図面 (/)

技術 占いゲームシステム、プログラム、情報記憶媒体および占いゲーム画像生成方法

出願人 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
発明者 佐々木洋山下正三橋徳彦佐藤皇太郎
出願日 2003年5月21日 (17年7ヶ月経過) 出願番号 2003-143419
公開日 2004年12月9日 (16年0ヶ月経過) 公開番号 2004-344301
状態 特許登録済
技術分野 電子ゲーム機
主要キーワード 光線処理 画像認識率 占い処理 感圧パネル タロットカード 占いデータ 端末側情報 占いゲーム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年12月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カード画像認識率を向上させることが可能な占いゲームシステムプログラム情報記憶媒体および占いゲーム画像生成方法を提供すること。

解決手段

タロットカード撮像する撮像部240と、撮像部240を制御する制御部260と、撮像部240による撮像情報に基づき、画角が適切かどうかを判定する判定部214と、撮像部240による撮像情報に基づく撮像編集情報を生成する情報生成部212と、当該撮像編集情報を、サーバーへ向け送信し、占い結果情報を受信する送受信部290とを含んで携帯電話200を構成する。

概要

背景

タロットカード等の占い用カードを用いた占いゲームシステムが提案されている。しかし、ほとんどの占いゲームシステムは、CPUが勝手にゲーム空間内の占い用カードをシャッフルし、ユーザーは、占い結果を見るだけであり、実際の占いとは異なるものとなっている。

概要

撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることが可能な占いゲームシステム、プログラム情報記憶媒体および占いゲーム画像生成方法を提供すること。タロットカードを撮像する撮像部240と、撮像部240を制御する制御部260と、撮像部240による撮像情報に基づき、画角が適切かどうかを判定する判定部214と、撮像部240による撮像情報に基づく撮像編集情報を生成する情報生成部212と、当該撮像編集情報を、サーバーへ向け送信し、占い結果情報を受信する送受信部290とを含んで携帯電話200を構成する。

目的

本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、その目的は、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることが可能な占いゲームシステム、プログラム、情報記憶媒体および占いゲーム画像生成方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

端末装置と、サーバーとを含む占いゲームシステムにおいて、前記サーバーは、前記端末装置から少なくとも1枚の占い用カード撮影画像を含む撮像編集情報を受信し、前記端末装置へ向け占い結果を示す占い結果情報を送信するサーバー側送受信手段と、各占い用カード識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段と、当該画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、前記占い結果情報を生成するサーバー側情報生成手段と、を含み、前記端末装置は、前記占い用カードを撮像する撮像手段と、当該撮像手段を制御する制御手段と、前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、前記撮像手段による撮像情報に基づく撮像編集情報を生成する端末側情報生成手段と、当該撮像編集情報を、前記サーバーへ向け送信し、前記占い結果情報を受信する端末側送受信手段と、を含み、前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整させて前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像させるために、前記撮像手段を制御することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項2

請求項1において、前記撮像条件は、前記占い用カードの部分の撮影画像の解像度が所定の基準解像度範囲内であるという条件を含み、前記制御手段は、当該条件を満たしていない場合、前記撮像手段の解像度を調整させて当該条件を満たす状態で再撮像させるために、前記撮像手段を制御することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項3

請求項1、2のいずれかにおいて、前記端末装置は、撮影補助画像を表示する撮影補助画像表示手段を含み、前記撮像条件は、前記占い用カードが撮影画像内の適切な位置に配置されているという条件を含み、前記端末側情報生成手段は、フレーム画像情報を生成し、前記表示手段は、前記撮像手段による撮像に先立って、当該フレーム画像情報に基づき、前記占い用カードの配置位置をフレームで示すフレーム画像を表示することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項4

請求項3において、前記判定手段は、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、前記制御手段は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、画角を変更させて再撮像させるために、前記撮像手段を制御することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項5

請求項3、4のいずれかにおいて、前記判定手段は、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、前記端末側情報生成手段は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、当該占い用カードの画像部分の傾きを調整して前記撮像編集情報を生成することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項6

請求項1〜5のいずれかにおいて、前記端末側情報生成手段は、前記撮像情報が基準解像度以上の場合には、撮像情報よりも解像度を低下させた撮像編集情報を生成することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項7

請求項1〜6のいずれかにおいて、前記端末装置は、画像と音声を出力する出力手段を含み、前記制御手段は、前記画角の調整では前記撮像条件を満たせない場合、前記撮像条件を満たすために、ユーザーに対して撮影位置示唆する画像および音声の少なくとも一方を出力するように、前記出力手段を制御することを特徴とする占いゲームシステム。

請求項8

コンピュータにより読み取り可能なプログラムであって、コンピュータを、少なくとも1枚の占い用カードを撮像し、撮像情報を生成する撮像手段と、当該撮像手段を制御する制御手段と、前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、撮像情報に基づく撮像編集情報と、占い結果情報とを生成する情報生成手段と、各占い用カードを識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段として機能させ、前記情報生成手段は、前記画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、占い結果情報を生成し、前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とするプログラム。

請求項9

コンピュータにより読み取り可能なプログラムを記憶した情報記憶媒体であって、コンピュータを、少なくとも1枚の占い用カードを撮像し、撮像情報を生成する撮像手段と、当該撮像手段を制御する制御手段と、前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、撮像情報に基づく撮像編集情報と、占い結果情報とを生成する情報生成手段と、各占い用カードを識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段として機能させるためのプログラムを記憶し、前記情報生成手段は、前記画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、占い結果情報を生成し、前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とする情報記憶媒体。

請求項10

少なくとも1枚の占い用カードに基づく占い結果を示す占いゲーム画像を生成する占いゲーム画像生成方法において、撮像部によって前記占い用カードを撮像して撮像情報を生成し、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮像情報に含まれるかどうかを判定し、前記占い用カードが撮像情報に含まれない場合には、撮像範囲を拡大して再撮像するように、前記撮像部に制御信号を出力し、撮像範囲が調整された撮像情報に基づき、前記占いゲーム画像を生成することを特徴とする占いゲーム画像生成方法。

技術分野

0002

タロットカード等の占い用カードを用いた占いゲームシステムが提案されている。しかし、ほとんどの占いゲームシステムは、CPUが勝手にゲーム空間内の占い用カードをシャッフルし、ユーザーは、占い結果を見るだけであり、実際の占いとは異なるものとなっている。

0003

このような問題点に鑑み、より現実の占いゲームに近づけるため、例えば、特許文献1には、ユーザーが自分でシャッフルしたタロットカードを撮像して占い結果を表示する業務用ゲーム装置が記載されている。

背景技術

0004

【特許文献1】
特開2001−300136号公報

0005

例えば、特許文献1の図2に記載された業務用ゲーム装置のように、カメラ種別既知である上、カメラとタロットカードの載置台が固定され、タロットカードとカメラとの距離が一定である場合、カメラによる撮像情報はほぼ確実にタロットカードの情報を含んでおり、画像の解像度も固定であるため、画像の認識は比較的容易である。

0006

しかし、いわゆるカメラ付き携帯電話等の端末装置がタロットカードを撮像して占いを行う場合、カメラとカードとの距離は一定ではない上、携帯電話のカメラの機種使用状況によって解像度、画角等も異なるため、画像認識率が低下してしまい、適切な占い結果を提示できない事態も生じ得る。

0007

また、いわゆるクライアントサーバー方式で画像処理を行う場合、サーバーネットワーク負荷を軽減することも重要である。

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、その目的は、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることが可能な占いゲームシステム、プログラム、情報記憶媒体および占いゲーム画像生成方法を提供することにある。

0009

上記課題を解決するため、本発明に係る占いゲームシステムは、端末装置と、サーバーとを含む占いゲームシステムにおいて、
前記サーバーは、
前記端末装置から少なくとも1枚の占い用カードの撮影画像を含む撮像編集情報を受信し、前記端末装置へ向け結果を示す占い結果情報を送信するサーバー側送受信手段と、
各占い用カード識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、
前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段と、
当該画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、前記占い結果情報を生成するサーバー側情報生成手段と、
を含み、
前記端末装置は、
前記占い用カードを撮像する撮像手段と、
当該撮像手段を制御する制御手段と、
前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、
前記撮像手段による撮像情報に基づく撮像編集情報を生成する端末側情報生成手段と、
当該撮像編集情報を、前記サーバーへ向け送信し、前記占い結果情報を受信する端末側送受信手段と、
を含み、
前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、
前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とする。

0010

また、本発明に係る占いゲームシステムは、少なくとも1枚の占い用カードを撮像し、撮像情報を生成する撮像手段と、
当該撮像手段を制御する制御手段と、
前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、
撮像情報に基づく撮像編集情報と、占い結果情報とを生成する情報生成手段と、
各占い用カードを識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、
前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段と、
を含み、
前記情報生成手段は、前記画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、占い結果情報を生成し、
前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、
前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とする。

0011

また、本発明に係るプログラムは、コンピュータにより読み取り可能なプログラムであって、
コンピュータを、
前記占い用カードを撮像し、撮像情報を生成する撮像手段と、
当該撮像手段を制御する制御手段と、
前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、
撮像情報に基づく撮像編集情報と、占い結果情報とを生成する情報生成手段と、
各占い用カードを識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、
前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段として機能させ、
前記情報生成手段は、前記画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、占い結果情報を生成し、
前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、
前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とする。

0012

また、本発明に係る情報記憶媒体は、コンピュータにより読み取り可能なプログラムを記憶した情報記憶媒体であって、
コンピュータを、
少なくとも1枚の占い用カードを撮像し、撮像情報を生成する撮像手段と、
当該撮像手段を制御する制御手段と、
前記撮像手段による撮像情報に基づき、撮像が適切かどうかを判定する判定手段と、
撮像情報に基づく撮像編集情報と、占い結果情報とを生成する情報生成手段と、
各占い用カードを識別するための判定用データと、占いを行うための占いデータとを記憶する記憶手段と、
前記撮像編集情報と、前記判定用データとに基づき、各占い用カードの種別を認識する画像認識手段として機能させるためのプログラムを記憶し、
前記情報生成手段は、前記画像認識手段による認識結果と、前記占いデータとに基づき、占い結果情報を生成し、
前記判定手段は、前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮影画像内に含まれているという条件を含む撮像条件を満たしているかどうかを判定し、
前記制御手段は、前記撮像条件を満たしていない場合、前記撮像手段の画角を調整して前記撮像条件を満たすように駆動制御して再撮像するように、前記撮像手段を制御することを特徴とする。

0013

また、本発明に係る占いゲーム画像生成方法は、少なくとも1枚の占い用カードに基づく占い結果を示す占いゲーム画像を生成する占いゲーム画像生成方法において、
撮像部によって前記占い用カードを撮像して撮像情報を生成し、
前記撮像情報に基づき、前記占い用カードが撮像情報に含まれるかどうかを判定し、
前記占い用カードが撮像情報に含まれない場合には、撮像範囲を拡大して再撮像するように、前記撮像部に制御信号を出力し、
撮像範囲が調整された撮像情報に基づき、前記占いゲーム画像を生成することを特徴とする。

0014

本発明によれば、占いゲームシステム等は、解像度が適切でない場合には自動的に解像度を調整して再撮像したり、画像処理によって解像度を調整したり、画角が適切でない場合には画角を調整するように撮像手段を制御することにより、適切な撮像編集情報を用いて画像認識を行うことができる。

0015

これにより、占いゲームシステム等は、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることができる。

0016

また、前記占いゲームシステム、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、前記撮像条件は、前記占い用カードの部分の撮影画像の解像度が所定の基準解像度範囲内であるという条件を含み、
前記制御手段は、当該条件を満たしていない場合、前記撮像手段の解像度を調整させて当該条件を満たす状態で再撮像させるために、前記撮像手段を制御してもよい。

0017

また、前記占いゲーム画像生成方法は、前記占い用カードの部分の撮影画像の解像度が所定の基準解像度範囲内であるかどうかを判定し、
基準解像度範囲内でない場合、前記撮像部の解像度を調整させて当該条件を満たす状態で再撮像させるために、前記撮像部を制御してもよい。

0018

これによれば、占いゲームシステム等は、撮像画像のうち少なくとも占い用カードの部分が基準解像度を満たすように再撮像させることができるため、占い用カードの画像認識率を向上させることができる。

0019

また、前記端末側情報生成手段は、前記撮像情報が基準解像度以上の場合には、撮像情報よりも解像度を低下させた撮像編集情報を生成してもよい。

0020

これによれば、占いゲームシステム等は、撮像情報のデータ量を低減することができるため、記憶領域のデータ占有量や、ネットワークへの負荷を軽減することができる。

0021

また、前記占いゲームシステムにおいて、前記端末装置または前記占いゲームシステムは、撮影補助画像を表示する撮影補助画像表示手段を含み、
前記撮像条件は、前記占い用カードが撮影画像内の適切な位置に配置されているという条件を含み、
前記端末側情報生成手段は、フレーム画像情報を生成し、
前記表示手段は、前記撮像手段による撮像に先立って、当該フレーム画像情報に基づき、前記占い用カードの配置位置をフレームで示すフレーム画像を表示してもよい。

0022

また、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、撮影補助画像を表示する撮影補助画像表示手段としてコンピュータを機能させるためのプログラムを記憶し、
前記撮像条件は、前記占い用カードが撮影画像内の適切な位置に配置されているという条件を含み、
前記端末側情報生成手段は、フレーム画像情報を生成し、
前記表示手段は、前記撮像手段による撮像に先立って、当該フレーム画像情報に基づき、前記占い用カードの配置位置をフレームで示すフレーム画像を表示してもよい。

0023

また、前記占いゲーム画像生成方法は、
フレーム画像情報を生成し、
前記撮像部による撮像に先立って、フレーム画像情報に基づき、前記占い用カードの配置位置をフレームで示すフレーム画像を表示してもよい。

0024

これによれば、占いゲームシステム等は、フレーム画像によってユーザーに占い用カードの配置位置を提示することにより、占い用カードがより適切に配置されるため、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることができる。

0025

また、前記占いゲームシステム、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、前記判定手段は、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、
前記制御手段は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、画角を変更させて再撮像させるために、前記撮像手段を制御してもよい。

0026

また、前記占いゲーム画像生成方法において、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、
フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、画角を変更させて再撮像させるために、前記撮像部を制御してもよい。

0027

これによれば、占いゲームシステム等は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、画角を変更して再撮像することにより、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることができる。

0028

また、前記占いゲームシステム、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、前記判定手段は、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、
前記端末側情報生成手段または前記情報生成手段は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、当該占い用カードの画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成してもよい。

0029

また、前記占いゲーム画像生成方法において、前記撮像情報と、前記フレーム画像情報とに基づき、各占い用カードがフレーム内に入っているかどうかを判定し、
フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、当該占い用カードの画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成してもよい。

0030

これによれば、占いゲームシステム等は、フレームから出ている占い用カードがある場合、当該占い用カードがフレーム内に入るように、当該占い用カードの画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成することにより、撮像情報に基づく占いゲーム用の占い用カードの画像認識率を向上させることができる。

0031

また、前記占いゲームシステム、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、前記端末装置は、画像と音声を出力する出力手段を含み、
前記制御手段は、前記画角の調整では前記撮像条件を満たせない場合、前記撮像条件を満たすために、ユーザーに対して撮影位置示唆する画像および音声の少なくとも一方を出力するように、前記出力手段を制御してもよい。

0032

また、前記占いゲーム画像生成方法において、前記占い用カードが撮像情報に含まれない場合、ユーザーに対して撮影位置を示唆するゲーム画像を生成してもよい。

0033

これによれば、占いゲームシステム等は、画角の調整等では撮像条件を満たせない場合であっても、ユーザーに撮影位置を調整させることにより、撮像条件を満たし、適切な撮像編集情報または撮像情報を出力することができ、各占い用カードの認識率を向上させることができる。

0034

また、前記占いゲームシステム、前記プログラムおよび前記情報記憶媒体において、各占い用カードは占い用カードの向きを識別するための方向マークを有し、
前記端末側情報生成手段は、前記撮像情報に含まれる各占い用カードの方向マークに基づき、各占い用カードの画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成してもよい。

0035

また、前記占いゲーム画像生成方法において、各占い用カードは占い用カードの向きを識別するための方向マークを有し、
前記撮像情報に含まれる各占い用カードの方向マークに基づき、各占い用カードの画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成してもよい。

課題を解決するための手段

0036

これによれば、占いゲームシステム等は、各占い用カードの傾きがそれぞれ異なっている場合であっても、各占い用カードの傾きを一方向に揃えることができる。これにより、占いゲームシステム等は、各占い用カードの認識率を向上させることができる。

0037

以下、本発明を、タロット占いゲーム用の占いゲームシステムに適用した場合を例に採り、図面を参照しつつ説明する。なお、以下に示す実施形態は、特許請求の範囲に記載された発明の内容を何ら限定するものではない。また、以下の実施形態に示す構成の全てが、特許請求の範囲に記載された発明の解決手段として必須であるとは限らない。

0038

(占いゲームシステム全体の説明)
図1は、本実施形態の一例に係る占いゲームシステム全体の概略図である。

0039

占いゲームシステムは、サーバー100と、当該サーバー100とネットワーク300を介して接続されている端末装置の一種である携帯電話200とを含んで構成されている。

0040

また、携帯電話200は、CMOSカメラを有する撮像部と、液晶ディスプレイを有する表示部を含んで構成されている。

0041

ユーザーは、撮像部を用いて占い用カードの一種であるタロットカードを撮像し、携帯電話200は、当該撮像情報に基づく撮像編集情報をサーバー100へ向け送信する。

0042

サーバー100は、当該撮像編集情報に基づき、占いを行い、占い結果を示す占い結果情報を携帯電話200へ向け送信する。

0043

携帯電話200は、表示部を用いて占い結果画像を表示する。

0044

このように、占いを自動的に実行することにより、ユーザーは、占いに関する知識を有していない場合でも、適切な占いを行うことができる。

0045

また、CPUが勝手にシャッフルするのではなく、ユーザーが自分でシャッフルした複数(1枚でもよい。)のタロットカードに基づく占いであるため、占いの信憑性をより高めることができる。

0046

さらに、本実施形態の携帯電話200は、撮像部を制御したり、撮像情報を加工したりすることにより、所定の基準を満たす撮像編集情報を生成することができるため、サーバー100は、当該撮像編集情報に基づいて画像認識を行うことにより、タロットカードの認識率をより高めることができる。

0047

機能ブロックの説明)
次に、このような機能を実現するための占いゲームシステムの機能ブロックについて説明する。

0048

図2は、本実施形態の一例に係るサーバー100の機能ブロック図である。

0049

サーバー100は、所定の処理を行う処理部110と、所定のデータを記憶する記憶部120と、携帯電話200と情報を送受信するサーバー側送受信手段である送受信部190とを含んで構成されている。

0050

また、記憶部120は、占いを行うための占いデータ122と、各占い用カードを識別するための判定用データ124と、占いゲームを行うためのゲームプログラム126とを記憶している。

0051

また、処理部110は、タロットカードの認識結果とゲームプログラム126に基づき、占い結果情報を生成するサーバー側情報生成手段である情報生成部112と、撮像編集情報と判定用データ124に基づいて各タロットカードの種別を認識する画像認識部114と、占いデータ122等を更新する更新部116とを含んで構成されている。

0052

なお、これらの各部の機能は、送受信部190としては例えばルーター等、処理部110としては例えばCPUや画像処理回路等、記憶部120としては例えばRAM等を用いて実現することが可能である。

0053

また、コンピュータを上述した各部として機能させるためのプログラムが記憶された情報記憶媒体180から当該コンピュータがプログラムを読み取って上述した各部を実現することも可能である。

0054

また、コンピュータは、情報記憶媒体180からではなく、例えば、ネットワークを介して所定のホスト端末等からプログラムを読み取って上述したサーバー100の各部の機能を実現することも可能である。

0055

なお、情報記憶媒体180としては、例えば、CD−ROM、DVD−ROM、ICカード、ROM、RAM、メモリカード、HDD等のレーザー磁気等を用いた記憶媒体を適用できる。また、情報記憶媒体180からのプログラムの読み取り方式は、接触式でも非接触式でもよい。

0056

次に、携帯電話200の機能ブロックについて説明する。

0057

図3は、本実施形態の一例に係る携帯電話200の機能ブロック図である。

0058

携帯電話200は、サーバー100と情報を送受信する端末側送受信手段として機能する送受信部290と、処理部210と、記憶部220と、タロットカードを撮像して撮像情報を生成する撮像部240と、撮像指示を行う操作部230と、出力部250と、撮像部240の撮像を制御する制御部260とを含んで構成されている。

0059

また、記憶部220には、占いゲームを行うためのゲームプログラム222と、撮像情報を示す撮像データ224が記憶されている。

0060

また、処理部210は、ゲームプログラム222に基づき占いゲーム画像情報を生成するとともに、撮像情報に基づく撮像編集情報を生成する端末側情報生成手段として機能する情報生成部212と、撮像情報に基づいて撮像が適切かどうかを判定する判定部214と、記憶部220内のデータを更新する更新部216とを含んで構成されている。

0061

また、出力部250は、表示部252と、音声出力部254とを含んで構成されている。

0062

なお、これらの各部の機能は、送受信部290としては例えば無線通信アンテナ等、処理部210としては例えばCPUや画像処理回路等、記憶部220としては例えばRAM等、操作部230としては例えば感圧パネル等、撮像部240としては例えばズーム機能画角調整機能)と解像度調整機能を有するCMOSカメラ等、表示部252としては例えば液晶パネル等、音声出力部254としては例えばスピーカー等、制御部260としては例えばCPU等を用いて実現することが可能である。

0063

また、コンピュータを上述した各部として機能させるためのプログラムが記憶された情報記憶媒体280から当該コンピュータがプログラムを読み取って上述した携帯電話200の各部の機能を実現することも可能である。

0064

(処理の流れの説明)
次に、これらの各部を用いた処理の流れについて説明する。

0065

図4は、本実施形態の一例に係るカード配置から撮像データ送信までの処理の流れを示すフローチャートである。

0066

占いを行うユーザーは、タロット占いのルールに従ってタロットカードを配置する(ステップS1)。

0067

図5は、本実施形態の一例に係るタロットカード10の正面図である。

0068

タロットカード10は、絵柄14に加え、方向マーク12を有している。方向マーク12は、タロットカード10の向きを識別するためのマークである。図5に示す例では、方向マーク12は、タロットカード10の上方向に向いた矢印と右方向に向いた矢印が垂直に交わったマークとなっている。

0069

なお、方向マーク12は、肉眼識別可能なものであってもよいし、肉眼では識別できないが画像処理や光線処理によって識別可能となるものであってもよい。特に、後者の場合、ユーザーは、方向マーク12を気にすることなく占いを行うことができる。

0070

カードの配置後、ユーザーは、撮像部240をタロットカード10に向けて操作部230を操作して撮像指示を行う。

0071

制御部260は、操作部230からの撮像指示情報に基づき、撮像部240の制御のため、撮像部240に撮像指示信号を出力する(ステップS2)。

0072

撮像部240は、当該撮像指示信号に基づき、撮像を行い、撮像情報を出力する(ステップS3)。

0073

本実施例では、判定部214は、撮像条件として、占いに必要なタロットカード10が撮影画像内に含まれているという条件と、占いに必要なタロットカード10の配置が適切であるという条件を設定している。そして、判定部214は、撮像部240からの撮像情報がこれらの条件を満たしているかどうかを判定する。

0074

まず、判定部214は、撮像部240からの撮像情報に基づき、占いに必要なタロットカード10が撮影画像内に含まれているかどうかを判定する(ステップS4)。

0075

より具体的には、判定部214は、例えば、占いを行うために10枚のタロットカード10が必要な場合であって、撮像画像内に9枚のタロットカード10が存在し、1枚のタロットカード10が撮像画像からはみ出している場合、撮像部240の画角が適切かどうかを判定し、制御部260は、撮像範囲を拡大して再撮像するように撮像部240に画角を広くする制御信号を出力してもよい(ステップS5)。

0076

また、この場合は、制御部260は、撮像範囲からはみ出している方向に撮像部240の光軸を向けて再撮像するように撮像部240に制御信号を出力してもよい。

0077

なお、このような制御信号としては、例えば、ボタン操作によって画角等を変更する場合の制御信号と同様の制御信号を適用すればよい。

0078

また、判定部214は、必要なタロットカード10が撮像範囲内にある場合、タロットカード10の配置が適切かどうかを判定する(ステップS6)。

0079

図6は、本実施形態の一例に係るタロットカード10が整列された状態での撮像画像400を示す図である。また、図7は、本実施形態の一例に係るタロットカード10が整列されていない状態での撮像画像410を示す図である。

0080

10枚のタロットカード10−1〜10−10が整列されている場合、撮像画像は、例えば、図6に示す撮像画像400のようになる。

0081

しかし、10枚のタロットカード10−1〜10−10が整列されていない場合、撮像画像は、例えば、図7に示す撮像画像410のようになる。撮像画像410では、各タロットカード10がそれぞれ異なる傾きとなっている。

0082

本実施の形態では、撮像画像400、410におけるタロットカード10のフレーム(外枠、4角または対向する2角)を設定しておき、タロットカード10がフレームから出ている場合、タロットカード10がフレームに入るように画角を変更したり、タロットカード10の画像部分の向きを調整する。

0083

また、タロットカード10が足りない、別のカードを使用している等の場合、タロットカード10の配置は適切でないため、情報生成部212は、ユーザーにタロットカード10の再配置を指示する指示画像情報を生成し、表示部252は、当該指示画像情報に基づき、ユーザーにタロットカード10の再配置を指示する指示画像を表示する(ステップS7)。

0084

なお、より具体的には、情報生成部212は、撮像情報に対してエッジ検出処理を行ってタロットカード10の外枠を把握し、撮像情報に含まれるタロットカード10の方向マーク12に基づき、タロットカード10の上下左右の向きを把握する。判定部214は、情報生成部212の把握結果に基づいて当該外枠とフレームとの角度のずれを把握する。そして、情報生成部212は、当該角度のずれを修正するように、タロットカード10の画像部分の向きを調整する。

0085

このようにして情報生成部212は、撮像画像410を撮像画像400のように修正した撮像編集情報を生成する(ステップS8)。

0086

そして、送受信部290は、当該撮像編集情報をサーバー100へ向け送信する(ステップS9)。

0087

次に、撮像編集情報受信から占い結果出力までの処理の流れについて説明する。

0088

図8は、本実施形態の一例に係る撮像情報受信から占い結果出力までの処理の流れを示すフローチャートである。

0089

サーバー100は、携帯電話200から送信される撮像編集情報を受信する(ステップS11)。

0090

画像認識部114は、当該撮像編集情報と、判定用データ124に基づき、タロットカード10の配置と内容を識別する(ステップS12)。

0091

そして、情報生成部112は、当該識別結果と、タロットカード10の配置と、占いデータ122に基づき、占い結果を示す占い結果画像情報を生成する(ステップS13)。

0092

そして、送受信部190は、当該占い結果画像情報を携帯電話200へ向け送信する(ステップS14)。

0093

また、携帯電話200は、当該占い結果画像情報を受信し(ステップS15)、表示部252は、当該占い結果画像情報に基づき占い結果画像を表示し、音声出力部254は、当該占い結果画像情報に付加された音声情報に基づき、占い結果を示す音声を出力する(ステップS16)。

0094

以上のように、本実施形態によれば、占いゲームシステムは、解像度が適切でない場合には自動的に解像度を調整して再撮像したり、画像処理によって解像度を調整したり、画角が適切でない場合には画角を調整するように撮像部240を制御することにより、適切な撮像編集情報を用いて画像認識を行うことができる。なお、占いゲームシステムは、画角の調整を、光学的(ハードウェア的)に行ってもよいし、ソフトウェア的に行ってもよい。

0095

これにより、占いゲームシステムは、撮像情報に基づくタロット占いゲーム用のタロットカード10の画像認識率を向上させることができる。

0096

また、上述した実施例のように、携帯電話200とサーバー100とのいわゆるクライアントサーバー方式で画像処理を行う場合においては、携帯電話200側で画像処理を行うことにより、サーバー100の処理負荷やネットワーク300の負荷を軽減することができる。

0097

また、本実施形態によれば、占いゲームシステムは、フレームから出ているタロットカード10がある場合、当該タロットカード10がフレーム内に入るように、画角を変更して再撮像したり、当該タロットカード10の画像部分の傾きを調整して撮像編集情報を生成したりすることにより、撮像編集情報に基づくタロットカード10の画像認識率を向上させることができる。

0098

また、本実施形態によれば、占いゲームシステムは、方向マーク12の付加されたタロットカード10を用いており、撮像情報に含まれる方向マーク12に基づいて各タロットカード10の画像部分の傾きを調整した撮像編集情報を生成することにより、撮像編集情報に基づくタロットカード10の画像認識率を向上させることができる。

0099

特に、本実施形態によれば、複数のタロットカード10の種別とに基づいて占い結果を出力することができるため、ユーザーは、より実際の占いに近い占いゲームを行うことができる。

0100

例えば、タロットカード10をカードリーダーで1枚ずつ読み取る方式の場合、複数のタロットカード10を配置するわけではないので、直感的ではなく手間もかかる。また、複数のタロットカード10をフラットベッドスキャナー上に配置して読み取って占い処理を行うことも可能である。しかし、この場合、本来表向きに配置すべきタロットカード10を、スキャナー読み取り面に合わせるために裏向きに配置しなければならず、実際の占いにおける配置とは異なるものとなる。したがって、これらの方式は実際の占いとは大きく異なっており、ユーザーは、違和感を覚えてしまう。

0101

これに対し、本実施形態では、ユーザーが、自分で複数のタロットカード10を配置し、配置したままの状態を撮像部240で撮像して占いの結果を得ることができるため、実際の占いと類似しており、ユーザーは、違和感なく占いを行うことができる。

0102

(変形例)
以上、本発明を適用した好適な実施例について説明したが、本発明は上述した実施例に限定されず、種々の変形が可能である。

0103

例えば、上述したフレームを携帯電話200の液晶画面に表示してもよい。

0104

図9は、本実施形態の一例に係るフレーム画像20を示す図である。

0105

例えば、図9にタロットカード10を配置する順番とタロットカード10の配置位置を示すフレームを表示してもよい。

0106

これによれば、携帯電話200は、フレーム画像20によってユーザーにタロットカード10の配置位置を提示することにより、占い用カードがより適切に配置されるため、撮像情報に基づくタロット占いゲーム用のタロットカード10の画像認識率を向上させることができる。

0107

また、フレーム画像20と同様に、図9にタロットカード10を配置する順番とタロットカード10の配置位置を示すマットを用いてもよい。

0108

これによれば、ユーザーは、マット上のフレームに沿ってタロットカードを配置すればよいため、初心者でもタロットカードを配置しやすい。また、撮像部240は、タロットカードが整列された状態で撮像できるため、画像認識部114は、画像の認識率を高めることができる。

0109

また、この場合、複数のタロットカード10とマットをセットにして販売してもよい。また、タロットカード10を販売する場合、数種類のタロットカード10を雑誌付録展示会場での配布物としてユーザーに配布し、残りのタロットカード10を販売してもよい。

0110

また、タロットカード10の方向マーク12は、上述した形に限定されず、種々のマークを適用可能である。また、方向マーク12を有していないタロットカード10を適用してもよい。

0111

また、判定部214の判定基準となる撮像条件は上述した条件に限定されず、画像の解像度や画像の明るさ(露出)等を条件として設定してもよい。例えば、撮像時の解像度が高すぎる場合、データ量が多くなりメモリ占有量が増える上、撮像情報を、ネットワーク300を介して送信する場合のネットワーク300への負荷も大きくなってしまう。

0112

このような場合、判定部214は、画像の解像度が基準解像度を超えるかどうかを判定し、制御部260は、解像度が基準解像度を超える場合には解像度を下げて再撮像するように撮像部240を制御してもよい。また、制御部260は、露出を調整するように撮像部240を制御してもよい。

0113

なお、解像度を低下させる手法としては、例えば、情報生成部212が、撮像情報の解像度を下げるように画像処理を行って(例えば、画素間引く等)撮像編集情報を生成してもよい。

0114

また、判定部214は、タロットカード10の画像の解像度(当該画像を構成する画素数でもよい。)が基準解像度範囲内かどうかを判定し、制御部260は、解像度が基準解像度範囲外の場合には、解像度を調整して再撮像するように撮像部240を制御してもよい。なお、複数のタロットカード10を用いる場合、判定部214は、すべてのタロットカード10の画像の解像度を判定してもよいし、1枚のタロットカード10の画像の解像度を判定してもよい。

0115

また、判定部214は、例えば、特開2002−49909号公報に記載された画素列の配列に基づくタロットカード10の形状の認識手法を用いてタロットカード10の位置等が適切かどうかを判定してもよい。

0116

また、上述した実施例では、制御部260が撮像部240等を制御したが、画角、解像度等が適切でない場合に、制御部260が表示部252を用いてユーザーへの撮影位置等の調整指示画像を表示したり、制御部260が音声出力部254を用いてユーザーへの撮影位置等を音声で指示したりしてもよい。

0117

具体的には、例えば、撮影画像にタロットカード10以外の障害物が含まれる場合に「カード以外のものが写っています。」といったメッセージを表示したり、撮影画像に必要な枚数のタロットカード10が含まれない場合に「10枚のタロットカード10が撮影範囲に入るように撮影してください。」といったメッセージを音声出力したりするように、制御部260が表示部252や音声出力部254を制御してもよい。

0118

また、本発明は、占いゲームに限定されず、種々の画像認識処理に適用可能である。

0119

また、上述した実施例では、タロットカード10を用いたタロット占いについて説明したが、本発明を、占い用カードとして、例えば、トランプカード等を用いたトランプ占い等に適用してもよい。

発明を実施するための最良の形態

0120

さらに、占いゲームシステムは、上述したサーバー100と携帯電話200を用いたクライアントサーバー方式ではなく、複数の携帯電話200を用いたブルートゥース等の無線通信技術を用いたピアトゥーピア方式でもよく、サーバー100と携帯電話200の機能を備えた単体ゲーム装置として形成してもよい。

図面の簡単な説明

0121

また、上述した実施例では、端末装置として携帯電話200を用いた場合を例に採り説明したが、端末装置として、例えば、PDA、携帯型ゲーム装置家庭用ゲーム装置、業務用ゲーム装置等を適用してもよい。また、撮像部240として単体のデジタルカメラデジタルビデオカメラ等を適用してもよい。

図1
本実施形態の一例に係る占いゲームシステム全体の概略図である。
図2
本実施形態の一例に係るサーバーの機能ブロック図である。
図3
本実施形態の一例に係る携帯電話の機能ブロック図である。
図4
本実施形態の一例に係るカード配置から撮像データ送信までの処理の流れを示すフローチャートである。
図5
本実施形態の一例に係るタロットカードの正面図である。
図6
本実施形態の一例に係るタロットカードが整列された状態での撮像画像を示す図である。
図7
本実施形態の一例に係るタロットカードが整列されていない状態での撮像画像を示す図である。
図8
本実施形態の一例に係る撮像データ受信から占い結果出力までの処理の流れを示すフローチャートである。
図9
本実施形態の一例に係るカード配置用マットの正面図である。
【符号の説明】
112情報生成部(サーバー側情報生成手段)
114画像認識部
116更新部
120 記憶部
122占いデータ
124判定用データ
126ゲームプログラム
180情報記憶媒体
190送受信部(サーバー側送受信手段)
200 携帯電話(端末装置)
212 情報生成部(端末側情報生成手段)
224 撮像データ
240 撮像部
252 表示部
260 制御部
290 送受信部(端末側送受信手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ