図面 (/)

技術 豆類引抜収穫機

出願人 セイレイ工業株式会社
発明者 松井幹夫渡邊章人嶋田重徳中山実遠部博史
出願日 2005年1月17日 (15年3ヶ月経過) 出願番号 2005-008934
公開日 2005年4月21日 (15年0ヶ月経過) 公開番号 2005-102706
状態 未査定
技術分野 収穫機本体(5)(特定作物用)
主要キーワード 減速機モータ 上方プーリ 下方プーリ 突起歯 突起爪 動力連結 手動装置 土除去装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

枝豆等の豆類をそのを掴んで引き抜くという簡単で確実な方法で収穫する収穫機を提供する。

解決手段

5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴って収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分ける分割装置9を備え、その姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機

概要

背景

豆類収穫機として、を地上に残したままで枝豆の実()をもぎ取る形式のものがある。
又、茎に豆類を付けたままで刈り取る構造のものも知られている。
このような収穫方法によると、茎全体或いは、地面下の茎を圃場に残すことになって連作障害となるから、これを除去する後作業が必要となる。
茎を人力で引き抜くとすれば、かなりの力(30〜40Kg)を要して重労働となるし、耕運機等で堀起こすとしても、後に拾集作業が必要となる。(例えば特許文献1である。)
特開平5−103526号公報

概要

枝豆等の豆類をその茎を掴んで引き抜くという簡単で確実な方法で収穫する収穫機を提供する。5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴って収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分ける分割装置9を備え、その姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

5cに条植えされた豆類5の5aを機体の進行に伴って収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分ける分割装置9を備え、その姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機

請求項2

畝5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴ってその姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで少なくとも構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機。

技術分野

0001

本発明は、枝豆等の豆類に付けたままで引き抜いて収穫する豆類引抜収穫機に関するものである。

背景技術

0002

豆類の収穫機として、茎を地上に残したままで枝豆の実()をもぎ取る形式のものがある。
又、茎に豆類を付けたままで刈り取る構造のものも知られている。
このような収穫方法によると、茎全体或いは、地面下の茎を圃場に残すことになって連作障害となるから、これを除去する後作業が必要となる。
茎を人力で引き抜くとすれば、かなりの力(30〜40Kg)を要して重労働となるし、耕運機等で堀起こすとしても、後に拾集作業が必要となる。(例えば特許文献1である。)
特開平5−103526号公報

発明が解決しようとする課題

0003

このため、特開平6−078620号公報には、対向して後方回動するチェンで豆類を付けたままの茎を挟持して地上から引き抜く形式のものが示されている。
この先行例のものは、チェンで引き抜いた茎をその後方に配置される同じく対向して後方回動するベルトで挟持し直し、それまで縦姿勢であったものを横姿勢に変更しながら後方へ搬送する形態をとっている。従って、チェンからベルトへの引継ぎ姿勢変更に際してミスが発生する虞があるし、構造も複雑になって価格の高いものとなる。
本発明は、茎を引抜き、その姿勢のままで後方へ搬送するようにして引抜搬送装置強制的に引き抜かれた茎の下部や根(以下、単に根という)には土が付いており、この土は後で取り除かなければならなく作業の確実性、構造の簡易化を図ったものである。

課題を解決するための手段

0004

以上の課題の下、本発明の第1は、請求項1に記載したように、5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴って収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分ける分割装置9を備え、その姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機である。

0005

第2の発明は、請求項2に記載したように、畝5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴ってその姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで少なくとも構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機である。

発明の効果

0006

以上、本発明の第1の請求項1に係る豆類収穫によれば、畝5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴って収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分ける分割装置9を備え、その姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機としていることから、枝豆等の豆類をその茎や根等を地中に残さないで茎ごと引き抜いて収穫できる。
この場合において、本発明に係る収穫機によれば、引抜搬送装置で茎を立ち姿勢に保ったままで引き抜いて搬送するものであるから、引抜きが確実であるとともに、構造も簡略化されて低廉な価格で製作できる。また、引抜搬送装置で強制的に引き抜かれた茎の下部や根には土が付いており、この土は後で取り除かなければならない。
そこで、土除去装置を付設し、中でも、この土除去装置を根に付いた土を崩す土崩し装置と、土を払い落とす土落し装置とで構成するとともに、土崩し装置が縦軸の回りに回転する対向配置された一対の構成であり、土の除去を効率良く、しかも、収穫時に自動的にできる。

0007

本発明の第2の請求項2に係る豆類収穫によれば、畝5cに条植えされた豆類5の茎5aを機体の進行に伴ってその姿勢のまま根5cごと後上方へ搬送する引抜搬送装置8とで少なくとも構成され、かつ、前記引抜搬送装置8の下方に、該引抜搬送装置8で搬送中の茎5aの下部や根5cに付いた土を取り除く土除去装置11を付設したことを特徴とする豆類引抜収穫機としていることから、引抜搬送装置で強制的に引き抜かれた茎の下部や根には土が付いており、この土は後で取り除かなければならない。
そこで、土除去装置を付設し、中でも、この土除去装置を根に付いた土を崩す土崩し装置と、土を払い落とす土落し装置とで構成するとともに、土崩し装置が縦軸の回りに回転する対向配置された一対の構成であり、土の除去を効率良く、しかも、収穫時に自動的にできる。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明の実施形態を、図面を参照して説明する。図1は本発明の一例を示す豆類引抜収穫機の側面図、図2は正面図であるが、本例における豆類引抜収穫機(以下、収穫機という)は、左右に車輪1を取り付けた自走車体2にエンジン3を載せ、後部に操縦用ハンドル4を設けた歩行型作業機を構成している。但し、走行装置クローラによるものであってもよいし、機体構造は、作業者が乗る乗用型であってもよい。

0009

豆類5は、圃場に畝6を形成して条植えされているが、これを連続的に収穫するには、その茎5aを掻き込みながら上方に扱き上げる掻込装置7と、掻込装置7で掻き込んだ茎5aを引き抜いて搬送する引抜搬送装置8とが備わっていることが必要である。
引抜搬送装置8だけでもよいように思われるが、豆類5の茎5aは地上に倒伏して横に広がっていることもあるから、これだけでは、引抜きがスムーズに行なわれないからである。
但し、引抜きをより確実に行うには、掻込装置7の前方に分割装置9が備わっているのが好ましいし、効率良く連続作業をするには、引抜搬送装置8の後方に引き抜いた茎5aを一定量溜め置く収集装置10が設けられているのが適する。更に、根5cに付いた土を落とすには、土除去装置11を備えた方がよい。

0010

本例の収穫機は、上記すべての装置を備えたものであり、以下、図1乃至図4を参照して各装置を説明する。
[分割装置について]
まず、分割装置9は、自走車体2の最前に設けられるフロントウェイトを兼ねるゲート体12から二つの角体13を前方に突出させたものである。角体13は、バインダーコンバインデバイダと同じく、収穫する茎5aとそうでない茎5aとを分け、後続の掻込装置7で掻き込み易くするものである。

0011

[掻込装置について]
掻込装置7は、ゲート体12の後下方に設けられるものであり、対向側が共に後上方に平面回動する一対の突起爪14を接近させて設けたものであり、茎5aをこの突起爪14でその対向側突き合わせ面に掻き込むものである。この掻込装置7は、収穫する茎5aだけを上方に扱き上げ、後の引抜搬送装置8による挟持を確実にするものである。

0012

[引抜搬送装置について]
引抜搬送装置8は、掻込装置7の後下方に設けられるものであり、対向側が共に後上方に平面回動する一対の弾性ベルト15を互いに押圧させて接触させたもので、掻込装置7で掻き込んだ茎5aを挟持して引き抜き、その姿勢のままで後上方へ移送するものである。
このため、引抜搬送装置8の始端は、掻込装置7と同じく、畝6(地表)すれすれまで下げている。
又、弾性ベルト15の表面は、軟らかいスポンジ等で構成して挟持した茎5aに付いている5bを傷付けないようにするのが好ましい。

0013

[収集装置について]
収集装置10は、引抜搬送装置8の終端位置から後方にかけて自走車体2の一側方(後方から進行方向に見て左側)に設けられるものであり、収集箱16を有するものである。
この収集箱16は、茎5aのにほぼ等しい長さを有する上部が開口した所要容積を有する箱体又は板体で構成されている。
ところで、引抜搬送装置8で搬送されて来た茎5aは、この収集箱16内にうまく落下する必要があるから、引抜搬送装置8の弾性ベルト15を張り掛け上方プーリ17のうち、旋回内側となるプーリ17の下側にこれよりも径の大きなスターホイル18を取り付けておくとともに、他側の弾性ベルト15側から収集箱16側へ湾曲するガイド棒19を設け、これらで茎5aを収集箱16に導いている。

0014

収集箱16に茎5aが溜まると、これを地上に放出する。
この放出は、操縦者或いは補助者が収穫機を移動させながら又は停止して人力で行ってもよいが、収集箱16をその水平な取付軸20の回りに下方回動できるようにしておき、溜まった量が一定になると、自動又は手動操作で回動させて放出するようにしておけば、連続して作業ができる。
尚、この回動構成は、バインダー等における集束装置放出構造をそのまま採用できるので、ここでの詳説は省略する。このようにして一定量が収集されて一塊状になって放出された茎5aは、後で拾い集められることになる。

0015

[土除去装置について]
土除去装置11は、引抜搬送装置8の下方に設けられ、搬送中の根5cに付いた土を除去するものである。
根5cに付いた土は収拾の後に落とさなければならないから、これを収穫中にしてしまうとするものである。
本例の土除去装置11は、土崩し装置21と土落し装置22とで構成される。
図3図4に示すように、土除去装置11が設けられる自走車体2の中央部の側面図、図4は、土除去装置11が設けられる自走車体2の中央部の平面図であるが、このうちの土崩し装置21は、左右に対向して配置されて回転する縦軸23に取り付けられたドラム24の外周に互いの軌跡内に入り込む脱穀機扱胴扱歯のような突起歯25を取り付けたものである。
尚、この突起歯25は、茎5aを後方に送る方向に回転させられるのが通常である。

0016

[土落し装置について]
これに対して、土落し装置22は、土崩し装置21の後方に設けられるもので、水平回転するディスク26に何個かのピン27を垂下し、ピン27にフリー回転する土叩き板28を取り付けたものと、土叩き板28の左右どちらかの側方に前後方向に延設されるゴム板等の根当て板29を配置したものとで構成される(28aは土叩き板28の回動範囲を決めるストッパ)。
この場合の根当て板29は、土叩き板28の作用範囲内かわずか離れた位置に設定される。更に、ディスク26も、茎5aを後方に送る方向に回転させられる。

0017

図5は土落し装置22の他の例を示す側面図であるが、本例のものは、ディスク26の中心軸が引抜搬送装置8の弾性ベルト15の延伸方向と直角になる位まで傾けたものである。
こうすることで、土叩き板28の作用長が長くなり、土落し効果を一層高めることができる。図6も土落し装置22の他の例を示す側面図であるが、本例のものは、ディスク26及び土叩き板28に代えて土崩し装置21の突起歯25を使用したものである。部材の共用化が図られ、コストの低減に寄与できる。

0018

以上により、搬送中の茎5aの下部や根5cは、まず、突起歯25に触れ、これで土が崩されるとともに、そのほとんどは叩き落とされる。次いで、茎5aや根5cは、土叩き板28に接触し、土叩き板28と根当て板29の作用を受けて残った土は叩き落とされるが、このとき、茎5aや根5cは土叩き板28と根当て板29とで挟まれるようになるから、土落しは完全なものとなる。

0019

ところで、図3図4に示すように、縦軸23やディスク26は、共に強制回転させられるが、それには、エンジン3の動力のうちの作業系動力を利用する。この作業系動力は、引抜搬送装置8の上方プーリ17に伝えられて弾性ベルト15を駆動するが、下方プーリ30のプーリ軸31に伝えられた動力は、引抜搬送装置8の途中に設けられた中間伝動軸32にチェン・スプロケット機構33で伝達され、この中間伝動軸32に伝えられた動力は、自在継手機構34によって掻込装置7の上方プーリ35に伝えられてこれを駆動するようになっている。
そこで、チェン・スプロケット機構33に動力連結される駆動軸36を収容するハウジング37をブラケット46等で自走車体2に固定し、このハウジング37の下端を垂直に降ろしてこの部分に縦軸23を収容し、駆動軸36と縦軸23とをベベルギア機構38で連結している。

0020

これに対して土落し装置22のディスク26への動力伝達は、ディスク26を突設するハウジング39を引抜搬送装置8の下方に設けられる取付体40に取付け、ハウジング39に収容されてディスク26とベベルギア機構(図示省略)で連結される横駆動軸41を自在継手機構42を介して作業系動力によって駆動するようにしている。この場合、取付体40には前後に長孔43が形成されており、ハウジング39はこの長孔43内を上下(前後)に移動できるようになっている。

0021

従って、ハウジング39にワイヤ44等を結び、ワイヤ44の他端をハンドル4側に設けたノブ45(図1図7に示す)まで延ばしておけば、ノブ45の位置を前後に調整することで、土落し装置22の前後位置の調整ができ、より完全な土落しが可能になる。又、根当て板29の取付けは、自走車体2からブラケット47を介して固定している。尚、左右の突起歯25の中心は、茎5aの搬送ラインLに設定されているが、土叩き板28と根当て板29のセットは、このラインLから左右に所定距離オフセットされている。

0022

この他、前述したゲート体12は、フロントウェイトを兼ねるものであるが、引き抜いた茎5aをくぐらせる必要があるから、その形状は図2に示すように、正面視、逆U字形をしている。このゲート体12は、機体レイアウトの関係上、前部が軽くなりすぎて操縦がし難いのを是正するためのものである。
この収穫機の基本形態は、玉葱収穫機に依ったものであり、それに具備される縦回し引起し装置に代えてこのゲート体12を取り付けたものである。このようにして自走車体2の共用化を図り、製作費を抑制しているものである。

0023

更に、自走車体2の前部には図1図2に示すように、ゲージホイル48が自走車体2の一側方に張り出して設けられている。このゲージホイル48は、車輪1のうちの、後述する側方進退不能側の車輪1と同じ走路を踏走するように設けられている。ゲージホイル48は、自走車体2の高さを調整して特に掻込装置7や引起搬送装置8の作用高さを決めるものであるから、その高さは調整できるものでなければならない。
本例のゲージホイル48の高さ調整は、その支持筒49にネジ機構を有する(図示省略)取付軸50が組み込まれており、取付軸50の上端に設けたハンドル51を操作して行う。このハンドル51は、茎5aが引抜搬送装置8から収集装置10へ移されるのを阻害しないように設けられている。

0024

エンジン3には、ミッションケース52が付設されており、エンジン3の駆動力をこのミッションケース52内で減速又は変速して車輪1と前述した各装置に伝動する。この動力分配について概説しておくと、動力の伝動はいずれも、駆動軸やギアベベルギア)或いはチェーンやスプロケット又はベルトやプーリによって行なわれるものであり、このうち、走行系は、ミッションケース52→ファイナルケース53→車軸54へと伝えられる。
これに対して作業系は、ミッションケース52→サブミッションケース55へ伝えられ、一部は、前述したように、引抜搬送装置8→掻込装置7→土崩し装置21、その他は、土落し装置22へと伝えられる。尚、土落し装置22の駆動は、別個に設けた減速機モータ等であってもよく、これによると、動力伝達系が簡素になる。

0025

次に、以上の収穫機によって豆類を収穫する場合について図1乃至図4を参照して説明すると、収穫しようとする茎5aを分割装置9で分けるとともに、掻込装置7で扱き上げ、引抜搬送装置8で挟持して引き抜き、その姿勢を保って(勿論、鞘5bを付けた状態で)後上方へ搬送する。この間、土崩し装置21や土落し装置22でその根5cに付いた土が払い落とされる。

0026

引抜搬送装置8の終端まで搬送された茎5aは、スターホイル18やガイド棒19でガイドされて自走車体2の左側方に向きを変えられ、その下方に設けられた収集装置10の収集箱16に落下する。
茎5aが収集箱16に一定量溜まると、収集箱16は、自動又は手動装置によって下方回動して一塊の状態で地上に放出される。地上に放出された茎5aは、後で収拾されるが、これを出荷するときには、茎5aの不要部分や葉を取り除いて一定量を束にしたり、鞘5bだけを扱き落して集めたりされる。尚、収集箱16からの放出に代えて作業者又は補助者が適宜に取り出したり、伴走する運搬車積み替えたりすることもある。

0027

ところで、地域或いは豆類の種類によっては畝6の幅も異なることがあるから、車輪1の一方(本例では、進行方向から見て左側)を側方進退可能にしてこれに対処している。具体的には、こちら側の駆動筒56に組み込まれる駆動構造スプライン等による伸縮可能構造にしておくとともに、自走車体2とファイナルケース53との間に伸縮シリンダ等による伸縮機構57を設け、この伸縮機構57を作動させて車輪1を出し入れしている。
勿論、この操作もハンドル4に設けられた図外の適宜な操作具による遠隔操作式に構成されている。

0028

図7はこの収穫機の他の例を示す側面図であるが、以上の基本形態の他に、引抜搬送装置8による茎5aの引抜きに際し、その根5bの下方あたりの土を振動させて引抜きを容易にする振動刃装置58が設けられることがある。この振動装置58は、正面視、L形をした一本又は二本の振動刃59を、その振動刃59の先端が根5bの下方に至るまで土中に突入させたものである。即ち、振動刃59を自走車体2等に設けられた支持軸60の回りに前後揺動可能に取り付け、これを、連結棒61を介してクランク体62に繋いだものである。これにより、走行時、クランク体62を駆動すれば、振動刃59は振動して茎5aや根5cの周囲の土を緩め、引抜きを容易にする。

0029

又、畝6の両側面等に押接する棒状のマルチ押え63をゲート体12等から後方に延設することもある。
豆類はマルチ栽培されることもあるから、マルチの上をこのマルチ押え63で押えてマルチが掻込装置7や引抜搬送装置8に、絡み付くのを防止できる。加えて、マルチをこのように畝6上に残しておけば、後のマルチ剥がしも容易になる。更に、このマルチ押え63は、振動刃59を使用するときにも有効である。
この他、引抜搬送装置8の上方プーリ17のうち、茎5aが旋回する内側の上方に相当の長さと径を有するドラム64を設けることもある。茎5aは、引抜搬送装置8の上方にある程度延びているから、その部分をドラム64に当てて茎5a全体をスムーズに旋回させるためであり、スターホイル18やガイド棒19の働きを補完するものである。

図面の簡単な説明

0030

本発明の一例を示す豆類引抜収穫機の側面図である。
本発明の一例を示す豆類引抜収穫機の正面図である。
本発明の一例を示す土除去装置の側面図である。
本発明の一例を示す土除去装置の平面図である。
本発明の他の一例を示す土落し装置の側面図である。
本発明の他の一例を示す土落し装置の背面図である。
本発明の他の一例を示す豆類引抜収穫機の側面図である。

符号の説明

0031

2自走車体
5豆類
5a 豆類の茎
5b 豆類の鞘
5c 根
6畝
7掻込装置
8引抜搬送装置
9分割装置
10収集装置
11土除去装置
14突起爪
15弾性ベルト
16収集箱
21 土崩し装置
22土落し装置
23縦軸
24ドラム
25突起歯
26ディスク
28 土叩き板
29 根当て板
58振動刃装置
63 マルチ押え

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • カワサキ機工株式会社の「 茶園管理機における走行制御装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 本発明は、茶畝を跨いで走行しながら摘採などの茶園管理作業を行うようにした茶園管理機に関し、例えば自動運転化の実現など走行制御の多様化を図り、また走行制御が合理的に行えるようにした新規な走行... 詳細

  • 株式会社クボタの「 作物収穫機」が 公開されました。( 2020/01/09)

    【課題】回転駆動される上回転体と下回転体との間に作物を通して、作物から実を分離するように構成された作物収穫機において、作物からの実の分離性能の向上を図る。【解決手段】搬送体により搬送される作物が上回転... 詳細

  • 株式会社クボタの「 作物収穫機」が 公開されました。( 2020/01/09)

    【課題】横倒れ姿勢で搬送される作物から、分離部により実が分離されて回収される作物収穫機において、分離部よる作物からの実の分離性能の向上を図る。【解決手段】無端の搬送体9と、搬送体9に沿って配置されたガ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ