片が連結されると当たり図柄38が形成される。なお、分割図柄片71は、単位図柄片39、及び単位図柄片44〜46とが連結して形成され、分割図柄片72は、単位図柄片40〜43が連結して形成されている。

0052

また、第6分割図柄片群テーブル36のうち、ハズレ用のテーブルには、複数種類のハズレ用の第6分割図柄片群が書き込まれている。ハズレ用の第6分割図柄片群(不図示)も当たり用の第6分割図柄片群70と同様に、分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片とからなり、分割図柄片と前記単位図柄片との合計個数が3個となるように構成されているが、これらの図柄片のうちの少なくとも1つは、他の図柄片と連結することができないような形状に形成された分割図柄片か、あるいは当たり図柄38に描かれた絵とは異なる絵が描かれている図柄が分割されて形成された分割図柄片であり、当たり図柄38を形成することができないような組み合わせの分割図柄片群に構成されている。

0053

ところで、メモリ17のRAM領域に記憶されている乱数値の個数、すなわち保留球の個数はCPU16(保留球カウンタ)によってカウントされ、その個数を示す信号が分割図柄片群決定部19に入力される。分割図柄片群決定部19では、メモリ17のRAM領域に記憶されている乱数値の個数の増加、すなわち保留球の個数の増加に伴い、分割図柄片群を構成している分割図柄片の個数が反比例して減少していくように分割図柄片群テーブルが選択される。なお、以下、「乱数値の個数」を「保留球の個数」と記載する。

0054

保留球の個数が「0」、あるいは「1」の場合、分割図柄片群決定部19では、分割図柄片群テーブル31が選択され、サンプリングされた乱数値と、第1分割図柄片群テーブル31との照合が行われ、図柄表示装置4の液晶パネル11にて表示される第1分割図柄片群が決定される。また、保留球の個数が「2」の場合には、第4分割図柄片群テーブル34が選択される。また、保留球の個数が「3」の場合には、第2分割図柄片群テーブル32、または第5分割図柄片テーブル35のいずれか一方が当たり決定部18と同様の抽選によって選択される。また、保留球の個数が「4」の場合には、第3分割図柄片群テーブル33、または第6分割図柄片群テーブル36のいずれか一方が当たり決定部18と同様の抽選によって選択される。

0055

次に上記のように構成されたパチンコ機2の作用について図13、14のフローチャートを用いて説明する。パチンコ機2では先ず通常モードでの遊技が行われる。遊技者が遊技を開始し、発射ハンドル9を操作して遊技盤3の遊技領域3b上にパチンコ球を打ち出すと、打ち出されたパチンコ球が始動入賞口5または通常入賞口6のいずれかに入賞するか、アウト口8に入る。

0056

始動入賞口5にパチンコ球が入賞すると、始動入賞口入賞球検出センサ20からCPU16にスタート信号が入力される。CPU16は、当たり決定部18を作動させる。当たり決定部18は、当たり決定抽選を行なって当たりか否かを決定する。

0057

当たり決定部18で当たりが決定され、さらに、保留球の個数が「0」、あるいは「1」の場合、分割図柄片群決定部19では、第1分割図柄片群テーブル31のうち、当たり用のテーブルが選択され、抽選が行われる。図柄表示装置4の液晶パネル11にて表示される第1分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネルに表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0058

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図3に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第1分割図柄片群37を構成している単位図柄片39〜47を離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。所定時間経過後、図4に示すように、中央の単位図柄片47以外の単位図柄片39〜46を停止表示させる。さらに所定時間経過後、図5に示すように、単位図柄片39〜46を中央に移動させ、図6に示すように、単位図柄片39〜46を互いに連結させる。このとき、中央の単位図柄片47を縮小させた状態で変動表示させる。そして、所定時間経過後、中央の単位図柄片47の大きさを復元させて停止表示させる。これにより、単位図柄片39〜47の全てが連結され、図7に示すように、当たり図柄38が形成される。

0059

また、当たり決定部18で当たりが決定され、さらに、保留球の個数が「2」の場合、分割図柄片群決定部19では第4分割図柄片群テーブル34のうち、当たり用のテーブルが選択され、抽選が行われる。図柄表示装置4にて表示される第4分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネル11に表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0060

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図10に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第4分割図柄片群59を構成している分割図柄片60〜63と、単位図柄片47とを離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。所定時間経過後、中央の単位図柄片47以外の分割図柄片60〜63を停止表示させる。そして、上述した第1分割図柄片群37の場合と同様にして、図7に示すような当たり図柄38が形成される。このように、第4分割図柄片群59を構成している分割図柄片60〜63と、単位図柄片47との合計個数は5個であり、第1分割図柄片群37を構成している単位図柄片39〜47の9個よりも少ないので、図柄片の変動時間の短縮を図ることができる。また、図柄片の個数が減ることで、遊技者の大当たりへの期待感を高めることができる。

0061

また、当たり決定部18で当たりが決定され、さらに、保留球の個数が「3」の場合、分割図柄片群決定部19では、第2分割図柄片群テーブル32のうちの当たり用のテーブル、あるいは第5分割図柄片群テーブル35のうちの当たり用のテーブルが抽選によって選択される。ここで、第2分割図柄片群テーブル32のうちの当たり用のテーブルが選ばれた場合には、この当たり用のテーブルにおいて抽選が行われる。図柄表示装置4にて表示される第2分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネル11に表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0062

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図8に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第2分割柄片群50を構成している分割図柄片51〜54を離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。そして、所定時間経過後、分割図柄片51〜54を互いに連結させる。これにより、図7に示すように、当たり図柄38が形成される。このように、第2分割図柄片群50は分割図柄片51〜54の4個から構成されており、第4分割図柄群59を構成している分割図柄片60〜63と、単位図柄片47との合計個数の5個よりも図柄片の個数が少ないため、第2分割図柄片群50の変動時間を第4分割図柄片群59の変動時間よりも短縮させることができる。

0063

第5分割図柄片群テーブル35のうちの当たり用のテーブルが選ばれた場合には、この当たり用のテーブルにおいて抽選が行われる。図柄表示装置4の液晶パネル11にて表示される第5分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネル11に表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0064

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図11に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第5分割柄片群65を構成している分割図柄片66〜68と、単位図柄片47とを離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。そして、所定時間経過後、分割図柄片66〜68、単位図柄片47を互いに連結させる。これにより、図7に示すように、当たり図柄38が形成される。このように、第5分割図柄片群65は分割図柄片66〜68と、単位図柄片47との合計個数が4個であり、第4分割図柄群59を構成している分割図柄片60〜63と、単位図柄片47との合計個数の5個よりも図柄片の個数が少ないため、第5分割図柄片群65の変動時間を第4分割図柄片群59の変動時間よりも短くすることができる。

0065

また、当たり決定部18で当たりが決定され、さらに、保留球の個数が「4」の場合、分割図柄片群決定部19では、第3分割図柄片群テーブル33のうちの当たり用のテーブル、あるいは第6分割図柄片群テーブル36のうちの当たり用のテーブルが抽選によって選択される。ここで、第3分割図柄片群テーブル33のうちの当たり用のテーブルが選ばれた場合には、この当たり用のテーブルにおいて抽選が行われる。図柄表示装置4の液晶パネル11にて表示される第3分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネル11に表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0066

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図9に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第3分割柄片群55を構成している分割図柄片56〜58を離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。そして、所定時間経過後、分割図柄片56〜58を互いに連結させる。これにより、図7に示すように、当たり図柄38が形成される。このように、第3分割柄片群55は、分割図柄片56〜58の3個からなり、第5分割図柄片群65を構成している分割図柄片66〜68と、単位図柄片47との合計個数の4個よりも少ないので、第3分割柄片群55の変動時間を第5分割図柄片群65の変動時間よりも短くすることができる。

0067

第6分割図柄片群テーブル36のうちの当たり用のテーブルが選ばれた場合には、この当たり用のテーブルにおいて抽選が行われる。図柄表示装置4の液晶パネル11にて表示される第6分割図柄片群が決定すると、図柄制御装置24のCPUは、図柄表示装置4の液晶パネル11に表示させるための表示データをメモリから読み出す。

0068

表示データが図柄表示装置4に入力されると、図柄表示装置4は、図12に示すように、液晶パネル11にて、当たり用の第6分割図柄片群70を構成している分割図柄片71、72と、単位図柄片47とを離散的に表示させるとともに、図中の2点鎖線矢印方向に回転するように変動表示させる。そして、所定時間経過後、分割図柄片71、72、単位図柄片47を互いに連結させる。これにより、図7に示すように、当たり図柄38が形成される。このように、第6分割図柄片群70は、分割図柄片71、72と、単位図柄片47との3個からなり、第5分割図柄片群65を構成している分割図柄片66〜68と、単位図柄片47との合計個数の4個よりも少ないので、第6分割図柄片群70の変動時間を第5分割図柄片群65の変動時間よりも短くすることができる。

0069

他方、当たり決定部18でハズレが決定された場合には、当たりの場合と同様にして、分割図柄片群決定部19では、保留球の個数に応じた分割図柄片群テーブルが選択されるとともに、抽選によって図柄表示装置4にて表示させる分割図柄片群が決定される。この分割図柄片群に対応した表示データが、図柄制御装置24のCPUによって読み出され、この表示データに従って図柄表示装置4は、液晶パネル11にて、ハズレ用の分割図柄片群を変動表示させる。所定時間経過すると、液晶パネル11には、互いに連結することができない形状を有する分割図柄片が停止表示され、当たり図柄38が形成されないことが報知される。これにより、遊技者はハズレであることを視認することができる。

0070

当たり図柄38が形成された場合、CPU16は、メモリ17のROM領域から当たりモードの実行プログラムを読み出し、通常モードから当たりモードに移行させる。当たりモードに移行されると可動物制御装置28が作動され、アタッカ7が開放位置に回動される。これにより、大入賞口10が開放されてパチンコ球が入賞しやすくなる。当たりモードでは、1ラウンドが、大入賞口10が所定時間(例えば、30秒)開放されるか、または大入賞口10にパチンコ球が所定個数(例えば、10個)入賞されると終了する。当たりモードは1ラウンドごとに所定の条件を満たすことによって最大16ラウンドまで継続する。

0071

また、当たりモードが終了した時点、当たりか否かの判定でハズレとなり、且つ図柄表示装置4で図柄片の変動表示が終了した時点で、保留球が記憶されている場合には、保留球の個数、および当たり決定部18での当たりか否かの判定結果に基づいて、上述した処理が再び実行される。

0072

図15は記憶媒体74(CD、フレキシブルディスクICメモリ、MO等)70をパチンコ機2にインストールする例を示しており、記憶媒体74には図13図14のフローチャートで示すような手段を、CPU16とメモリ17とを含むコンピュータ75で実現するためのプログラムが格納されている。この場合、例えば、遊技盤面に形成された遊技領域に打ち出された遊技球が特定入賞口に入賞したことに応答して乱数のサンプリングに基づく抽選を行う抽選手段と、この抽選手段で当たり抽選されたときに、遊技盤面内に組み込まれた表示画面に所定パターンの当たり図柄を停止表示する前に、前記当たり図柄を複数個に分割した分割図柄片の各々を表示画面内に離散的に表示し、且つこれらの分割図柄片を一連に組み合わせて前記所定パターンの当たり図柄となるように、少なくとも一部の分割図柄片を表示画面内で変動表示する可変表示手段とをコンピュータ75で実現するためのプログラムを記憶媒体74に記録する。そして、この記録媒体74を読取装置76に装填して、プログラムをパチンコ機2にインストールする。

0073

なお、前記プログラムは、記録媒体74を介してインストールする代わりにインターネットを利用してパチンコ機2に配信することができる。また、配信された本発明のプログラム、又は記録媒体74から読み出した本発明のプログラムをパソコンにインストールし、モニタ上でパチンコ遊技を行うことも可能である。

0074

上記実施形態では、保留球の個数が「2」の場合には、第4分割図柄片群テーブル34が選択されたが、5個の分割図柄片で構成された分割図柄片群からなる分割図柄片群テーブルを設け、この分割図柄片群テーブルを選択するようにしても良い。

0075

上記実施形態では、第2分割図柄片群50を、4個の分割図柄片51、52、53、54から構成し、第3分割図柄片群55を、3個の分割図柄片56、57、58から構成したが、第2、第3分割図柄片群を構成する分割図柄片の個数は、少なくとも2個以上であり、且つ、第1分割図柄片群を構成している単位図柄片の個数よりも少なければいくつであっても良い。同様に、第4〜第6分割図柄片群59、65、70についても、第4〜第6分割図柄片群を構成する分割図柄片と、該分割図柄片とは独立して存在する単位図柄片との合計個数は、少なくとも2個以上であり、且つ、第1分割図柄片群を構成している単位図柄片の個数よりも少なければいくつであっても良い。

0076

上記実施形態では、保留球の個数が、「0」、あるいは「1」の場合、分割図柄片群決定部19において、第1分割図柄片群テーブル31が選択されたが、第2〜第6分割図柄片群テーブルが選択されるようにしても良い。

0077

上記実施実施形態では、保留球の個数が「2」の場合、分割図柄片群決定部19において、5個の図柄片からなる第4分割図柄片群が書き込まれた第4分割図柄片群テーブル34が選択され、保留球の個数が「3」の場合、分割図柄片群決定部19において、4個の分割図柄片からなる第2分割図柄片群が書き込まれた第2分割図柄片群テーブル32、あるいは4個の図柄片からなる第5分割図柄片群が書き込まれた第5分割図柄片群テーブル35が選択され、保留球の個数が「4」の場合、3個の分割図柄片からなる第3分割図柄片群が書き込まれた第3分割図柄片群テーブル33、あるいは3個の図柄片からなる第6分割図柄片群が書き込まれた第6分割図柄片群テーブル36が選択されたが、保留球の個数の増加に伴い、分割図柄片群を構成している分割図柄片の個数が反比例して減少していくように分割図柄片群テーブルが選択されれば、分割図柄片群を構成している分割図柄片の個数はいくつに構成されていても良い。
例えば、第4分割図柄片群を8個、第5分割図柄片群を7個、第6分割図柄片群を6個の分割図柄片から構成し、この場合、分割図柄片群決定部19では、保留球の個数が「2」の場合、第4分割図柄片群テーブル32が選択され、保留球の個数が「3」の場合、第5分割図柄片群テーブル33が選択され、保留球の個数が「4」の場合、第6分割図柄片群テーブル36が選択される。

0078

上記実施形態では、保留球の個数の増加に伴い、分割図柄片群を構成している分割図柄片の個数が反比例して減少していくように分割図柄片群テーブルを選択するようにしたが、分割図柄片群テーブルを選択する条件は、適宜に変更して良い。例えば、発射されたパチンコ球と払い出されたパチンコ球との差が所定個数に達した場合、発射されたパチンコ球が所定個数に達した場合、あるいは、所定の入賞口にパチンコ球が入賞した場合などに、所定の分割図柄片群テーブルを選択するようにしても良い。

0079

上記実施形態では、各分割図柄片をパズル状に形成し、凸部48を凹部49に嵌合させることで所定の分割図柄片同士を連結させ、当たりモードへの移行を報知するための図柄である当たり図柄38を完成させたが、所定の分割図柄片同士を連結させる手法は適宜に決定して良い。例えば、液晶パネル11にて、分割図柄片の他に、あるキャラクターを表示し、このキャラクターが所定の分割図柄片同士を糊付けすることによって当たりモードへの移行を報知するための図柄を形成するようにしても良く、また、分割図柄片をブロックにして、そのブロックを積み上げていくことによって当たりモードへの移行を報知するための図柄を形成するようにしても良い。

0080

上記実施形態では、各分割図柄片群を構成している複数個の分割図柄片を、図柄表示装置4の液晶パネル11にて、2点鎖線矢印方向(図3図8〜12参照)に回転させて変動表示させたが、変動表示の態様はこれに限ることなく、適宜の態様で表示して良い。例えば、各分割図柄片を拡大、縮小させながら回転させても良く、また、液晶パネル11内において各分割図柄片をランダム高速移動させるようにしても良い。

図面の簡単な説明

0081

本発明のパチンコ機の斜視図である。
パチンコ機の電気的構成を示す機能ブロック図である。
液晶パネルにて変動表示されている当たり用の第1分割図柄片群を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第1分割図柄片群において、1個の単位図柄片を除く全ての単位図柄片が仮停止しているときの態様を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第1分割図柄片群において、中央の単位図柄片を取り囲んでいる単位図柄片が中央に向かって移動するときの態様を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第1分割図柄片群におけるリーチ状態を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり図柄を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第2分割図柄片群を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第3分割図柄片群を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第4分割図柄片群を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第5分割図柄片群を示す図である。
液晶パネルに表示されている当たり用の第6分割図柄片群を示す図である。
遊技の流れを示すフローチャートである。
図13に示したフローチャートの続きを示すフローチャートである。
プログラムが格納された記憶媒体をパチンコ機にインストールする場合の説明図である。

符号の説明

0082

2パチンコ機(遊技機)
3a遊技盤面
4図柄表示装置(可変表示手段)
16 CPU
17メモリ
18 当たり決定部
19分割図柄片群決定部
24図柄制御装置
31 第1分割図柄片群テーブル
32 第2分割図柄片群テーブル
33 第3分割図柄片群テーブル
34 第4分割図柄片群テーブル
35 第5分割図柄片群テーブル
36 第6分割図柄片群テーブル
37 第1分割図柄片群
38 当たり図柄
39〜47単位図柄片
50 第2分割図柄片群
51〜54、56〜58、60〜63、66〜68、71、72分割図柄片55 第3分割図柄片群
59 第4分割図柄片群
65 第5分割図柄片群
70 第6分割図柄片群
74記憶媒体
75コンピュータ
76 読取装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ