図面 (/)

技術 コージェネレーションシステムの制御装置

出願人 株式会社長府製作所大阪瓦斯株式会社東邦瓦斯株式会社西部瓦斯株式会社
発明者 高倉康二花田幸紀三浦浩一滝本桂嗣岩田伸高木博司吉村正博吉田哲
出願日 2003年2月27日 (17年10ヶ月経過) 出願番号 2003-051699
公開日 2004年9月16日 (16年3ヶ月経過) 公開番号 2004-257713
状態 特許登録済
技術分野 熱ガス機関 ヒートポンプ、太陽熱、廃熱利用給湯器 蒸気又は温水中央暖房方式
主要キーワード 所定加熱温度 初期判定 排熱装置 受給側 循環温度 燃料電池発電機 加熱動作停止 加熱サーミスタ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年9月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

排熱装置排熱優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができることを目的とする。

解決手段

暖房スイッチオンオフ判定の暖房スイッチ判定手段712と、暖房スイッチオンと判定したときに排熱温度が第1所定排熱温度以上であるか否か又は暖房温度が第1所定暖房温度以上でかつ排熱温度が第2所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段713と、排熱温度が第1所定排熱温度以上か又は暖房温度が第1所定暖房温度以上でかつ排熱温度が第2所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段715と、能力過不足判定手段において能力不足であると判定したとき能力不足処理を行う能力不足処理手段716と、能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段717とを有する。

概要

背景

図1は、例えば(特許文献1)に記載されたコージェネレーションシステムを示す構成図である。
図1において、1は温度成層を形成して貯湯を行う貯湯系統、2はガスエンジン発電機排熱を利用して(例えばウォータージャケットからの湯を利用して)貯湯系統1における湯水の加熱等を行うエンジン排熱系統、3は床暖房を行う床暖房系統、4は高温暖房を行う高温暖房系統、5は風呂の追焚きのための熱交換を行う風呂加熱系統、6は風呂の追焚きを行う風呂追焚き系統、7は全体を制御する制御装置、8は都市ガスLPガスを用いて発電と排熱を行う(すなわち電気と熱を併給する)排熱装置としてのガスエンジン発電機、9は浴槽、9Aは給湯を行う給湯系統、31、32、35は開放閉鎖オンオフ)の動作を行う開閉弁、33、34は湯が供給され床暖房の対象となる床、36は浴室暖房換気扇ファンコンベクタ等の高温暖房機である。

概要

排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができることを目的とする。暖房スイッチオン・オフ判定の暖房スイッチ判定手段712と、暖房スイッチオンと判定したときに排熱温度が第1所定排熱温度以上であるか否か又は暖房温度が第1所定暖房温度以上でかつ排熱温度が第2所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段713と、排熱温度が第1所定排熱温度以上か又は暖房温度が第1所定暖房温度以上でかつ排熱温度が第2所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段715と、能力過不足判定手段において能力不足であると判定したとき能力不足処理を行う能力不足処理手段716と、能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段717とを有する。

目的

本発明は、上記問題点を解消するため、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができるコージェネレーションシステムの制御装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エンジン発電機等の排熱装置排熱貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステム制御装置であって、前記制御装置は、前記コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、前記中央処理装置は、暖房系統オンオフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、前記暖房スイッチがオンであると判定したときに前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であるか否か又は前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段と、前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には前記排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段と、前記能力過不足判定手段において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段と、前記能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段とを有することを特徴とするコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項2

前記初期温度判定手段は、前記暖房スイッチがオンであると判定したときに前記貯湯タンクの加熱を停止し、前記貯湯タンクの加熱を停止したときに前記排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ前記暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いという第1の条件または前記排熱の温度が第1の所定排熱温度より低く前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱の温度が第2の所定排熱温度より低いという第2の条件を判定し、前記第1の条件または前記第2の条件が満足されたときに補助熱源により暖房系統を補助的に加熱する補助加熱処理手段を有し、前記能力過不足判定手段は、前記補助加熱処理手段において前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には前記排熱の能力の過不足を判定することを特徴とする請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項3

前記初期温度判定手段は、前記貯湯タンクの加熱を停止する貯湯加熱停止手段と、前記貯湯タンクの加熱を停止したとき前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上かを判定する排熱温度判定手段と、前記貯湯タンクの加熱を停止したとき前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第2の所定排熱温度以上と判定したときには前記能力過不足判定手段における動作へと移行させることを特徴とする請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項4

前記補助加熱処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、前記補助熱源の制御開始後で前記暖房を開始した後に前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、前記補助熱源の制御開始後で前記暖房を開始した後に前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第2の所定排熱温度以上と判定したときには前記能力過不足判定手段における動作へと移行させることを特徴とする請求項2に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項5

前記能力過不足判定手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、前記補助熱源の加熱動作停止後で前記暖房を開始した後に前記暖房の開始から所定時間が経過したか否かを判定する時間経過判定手段と、前記所定時間が経過したと判定したとき前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、前記所定時間が経過したと判定したとき前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび前記暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度より低くかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度より低いと判定したときには前記能力不足処理手段における動作へと移行させ、前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度以上または前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度以上と判定しかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第2の所定排熱温度以上または前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第2の所定暖房温度以上と判定したときは前記能力過多処理手段の動作へと移行させることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項6

前記能力不足処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、前記補助熱源の制御開始後に前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、前記補助熱源の制御開始後に前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには前記能力過不足判定手段における動作へと移行させることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項7

前記能力過多処理手段は、第1の能力過多処理手段と第2の能力過多処理手段とを有し、前記第1の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、前記補助熱源の加熱動作停止後に前記貯湯タンクの加熱を開始させる貯湯弁制御手段と、前記貯湯タンクの加熱の開始から所定時間が経過したか否かを判定する経過時間判定手段と、前記経過時間判定手段において前記所定時間が経過したと判定したとき前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび前記排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、前記経過時間判定手段において前記所定時間が経過したと判定したとき前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび前記暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度以上か又は前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度以上と判定したときには前記第2の能力過多処理手段における動作へと移行させ、前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度より低くかつ前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度より低いと判定しかつ前記暖房温度判定手段において前記暖房の温度が前記第2の所定暖房温度以下でかつ前記排熱温度判定手段において前記排熱の温度が前記第2の所定排熱温度以下と判定したときには前記能力過不足判定手段における動作へと移行させることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項8

前記第2の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、前記補助熱源の加熱動作停止後に前記貯湯タンクの加熱を開始させる水量制御弁制御手段と、前記貯湯タンクの加熱の開始後に前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否か又は第2の所定排熱温度以上か否か又は第3の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、前記暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段と、前記排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であると判定したとき前記排熱温度を前記第2の所定排熱温度以下とすることにより前記排熱の温度を安定化させる排熱温度安定化手段と、前記排熱の温度が前記第1の所定排熱温度より低いと判定したとき又は前記排熱の温度を安定化させたときに前記暖房の温度が前記第1の所定暖房温度以下でかつ前記排熱の温度が前記第3の所定排熱温度以下であると判定したときには前記第1の能力過多処理手段における動作へと移行させることを特徴とする請求項7に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項9

エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、前記制御装置は、前記コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、前記中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、前記暖房スイッチがオンでないと判定したときには前記排熱装置を起動すると共に前記貯湯タンクの加熱を開始する初期処理手段を有することを特徴とするコージェネレーションシステムの制御装置。

請求項10

前記初期処理手段は、前記排熱装置の冷却水の有無や循環サーミスタ・暖房サーミスタ等の各種サーミスタの正常性チェックする初期判定手段と、前記排熱装置の起動や前記貯湯タンクの加熱の開始を行う初期設定手段とを有することを特徴とする請求項9に記載のコージェネレーションシステムの制御装置。

技術分野

0001

本発明は、都市ガスLPガス等を用いてガスエンジン発電機燃料電池発電機運転電気を発生し、副産物として発生した熱を貯湯式の湯水の加熱や暖房に利用するコージェネレーションシステム制御装置に関するものである。

0002

図1は、例えば(特許文献1)に記載されたコージェネレーションシステムを示す構成図である。
図1において、1は温度成層を形成して貯湯を行う貯湯系統、2はガスエンジン発電機の排熱を利用して(例えばウォータージャケットからの湯を利用して)貯湯系統1における湯水の加熱等を行うエンジン排熱系統、3は床暖房を行う床暖房系統、4は高温暖房を行う高温暖房系統、5は風呂の追焚きのための熱交換を行う風呂加熱系統、6は風呂の追焚きを行う風呂追焚き系統、7は全体を制御する制御装置、8は都市ガス・LPガスを用いて発電と排熱を行う(すなわち電気と熱を併給する)排熱装置としてのガスエンジン発電機、9は浴槽、9Aは給湯を行う給湯系統、31、32、35は開放閉鎖オンオフ)の動作を行う開閉弁、33、34は湯が供給され床暖房の対象となる床、36は浴室暖房換気扇ファンコンベクタ等の高温暖房機である。

0003

貯湯系統1は、貯湯タンク101、循環ポンプ102、逆流防止逆止弁102a、湯水の温度を計測する貯湯サーミスタ103〜106、通水水量を連続的に制御する水量制御弁107、循環する湯水の温度を計測する循環サーミスタ109、温度成層を形成するためのじゃま板110、111、熱の供給側124aと受給側124bとから成る熱交換器124、循環ポンプ102から吐出される湯水をバイパスする貯湯弁125を有する。
また、エンジン排熱系統2は、排熱ポンプ201、湯が100℃を越えないようにするため大気に開放された湯水タンク202、床暖房系統3との間において熱の供給を行う供給側204aと熱の受給側204bとを有する熱交換器204、排熱サーミスタ205、ガスエンジン発電機8の発電能力余剰が生じた場合にその余剰電力回収して熱源として使用するための余剰電力回収用ヒータ206、排熱ポンプ201からの湯水が吐出される往路口207、ガスエンジン発電機8のウォータージャケットからの湯水が供給される戻り口208を有する。

0004

さらに、床暖房系統3は、暖房ポンプ301、高温暖房系統4側に配設された熱供給側302aと床暖房系統3側に配設された熱受給側302bとから成る熱交換器302、暖房サーミスタ303、バイパス管304、湯水タンク306、往路口307、戻り口308を有する。
さらに、高温暖房系統4は、方向性のある水流センサ(方向性水流センサ、図示せず)を有する補助熱源401、加熱サーミスタ402、高温暖房系統4を作動させるためのオン、オフ動作の暖房弁403、温水タンク306内の水位が低下したときに湯を供給する暖房補給水弁404を有する。
さらに、風呂加熱系統5は、熱の供給側501aと熱の受給側501bとから成る熱交換器501、風呂加熱系統5を作動させるためのオン、オフ動作の風呂弁502を有する。
さらに、風呂追焚き系統6は、風呂循環ポンプ601、浴槽9へ追焚用の湯を供給する往路口602、浴槽9からの湯水が供給される戻り口603、湯張りの湯が給湯系統9Aの湯張り弁114、逆止弁115、116から供給される湯供給管604、浴槽9との間を循環する湯水の温度を計測する風呂循環サーミスタ605を有する。

0005

さらに、給湯系統9Aは、逆流防止の逆止弁115、116、122、通水水量を連続的に制御する水量制御弁113、通水のオン、オフ制御を行う湯張り弁114、貯湯タンク101からの湯と給水口118からの水とを混合する混合弁112、給湯口117、圧力調整減圧弁119、給水温度を計測する給水サーミスタ120、水量を計測する水量センサ121、排水口123を有する。
ここで、各部の温度について説明する。ガスエンジン発電機8から熱交換器124へ供給される湯の温度は75〜80℃程度であり、熱交換器204へ供給される湯の温度は65〜70℃程度である。また、補助熱源401から熱交換器302や501へ供給される湯の温度は80℃程度である。

0006

以上のように構成されたコージェネレーションシステムについて、その動作を説明する。
まず、貯湯系統1および給湯系統9Aの動作について説明する。
貯湯動作においては、貯湯ポンプ102は図示しないモータにより駆動され、また熱交換器124は熱交換を行い、水量制御弁107は、貯湯タンク101の上部から貯湯タンク101内に流入する湯水の量が適量となるように、その開度を制御される。熱交換器124で熱交換されて加熱された湯は循環サーミスタ109を経て循環ポンプ102から貯湯タンク101へ供給され、水量制御弁107→熱交換器124というように循環する。この循環ポンプ102→貯湯タンク101→水量制御弁107→熱交換器124の循環路を第1の循環路と呼ぶ。循環ポンプ102から貯湯タンク101への供給量は、水量制御弁107の開度により制御されるが、貯湯タンク101内で温度成層を形成するように50リットル/時間程度に制御される。水量制御弁107で制御可能な水量の分解能は100リットル/時間程度であるので、この分解能を例えば10リットル/時間程度に向上させるために貯湯弁125でバイパスさせる。また貯湯弁125は循環ポンプ102や熱交換器124などと共に循環路(第2の循環路)を形成しており、第1の循環路における湯水の温度が低い場合には、水量制御弁107を閉鎖状態オフ状態)として第2の循環路のみを形成し、熱交換器124による温度上昇を待つ。給湯口117や湯張り弁114の開放により貯湯タンク101内の貯湯量が減少した場合には、給水口118からの給水圧が貯湯タンク101の底部の水圧に対して相対的に高まり、給水が行われる。給水口118からの給水は減圧弁119や水量センサ121などを経由して行われる。

0007

給湯時においては、貯湯タンク101内の湯は、補助熱源401と混合弁112と水量制御弁113を経由して給湯口117から供給される。補助熱源401は、貯湯サーミスタ103の計測温度が低く、内蔵の水流センサが水流を検知したときに、通水を加熱する。したがって、貯湯タンク101の貯湯の温度が低い場合には補助熱源401で加熱された湯が給湯口117から供給されることになり、低温湯が供給されることを防止することができる。なお、湯張り弁114は浴槽9への湯張りのための弁である。

0008

次に、エンジン排熱系統2について説明する。
ガスエンジン発電機8からの湯(75℃〜80℃程度の湯)は、戻り口208から余剰電力回収用ヒータ206を経由して熱交換器124に達し、熱交換器124において貯湯系統1に対して熱供給を行う。熱交換器124を通過した湯(65℃〜70℃程度の湯)は、低温暖房用熱交換器204に達し、熱交換器204において床暖房系統3に対して熱供給を行う。低温暖房用熱交換器204を経由した湯は、開放型の湯水タンク202を経由して排熱ポンプ201により往路口207からガスエンジン発電機8側へ吐出される。開放型の湯水タンク202は通過する湯の温度を100℃以下に抑えるためのものである。これにより、貯湯系統1における湯が100℃を越えることが防止される。

0009

次に、床暖房系統3について説明する。
暖房ポンプ301からの湯水は熱交換器204でエンジン排熱系統2からの熱を受給し、熱交換器302に達する。熱交換器302は浴室暖房換気扇やファンコンベクタ等の高温暖房機36を使用する高温の暖房を行うためのものであり、低温床暖房の場合には湯は、熱交換器302で熱交換が行われることなく通過し往路口307から吐出される。床側では、開閉弁31がオンであれば床33に供給され、開閉弁32がオンであれば床34に供給される。床を経由して戻り口308から供給される湯水は暖房サーミスタ303、湯水タンク306を経由して再度、暖房ポンプ301から吐出される。バイパス管304は開閉弁31、32、35が共にオフ状態のときに熱交換器204、302で熱交換した湯の温度が検知できなくなることを防止するためのものである。温水タンク306内の水位が所定の水位より下がった場合には暖房補給水弁404から湯水タンク306に湯が供給される。

0010

次に、高温暖房を行う高温暖房系統4について説明する。
高温暖房系統4は暖房弁403のオンにより動作を開始する。暖房弁403をオンにすると、循環ポンプ102→補助熱源401→高温暖房用熱交換器302→暖房弁403の循環路が形成され、加熱サーミスタ402の計測温度が所定温度(例えば80℃)以下の場合には補助熱源401が動作し、湯水が加熱される。熱交換器302においては床暖房系統3に対して熱の供給が行われ、開閉弁35の開放により高温暖房機36に高温の湯が通水され、高温の暖房が可能となる。

0011

次に、風呂の追焚きのための熱交換を行う風呂加熱系統5について説明する。風呂加熱系統5は風呂弁502のオンにより動作を開始する。風呂弁502をオンにすると、循環ポンプ102→補助熱源401→風呂追焚き用熱交換器501→風呂弁502→貯湯用熱交換器124の循環路が形成され、加熱サーミスタ402の計測温度が所定温度(例えば60℃)以下の場合には補助熱源401が動作し、熱交換器501において熱の供給が行われ、風呂の追焚きが行われる。

背景技術

0012

次に、風呂の追焚きを行う風呂追焚き系統6について説明する。
風呂循環ポンプ601の吐出湯水は、風呂追焚き用熱交換器501から熱を受給し、加熱され、往路口602から浴槽9へ湯が供給される。浴槽9からの戻り湯は戻り口603、風呂循環サーミスタ605を経由して風呂循環ポンプ601に戻る。風呂循環ポンプ601を所定時間(例えば20分)おきに一定時間(例えば1分)運転させることにより風呂循環サーミスタ605の計測温度が所定温度(例えば40℃)以下になれば自動的に追焚きを行うようにすることもできる。湯張り用管604は給湯系統9Aの開閉弁114からの湯により湯張りを行うためのものである。
なお、ここでは、熱と電気を発生するものとしてガスエンジン発電機8について記載したが、これに限らず、同じく熱と電気を発生する燃料電池などについても同様に適用でき、同様の効果を奏するものである。
【特許文献1】
特開2002−364919号公報

0013

しかしながら、上記従来のコージェネレーションシステムでは、貯湯タンクの加熱や暖房、補助熱源の起動などを必要に応じて(時には並行して)行っており、排熱装置8の排熱利用が効率的でないという問題点を有していた。

発明が解決しようとする課題

0014

本発明は、上記問題点を解消するため、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができるコージェネレーションシステムの制御装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0015

この課題を解決するために本発明のコージェネレーションシステムの制御装置は、エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、制御装置は、コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、暖房スイッチがオンであると判定したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であるか否か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段と、能力過不足判定手段において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段と、能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段とを有する構成を備えている。
これにより、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができるコージェネレーションシステムの制御装置が得られる。

0016

本発明の請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、制御装置は、コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、暖房スイッチがオンであると判定したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であるか否か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段と、能力過不足判定手段において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段と、能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段とを有することとしたものである。
この構成により、能力過不足を判定し、能力が不足しているときには排熱を暖房のみに使用するようにし、能力過多であるときには排熱を暖房と貯湯タンクの加熱とに使用するようにすることができるので、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができるという作用を有する。

0017

請求項2に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期温度判定手段は、暖房スイッチがオンであると判定したときに貯湯タンクの加熱を停止し、貯湯タンクの加熱を停止したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いという第1の条件または排熱の温度が第1の所定排熱温度より低く暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度より低いという第2の条件を判定し、第1の条件または第2の条件が満足されたときに補助熱源により暖房系統を補助的に加熱する補助加熱処理手段を有し、能力過不足判定手段は、補助加熱処理手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定することとしたものである。
この構成により、補助熱源により暖房温度および排熱温度を所定の範囲内に設定することができるので、能力過不足判定手段における能力不足や能力過多を正確に判定することができるという作用を有する。

0018

請求項3に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期温度判定手段は、貯湯タンクの加熱を停止する貯湯加熱停止手段と、貯湯タンクの加熱を停止したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上かを判定する排熱温度判定手段と、貯湯タンクの加熱を停止したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、貯湯タンクの加熱を停止したときに暖房温度および排熱温度が所定値以上の場合には能力過不足判定手段における動作へ移行するようにしたので、的確に能力過不足判定処理へ移行することができるという作用を有する。

0019

請求項4に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項2に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、補助加熱処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、補助熱源の制御開始後で暖房を開始した後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、補助熱源の制御開始後で暖房を開始した後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、暖房温度および排熱温度が低いときには補助熱源で所定値以上として能力過不足判定処理へ移行するようにすることができるという作用を有する。

0020

請求項5に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項1乃至4のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力過不足判定手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後で暖房を開始した後に暖房の開始から所定時間が経過したか否かを判定する時間経過判定手段と、所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低くかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いと判定したときには能力不足処理手段における動作へと移行させ、暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上または排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定しかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上または暖房温度判定手段において暖房の温度が第2の所定暖房温度以上と判定したときは能力過多処理手段の動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、能力の過不足を正確に判定することができ、的確に能力不足処理または能力過多処理へ移行することができるという作用を有する。

0021

請求項6に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力不足処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、補助熱源の制御開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、補助熱源の制御開始後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、暖房温度および排熱温度を補助熱源により所定値以上にすることができるので、能力不足を解消して能力過不足判定へ移行することができるという作用を有する。

0022

請求項7に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力過多処理手段は、第1の能力過多処理手段と第2の能力過多処理手段とを有し、第1の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる貯湯弁制御手段と、貯湯タンクの加熱の開始から所定時間が経過したか否かを判定する経過時間判定手段と、経過時間判定手段において所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、経過時間判定手段において所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上と判定したときには第2の能力過多処理手段における動作へと移行させ、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いと判定しかつ暖房温度判定手段において暖房の温度が第2の所定暖房温度以下でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以下と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、能力が過多の場合には、暖房を行うことができるだけでなく貯湯タンクの加熱も行うことができるという作用を有する。

0023

請求項8に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項7に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、第2の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる水量制御弁制御手段と、貯湯タンクの加熱の開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否か又は第2の所定排熱温度以上か否か又は第3の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であると判定したとき排熱温度を第2の所定排熱温度以下とすることにより排熱の温度を安定化させる排熱温度安定化手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いであると判定したとき又は排熱の温度を安定化させたときに暖房の温度が第1の所定暖房温度以下でかつ排熱の温度が第3の所定排熱温度以下であると判定したときには第1の能力過多処理手段における動作へと移行させることとしたものである。
この構成により、排熱温度を所定値以上の異常値にならないようにすることができるので、排熱温度が異常に上昇することにより排熱装置が破壊されることを防止することができるという作用を有する。

0024

請求項9に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、制御装置は、コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、暖房スイッチがオンでないと判定したときには排熱装置を起動すると共に貯湯タンクの加熱を開始する初期処理手段を有することとしたものである。
この構成により、暖房が起動されない場合には排熱装置の排熱により貯湯タンクの加熱を行うことができるという作用を有する。

0025

請求項10に記載のコージェネレーションシステムの制御装置は、請求項9に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期処理手段は、排熱装置の冷却水の有無や循環サーミスタ・暖房サーミスタ等の各種サーミスタの正常性チェックする初期判定手段と、排熱装置の起動や貯湯タンクの加熱の開始を行う初期設定手段とを有することとしたものである。
この構成により、排熱装置の排熱による貯湯タンクの加熱を正確かつ安全に行うことができるという作用を有する。

0026

以下、本発明の実施の形態について、図1図16を用いて説明する。
(実施の形態1)
本発明の実施の形態1によるコージェネレーションシステムの構成は図1に示す構成である。

0027

図2は、本発明の実施の形態1によるコージェネレーションシステムの制御装置7を示すブロック図である。
図2において、71はコージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置(CPU)、72は文字やデータなどを入力する入力装置、73は文字や図形などを表示する表示装置、74は一時的にデータを保存するRAM、75はプログラムやデータを格納するROMである。

0028

図3は、CPU71がROM75に格納されたプログラムを実行することにより実現される機能を示す機能ブロックである。
図3において、71はCPU、711は暖房スイッチ(暖房系統の運転を開始するためのスイッチ、図示せず)がオンでないと判定したときには排熱装置8を起動すると共に貯湯タンクの加熱を開始する初期処理手段、712は暖房系統をオン・オフ(起動・停止)する暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段、713は暖房スイッチがオンであると判定したときに暖房と排熱の初期温度を判定する初期温度判定手段、714は補助熱源401により暖房系統を補助的に加熱する補助加熱処理手段、715は暖房と排熱の温度に基づいて暖房のみならず貯湯タンクの加熱も行うことができるか否かを判定する能力過不足判定手段、716は能力過不足判定手段715において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段、717は能力過不足判定手段715において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段である。能力過多処理手段717は第1の能力過多処理手段718と第2の能力過多処理手段719とから成る。

0029

図4は、図3の初期処理手段711を示す機能ブロック図である。
図4において、7111は排熱装置8の冷却水の有無や循環サーミスタ109・暖房サーミスタ303等の各種サーミスタの正常性をチェックする初期判定手段、7112は排熱装置8の起動や貯湯タンクの加熱の開始を行う初期設定手段である。

0030

図5は、図3の初期温度判定手段713を示す機能ブロック図である。
図5において、7131は貯湯タンクの加熱を停止する貯湯加熱停止手段、7132は貯湯弁125を制御する貯湯弁制御手段、7133は水量制御弁107を制御する水量制御弁制御手段、7134は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7135は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0031

図6は、図3の補助加熱処理手段714を示す機能ブロック図である。
図6において、7141は補助熱源401を制御する補助熱源制御手段、7142は暖房ポンプ301のオン・オフを制御する暖房ポンプ制御手段、7143は暖房弁403のオン・オフを制御する暖房弁制御手段、7144は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7145は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0032

図7は、図3の能力過不足判定手段715を示す機能ブロック図である。
図7において、7151は補助熱源401を制御する補助熱源制御手段、7152は暖房ポンプ301のオン・オフを制御する暖房ポンプ制御手段、7153は暖房弁403のオン・オフを制御する暖房弁制御手段、7154は或る時刻からの時間の経過を判定する時間経過判定手段、7155は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7156は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0033

図8は、図3の能力不足処理手段716を示す機能ブロック図である。
図8において、7161は補助熱源401を制御する補助熱源制御手段、7162は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7163は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0034

図9は、図3の第1の能力過多処理手段718を示す機能ブロック図である。図9において、7181は補助熱源401を制御する補助熱源制御手段、7182は貯湯弁125のオン・オフ(開・閉)を制御する貯湯弁制御手段、7183は或る時刻からの時間の経過を判定する経過時間判定手段、7184は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7185は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0035

図10は、図3の第2の能力過多処理手段719を示す機能ブロック図である。
図10において、7191は補助熱源401を制御する補助熱源制御手段、7192は水量制御弁107を制御する水量制御弁制御手段、7193は排熱温度の所定値以上に上昇しないように排熱温度の安定化を図る排熱温度安定化手段、7194は排熱の温度を排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する排熱温度判定手段、7195は循環サーミスタ109の検出温度に基づいて循環温度を制御する循環温度制御手段、7196は暖房の温度を暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する暖房温度判定手段である。

0036

このように構成されたコージェネレーションシステムの制御装置7の中央処理装置(CPU)71について、その動作を図11図16を用いて説明する。図11は初期処理手段711および初期温度判定手段713の動作を含む全体動作を示すフローチャートであり、図12は補助加熱処理手段714の動作を示すフローチャート、図13は能力過不足判定手段715の動作を示すフローチャート、図14は能力不足処理手段716の動作を示すフローチャート、図15は第1の能力過多処理手段718の動作を示すフローチャート、図16は第2の能力過多処理手段719の動作を示すフローチャートである。

0037

まず、初期処理手段711および初期温度判定手段713の動作を含む全体動作について図11を用いて説明する。図11は初期処理ステップSA(S1〜S8)、暖房スイッチ判定ステップS9、初期温度判定ステップSB(S10〜S14)、補助加熱処理ステップS15、能力過不足判定ステップS16、能力不足処理ステップS17および能力過多処理ステップSC(S18、S19)の各ステップを示す。
図11において、まず、初期判定手段7111は、冷却水の有無や循環サーミスタ109・暖房サーミスタ303等の各種サーミスタの正常性をチェックし、そのチェックデータに基づいてシステムが正常か否かを判定する(S1)。正常であると判定した場合、初期設定手段7112は、ガスエンジン発電機8のエンジン始動し(S2)、排熱ポンプ201をオン(起動)する(S3)。次に、初期判定手段7111は、排熱サーミスタ205の検出温度が所定温度(例えば60℃)以上か否かを判定し(S4)、所定温度以上であれば次のステップへ移行し、そうでなければステップS2へ戻る。排熱サーミスタ205の検出温度が所定温度以上の場合には次に初期設定手段7112は、循環ポンプ102をオンし(S5)、貯湯弁125をオン(開)とする(S6)。次に、初期判定手段7111は、循環サーミスタ109の検出温度が所定温度(例えばに72℃、に67℃)以上か否かを判定し(S7)、所定温度以上であれば次のステップへ移行し、そうでなければステップS5へ戻る。循環サーミスタ109の検出温度が所定温度以上の場合には次に初期設定手段7112は水量制御弁107をオンとする(S8)。

0038

次に、暖房スイッチ判定手段712は暖房スイッチのオン・オフを判定し(S9)、オフ(暖房停止)の場合にはステップS1へ戻り、オン(暖房開始)の場合には初期温度判定ステップSBへ移行する。
暖房スイッチがオンと判定した場合は次に貯湯弁制御手段7132は貯湯弁125をオフし(S10)、水量制御弁107をオフとする(S11)。これにより貯湯タンクの加熱は停止される。次に、排熱温度判定手段7134は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば68℃)以上か否かを排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する(S12)。第1の所定排熱温度より以下の場合には次に暖房温度判定手段7135は、暖房の温度が第1の所定暖房温度(例えば75℃)以上か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S13)。ステップS12で第1の所定排熱温度以上と判定した場合には能力過不足判定ステップS16へ移行する。ステップS13で第1の所定暖房温度より以下と判定した場合には次の補助加熱処理ステップS15へ移行し、第1の所定暖房温度以上と判定した場合には次に排熱温度判定手段7134は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば65℃)以上か否かを判定する(S14)。第2の所定排熱温度より以下と判定した場合には補助加熱処理ステップS15へ移行し、第2の所定排熱温度以上と判定した場合には能力過不足判定ステップS16へ移行する。
能力過不足判定ステップS16においては、能力不足と判定すれば能力不足処理ステップS17へ移行し、能力過多と判定すれば能力過多処理ステップSCへ移行する。能力過多処理ステップSCは第1の能力過多処理ステップS18と第2の能力過多処理ステップS19とから成る。

0039

次に、補助加熱処理ステップS15(補助加熱処理手段714の動作)について図12を用いて説明する。
図12において、まず、補助熱源制御手段7141は、補助熱源401を所定加熱温度(例えば83℃)に制御し(S21)、暖房ポンプ制御手段7142は暖房ポンプ301をオンとし(S22)、暖房弁制御手段7143は暖房弁403をオンとする(S23)。次に、排熱温度判定手段7144は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば68℃)以上か否かを排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定し(S24)、第1の所定排熱温度以上の場合には能力過不足判定ステップS16へ移行し、第1の所定排熱温度より以下の場合には次に暖房温度判定手段7145は、暖房の温度が第1の所定暖房温度(例えば75℃)以上か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S25)。第1の所定暖房温度以上の場合には次に排熱温度判定手段7144は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば65℃)以上か否かを判定し(S26)、第2の所定排熱温度以上の場合には能力過不足判定ステップS16へ移行し、第2の所定排熱温度より以下の場合にはステップS21へ戻る。

0040

次に、能力過不足判定ステップS16(能力過不足判定手段715の動作)について図13を用いて説明する。
図13において、まず、補助熱源制御手段7151は、補助熱源401をオフにし(S31)、暖房ポンプ制御手段7152は暖房ポンプ301をオンとし(S32)、暖房弁制御手段7153は暖房弁403をオンとする(S33)。次に、時間経過判定手段7154は、ステップS32の暖房ポンプ301オンからの経過時間を判定し、所定時間(例えば10秒)以上経過したか否かを判定する(S34)。所定時間以上経過していない場合にはステップS31へ戻り、所定時間以上経過している場合には次に暖房温度判定手段7156は、暖房の温度が第1の所定暖房温度(例えば75℃)以上か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S35)。第1の所定暖房温度より以下の場合には次に排熱温度判定手段7155は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば70℃)以上か否かを判定し(S36)、第1の所定排熱温度より以下の場合には能力不足処理ステップS17へ移行する。ステップS35で暖房の温度が第1の所定暖房温度以上と判定した場合またはステップS36で排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定した場合には次に排熱温度判定手段7155は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば72℃)以上か否かを判定し(S37)、第2の所定排熱温度以上の場合には能力過多処理ステップSCへ移行する。ステップS37で第2の所定排熱温度より低いと判定した場合は次に暖房温度判定手段7156は、暖房の温度が第2の所定暖房温度(例えば78℃)以上か否かを判定し(S37)、第2の所定暖房温度以上と判定した場合には能力過多処理ステップSCへ移行する。ステップS38で第2の所定暖房温度より低いと判定した場合はステップS31へ戻る。

0041

次に、能力不足処理ステップS17(能力不足処理手段716の動作)について図14を用いて説明する。
図14において、まず、補助熱源制御手段7161は、補助熱源401を所定加熱温度(例えば83℃)に制御する(S41)。次に、排熱温度判定手段7162は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば72℃)以上か否かを排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定する(S42)。第1の所定排熱温度以上と判定した場合には能力過不足判定ステップS16へ移行する。第1の所定排熱温度より低いと判定した場合は次に暖房温度判定手段7163は、暖房の温度が所定暖房温度(例えば78℃)以上か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S43)。所定暖房温度より低いと判定した場合はステップS41へ戻る。所定暖房温度以上と判定した場合は次に排熱温度判定手段7162は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば70℃)以上か否かを判定し(S44)、第2の所定排熱温度より低いと判定した場合にはステップS41へ戻る。第2の所定排熱温度以上と判定した場合には能力過不足判定ステップS16へ移行する。

0042

次に、第1の能力過多処理ステップS18(第1の能力過多処理手段718の動作)について図15を用いて説明する。
図15において、まず、補助熱源制御手段7181は、補助熱源401をオフにし(S51)、貯湯弁制御手段7182は貯湯弁125をオンとする(S52)。次に、経過時間判定手段7183は、ステップS52の貯湯弁125オンからの経過時間を判定し、所定時間(例えば10秒)以上経過したか否かを判定する(S53)。所定時間以上経過していない場合にはステップS51へ戻り、所定時間以上経過している場合には次に排熱温度判定手段7184は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば75℃)以上か否かを排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定し(S54)、第1の所定排熱温度以上と判定した場合には第2の能力過多処理ステップS19へ移行する。第1の所定排熱温度より低いと判定した場合には次に暖房温度判定手段7185は、暖房の温度が第1の所定暖房温度(例えば83℃)以上か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S55)。第1の所定暖房温度以上と判定した場合には第2の能力過多処理ステップS19へ移行する。第1の所定暖房温度より低いと判定した場合には次に暖房温度判定手段7185は、暖房の温度が第2の所定暖房温度(例えば73℃)以下か否かを判定し(S56)、第2の所定暖房温度より高いと判定した場合にはステップS51へ戻る。第2の所定暖房温度以下と判定した場合には次に排熱温度判定手段7184は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば70℃)以下か否かを判定し(S57)、第1の所定排熱温度より高いと判定した場合にはステップS51へ戻る。第1の所定排熱温度以下と判定した場合には能力過不足判定ステップS16へ移行する。

0043

次に、第2の能力過多処理ステップS19(第2の能力過多処理手段719の動作)について図16を用いて説明する。
図16において、まず、補助熱源制御手段7191は、補助熱源401をオフにし(S61)、水量制御弁制御手段7192は水量制御弁107をオンとする(S62)。次に、排熱温度判定手段7194は、排熱の温度が第1の所定排熱温度(例えば75℃)以上か否かを排熱サーミスタ205の検出温度に基づいて判定し(S63)、第1の所定排熱温度以上と判定した場合には循環温度制御手段7195は、循環サーミスタ109を用いて貯湯系統の循環水の温度を第1の所定循環温度(例えば75℃)に制御する(S64)。次に、排熱温度判定手段7194は、排熱の温度が第2の所定排熱温度(例えば74.5℃)以下か否かを判定し(S65)、第1の所定排熱温度より高いと判定した場合にはステップS64へ戻る。このようにして排熱の温度を間接的に制御し低下させる。ステップS64、S65は排熱温度安定化ステップを構成する。ステップS63で排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いと判定した場合またはステップS65で排熱の温度が第2の所定排熱温度以下と判定した場合は次に循環温度制御手段7195は、水量制御弁107を用いて貯湯系統の循環水の温度を第2の所定循環温度(例えば77℃)に制御する(S66)。次に、暖房温度判定手段7196は、暖房の温度が所定暖房温度(例えば76℃)以下か否かを暖房サーミスタ303の検出温度に基づいて判定する(S67)。所定暖房温度より高いと判定した場合にはステップS61へ戻り、所定暖房温度以下と判定した場合には次に排熱温度判定手段7194は、排熱の温度が第3の所定排熱温度(例えば73.5℃)以下か否かを判定し(S68)、第3の所定排熱温度より高いと判定した場合にはステップS61へ戻り、第3の所定排熱温度以下と判定した場合には第1の能力過多処理ステップS18へ移行する。

0044

以上のように本実施の形態によれば、中央処理装置71は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段712と、暖房スイッチがオンであると判定したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であるか否か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段713と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段715と、能力過不足判定手段715において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段716と、能力過不足判定手段715において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段717とを有することにより、能力過不足を判定し、能力が不足しているときには排熱を暖房のみに使用するようにし、能力過多であるときには排熱を暖房と貯湯タンクの加熱とに使用するようにすることができるので、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができる。

0045

また、初期温度判定手段713は、暖房スイッチがオンであると判定したときに貯湯タンクの加熱を停止し、貯湯タンクの加熱を停止したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いという第1の条件または排熱の温度が第1の所定排熱温度より低く暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度より低いという第2の条件を判定し、第1の条件または第2の条件が満足されたときに補助熱源401により暖房系統を補助的に加熱する補助加熱処理手段714を有し、能力過不足判定手段715は、補助加熱処理手段714において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定することにより、補助熱源401により暖房温度および排熱温度を所定の範囲内に設定することができるので、能力過不足判定手段715における能力不足や能力過多を正確に判定することができる。

0046

さらに、初期温度判定手段713は、貯湯タンクの加熱を停止する貯湯加熱停止手段7131と、貯湯タンクの加熱を停止したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上かを判定する排熱温度判定手段7134と、貯湯タンクの加熱を停止したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7135とを備え、排熱温度判定手段7134において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段7135において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段7134において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることにより、貯湯タンクの加熱を停止したときに暖房温度および排熱温度が所定値以上の場合には能力過不足判定手段715における動作へ移行するようにしたので、的確に能力過不足判定処理へ移行することができる。

0047

さらに、補助加熱処理手段714は、補助熱源401を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段7141と、補助熱源401の制御開始後で暖房を開始した後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段7144と、補助熱源401の制御開始後で暖房を開始した後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7145とを備え、排熱温度判定手段7144において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段7145において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段7144において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段715における動作へと移行させることにより、暖房温度および排熱温度が低いときには補助熱源で所定値以上として能力過不足判定処理へ移行するようにすることができる。

0048

さらに、能力過不足判定手段715は、補助熱源401の加熱動作を停止する補助熱源制御手段7151と、補助熱源401の加熱動作停止後で暖房を開始した後に暖房の開始から所定時間が経過したか否かを判定する時間経過判定手段7154と、所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段7155と、所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7156とを備え、暖房温度判定手段7156において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低くかつ排熱温度判定手段7155において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いと判定したときには能力不足処理手段における動作へと移行させ、暖房温度判定手段7156において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上または排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定しかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上または暖房温度判定手段7156において暖房の温度が第2の所定暖房温度以上と判定したときは能力過多処理手段の動作へと移行させることにより、能力の過不足を正確に判定することができ、的確に能力不足処理または能力過多処理へ移行することができる。

0049

さらに、能力不足処理手段716は、補助熱源401を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段7161と、補助熱源401の制御開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段7162と、補助熱源401の制御開始後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7163とを備え、排熱温度判定手段7162において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段7163において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段7162において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段715における動作へと移行させることにより、暖房温度および排熱温度を補助熱源401により所定値以上にすることができるので、能力不足を解消して能力過不足判定へ移行することができる。

0050

さらに、能力過多処理手段717は、第1の能力過多処理手段718と第2の能力過多処理手段719とを有し、第1の能力過多処理手段718は、補助熱源401の加熱動作を停止する補助熱源制御手段7181と、補助熱源401の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる貯湯弁制御手段7182と、貯湯タンクの加熱の開始から所定時間が経過したか否かを判定する経過時間判定手段7183と、経過時間判定手段7183において所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段7184と、経過時間判定手段7183において所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7185とを備え、排熱温度判定手段7184において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上と判定したときには第2の能力過多処理手段719における動作へと移行させ、排熱温度判定手段7184において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房温度判定手段7185において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いと判定しかつ暖房温度判定手段7185において暖房の温度が第2の所定暖房温度以下でかつ排熱温度判定手段7184において排熱の温度が第2の所定排熱温度以下と判定したときには能力過不足判定手段715における動作へと移行させることにより、能力が過多の場合には、暖房を行うことができるだけでなく貯湯タンクの加熱も行うことができる。

0051

さらに、第2の能力過多処理手段719は、補助熱源401の加熱動作を停止する補助熱源制御手段7191と、補助熱源401の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる水量制御弁制御手段7192と、貯湯タンクの加熱の開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否か又は第2の所定排熱温度以上か否か又は第3の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段7194と、暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段7196と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であると判定したとき排熱温度を第2の所定排熱温度以下とすることにより排熱の温度を安定化させる排熱温度安定化手段7193と、排熱の温度が第1の所定排熱温度より以下であると判定したとき又は排熱の温度を安定化させたときに暖房の温度が第1の所定暖房温度以下でかつ排熱の温度が第3の所定排熱温度以下であると判定したときには第1の能力過多処理手段718における動作へと移行させることにより、排熱温度を所定値以上の異常値にならないようにすることができるので、排熱温度が異常に上昇することにより排熱装置8が破壊されることを防止することができる。

0052

さらに、中央処理装置71は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段712と、暖房スイッチがオンでないと判定したときには排熱装置を起動すると共に貯湯タンクの加熱を開始する初期処理手段711を有することにより、暖房が起動されない場合には排熱装置8の排熱により貯湯タンクの加熱を行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0053

さらに、初期処理手段711は、排熱装置8の冷却水の有無や循環サーミスタ109・暖房サーミスタ303等の各種サーミスタの正常性をチェックする初期判定手段7111と、排熱装置8の起動や貯湯タンクの加熱の開始を行う初期設定手段7112とを有することにより、排熱装置8の排熱による貯湯タンクの加熱を正確かつ安全に行うことができる。

0054

以上説明したように本発明の請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、制御装置は、コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、暖房スイッチがオンであると判定したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であるか否か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上であるか否かを判定する初期温度判定手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定する能力過不足判定手段と、能力過不足判定手段において能力不足であると判定したときには能力不足処理を行う能力不足処理手段と、能力過不足判定手段において能力過多であると判定したときには能力過多処理を行う能力過多処理手段とを有することにより、能力過不足を判定し、能力が不足しているときには排熱を暖房のみに使用するようにし、能力過多であるときには排熱を暖房と貯湯タンクの加熱とに使用するようにすることができるので、排熱装置の排熱を優先的に暖房に使用して効率的な排熱利用を実現することができるという有利な効果が得られる。

0055

請求項2に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期温度判定手段は、暖房スイッチがオンであると判定したときに貯湯タンクの加熱を停止し、貯湯タンクの加熱を停止したときに排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いという第1の条件または排熱の温度が第1の所定排熱温度より低く暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度より低いという第2の条件を判定し、第1の条件または第2の条件が満足されたときに補助熱源により暖房系統を補助的に加熱する補助加熱処理手段を有し、能力過不足判定手段は、補助加熱処理手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱の温度が第2の所定排熱温度以上の場合には排熱の能力の過不足を判定することにより、補助熱源により暖房温度および排熱温度を所定の範囲内に設定することができるので、能力過不足判定手段における能力不足や能力過多を正確に判定することができるという有利な効果が得られる。

0056

請求項3に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期温度判定手段は、貯湯タンクの加熱を停止する貯湯加熱停止手段と、貯湯タンクの加熱を停止したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上かを判定する排熱温度判定手段と、貯湯タンクの加熱を停止したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることにより、貯湯タンクの加熱を停止したときに暖房温度および排熱温度が所定値以上の場合には能力過不足判定手段における動作へ移行するようにしたので、的確に能力過不足判定処理へ移行することができるという有利な効果が得られる。

0057

請求項4に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項2に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、補助加熱処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、補助熱源の制御開始後で暖房を開始した後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、補助熱源の制御開始後で暖房を開始した後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることにより、暖房温度および排熱温度が低いときには補助熱源で所定値以上として能力過不足判定処理へ移行するようにすることができるという有利な効果が得られる。

0058

請求項5に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項1乃至4のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力過不足判定手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後で暖房を開始した後に暖房の開始から所定時間が経過したか否かを判定する時間経過判定手段と、所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低くかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いと判定したときには能力不足処理手段における動作へと移行させ、暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上または排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定しかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上または暖房温度判定手段において暖房の温度が第2の所定暖房温度以上と判定したときは能力過多処理手段の動作へと移行させることにより、能力の過不足を正確に判定することができ、的確に能力不足処理または能力過多処理へ移行することができるという有利な効果が得られる。

0059

請求項6に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力不足処理手段は、補助熱源を所定加熱温度に制御する補助熱源制御手段と、補助熱源の制御開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、補助熱源の制御開始後に暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上と判定したとき又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以上と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることにより、暖房温度および排熱温度を補助熱源により所定値以上にすることができるので、能力不足を解消して能力過不足判定へ移行することができるという有利な効果が得られる。

0060

請求項7に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項1乃至5のいずれか1に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、能力過多処理手段は、第1の能力過多処理手段と第2の能力過多処理手段とを有し、第1の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる貯湯弁制御手段と、貯湯タンクの加熱の開始から所定時間が経過したか否かを判定する経過時間判定手段と、経過時間判定手段において所定時間が経過したと判定したとき排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否かおよび排熱の温度が第2の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、経過時間判定手段において所定時間が経過したと判定したとき暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かおよび暖房の温度が第2の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段とを備え、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か又は暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度以上と判定したときには第2の能力過多処理手段における動作へと移行させ、排熱温度判定手段において排熱の温度が第1の所定排熱温度より低くかつ暖房温度判定手段において暖房の温度が第1の所定暖房温度より低いと判定しかつ暖房温度判定手段において暖房の温度が第2の所定暖房温度以下でかつ排熱温度判定手段において排熱の温度が第2の所定排熱温度以下と判定したときには能力過不足判定手段における動作へと移行させることにより、能力が過多の場合には、暖房を行うことができるだけでなく貯湯タンクの加熱も行うことができるという有利な効果が得られる。

0061

請求項8に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項7に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、第2の能力過多処理手段は、補助熱源の加熱動作を停止する補助熱源制御手段と、補助熱源の加熱動作停止後に貯湯タンクの加熱を開始させる水量制御弁制御手段、貯湯タンクの加熱の開始後に排熱の温度が第1の所定排熱温度以上か否か又は第2の所定排熱温度以上か否か又は第3の所定排熱温度以上か否かを判定する排熱温度判定手段と、暖房の温度が第1の所定暖房温度以上か否かを判定する暖房温度判定手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度以上であると判定したとき排熱温度を第2の所定排熱温度以下とすることにより排熱の温度を安定化させる排熱温度安定化手段と、排熱の温度が第1の所定排熱温度より低いと判定したとき又は排熱の温度を安定化させたときに暖房の温度が第1の所定暖房温度以下でかつ排熱の温度が第3の所定排熱温度以下であると判定したときには第1の能力過多処理手段における動作へと移行させることにより、排熱温度を所定値以上の異常値にならないようにすることができるので、排熱温度が異常に上昇することにより排熱装置が破壊されることを防止することができるという有利な効果が得られる。

発明の効果

0062

請求項9に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、エンジン発電機等の排熱装置の排熱を貯湯タンクの加熱や暖房などに利用するコージェネレーションシステムの制御装置であって、制御装置は、コージェネレーションシステム全体を制御する中央処理装置を有し、中央処理装置は、暖房系統をオン・オフする暖房スイッチがオンか否かを判定する暖房スイッチ判定手段と、暖房スイッチがオンでないと判定したときには排熱装置を起動すると共に貯湯タンクの加熱を開始する初期処理手段を有することにより、暖房が起動されない場合には排熱装置の排熱により貯湯タンクの加熱を行うことができるという有利な効果が得られる。

図面の簡単な説明

0063

請求項10に記載のコージェネレーションシステムの制御装置によれば、請求項9に記載のコージェネレーションシステムの制御装置において、初期処理手段は、排熱装置の冷却水の有無や循環サーミスタ・暖房サーミスタ等の各種サーミスタの正常性をチェックする初期判定手段と、排熱装置の起動や貯湯タンクの加熱の開始を行う初期設定手段とを有することにより、排熱装置の排熱による貯湯タンクの加熱を正確かつ安全に行うことができるという有利な効果が得られる。

図1
特許文献に記載されたコージェネレーションシステムを示す構成図
図2
本発明の実施の形態1によるコージェネレーションシステムの制御装置を示すブロック図
図3
CPUがROMに格納されたプログラムを実行することにより実現される機能を示す機能ブロック図
図4
図3の初期処理手段を示す機能ブロック図
図5
図3の初期温度判定手段を示す機能ブロック図
図6
図3の補助加熱処理手段を示す機能ブロック図
図7
図3の能力過不足判定手段を示す機能ブロック図
図8
図3の能力不足処理手段を示す機能ブロック図
図9
図3の第1の能力過多処理手段を示す機能ブロック図
図10
図3の第2の能力過多処理手段を示す機能ブロック図
図11
初期処理手段および初期温度判定手段の動作を含む全体動作を示すフローチャート
図12
補助加熱処理手段の動作を示すフローチャート
図13
能力過不足判定手段の動作を示すフローチャート
図14
能力不足処理手段の動作を示すフローチャート
図15
第1の能力過多処理手段の動作を示すフローチャート
図16
第2の能力過多処理手段の動作を示すフローチャート
【符号の説明】
1貯湯系統
2エンジン排熱系統
3床暖房系統
4高温暖房系統
5風呂加熱系統
6風呂追焚き系統
7 制御装置
8ガスエンジン発電機(排熱装置)
9浴槽
9A給湯系統
31、32、35開閉弁
33、34 床
36高温暖房機
71 CPU(中央処理装置)
72入力装置
73表示装置
74 RAM
75 ROM
101 貯湯タンク
102循環ポンプ
102a、115、116、122逆止弁
103、104、105、106貯湯サーミスタ
107、113水量制御弁
109 循環サーミスタ
110、111じゃま板
112混合弁
114湯張り弁
117給湯口
118 給水口
119減圧弁
120給水サーミスタ
121水量センサ
123 排水口
124、204、302、501熱交換器
124a、204a、302a、501a 熱の供給側
124b、204b、302b、501b 熱の受給側
125 貯湯弁
201排熱ポンプ
202、306湯水タンク
205 排熱サーミスタ
206余剰電力回収用ヒータ
207、307、602往路口
208、308、603戻り口
304バイパス管
301暖房ポンプ
303 暖房サーミスタ
401補助熱源
402加熱サーミスタ
403 暖房弁
404 暖房補給水弁
502 風呂弁
601風呂循環ポンプ
604湯供給管
605 風呂循環サーミスタ
711 初期処理手段
712暖房スイッチ判定手段
713 初期温度判定手段
714 補助加熱処理手段
715 能力過不足判定手段
716 能力不足処理手段
717 能力過多処理手段
718 第1の能力過多処理手段
719 第2の能力過多処理手段
7111 初期判定手段
7112 初期設定手段
7131 貯湯加熱停止手段
7132、7182 貯湯弁制御手段
7133、7192 水量制御弁制御手段
7134、7144、7155、7162、7184、7194排熱温度判定手段
7135、7145、7156、7163、7185、7196暖房温度判定手段
7141、7151、7161、7181、7191 補助熱源制御手段
7142、7152 暖房ポンプ制御手段
7143、7153 暖房弁制御手段
7154時間経過判定手段
7183 経過時間判定手段
7193 排熱温度安定化手段
7195循環温度制御手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • リンナイ株式会社の「 熱源装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】高温側の第1流体が流れる第1流路と低温側の第2流体が流れる第2流路とを有する熱交換器を備える熱源装置において、第2流路の流路詰まりを正確に判定する。【解決手段】熱源装置の作動中、液々熱交換器3... 詳細

  • 株式会社ノーリツの「 給湯装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】熱媒体の循環による浴室暖房機能を有する給湯装置において、入浴時のユーザの快適性を向上させる。【解決手段】給湯装置10は、浴室暖房機20に対して熱媒体を循環供給するための浴室暖房回路と、コントロ... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 冷凍サイクル装置」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題・解決手段】冷凍サイクル装置は、筐体と、屋外に連通する第1の入口及び室内に連通する第1の出口を有する第1の風路と、室内に連通する第2の入口及び屋外に連通する第2の出口を有する第2の風路と、第1の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ