図面 (/)

技術 統合失調症の治療

出願人 日本イーライリリー株式会社
発明者 関根吉統武井教使森則夫
出願日 2003年8月11日 (15年0ヶ月経過) 出願番号 2003-291328
公開日 2005年3月10日 (13年5ヶ月経過) 公開番号 2005-060286
状態 拒絶査定
技術分野 蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 論理的記憶 平板化 社会的問題 遮断作用 主作用 被害妄想 話し方 刺激レベル

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2005年3月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明は、定型抗精神病薬または非定型抗精神病薬による薬物療法では改善しにくい、または改善しない、認知機能障害および/または陰性症状発症した統合失調症患者処置するための医薬組成物を提供する。

解決手段

本発明の医薬組成物は、ドーパミンD1受容体作動薬を含む医薬組成物であって、抗精神病薬と組み合わせて投与することを特徴とする。

概要

背景

統合失調症は、思春期から青年期にその大半が発症し、その生涯羅患率が約1%である、最もありふれ精神疾患である。統合失調症患者には、幻覚および妄想などの陽性症状、および/または情動平板化自発性欠如などの陰性症状が見られる。さらに1ないし複数の範囲の認知機能障害が、80%以上の統合失調症患者に見られる(非特許文献1)。認知機能は、就労社会的スキル開発および社会的問題解決における機能を改善するのに何よりも重要である(非特許文献2)。

統合失調症の治療方法の1つとして、抗精神病薬を用いる薬物療法がある。抗精神病薬には、従来型の(定型)抗精神病薬と、近年開発された非定型抗精神病薬がある。ほとんどの定型抗精神病薬は、陽性症状に効力を発揮しても、陰性症状には効果がない。また、錐体外路症状などの副作用併発するために、その使用は制限的である。一方、非定型抗精神病薬は、錐体外路症状などの副作用をもたらす可能性は低く、陽性症状を緩和し、定型抗精神病薬よりも陰性症状を改善し、さらに認知機能を改善すると報告されている(非特許文献3および4)。

しかしながら、現実には多くの患者は、このような非定型抗精神病薬を服用していてさえも認知障害回復せず、社会復帰ができずにいる。

概要

本発明は、定型抗精神病薬または非定型抗精神病薬による薬物療法では改善しにくい、または改善しない、認知機能障害および/または陰性症状を発症した統合失調症患者を処置するための医薬組成物を提供する。 本発明の医薬組成物は、ドーパミンD1受容体作動薬を含む医薬組成物であって、抗精神病薬と組み合わせて投与することを特徴とする。 なし

目的

従って、本発明は定型抗精神病薬または非定型抗精神病薬の使用によっても改善しにくい、または改善しない、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症の処置を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

製薬的有効量のドーパミンD1受容体作動活性を有するドーパミン受容体作動薬を含む、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症処置するための医薬組成物であって、抗精神病薬と組み合わせて投与される組成物

請求項2

抗精神病薬と同時に、または抗精神病薬の投与後に投与される、請求項1に記載の医薬組成物。

請求項3

製薬的有効量の抗精神病薬をさらに含む、請求項1に記載の医薬組成物。

請求項4

該ドーパミン受容体作動薬がペルゴリドである、請求項1〜3のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項5

該抗精神病薬が非定型抗精神病薬である、請求項1〜4のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項6

該非定型抗精神病薬がクエチアピンである、請求項5に記載の医薬組成物。

技術分野

0001

本発明は、薬物療法による統合失調症処置に関する。より詳しくは、本発明はドーパミンD1受容体作動活性を有するドーパミン受容体作動薬(ドーパミンD1受容体作動薬)を含み、抗精神病薬と組み合わせて投与される、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症を処置するための医薬組成物に関する。

背景技術

0002

統合失調症は、思春期から青年期にその大半が発症し、その生涯羅患率が約1%である、最もありふれ精神疾患である。統合失調症患者には、幻覚および妄想などの陽性症状、および/または情動平板化自発性欠如などの陰性症状が見られる。さらに1ないし複数の範囲の認知機能障害が、80%以上の統合失調症患者に見られる(非特許文献1)。認知機能は、就労社会的スキル開発および社会的問題解決における機能を改善するのに何よりも重要である(非特許文献2)。

0003

統合失調症の治療方法の1つとして、抗精神病薬を用いる薬物療法がある。抗精神病薬には、従来型の(定型)抗精神病薬と、近年開発された非定型抗精神病薬がある。ほとんどの定型抗精神病薬は、陽性症状に効力を発揮しても、陰性症状には効果がない。また、錐体外路症状などの副作用併発するために、その使用は制限的である。一方、非定型抗精神病薬は、錐体外路症状などの副作用をもたらす可能性は低く、陽性症状を緩和し、定型抗精神病薬よりも陰性症状を改善し、さらに認知機能を改善すると報告されている(非特許文献3および4)。

0004

しかしながら、現実には多くの患者は、このような非定型抗精神病薬を服用していてさえも認知障害回復せず、社会復帰ができずにいる。

発明が解決しようとする課題

0005

従って、本発明は定型抗精神病薬または非定型抗精神病薬の使用によっても改善しにくい、または改善しない、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症の処置を提供する。

課題を解決するための手段

0006

ドーパミン作動性(非特許文献5)および適切なD1受容体刺激レベル(非特許文献6)は認知機能を調節する役割を果たすという仮説が、近年提唱された。また、認知機能障害および陰性症状の重症度にはD1受容体の減少が関係しているとの報告(非特許文献7)、およびペルゴリドを投与すると健常者認知能力が向上するとの報告(非特許文献8)がある。

0007

しかし、統合失調症またはその既住のある患者にドーパミンD1受容体作動薬を実際に投与し、その効能を確認した例はない。

Palmer BW, et al. Neuropsychology 1997;11:437-446
GreenMFAm J Psychiatry 1996;153:321-330
Meltzer HY, McGurk SR SchizophrBull 1999;25:233-255
Velligan DI, Miller AL Clin Psychiatry 1999;60 (Suppl 23):25-28
Sawaguchi T, Goldman-Rakic PS Science 1991;251:947-950
Williams GV, Goldman-Rakic PS Nature 1995;376:572-575
Okubo Y, Suhara T, et al. Nature 1997;385:634-636
Muller U, von Cramon DY, Pollmann S J Neurosci 1998;18:2720-2728

0008

本発明者らは、認知機能障害および/または陰性症状を主な症状とする統合失調症患者に、抗精神病薬であるクエチアピンと組み合わせてドーパミンD1受容体作動薬であるペルゴリドを投与すると良好な治療性能が得られることを見い出した。本発明は、クエチアピンの投与により陽性症状は緩和したが、3ヶ月間維持療法を行なっても陰性症状に改善の見られなかった統合失調症患者に、ペルゴリドをクエチアピンと組み合わせて投与した場合に、陽性症状の悪化または錐体外路症状などの副作用の発症を伴わず、陰性症状が軽減し、さらに認知機能障害が回復した臨床結果に基づく。

0009

従って、本発明はドーパミンD1受容体作動薬を含み、抗精神病薬と組み合わせて投与される、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症を処置するための医薬組成物を提供する。

発明の効果

0010

このように、本発明は定型抗精神病薬または非定型抗精神病薬による薬物療法では改善しにくい、または改善しない、認知機能障害および/または陰性症状を伴う統合失調症の処置を提供する。

発明を実施するための最良の形態

0011

明細書中に開示し、特許請求する本発明の目的のために、下記の用語を以下に定義する。

0012

ドーパミン受容体は、ドーパミンと特異的に結合してその作用発現に働く受容体であり、脳のドーパミンニューロン部分に分布している。ドーパミン受容体はアデニル酸シクラーゼと共役しているドーパミンD1受容体および共役していないD2受容体に区別される。

0013

ドーパミン受容体作動薬とは、ドーパミン受容体に結合し、ドーパミン系の神経の働きを高める働きをする物質を意味する。ドーパミン受容体作動薬の例としては、ペルゴリド(pergolide)、ブロモクリプチン(bromocriptine)およびレルゴトリル(lergotrile)などが挙げられる。ドーパミンD1受容体作動活性を有するドーパミン受容体作動薬(ドーパミンD1受容体作動薬)とは、ドーパミンD1受容体に結合して、ドーパミン系の神経の働きを高める働きをする物質を意味する。本発明におけるドーパミンD1受容体作動薬はドーパミンD2受容体作動活性を併せて有していてもよい。ドーパミンD1受容体作動薬は通常ドーパミン神経系の脱落および機能低下が認められるパーキンソン病治療に用いられる。該ドーパミン受容体作動薬の例としては、ペルゴリド、SKF38393、SKF75670、SKF77434などが挙げられる。

0014

抗精神病薬とは、中枢神経に作用し、とくに精神機能に影響を及ぼす薬物であり、幻覚、妄想、自我障害思考障害および精神運動興奮など、統合失調症に最も典型的に現れる精神病症状に有効な薬物を意味する。

0015

定型抗精神病薬は、ドーパミンD2受容体拮抗作用主作用とする抗精神病薬であり、主に陽性症状を有意に改善する。しかし、定型抗精神病薬は陰性症状の改善は不十分であることに加え、錐体外路症状を高頻度出現させる場合がある。定型抗精神病薬の例としては、ハロペリドールピモジドおよびスルピリドなどが挙げられる。

0016

非定型抗精神病薬は、ドーパミンD2受容体拮抗作用とセロトニンHT受容体拮抗作用をあわせ持つ抗精神病薬であって、陽性症状のみならず陰性症状にも治療効果を持ち、錐体外路症状の発現が少ないという利点を有する。非定型抗精神病薬の例としては、クエチアピン、クロザピンおよびリスペリドンなどが挙げられる。

0017

統合失調症(精神分裂病)とは、世界人口の約1%に発症し、しばしば慢性に経過する精神疾患を意味する。思春期から青年期に発症することが多く、精神的、社会的、経済的に重大な影響を与える疾患である。その症状は大きく陽性症状と陰性症状の二つに大別される。陽性症状には幻覚、妄想などの症状が挙げられ、陰性症状には情動の平板化、自発性欠如などの症状が挙げられる。また、統合失調症は、ほとんどの場合認知機能障害を伴う。

0018

認知機能とは、知覚から判断に至るすべての情報処理過程包括しており、この過程には注意機能記憶機能照合機能および統合機能などのさまざまな高次脳機能関与している。この認知機能は、就労、社会的スキル開発および社会的問題解決における機能を改善するのに何よりも重要な機能である。

0019

錐体外路症状とは、運動微調整をつかさどる神経系(錐体外路系)が障害されることによって起こる不随意運動であり、抗精神病薬の持つD2受容体遮断作用によって発現する代表的な副作用である。主な症状としては、パーキンソニズム(筋固縮振戦無動、動作緩慢など)、アカシジア静座不能)、ジストニア(頭部、頚部におこる筋緊張運動亢進、異常姿勢)などがある。

0020

製薬的有効量とは、医薬化合物の治療的に効果のある量を意味する。本発明に基づき投与される化合物の特定の投薬量は、投与される化合物、処置される状態、患者の特性および類似する考慮を含む症例を取り巻く特定の環境を、医師が評価することにより決定されよう。

0021

本発明におけるドーパミンD1受容体作動薬の製薬的有効量は、通常350μg/日から750μg/日である。

0022

また、本医薬組成物は製薬的に許容される担体を含ませて製造することができる。本医薬組成物を製造するにあたり、活性成分は通常、賦形剤を用いて混合されるか、賦形剤により希釈されるか、或いはカプセルサシェペーパーまたは他のコンテナの形態にできる担体に封入される。賦形剤を希釈剤として用いる場合、賦形剤は活性成分に対して媒体、担体または媒質として作用する固形、半固形、液体物質であってもよい。このように、本組成物錠剤丸剤粉末剤トローチ剤、サシェ剤、カシェ剤エリキシル剤懸濁剤乳剤溶液剤、シロップ剤、軟および硬ゼラチンカプセル剤坐剤滅菌注射溶液および滅菌包装粉剤剤型にできる。本医薬組成物は経口用または注射用の組成物として製造し得る。本医薬組成物は当該製薬分野に周知の様式で製造できる。

0023

本医薬組成物は、経口により投与することができる。

0024

以下に実施例を挙げて本発明をさらに詳細に説明するが、これはいかなる意味においても本発明の範囲を限定するものではない。
実施例1
薬物やアルコール濫用歴はなく、脳MRIを含め、理学検査で異常が認められなかった、25の独身男性患者は、陽性症状である被害妄想に加えて、関心欠如、意欲欠如、情動の平板化、思考貧困などの顕著な陰性症状を伴う統合失調症を発症していた(表1を参照のこと)。該患者は、精神科への通院歴および入院歴はなかった。該患者にクエチアピン投与による薬物療法を施し、徐々に増量して600mg/日にし、3ヶ月間維持療法を施した。この治療により、被害妄想は弱まり始め、最終的に消失した。ただし、陰性症状には変化がなかった。

0025

そこで、ペルゴリドを50μg/日用量で追加した。徐々に増量して2週間後に750μg/日とし、この用量で維持した。追加投与を開始して4週間後に、該患者の陰性症状は顕著に改善し、PANSSの陰性症状評価尺度(Kay SR, Fiszbein A, Opler LA:統合失調症における陽性症状尺度と陰性症状尺度: SchizophrBull 1987; 13: 261-76)が35%低下した(表1を参照のこと)。

0026

さらに認知機能の面でも、ウェクスラー記憶尺度改訂版検査(Wechsler D: 臨床場面における標準記憶検査スケール: J Psychol; 19: 87-95)の視覚再生を除き、調べたあらゆる認知面で改善が認められ、特に論理的記憶および言語の流暢さで改善が見られた。最も注目すべき変化は、社会活動における改善であった。実際、患者自身エネルギーが沸いてきたと感じ、より社交的になった。情動的な反応もするようになり、話し方にも抑揚が出てきた。

0027

クエチアピンにペルゴリドを追加した治療を3ヶ月続けた時点で、該患者の症状は完全に解消した。錐体外路症状などの副作用は認められなかった。さらに、陽性症状の悪化も認められなかった。この結果は、ペルゴリドの投与が通常、そのドーパミンD2受容体作動活性により幻覚、妄想などの陽性症状を悪化させる可能性があるとされているため、驚くべきことであった。また、予後も良好な状態が続いている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い技術

関連性が強い技術一覧

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ