図面 (/)

技術 語学用学習教材

出願人 株式会社増進会ホールディングス
発明者 飯田正司藤原敏晃
出願日 2003年7月4日 (17年7ヶ月経過) 出願番号 2003-271004
公開日 2005年1月27日 (16年0ヶ月経過) 公開番号 2005-025141
状態 拒絶査定
技術分野 電気的に作動する教習具 本・特殊印刷物
主要キーワード 学習参考書 反対語 音声記録媒体 空白スペース 定着度 携帯型メモリ 録音場所 外国語辞書
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年1月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

この発明は、学習の対象となる新出語を同じ形あるいはその応用形(派生語)で繰り返し提示して、新出語の記憶定着率を高める語学用学習教材に関する。

解決手段

情報伝達媒体上に、1または複数の単語からなる見出し語と、該見出し語に他の単語を組み合わせた語句連結または成句と、前記見出し語を文中に用いた例文を1つのグループとし、前記情報伝達媒体上に複数のグループを順番に並べて表示すると共に、前記見出し語は、その見出し語より前または後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられて連鎖状に使用されている。そして、前記情報伝達媒体上に表示された見出し語、語句連結または成句および文章音声記録媒体と関連づけられており、音声聴取しうるようになっていることを特徴とする。

概要

背景

従来の語学用学習教材では、たとえば、使用頻度順に学習させるもの、単語を、語と語が結びついた連語の形で学習させるもの、単語を長い文章の中で使用して学習させるもの、あるいは一つの例文に複数の単語を盛り込み学習の効率化を図ったもの等がある。

ところが、これらのいずれの学習法も、学習した新出語復習させ、知識の定着度を高めるという点への配慮が行き届いておらず、同じ語は一度しか出てこないものが大半である。
また、同じ語が複数回出てきても、意図的に関連性を持たせていないため、知識の定着度の点では有効とはいえなかった。

そこで、「しりとり」を語学の学習に応用した学習法も知られている。
この方法はリズミカルであり単語や連語を覚えやすいが、単語や連語は必ず「しりとり」の規則に従って並べる必要があり、学習する語彙が多くなればなるほど、重要度の低い語彙を組み合わせて無理に連語や文章をつくらざるを得なくなる。
また、他の方法としては、外国語の複数の単語を、情報伝達媒体上に順次並べた形式で作成されており、一つ以上の文字によって互いに区別され、一つの単語の三分の一以上の文字から構成される、単語の末尾から頭に向かう方向に同一の反復文字列を含む単語が、別々のグループにまとめられており、対応する訳語発音記号が外国語の各単語に隣接して、情報伝達媒体上に配置されているアルファベット外国語辞書であって、前記各単語グループは、他の単語グループと順次並んで配置されており、該他の単語グループの単語の末尾から頭に向かう方向の同一の反復文字列は、前記各単語グループの単語の末尾から頭に向う方向の同一の反復文字列と一致する文字数が最大になっており、順次並んで配置された単語グループを互いに区切るマーク、または空白スペースが、単語グループ間に配置されている外国語辞書の構成が知られている(特許文献1)。
しかし、この構成では、単語の一部の文字列が共通したものをグループ化しているだけであるので、グループ内の単語を比較できるので辞書としてはよいが、語句や文章としての学習効果を期待することはできない。
特許第2928233号 アルファベットの外国語辞書 図1参照

概要

この発明は、学習の対象となる新出語を同じ形あるいはその応用形(派生語)で繰り返し提示して、新出語の記憶定着率を高める語学用学習教材に関する。情報伝達媒体上に、1または複数の単語からなる見出し語と、該見出し語に他の単語を組み合わせた語句連結または成句と、前記見出し語を文中に用いた例文を1つのグループとし、前記情報伝達媒体上に複数のグループを順番に並べて表示すると共に、前記見出し語は、その見出し語より前または後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられて連鎖状に使用されている。そして、前記情報伝達媒体上に表示された見出し語、語句連結または成句および文章は音声記録媒体と関連づけられており、音声聴取しうるようになっていることを特徴とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

情報伝達媒体上に、1または複数の単語からなる見出し語と、該見出し語に他の単語を組み合わせた語句連結または成句と、前記見出し語を文中に用いた例文を1つのグループとし、前記情報伝達媒体上に複数のグループを順番に並べて表示すると共に、前記見出し語または該見出し語を用いた語句連結または成句は、その見出し語より前または後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられていることを特徴とする語学用学習教材

請求項2

情報伝達媒体上に表示された見出し語、語句連結または成句および文章音声記録媒体と関連づけられており、音声聴取しうるようになっていることを特徴とする請求項1に記載の語学用学習教材。

請求項3

情報伝達媒体が英語の学習書であって、音声記録媒体が前記学習書に添付されたCDなどの携帯型メモリからなっていることを特徴とする請求項2に記載の語学用学習教材。

請求項4

見出し語は、該見出し語と同じ形や意味用法、または変化した形や異なる意味用法で、該見出し語の直前または直後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられていることを特徴とする請求項1から3に記載のいずれかの語学用学習教材。

請求項5

見開きページ中に表示された見出し語が、該見出し語と同じ品詞や意味、または異なる品詞や意味用法で同じページまたは前記ページに前後する次のページ中にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられていることを特徴とする請求項3または4に記載の語学用学習教材。

技術分野

0001

この発明は、語学の学習に際して単語・熟語その他の語彙学習を行う語学用学習教材に関するものである。

背景技術

0002

従来の語学用学習教材では、たとえば、使用頻度順に学習させるもの、単語を、語と語が結びついた連語の形で学習させるもの、単語を長い文章の中で使用して学習させるもの、あるいは一つの例文に複数の単語を盛り込み学習の効率化を図ったもの等がある。

0003

ところが、これらのいずれの学習法も、学習した新出語復習させ、知識の定着度を高めるという点への配慮が行き届いておらず、同じ語は一度しか出てこないものが大半である。
また、同じ語が複数回出てきても、意図的に関連性を持たせていないため、知識の定着度の点では有効とはいえなかった。

0004

そこで、「しりとり」を語学の学習に応用した学習法も知られている。
この方法はリズミカルであり単語や連語を覚えやすいが、単語や連語は必ず「しりとり」の規則に従って並べる必要があり、学習する語彙が多くなればなるほど、重要度の低い語彙を組み合わせて無理に連語や文章をつくらざるを得なくなる。
また、他の方法としては、外国語の複数の単語を、情報伝達媒体上に順次並べた形式で作成されており、一つ以上の文字によって互いに区別され、一つの単語の三分の一以上の文字から構成される、単語の末尾から頭に向かう方向に同一の反復文字列を含む単語が、別々のグループにまとめられており、対応する訳語発音記号が外国語の各単語に隣接して、情報伝達媒体上に配置されているアルファベット外国語辞書であって、前記各単語グループは、他の単語グループと順次並んで配置されており、該他の単語グループの単語の末尾から頭に向かう方向の同一の反復文字列は、前記各単語グループの単語の末尾から頭に向う方向の同一の反復文字列と一致する文字数が最大になっており、順次並んで配置された単語グループを互いに区切るマーク、または空白スペースが、単語グループ間に配置されている外国語辞書の構成が知られている(特許文献1)。
しかし、この構成では、単語の一部の文字列が共通したものをグループ化しているだけであるので、グループ内の単語を比較できるので辞書としてはよいが、語句や文章としての学習効果を期待することはできない。
特許第2928233号 アルファベットの外国語辞書図1参照

発明が解決しようとする課題

0005

この発明では、学習の対象となる新出語を同じ形あるいはその応用形(派生語)で提示することにより、繰り返し目にしにすることができるので、新出語の記憶定着率が高くなるという効果を期待できる。

課題を解決するための手段

0006

請求項1の発明では、
情報伝達媒体上に、1または複数の単語からなる見出し語と、該見出し語に他の単語を組み合わせた語句連結または成句と、前記見出し語を文中に用いた例文を1つのグループとし、
前記情報伝達媒体上に複数のグループを順番に並べて表示すると共に、
前記見出し語または該見出し語を用いた語句連結または成句は、その見出し語より前または後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられている、という技術的手段を講じている。
請求項2の発明では、
前記情報伝達媒体上に表示された見出し語、語句連結または成句および文章は音声記録媒体と関連づけられており、音声聴取しうるようになっている、という技術的手段を講じている。
請求項3の発明では、
前記情報伝達媒体が英語の学習書であって、音声記録媒体が前記学習書に添付されたCDなどの携帯型メモリからなっている、という技術的手段を講じている。
請求項4の発明では、
前記見出し語は、該見出し語と同じ形や意味用法、または変化した形や異なる意味用法で、該見出し語の直前または直後にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられている、という技術的手段を講じている。
請求項5の発明では、
見開きページ中に表示された見出し語が、該見出し語と同じ品詞や意味、または異なる品詞や意味用法で同じページまたは前記ページに前後する次のページ中にあらわれる他の見出し語の例文の中に用いられている、という技術的手段を講じている。

発明の効果

0007

この発明の語学用学習教材は、1または複数の単語からなる見出し語(Word)を中心とし、この見出し語を用いた語句連結・成句(Phrase)と例文(Sentence)を1つのグループとして学習するので、単語や連語だけの学習に止まらず、実際の使用に即した語学の学習を行うことができる。
そして、見出し語は、その前後にあらわれる見出し語例文の中で使用されているので、見出し語を中心とした連鎖が例文を介して行われ、重要語を繰り返し記憶することができる。
また、これらの見出し語や語句連結・成句、例文は音声記憶媒体を用いて聴取することができるので、使用者はこれをもとに音読リピートするなどして目・耳・口3つの身体器官を総動員した学習を行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0008

学習の対象となる見出し語を、同じ形あるいはその応用形(派生語)として、他の見出し語の例文中に繰り返し使用して、新出語の記憶定着率を高めるようにした。
以下に、情報伝達媒体として学習参考書紙媒体)に適用した実施例について図面を参照しながら説明する。

0009

図1は、学習参考書の見開きページを示す説明図である。
図2は、図1の拡大図であって、(a)は見開きの左ページ1A、(b)は同見開きの右ページ1Bを示す。
このページには、各5つのブロックが形成されており、各ブロックには見出し語3を中心として、語句連結・成語4と例文5とが1つのグループとして記載されている。
なお、各ブロックを区別する説明の便宜上、符号を21から30として説明する。

0010

ここで、見出し語3は、原則として1つの単語であり、場合により2〜3の単語の組合せを含めてもよい。
また、語句連結・成句は、見出し語に他の1から複数の単語を組み合わせた連語、熟語、慣用句や成句などとする。
例文は、原則として1つの文章(原則として単文だが、重文や複文でもよい)からなっている。

0011

1つのブロックで用いられた見出し語3、または語句連結・成語4は、本実施例では、その直前のブロックの語句連結・成語4、または例文5中に出現しており、見出し語を中心とした連鎖が行われている(図1参照)。
見出し語を中心とした連鎖は、直後のブロックにあらわれてもよく、また、隣接したブロックでなくても、同じページや他のページにあらわれるものであってもよい。

0012

図2(a)に「1」として示された第1のブロック21には、「Word」の欄に見出し語3である「dad」が表示されており、品詞「名(名詞)」と意味「さん」が記載されている。
そして、見出し語3の下には発音記号が記載され、見出し語3と同じ行には関連語(図示例では反対語)としての「mom」と、品詞「名(名詞)」、訳「母さん」が記載されている。
また、「Phrase」の欄には語句連結・成語4として「dad and mom」とその訳が記載されており、「Sentence」の欄に例文5として「My dad and mom are fond of sports.」とその訳が記載されている。

0013

同様に、第2のブロック22には、「Word」を示す「W」の欄に見出し語3である「fond」が表示されており、品詞「形(形容詞)」と意味「好きな」が記載されている。
また、「Phrase」を示す「P」の欄に語句連結・成語4として「be fond of〜」とその訳が記載されており、「Sentence」を示す「S」の欄に例文5として「My grandfather and grandmotherare fond of watching TV.」とその訳が記載されている。

0014

そして、前記第1のブロック21の例文5中には、第2のブロック22の語句連結・成語4である「be fond of〜」が使用されている。
また、表記に際して、グループ内の見出し語3は太字で表記され、連鎖する他のグループの見出し語3や語句連結・成語4はイタリック体識別しやすいように表記されている。

0015

同様に第3ブロック23では、「W」の欄に、前記第2のブロック22の例文5中に使用された「grandfather」が見出し語3として用いられている。
そして、「P」の欄には、語句連結・成語4として「grandfather and grandmother(= grandparents)」が記載されており、「S」の欄には、例文5として「My grandparents are good at dancing.」が記載されている。

0016

第4ブロック24では、「W」の欄に、前記第3のブロック23の例文5中に使用された「are good at」が「P」の欄の語句連結・成語4として用いられている。
そして、「S」の欄の例文5には、「My teacher and his wife are good at tennis.」が記載されている。

0017

第5ブロック25では、「W」の欄に、前記第4のブロック24の例文5中に使用された「wife」が見出し語3として用いられている。なお、反対語として「husband」が記載されている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「husband and wife」が、「S」欄の例文5には、「The husband and his wife were students at the same college.」が記載されている。

0018

図2(b)で示す、第6ブロック26では、「W」の欄に、前記第5のブロック25の例文5中に使用された「same」が見出し語3として用いられている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「the same club as my wife」が、「S」欄の例文5には、「My husband belonged to the same club at college as my brother's wife.」が記載されている。
そして、上記例文5中の「husband」と「wife」は、前記第5ブロック25の見出し語3およびその反対語と同じ語が使用されている。

0019

第7ブロック27では、「W」の欄に、前記第6のブロック26の例文5中に使用された「college」が見出し語3として用いられている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「enter the same college」が、「S」欄の例文5には、「My husband entered the same college as my brother's wife.」が記載されている。
この例文5(語句連結・成語4も同じ)に使用された「same」は、前記第6ブロック26の見出し語3と同じである。

0020

第8ブロック28では、「W」の欄に、前記第7のブロック26の例文5中に使用された「belong」が見出し語3として用いられている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「belong to a tennis club」が、「S」欄の例文5には、「I belonged to the tennis club in my school days.」が記載されている。

0021

第9ブロック29では、「W」の欄に見出し語3として「entrance」が、関連語(図示例では派生語)として「enter」が記載されている。
ここで、見出し語3である「entrance」は、変化した形、すなわち派生語「enter」として、第7ブロック27の例文で「entered」として使用されている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「an entrance examination」が、「S」欄の例文5には、「They took the entrance examination together.」が記載されている。

0022

このように、1つの見出し語は、見出し語3として記載された箇所と同じ形や意味用法のみではなく、変化した形や異なる意味用法で、他の見出し語の例文中に使用されてもよい。
変化した形の例としては、品詞の変化による派生語、単数形・複数形や活用による変化などが挙げられる。
異なる意味用法の例としては、多義語(例えば後出の「take」)などが挙げられる。

0023

第10ブロック30では、「W」の欄に見出し語3として「take」が記載されており、第9ブロック29の例文中に使用された「took」の活用形(現在形)が用いられている。
そして、「P」の欄の語句連結・成語4には「take a picture」が、「S」の欄の例文5には、「I took a picture of my grandparents. 」が記載されている。
なお、第9ブロック29の例文5中の「examination」および第10ブロック30の「picture」は次ページの図示しない見出し語「examination」「picture」と関連づけられている。

0024

次ぎに、図2(b)に見開きの右ページ1Bの右上には、録音場所表示6として「1−2」の記載がある。
これは、学習参考書に添付したCDの番号「1」と、該当CDでのトラック番号「2」であり、上記見開きの左右のページ1A、1Bに記載されている見出し語3、語句連結・成語4および例文5が録音されている場所を表している。

0025

従って、使用者は、上記見開きのページ1A、1Bを目で見て確認し、録音場所表示6を参照しながら、CDの所定のトラックを再生して耳を使って聴き取り、更に、CDに合わせて音読リピートして総合的に学習することができる。
なお、CDに代えて、磁気テープやMDその他の携帯型メモリを用いてもよい。

0026

上記実施例では、紙媒体を用いた場合を例示したが、上記内容をディスクプレイ上に画面表示できるようにしたソフトウエアを用いて、同様に学習を行うことができる。
この場合は、前記CDに記録した音声情報も同時に記録することができる。
そして、上記ソフトウエアをパソコンインストールして、パソコンを用いて前記実施例の見開きページと同様の画面をディスプレイ上に表示し、順次ページめくりをすることができる構成としてもよい。
あるいは、前記1グループ毎に画面に表示する構成としてもよい。

0027

また、パソコンにインストールせずにDVDに記録しておき、DVD再生機を用いて同様にディスプレイ上に表示する構成としてもよい。
この場合も、音声情報を同時に記録することができるのでCDを不要化することができる。
その他、情報伝達媒体は、公知の構成を適宜選択して使用することができ、上記実施例に限定されるものではない。

0028

この発明によれば、英語に限らず、各種語学の教材として使用することができると共に、学習書などの紙媒体に限らず、コンピュータメモリに記憶しておきディスプレイ上に表示して学習することもできる。

図面の簡単な説明

0029

学習参考書の見開きページを示す説明図である。
図1の拡大図であって、左ページを示す説明図である。
図1の拡大図であって、右ページを示す説明図である。

符号の説明

0030

1A左ページ
1B右ページ
3見出し語
4語句連結・成語
5例文
6録音場所表示
21〜30 第1のブロックから第10のブロック

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 独立行政法人自動車技術総合機構の「 情報処理装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】鉄道車両の走行をシミュレートする装置に、当該仮想車両が消費する電力量を演算する機能を付加する。【解決手段】ユーザが行った運転操作に基づいて電気鉄道車両である仮想車両の速度および走行位置を演算す... 詳細

  • 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会の「 回路ボードおよびピース」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】実際の自動車を用いずに故障診断を行うことを可能にする。【解決手段】回路ボードは、電源側に上流側接続端子を、基準電位側に下流側接続端子を備えた、自動車の電装部品を模擬するピースを配置するためのピ... 詳細

  • 株式会社日立製作所の「 学習装置、評価装置および学習モデルの生産方法」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】作業者の技量を適切に判定できる学習装置102を実現する。【解決手段】学習装置102は、技量レベルが異なる複数の作業者50の作業動作または作業者50に操作される施工具52の状態を測定した時系列デ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ