図面 (/)

技術 検出器監視装置

出願人 パナソニック株式会社
発明者 村上博邦新井利則
出願日 2003年3月18日 (17年1ヶ月経過) 出願番号 2003-073852
公開日 2004年10月7日 (15年7ヶ月経過) 公開番号 2004-279323
状態 未査定
技術分野 体積流量の測定(I)
主要キーワード アナログ出力タイプ 作動故障 信号履歴 圧力低下検出 計測差 圧力変動値 圧力計測値 計測出力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年10月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

力検出器圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器作動状態監視する。

解決手段

流路の圧力を検出する圧力検出器10と、この圧力検出器10を所定時間間隔で駆動する圧力検出器制御手段11と、圧力検出器10の検出信号レベルを監視する圧力信号監視手段12と、感震器13の出力信号の有無を監視する感震器信号監視手段14を内蔵したマイクロコンピュータ16とを備えている。これによって、、圧力検出器10が圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器13が地震に限らず定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器の作動状態を監視することが可能となる。

概要

背景

従来、この種の検出器監視装置としては、例えば、特許文献1に記載されているようなものがあった。図5は、前記文献1に記載された検出器監視装置を示すもので、1は低流量域の流量を計測する低流量計測手段、2は高流量域の流量を計測する高流量計測手段、3はガス流量演算手段、4は圧力センサ、5はガス積算流量演算手段でその積算流量値を表示手段6に表示する。また7は圧力センサ異常発生判定手段である。また、圧力センサ異常発生判定手段は、流量が流れている状態の時に予め定められた計測回数または時間内で予め定められた圧力しきい値以上の値で変化しなかった場合を異常が発生したものと判定するようになっている。

概要

力検出器圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器作動状態監視する。流路の圧力を検出する圧力検出器10と、この圧力検出器10を所定時間間隔で駆動する圧力検出器制御手段11と、圧力検出器10の検出信号レベルを監視する圧力信号監視手段12と、感震器13の出力信号の有無を監視する感震器信号監視手段14を内蔵したマイクロコンピュータ16とを備えている。これによって、、圧力検出器10が圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器13が地震に限らず定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器の作動状態を監視することが可能となる。

目的

本発明は、前記従来の課題を解決するもので、圧力検出器が圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器が地震に限らず定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器の作動状態を監視する検出器監視装置を搭載したガスメーターを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ガス流路に流れるガスの流量を検出する流量検出器と、流路の圧力を検出する圧力検出器と、前記圧力検出器を所定時間間隔で駆動する圧力検出器制御手段と、前記圧力検出器の検出信号レベル監視する圧力信号監視手段と、地震等による震動感知する感震器と、前記感震器の出力信号の有無を記憶する感震器信号監視手段と、前記感震器信号監視手段を内蔵したマイクロコンピュータとを備え、前記圧力検出器の作動異常と前記感震器の作動状態を監視する検出器監視装置

請求項2

圧力信号監視手段は、所定時間間隔で測定した圧力値の変化量が所定の値以上に分散しているか否かを、流量がある場合と無い場合とで複数回検出し、両モードでの検出回数が等しくなった場合を圧力検出器の異常と判定する請求項1記載の検出器監視装置。

請求項3

感震器信号監視手段は、あらゆる振動に反応して出力される信号を直近の感震器出力取得信号として履歴更新し、履歴情報から感震器の作動状態を監視する請求項1記載の検出器監視装置。

請求項4

圧力信号監視手段及び感震器信号監視手段の監視状況表示器報知するか及び/又は通信手段によって通報する請求項1記載の検出器監視装置。

技術分野

0001

本発明は、ガスメーター等に搭載した検出器故障や異常を監視する検出器監視装置に関するものである。

0002

従来、この種の検出器監視装置としては、例えば、特許文献1に記載されているようなものがあった。図5は、前記文献1に記載された検出器監視装置を示すもので、1は低流量域の流量を計測する低流量計測手段、2は高流量域の流量を計測する高流量計測手段、3はガス流量演算手段、4は圧力センサ、5はガス積算流量演算手段でその積算流量値を表示手段6に表示する。また7は圧力センサ異常発生判定手段である。また、圧力センサ異常発生判定手段は、流量が流れている状態の時に予め定められた計測回数または時間内で予め定められた圧力しきい値以上の値で変化しなかった場合を異常が発生したものと判定するようになっている。

背景技術

0003

【特許文献1】
特開平11−142202号公報

0004

しかしながら従来の検出器監視装置には、流量が流れている状態の時のみ異常を判定するようになっているため、流量が停止している時は異常を判定できないという課題や、また、感震器出力信号に関しては地震か否かの検出を実行するものの感震器の作動は地震に遭遇した時、正常に作動することを期待せざるを得ないという課題があった。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、前記従来の課題を解決するもので、圧力検出器圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器が地震に限らず定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器の作動状態を監視する検出器監視装置を搭載したガスメーターを提供することを目的とする。

0006

前記従来の課題を解決するために、本発明の検出器監視装置は、流路の圧力を検出する圧力検出器と、前記圧力検出器を所定時間間隔で駆動する圧力検出器制御手段と、圧力検出器の検出信号レベルを監視する圧力信号監視手段と、地震等による震動感知する感震器と、前記感震器の出力信号有無を監視する感震器信号監視手段と、この感震器信号監視手段を内蔵したマイクロコンピュータとを備え、前記圧力検出器の圧力応答異常と前記感震器の作動異常を監視するようにしたものである。

課題を解決するための手段

0007

これによって、圧力検出器が圧力変化に反応した出力値となっているか、また感震器が地震に限らず定常的に受ける振動に対して反応しているか否かを管理して検出器の作動状態を監視することができる。

0008

請求項1記載の発明は、流路の圧力を検出する圧力検出器と前記圧力検出器を所定時間間隔で駆動する圧力検出器制御手段と、圧力検出器の検出信号レベルを監視する圧力信号監視手段と、地震等による震動を感知する感震器と前記感震器の出力信号有無を監視する感震器信号監視手段とを内蔵したマイクロコンピュータとを備えることによって、圧力検出器の圧力反応異常と前記感震器の作動異常を発見することができ、システムの安全性を高めることができる。

0009

請求項2記載の発明は、所定時間間隔で取得した測定値の変化量が所定の値以上に分散しているか否かを判定した後、流量検出器が流量を検出した時の圧力測定値と比較する圧力信号監視手段を設けることにより、圧力検出器の異常を発見することができる。

0010

請求項3記載の発明は、あらゆる振動に反応して出力される信号を最新の感震器出力信号として履歴更新する感震器信号監視手段によって、感震器の作動故障を早期に推測することができる。

0011

請求項4記載の発明は、圧力信号監視手段、及び感震器信号監視手段の監視状況表示器報知するか、もしくは通信手段によって通報する構成にしたことにより故障の早期対応と装置のメンテナンスを効率よく行うことができる。

0012

【実施例】
以下、本発明の実施例について図面を参照しながら説明する。

0013

(実施例1)
図1は本発明の実施例1における検出器監視装置の構成図を示すものである。

0014

図1において、8は流路に流れるガス流量を検出する流量検出器、9は流量検出器8の計測流量から瞬時流量値や流量積算を行う流量演算手段、10は流路内のガス供給圧力を計測する圧力検出器、11は圧力検出器9を所定時間間隔で駆動し、かつ圧力検出器9からの計測出力値を入力して流路内の現在圧力値を取得する圧力検出器制御手段である。また、12は圧力検出器8の圧力信号監視手段で、所定時間間隔で計測した圧力計測値現在値前回値から差分値を求め、差分値が所定値以上か否かを判定して圧力検出器の圧力応答状態を監視する。圧力計測値の差分値は流量演算手段9の信号と連動して流量がある場合とない場合とで各々所定の回数実行し、双方で差分値を監視するように構成されている。

0015

また、13は感震器で、地震等の揺れによって接点開閉するようになっている。14は感震器信号監視手段で感震器13のオンオフ信号周期から強い揺れか否かを判定すると共に、感震器が振動に反応して出力信号を出す度に信号履歴記憶手段15の記憶情報を更新するように構成してあり、上記構成手段はマイクロコンピュータ16に内蔵する。17は表示器で前期流量演算手段9の演算出力を表示するが、圧力監視手段12の監視情報や前記感震器の信号履歴情報も表示する。

0016

また、前記表示器16に表示出力する情報を遠隔伝達する通信手段18を設けて管理センター等へ情報を通知できるように構成されている。

0017

以上のように構成された検出器監視装置について、以下その動作、作用について説明する。まず、図2図3図1の実施形態で圧力検出器の監視動作を示したもので、図2において圧力検出器制御手段11は所定の時間間隔で圧力検出器を起動し、例えば10秒毎にt1からtnではP1からPnの如く圧力計測を実行するが、txからtxnの間は圧力検出器10の計測信号がある値で固定されている状況を示している。このような状態は圧力検出器10が圧力変動値に反応していないと推測される。すなわち異常モードはAからBの間で任意の域値となる。断線などになれば圧力低下検出設定値以下となって異常状態は検出されるが、上記AからBの様な状態では異常とは解りにくい。

0018

次に圧力信号監視手段12の動作を図3の概略フローチャートで説明する。所定時間間隔で計測サンプリングされた圧力計測値は、19で現在値Piと前回値P(i−1)の差分を求め、△p以上あれば20でNaとNbのカウンタリセットし通常計測処理を実行するが、△p以下であれば21でカウンタNa、又は22でカウンタNbをインクリメントする。

0019

ここでの計測差分値△p力センサ計測精度に応じて設定する。

0020

次に、Naは流量有り時でNbは流量無し時を表している。流量有無判断23は流量演算手段9の信号で判定している。流量有無モードの双方でカウンタが所定の値となった場合、24でNa=Nbが成立すれば25で圧力検出器に異常が発生したと警報を発することになる。

0021

従って、流量無し状態でカウンタNbが成立しても、比較的圧力の変動が生じ易い流量有り時で△pが所定値を超えればカウンタは全てクリアされるので、流量有無の双方で異常を検出する構成により正確性を高めている。

0022

図4は感震器13の動作を示したもので、感震器13は衝撃振動や地震などの揺れが加わるとオンオフパルスが出力される。このオンオフパルスは周期t1とt2から地震による揺れを判定し、危険な揺れの場合はガス通路遮断して(図示せず)ガスの供給を停止するようになっている。感震器信号監視手段14はこれら全ての揺れに対して出力される信号の履歴を管理することになる。

0023

以上のように、本実施例においては圧力検出器8の圧力信号監視手段で、所定時間間隔で計測した圧力計測値の現在値と前回値から差分値を求め、差分値が所定値以上か否かを判定して圧力検出器の圧力応答状態を監視し、且つ圧力計測値の差分値は前記流量演算手段9の信号と連動して流量がある場合とない場合で各々所定の回数実行することにより誤判定を少なくすることができる。

0024

また、本実施例で説明した圧力検出器は圧力に対してアナログ出力をするタイプとパルス変換出力するタイプのいづれの圧力検出器に対しても同等の作用効果を得ることができる。

発明を実施するための最良の形態

0025

そして、感震器もスイッチング出力に限らず、アナログ出力タイプのものでも同等の作用効果を得ることができる。

図面の簡単な説明

0026

以上のように、本発明によれば、ガスメータに搭載する圧力検出器の異常や感震器の作動状態を監視することにより、圧力反応異常と感震器の作動異常を早期に発見することができ、システムの安全性を高めることができる。

図1
本発明の実施例1における検出器監視装置の構成図
図2
同装置の圧力信号監視動作シーケンスチャート
図3
同装置の圧力信号監視動作の概略フローチャート
図4
同装置の感震器の動作を説明する図
図5
従来のガスメータ装置の構成図
【符号の説明】
8流量検出器
10 圧力検出器
11 圧力検出器制御手段
12 圧力信号監視手段
13 感震器
14 感震器信号監視手段
15 感震器信号履歴記憶手段
16マイクロコンピュータ
17表示器
18通信手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ