図面 (/)

技術 泡沫状エアゾール型化粧料

出願人 花王株式会社
発明者 山本直史
出願日 2003年9月8日 (17年11ヶ月経過) 出願番号 2003-315078
公開日 2005年3月31日 (16年5ヶ月経過) 公開番号 2005-082519
状態 拒絶査定
技術分野 化粧料 高分子組成物
主要キーワード ジメチコン共重合体 平均評価点 セルロース系高分子化合物 ゴム複合 ジメチルポリシロキサンエマルション 非イオン性高分子化合物 シリコーン粉体 ステアリン酸トリエタノールアミン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年3月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供する。

解決手段

以下の(A)〜(E)を含有することを特徴とする泡沫状エアゾール型化粧料。(A)メチルシロキサン網状重合体及び/または架橋型メチルポリシロキサンから選ばれるシリコーン粉体(B)シリコーン油(C)多価アルコール(D)アニオン性界面活性剤(E)噴射剤

概要

背景

従来、泡沫状エアゾール型化粧料は塗布量が確認しやすい、見かけ体積が大きいため少ない量を広い範囲に塗布しやすい等の理由により汎用されている。泡沫状エアゾール型化粧料には、噴出直後より泡を形成しているものや、噴出後しばらくして泡を形成するもの、原液スプレー状噴射させたのちに泡を形成させるものなど種々あるが、いずれにおいても泡のきめ細かさ、泡の持続性重視されている。また、の時期などの低温下においては泡の形成性が低下するという欠点があった。さらに、泡沫状エアゾール型化粧料は、塗布時や塗布後の官能も重要視されている。このため、従来より種々の提案がなされ、例えばアニオン界面活性剤高分子量ジメチルポリシロキサンカチオン性高分子化合物を組み合わせてを用いたり、特定のHLB値を有する非イオン性界面活性剤を組み合わせて用いたり、非イオン性界面活性剤と両性界面活性剤または半極性界面活性剤を用いるエアゾール組成物等が提案されている(特許文献1、特許文献2、特許文献3参照)。しかしながら、更に良好な泡を形成し、かつなめらか感触を与える泡沫状エアゾール型化粧料が望まれていた。

また、皮膚になめらかな感触を与える目的として化粧料樹脂粉体を配合する事は公知であり、ファンデーションやボディパウダーとして汎用されている。さらに粉体を配合したエアゾール組成物としては、特定の比重の粉体と非イオン性界面活性剤を組み合わせた組成物や、粉体とエタノールと水を組み合わせn−ブタン噴射剤として用いる組成物や、粉体と水溶性高分子アルコールと水とを組み合わせる組成物などが提案されている(特許文献4、特許文献5、特許文献6参照)。しかしながら、これらの組成物は使用後に粉体が肌の上で白くなってしまうという欠点があった。

また、皮膚や毛髪を保護する目的で化粧料にシリコーン油を配合することは公知であり、汎用れている(非特許文献1、非特許文献2参照)。しかしながら、一般的にシリコーン油は消泡性があるため泡沫状エアゾール型化粧料に配合した場合、泡のきめ細かさ、持続性を損なう場合があった。
特開平2−11506号公報
特開平8−319212号公報
特開平6−271422号公報
特開平1−117817号公報
特開平7−330540号公報
特開12−191482号公報
フレグランスジャーナル、フレグランスジャーナル社、1993年1月号、p.96−102
フレグランスジャーナル、フレグランスジャーナル社、1994年3月号、p.51−55

概要

泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供する。以下の(A)〜(E)を含有することを特徴とする泡沫状エアゾール型化粧料。(A)メチルシロキサン網状重合体及び/または架橋型メチルポリシロキサンから選ばれるシリコーン粉体(B)シリコーン油(C)多価アルコール(D)アニオン性界面活性剤(E)噴射剤なし

目的

従って、本発明の目的は、泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

以下の(A)〜(E)を含有することを特徴とする泡沫状エアゾール型化粧料。(A)メチルシロキサン網状重合体及び/または架橋型メチルポリシロキサンから選ばれるシリコーン粉体(B)シリコーン油(C)多価アルコール(D)アニオン性界面活性剤(E)噴射剤

請求項2

さらに(F)皮膜形成能を有する高分子化合物を含有することを特徴とする請求項1に記載の泡沫状エアゾール型化粧料。

技術分野

0001

本発明は泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料に関する。

背景技術

0002

従来、泡沫状エアゾール型化粧料は塗布量が確認しやすい、見かけ体積が大きいため少ない量を広い範囲に塗布しやすい等の理由により汎用されている。泡沫状エアゾール型化粧料には、噴出直後より泡を形成しているものや、噴出後しばらくして泡を形成するもの、原液スプレー状噴射させたのちに泡を形成させるものなど種々あるが、いずれにおいても泡のきめ細かさ、泡の持続性重視されている。また、の時期などの低温下においては泡の形成性が低下するという欠点があった。さらに、泡沫状エアゾール型化粧料は、塗布時や塗布後の官能も重要視されている。このため、従来より種々の提案がなされ、例えばアニオン界面活性剤高分子量ジメチルポリシロキサンカチオン性高分子化合物を組み合わせてを用いたり、特定のHLB値を有する非イオン性界面活性剤を組み合わせて用いたり、非イオン性界面活性剤と両性界面活性剤または半極性界面活性剤を用いるエアゾール組成物等が提案されている(特許文献1、特許文献2、特許文献3参照)。しかしながら、更に良好な泡を形成し、かつなめらかな感触を与える泡沫状エアゾール型化粧料が望まれていた。

0003

また、皮膚になめらかな感触を与える目的として化粧料樹脂粉体を配合する事は公知であり、ファンデーションやボディパウダーとして汎用されている。さらに粉体を配合したエアゾール組成物としては、特定の比重の粉体と非イオン性界面活性剤を組み合わせた組成物や、粉体とエタノールと水を組み合わせn−ブタン噴射剤として用いる組成物や、粉体と水溶性高分子アルコールと水とを組み合わせる組成物などが提案されている(特許文献4、特許文献5、特許文献6参照)。しかしながら、これらの組成物は使用後に粉体が肌の上で白くなってしまうという欠点があった。

0004

また、皮膚や毛髪を保護する目的で化粧料にシリコーン油を配合することは公知であり、汎用れている(非特許文献1、非特許文献2参照)。しかしながら、一般的にシリコーン油は消泡性があるため泡沫状エアゾール型化粧料に配合した場合、泡のきめ細かさ、持続性を損なう場合があった。
特開平2−11506号公報
特開平8−319212号公報
特開平6−271422号公報
特開平1−117817号公報
特開平7−330540号公報
特開12−191482号公報
フレグランスジャーナル、フレグランスジャーナル社、1993年1月号、p.96−102
フレグランスジャーナル、フレグランスジャーナル社、1994年3月号、p.51−55

発明が解決しようとする課題

0005

従って、本発明の目的は、泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するための、本発明の請求項1は、以下の(A)〜(E)を含有することを特徴とする泡沫状エアゾール型化粧料である。
(A)メチルシロキサン網状重合体及び/または架橋型メチルポリシロキサンから選ばれるシリコーン粉体
(B)シリコーン油
(C)多価アルコール
(D)アニオン性界面活性剤
(E)噴射剤
また、本発明の請求項2は、さらに(F)皮膜形成能を有する高分子化合物を含有することを特徴とする請求項1に記載の泡沫状エアゾール型化粧料である。

発明の効果

0007

本発明により、泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供できる。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明の構成を詳述する。

0009

本発明に使用する(A)成分のメチルポリシロキサン網状重合体及び架橋型メチルポリシロキサンは既に化粧品原料として市販されているものであり、何ら限定なく使用できる。それらの中で、球状で平均粒子径が1.0〜30.0μmの範囲のものが好ましく、さらに好ましくは4.0〜15μmである。平均粒子径が1.0μm未満であるとなめらかさを損なう場合がある。平均粒子径が30.0μmより大きい場合、白浮きしやすくなる傾向にある。また、尚、ここで平均粒子径は、光散乱法で測定される数平均粒子径である。

0010

メチルシロキサン網状重合体とは、メチルトリメトキシシロキサンアルカリ水溶液中で乳化重合させた固形物であり、具体的には、GE東シリコーン社製のトスパールシリーズ(トスパール145A等)が挙げられる。架橋型メチルポリシロキサンは、ジメトキシジメチルシロキサンに少量のメチルトリメトキシシロキサンを加えて重合したものであり、内部にメチルトリメトキシシロキサンによる架橋構造を有する。このものは、メチルシロキサン網状重合体と同様に乳化重合することにより製造でき、具体的には、東レ・ダウコーニング・シリコーン社製のトレフィルシリーズ(トレフィルE506W、トレフィルE505C、トレフィルE506C、トレフィルE505W等)などを挙げることができる。また、これらを単独でも組み合わせて用いてもよく、各種の溶媒等に分散したものや他の成分と事前に混合されたものも何ら問題なく使用できる。これらのものとして例えば、トレフィルE507液、BY29−119及びBY29−122等が挙げられる。また、シリコーン樹脂ゴム複合パウダーである信越化学工業社製X−52−1139K、X−52−1139Gも挙げられる。これらの中でなめらかさ及び白浮きの無さの面でメチルシロキサン網状重合体であるトスパールシリーズが特に好ましい。

0011

尚、本発明における上記シリコーン粉体は、それぞれ単独でまたは2種以上を混合して使用する事ができ、その配合量としては、泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して0.01〜5.0質量%(以下、単に%と記する)が好ましく、更に好ましくは0.05〜3.0%である。シリコーン粉体の配合量が0.01%未満の場合、なめらかさや保護効果が損なわれる場合がある。また、シリコーン粉体の配合量が5.0%を越えると、白浮きしやすくなる場合がある。

0012

本発明で用いられる(B)成分のシリコーン油は、例えばジメチルポリシロキサン(具体的市販品例としては、SH200C−6cs、SH200C−100cs、SH200−60,000cs、SH200−1,000,000cs(以上、東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)等が挙げられる。)、メチルフェニルポリシロキサン(具体的市販品例としては、KF−56、KF−50−100CS、KF−50−1,000CS(以上、信越化学工業社製)、FZ−209(日本ユニカー社製)等が挙げられる。)、ジメチコノール(具体的市販品例としては、DOW CORNING 1784(DOW CORNING社製)が挙げられる。)、ポリエーテル変性シリコーン(具体的市販品例としては、SH3771M、SH3746M、SH3775M(以上、東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)、KF−6011、KF−6012、KF−6019、KF−6004(以上、信越化学工業社製)、SILWETSS−2802、SILWET SS−2804、SILWET L−7001、SILWET FZ−2122、ABN SILWET FZ−2222(以上、日本ユニカー社製)等が挙げられる。)、エポキシ変性シリコーン(具体的市販品例としては、L−9300、FZ−3720(以上、日本ユニカー社製)等が挙げられる。)、フッ素変性シリコーンアルコール変性シリコーン(具体的市販品例としては、FZ−3711、FZ−3722(以上、日本ユニカー社製)等が挙げられる。)、カルボキシ変性シリコーン(具体的市販品例としては、FZ−3703(日本ユニカー社製)が挙げられる。)、アルキル変性シリコーン(具体的市販品例としてはSILSOFT 034(日本ユニカー社製)、DOW CORNING 2502、DOW CORNING 2503(以上、DOW CORNINNG社製)等が挙げられる。)、アルコキシ変性シリコーン(具体的市販品例としてはFZ−3704(日本ユニカー社製)が挙げられる。)、アミノ変性シリコーン(具体的市販品例としては、SS−3552、SILSOFT A−843(以上、日本ユニカー社製)、SM8704C(東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)、TSF4708、TSF4707(以上、GE東芝シリコーン社製)、KF−8017(信越化学工業社製)等が挙げられる。)、パーフルオロアルキルポリオキシアルキレン変性シリコーン(具体的例としては、特開平6−246144号公報による物が挙げられる。)、環状シリコーン(具体的市販品例としては、TSF404(GE東芝シリコーン社製)、VS−7158(日本ユニカー社製)、SH246(東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)等が挙げられる。)が挙げられる。これらのシリコーン油の内、ジメチルポリシロキサン、ジメチコノール、メチルフェニルポリシロキサンが好ましく、その中でも25℃における動粘度が10mm2/s〜1,000,000mm2/sであるジメチルポリシロキサンまたはジメチコノールがなめらかさや保護効果の面で特に好ましい。

0013

上記のシリコーン油はそれぞれ単独で又は2種以上を混合して使用することができ、その配合量としては、泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して0.01〜20.0%が好ましく、0.5〜10.0%が特に好ましい。シリコーン油の配合量が0.01%未満であると、保護効果が損なわれる傾向にある。また、配合量が20.0%を越えると、泡質が悪くなる傾向にある。

0014

また、(A)シリコーン粉体と(B)シリコーン油の好ましい配合量の質量比(A/B)は、1/10〜2/1の範囲であり、さらに好ましくは1/5〜1/1である。この範
囲よりシリコーン粉体の配合比が少ないとなめらかさが損なわれる傾向にある。また、シリコーン粉体の配合比が好ましい範囲より多い場合、白浮きしやすくなる場合がある。

0015

本発明の(C)成分の多価アルコールとしては、例えば、グリセリンエチレングリコールポリエチレングリコール(平均分子量が1000以下)、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコールジプロピレングリコールソルビトールマンニトール等が挙げられ、それぞれ単独で又は2種以上を混合して使用することができ、その配合量としては、泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して0.1〜20.0%が好ましく、1.0〜10.0%が特に好ましい。多価アルコールの配合量が0.1%未満であると、(A)成分のなめらかさを損なったり、シリコーン粉体が白浮きしやすくなる場合がある。また、配合量が20.0%を越えると、泡質を損なう傾向にある。

0016

本発明における(D)成分のアニオン性界面活性剤としては、例えば、脂肪酸石けんアルキル硫酸塩界面活性剤アルキルエーテル硫酸塩型界面活性剤、オレフィンスルホン酸塩型界面活性剤、リン酸エステル型界面活性剤アルキルエーテルカルボン酸塩型界面活性剤、アミノ酸塩型界面活性剤(サルコシン塩型、β−アラニン塩型、グルタミン酸塩型、アスパラギン酸塩型等)、スルホコハク酸塩型界面活性剤、タウリン型界面活性剤等が挙げられ、それぞれ単独で又は2種以上を混合して使用することができ、その配合量としては、泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して0.1〜5.0%が好ましく、0.3〜2.0%が特に好ましい。アニオン性界面活性剤の配合量が0.1%未満であると、泡質が損なわれる場合がある。また、配合量が5.0%を越えると、保護効果が損なわれる傾向にある。

0017

本発明における(E)成分の噴射剤としては、プロパン、n−ブタン、i−ブタン等を主成分とする液化石油ガスLPG)等の炭化水素類ジメチルエーテルメチルエチルエーテルジエチルエーテル等のエーテル類、HCFC22、123、124、141b、142b、225、HFC125、134a、143a、152a、32、227等のフロンガス類、炭酸ガス窒素ガス酸素等の圧縮ガス類が挙げられる。これらの噴射剤はそれぞれ単独で、または2種以上を混合して使用してもよく、その配合量は泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して3.0〜20.0%が好ましく、5.0〜15.0%が特に好ましい。この範囲であると良好な泡質が得られる。

0018

本発明において、さらに(F)成分として皮膜形成能を有する高分子化合物を配合すると、シリコーン粉体の白浮きを抑える効果および保護効果が向上する。

0019

本発明に使用する(F)成分の皮膜形成能を有する高分子化合物は、水またはエタノールの溶媒に溶解し、乾燥後皮膜を形成するものであれば、合成高分子天然由来高分子のいずれも使用できる。その具体適な例としては、合成高分子では、アクリル酸エステルメタクリル酸エステル共重合体(プラスサイズ、互応化学社製)、酢酸ビニルクロトン酸共重合体レジン28−1310、NSC社製)、酢酸ビニル/クロトン酸/ビニルネオデカネート共重合体(28−2930、NSC社製)、メチルビニルエーテルマレイン酸ハーフエステルガントレッツES、ISP社製)、t−ブチルアクリレートアクリル酸エチルメタクリル酸共重合体ルビマー、BASF社製)、ビニルピロリドンビニルアセテートビニルプロピオネート共重合体(ルビスコールVAP、BASF社製)、ビニルアセテート/クロトン酸共重合体(ルビセットCA、BASF社製)、ビニルアセテート/クロトン酸/ビニルピロリドン共重合体(ルビセットCAP、BASF社製)、ビニルピロリドン/アクリレート共重合体(ルビフレックス、BASF社製)、アクリレートアクリルアミド共重合体ウルトラホールド、BASF社製)、ビニルアセテート/ブチルマレアートイソボルニルアクリラート共重合体(アドバンテージ、ISP社製)アクリル酸オクチルアミド/アクリル酸エステル共重合体アンフォマーV−42、
NSC社製)、アクリル酸アルキルジメチコン共重合体ダイヤホールドME、三菱化学社製)、ビニルピロリドン/メタクリル酸ラウリルアクリル酸共重合体スタイリーズ、ISP社製)、アクリル酸アルキル/メタクリル酸アルキル共重合体エマルションアクリット、大成化工社製)などのアニオン性高分子化合物や、ジアルキルアミノエチルメタクリエート重合体酢酸両性化物ユカフォーマー、三菱化学社製)、アクリル酸/ジメチルジアリルアンモニウムクロライド/アクリルアミド共重合体(マ−コート3330、NALCO社製)、アクリル酸オクチルアクリルアミドアクリル酸ヒドロキシプロピルメタクリル酸ブチルアミノエチル共重合体(AMPHOMER、NSC社製)などの両性高分子化合物や、ビニルピロリドン/ジメチルアミノエチルメタクリレートの4級化物(GAFUAT、ISP社製)、メチルビニルイミダゾリウムクロリド/ビニルピロリドン共重合体(LUVIQUAT、BASF社製)、ジメチルジアリルアンモニウムクロライド/アクリルアミド共重合体(マ−コート550、NALCO社製)などのカチオン性高分子化合物、ポリビニルピロリドン商品名:ルビスコールK12、17、30、60、80、90[BASF社製]、PVP K15、30、60、90[ISP社製]など)、ポリビニルピロリドン/酢酸ビニル共重合体(商品名:ルビスコールVA28E、37E、55E、64E、73E[BASF社製]、PVP/VA E−735、E−635、E−535、E−335、S−630、W−735[ISP社製]など)、ポリビニルピロリドン/アルキルアミノアクリレート共重合体(商品名:コポリマー845、937、958[ISP社製]など)、酢酸ビニル/N−ビニル−5−メチル−2−オキサゾリン共重合体(商品名:Dowlex[ダウ・ケミカル社製]など)、水分散性ポリエステル樹脂(商品名:Eastman AQ 38S、55S[イーストマン・ケミカルプロダクツ社製]など)などの非イオン性高分子化合物が挙げられる。

0021

なお、これらの皮膜形成能を有する高分子化合物のうち、イオン性基を有するものについては、イオン性基の一部又は全部を中和して塩に変換したものを用いても良い。

0022

上記の皮膜形成能を有する高分子化合物はそれぞれ単独で又は2種以上を混合して使用することができ、その配合量としては、泡沫状エアゾール型化粧料の組成物全量に対して0.01〜5.0%が好ましく、0.1〜3.0%が特に好ましい。被膜形成能を有する高分子化合物の配合量が0.01%未満であると、シリコーン粉体の白浮きを抑える効果および保護効果の向上が見られない。また、配合量が5.0%を越えると、なめらかさを損なう傾向にある。

0023

本発明において、発明の効果を損なわない範囲であれば、上記必須成分の他に、カチオン性界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン性界面活性剤、ガム質、シリコーン油以外の油剤防腐剤キレート剤酸化防止剤植物抽出物ビタミン類pH調整剤色素香料等を配合することも可能である。

0024

以下に実施例、比較例を挙げて本発明を説明する。本発明は、これらにより限定される
ものではない。

0025

実施例、比較例に示した試験方法は下記の通りである。尚、以下の表に示す組成物の配合量は、それぞれ%で示す。
(1)泡質
10名の被験者によって25℃に保たれた室内で各試料を噴出させ手に取り、泡質の観察を行ない5点満点で評価を行った。尚、評価基準は以下の通りである。
◎:非常に良好〔平均評価点が4.0以上〕
○:良好〔平均評価点が3.0以上、4.0未満〕
△:やや悪い〔平均評価点が2.0以上、3.0未満〕
×:悪い〔平均評価点が2.0未満〕
(2)なめらかさ、白浮きのなさ
10名の被験者によって試料を手及び腕などの肌に塗布し、なめらかさおよび白浮きの無さについて5点満点で評価を行った。尚、評価基準は以下の通りである。
◎:非常に良好〔平均評価点が4.0以上〕
○:良好〔平均評価点が3.0以上、4.0未満〕
△:やや悪い〔平均評価点が2.0以上、3.0未満〕
×:悪い〔平均評価点が2.0未満〕
(3)保護効果
5名の被験者により試料を腕に塗布(1cm2あたり0.1g)し乾燥させた。腕にカップを取り付け、10%ミリスチン酸カリウム水溶液10mL入れ、30分間浸けた。これを1日1回、5日間繰り返した。その後、塗布部分水分蒸散量を測定し、試料未塗布部分の水分蒸散量を100とした時の数値を比較した。これは水分蒸散量が少ないほど、皮膚保護効果が高いことを示す。

0026

評価基準は、以下の通りである。
◎:非常に良好、水分蒸散値が80未満
○:良好、水分蒸散値が80以上、90未満
△:普通、水分蒸散値が90以上、100未満
×:悪い、水分蒸散値が100以上
実施例1〜6、比較例1〜5
表1に示した処方の泡沫状エアゾール型化粧料を常法により作製し、前記各試験を実施した。その結果を表1に併せて示す。

0027

0028

表1より明らかなように本発明の成分を用いた実施例の泡沫状エアゾール型化粧料はいずれも優れた性能を有していた。一方、必須成分のいずれかを欠いた比較例では、泡質、なめらかさ、白浮きの無さ、保護効果のいずれかの面で劣っており、本発明の目的を達成できなかった。
実施例7(ハンドクリームフォーム
(A)メチルシロキサン網状重合体1.0%
(商品名:トスパール145A、GE東芝シリコーン社製)
(B)メチルフェニルポリシロキサン2.0
(商品名:SH556、東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)
(B)環状シリコーン2.0
(商品名:VS−7158、日本ユニカー社製)
(B)ジメチルポリシロキサンエマルション5.0
(商品名:BY22-050、東レ・ダウコーニング・シリコーン社製)
(C)グリセリン2.0
(D)ステアリン酸トリエタノールアミン1.5
(F)ジメチルジアリルアンモニウムクロライド/アクリルアミド共重合体0.5
(商品名:マ−コート550、NALCO社製、純分換算
ポリオキシエチレンセチルエーテル(15E.O.) 1.0
ステアリルアルコール0.5
スクワラン1.0
ワセリン0.5
グリチルリチン酸ジカリウム0.05
香料0.1
精製水72.85
(E)液化石油ガス(0.35MPa、20℃) 10.0
上記組成の泡沫状エアゾール型化粧料(ハンドクリームフォーム)を常法により調製し、評価したところ、泡質、なめらかさ、白浮きの無さ、保護効果のいずれ面においても優れていた。
実施例8(ヘアフォーム
(A)メチルシロキサン網状重合体 0.2%
(商品名:トスパール145A、GE東芝シリコーン社製)
(B)ポリエーテル変性シリコーン0.5
(商品名:KF−6011、信越化学工業社製)
(C)ジプロピレングリコール2.0
(D)N−ステアロイル−L−グルタミン酸ナトリウム0.5
(F)ジアルキルアミノエチルメタクリエート重合体の酢酸両性化物0.6
(商品名:ユカフォーマー205、三菱化学社製、純分換算)
エタノール10.0
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油0.3
(商品名:HCO−60、日光ケミカルズ社製
モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 0.1
ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.) 0.3
レモンエキス0.1
トリメチルグリシン0.5
香料 0.1
クエン酸0.02
クエン酸ナトリウム0.08
精製水 74.7
(E)液化石油ガス(0.4MPa、20℃) 7.0
(E)ジメチルエーテル3.0
上記組成の泡沫状エアゾール型化粧料(ヘアフォーム)を常法により調製し、評価したところ、泡質、なめらかさ、白浮きの無さ、保護効果のいずれ面においても優れていた。

0029

尚、上記の実施例7、8において使用した香料の組成は表2に示す。

0030

0031

本発明の泡沫状エアゾール型化粧料は、噴出直後より泡を形成しているものや、噴出後しばらくして泡を形成するもの、原液をスプレー状に噴射させたのちに泡を形成させるものなどいずれの形態をとることができ、泡質に優れ、皮膚または毛髪に滑らかな感触を与え、白浮きせず、保護効果に優れる泡沫状エアゾール型化粧料を提供できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ