図面 (/)

技術 義歯安定剤

出願人 小林製薬株式会社
発明者 吉川秀一松尾篤士
出願日 2003年4月1日 (17年7ヶ月経過) 出願番号 2003-098640
公開日 2004年12月16日 (15年11ヶ月経過) 公開番号 2004-350695
状態 特許登録済
技術分野 歯科補綴 歯科用製剤
主要キーワード 本タンク B型粘度計 ペーストタイプ 各評価点 プラスチックパウダー パネルメンバー 使い心地 性能試験結果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年12月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

指への義歯安定剤の付着量が少なくて使用感に優れた、かつ、義歯床の裏面から全体を容易に剥すことができるように、剥離性を向上させた義歯安定剤を提供する。

解決手段

この発明の義歯安定剤は、酢酸ビニル樹脂として平均重合度600〜900の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度4000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を主成分として含み、さらに、アクリル酸低級アルキルメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体を含む。酢酸ビニル樹脂の配合量は好ましくは30〜80重量%である。

概要

背景

義歯安定剤として、従来、平均重合度200〜500の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度5000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を、それぞれ所定の配合量で配合してなるもの(特許文献1参照)や、アクリル酸低級アルキルメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体ベースとしたもの(特許文献2参照)が提案されている。

概要

指への義歯安定剤の付着量が少なくて使用感に優れた、かつ、義歯床の裏面から全体を容易に剥すことができるように、剥離性を向上させた義歯安定剤を提供する。この発明の義歯安定剤は、酢酸ビニル樹脂として平均重合度600〜900の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度4000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を主成分として含み、さらに、アクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体を含む。酢酸ビニル樹脂の配合量は好ましくは30〜80重量%である。 なし

目的

この発明の第1の課題は、上述のような実状に鑑み、指への義歯安定剤の付着量が少なくて使用感に優れた義歯安定剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

酢酸ビニル樹脂として平均重合度600〜900の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度4000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を主成分として含み、さらに、アクリル酸低級アルキルメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体を含む義歯安定剤。

請求項2

酢酸ビニル樹脂の配合量が30〜80重量%である請求項1に記載の義歯安定剤。

請求項3

酢酸ビニル樹脂として低重合度酢酸ビニル樹脂、中重合度酢酸ビニル樹脂、高重合度酢酸ビニル樹脂のそれぞれの配合割合が300〜600:300〜600:1〜8である請求項1または2に記載の義歯安定剤。

請求項4

粘度が300000〜900000センチポイズである請求項1〜3のいずれかに記載の義歯安定剤。

技術分野

0001

この発明は、義歯床顎堤の間の隙間に充填して、義歯ガタツキをなくし咀嚼力の低下を改善するために用いられるペーストタイプの義歯安定剤に関し、さらに詳しくは、義歯床の裏面に塗り付けて装着する際に指への付着量が少なく使用感に優れた、かつ、義歯床の裏面から剥す際に剥離性がよい義歯安定剤に関する。

0002

義歯安定剤として、従来、平均重合度200〜500の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度5000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を、それぞれ所定の配合量で配合してなるもの(特許文献1参照)や、アクリル酸低級アルキルメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体ベースとしたもの(特許文献2参照)が提案されている。

0003

非特許文献1】
特開昭60−253440号公報。

背景技術

0004

【非特許文献2】
特開平2−124808号公報。

0005

義歯安定剤は、通常、チューブ容器に収容された包装形態をとり、使用に当たりこれをチューブ容器から押出し、指を使って義歯床の裏面すなわち接触面に塗り付けて装着する。この時、義歯安定剤が指に多く付くと使用者に不快な感触を与えるので、義歯安定剤の指への付着量はできるだけ少なくすることが望まれる。

0006

上記特許文献に提案の義歯安定剤はいずれも、義歯床の裏面に塗り付ける際に指にかなりの量付着し、使い心地に問題があった。

0007

この発明の第1の課題は、上述のような実状に鑑み、指への義歯安定剤の付着量が少なくて使用感に優れた義歯安定剤を提供することである。

0008

また、義歯の使用後は義歯を顎堤から外し、義歯床の裏面すなわち接触面から義歯安定剤を剥がす。その際に義歯安定剤は義歯床の裏面から全体が容易に剥せるものであることが望まれる。

0009

上記特許文献に提案の義歯安定剤はいずれも、義歯安定剤を義歯床の裏面から剥がす際に部分的に残ることがあり剥離性に問題があった。

発明が解決しようとする課題

0010

この発明の第2の課題は、上述のような実状に鑑み、義歯床の裏面から全体を容易に剥すことができるように、剥離性を向上させた義歯安定剤を提供することである。

0011

本発明者らは、上記課題を解決すべく研究を重ねた結果、特定の重合度を有する3種の酢酸ビニル樹脂をベースとし、これに特定の三元共重合体を組み合わせて用いると、指への義歯安定剤の付着量が少なくて不快な使用感がない義歯安定剤が得られ、加えて、義歯安定剤全体を義歯床の裏面から容易に剥すことができるという知見を得、この発明を完成した。

課題を解決するための手段

0012

すなわち、この発明による義歯安定剤は、酢酸ビニル樹脂として平均重合度600〜900の低重合度酢酸ビニル樹脂、平均重合度1000〜2000の中重合度酢酸ビニル樹脂および平均重合度4000〜7000の高重合度酢酸ビニル樹脂を主成分として含み、さらに、アクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体を含むものである。

0013

以下、この発明の義歯安定剤を構成する各成分および義歯安定剤の製造法について説明する。

0014

この発明による義歯安定剤の主成分である酢酸ビニル樹脂は、低重合度のもの、中重合度のものおよび高重合度のものの3種の酢酸ビニル樹脂からなる。低重合度の酢酸ビニル樹脂としては、平均重合度600〜900、好ましくは700〜850のものが用いられる。中重合度の酢酸ビニル樹脂としては、平均重合度1000〜2000、好ましくは1200〜1500のものが用いられる。高重合度の酢酸ビニル樹脂としては、平均重合度4000〜7000、好ましくは4500〜6500のものが用いられる。

0015

義歯安定剤の全体量に対する酢酸ビニル樹脂の配合量(低重合度のもの、中重合度のものおよび高重合度のものの配合量の総和)は、30〜80重量%、好ましくは40〜65.5重量%である。酢酸ビニル樹脂の配合量が少なすぎると、指への付着量が増加し、良好な使用感が得られず、多すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。

0016

酢酸ビニル樹脂として低重合度酢酸ビニル樹脂、中重合度酢酸ビニル樹脂、高重合度酢酸ビニル樹脂のそれぞれの配合割合は、300〜600:300〜600:1〜8、好ましくは200〜250:200〜250:1〜3である。低重合度酢酸ビニル樹脂及び中重合度酢酸ビニル樹脂の各配合割合が低すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。低重合度酢酸ビニル樹脂及び中重合度酢酸ビニル樹脂の各配合割合が高すぎると、指への付着量が増加し、良好な使用感が得られない上に、義歯安定剤が曳糸性を示し、取扱いが難しくなる。高重合度酢酸ビニル樹脂の配合割合が低すぎると、指への付着量が増加し、良好な使用感が得られず、高すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。

0017

上記配合量および配合割合が上述した各範囲内にある場合は、指への義歯安定剤の付着量が少なくて不快な使用感がない。

0018

この発明による義歯安定剤の粘度は300000〜900000センチポイズ、好ましくは400000〜800000センチポイズである。義歯安定剤の粘度が低すぎると、指への付着量が増加し、良好な使用感が得られず、高すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。義歯安定剤の粘度が上記範囲にある場合、使用感が良好である上に、チューブ容器からの義歯安定剤の押出しがスムーズになし得る。

0019

この発明による義歯安定剤は、アクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸低級アルキルとメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとを構成成分とする三元共重合体(以下、これを単に「三元共重合体」という)を含んでいてもよい。

0020

三元共重合体における低級アルキルは、メチルエチルプロピルブチル等の炭素数1〜6のアルキルを示す。特に好ましい三元共重合体はアクリル酸エチルメタアクリル酸メチルと比較的少量のメタアクリル酸塩化トリメチルアンモニウムエチルとからなるものである。この好ましい三元共重合体としては、ロームファルマ(Rohm Pharma)社から「オイドラギット(Eudragit) RS」の登録商標で市販されている分子量約150,000のランダム共重合体を挙げることができる(以下、この市販品を「市販三元共重合体」という)。ただし、この発明で用いられる三元共重合体は市販三元共重合体に限定されない。

0021

三元共重合体は、この発明による義歯安定剤の助剤として、すなわち、義歯安定剤を義歯床の接触面から剥し易くする成分として作用し、また口腔粘膜の調整剤としても有用である。

0022

義歯安定剤の全体量に対する三元共重合体の配合量は好ましくは2〜7重量%である。三元共重合体の配合量が少なすぎると良好な剥離性が得られず、多すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。

0023

なお、酢酸ビニル樹脂は食品添加物としてチューインガム基礎剤などに使用されており、三元共重合体は医薬結合剤コーティング剤等に使用されており、いずれも安全性に問題はない。

0024

この発明による義歯安定剤には、上記酢酸ビニル樹脂および三元共重合体の外に、義歯安定剤に所望の性状を与えるために可塑剤乳化剤粘度調整剤剥離向上剤水不溶性粉体湿潤剤防腐剤金属石けん香料着色料歯垢分解酵素など公知の添加剤をこの発明の効果を損なわない限りにおいて、適宜配合してもよい。

0025

可塑剤としては、ミツロウ、木ロウカルナウバロウキャンデリラワックスが例示される。

0026

乳化剤としては、グリセリンモノステアレートのようなグリセリン脂肪酸エステルソルビタンモノステアレートのようなソルビタンの脂肪酸エステルが例示される。

0027

粘度調整剤は義歯安定剤の粘度を調整するもので、エタノール好ましくは無水エタノール、水がそれぞれ通常10〜25重量%配合され、場合によってはグリセリン、プロピレングリコール等が併用される。エタノールの配合量が少なすぎると、酢酸ビニル樹脂を溶解することができなくなるため、同樹脂を均一に混練することができず、多すぎると指への付着量が増加し、良好な使用感が得られない。水の配合量が少なすぎると、指への付着量が増加し、良好な使用感が得られず、多すぎると、義歯安定剤が固くなり、チューブ容器から押出しにくく、義歯への塗布が容易にできない。

0028

剥離向上剤は、義歯の使用後に義歯安定剤を義歯床の接触面から剥し易くするもので、ポリブテンポリイソブチレン炭酸カルシウムリン酸カルシウムベントナイト二酸化ケイ素等が例示される。

0029

水不溶性粉体としては、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、プラスチックパウダータルクシリカ等が例示される。

0030

湿潤剤としては、ポリエチレングリコールポリプロピレングリコール、グリセリン、ソルビット等が例示される。

0031

防腐剤としては、メチルパラベンエチルパラベンが例示される。

0032

金属石けんとしては、ステアリン酸カルシウムが例示される。

0033

この発明による義歯安定剤を製造するには、例えば高重合度酢酸ビニル樹脂が溶解しにくいため予めこれを無水エタノール/精製水混合液に溶解しておき、別途、三元共重合体を無水エタノール/精製水の混合液に溶解する。こうして得られた高重合度酢酸ビニル樹脂の溶液と三元共重合体の溶液を、中重合度酢酸ビニル樹脂と低重合度酢酸ビニル樹脂が入れてあるタンクに添加して、全体を攪拌する方法が挙げられる。

0034

また、予め、ステンレスビーカーに高重合度酢酸ビニル樹脂を入れ、これに精製水を加えて、樹脂を水に分散させておく。予製タンクに無水エタノールを入れておき、さらに上記高重合度酢酸ビニル樹脂分散液と三元共重合体を加えて撹拌し、高重合度酢酸ビニル樹脂と三元共重合体を無水エタノール/精製水に溶解させる。別途、本タンクに中重合度酢酸ビニル樹脂と低重合度酢酸ビニル樹脂を入れ、ここへ少量の精製水を加え、本タンク内を減圧状態に保っておく。ついで、本タンクに上記高重合度酢酸ビニル樹脂と三元共重合体の溶液を流し込み、全体を攪拌する方法等も挙げられる。

0035

一般に義歯安定剤には、次に掲げるような性質を有することが求められている。すなわち、(a)容器からの取り出しが容易な柔軟性を有すること(チューブ容器から押出し易いこと)、(b)無味、無臭、無害であり、口腔粘膜への刺激がないこと、(c)義歯への塗布が容易なこと、(d)適度のクッション効果を有し、使用感が良好なこと、(e)義歯への適度な粘着力あるいは固着力を有し、長時間使用可能なこと、(f)使用後に義歯床からの剥離が容易なこと。この発明による義歯安定剤は上記のような要件をすべて満たすものである。

0036

【実施例】
つぎに、この発明を具体的に説明するために、この発明の実施例およびこれとの比較を示すための比較例を挙げ、さらに得られた義歯安定剤の性能試験結果を示す。義歯安定剤の粘度はB型粘度計(BROOKFIELD社製、「DV・II+」)を用い、義歯安定剤が温度条件37±1℃に保持される条件下で測定した。

0037

実施例1
重合度5500の酢酸ビニル樹脂0.14gを無水エタノールと精製水の混合液10.3gに加え、スターラーで撹拌し、高重合度酢酸ビニル樹脂を混合液に溶解させた。

0038

別途、無水エタノールと精製水の混合液17.2gに市販三元共重合体、すなわちローム・ファルマ社製の「オイドラギットRS」3.5gを加え、ディスパー回転数1500rpmで約1時間攪拌し、市販三元共重合体を混合液に溶解させた。

0039

重合度1380の酢酸ビニル樹脂32.68gと重合度780の酢酸ビニル樹脂32.68gが入れてあるタンクに、精製水3.5gを予め入れておき、そのタンクへ先に調製した高重合度酢酸ビニル樹脂の溶液と市販三元共重合体の溶液を添加して、全体を減圧下に脱泡させながらプラネタリーミキサーで回転数11rpmで温度50℃にて45分間攪拌した。こうして得られた義歯安定剤をチューブ容器に充填した。義歯安定剤の粘度は450000センチポイズであった。

0040

比較例1
重合度5500の酢酸ビニル樹脂0.14gを無水エタノールと精製水の混合液31gに加え、スターラーで撹拌し、高重合度酢酸ビニル樹脂を混合液に溶解させた。

0041

以降は、市販三元共重合体を使用しなかった以外、実施例1と同様の操作を行い、義歯安定剤を得た。義歯安定剤の粘度は370000センチポイズであった。

0042

実施例1および比較例1で用いた各成分の配合量を表1にまとめて示す。

0043

【表1】

0044

性能試験
I)使用感試験
実施例1および比較例1で得られた義歯安定剤について、下記の2方法a)およびb)で使用感を評価した。

0045

a)付着量測定
下記の方法で指への義歯安定剤の付着量を求めた。

0046

▲1▼まず、重量既知アクリル樹脂板上に義歯安定剤を1g載せた。

0047

▲2▼試験者の指をエタノールで十分に脱脂し、ワイパー商品名「キムワイプ」、クレシア社製)で指をよく拭いて乾燥状態にした。

0048

▲3▼この指を第一関節までアクリル樹脂板上の義歯安定剤に10秒間圧着させた。この時、指に掛ける圧力は、指がアクリル樹脂板に接する程度とした。

0049

▲4▼10秒後、指をアクリル樹脂板から垂直に離した。

0050

▲5▼アクリル樹脂板の重量を測定し、指に付いた義歯安定剤の重量を求めた。

0051

得られた結果を図1に示す。

0052

図1から明らかなように、実施例の義歯安定剤は比較例のものに比べ指に付きにくく、したがって使用感が改善されたことが分かる。

0053

b)使用感の官能試験
10名のパネルメンバーにより下記の方法で義歯安定剤の使用感を評価した。

0054

▲1▼まず、各パネルメンバーの指をエタノールで十分に脱脂し、ワイパー(商品名「キムワイプ」、クレシア社製)で指をよく拭いて乾燥状態にした。

0055

▲2▼親指人差し指の先端から第一関節までの間で義歯安定剤を約0.5g押し付け、指への義歯安定剤の付き難さから付き易さまでを下記基準の評価点で示し、各評価点とその人数との積の総和を求めた。

0056

1;義歯安定剤が指に全く付かない。

0057

2;義歯安定剤が指に殆ど付かない。

0058

3;義歯安定剤が指に少し付く。

0059

4;義歯安定剤が指によく付く。

0060

5;義歯安定剤が指に非常によく付く。

0061

得られた結果を表2に示す。

0062

【表2】

0063

表2中、◎は総和が10〜20であって使用感が優れていることを示し、○は総和が21〜30であって使用感が良好であることを示し、△は総和が31〜40であって使用感が悪いことを示し、×は総和が41〜50であって使用感が極めて悪いことを示す。

0064

表2から明らかなように、実施例の義歯安定剤は比較例のものに比べ指に付きにくく、したがって使用感が改善されたことが分かる。

0065

ii)剥離性試験
実施例1および比較例1で得られた義歯安定剤について、下記の方法で剥離性の試験を行った。同じ試験を3回繰り返した。

0066

▲1▼義歯安定剤を1g取り、アクリル樹脂板上に薄く塗布した。

0067

▲2▼これを約37℃の温水中に3日間浸漬した。

0068

▲3▼この後、義歯安定剤を試験板から剥した。この時の剥離された義歯安定剤の面積を下記の5段階の評価基準で評価した。

0069

1;義歯安定剤が100%剥がれた。

0070

2;義歯安定剤が80%剥がれた。

0071

3;義歯安定剤が50%剥がれた。

0072

4;義歯安定剤が30%剥がれた。

0073

5;義歯安定剤が全く剥がれなかった。

0074

得られた結果を表3に示す。

0075

【表3】

発明を実施するための最良の形態

0076

表3から明らかなように、実施例1の義歯安定剤は頗る良好な剥離性を示した。

図面の簡単な説明

0077

この発明によれば、義歯床の裏面に塗り付けて装着する際に指への付着量が少なく使用感に優れ、加えて、義歯床の裏面から全体を容易に剥すことができる剥離性に優れた義歯安定剤を提供することができる。

図1
使用感試験のa)付着量測定において、義歯安定剤が指に付着した量を示すグラフである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ