図面 (/)

技術 全量噴射エアゾール型除菌剤

出願人 大日本除蟲菊株式会社
発明者 田中修南手良裕
出願日 2003年6月18日 (17年5ヶ月経過) 出願番号 2003-173575
公開日 2005年1月13日 (15年10ヶ月経過) 公開番号 2005-006831
状態 特許登録済
技術分野 消毒殺菌装置 農薬・動植物の保存
主要キーワード 本体空間 植物性ポリフェノール 噴出路 除菌性 弗化炭化水素 防黴成分 除菌成分 柿抽出物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年1月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

除菌効果とその持続性にすぐれ、しかも部屋全体を効率的に除菌できる全量噴射エアゾール型除菌剤の提供。

解決手段

エアゾール内容物全体量に対してグルコン酸クロルヘキシジンを0.03〜3.0w/v%、エタノールを10〜30容量%及び水を10〜37容量%含有し、かつ水/エタノールの容量比が0.4/1.0〜3.2/1.0であるエアゾール原液と、ジメチルエーテルを含む噴射剤からなるエアゾール内容物を、容器内圧として0.3〜0.6MPaでエアゾール容器充填し、かつ噴射ボタン作動後5〜60秒のタイムラグを設けて噴射を開始する遅延噴射機構装填した全量噴射エアゾール型除菌剤。

概要

背景

従来より、食品腐敗及びそれに起因する食中毒の発生予防や、台所調理台等の除菌などを目的として、様々な殺菌・消毒剤ならびに除菌剤が使用されてきた。このうち、公衆衛生用の殺菌・消毒剤は、殺菌効力の高い成分(ポピドンヨードグルタルアルデヒドなど)を使用し医薬品に該当するため、一般家庭で簡単に取り扱えない。一方、食品用エタノール除菌性を利用したアルコールスプレーが台所用などで広く用いられているが、その除菌効果は低く持続時間も短い。そこで、例えば、特開2002−369873号公報には、水系ウレタン樹脂及び低級アルコールと、消臭剤及び/又は除菌剤を含有する消臭及び/又は除菌用組成物が開示され、消臭剤及び/又は除菌剤の一例としてグルコン酸クロルヘキシジンがあげられているが、あくまでソファーカーペットなどの繊維の表面への噴霧を目的とし、部屋全体を効率的に除菌しようとするものではない。これに対し、特開2002−20202号公報は、有効成分が害虫防除成分消臭成分防菌成分、防黴成分から選択された2種以上の異種成分からなる室内処理用全量噴射型エアゾールを開示するが、害虫防除主体にしているため、除菌効果の観点から十分に検討されているとは言いがたい。

概要

除菌効果とその持続性にすぐれ、しかも部屋全体を効率的に除菌できる全量噴射エアゾール型除菌剤の提供。エアゾール内容物全体量に対してグルコン酸クロルヘキシジンを0.03〜3.0w/v%、エタノールを10〜30容量%及び水を10〜37容量%含有し、かつ水/エタノールの容量比が0.4/1.0〜3.2/1.0であるエアゾール原液と、ジメチルエーテルを含む噴射剤からなるエアゾール内容物を、容器内圧として0.3〜0.6MPaでエアゾール容器充填し、かつ噴射ボタン作動後5〜60秒のタイムラグを設けて噴射を開始する遅延噴射機構装填した全量噴射エアゾール型除菌剤。なし

目的

本発明は、除菌効果とその持続性にすぐれ、しかも部屋全体を効率的に除菌できる全量噴射エアゾール型除菌剤を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エアゾール内容物全体量に対してグルコン酸クロルヘキシジン0.03〜3.0w/v%、エタノールを10〜30容量%及び水を10〜37容量%含有し、かつ水/エタノールの容量比が0.4/1.0〜3.2/1.0であるエアゾール原液と、ジメチルエーテルを含む噴射剤からなるエアゾール内容物を、容器内圧として0.3〜0.6MPaでエアゾール容器充填し、かつ噴射ボタン作動後5〜60秒のタイムラグを設けて噴射を開始する遅延噴射機構装填したことを特徴とする全量噴射エアゾール型除菌剤

請求項2

更に、植物性ポリフェノールをエアゾール内容物全体量に対して0.02〜1.0w/v%配合したことを特徴とする請求項1に記載の全量噴射エアゾール型除菌剤。

請求項3

植物性ポリフェノールが、茶抽出物柿抽出物グレープフルーツ種子抽出物から選ばれた一種又は二種であることを特徴とする請求項1又は2に記載の全量噴射エアゾール型除菌剤。

技術分野

0001

本発明は、除菌剤の改良、具体的には全量噴射エアゾール型除菌剤に関するものである。

0002

従来より、食品腐敗及びそれに起因する食中毒の発生予防や、台所調理台等の除菌などを目的として、様々な殺菌・消毒剤ならびに除菌剤が使用されてきた。このうち、公衆衛生用の殺菌・消毒剤は、殺菌効力の高い成分(ポピドンヨードグルタルアルデヒドなど)を使用し医薬品に該当するため、一般家庭で簡単に取り扱えない。一方、食品用エタノール除菌性を利用したアルコールスプレーが台所用などで広く用いられているが、その除菌効果は低く持続時間も短い。そこで、例えば、特開2002−369873号公報には、水系ウレタン樹脂及び低級アルコールと、消臭剤及び/又は除菌剤を含有する消臭及び/又は除菌用組成物が開示され、消臭剤及び/又は除菌剤の一例としてグルコン酸クロルヘキシジンがあげられているが、あくまでソファーカーペットなどの繊維の表面への噴霧を目的とし、部屋全体を効率的に除菌しようとするものではない。これに対し、特開2002−20202号公報は、有効成分が害虫防除成分消臭成分防菌成分、防黴成分から選択された2種以上の異種成分からなる室内処理用全量噴射型エアゾールを開示するが、害虫防除主体にしているため、除菌効果の観点から十分に検討されているとは言いがたい。

背景技術

0003

【特許文献1】
特開2002−369873号公報
【特許文献2】
特開2002−20202号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、除菌効果とその持続性にすぐれ、しかも部屋全体を効率的に除菌できる全量噴射エアゾール型除菌剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤は、上記課題を解決するために、つぎのような構成を採用する。
(1)エアゾール内容物全体量に対してグルコン酸クロルヘキシジンを0.03〜3.0w/v%、エタノールを10〜30容量%及び水を10〜37容量%含有し、かつ水/エタノールの容量比が0.4/1.0〜3.2/1.0であるエアゾール原液と、ジメチルエーテルを含む噴射剤からなるエアゾール内容物を、容器内圧として0.3〜0.6MPaでエアゾール容器充填し、かつ噴射ボタン作動後5〜60秒のタイムラグを設けて噴射を開始する遅延噴射機構装填した全量噴射エアゾール型除菌剤。
(2)更に、植物性ポリフェノールをエアゾール内容物全体量に対して0.02〜1.0w/v%配合した請求項1に記載の全量噴射エアゾール型除菌剤。
(3)植物性ポリフェノールが、茶抽出物柿抽出物グレープフルーツ種子抽出物から選ばれた一種又は二種である請求項1又は2に記載の全量噴射エアゾール型除菌剤。

0006

本発明で用いる除菌成分・グルコン酸クロルヘキシジンは、ビスジグアナイド殺菌剤で、グラム陽性及び陰性菌などの各種細菌に対して高い殺菌力を示すとともに持続性にもすぐれ、手指消毒液として用いられているものである。
本発明では、このグルコン酸クロルヘキシジンをエアゾール内容物全体量に対して0.03〜3.0w/v%、エタノールを10〜30容量%及び水を10〜37容量%含有し、かつ水/エタノールの容量比が0.4/1.0〜3.2/1.0であるエアゾール原液を用いたことに特徴を有する。すなわち、エアゾール原液と後記ジメチルエーテル主体の噴射剤とを組み合わせて除菌用エアゾール内容物を調製するにあたり、グルコン酸クロルヘキシジン、エタノール及び水をこの特定の比率で配合したエアゾール原液を用いることによって、最もすぐれた除菌効果を奏することを見出し、本発明を完成したものである。

0007

グルコン酸クロルヘキシジンの配合量が、エアゾール内容物全体量に対して0.03w/v%未満であると十分な除菌効果が得られず、一方3.0w/v%を超えた場合、除菌効果が飽和するばかりか、エアゾール内容物の液性に影響を及ぼす恐れがある。
また、エタノールの配合量については、グルコン酸クロルヘキシジンとの相乗的な除菌効果ならびに製剤物性噴射性能の点から10〜30容量%に特定される。すなわち、10容量%に満たないと、グルコン酸クロルヘキシジンの除菌効果を引き出せず、製剤の安定性でも好ましくない。一方30容量%を越えると、水を加えたエアゾール原液の比率が上がり、噴射されたエアゾール内容物の拡散性に問題を生じる。
水はグルコン酸クロルヘキシジンの除菌効果を持続させるために必要で、エタノールや後記ジメチルエーテルとの配合比率を検討した結果、エアゾール内容物全体量に対して10〜37容量%で、かつ水/エタノールの容量比を0.4/1.0〜3.2/1.0に設定するのが最適であることが認められた。

0008

本発明で用いるエアゾール原液には、除菌効果を増強するために、植物性ポリフェノールをエアゾール内容物全体量に対して0.02〜1.0w/v%配合するのが好ましい。植物性ポリフェノールは、植物内で二次代謝物として広く分布するものであり、例えばフラボノイド類イソフラボノイド類、ネオフラボノイド類、カテコール及びその誘導体類フェノール性酸及びその誘導体類などの単一もしくは混合物で代表される。それらは、グレーフルーツヨモギホオノキレンギョウなどの植物からの抽出物であってもよく、特に、茶抽出物、柿抽出物、グレープフルーツ種子抽出物から選ばれた一種又は二種が本発明に好適である。
かかる植物性ポリフェノールを配合することによって、除菌効果を増強することはもちろん、消臭効果を付与したり、「シックハウス症候群」で問題となっているホルムアルデヒド等の有害揮散化合物の除去も期待しえるものである。

0009

また、本発明のエアゾール原液には、本発明の趣旨に支障を来たさない限りにおいて、有機溶剤(エタノール以外のアルコール類グリコール類グリコールエーテル類ケトン類エステル類灯油等の炭化水素類など)、界面活性剤ポリオキシエチレンアルキルエーテル類、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル類グリセリン脂肪酸エステル類など)、分散剤香料、安定剤(BHT、BHAなど)、防錆剤安息香酸ナトリウムクエン酸アンモニウムなど)、賦形剤などを必要に応じて添加してもよい。
更に、本発明では、例えば塩化ベンザルコニウムやε−ポリリジンなどの他のタイプの殺菌・消毒剤、ヒノキチオールイソプロピルメチルフェノールなどの抗菌・防黴成分、ピレスロイド剤で代表される殺虫成分、殺ダニ成分、忌避成分などを適宜添加して多目的組成物とすることもできる。

0010

本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤を構成する噴射剤としては、ジメチルエーテル(DME)を主体に用いる。もちろん、噴射性能の調整のために、液化石油ガスLPG)、弗化炭化水素ガスフロンガス)や圧縮ガス窒素ガス炭酸ガス等)を若干配合しうるが、液化石油ガスや弗化炭化水素ガスをベースにすると、エアゾール原液との相溶性に問題を生じるだけでなく、その除菌効果にも支障をきたす。
また、本発明では、エアゾール内容物の噴霧粒子平均粒子径を30μm以下に抑えるのが好ましく、エアゾール原液と噴射剤の比率を、25/75〜50/50(容量比)、更に好ましくは30/70〜45/55(容量比)の範囲に設定するとよい。

0011

本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤を噴射させるためのエアゾール噴射は、エアゾール内容物を充填したエアゾール容器、バルブ、該バルブのステム部分に装着されるアクチュエーターなどから構成され、アクチュエーターには、噴口を含む噴射ボタン、遅延噴射機構部、これをカバーするスリーブなどが装填される。なお、エアゾール内容物を充填するに際しては、噴霧粒子の拡散性を考慮して容器内圧を0.3〜0.6MPaに設定する必要がある。

0012

本発明では人体に対する安全性の高い除菌成分・グルコン酸クロルヘキシジンが使用されるが、使用者に対する安全性を一層確保するために、噴射ボタン作動後5〜60秒のタイムラグを設けて噴射する遅延噴射機構を備えることを必須とする。
遅延噴射機構としては、例えば、▲1▼その本体空間部に流入する内容物の圧力で弁部材所定長だけ上方向に移動した時に、それまでの閉状態から開状態へと切り替わって内容物が噴出するタイプ(特開2001−892号公報)や、▲2▼エアゾール内容物の噴出路に、エアゾール内容物との接触によって少なくとも一部を溶解し噴出路を開放する遮蔽体を配置したタイプ(特開平9−301458号公報)や、▲3▼シリンダを構成する密閉容器内部に流体が充填されており、作動時、その密閉容器の底に位置するピストンエアゾール内圧により流体内を上方へ押し上げられる時、ピストンに形成された透孔を通ってその流体が前記シリンダ内をピストンの上から下に移動するように構成して噴射を調整するタイプ(特開平10−216577号公報)などを例示できるが、これら以外にも様々なタイプが開示されている。本発明にはいずれも適用可能であるが、▲1▼のタイプが噴射性能上よりすぐれている。

0013

こうして得られた本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤、例えば100mL容量のものは、5分以内で火災心配なく6〜10畳の部屋を簡便に処理できるうえ、大腸菌枯草菌乳酸球菌などの各種細菌に対して高い除菌効果を示し、効果の持続性にもすぐれている。また、遅延噴射機構を備えているので、使用者がエアゾール噴射物に触れたり吸入することなく部屋から退出する時間的猶予があり安全性の点でもより優れている。

0014

【実施例】
次に、具体的実施例に基づいて、本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤を更に詳細に説明するが、本発明はこれに限定されるものではない。

0015

実施例
グルコン酸クロルヘキシジン0.5g(エアゾール内容物全体量に対して0.5w/v%)、グレープフルーツ種子抽出物0.2g(エアゾール内容物全体量に対して0.2w/v%)、エタノール15mL(エアゾール内容物全体量に対して15容量%)及び水20mL(エアゾール内容物全体量に対して20容量%)を含有するエアゾール原液37mLをエアゾール容器に入れ、該容器バルブ部分を取り付け、該バルブ部分を通じて噴射剤としてのジメチルエーテル63mLを加圧充填した後、アクチュエーター(上面の外径が12mmの噴射ボタン1個と前述の▲1▼のタイプの遅延噴射機構を含む)を装填した。なお、容器内圧は0.4MPaであった。
かかる本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤を25m3の部屋の中央に置き、噴射ボタンを押して部屋を退出した。噴射ボタン作動約10秒後に内容物が噴出し、部屋全体にくまなく拡散した。この除菌処理は極めて効率的で、各種細菌に対する高い除菌効果は数日間にわたり持続した。

0016

試験
実施例に準じて表1に示す各種全量噴射エアゾール型除菌剤(100mL缶)を調製した。25m3の部屋の中央に置いて噴射し、以下の試験を実施した。なお、除菌剤Aはグルコン酸クロルヘキシジンを示す。
(1)除菌効果:寒天培地表面に菌液(大腸菌)を塗布した培地入りシャーレ内径9cm)を部屋の中央、四隅に配置し、噴射24時間後、コロニーの形成の有無で除菌効果を評価した。表中、○:菌の抑制効果大、 △:菌の抑制効果わずかにあり、 ×:菌の抑制効果なし、で示した。
(2)噴霧粒子の拡散性能:上記部屋の中央又は四隅の除菌効果に基づいて評価した。表中、○:拡散性良好、 △:普通程度、 ×:不良、で示した。

0017

【表1】

発明を実施するための最良の形態

0018

試験の結果、特定の比率でグルコン酸クロルヘキシジン、エタノール及び水を組み合わせたエアゾール原液と、ジメチルエーテル(DME)を主体とする噴射剤を用いてなる本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤は、高い除菌効果を奏し噴霧粒子の拡散性能も優れた。
これに対し、比較例1や比較例2のように、グルコン酸クロルヘキシジンを配合しない一般的なアルコール製剤や、配合しても0.03w/v%に満たない除菌剤は、除菌効果が劣った。一方、グルコン酸クロルヘキシジンの配合量が3.0w/v%を超えると(比較例3)、除菌効果が飽和するばかりか、エアゾールの噴射性能に悪影響を及ぼしメリットがなかった。
また、比較例4の如く、エタノールの配合量が所定量に比べて低すぎた場合、噴射剤が分離しエアゾールとして不適当で、グルコン酸クロルヘキシジンの除菌効果を活かすことができなかった。更に、水/エタノールの容量比を0.4未満にして水の配合量を減らした比較例5でも除菌効果が劣り、水の配合が特にグルコン酸クロルヘキシジンの除菌効果を持続させるうえで有用なことが認められた。なお、本発明1の噴射剤をDMEからLPG主体に替えた比較例6は、除菌効果の低下を招いただけでなく、エアゾール内容物の相溶性にも問題があった。

発明の効果

0019

本発明の全量噴射エアゾール型除菌剤は、部屋全体を簡便に処理できるうえ、大腸菌、枯草菌、乳酸球菌などの各種細菌に対して高い除菌効果を示し、効果の持続性にもすぐれている。また、遅延噴射機構を備えているので、使用者がエアゾール噴射物に触れたり吸入することなく部屋から退出する時間的猶予があり安全性の点でもより優れている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ