図面 (/)

技術 枚葉紙材料給紙装置

出願人 ゴスインターナショナルアジア-パシフィック,インコーポレイテッド
発明者 グレンロジャーキャロンダニエルグレッグディムジオメメットオクタイカイヤエドワードジェイムスリンバート
出願日 2004年5月14日 (16年1ヶ月経過) 出願番号 2004-144296
公開日 2004年12月2日 (15年7ヶ月経過) 公開番号 2004-338955
状態 特許登録済
技術分野 シート、マガジン及び分離
主要キーワード 負圧装置 調節輪 保持ばね カム伝動装置 従動カム 材料マガジン 揺動軸線 阻止位置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年12月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

枚葉紙材料の供給を選択的に阻止する機構を備える枚葉紙給紙装置において、サッカーを移動させるカムおよびカム従動部の摩損を低減する。

解決手段

枚葉紙材料に接触してそれを取り出すサッカー20が取り付けられたサッカーバー16が、主軸12に、主軸12の揺動軸線14の周り揺動可能に連結されており、カム従動部40がカムに接触して駆動されることによって揺動させられる。カム従動部40を支持するカム従動部アーム42は、揺動軸線14を中心として回転可能なブロック44に取り付けられ、ブロック44は、サッカーバー16に固定された止め具31に調節部材30を介して連結されている。調節部材30は、サッカーバー16が揺動させられた時に、サッカー20が枚葉紙材料に接触する位置と、接触しない位置に移動可能である。

概要

背景

例えば、回転するサッカーのサッカー軸によって平坦製品パイルの底から供給する装置が特許文献1に開示されている。

枚葉紙パイルの、一番上の枚葉紙を取り出す昇降サッカーが特許文献2に開示されている。複数の部分からなり、昇降サッカーを案内する従動カム伝動装置リンクを、調節輪によって、昇降サッカーの昇降が変化するように変化させることができ、それによって、昇降サッカーから枚葉紙への距離を変化させることができる。

枚葉紙を上から供給する枚葉紙給紙装置の枚葉紙分離サッカーのサッカーノズルブロックする、接触脚駆動装置に取り付けられた押さえ部を含む装置が特許文献3に開示されている。
米国特許第6213457号明細書
米国特許第5984296号明細書
米国特許第5094439号明細書

概要

枚葉紙材料の供給を選択的に阻止する機構を備える枚葉紙給紙装置において、サッカーを移動させるカムおよびカム従動部の摩損を低減する。枚葉紙材料に接触してそれを取り出すサッカー20が取り付けられたサッカーバー16が、主軸12に、主軸12の揺動軸線14の周り揺動可能に連結されており、カム従動部40がカムに接触して駆動されることによって揺動させられる。カム従動部40を支持するカム従動部アーム42は、揺動軸線14を中心として回転可能なブロック44に取り付けられ、ブロック44は、サッカーバー16に固定された止め具31に調節部材30を介して連結されている。調節部材30は、サッカーバー16が揺動させられた時に、サッカー20が枚葉紙材料に接触する位置と、接触しない位置に移動可能である。

目的

本発明の目的は、カムおよびカム従動部の摩損が低減される、阻止機構を備える枚葉紙給紙装置を提供することにある。本発明の、他の、または追加の目的は、簡単に切り替えることができる有効な阻止機構を有する枚葉紙材料給紙装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

枚葉紙材料パイル貯蔵する枚葉紙材料マガジンと、枚葉紙材料と接触する少なくとも1つのサッカー(20)を含み、揺動軸線(14)を有するサッカーバー装置と、第1の位置と第2の位置になる調節部材(30)とを有し、前記サッカーは、前記調節部材(30)が前記第1の位置にある時、前記サッカー(20)が前記枚葉紙材料と接触する第1の角度位置から、前記サッカー(20)が前記枚葉紙材料パイルから前記枚葉紙材料を取り出すように所定の角度だけ前記揺動軸線(14)を中心として揺動し、前記サッカー(20)は、前記調節部材(30)が前記第2の位置にある時、前記サッカー(20)が前記枚葉紙材料と接触しない第2の角度位置から前記揺動軸線(14)を中心として揺動する枚葉紙材料給紙装置

請求項2

前記サッカー(20)を運転時に揺動させるカム従動部(40)を有する、請求項1に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項3

前記カム従動部(40)は、前記調節部材(30)が前記第1の位置にあるか前記第2の位置にあるかに関係なく、前記サッカー(20)を移動させる、請求項2に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項4

前記サッカーバー装置(10)は、前記揺動軸線(14)を有する主軸(12)と、前記揺動軸線(14)に平行であるがずれて延びているサッカーバー軸線を有するサッカーバー(16)を含んでいる、請求項1に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項5

前記調節部材(30)は、前記揺動軸線(14)と前記サッカーバー(16)の間の角度を変化させる、請求項1に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項6

前記カム従動部(40)によって駆動されて前記揺動軸線(14)を中心として回転可能であり、前記調節部材(30)を介して前記サッカーバー装置(10)と連結されたブロック(44)を有する、請求項2に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項7

前記サッカーバー装置(10)から延び、前記調節部材(30)がばね(32,34)を介して取り付けられた止め具(31)を有する、請求項4に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項8

前記調節部材(30)が前記第2の位置にある時に前記サッカーへの負圧を停止する負圧装置(22)を有する、請求項1に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項9

貯蔵された前記枚葉紙材料の下面に部分的にアクセスするのを可能にするトレーを有する、請求項1に記載の枚葉紙材料給紙装置。

請求項10

枚葉紙を取り出す方法において、第1の運転モードの時に、サッカーバー装置を、サッカーが枚葉紙材料と接触し当該枚葉紙材料を搬送する第1の角度位置から所定の角度だけ回転させるステップと、阻止を実行する第2の運転モードの時に、前記サッカーバー装置を、前記サッカーが前記枚葉紙材料と接触しない第2の角度位置から回転させるステップとを有することを特徴とする方法。

請求項11

前記サッカーへの負圧を、前記第1の運転モードの時には供給し、前記第2の運転モードの時には停止する、請求項10に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、例えば、複数の折丁、複数の個別枚葉紙、または複数の入紙の形態の枚葉紙材料をパイルから供給する枚葉紙材料給紙装置、例えばマガジン給紙装置に関する。

背景技術

0002

例えば、回転するサッカーのサッカー軸によって平坦製品をパイルの底から供給する装置が特許文献1に開示されている。

0003

枚葉紙パイルの、一番上の枚葉紙を取り出す昇降サッカーが特許文献2に開示されている。複数の部分からなり、昇降サッカーを案内する従動カム伝動装置リンクを、調節輪によって、昇降サッカーの昇降が変化するように変化させることができ、それによって、昇降サッカーから枚葉紙への距離を変化させることができる。

0004

枚葉紙を上から供給する枚葉紙給紙装置の枚葉紙分離サッカーのサッカーノズルブロックする、接触脚駆動装置に取り付けられた押さえ部を含む装置が特許文献3に開示されている。
米国特許第6213457号明細書
米国特許第5984296号明細書
米国特許第5094439号明細書

発明が解決しようとする課題

0005

枚葉紙の供給を阻止する阻止機構を備えるのが、多くの場合好ましい。従来技術の、幾つかのカム伝動装置では、カムから完全にまたはほとんど完全にカム従動部を引き離す、ロックバーのような阻止機構が働いている。カム従動部は、給紙工程の再開時に、再び、カムと持続的に接触した状態にされる。しかし、このように引き離しと当接が繰り返されることによって、カムのカム表面および給紙装置の他の部材に摩損が生じる場合がある。

0006

本発明の目的は、カムおよびカム従動部の摩損が低減される、阻止機構を備える枚葉紙給紙装置を提供することにある。本発明の、他の、または追加の目的は、簡単に切り替えることができる有効な阻止機構を有する枚葉紙材料給紙装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本発明による枚葉紙材料給紙装置は、枚葉紙材料パイルを貯蔵する枚葉紙材料マガジンと、枚葉紙材料と接触する少なくとも1つのサッカーを含み、揺動軸線を有するサッカーバー装置と、第1の位置と第2の位置になり、揺動軸線を中心としてサッカーバー装置を揺動させる調節部材とを含み、サッカーは、調節部材が第1の位置にある時には、サッカーが枚葉紙材料と接触する第1の角度位置から、枚葉紙がサッカーによってパイルから取り出されるように、揺動軸を中心として所定の角度だけ揺動し、調節部材が第2の位置にある時には、サッカーが枚葉紙材料と接触しない第2の角度位置から、揺動軸を中心として揺動する。

0008

揺動角度位相位置を変化させる調節部材を備えることによって、簡単に切り替えることができる有効な阻止モードを枚葉紙材料給紙装置に設けることができる。

0009

サッカーは、調節部材が第2の位置にある時、前述の所定の角度だけ再び揺動させることができる。調節部材は、サッカーバー装置とカム従動部の間において切り替えられるのが好ましく、この場合、サッカーのカム従動部が、前述の所定の角度だけ移動させられる。

0010

カム従動部を制御するカムとカム従動部は、調節部材が第1の位置にあるか第2の位置にあるかに関係なく、互いに接触しままであるのが好ましい。

0011

サッカーバー装置は、揺動軸線を有する主軸を含むのが好ましく、揺動軸線に平行だがずれて配置されたサッカーバー軸線を有するサッカーバーを有することができる。この場合、揺動軸線とサッカーバー軸線の間の角度が調節部材によって変えられるのが好ましい。

0012

カムによってカム従動部を介して駆動されるブロックを、調節部材を介してサッカーバーと連結することができる。

0013

調節部材が保持ばねによって取り付けられた止め具がサッカーバーから延びていてよい。

0014

調節部材が第2の位置にある時、負圧装置によってサッカーへの負圧を停止させてもよい。

0015

給紙装置は、枚葉紙材料をパイルの下面から引き出す給紙装置であってよい。

0016

本発明による、枚葉紙を取り出す方法は、第1の運転モードの時、サッカーバー装置を、サッカーが枚葉紙材料と接触し枚葉紙材料を搬送する第1の角度位置から所定の角度だけ揺動させるステップと、阻止を実行する第2の運転モードの時、サッカーバー装置を、サッカーが枚葉紙材料と接触しない第2の角度位置から揺動させるステップを含んでいる。

0017

第1の運転モードの時に、サッカーに負圧を接続することができ、この負圧は第2の運転モードの時には停止させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0018

図1は、本発明によるサッカーバー装置10の斜視図である。主軸12が、枚葉紙材料給紙装置のハウジング内に回転可能に支持され、揺動軸線14を形成している。サッカーバー16が連結部材18を介して主軸12と連結されている。連結部材18は、揺動軸線14を中心として揺動可能であるが、サッカーバー16に剛に連結されている。

0019

サッカーバー16は、管接続部を介して負圧装置22と接続された、軸方向に互いに間隔をおかれた複数のサッカー20を含んでいる。サッカー20への負圧の供給を制御する制御器24が負圧装置22と接続されている。

0020

図2にも示されている駆動されるブロック44が主軸12を中心として自由に回転可能であり、変位部45(図2)を含んでいる。変位部45と、サッカーバー16に剛に連結された止め具31の間に、2つのばね32,34によって止め具31に取り付けられた調節部材30がある。第1の位置において、調節部材30は変位部45を止め具31の近くに保ち、第2の位置において、調節部材30はばね32,34を圧縮し、変位部45を止め具31から押し離す。このようにして、主軸12とサッカーバー16の間の角度を調節部材30によって変えることができる。

0021

調節部材30の位置とは関係なく、カム従動部40を支持するカム従動部アーム42をカムによって駆動することができ、枚葉紙材料給紙装置のハウジングに取り付けられた保持ばね48にカム従動部アーム42によって抗力が加えられる。

0022

カム従動部アーム42は、ブロック44を、主軸12を中心として回転させ、それによってサッカーバー16を止め具31を利用して移動させ、それによりサッカー20を移動させるように駆動する。

0023

図3は、変位部45と止め具31が互いに近づけられた位置にある時、調節部材30が第1の位置にある場合の、サッカー20の、カム伝動による移動を示している。制御器24は、サッカー20に負圧をかける状態にあり、その結果、枚葉紙材料パイル60の、一番下の枚葉紙66を下方に引っ張るように吸着作用が及ぼされている。枚葉紙材料パイル60はトレー70上に載っており、前方の案内部72と背面保持部74を含んでいる。

0024

図4は、変位部45と止め具31が互いに押し離された位置にある時、調節部材30が第2の位置、すなわち阻止位置にある場合の、サッカー20の、カム伝動による移動を示している。この場合、調節器24は調節部材30を動作させ、負圧装置22を停止させている。サッカー20は再び揺動するが、枚葉紙66を取り出すことはない。カムとカム従動部40は接触したままに保つことができ、それによって、摩損が低減される。

図面の簡単な説明

0025

サッカーバー装置の斜視図である。
サッカーバー装置の背面斜視図である。
第1の運転モードの時の枚葉紙材料給紙装置を示す図である。
第2の運転モードの時の枚葉紙材料給紙装置を示す図である。

符号の説明

0026

10サッカーバー装置
12主軸
14揺動軸線
16サッカーバー
18連結部材
20サッカー
22負圧装置
24制御器
30調節部材
31,48止め具
32,34 ばね
40カム従動部
42 カム従動部アーム
44ブロック
45変位部
46保持ばね
60枚葉紙材料パイル
66 枚葉紙
70トレー
72 案内部
74 背面保持部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ