図面 (/)

技術 蛍光染料と不溶性のコンディショニング剤を含有するヒトのケラチン物質を染色するための組成物、その方法及びその使用

出願人 ロレアル
発明者 グレゴリープロスアンリサマン
出願日 2004年4月1日 (16年7ヶ月経過) 出願番号 2004-109536
公開日 2004年11月4日 (16年0ヶ月経過) 公開番号 2004-307503
状態 拒絶査定
技術分野 化粧料
主要キーワード フルオロアミン類 蛍光効果 アズラクトン類 皮膚トーン 分光比 蛍光白色 感光性染料 ポリイソブテン類
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年11月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ケラチン繊維等のケラチン物質に対する良好な染色親和性、外的要因、特にシャンプーに対する良好な耐性を示し、処理される物質、特にケラチン繊維を損傷することなく明色化可能な組成物を提供する。

解決手段

少なくとも一種類の蛍光染料で500〜650ナノメートルの範囲の波長、好ましくは550〜620ナノメートルの範囲の波長において最大反射率を至らしめるものと、少なくとも一種類の不溶性コンディショニング剤を含有する組成物。

概要

背景

概要

ケラチン繊維等のケラチン物質に対する良好な染色親和性、外的要因、特にシャンプーに対する良好な耐性を示し、処理される物質、特にケラチン繊維を損傷することなく明色化可能な組成物を提供する。少なくとも一種類の蛍光染料で500〜650ナノメートルの範囲の波長、好ましくは550〜620ナノメートルの範囲の波長において最大反射率を至らしめるものと、少なくとも一種類の不溶性コンディショニング剤を含有する組成物。なし

目的

本発明の目的は、上述した問題を解決する、特にケラチン繊維等のケラチン物質に対する良好な染色親和性、外的要因、特にシャンプーに対する良好な耐性を有し、処理される物質、特にケラチン繊維を損傷することなく、明色化可能な組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

化粧品的許容可能な媒体に、該媒体に溶解する少なくとも一の蛍光染料、及び合成油鉱物性油植物性油動物性油、フルオロ油、ペルフルオロ油、天然又は合成ロウカルボン酸エステル、R1が、α位においてヒドロキシル基で、又はω位においてC16-C30脂肪酸エステル化されたヒドロキシル基で置換されていてもよいC14-C30アルキル基であり、R2が、水素原子、又はnが1〜4の範囲であり、mが1〜8の範囲にある(グリコシル)n又は(ガラクトシル)m基を示し、RがC16-C30α-ヒドロキシ酸でエステル化されていてもよいC15-C26α-ヒドロキシアルキル基、又はアルキル基で置換されていてもよいC15-C26炭化水素ベース基を示す、式R3CHOH-CH(NHCOR1)-CH2OR2の化合物;の単独物又は混合物から選択され、該媒体に不溶の、少なくとも一のコンディショニング剤を含有せしめてなることを特徴とする組成物

請求項2

蛍光染料が、500〜650ナノメートルの範囲の波長、好ましくは550〜620ナノメートルの範囲の波長において最大反射率を至らしめることを特徴とする、請求項1に記載の組成物。

請求項3

蛍光染料が、次のファミリーナフタルイミド類;カチオン性又は非カチオン性クマリン類キサンテノジキノリジン類;アザキサンテン類;ナフトラクタム類アズラクトン類オキサジン類;チアジン類ジオキサジン類;アゾ、アゾメチン又はメチン型のモノカチオン性又はポリカチオン性蛍光染料の単独物又は混合物に属する蛍光染料から選択されることを特徴とする、請求項1又は2に記載の組成物。

請求項4

蛍光化合物が、次の式:[上式中:R1及びR2は同一でも異なっていてもよく:・水素原子;・少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;・アリール又はアリールアルキル基であって、アリール基が6つの炭素原子を有し、アルキル基が1〜4の炭素原子を有し;アリール基が、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基で置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する一又は複数の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよいもの;を表し;・またR1及びR2は、窒素原子と共に複素環を形成するように結合していてもよく、また一又は複数の他のヘテロ原子を有していてもよく、ここで複素環は、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよく;・さらにR1又はR2は、窒素原子、及び該窒素原子を担持するフェニル基の炭素原子の一つを有する複素環に含まれていてもよく;R3及びR4は同一でも異なっていてもよく、水素原子又は1〜4の炭素原子を有するアルキル基を表し;R5は同一でも異なっていてもよく、少なくとも一のヘテロ原子が挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基、ハロゲン原子又は水素原子を表し;R6は同一でも異なっていてもよく、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;ハロゲン原子;水素原子を表し;Xは:・少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、2〜14の炭素原子を有するアルケニル基、又は1〜14の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;・少なくとも一のハロゲン原子;少なくとも一のヘテロ原子で置換されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアミノアルキル基;少なくとも一のヘテロ原子で置換されていてもよい、1〜14の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよい、5-又は6員の複素環基;・少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子を有する少なくとも一のアルキル基、又は少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよいアリール基、1〜4の炭素原子を有するアルキル基で離間していてもよい縮合又は非縮合芳香族又は二芳香族基;・ジカルボニル基;を表し、・またX基は一又は複数のカチオン電荷を担持可能であり;aは0又は1と等しく;Y−は同一でも異なっていてもよく、有機又は無機アニオンを表し;nは、少なくて2に等しく、多くて蛍光化合物:(上式中、Rはメチル又はエチル基を表し;R'はメチル基を表し、X−は塩化物ヨウ化物スルファートメトスルファート、アセタート又はペルクロラート等のアニオンを表す)に存在するカチオン電荷の数に等しい整数である]のものであることを特徴とする、請求項1ないし3のいずれか1項に記載の組成物。

請求項5

蛍光染料が、組成物の全重量に対して、0.01重量%〜20重量%、特に0.05重量%〜10重量%、好ましくは0.1重量%〜5重量%の重量濃度で存在していることを特徴とする、請求項1ないし4のいずれか1項に記載の組成物。

請求項6

不溶性のコンディショニング剤が:・ポリオレフィン類、特にポリ-α-オレフィン類等の合成油;・ヒマワリ油コーン油大豆油アボカド油ホホバ油、マロー油、グレーシード油ゴマ油ヘーゼルナッツ油魚油トリカプロカプリル酸グリセリル、R9がC7-C29脂肪酸残基を表し、R10が直鎖状又は分枝状のC3-C30炭化水素ベース鎖表す式R9COOR10の植物性又は動物性油;天然又は合成の精油;・天然の動物性又は植物性ロウ、又は合成ロウ;・N-リノレイルジヒドロスフィンゴシン、N-オレイルジヒドロスフィンゴシン、N-パルミトイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、又はN-ベヘノイルジヒドロスフィンゴシン;・ペルフルオロポリエーテル、フルオロヒドロカーボン油、フルオロヒドロカーボン及びフッ化炭化水素等のフルオロ油;・1〜15molのアルキレンオキシドオキシアルキレン化されていても、もしくは1〜6molのグリセロールポリグリセロール化されていてもよい、直鎖状又は分枝状のC8-C22脂肪アルコール類から選択される脂肪アルコール類;・カルボン酸エステル、特に飽和した脂肪族アルコールの直鎖状又は分枝状で飽和又は不飽和のC1-C26脂肪族酸モノカルボン酸エステルで、これらエステル全炭素数が10以上であるもの;C1-C22アルコール、又はC2-C26ジ-、トリ-、テトラ-又はペンタヒドロキシアルコールとジカルボン酸又はトリカルボン酸とのモノ-、ジ-、トリ-、テトラ-又はペンタ-エステル;の単独物又は混合物からから選択されることを特徴とする、請求項1ないし5のいずれか1項に記載の組成物。

請求項7

コンディショニング剤の含有量が、組成物の全重量に対して0.01重量%〜20重量%、特に組成物の全重量に対して0.1重量%〜10重量%であることを特徴とする、請求項1ないし6のいずれか1項に記載の組成物。

請求項8

少なくとも一の非イオン性アニオン性又は両性界面活性剤を含有することを特徴とする、請求項1ないし7のいずれか1項に記載の組成物。

請求項9

界面活性剤の含有量が、組成物の全重量に対して0.01重量%〜30重量%であることを特徴とする、請求項8に記載の組成物。

請求項10

非イオン性、カチオン性又はアニオン性の、少なくとも一の付加的な非蛍光直接染料をさらに含有していることを特徴とする、請求項1ないし9のいずれか1項に記載の組成物。

請求項11

付加的な直接染料が、ニトロベンゼン染料アゾ染料アントラキノン染料ナフトキノン染料ベンゾキノン染料、フェノチアジン染料、インジゴイド染料キサンテン染料フェナントリジン染料、フタロシアニン染料、及びトリアリールメタンベース染料、又はそれらの混合物から選択されることを特徴とする、請求項10に記載の組成物。

請求項12

付加的な直接染料が、組成物の全重量に対して0.0005重量%〜12重量%、好ましくは0.005重量%〜6重量%であることを特徴とする、請求項10又は11に記載の組成物。

請求項13

明色化染色シャンプーの形態をしていることを特徴とする、請求項1ないし12のいずれか1項に記載の組成物。

請求項14

パラ-フェニレンジアミン類ビス(フェニル)アルキレンジアミン類、パラ-アミノフェノール類オルト-アミノフェノール類及び複素環ベース、又はそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩から選択される、少なくとも一の酸化ベースを含有していることを特徴とする、請求項1ないし13のいずれか1項に記載の組成物。

請求項15

酸化ベースが、組成物の全重量に対して0.0005重量%〜12重量%、特に0.005重量%〜6重量%であることを特徴とする、請求項14に記載の組成物。

請求項16

メタ-フェニレンジアミン類、メタ-アミノフェノール類、メタ-ジフェノール類、及び複素環カップラー、又はそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩から選択される少なくとも一のカップラーを含有していることを特徴とする、請求項14又は15に記載の組成物。

請求項17

カップラーが染色用組成物の全重量に対して0.0001重量%〜10重量%、特に0.005重量%〜5重量%であることを特徴とする、請求項16に記載の組成物。

請求項18

請求項1ないし12及び14ないし17のいずれか1項に記載の組成物と、少なくとも一の酸化剤を含有していることを特徴とする組成物。

請求項19

酸化剤が、過酸化水素過酸化尿素臭素酸アルカリ金属塩、過ホウ酸塩及び過硫酸塩等の過酸塩、及び二電子又は四電子オキシドレダクターゼ及びペルオキシダーゼ等の酵素、好ましくは過酸化水素から選択されることを特徴とする、請求項18に記載の組成物。

請求項20

次の工程:a)請求項1ないし19のいずれか1項に記載の組成物を、所望の着色及び明色化がなされるのに十分な時間、ヒトのケラチン繊維に適用し、b)場合によっては繊維をすすぎ、c)場合によってはシャンプーで繊維を洗浄してすすぎ、d)繊維を乾燥するか、又は乾燥するまで放置する、を実施することを特徴とする、明色化効果を伴うヒトのケラチン繊維の染色方法

請求項21

一方では、請求項1ないし12及び請求項14ないし17のいずれか1項に記載の組成物、他方では、化粧品的に許容可能な媒体に、少なくとも一の酸化剤を含有せしめてなる組成物を別々に保管し、ついで、使用時にそれらを混合することからなる予備工程を含み、ついで、該混合物を所望する着色がなされるのに十分な時間繊維に適用し、その後繊維をすすぎ、場合によってはシャンプーで洗浄し、再度すすいで乾燥させることを特徴とする、請求項20に記載の方法。

請求項22

6以下、好ましくは4以下のトーン高さを有する毛髪に、組成物を適用することを特徴とする、請求項20又は21に記載の方法。

請求項23

ヒトのケラチン繊維が人工的に染色された又は着色されていることを特徴とする、請求項20ないし22のいずれか1項に記載の方法。

請求項24

請求項1ないし12のいずれか1項に記載の組成物を皮膚に適用し、ついで皮膚を乾燥させるか、又は乾燥するまで放置することを特徴とする、明色化効果を伴う色黒の皮膚の着色方法

請求項25

請求項1ないし12及び14ないし17のいずれか1項に記載の組成物を収容する少なくとも一の区画と、少なくとも一の酸化剤を含有する組成物を収容する少なくとも一の他の区画を具備する、ケラチン繊維を染色及び明色化するための多区画具。

請求項26

請求項1ないし19のいずれか1項に記載の組成物の、明色化効果を伴うケラチン物質の染色のための使用。

請求項27

ケラチン物質が、人工的に染色された又は着色されたケラチン繊維、特に毛髪、又は色黒の皮膚であることを特徴とする、請求項26に記載の使用。

請求項28

毛髪が6以下、好ましくは4以下のトーン高さを有することを特徴とする、請求項27に記載の使用。

0001

本発明は、少なくとも一の蛍光染料と少なくとも一の特定の不溶性コンディショニング剤を含有する組成物、及びこれらの組成物を使用する方法及び装置に関する。またこれらの組成物の、ヒトのケラチン物質、特にケラチン繊維、例えば人工的に染色された又は着色された毛髪、及び色黒の皮膚の、明色化効果を伴う染色のための使用に関する。

0002

色黒の皮膚の個人が皮膚の色を白くすることを望む場合、この目的のために、脱色剤(bleaching agent)を含有する化粧品用又は皮膚用組成物を使用するのが一般的である。
脱色剤として最も一般的に使用されている物質は、ヒドロキノンとその誘導体コウジ酸とその誘導体、アゼライン酸、及びアルブチンとその誘導体の単独物又は他の活性剤組合せたものである。
しかしながらこれらの薬剤には欠点がないわけではない。特に、皮膚の脱色効果を得るためには、長期間、多量に使用する必要がある。さらに、それらを含有する組成物を適用しても、即時的効果は観察されない。
加えて、ヒドロキノンとその誘導体は、目に見えて分かるほどの脱色効果が生じるのに有効な量で使用される。特にヒドロキノンはメラノサイトに対する細胞毒性が知られている。
さらに、コウジ酸とその誘導体は高価であり、よって広く市場流通する製品として大量に使用できないといった欠点を有する。
しかして、自然な外観の、より明るく、均質、均一な皮膚トーンを得られるようにでき、皮膚に適用した後に、満足のいく透明性を有する化粧品用組成物が、今なお必要とされている。

0003

ヘアケアの分野において、毛髪の染色には、主として2つのタイプがある。
第1は半永久的な染色すなわち直接染色であり、これは、数回の洗髪に対して耐性がある、程度の差はあれ明白な色調変化を毛髪の天然の色調に付与することを可能にする染料を使用する。これらの染料は直接染料として知られ、2つの異なる方法で使用され得る。着色は、直接染料(群)を含有する組成物を、ケラチン繊維に直接適用するか、又は酸化脱色剤、好ましくは過酸化水素水溶液を含有する組成物と、直接染料(群)を含有する組成物とで即座調製した混合物を適用することにより、実施することができる。このような方法は「明色化直接染色」と称される。

0004

第2は永久的染色すなわち酸化染色である。これは、使用時に、酸化物質と混合されて、酸化縮合プロセスにより着色した化合物及び染料を生じうる無色か弱く着色した化合物である「酸化」染料前駆体を用いて実施される。多くの場合、過剰な赤、オレンジ又は金色の光沢を有する色調を中和又は弱めるために、又はこれとは逆に赤、オレンジ又は金色の光沢を目立たせるために、酸化ベース及びカップラーと、一又は複数の直接染料とを組合せることが必要とされている。

0005

入手可能な直接染料の中で、ニトロベンゼン直接染料には十分な強度がなく、インドアミン類、キノン染料及び天然染料はケラチン繊維との親和性が低く、従って、繊維が被るであろう種々の処理、特にシャンプーに対する堅牢性が不十分な着色にしか至らない。
加えて、ヒトのケラチン繊維に対して明色化効果を得る必要性がある。この明色化は、従来的には、場合によっては過酸塩と組合せられた過酸化水素から一般的になる酸化系を介して、毛髪のメラニンを脱色するプロセスを介して達成される。この脱色系には、ケラチン繊維を劣化させ、それらの美容特性を損なうといった欠点がある。

0006

本発明の目的は、上述した問題を解決する、特にケラチン繊維等のケラチン物質に対する良好な染色親和性、外的要因、特にシャンプーに対する良好な耐性を有し、処理される物質、特にケラチン繊維を損傷することなく、明色化可能な組成物を提供することである。
しかして、驚くべきことに、また予期しないことに、特定の不溶性のコンディショニング剤の存在下、蛍光染料、特にオレンジの領域を有するものを使用することで、これらの目的を達成可能であることを見出した。

0007

よって本発明の第1の主題は、化粧品的許容可能な媒体に、該媒体に溶解する少なくとも一の蛍光染料、及び合成油鉱物性油植物性油動物性油、フルオロ油、ペルフルオロ油、天然又は合成ロウカルボン酸エステル、R1が、α位においてヒドロキシル基で、又はω位においてC16-C30脂肪酸エステル化されたヒドロキシル基で置換されていてもよいC14-C30アルキル基であり、R2が、水素原子、又はnが1〜4の範囲であり、mが1〜8の範囲にある(グリコシル)n又は(ガラクトシル)m基を示し、RがC16-C30α-ヒドロキシ酸でエステル化されていてもよいC15-C26α-ヒドロキシアルキル基、又はアルキル基で置換されていてもよいC15-C26炭化水素ベース基を示す、式R3CHOH-CH(NHCOR1)-CH2OR2の化合物;の単独物又は混合物から選択され、該媒体に不溶の、少なくとも一のコンディショニング剤を含有せしめてなる組成物にある。

0008

本発明の第2の主題は、次の工程:
a)本発明の組成物を、所望の着色及び明色化がなされるのに十分な時間、ヒトのケラチン繊維に適用し、
b)場合によっては繊維をすすぎ
c)場合によってはシャンプーで繊維を洗浄してすすぎ、
d)繊維を乾燥するか、又は乾燥するまで放置する、
ことを実施する、明色化効果を有するヒトのケラチン繊維の染色方法に関する。

0009

本発明の他の主題は、前記組成物の、明色化効果を伴うヒトのケラチン物質を染色するための使用に関する。
本発明の組成物を収容する少なくとも一の区画、及び少なくとも一の酸化剤を含有する組成物を収容する少なくとも一の他の区画を具備する、ケラチン繊維を染色及び明色化するための多区画具は、本発明の他の主題を構成する。

0010

本発明の組成物は、特にケラチン物質における蛍光染料の良好な固定を可能にするもので、このことは蛍光染料を単独で使用して得られる場合よりも、蛍光効果及び明色化効果が増加することに現れている。
また、結果として、洗浄又はシャンプーに対する耐性が良好であることも見出された。
しかしながら、本発明の他の特徴及び利点は、以下の記載及び実施例を読むことにより、より明らかになるであろう。
特に示さない限りは、記述において付与された値の範囲の限界は、これらの範囲に含まれる。

0011

先に記載したように、本発明の組成物は、少なくとも一の蛍光染料と、少なくとも一の特定の不溶性のコンディショニング剤を含有する。
本発明の目的に対して、「蛍光染料」なる用語は、それ自体で着色させる分子である染料と、可視スペクトルと、場合によっては紫外線スペクトル(360〜760ナノメートルの範囲の波長)の光を吸収するが、標準的な染料とは異なり、スペクトル可視領域で放たれるより長い波長の蛍光に、吸収したエネルギー転換する染料を意味する。

0012

本発明の蛍光染料は、蛍光増白剤とは区別される。増白剤(ブライトナー)、蛍光ブライトナー、蛍光増白剤、蛍光白色化剤(fluorescent whitening agents)、ホワイトナー(whiteners)又は蛍光ホワイトナーとしても知られている蛍光増白剤は、無色透明の化合物であり、可視領域の光を吸収せず、紫外線領域(200〜400ナノメートルの範囲の波長)の光のみを吸収し、スペクトルの可視領域で放出された長い波長の蛍光に吸収されたエネルギーを転換するため、染色はしない;色の印象は、主として青色(400〜500ナノメートルの範囲の波長)の純粋な蛍光のみから生じる。
最後に、組成物に使用される蛍光染料は、組成物の媒体に溶解する。蛍光染料は、それ自体組成物の媒体に不溶の蛍光顔料とは異なることは注目すべきである。

0013

特に、本発明で使用される中和されていてもよい蛍光染料は、15〜25℃の温度で、少なくとも0.001g/l、特に少なくとも0.5g/l、好ましくは少なくとも1g/l、一実施態様においてさらに好ましくは少なくとも5g/l、組成物の媒体に溶解する。

0014

使用され得る蛍光染料の例としては、次のファミリーナフタルイミド類;カチオン性又は非カチオン性クマリン類(coumarins);キサンテノジキノリジン類(例えばスルホローダミン類);アザキサンテン類;ナフトラクタム類アズラクトン類オキサジン類;チアジン類ジオキサジン類;アゾ、アゾメチン又はメチン型のモノカチオン性又はポリカチオン性蛍光染料の単独物又は混合物、好ましくは次のファミリー:ナフタルイド類;カチオン性又は非カチオン性クマリン類;アザキサンテン類;ナフトラクタム類;アズラクトン類;オキサジン類;チアジン類;ジオキサジン類;アゾ、アゾメチン又はメチン型のモノカチオン性又はポリカチオン性蛍光染料の単独物又は混合物に属する蛍光染料を挙げることができる。

0015

本発明で好ましく使用される蛍光染料は、オレンジの領域の染料である。
好ましくは、本発明の蛍光染料は、500〜650ナノメートルの範囲の波長、好ましくは550〜620ナノメートルの範囲の波長において、最大反射率を至らしめる。

0016

本発明の蛍光染料のいくつかは、それ自体公知の化合物である。
上述した染料として、特に:
− 次の構造:



を有し、サンド社(Sandoz)から販売されているブリリアントイエローB6GL;
− 次の構造:



を有し、プロラボ社(Prolabo)、アルドリッチ社(Aldrich)又はカルロ・エルバ社(Carlo Erba)から販売されている、ベイシックイエロー2又はオーラミンO
4,4'-(イミドカルボニル)ビス(N,N-ジメチルアニリン)モノヒドロクロリド-CAS No.2465-27-2;
を挙げることができる。

0017

また、次の式:



[上式中:
R1及びR2は同一でも異なっていてもよく:
・水素原子;
・少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;
アリール又はアリールアルキル基であって、アリール基が6つの炭素原子を有し、アルキル基が1〜4の炭素原子を有し;アリール基が、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する一又は複数の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよいもの;
を表し;
・またR1及びR2は、窒素原子と共に複素環を形成するように結合されていてもよく、また一又は複数の他のヘテロ原子を有していてもよく、ここで複素環は、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよく;
・さらにR1又はR2は、窒素原子、及び該窒素原子を担持するフェニル基の炭素原子の一つを有する複素環に含まれていてもよく;
R3及びR4は同一でも異なっていてもよく、水素原子又は1〜4の炭素原子を有するアルキル基を表し;
R5は同一でも異なっていてもよく、少なくとも一のヘテロ原子が挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基、ハロゲン原子又は水素原子を表し;
R6は同一でも異なっていてもよく、少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;ハロゲン原子;水素原子を表し;
Xは:
・少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよく、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、2〜14の炭素原子を有するアルケニル基、又は1〜14の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基;
・少なくとも一のハロゲン原子;少なくとも一のヘテロ原子で置換されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアミノアルキル基;少なくとも一のヘテロ原子で置換されていてもよい、1〜14の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよい、5-又は6員の複素環基
・少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子を有する少なくとも一のアルキル基、又は少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよいアリール基(類)、1〜4の炭素原子を有するアルキル基で離間していてもよい縮合又は非縮合の芳香族又は二芳香族基
ジカルボニル基;
を表し、
・またX基は一又は複数のカチオン電荷を担持可能であり;
aは0又は1と等しく;
Y−は同一でも異なっていてもよく、有機又は無機アニオンを表し;
nは、少なくとも2に等しく、多くとも蛍光化合物に存在するカチオン電荷の数に等しい整数である]
を有する化合物を挙げることもできる。

0018

「へテロ原子」なる用語は、酸素又は窒素原子を表すことを想起すべきである。
このような原子を担持する基としては、とりわけヒドロキシルアルコキシ、カルボニル、アミノアンモニウムアミド(-N-CO-)及びカルボキシル(-O-CO-又は-CO-O-)基を挙げることができる。
アルケニル基に関し、それらは一又は複数の不飽和炭素-炭素結合(-C=C-)、好ましくは単一の炭素-炭素二重結合のみを有する。

0019

この一般式において、R1及びR2基は同一でも異なっていてもよく、特に:
・水素原子;
・少なくとも一のヒドロキシル、アミノ又はアンモニウム基、又は塩素もしくはフッ素原子で置換されていてもよく、又は酸素原子が挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子、特に1〜6の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有するアルキル基;
・1〜4の炭素原子、好ましくは1又は2の炭素原子を有するアルキル又はアルコキシ基で置換されていてもよいベンジル又はフェニル基;
・窒素原子と共に、窒素及び/又は酸素原子、及び/又は窒素及び/又は酸素原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよい、ピロロピロリジノイミダゾリノ、イミダゾロ、イミダゾリウムピラゾリノ、ピペラジノモルホリノモルホロピラゾロ又はトリアゾロ型の複素環基;
を表す。

0020

上述したアミノ又はアンモニウム基に関し、窒素原子により担持される基は同一でも異なっていてもよく、特に水素原子、C1-C10、好ましくはC1-C4アルキル基又はアリールアルキル基を表し、特にアリール基は6の炭素原子を有し、アルキル基は1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する。
本発明の有利な一実施態様において、R1及びR2基は同一でも異なっていてもよく、水素原子;直鎖状又は分枝状のC1-C6アルキル基;ヒドロキシル基で置換されていてもよいC2-C6アルキル基;アミノ又はアンモニウム基を担持するC2-C6アルキル基;C2-C6クロロアルキル基;酸素原子又は酸素原子を担持する基(例えばエステル)が挿入されたC2-C6アルキル基;芳香族基、例えばフェニル、ベンジル又は4-メチルフェニル;複素環基、例えばピロロ、ピロリジノ、イミダゾロ、イミダゾリノ、イミダゾリウム、ピペラジノ、モルホロ、モルホリノ、ピラゾロ又はトリアゾロ基で、少なくとも一のC1-C6アルキル又は芳香族基で置換されていてもよいものを表す。
好ましくは、R1及びR2基は同一でも異なっていてもよく、水素原子、直鎖状又は分枝状のC1-C6アルキル基、例えばメチルエチルn-ブチル又はn-プロピル基;2-ヒドロキシエチル;アルキルトリメチルアンモニウム又はアルキルトリエチルアンモニウム基で、アルキル基が直鎖状のC2-C6アルキル基であるもの;(ジ)アルキルメチルアミノ又は(ジ)アルキルエチルアミノ基で、アルキル基が直鎖状のC1-C6アルキル基であるもの;-CH2CH2Cl;-(CH2)n-OCH3又は-(CH2)n-OCH2CH3でnが2〜6の範囲の整数であるもの;-CH2CH2-OCOCH3;-CH2CH2COOCH3を表す。

0021

好ましくは、R1及びR2基は同一でも異なっていてもよいが、好ましくは同一であり、メチル基又はエチル基を表す。
R1及びR2基は同一でも異なっていてもよく、ピロリジノ、3-アミノピロリジノ、3-(ジメチル)アミノピロリジノ、3-(トリメチル)アミノピロリジノ、2,5-ジメチルピロロ、1H-イミダゾロ、4-メチルピペラジノ、4-ベンジルピペラジノ、モルホロ、3,5-(tert-ブチル)-1H-ピラゾロ、1H-ピラゾロ又は1H-1,2,4-トリアゾロ型の複素環基を表してもよい。
R1及びR2基は同一でも異なっていてもよく、次の式(I)及び(II):



[上式中、R'は水素原子、又はC1-C3アルキル基、-CH2CH2OH、-CH2CH2OCH3を表す]
の複素環を表し、これを形成するように結合する。

0022

本発明の特定の実施態様において、R5は同一でも異なっていてもよく、水素原子、フッ素又は塩素原子、又は酸素又は窒素原子が挿入されていてもよい1〜4の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基を表す。
R5置換基水素以外である場合、有利には、R1及びR2基で置換された窒素原子を担持する環の炭素に対して3及び/又は5位、好ましくは該炭素に対して3位にあることに注目される。
有利には、R5基は同一でも異なっていてもよく、水素原子;直鎖状又は分枝状のC1-C4アルキル基;-O-R51でR51が直鎖状のC1-C4アルキル基を表すもの;-R52-O-CH3でR52が直鎖状のC2-C3アルキル基を表すもの;-R53-N(R54)2でR53が直鎖状のC2-C3アルキル基を表し、R54は同一でも異なっていてもよく、水素原子又はメチル基を表すもの、を表す。
好ましくは、R5は同一でも異なっていてもよく、水素、メチル又はメトキシを表し、さらに好ましくは、R5は水素原子を表す。

0023

特定の一実施態様において、R6基は同一でも異なっていてもよく、水素原子;直鎖状又は分枝状のC1-C4アルキル基;-Xで、Xが塩素、臭素又はフッ素原子を表すもの;-R61-O-R62で、R61が直鎖状のC2-C3アルキル基を表し、R62がメチル基を表すもの;-R63-N(R64)2でR63が直鎖状のC2-C3アルキル基を表し、R64は同一でも異なっていてもよく、水素原子又はメチル基を表すもの;-N(R65)2で、R65は同一でも異なっていてもよく、水素原子又は直鎖状のC2-C3アルキル基を表すもの;-NHCOR66で、R66がC1-C2アルキル基、C1-C2クロロアルキル基を表すもの;基-R67-NH2又は-R67-NH(CH3)又は-R67-N(CH3)2又は-R67-N+(CH3)3又は-R67-N+(CH2CH3)3で、R67がC1-C2アルキル基を表すもの、を表す。
R6置換基が水素以外である場合、好ましくは、ピリジニウム環の窒素原子に対して2及び/又は4位、さらに好ましくは該窒素原子に対して4位にあることに注目される。
特に、これらのR6基は同一でも異なっていてもよく、水素原子、又はメチル又はエチル基を表し、R6は好ましくは水素原子を表す。

0024

R3及びR4基に関し、これらの基は同一でも異なっていてもよく、有利には、水素原子、又は1〜4の炭素原子を有するアルキル基、特にメチル基を表す。好ましくは、R3及びR4は互いに水素原子を表す。

0025

上述したように、Xは:
・少なくとも一のハロゲン原子、少なくとも一のヘテロ原子を担持する少なくとも一の基、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい直鎖状又は分枝状で2〜14の炭素原子を有するアルケニル基、又は1〜14の炭素原子を有するアルキル基;
・少なくとも一のハロゲン原子;少なくとも一のヘテロ原子で置換されていてもよい、1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアミノアルキル基、1〜14の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよい、5-又は6員の複素環基;
・少なくとも一のヘテロ原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を担持する基が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい、1〜10の炭素原子を有する少なくとも一のアルキル基、又は少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよいアリール基(類)、1〜4の炭素原子を有するアルキル基で離間していてもよい縮合又は非縮合の芳香族又は二芳香族基;
・ジカルボニル基;
を表す。
さらに、X基は一又は複数のカチオン電荷を担持可能であることが示される。

0026

よって、Xは、直鎖状又は分枝状で1〜14の炭素原子を有するアルキル基、又は2〜14の炭素原子を有するアルケニル基を表してよく、一又は複数の酸素及び/又は窒素原子、及び/又は少なくとも一のヘテロ原子を担持する一又は複数の基、及び/又はフッ素又は塩素原子が置換されるか及び/又は挿入されていてもよい。
この種の基として、特にヒドロキシル、アルコキシ(特にC1-C4アルキル型のR基を有するもの)、アミノ、アンモニウム、アミド、カルボニル及びカルボキシル基(-COO-又は-O-CO-)で、特にアルキルオキシ型の基を有するものを挙げることができる。
窒素原子が存在する場合、それは第4級化又は第4級化されていない形態であってもよいことを記すべきである。この場合、他の基、又は第4級化又は第4級化されていない窒素原子により担持される他の2つの基は同一又は異なっており、水素原子、又はC1-C4アルキル基、好ましくはメチルであってよい。

0027

他の変形例において、X基は、ハロゲン原子、又は少なくとも一のへテロ原子を有する基(好ましくはヒドロキシル基)で置換されていてもよい1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアミノアルキル基;1〜14の炭素原子、特に1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一の直鎖状又は分枝状のアルキル基で置換されていてもよい、イミダゾロ、ピラゾロ、トリアジノ又はピリジノ型の5-又は6員の複素環基を表す。アミノ基は、好ましくは複素環に結合していることを記載すべきである。

0028

他の可能性において、X基は、少なくとも一の酸素及び/又は窒素原子及び/又は少なくとも一のへテロ原子を有する基(例えば、カルボニル、カルボキシル、アミド、アミノ又はアンモニウム基)が挿入されていてもよく、1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一のアルキル基、及び/又は少なくとも一のハロゲン原子で置換されていてもよいアリール基(類)、1〜4の炭素原子を有するアルキル基で離間していてもよい縮合又は非縮合の二芳香族基(特に10〜12の炭素原子を有するもの)、又は芳香族基(特に6つの炭素原子を有するもの)を表す。

0029

芳香族基、好ましくはフェニル基は1,2、1,3又は1,4位、好ましくは1,3及び1,4位の結合を介して、CR3R4基に結合していることを記すべきである。1,4位における結合を介して結合したフェニル基が、一又は二の置換基を担持しているならば、これ又はこれらの置換基(類)は、好ましくはCR3R4基の一つに対して、1,4位に位置している。1,3位における結合を介して結合したフェニル基が、一又は二の置換基を担持しているならば、これ又はこれらの置換基(類)は、好ましくはCR3R4基の一つに対して、1及び/又は3位に位置している。
基が二芳香族である場合、それは、好ましくは非縮合であり、単結合(すなわち2つの環の互いの炭素)、又はアルキル基、好ましくはCH2又はC(CH3)2型のもので離間可能な2つのフェニル基を有する。好ましくは、芳香族環は置換基を担持しない。前記二芳香族基は4,4'位における結合を介して、CR3R4基に結合していることを記すべきである。

0030

適切なX基の例としては、特に1〜13の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状のアルキル基、例えばメチレンエチレンプロピレンイソプロピレン、n-ブチレンペンチレン及びヘキシレン;2-ヒドロキシプロピレン及び2-ヒドロキシ-n-ブチレン;-CH2CH2OCH2CH2-、1,6-ジデオキシ-d-マンニトール、-CH2N+(CH3)2CH2-、-CH2CH2N+(CH3)2-(CH2)6N+(CH3)2-CH2CH2-、CO-CO-、3,3-ジメチルペンチレン、2-アセトキシエチレン、ブチレン-1,2,3,4-テトラオール等の、少なくとも一のヘテロ原子を担持する基(例えば、ヒドロキシル、アミノ、アンモニウム、カルボニル又はカルボキシル)、及び/又は一又は複数の窒素及び/又は酸素原子が置換されるか及び/又は挿入されたC1-C13アルキレン基;-CH=CH-;1,4-フェニレン、1,3-フェニレン、1,2-フェニレン、2,6-フルオロベンゼン、4,4'-ビフェニレン、1,3-(5-メチルベンゼン)、1,2-ビス(2-メトキシ)ベンゼン、ビス(4-フェニル)メタン、3,4-安息香酸メチル及び1,4-ビス(アミドメチル)フェニル等の、一又は複数のハロゲン原子、少なくとも一のヘテロ原子を担持する一又は複数の基、及び/又は一又は複数のアルキル基で置換された芳香族又は二芳香族基;複素環型の基、例えばピリジン、又は2,6-ビスピリジン、イミダゾール、イミダゾリウム又はトリアジン等の誘導体を挙げることができる。

0031

本発明の特定の実施態様において、Xは、直鎖状又は分枝状のC1-C13アルキル基;-CH2CH(OH)CH2-;-CH2CH(Cl)CH2-;-CH2CH2-OCOCH2-;-CH2CH2COOCH2-;Raが直鎖状のC2-C6アルキル基を表し、Rbが直鎖状のC1-C2アルキル基を表す-Ra-O-Rb-;RcがC2-C9アルキル基を表し、Rdが水素原子又はC1-C2アルキル基を表し、ReがC1-C6アルキル基を表す-Rc-N(Rd)-Re-;Rfが直鎖状のC2-C9アルキル基を表し、Rgは好ましくは同一であり、C1-C2アルキル基を表し、Rhが直鎖状のC1-C6アルキル基を表す-Rf-N+(Rg)2-Rh-;-CO-CO-を表す。

0032

Xは、次の式:



[上式中、Ri及びRjは同一でも異なっていてもよく、直鎖状のC1-C6アルキル基を表す]
二価の基等の、1〜14の炭素原子、特に1〜10の炭素原子、好ましくは1〜4の炭素原子を有する少なくとも一のアルキル基で置換されていてもよいイミダゾール基をさらに表し得る。
同様に、Xは次の:



二価のトリアジンベース基からも選択され得る。
他の可能性において、Xは次の:



二価の芳香族基を表してもよい。

0033

これらの蛍光化合物の一般式において、Y−は有機又は無機アニオンを表す。いくつかのアニオンY−が存在するならば、これらのアニオンは同一でも異なっていてもよい。
無機由来のアニオンとしては、これらに限定されることを望むわけではないが、ハロゲン原子から誘導されるアニオン、好ましくは塩化物、又はヨウ化物スルファート類又はビスルファート類、ニトラート類、ホスファート類、リン酸水素二水素リン酸塩炭酸塩類及び重炭酸塩類を挙げることができる。
有機由来のアニオンとしては、ハロゲン原子、又は少なくとも一のヒドロキシル又はアミノ基で置換されていてもよい、飽和又は不飽和で芳香族又は非芳香族モノカルボン酸又はポリカルボン酸スルホン酸又は硫酸の塩から選択されるアニオンを挙げることができる。使用に適した非限定的例には、アセタート類、ヒドロキシアセタート類、アミノアセタート類、(トリ)クロロアセタート類、ベンゾキシアセタート類、プロピオナート類、及び塩素原子を担持する誘導体、フマラート類、オキサラート類、アクリラート類、マロナート類、スクシナート類、ラクタート類、タルトラート類、グリコラート類、シトラート類、ベンゾアート類及びメチル又はアミノ基を担持する誘導体、アルキルスルファート類、トシラート類、ベンゼンスルホナート類、トルエンスルホナート類等が含まれる。
好ましくは、アニオンYは同一でも異なっていてもよく、塩化物、スルファート、メトスルファート(methosulphate)及びエトスルファート(ethosupphate)から選択される。

0034

最後に、整数nは少なくて2であり、多くて蛍光化合物に存在するカチオン電荷の数に等しい整数である。
好ましくは、詳細に記載されている蛍光化合物は、対称化合物である。
これらの化合物は、第1工程において、トシルスルホニル又はメタンスルホニル型の基、又はハロゲン原子、好ましくは臭素、場合によっては塩素から選択され得る2つの離脱基を有する試薬と、α-ピコリンを反応させることにより合成され得る。
この第1工程は、ジメチルホルムアミド等の必須ではない溶媒の存在下でなされる。
α-ピコリンのモル数は、一般的に、離脱基を有する試薬1モル当たり2の範囲である。
加えて、反応は、溶媒が存在する場合は溶媒の、及び/又は試薬の還流温度で通常なされる。
ついで、この第1工程で誘導された生成物を、次の式:



[上式中、R1、R2及びR6は上述した同様の意味を有する]
の対応するアルデヒドと接触させる。

0035

この場合、反応は、適切な溶媒の存在下、好ましくは還流点で実施されてもよい。
アルデヒドのR1及びR2基は、先に詳述した一般式に示した意味を有することを記すべきである。
また、前記基が水素原子を表すアルデヒドを使用し、標準的な方法に従い、一般式に記載されたような適切な基によるこれら水素原子の置換を、第二工程で完了させることができる。
米国特許第4256458号に記載された合成法が、特に参照される。

0036

同様に、次の構造:



[上式中、Rはメチル又はエチル基を表し;R'はメチル基を表し、X−は塩化物、ヨウ化物、スルファート、メトスルファート、アセタート又はペルクロラート等のアニオンを表す]
を有する化合物を使用することもできる。
この種の化合物の例としては、Rがエチル基を表し、R'がメチル基を表し、X−がヨウ化物を表す、ユビケム社(Ubichem)から販売されている光感光性染料NK-557を挙げることができる。

0037

好ましくは、蛍光染料は、ナフタルイミド類;カチオン性又は非カチオン性クマリン類;キサンテノジキノリジン類(例えばスルホローダミン類);アザキサンテン類;ナフトラクタム類;アズラクトン類;オキサジン類;チアジン類;ジオキサジン類;アゾ、アゾメチン又はメチン型のポリカチオン性蛍光染料の単独物又は混合物、好ましくはナフタルイミド類;カチオン性又は非カチオン性クマリン類;アザキサンテン類;ナフトラクタム類;アズラクトン類;オキサジン類;チアジン類;ジオキサジン類;又はアゾ、アゾメチン又はメチン型のポリカチオン性蛍光染料の単独物又は混合物から選択される。

0038

挙げることのできるこのような化合物の実施例には、式(F1)ないし(F3)の化合物が含まれる。
本発明の好ましい実施態様において、組成物は式(F4)の化合物を含有しない。
本発明の組成物に存在する蛍光染料(群)は、組成物の全重量に対して、有利には0.01重量%〜20重量%、特に0.05重量%〜10重量%、好ましくは0.1重量%〜5重量%である。

0039

上述したように、本発明の組成物は、蛍光染料の他に、組成物の媒体に不溶の少なくとも一のコンディショニング剤をさらに含有する。
本出願において、「コンディショニング剤」なる用語は、特に毛髪等のケラチン物質の美容特性、特に柔軟性、もつれのほぐれやすさ、感触、滑らかさ、及び静電気を改善する機能を有する任意の薬剤を意味すると想起される。
加えて、「組成物の媒体に不溶」なる表現は、室温、0.01重量%〜20重量%の範囲の濃度で、一部又は全てが、組成物の媒体において、これらの条件下で肉眼等方性の透明溶液を形成しない、任意の化合物を意味する。
本発明の特定の一実施態様において、不溶性コンディショニング剤は、一般的に2ナノメートルから100ミクロン、好ましくは30ナノメートルから20ミクロン(粒度測定器で測定)の数平均径を有する粒子の形態で、特に組成物の媒体に分散している形態であることを記しておくべきである。

0040

よって、コンディショニング剤は、合成油;鉱物性油;植物性油;フルオロ油又はペルフルオロ油;天然又は合成ロウ;カルボン酸エステル;式R3CHOH-CH(NHCOR1)-CH2OR2の化合物の単独物又は混合物から選択される。好ましくは、コンディショニング剤は、合成油;植物性油;フルオロ油又はペルフルオロ油;天然又は合成ロウ;カルボン酸エステル;式R3CHOH-CH(NHCOR1)-CH2OR2の化合物の単独物又は混合物から選択される。

0041

特に、合成油はポリオレフィン類、特にポリ-α-オレフィン類、特に次のものである:
−水素化又は非水素化ポリブテン型のもの、好ましくは水素化又は非水素化ポリイソブテン
1000g/mol未満の重量平均分子量を有するイソブチレンオリゴマーと、1000g/mol以上、好ましくは1000〜15000g/molの範囲の重量平均分子量を有するポリイソブチレンの混合物が好ましく使用される。
使用可能なポリ-α-オレフィン類の例としては、特に、ICI社からアルモール(Arlamol)HD(n=3)の名称で販売されている製品、又はプレスパースインク(Presperse Inc.)社からペルメチル(Permethyl)(登録商標)99A、101A、102A、104A(n=16)及び106A(n=38)の名称で販売されているポリイソブテン類(nは重合度を示す)を挙げることができる。
− 水素化又は非水素化ポリデセン型のもの。
このような製品は、例えばICI社からアルラモール(登録商標)PAO、及びエチル社(Ethyl Corp.)からエチルフロ(Ethylflo)(登録商標)の名称で販売されている。

0042

動物性又は植物性油は、ヒマワリ油コーン油大豆油アボカド油ホホバ油、マロー油、グレーシード油ゴマ油ヘーゼルナッツ油魚油、トリカプロカプリル酸グリセリル、又はR9が7〜29の炭素原子を有する高級脂肪酸残基を表し、R10が3〜30の炭素原子を有する直鎖状又は分枝状の炭化水素ベース鎖、特にアルキル又はアルケニルを表す式R9COOR10の植物性又は動物性油、例えばプルセリン油又は液状ホホバワックスからなる群から選択される。
また、天然又は合成の精油、例えばユーカリ油ラバディン(lavandin)油、ラベンダー油、ベチベル油、リトシア・キュービバ(Litsea cubeba)油、レモン油白檀油ローズマリー油カモミール油サボリー油、ナツメグ油シナモン油、ヒソップ油、キャラウェー油、オレンジ油ゲラニオール油、ビャクシン(cade)油及びベルガモット油を使用することもできる。

0043

ロウは、室温(25°〜25℃)で固体状である天然(動物性又は植物性)又は合成物質である。それらは水に不溶で、油に溶解する。
ロウの定義は、例えばP. D. Dorgan、「Drug and Cosmetic Industry」12月、1983、30-33頁に記載されている。
ロウ(類)は、特にカルナウバロウキャンデリラロウアルファルファロウ、パラフィンロウオゾケライト、植物性ロウ、例えばオリーブロウ、ライスワックス、水素化ホホバワックス又は花の無水ロウ(absolute flower waxes)、例えばバーチン社(Bertin)(仏国)から販売されているクロフサスグリの花のエッセンシヤルロウ、動物性ロウ、例えばミツロウ、又は変性したミツロウ(セラベリナ(cerabellina));他のロウ又は本発明で使用可能なロウ性出発物質、特に参照符合M82でソフィム社(Sophim)から販売されている製品等のマリーンワックス(marine waxes)、ポリエチレンワックス又はポリオレフィンワックスから一般的に選択される。

0044

本発明において、R1が、α位においてヒドロキシル基で、又はω位においてC16-C30脂肪酸でエステル化されたヒドロキシル基で置換されていてもよいC14-C30アルキル基であり、R2が、水素原子、又はnが1〜4の範囲であり、mが1〜8の範囲にある(グリコシル)n又は(ガラクトシル)m基を示し、RがC15-C30α-ヒドロキシ酸でエステル化されていてもよいC15-C26αヒドロキシアルキル基、又はアルキル基で置換されていてもよいC15-C26炭化水素ベース基を示す、式R3CHOH-CH(NHCOR1)-CH2OR2の化合物も使用される。
特に挙げることのできる例には、N-リノレイルジヒドロスフィンゴシン、N-オレイルジヒドロスフィンゴシン、N-パルミトイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ベヘノイルジヒドロスフィンゴシン、又はそれらの混合物が含まれる。

0045

フルオロ油は、例えば特に欧州特許出願公開第486135号に記載されているペルフルオロポリエーテル、及び特に国際公開第93/11103号に記載されているフルオロヒドロカーボン化合物である。これらの2つの特許出願の教示は、参照として本出願に全て含まれる。
「フルオロヒドロカーボン化合物」なる用語は、その化学構造に、ある水素原子がフッ素原子で置換された炭素骨格が含まれている化合物を示す。
フルオロ油は、フルオロカーボン、例えばフルオロアミン類、例えばペルフルオロトリブチルアミン、フルオロヒドロカーボン、例えばペルフルオロデカヒドロナフタレン、フルオロエステル及びフルオロエーテルであってもよい。
ペルフルオロポリエーテルは、例えばデュポン社(Du Pont)からクライトックス(Krytox)、モンテフオス社(Montefluos)からフォブリン(Fomblin)の商品名で販売されている。
フルオロヒドロカーボン化合物としては、フッ素含有脂肪酸エステル、例えば新日本石油株式会社(Nippon Oil)からノーフェイブル(Nofable)FOの名称で販売されている製品を挙げることができる。

0046

脂肪アルコール類は、直鎖状又は分枝状のC8-C22脂肪アルコール類から選択され;1〜15molのアルキレンオキシドオキシアルキレン化されていても、もしくは1〜6molのグリセロールポリグリセロール化されていてもよい。アルキレンオキシドは、好ましくはエチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドである。
カルボン酸エステルは、特にモノカルボン酸、ジカルボン酸トリカルボン酸又はテトラカルボン酸のエステルである。

0047

モノカルボン酸エステルは、特に、直鎖状又は分枝状で飽和又は不飽和のC1-C26脂肪族アルコールの直鎖状又は分枝状で飽和又は不飽和のC1-C26脂肪族酸モノエステルで、これらエステルの全炭素数が10以上であるものである。
モノエステルとしては、ベヘン酸ジヒドロアビエチル;ベヘン酸オクチルドデシル;ベヘン酸イソセチル乳酸セチル乳酸C12-C15アルキル;乳酸イソステアリル乳酸ラウリル;乳酸リノレイル;乳酸オレイル;オクタン酸(イソ)ステアリル;オクタン酸イソセチル;オクタン酸オクチル;オクタン酸セチル;オレイン酸デシルイソステアリン酸イソセチル;ラウリン酸イソセチルステアリン酸イソセチル;オクタン酸イソデシル;オレイン酸イソデシル;イソノナン酸イソノニルパルミチン酸イソステアリル;リシノール酸メチルアセチル;ステアリン酸ミリスチルイソノナン酸オクチル;イソノナン酸2-エチルヘキシルパルミチン酸オクチルペラルゴン酸オクチル;ステアリン酸オクチル;エルカ酸オクチルドデシル;エルカ酸オレイル;パルミチン酸エチル及びイソプロピル、パルミチン酸2-エチルヘキシル、パルミチン酸2-オクチルデシル、ミリスチン酸アルキル、例えばミリスチン酸イソプロピル、ブチル、セチル又はミリスチン酸2-オクチルドデシル、ステアリン酸ヘキシルステアリン酸ブチルステアリン酸イソブチルリンゴ酸ジオクチルラウリン酸ヘキシルラウリン酸2-ヘキシルデシルを挙げることができる。

0048

また、C1-C22アルコールのC4-C22ジ-又はトリカルボン酸エステル、及びC2-C26ジ-、トリ-、テトラ-又はペンタヒドロキシアルコールのモノ-、ジ-又はトリカルボン酸エステルを使用することもできる。
特に:セバシン酸ジエチルセバシン酸ジイソプロピルアジピン酸ジイソプロピルアジピン酸ジ-n-プロピルアジピン酸ジオクチル;アジピン酸ジイソステアリル;マレイン酸ジオクチルウンデシレン酸グリセリル;ステアリン酸オクチルドデシルステアロイル;モノリシノール酸ペンタエリトリチル;テトライソノナン酸ペンタエリトリチル;テトラペラルゴン酸ペンタエリトリチル;テトライソステアリン酸ペンタエリトリチル;テトラオクタン酸ペンタエリトリチル;プロピレングリコールジカプリラートジカプラート;エルカ酸トリデシルクエン酸トリイソプロピル;クエン酸トリイソステアリル;トリ乳酸グリセリル;トリオタン酸グリセリル;クエン酸トリオクチルドデシル;クエン酸トリオレイルを挙げることができる。
上述したエステル類の中でも、パルミチン酸イソプロピル及びエチル、パルミチン酸2-エチルヘキシル、パルミチン酸2-オクチルデシル、ミリスチン酸アルキル、例えばイソプロピル、ブチル、セチルのもの又はミリスチン酸2-オクチルドデシル、ステアリン酸ヘキシル、ステアリン酸ブチル、ステアリン酸イソブチル;リンゴ酸ジオクチル、ラウリン酸ヘキシル、ラウリン酸2-ヘキシルデシル、イソノナン酸イソノニル、オクタン酸セチルが好ましく使用される。

0049

不溶性のコンディショニング剤の含有量は、有利には組成物の全重量に対して0.01重量%〜20重量%、好ましくは組成物の全重量に対して0.1重量%〜10重量%である。

0050

化粧品的に許容可能な媒体は、一般的に水、又は一又は複数の一般的な有機溶媒と水との混合物からなる。
使用に適した有機溶媒としては、特にアルコール類、例えばエチルアルコールイソプロピルアルコールベンジルアルコール及びフェニルエチルアルコール、又はグリコール類又はグリコールエーテル、例えばエチレングリコールモノメチルエーテルモノエチルエーテル又はモノブチルエーテル、プロピレングリコール及びそのエーテル、例えばプロピレングリコールモノメチルエーテルブチレングリコールジプロピレングリコール及びジエチレングリコールアルキルエーテル、例えばジエチレングリコールモノエチルエーテル又はモノブチルエーテル、又はポリオール類、例えばグリセロールを挙げることができる。ポリエチレングリコール類及びポリプロピレングリコール類、及びこれら全ての化合物の混合物が溶媒として使用され得る。
上述した一般的な溶媒は、それが存在するならば、組成物の全重量に対して、一般的に1重量%〜40重量%、より好ましくは5重量%〜30重量%である。

0051

本発明の組成物のpHは、一般的に約3〜12、好ましくは約5〜11である。
それは、酸性化剤又は塩基性化剤を用いて所望の値に調節することができる。
挙げることのできる酸性化剤の例には、無機酸又は有機酸、例えば、塩酸オルトリン酸、硫酸、カルボン酸、例えば酢酸酒石酸クエン酸及び乳酸、及びスルホン酸が含まれる。
挙げることのできる塩基性化剤の例には、例えば、アンモニア水アルカリ性炭酸塩類、アルカノールアミン類、例えばモノエタノールアミンジエタノールアミン及びトリエタノールアミンとその誘導体、水酸化ナトリウム水酸化カリウム、及び次の式(A):



[ここで、Wは、C1-C6アルキル基又はヒドロキシル基で置換されていてもよいプロピレン残基であり;R1、R2、R3及びR4は同一でも異なっていてもよく、水素原子、又はC1-C6アルキル基又はC1-C6ヒドロキシアルキル基を表す]
の化合物が含まれる。

0052

本発明の特定の一実施態様において、組成物は蛍光染料(群)に加えて、例えばニトロベンゼン染料から選択され得る、非イオン性、カチオン性又はアニオン性の、一又は複数の付加的な非蛍光直接染料をさらに含有していてもよい。
次の赤又はオレンジのニトロベンゼン直接染料:
− 1-ヒドロキシ-3-ニトロ-4-N-(γ-ヒドロキシプロピル)アミノベンゼン
− N-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-3-ニトロ-4-アミノベンゼン、
− 1-アミノ-3-メチル-4-N-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-6-ニトロベンゼン、
− 1-ヒドロキシ-3-ニトロ-4-N-(β-ヒドロキシエチル)アミノベンゼン、
− 1,4-ジアミノ-2−ニトロベンゼン、
− 1-アミノ-2-ニトロ-4-メチルアミノベンゼン、
− N-(β-ヒドロキシエチル)-2-ニトロ-パラ-フェニレンジアミン
− 1-アミノ-2-ニトロ-4-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-5-クロロベンゼン
− 2-ニトロ-4-アミノジフェニルアミン
− 1-アミノ-3-ニトロ-6-ヒドロキシベンゼン
− 1-(β-アミノエチル)アミノ-2-ニトロ-4-(β-ヒドロキシエチルオキシ)ベンゼン、
− 1-(β,γ-ジヒドロキシプロピル)オキシ-3-ニトロ-4-(β-ヒドロキシエチル)アミノベンゼン、
− 1-ヒドロキシ-3-ニトロ-4-アミノベンゼン、
− 1-ヒドロキシ-2-アミノ-4,6-ジニトロベンゼン
− 1-メトキシ-3-ニトロ-4-(β-ヒドロキシエチル)アミノベンゼン、
− 2-ニトロ-4'-ヒドロキシジフェニルアミン、及び
− 1-アミノ-2-ニトロ-4-ヒドロキシ-5-メチルベンゼン、
が特に適切に使用される。

0053

本発明の組成物は、これらのニトロベンゼン染料に加えて又は置き換えて、黄、緑-黄、青又は紫色のニトロベンゼン染料、ニトロベンゼン染料、アゾ染料アントラキノン染料ナフトキノン染料ベンゾキノン染料、フェノチアジン染料、インジゴイド染料キサンテン染料フェナントリジン染料、及びフタロシアニン染料、及びトリアリールメタンベース染料、又はそれらの混合物から選択される一又は複数の付加的な直接染料をさらに含有してもよい。
これらの付加的な直接染料は、特に、「ベイシックブラウン16」、「ベイシックブラウン17」、「ベイシックイエロー57」、「ベイシックレッド76」、「ベイシックバイオレット10」、「ベイシックブルー26」及び「ベイシックブルー99」の名称で、カラーインデックス(Color Index)、第3版で知られている染料を挙げることのできる塩基性染料、又は特に、「アシッドオレンジ7」、「アシッドオレンジ24」、「アシッドイエロー36」、「アシッドレッド33」、「アシッドレッド184」、「アシッドブラック2」、「アシッドバイオレット43」及び「アシッドブルー62」の名称で、色指数、第3版で知られている染料を挙げることのできる酸性直接染料、又はカチオン性直接染料、例えばその内容が本発明の主要部分を形成する国際公開第95/01772号、国際公開第95/15144号及び欧州特許第714954号に記載されているものであってもよい。

0054

付加的な、黄及び緑-黄ニトロベンゼン直接染料として、例えば:
− 1-β-ヒドロキシエチルオキシ-3-メチルアミノ-4-ニトロベンゼン、
− 1-メチルアミノ-2-ニトロ-5-(β,γ-ジヒドロキシプロピル)オキシベンゼン、
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-メトキシ-4-ニトロベンゼン、
− 1-(β-アミノエチル)アミノ-2-ニトロ-5-メトキシベンゼン
− 1,3-ジ(β-ヒドロキシエチル)アミノ-4-ニトロ-6-クロロベンゼン、
− 1-アミノ-2-ニトロ-6-メチルベンゼン、
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ヒドロキシ-4-ニトロベンゼン、
− N-(β-ヒドロキシエチル)-2-ニトロ-4-トリフルオロメチルアニリン
− 4-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-3-ニトロベンゼンスルホン酸
− 4-エチルアミノ-3-ニトロ安息香酸
− 4-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-3-ニトロクロロベンゼン、
− 4-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-3-ニトロメチルベンゼン、
− 4-(β,γ-ジヒドロキシプロピル)アミノ-3-ニトロトリフルオロメチルベンゼン、
− 1-(β-ウレイドエチル)アミノ-4-ニトロベンゼン、
− 1,3-ジアミノ-4-ニトロベンゼン、
− 1-ヒドロキシ-2-アミノ-5-ニトロベンゼン、
− 1-アミノ-2-[トリス(ヒドロキシメチル)メチル]アミノ-5-ニトロベンゼン、
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、及び
− 4-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-3-ニトロベンズアミド
から選択される化合物を挙げることができる。

0055

付加的な、青又は紫色のニトロベンゼン直接染料としては、例えば:
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-4-N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、
− 1-(γ-ヒドロキシプロピル)アミノ-4-N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-4-(N-メチル-N-β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、
− 1-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-4-(N-エチル-N-β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、
− 1-(β,γ-ジヒドロキシプロピル)アミノ-4-(N-エチル-N-β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-ニトロベンゼン、
− 次の式:



[上式中:
− R6は、C1-C4アルキル基、又はβ-ヒドロキシエチル、β-ヒドロキシプロピル又はγ-ヒドロキシプロピル基を表し;
− R5及びR7は同一でも異なっていてもよく、β-ヒドロキシエチル、β-ヒドロキシプロピル、γ-ヒドロキシプロピル又はβ,γ-ジヒドロキシプロピル基を表し、R6、R7又はR5基の少なくとも一はγ-ヒドロキシプロピル基を表し、R6がγ-ヒドロキシプロピル基である場合、R6及びR7は同時にはβ-ヒドロキシエチル基を示すことができない]
の2-ニトロパラフェニレンジアミン類、例えば仏国特許第2692572号に記載されているものから選択される化合物を挙げることができる。

0056

付加的な直接染料(群)が存在する場合、それらは、好ましくは組成物の全重量に対して約0.0005重量%〜約12重量%を占め、さらにより好ましくはこの重量に対して約0.005重量%〜約6重量%を占める。
酸化染色を意図している場合、本発明の組成物は、蛍光化合物(群)に加えて、酸化染色に従来から使用されている酸化ベースから選択される、少なくとも一の酸化ベースを含有しており、酸化ベースとしては、特にパラ-フェニレンジアミン類、ビス(フェニル)アルキレンジアミン類、パラ-アミノフェノール類オルト-アミノフェノール類及び複素環ベース、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を挙げることができる。

0057

パラ-フェニレンジアミン類としては、例えばパラ-フェニレンジアミン、パラ-トリレンジアミン、2-クロロ-パラ-フェニレンジアミン、2,3-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、2,6-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、2,6-ジエチル-パラ-フェニレンジアミン、2,5-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、N,N-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、N,N-ジエチル-パラ-フェニレンジアミン、N,N-ジプロピル-パラ-フェニレンジアミン、4-アミノ-N,N-ジエチル-3-メチルアニリン、N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)-パラ-フェニレンジアミン、4-N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-メチルアニリン、4-N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-クロロアニリン、2-β-ヒドロキシエチル-パラ-フェニレンジアミン、2-フルオロ-パラ-フェニレンジアミン、2-イソプロピル-パラ-フェニレンジアミン、N-(β-ヒドロキシプロピル)-パラ-フェニレンジアミン、2-ヒドロキシメチル-パラ-フェニレンジアミン、N,N-ジメチル-3-メチル-パラ-フェニレンジアミン、N-エチル-N-(β-ヒドロキシエチル)-パラ-フェニレンジアミン、N-(β,γ-ジヒドロキシプロピル)-パラ-フェニレンジアミン、N-(4'-アミノフェニル)-パラ-フェニレンジアミン、N-フェニル-パラ-フェニレンジアミン、2-β-ヒドロキシエチルオキシ-パラ-フェニレンジアミン、2-β-アセチルアミノエチルオキシ-パラ-フェニレンジアミン、N-(β-メトキシエチル)-パラ-フェニレンジアミン、及び4'-アミノフェニル-1-(3-ヒドロキシ)ピロリジン、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を特に挙げることができる。

0058

上述したパラ-フェニレンジアミン類の中でも、最も好ましいものは、パラ-フェニレンジアミン、パラ-トリレンジアミン、2-イソプロピル-パラ-フェニレンジアミン、2-β-ヒドロキシエチル-パラ-フェニレンジアミン、2-β-ヒドロキシエチルオキシ-パラ-フェニレンジアミン、2,6-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、2,6-ジエチル-パラ-フェニレンジアミン、2,3-ジメチル-パラ-フェニレンジアミン、N,N-ビス(β-ヒドロキシエチル)-パラ-フェニレンジアミン、2-クロロ-パラ-フェニレンジアミン、及び2-β-アセチルアミノエチルオキシ-パラ-フェニレンジアミン、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩である。

0059

ビス(フェニル)アルキレンジアミン類としては、例えばN,N'-ビス(β-ヒドロキシエチル)-N,N'-ビス(4'-アミノフェニル)-1,3-ジアミノプロパノール、N,N'-ビス(β-ヒドロキシエチル)-N,N'-ビス(4'-アミノフェニル)エチレンジアミン、N,N'-ビス(4-アミノフェニル)テトラメチレンジアミン、N,N'-ビス(β-ヒドロキシエチル)-N,N'-ビス(4-アミノフェニル)テトラメチレンジアミン、N,N'-ビス(4-メチルアミノフェニル)テトラメチレンジアミン、N,N'-ビス(エチル)-N,N'-ビス(4'-アミノ-3'-メチルフェニル)エチレンジアミン、及び1,8-ビス(2,5-ジアミノフェノキシ)-3,5-ジオキサオクタン、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を特に挙げることができる。

0060

パラ-アミノフェノール類としては、例えばパラ-アミノフェノール、4-アミノ-3-メチルフェノール、4-アミノ-3-フルオロフェノール、4-アミノ-3-ヒドロキシメチルフェノール、4-アミノ-2-メチルフェノール、4-アミノ-2-ヒドロキシメチルフェノール、4-アミノ-2-メトキシメチルフェノール、4-アミノ-2-アミノメチルフェノール、4-アミノ-2-(β-ヒドロキシエチルアミノメチル)フェノール、及び4-アミノ-2-フルオロフェノール、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を特に挙げることができる。
オルト-アミノフェノール類としては、例えば2-アミノフェノール、2-アミノ-5-メチルフェノール、2-アミノ-6-メチルフェノール、及び5-アセトアミド-2-アミノフェノール、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を挙げることができる。
複素環ベースとしては、特に、例えばピリジン誘導体ピリミジン誘導体及びピラゾール誘導体、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を挙げることができる。
酸化ベース(類)が存在する場合、それらは、有利には、組成物の全重量に対して0.0005〜12重量%、好ましくはこの重量に対して約0.005〜6重量%である。

0061

本発明の組成物が酸化染色を意図している場合、それらは蛍光染料及び酸化ベースに加えて、蛍光染料及び酸化ベース(類)を使用して得られた色調を変化させ、又は光沢に富ませるために、少なくとも一のカップラーをさらに含有してよい。
本発明の組成物に使用され得るカップラーは、酸化染色において従来から使用されているカップラーから選択することができ、このようなものとしては、特にメタ-フェニレンジアミン類、メタ-アミノフェノール類、メタ-ジフェノール類、及び複素環カップラー、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩を挙げることができる。

0062

これらのカップラーは、特に2-メチル-5-アミノフェノール、5-N-(β-ヒドロキシエチル)アミノ-2-メチルフェノール、3-アミノフェノール、1,3-ジヒドロキシベンゼン、1,3-ジヒドロキシ-2-メチルベンゼン、4-クロロ-1,3-ジヒドロキシベンゼン、2,4-ジアミノ-1-(β-ヒドロキシエチルオキシ)ベンゼン、2-アミノ-4-(β-ヒドロキシエチルアミノ)-1-メトキシベンゼン、1,3-ジアミノベンゼン、1,3-ビス(2,4-ジアミノフェノキシ)プロパンセサモールα-ナフトール、6-ヒドロキシインドール、4-ヒドロキシインドール、4-ヒドロキシ-N-メチルインドール、6-ヒドロキシインドリン、2,6-ジヒドロキシ-4-メチルピリジン、1H-3-メチルピラゾール-5-オン、1-フェニル-3-メチルピラゾール-5-オン、2,6-ジメチルピラゾロ[1,5-b]-1,2,4-トリアゾール、2,6-ジメチル[3,2-c]-1,2,4-トリアゾール、及び6-メチルピラゾロ[1,5-a]ベンズイミダゾール、及びそれらの酸又はアルカリ剤との付加塩から選択される。
カップラー(類)が存在する場合、それらは、組成物の全重量に対して、特に0.0001重量%〜10重量%、好ましくは0.005重量%〜5重量%である。

0063

一般的に、本発明の組成物において使用され得る(酸化ベース及びカップラーとの)酸付加塩は、特に塩酸塩臭化水素酸塩、硫酸塩、クエン酸塩コハク酸塩酒石酸塩トシル酸塩ベンゼンスルホン酸乳酸塩及び酢酸塩から選択される。
本発明の組成物に使用され得る(酸化ベース及びカップラーとの)アルカリ剤との付加塩は、特にアルカリ金属又はアルカリ土類金属アンモニア、アルカノールアミン類を含む有機アミン類、及び式(A)の化合物との付加塩から選択される。

0064

また本発明の組成物は、従来から使用されている種々のアジュバント、例えばアニオン性、カチオン性、非イオン性、両性又は双性イオン性の界面活性剤又はその混合物、本発明のポリマー以外のアニオン性、カチオン性、非イオン性、両性又は双性イオン性のポリマー類又はその混合物、無機増粘剤、酸化防止剤浸透剤金属イオン封鎖剤香料バッファー分散剤コンディショナー、例えば、カチオン皮膜形成剤セラミド類防腐剤、安定剤及び乳白剤をさらに含有してもよい。

0065

特に好ましく使用される増粘剤は、当業者によく知られており、特に非イオン性、アニオン性、カチオン性又は両性の会合性ポリマーをベースにした増粘系である。
さらに、界面活性剤、好ましくは非イオン性、アニオン性又は両性の界面活性剤の量は、組成物の全重量に対して0.01重量%〜30重量%である。
言うまでもなく、当業者であれば、本発明の組成物に固有の有利な特性が、考慮される添加により悪影響を受けないか、又は実質的に受けないないように留意して、これ又はこれらの任意の付加的な化合物(類)を選択するであろう。

0066

本発明の組成物は、種々の形態、例えば、液体、シャンプー、クリーム又はゲル、又は任意の他の適切な形態であり得る。
本発明の特に好ましい一形態において、組成物は、化粧品的に許容可能な水性媒体を含有する明色化染色シャンプーの形態をしている。
通常、シャンプーはアニオン性、カチオン性、両性又は非イオン性型の少なくとも一の界面活性剤を含有している。好ましい非イオン性界面活性剤としてはアルキルポリグリコシド類を挙げることができる。
これらのシャンプーにおいて、界面活性剤は、シャンプー用組成物の全重量に対して、4重量%〜30重量%、好ましくは約8重量%〜20重量%の範囲の割合で存在する。

0067

本発明の組成物において、場合によっては、一又は複数のカップラーの存在下、一又は複数の酸化ベースが使用される場合、又は明色化直接染色において蛍光染料(群)が使用される場合、本発明の組成物は、少なくとも一の酸化剤をさらに含有し得る。
酸化剤は、例えば過酸化水素、過酸化尿素臭素酸アルカリ金属塩、過ホウ酸塩及び過硫酸塩等の過酸塩、二電子又は四電子オキシドレダクターゼ及びペルオキシダーゼ等の酵素から選択され得る。過酸化水素又は酵素の使用が特に好ましい。

0068

本発明の主題は、明色化効果を伴う、ヒトのケラチン物質を着色するための、上述した組成物の使用にある。
本発明において、「ヒトのケラチン物質」なる用語は、皮膚、毛髪、爪、睫毛及び眉毛、特に色黒の皮膚および人工的に染色された又は着色された毛髪を意味する。
本発明の目的において、「色黒の皮膚」なる用語は、CIEL L★a★b★系で測定される明度L★が45以下、好ましくは40以下である皮膚を意味し、ここで、L★=0は黒に等価であり、L★=100は白に等価である。この明度に対応する皮膚タイプは、アフリカ人の皮膚、アフリカ系アメリカ人の皮膚、スペイン系アメリカ人の皮膚、インド人の皮膚及びアフリカ人の皮膚である。
本発明の目的において、「人工的に染色された又は着色された毛髪」なる表現は、そのトーン高さが6(ダークブロンド)以下、好ましくは4(チェスナットブラウン)以下である毛髪を意味する。

0069

毛髪の明色化は、明色化の程度又はレベルを特徴付ける「トーン高さ」により評価される。「トーン」という概念は、一つのトーンが各色調をその直前又は直後の色調から分離する天然の色調の分類に基づいている。天然の色調のこの定義と分類は、ヘアスタイリング専門家にはよく知られており、Charles Zviak 1988, Masson, pp.215及び278の文献「Sciences des Traitements capillaires[Hair treatment sciences]」に公表されている。
トーン高さは1(黒)〜10(ライトブロンド)の範囲であり、一単位が一トーンに相当し;数字が高くなればなる程、色調は明るくなる。

0070

本発明の他の主題は、次の工程:
a)本発明の組成物を、所望の着色及び明色化がなされるのに十分な時間、ヒトのケラチン繊維に適用し、
b)場合によっては繊維をすすぎ、
c)場合によってはシャンプーで繊維を洗浄してすすぎ、
d)繊維を乾燥するか、又は乾燥するまで放置する、
ことを実施する、明色化効果を有するヒトのケラチン繊維の染色方法に関する。

0071

本発明の主題は、上述した組成物を皮膚に適用し、ついで皮膚を乾燥させるか、又は乾燥するまで放置する、明色化効果を有する、色黒の皮膚を着色するための方法にある。好ましくは、この組成物は酸化ベース及びカップラーを何ら含有しておらず、酸化剤の存在下では使用されない。
組成物の種々の成分に関する上述した全てのことは有効であり、ここで参照される。
特に本発明の方法は、ヒトのケラチン繊維、特に人工的に染色された又は着色された毛髪、又は色黒の皮膚を処理するのに適している。
特に、本発明の方法で有利に処理され得る繊維は、6(ダークブロンド)以下、好ましくは4(チェスナットブラウン)以下のトーン高さを有する。
さらに、本発明で処理可能な色黒の皮膚は、CIEL L★a★b★系で測定されて45以下、好ましくは40以下の明度L★を有する。

0072

本発明の第1の実施態様において、明色化効果を伴う繊維の染色方法は、酸化剤の非存在下、酸化染料又はカップラーを含有しない組成物を用いて実施される。
本発明の第2の実施態様において、明色化効果を伴う繊維の染色方法は、酸化染料又はカップラーを含有しない組成物を用いるが、酸化剤(類)の存在下で実施される。

0073

本発明のこれらの染色方法の第1の変形例では、上述した少なくとも一の組成物を、所望の着色及び明色化がなされるの十分な時間、繊維、特に毛髪に適用し、ついで繊維をすすぎ、場合によってはシャンプーで洗浄し、再度すすいで乾燥させる。
本発明におけるこれらの染色方法の第2の変形例は、上述した少なくとも一の組成物を、最終的なすすぎをすることなく、繊維、特に毛髪に適用する。
本発明の染色方法の第3の変形例において、該染色方法は、一方では、酸化ベース及び/又はカップラーを含有していてもよい本発明の組成物、他方では、化粧品的に許容可能な媒体に、少なくとも一の酸化剤を含有せしめてなる組成物を別々に保管し、ついで、使用時にそれらを混合することからなる予備工程を含み、ついで、該混合物を所望する着色がなされるのに十分な時間ケラチン繊維、特に毛髪に適用し、その後繊維をすすぎ、場合によってはシャンプーで洗浄し、再度すすいで乾燥させる。

0074

繊維、特に毛髪を着色し、また明色化効果を得るのに必要な時間は、約5〜60分、特に約5〜約40分である。
着色し、明色化効果を得るのに必要な温度は、一般的に室温(15〜25℃)〜80℃、特に15〜40℃である。

0075

本発明の他の主題は、本発明の組成物を収容している少なくとも一の区画と、少なくとも一の酸化剤を含有する組成物を収容している少なくとも一の他の区画を具備する、ケラチン繊維、特に毛髪を染色するための多区画具にある。この多区画具は、繊維に所望の混合物を塗布可能な手段を具備したもの、例えば仏国特許第2586913号に記載されている多区画具であってよい。

0076

本発明の組成物がケラチン繊維、例えばチェスナットブラウンの毛髪の処理に使用されるならば、該組成物により次の結果が達成可能であることを記しておくべきである:
400〜700ナノメートルの範囲の波長の可視光線放射した場合の毛髪の反射率を測定し、波長の関数としての反射率曲線を、本発明の組成物で処理された毛髪と未処理の毛髪とで比較すると、500〜700ナノメートルの範囲の波長において、処理された毛髪に相当する反射率曲線は、未処理の毛髪に相当するものよりも高いことが見出された。
このことは、500〜700ナノメートル、好ましくは540〜700ナノメートルの範囲の波長において、処理された毛髪に相当する反射率曲線が未処理の毛髪に相当する反射率曲線よりも高い少なくとも一の範囲が存在することを意味する。「〜より高い」なる用語は、反射率の少なくとも0.05%、好ましくは少なくとも0.1%の差を意味する。
しかしながら、500〜700ナノメートル、好ましくは540〜700ナノメートルの範囲の波長において、処理された繊維に相当する反射率曲線が、未処理の繊維に相当する反射率曲線と重なり合っているか、又はそれ以下である一又は複数の範囲が存在することを示唆している。
好ましくは、処理された毛髪の反射率曲線と未処理の毛髪の反射率曲線との差異が最大になる波長は、500〜650ナノメートルの範囲の波長、好ましくは550〜620ナノメートルの範囲の波長にある。

0077

加えて、好ましくは、本発明の組成物により、CIEL L★a★b★系で測定して、6以上の変数b★を有し、b★/a★の絶対値の比率が、以下に記載する選択試験に従い1.2を超える色調に毛髪及び皮膚を明色化することができる。

0078

選択試験
チェスナットブラウンのケラチン繊維、特に毛髪に、チェスナットブラウンの繊維1グラム当たり組成物10グラムの割合で組成物を適用する。繊維全てに行き渡るように、組成物を展伸する。組成物を放置して、室温(20〜25℃)で20分間作用させる。ついで、繊維を水ですすぎ、ラウリルエーテル硫酸塩ベースのシャンプーで洗浄する。続いて乾燥する。次に、繊維の分光比的特徴を測定し、L★a★b★座標を決定する。
CIEL L★a★b★系では、a★及びb★は2つの色軸を示し:a★は緑/赤の色軸を示し(+a★は赤、−a★は緑である)、b★は青/黄の色軸を示し(+b★は黄、−b★は青である);a★及びb★の値がゼロに近い値はグレーの色調に相当する。

0079

次の実施例は本発明を例証することを意図したものであり、その範囲を限定するものではない。
実施例
蛍光化合物



93gの2-ピコリンを、110℃のジメチルホルムアミドにおいて5時間、120gの1,6-ジブロモヘキサンと反応させる。
沈殿した生成物を回収し、濾過する。
上述にて得られた109gの生成物をメタノールに溶解させ、82.82gのp-ジメチルアミノベンズアルデヒドを、ピロリジンの存在下、2回に分けて添加する。
ついで、混合物を30分間放置する。
沈殿した形態の生成物を回収する。
質量分析:266
元素分析:C:62.43%;H:6.40%;Br:23.07%;N:8.09%
式は次の通りである:C36H44N4・2Br

0080

組成物
次の組成物を調製した:



パーセンテージ活性物質の重量で表す
(*)アルラモール(Arlamol)HD:ポリ-α-オレフィン
各組成物を20分の放置時間、トーン高さ4の天然のチェスナットブラウンの毛髪の束に適用し、最終的なすすぎ操作、及びフード下における30分の乾燥操作を行う。
ケースにおいて、毛髪の束に顕著な明色化効果が得られた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ