図面 (/)

技術 個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラム

出願人 日本電気株式会社
発明者 熊倉正哉
出願日 2003年7月23日 (16年9ヶ月経過) 出願番号 2003-278255
公開日 2005年2月17日 (15年2ヶ月経過) 公開番号 2005-044173
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 直接現地 施設状況 個人旅行 旅行履歴 提案内容 自ユーザ端末 一括予約 提案システム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年2月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

インターネットを利用して、消費者抽象的旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出して消費者に提案し、消費者が1つの旅行プランを選択・回答することで、該当旅行プランで利用することとなる各施設一括予約を行い、旅行仲介サーバにて消費者の個人情報および旅行履歴情報を一括して保存・管理し、効果的な旅行プランの提案を可能とする。

解決手段

旅行仲介サーバは、インターネット上にホームページを開設し、ユーザ端末から旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを蓄積するデータベース検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑空き状況の情報を収集し、収集した情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成する。

概要

背景

従来より、インターネット等のネットワークを利用して、旅行先での宿泊施設などのオンライン予約を行うシステムが提供されている(例えば、特許文献1参照。)。

上述した特許文献1に記載の「インターネットを利用した宿泊施設予約方法」においては、図6に示すように、ユーザの使用する利用者端末1と、宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2と、宿泊施設端末3と、これらを相互に接続するネットワーク4と、から構成されるシステムが開示されている。

そして、利用者は利用者端末1を用いてネットワーク4経由で宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2のホームページを参照して、個人情報を入力して予約情報確定し、利用者端末1で予約確認書を印刷する。宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2はネットワーク4経由で利用者の個人情報と手配通知情報を宿泊施設端末3に送信する。宿泊施設端末3は宿泊当日利用者が持参する予約確認書と手配通知書とを照合し、利用者の識別を行い、利用者は宿泊料を直接現地支払うようにしている。これにより、利用者が自宅に居ながら、希望条件に合う宿泊施設を広範囲に選択できるようになっている。

特開2001−325503号公報(第5−8頁、図1、図2)

概要

インターネットを利用して、消費者抽象的な旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出して消費者に提案し、消費者が1つの旅行プランを選択・回答することで、該当旅行プランで利用することとなる各施設一括予約を行い、旅行仲介サーバにて消費者の個人情報および旅行履歴情報を一括して保存・管理し、効果的な旅行プランの提案を可能とする。旅行仲介サーバは、インターネット上にホームページを開設し、ユーザ端末から旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを蓄積するデータベース検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑空き状況の情報を収集し、収集した情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成する。

目的

本発明は上述した問題点を解決するために成されたものであり、従って本発明の目的は、第一に、インターネットを利用して、消費者(利用者)がユーザ端末から抽象的な旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出し、それらを消費者に提案し、第二に、消費者が提案された旅行プラン案に対して1つの旅行プランを選択・回答することで、該当旅行プランで利用することとなる各施設の一括予約を行い、第三に、旅行仲介サーバにて消費者の個人情報および旅行履歴情報を一括して保存・管理し、効果的な旅行プランの提案を可能とすると共に、消費者の旅行に対する嗜好など旅行仲介者マーケティングに必要な情報をも保存・活用する、ことを可能とする、個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラム、を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信ネットワークとしてのインターネットと、前記インターネットに接続され前記インターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWW(World Wide Web)サーバとしての旅行仲介サーバと、前記インターネットに接続され前記ホームページへのアクセス機能電子メール送受信機能からなるアクセス手段を備えたユーザ端末と、前記インターネットに接続され電子メール機能により前記旅行仲介サーバや前記ユーザ端末との通信が可能な複数の施設端末と、から構成される個人向け旅行提案システムであって、前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへの前記ユーザ端末によるアクセスを検出した場合には前記ユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベース検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設の混雑空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する個人旅行提案手段を備える、ことを特徴とする個人向け旅行提案システム。

請求項2

前記個人旅行提案手段は、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする請求項1に記載の個人向け旅行提案システム。

請求項3

前記個人旅行提案手段は、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の前記施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする請求項1或いは請求項2の何れか1項に記載の個人向け旅行提案システム。

請求項4

前記個人旅行提案手段は、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする請求項3に記載の個人向け旅行提案システム。

請求項5

通信ネットワークとしてのインターネットと、前記インターネットに接続され前記インターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバと、前記インターネットに接続され前記ホームページへのアクセス機能と電子メール送受信機能からなるアクセス手段を備えたユーザ端末と、前記インターネットに接続され電子メール機能により前記旅行仲介サーバや前記ユーザ端末との通信が可能な複数の施設端末と、から構成されるシステムにおいて、前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへの前記ユーザ端末によるアクセスを検出した場合には前記ユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する、ことを特徴とする個人向け旅行提案方法

請求項6

前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする請求項5に記載の個人向け旅行提案方法。

請求項7

前記旅行仲介サーバは、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の前記施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする請求項5或いは請求項6の何れか1項に記載の個人向け旅行提案方法。

請求項8

前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする請求項7に記載の個人向け旅行提案方法。

請求項9

通信ネットワークとしてのインターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバであって、前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへのアクセスを検出した場合には、アクセスを行ったユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する、ことを特徴とする旅行仲介サーバ。

請求項10

前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする請求項9に記載の旅行仲介サーバ。

請求項11

前記旅行仲介サーバは、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする請求項9或いは請求項10の何れか1項に記載の旅行仲介サーバ。

請求項12

前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする請求項11に記載の旅行仲介サーバ。

請求項13

通信ネットワークとしてのインターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバのコンピュータに、前記インターネット上にホームページを開設する処理と、前記ホームページへのアクセスを検出した場合には、アクセスを行ったユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信する処理と、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信する処理と、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集する処理と、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成する処理と、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する処理と、を実行させることを特徴とするプログラム

請求項14

前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集する処理と、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う処理と、実行させることを特徴とする請求項13に記載のプログラム。

請求項15

前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う処理を、実行させることを特徴とする請求項13或いは請求項14の何れか1項に記載のプログラム。

請求項16

前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開する処理と、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する処理と、を実行させることを特徴とする請求項15に記載のプログラム。

技術分野

0001

本発明は、個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラムに関し、特に、インターネットを利用して、消費者ユーザ端末から抽象的な旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出し、それらを消費者に提案することを可能とする、個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラムに関する。

背景技術

0002

従来より、インターネット等のネットワークを利用して、旅行先での宿泊施設などのオンライン予約を行うシステムが提供されている(例えば、特許文献1参照。)。

0003

上述した特許文献1に記載の「インターネットを利用した宿泊施設予約方法」においては、図6に示すように、ユーザの使用する利用者端末1と、宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2と、宿泊施設端末3と、これらを相互に接続するネットワーク4と、から構成されるシステムが開示されている。

0004

そして、利用者は利用者端末1を用いてネットワーク4経由で宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2のホームページを参照して、個人情報を入力して予約情報確定し、利用者端末1で予約確認書を印刷する。宿泊情報提供、予約代行機関サーバ2はネットワーク4経由で利用者の個人情報と手配通知情報を宿泊施設端末3に送信する。宿泊施設端末3は宿泊当日利用者が持参する予約確認書と手配通知書とを照合し、利用者の識別を行い、利用者は宿泊料を直接現地支払うようにしている。これにより、利用者が自宅に居ながら、希望条件に合う宿泊施設を広範囲に選択できるようになっている。

0005

特開2001−325503号公報(第5−8頁、図1図2

発明が解決しようとする課題

0006

上述した従来の宿泊施設のオンライン予約方法においては、旅行先での利用施設が複数にわたる場合、各利用施設を利用者が選択・指定して、各々での個別予約が必要となってしまう、という欠点を有している。すなわち、利用者の抽象的な要求に対して個人旅行の提案をトータルに実施するものではなく、利用者が主体となって利用したい施設を指定する予約方法となっている。

0007

本発明は上述した問題点を解決するために成されたものであり、従って本発明の目的は、第一に、インターネットを利用して、消費者(利用者)がユーザ端末から抽象的な旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出し、それらを消費者に提案し、第二に、消費者が提案された旅行プラン案に対して1つの旅行プランを選択・回答することで、該当旅行プランで利用することとなる各施設の一括予約を行い、第三に、旅行仲介サーバにて消費者の個人情報および旅行履歴情報を一括して保存・管理し、効果的な旅行プランの提案を可能とすると共に、消費者の旅行に対する嗜好など旅行仲介者マーケティングに必要な情報をも保存・活用する、ことを可能とする、個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラム、を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明の個人向け旅行提案システムは、通信ネットワークとしてのインターネットと、前記インターネットに接続され前記インターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWW(World Wide Web)サーバとしての旅行仲介サーバと、前記インターネットに接続され前記ホームページへのアクセス機能電子メール送受信機能からなるアクセス手段を備えたユーザ端末と、前記インターネットに接続され電子メール機能により前記旅行仲介サーバや前記ユーザ端末との通信が可能な複数の施設端末と、から構成される個人向け旅行提案システムであって、
前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへの前記ユーザ端末によるアクセスを検出した場合には前記ユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベース検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設の混雑空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する個人旅行提案手段を備える、ことを特徴とする。

0009

また、前記個人旅行提案手段は、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする。

0010

さらに、前記個人旅行提案手段は、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の前記施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする。

0011

また、前記個人旅行提案手段は、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする。

0012

本発明の個人向け旅行提案方法は、通信ネットワークとしてのインターネットと、前記インターネットに接続され前記インターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバと、前記インターネットに接続され前記ホームページへのアクセス機能と電子メール送受信機能からなるアクセス手段を備えたユーザ端末と、前記インターネットに接続され電子メール機能により前記旅行仲介サーバや前記ユーザ端末との通信が可能な複数の施設端末と、から構成されるシステムにおいて、
前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへの前記ユーザ端末によるアクセスを検出した場合には前記ユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する、ことを特徴とする。

0013

また、前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の前記施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする。

0014

さらに、前記旅行仲介サーバは、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の前記施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする。

0015

また、前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする。

0016

本発明の旅行仲介サーバは、通信ネットワークとしてのインターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバであって、
前記旅行仲介サーバは、前記インターネット上にホームページを開設し、前記ホームページへのアクセスを検出した場合には、アクセスを行ったユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信し、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信し、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集し、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成し、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する、ことを特徴とする。

0017

また、前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集し、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う、ことを特徴とする。

0018

さらに、前記旅行仲介サーバは、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う、ことを特徴とする。

0019

また、前記旅行仲介サーバは、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開し、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する、ことを特徴とする。

0020

本発明のプログラムは、通信ネットワークとしてのインターネット上にホームページを開設して個人向け旅行を提案するWWWサーバとしての旅行仲介サーバのコンピュータに、
前記インターネット上にホームページを開設する処理と、前記ホームページへのアクセスを検出した場合には、アクセスを行ったユーザ端末に対して旅行の希望条件を入力・設定する画面を送信する処理と、前記ユーザ端末から前記ホームページを介して旅行の希望条件を受信する処理と、該希望条件にマッチする複数の旅行プランを過去の旅行プランデータを複数蓄積・保持するデータベースを検索して生成するにあたり、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設の混雑・空き状況の情報を収集する処理と、収集した混雑・空き状況の情報を加味して前記旅行プランの調整を行って新たな複数の旅行プランを生成する処理と、生成した新たな複数の旅行プランを、前記ホームページを介して前記ユーザ端末に送信する処理と、を実行させることを特徴とする。

0021

また、前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記ユーザ端末からの希望条件にマッチする複数の旅行プランを生成するにあたり、さらに、前記旅行プランで利用することとなる施設の施設端末から該当施設で提供可能な特典情報を収集する処理と、収集した特典情報を加味して前記旅行プランの調整を行う処理と、実行させることを特徴とする。

0022

さらに、前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記新たな複数の旅行プランを前記ユーザ端末に送信した後、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、前記決定した1つの旅行プランで利用することとなる複数の施設の施設端末に該当施設の予約手配を送信することにより、該当施設の一括予約を行う処理を、実行させることを特徴とする。

0023

また、前記旅行仲介サーバのコンピュータに、前記ユーザ端末から1つの旅行プランに決定した旨の通知を受信した場合には、さらに、前記決定した1つの旅行プランを前記データベースに追加して登録・蓄積すると共に、前記決定した旅行プランを前記ホームページ上に公開する処理と、前記決定した旅行プランに対する前記ユーザ端末からのコメント情報を受信した場合には、該コメント情報を前記データベースに追加して登録・蓄積する処理と、を実行させることを特徴とする。

発明の効果

0024

本発明の個人向け旅行提案システムとその方法及びそれに用いる旅行仲介サーバとそのプログラムは、旅行仲介サーバの開設するホームページ上で旅行の希望条件を消費者が入力することにより、旅行仲介サーバがプラニング中の旅行プランで利用することとなる施設の混雑・空き情報や特典情報を収集し、これらを加味した旅行プランを立案し、また、過去の旅行プランの履歴をデータベースに蓄積保存しているため、第一に、インターネットを利用して、消費者がユーザ端末から抽象的な旅行希望条件を入力することにより、旅行プランの案を複数算出し、それらを消費者に提案することが可能となる、という効果を有している。

0025

第二に、消費者が提案された旅行プラン案に対して1つの旅行プランを選択・回答することで、該当旅行プランで利用することとなる各施設の一括予約を行うことが可能となる、という効果を有している。

0026

第三に、旅行仲介サーバにて消費者の個人情報および旅行履歴情報を一括して保存・管理し、効果的な旅行プランの提案を可能とすると共に、消費者の旅行に対する嗜好など旅行仲介者のマーケティングに必要な情報をも保存・活用する、ことが可能となる、という効果を有している。

発明を実施するための最良の形態

0027

次に、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。

0028

図1は、本発明の個人向け旅行提案システムの一実施形態を示すブロック図である。

0029

図1に示す本実施の形態は、通信ネットワークとしてのインターネット100と、個人向け旅行を提案し、旅行の仲介を行う旅行仲介者が運営し、インターネット100上にホームページを開設する旅行仲介サーバ20と、消費者が使用し、インターネット100上のホームページへのアクセス手段を備えたユーザ端末10と、宿泊施設やレジャー施設或いは運輸会社等の施設に設置され、電子メール送受信機能によりインターネット100を介して旅行仲介サーバ20やユーザ端末10との通信が可能な複数の施設端末30(30−1、30−2、30−n)と、から構成されている。

0030

旅行仲介サーバ20は、ワークステーション・サーバ等の情報処理装置によって構成され、WWWサーバ(World Wide Web Server )としての機能を有し、インターネット100上にホームページを開設する。

0031

ユーザ端末10は、パーソナルコンピュータ等の情報処理装置によって構成され、WWWブラウザ(World Wide Web Browser)や電子メール送受信機能などのアクセス手段を備え、インターネット100上のホームページへのアクセスが可能である。

0032

そして、ユーザ端末10は、旅行仲介サーバ20がインターネット100上に提供しているサイトのホームページにアクセスし、旅行関連情報を画面に表示し、画面から旅行の希望条件を入力する機能を備えている。旅行関連情報としては、例えば、旅行の希望日程、参加人数予算、移動手段等を入力、選択をするための画面情報や、旅行の希望条件を入力した結果として送信される個人旅行の提案内容(旅行プラン)を含むものである。

0033

ユーザ端末10は、さらに、消費者が提案を受けた旅行プランの中から希望する旅行プランを選択した結果を旅行仲介サーバ20に通知する機能をも有している。なお、消費者は事前に旅行仲介サーバ20に、電子メールアドレスや氏名、住所等の個人情報を登録しておく必要がある。

0034

施設端末30は、ホテル旅館等の宿泊施設、テーマパーク遊園地等のレジャー施設、或いは、鉄道会社バスタクシー会社等の運輸会社、等の法人に設置される端末であり、パーソナルコンピュータ等の情報処理装置によって構成され、電子メール送受信機能などのアクセス手段を備え、インターネット100を介して旅行仲介サーバ20やユーザ端末10との通信が可能である。

0035

そして、施設端末30は、旅行仲介サーバ20から当該施設の混雑・空き状況の問い合わせを受信し、該問い合わせに回答する機能を備えている。また、旅行仲介サーバ20からの予約依頼を受信し、予約後の確認の連絡を電子メールにてユーザ端末10に通知する。

0036

次に、図2を参照して、図1に示した旅行仲介サーバ20について説明する。

0037

図2は、旅行仲介サーバの一例を示す詳細ブロック図である。

0038

図2において、旅行仲介サーバ20は、旅行プラン提供手段21と、旅行プラニング手段22と、施設状況問合せ・予約手段23と、旅行プランデータベース27と、個人情報データベース28と、から構成されている。

0039

旅行プラン提供手段21は、インターネット100上に旅行関連情報を提供するホームページを開設し、ユーザ端末10から当該ホームページへのアクセスがあった場合に、旅行関連情報をユーザ端末10に提供すると共に、旅行関連情報の生成のため、ユーザ端末10から受信する情報などを旅行プラニング手段22との間で送受信する。

0040

旅行関連情報としては、ユーザ端末10から旅行の希望条件を入力・選択するための希望条件入力・選択画面や、ユーザ端末10からの旅行の希望条件に応じて旅行プラニング手段22がプラニング(立案)した複数の旅行プラン、或いは、旅行プランデータベース27に蓄積・保存されている過去の旅行プランのデータ、などである。

0041

旅行プラン提供手段21は、ユーザ端末10から自己の開設するホームページへのアクセスがあった場合には、希望条件入力・選択画面をユーザ端末10に送信し、当該希望条件入力・選択画面に入力された旅行の希望条件を旅行プラニング手段22に送出し、旅行プランのプラニングを行わせる。また、プラニングの終了した複数の旅行プランを旅行プラニング手段22から受信し、ホームページをインタフェースとしてユーザ端末10に提供し提案する。提案した複数の旅行プランの中から、1つの旅行プランがユーザ端末10によって選択された場合には、当該旅行プランを旅行プラニング手段22に送出し、当該旅行プランの中で利用することとなる施設の予約を行わせる。

0042

さらに、旅行プラン提供手段21は、ユーザ端末10により選択された旅行プランの履歴を旅行プランデータベース27に蓄積・保存すると共に、選択された旅行プランから判断される消費者(ユーザ端末10の使用者)の嗜好をも、旅行プランデータベース27に蓄積・保存する。旅行プラン提供手段21は、旅行プランデータベース27に蓄積・保存された旅行プランのデータを、インターネット100上のホームページ上に提供する処理も行う。

0043

旅行プラニング手段22は、旅行プラン提供手段21から送出される旅行の希望条件から、該希望条件にマッチする旅行プランを旅行プランデータベース27から検索し、複数の旅行プランをプラニングして旅行プラン提供手段21に送出する。旅行プラン提供手段21は、上述したように該旅行プランをホームページをインタフェースとしてユーザ端末10に提供し提案する。

0044

旅行プラニング手段22が旅行プランのプラニング中において、該当旅行プランで利用することとなる施設(宿泊施設、レジャー施設、運輸会社等)が有る場合には、該当施設の混雑・空き状況を施設状況問合せ・予約手段23を介して問合せ、回答を得る。そして、問合せの回答を元に、例えば、満室のホテルは旅行プランの行程から除外して代替のホテルを行程に組み込む等の調整を行い、最終的な旅行プランを複数決定するようになっている。そして、プラニングの終了した複数の旅行プランを旅行プラン提供手段21へ送出する。

0045

また、旅行プラン提供手段21からユーザ端末10によって選択された旅行プランを送出された場合には、選択された旅行プランで利用することとなる各施設の予約依頼を、施設状況問合せ・予約手段23に送出し、施設状況問合せ・予約手段23を介して各施設の予約を一括して行う。施設の予約にあたっては、該施設の予約を行う消費者の個人情報を個人情報データベース28から取得し、この個人情報を予約依頼に付加しておく。

0046

施設状況問合せ・予約手段23は、旅行プラニング手段22からの依頼により、各施設の混雑・空き状況の問合せを、各施設端末30に送信し、各施設端末30から回答を得て旅行プラニング手段22に回答を渡す。また、旅行プラニング手段22から施設の予約を依頼された場合には、該当施設の施設端末30に予約手配を送信し、該当施設の予約を行う。

0047

旅行プランデータベース27は、過去に消費者が選択・決定した旅行プランを複数蓄積・保存するデータベースである。旅行プランデータベース27には、消費者の嗜好も合わせ蓄積されている。

0048

個人情報データベース28は、消費者の個人情報(電子メールアドレスや氏名、住所等)を複数蓄積・保存するデータベースである。個人情報データベース28への個人情報の蓄積は、図示しない別途備えられる個人情報入力手段によって成されるものとする。

0049

次に、図3図4を参照して、図1図2に示した実施形態の動作について詳細に説明する。

0050

図3は、図1図2に示した実施形態の動作を説明するフローチャートである。

0051

本実施形態において、消費者の個人情報(電子メールアドレスや氏名、住所等)は、予め、旅行仲介サーバ20の個人情報データベース28に登録されて蓄積されているものとする。

0052

図3を参照すると、消費者は、自分のユーザ端末10を介して、旅行仲介サーバ20がインターネット100上に開設しているホームページにアクセスする(ステップA1)。これに応答して、旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21は、旅行の希望条件入力・選択画面をユーザ端末10に送信する(ステップA2)。

0053

ユーザ端末10には、まず、図4に示すような旅行の希望条件を入力・選択することが可能な画面が表示される(ステップA3)。消費者は、ユーザ端末10の画面に表示された各種希望条件を見て、希望する条件を入力・選択して決定する。

0054

図4に示した希望条件入力・選択画面の一例で具体的に説明する。消費者は、希望条件入力・選択画面で、文字キーボードにて入力する(例えば、401の日程、402の人数、404の予算の欄、など)。または、マウスクリックすることにより「レ」印が付けられる(例えば、403の構成、405の交通、406の地域、407のその他の欄、など)。

0055

ユーザ端末10でこのように入力或いは選択された旅行の希望条件は、図4の408の「送信」ボタンをマウスでクリックする指示によって、旅行仲介サーバ20にインターネット100を介して送信される(ステップA4)。

0056

旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21は、消費者のユーザ端末10からの希望条件を受信すると(ステップA5)、該希望条件を旅行プラニング手段22に送出し、旅行プラニング手段22は該希望条件を元に、過去の旅行プランのデータを格納してある旅行プランデータベース27から、前記希望条件にマッチする旅行プランを検索して個人向け旅行のプラニングを開始する(ステップA6)。

0057

そして、旅行プラニング手段22は、プラニング中の旅行プランの行程で利用することとなる施設の混雑・空き状況を、施設状況問合せ・予約手段23を介して、各施設の施設端末30に問い合わせる(ステップA7)。

0058

旅行仲介サーバ20から施設の混雑・空き状況の問い合せ情報を受信すると(ステップA8)、各施設の施設端末30は、自施設の混雑・空き状況の情報を作成して旅行仲介サーバ20に送信し回答する(ステップA9)。

0059

旅行仲介サーバ20の施設状況問合せ・予約手段23は、各施設端末30から混雑・空き状況の回答を受信すると(ステップA10)、受信した混雑・空き状況の回答を旅行プラニング手段22に送出し、旅行プラニング手段22は混雑・空き状況の回答をもとに、例えば、満室のホテルは行程から除外して代替のホテルを行程に組み込む等の調整を行い、最終的な旅行プランを複数決定し(ステップA11)、旅行プラン提供手段21を介してユーザ端末10へ複数の旅行プランを送信して提示し提案する(ステップA12)。

0060

ユーザ端末10で旅行仲介サーバ20からの旅行プランの提案を受信すると(ステップA13)、消費者は複数の旅行プランの内容を検討して希望の旅行プラン(商品)があればそれを選択し、ユーザ端末10を使用して選択した旅行プランを送信してその旨を通知する(ステップA14)。

0061

旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21は、ユーザ端末10から選択された旅行プランの指定を受けると(ステップA15)、選択された旅行プランを旅行プラニング手段22に送出し、旅行プラニング手段22は該旅行プランで利用することとなる各施設の予約を一括して行うため、施設状況問合せ・予約手段23に対して各施設の予約依頼を送出し、施設状況問合せ・予約手段23は該当施設の施設端末30に対して、予約手配を送信することにより施設利用予約の連絡を行う(ステップA16)。この時、旅行仲介サーバ20は、選択された旅行プランを、過去の旅行プランのデータを格納してある旅行プランデータベース27に追加して保存し蓄積しておく。

0062

予約手配を受信した各施設端末30は、自施設の予約を行い、予約が完了すると最終確認として各施設端末30から、予約手配に付加されている消費者の電子メールアドレスを有するユーザ端末10宛てに電子メールを送信して、予約が完了したことを通知する(ステップA17)。消費者は自ユーザ端末10に通知された電子メールにより、指定した旅行プランで利用する施設の予約が完了したことを認識可能となる。

0063

以上説明したように、本実施形態によれば、消費者がユーザ端末から旅行の抽象的な希望条件を入力することにより、旅行仲介サーバが、複数の具体的な旅行プランを算出しそれらを消費者に提案することが可能となる。

0064

また、消費者は提案された複数の旅行プランの中から希望の旅行プランを選択し、回答することにより、該旅行プランで利用することとなる各施設の一括予約が可能となる。

0065

さらに、旅行仲介サーバは消費者の個人情報を管理しており、消費者の旅行履歴情報を一括管理することが可能となるため、旅行プランの選択結果から判断される消費者の嗜好など、旅行仲介者のマーケティングに必要な情報を保存し活用することが可能となり、これらの情報をデータベースに蓄積しておくことにより、一層効果的な旅行プランを提案することが可能となる。

0066

次に、図5を参照して、本発明の個人向け旅行提案システムの第2の実施形態について説明する。

0067

本発明の第2の実施形態は、全体構成については図1図2に示した第1の実施形態と同一であるが、旅行仲介サーバ20の有する各手段に機能追加を行った点で、第1の実施形態と異なるものである。

0068

すなわち、図1図2において、旅行プラニング手段22には、消費者からの旅行の希望条件を旅行プラン提供手段21から受けて該希望条件にマッチする旅行プランのプラニング中において、プラニング中の旅行プランで利用することとなる各施設の施設端末30に対し、消費者の希望条件と個人情報を送信し、各施設端末30から該当施設の特典情報(例えば、値引きなど)の回答を受信し、該特典情報をプラニング中の旅行プランに盛り込んで旅行プランを完成させる機能、が追加されている。ここで、各施設端末30は、旅行仲介サーバ20からの消費者の希望条件と個人情報を受信すると、消費者の希望条件に対して価格等のアピールすべき点があれば特典情報として旅行仲介サーバ20に送出する機能を備えている。

0069

また、旅行プラン提供手段21には、消費者が選択して決定した旅行プランによる旅行の終了後に、該旅行プランをホームページ上に掲載し、消費者が該旅行プランでの旅行履歴を参照可能とする機能、及び、該旅行プランに対する感想等のコメントを消費者が入力した場合には、これを旅行プランデータベース27へ追加登録する機能、が追加されている。ここで、ユーザ端末10は、旅行仲介サーバ20が提供しているサイトのホームページにアクセスし、消費者の旅行履歴を画面に表示する機能を備えている。旅行履歴としては、例えば、旅行の日程、参加人数、予算・決算、移動手段などである。また、旅行後に、消費者が旅行のコメント等を旅行仲介サーバ20に通知し、登録する機能を有している。

0070

次に、第2の実施形態の動作について、図5の第2の実施形態の動作を説明するフローチャートを参照して説明する。

0071

図5を参照すると、ユーザ端末10が旅行仲介サーバ20へアクセスしてから、消費者が旅行の希望条件を入力・選択、送出するまでの動作(ステップB1からB4)は、第1の実施形態(図3のステップA1からA4)と同様であるため、説明を省略する。

0072

旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21は、消費者のユーザ端末10からの希望条件を受信すると、該希望条件を旅行プラニング手段22に送出し、旅行プラニング手段22は、該希望条件及び個人情報データベース28から取得した該消費者の個人情報とを、今後のプラニングの過程で利用することとなる各施設の施設端末30に対して、施設状況問合せ・予約手段23を介して送信する(ステップB5)。各施設の施設端末30は、消費者の希望条件と個人情報を受信し、消費者の希望条件に対して価格などのアピールすべき点があれば特典情報として旅行仲介サーバ20に送出する(ステップB6)。

0073

旅行仲介サーバ20の施設状況問合せ・予約手段23は、各施設端末30から特典情報を受信すると(ステップB7)、受信した特典情報を旅行プラニング手段22に送出し、旅行プラニング手段22は、該特典情報を以降のプラニングの検討条件に含めてプラニングを行うようになる(ステップB8以降)。

0074

旅行仲介サーバ20の旅行プラニング手段22が、旅行プランのプラニングを開始してから、施設端末30が予約手配を受信し、予約が完了したことの確認をユーザ端末10に対して通知するまでの動作(ステップB8からB19)は、第1の実施形態(図3のステップA6からA17)と同様であるため、説明を省略する。

0075

消費者は、旅行後にユーザ端末10を使用して旅行仲介サーバ20のホームページにアクセスし(ステップB20)、旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21がサイト上のホームページ上で開示している自己の旅行履歴を参照する(ステップB21)。消費者が、必要に応じて旅行のコメントを入力し、登録すれば(ステップB22)、旅行仲介サーバ20の旅行プラン提供手段21は、該コメントを旅行プランデータベース27へ追加して登録する。

0076

以上説明したように、本発明の第2の実施形態においては、旅行仲介サーバが各施設の特典情報を収集し、特典情報も加味した旅行プランのプラニングを行うようにしており、また、消費者の旅行履歴に対するコメント等の情報も収集してデータベースに蓄積するようにしているため、旅行仲介サーバによって一層効果的な旅行プランを提案することが可能となる。

図面の簡単な説明

0077

本発明の個人向け旅行提案システムの一実施形態を示すブロック図である。
旅行仲介サーバの一例を示す詳細ブロック図である。
図1図2に示した実施形態の動作を説明するフローチャートである。
希望条件入力・選択画面の一例である。
第2の実施形態の動作を説明するフローチャートである。
従来の旅行先での宿泊施設などのオンライン予約を行うシステムを示すブロック図である。

符号の説明

0078

1利用者端末
2宿泊情報提供、予約代行機関サーバ
3宿泊施設端末
4ネットワーク
10ユーザ端末
20旅行仲介サーバ
21旅行プラン提供手段
22旅行プラニング手段
23施設状況問合せ・予約手段
27 旅行プランデータベース
28個人情報データベース
30施設端末
100 インターネット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ