図面 (/)

技術 使い易く耐久性のある折りたたみナイフ

出願人 多田宗平
発明者 多田宗平
出願日 2003年2月4日 (17年4ヶ月経過) 出願番号 2003-065756
公開日 2004年8月26日 (15年10ヶ月経過) 公開番号 2004-237040
状態 拒絶査定
技術分野 ナイフ
主要キーワード 返し荷重 軸ピン ライナー ナイフ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年8月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

ナイフを安全に開くことができ、また背金バネ部の破損を防ぐことにより、耐久性増し折りたたみナイフを提供する。

解決手段

支持点である軸ピン3を従来の位置より後方に配置することにより背金バネ部9の長さを長く、かつ厚くできるようにし、さらに背金バネ部先頭17の位置を前記軸ピン3より上部に配置することが可能となる。この結果、ナイフを開く時の力がある程度以上になると軸ピン3を中心にして背金バネ部先頭17が回転運動を起こし、背金ばね部9に必要以上の荷重がかからなくなるので、金属疲労が減少し耐久性が向上する。

概要

背景

従来の折りたたみナイフは、長年使用しているうちに背金バネ金属疲労を起こし折れて使用できなくなることが多かった。背金バネ部を堅牢にすると背金バネが固くなりナイフが開けにくくなり、使いにくくなっていた。

概要

ナイフを安全に開くことができ、また背金バネ部の破損を防ぐことにより、耐久性増した折りたたみナイフを提供する。支持点である軸ピン3を従来の位置より後方に配置することにより背金バネ部9の長さを長く、かつ厚くできるようにし、さらに背金バネ部先頭17の位置を前記軸ピン3より上部に配置することが可能となる。この結果、ナイフを開く時の力がある程度以上になると軸ピン3を中心にして背金バネ部先頭17が回転運動を起こし、背金ばね部9に必要以上の荷重がかからなくなるので、金属疲労が減少し耐久性が向上する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

背金の支持位置を後ろにすることにより、使い易く耐久性のある折りたたみナイフ

技術分野

0001

この発明は背金バネ部の形状と取り付け位置を改良し開けやすく、背金バネの折れにくい耐久性のある折りたたみナイフ作成方法に関するものである。

背景技術

0002

従来の折りたたみナイフは、長年使用しているうちに背金バネが金属疲労を起こし折れて使用できなくなることが多かった。背金バネ部を堅牢にすると背金バネが固くなりナイフが開けにくくなり、使いにくくなっていた。

発明が解決しようとする課題

0003

これは次のような欠点があった。
柔らかく開けやすくするためには背金バネ部を薄くする必要があったが、そうすると背金バネが折れやすくなり、背金バネ部を厚くすると開けにくくなった。また金属疲労によりバネの破損は必然的に生じるものであり、従来の折りたたみナイフにおける欠点であった。

課題を解決するための手段

0004

金属疲労を軽減するためには、背金バネ部を厚くし、繰り返し荷重されることによる金属疲労が起こりにくくすることが要求される。このために、本発明においては、支持点を従来の位置より後方に移動することにより、背金バネ部の長さを長くし、厚さを従来の厚さより厚くすることができるようになり、ナイフを開けるときの力がある程度以上になると逃げるような仕組みになっている。その結果ナイフを開ける時の力は少なくてすみ、背金バネの耐久性は従来に比べ格段に向上する。

発明を実施するための最良の形態

0005

以下、本発明の実施の形態について説明する。
(イ)軸ピン(3)の位置を従来作成されている位置より後ろ下げることにより、背金バネ部を従来に比べ長くできる。またこのことにより、背金バネ部の厚さを厚くすることができる。
(ロ)背金バネ部(9)の先頭は軸ピン(3)より上部にすることができる。このことにより、ナイフを開くときに背金(1)の後方を押すが、ある程度以上押すと軸ピン(3)を中心にして背金バネ部(9)の背金バネ部先頭(17)は回転運動を起こす。この運動により、背金バネ部(9)には荷重が必要以上にかからなくなり、金属疲労を激減する。また、押す力も少なくてすみ、安全に開くことができるナイフになる。

図面の簡単な説明

0006

本発明を使用することによって、ナイフを開ける時に少ない力で開けることができ、背金バネの耐力増したことによって、バネの破損によるナイフの使用ができなくなるという問題を解決する。これはナイフを安全に確実に開けることを意味し、また道具を長く活用するという意味での経済効果も大である。

図1
本発明のナイフの平面図
図2
従来のナイフの平面図
【符号の説明】
1背金
軸孔
3軸ピン
止め金
5 軸孔
6 軸ピン
7 軸孔
8 軸ピン
9 背金バネ部
10 軸孔
11ブッシング
12 軸ピン
13係合凸部
14 係合凹部
15 刃
16ライナー
17 背金バネ部先頭

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社レーベンの「 切断器具及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】研磨が容易で、あるいは研磨が不要で、かつ、安全な切断器具を提供する。【解決手段】 切断対象を切断する作用部3を備える切断器具であって、作用部3は、本体部4と本体部4より肉厚が薄い肉薄部5を有... 詳細

  • 吉川嘉仁の「 刃折ケース」が 公開されました。( 2020/04/16)

    【課題】カッター刃の刃折作業を効率良く行い、ケース内に折り取った刃を収容する刃折ケースを提供する。【解決手段】本発明の刃折ケースは、カッター刃を挿通する挿入口をカッター刃の折溝と平行するように配置し、... 詳細

  • 朝倉健太郎の「 軽量刃物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】軽量刃物を完成させる。【解決手段】刃を形成した刃材と、該刃材を結合する母材との少なくとも2部材からなり、前記母材をチタン素材、アルミニウム合金或いはマグネシウム合金で形成し、前記刃材と前記母材... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ