図面 (/)

技術 走行支援システムにおけるシステム安全性確保の方法

出願人 国土交通省国土技術政策総合研究所長
発明者 駒田牧夫石坂允鈴木政輝倉田亮一前田雅人
出願日 2003年1月27日 (16年9ヶ月経過) 出願番号 2003-017739
公開日 2004年8月12日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2004-227505
状態 特許登録済
技術分野 乗員・歩行者の保護 交通制御システム 交通制御システム
主要キーワード システム安全 各動作状態 取り締まり 交通ルール 大規模システム ドライビングシミュレータ 誤った情報 原子力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年8月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

走行支援システムの安全性確保に有効なシステム安全性確保の方法を提供すること。

解決手段

道路側のシステム所有する情報を、車両やドライバに提供することにより、車両の安全走行支援するシステムにおいて、道路側が危険であるにも拘らず危険な状況をセンサ2が検出していないとき、システムの動作に限界があるとき、システムの一部が故障しているときなどに、そのシステムの状況から道路の情報を提供できないことを車両側やドライバに伝えて、ドライバに慎重運転を促すことを特徴とする。

概要

背景

従来、機械故障したり、人がミスをしたときに、人に危害を加えないようにする安全装置については、例えば、JIS B 9705−1機械類の安全性 制御システムの安全関連部 第1部:設計のための一般原則に、その考え方と設計の手順などが示されている。一般の産業機械原子力などの大規模システムでは、人はミスをするものであるという考え方から、出来るだけ人が介入しないようにして安全を確保している。また、人の介入がどうしても必要な場合には、十分に訓練された特定の人が操作するようにして安全性を確保している。

概要

走行支援システムの安全性確保に有効なシステム安全性確保の方法を提供すること。道路側のシステムが所有する情報を、車両やドライバに提供することにより、車両の安全走行支援するシステムにおいて、道路側が危険であるにも拘らず危険な状況をセンサ2が検出していないとき、システムの動作に限界があるとき、システムの一部が故障しているときなどに、そのシステムの状況から道路の情報を提供できないことを車両側やドライバに伝えて、ドライバに慎重運転を促すことを特徴とする。

目的

この発明は上記のような課題を解決するためになされたものであり、走行支援システムの安全性確保に有効なシステム安全性確保の方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

道路側のシステム所有する情報を、車両やドライバに提供することにより、車両の安全走行支援するシステムにおいて、道路側が危険であるにも拘らず危険な状況をセンサが検出していないとき、システムの動作に限界があるとき、システムの一部が故障しているときなどに、そのシステムの状況から道路の情報を提供できないことを車両側やドライバに伝えて、ドライバに慎重運転を促すことを特徴とするシステム安全性確保の方法。

請求項2

少なくとも危険な状況があること、危険な状況があるかもしれないので慎重な運転を促すこと、情報が伝達できないことの3状態がドライバに理解できる情報を路側表示板や車内の情報機器などを通じて提供する請求項1記載のシステム安全性確保の方法。

請求項3

道路側のシステムが設置される場所の特徴的な危険性を路側表示板や車内の情報機器などを通じてドライバに提供する請求項1記載のシステム安全性確保の方法。

技術分野

0001

この発明は、道路側のシステム車載のシステムとが協調してドライバに情報を提供することにより、安全な走行支援するシステムに関するものである。

0002

従来、機械故障したり、人がミスをしたときに、人に危害を加えないようにする安全装置については、例えば、JIS B 9705−1機械類の安全性 制御システムの安全関連部 第1部:設計のための一般原則に、その考え方と設計の手順などが示されている。一般の産業機械原子力などの大規模システムでは、人はミスをするものであるという考え方から、出来るだけ人が介入しないようにして安全を確保している。また、人の介入がどうしても必要な場合には、十分に訓練された特定の人が操作するようにして安全性を確保している。

0003

これに対して、自動車交通システムは、免許制度があるとはいえ、プロではない一般ドライバの交通ルール遵守注意力により、その安全性が確保されている。このようなシステムの安全性を確保するための方法としては、交通取り締まりやドライバ教育などに頼ることが一般的であった。

0004

最近、ドライバのうっかりミスを低減するために、車両の周辺障害物を検出するセンサを搭載して、ドライバに警告するシステムが普及してきたが、さらに、事故が多発する危険な場所での危険な状態を道路側に設置したセンサで検出して、車両やドライバに伝える安全走行支援システムが開発されている。

背景技術

0005

この発明は、このような道路側に設置したシステムから、車両やドライバに危険な状況を伝える安全走行支援システムに関するものである。特に、道路側からの情報において、危険な状況があるのに、危険がないという誤った情報を提供したときに、ドライバがそれを信じて危険な状況に陥ることがあれば問題である。この発明はこのようなときの対策に関するものである。

発明が解決しようとする課題

0006

この発明は上記のような課題を解決するためになされたものであり、走行支援システムの安全性確保に有効なシステム安全性確保の方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記目的を達成するため、請求項1に記載の発明は、道路側のシステムが所有する情報を、車両やドライバに提供することにより、車両の安全走行を支援するシステムにおいて、道路側が危険であるにも拘らず危険な状況をセンサが検出していないとき、システムの動作に限界があるとき、システムの一部が故障しているときなどに、そのシステムの状況から道路の情報を提供できないことを車両側やドライバに伝えて、ドライバに慎重運転を促すことを特徴とする。請求項2に記載の発明は、請求項1において、少なくとも危険な状況があること、危険な状況があるかもしれないので慎重な運転を促すこと、情報が伝達できないことの3状態がドライバに理解できる情報を路側表示板や車内の情報機器などを通じて提供する。請求項3に記載の発明は、請求項1において、道路側のシステムが設置される場所の特徴的な危険性を路側表示板や車内の情報機器などを通じてドライバに提供する。

0008

以下、一実施の形態について、詳細に述べる。

0009

走行支援システムは、図1に示すように、道路状況把握センサ2、路側装置3、路車間通信装置4、路側表示板6、の道路側システムと、車両5のシステムとで構成されている。このシステムは、例えば図2のようなカーブなどのドライバから見えにくくて事故が多い場所に設置される。

0010

このシステムは以下のように動作する。まず、道路状況把握センサ2が路上に停車した障害物1を検出して路側装置3に、障害物の位置や大きさなどの情報を伝達する。路側装置3は、その情報に基づき、路側表示板6に障害物があることを表示するとともに、路車間通信装置4を通して車両5に情報を伝達する。車両5は、受けた情報を車両の運行状態やドライバの操作状態に応じて、適切なタイミングでその情報をドライバに伝達する。このようにして、ドライバは、障害物がある現場に到達する前に状況を知ることができるので、余裕をもって障害物を回避できる。

0011

仮に、道路状況把握センサ2が障害物1があるのに、それを検出できなかったときに、「障害物がない」という情報を路側装置3に送る。もしも、路側装置3が路側表示板6に、「障害物なし」と表示したり、あるいは何も表示しなかった場合に、ドライバは障害物がないと認識して注意を怠ることが懸念される。また、路車間通信装置4を通じて「障害物なし」の情報を送り、車両がドライバに対して「障害物なし」または無表示であった場合にも、ドライバは障害物がないと認識して注意を怠ることが懸念される。

0012

走行支援システムがこのような危険側の不具合を起こす場合を各動作状態において解析した表を図3に示す。図3において、危険側の不具合はX印で示されている。図3の中で、dに相当する部分は、センサが危険な状態を検出できない不具合である。jに相当する部分は、機械が故障してその状態がドライバに認識されない不具合である。nに相当する部分は、路車間通信装置4から発信された電波遮蔽されたり、多重反射干渉したりして、車両に届かない不具合である。pに相当する部分は、車両5の装置が故障して、ドライバに情報が伝えられない不具合である。rに相当する部分は、ドライバが情報を認識していなかったり、故意に無視する不具合である。このような不具合を少なくすることは重要であるが、全くなくすことは、実際上も論理的にも不可能である。

0013

この発明は、以上のような不具合があっても、システムの安全性を確保する方法を提供するものである。道路交通システムの安全性はドライバの注意力によって確保されていることは、前に述べた通りである。この発明は、ドライバに働きかけてシステムの安全性を確保しようとするものである。

0014

図3に示す各状態で、aは間違った情報ではあるが、安全側の情報である。bは正しい情報である。cからhおよびk,lは正しい情報があるかもしれないが、状況が分からないという状態を含むので、慎重な運転を行うように注意を促す情報をドライバに提供する。i,j,m,nは車両5に情報が伝わらないので、車両側ではサービスできない状態で、何も表示しない。このような3つの状態表示により、例えば、何も表示がなくても、通常はなんらかの表示があるのに、今回表示が出ないのは、装置の故障とドライバは判断して慎重な運転を行う。o,pは車両5の装置が故障した場合で、このときも無表示のときと同じである。q,rへの対応はドライバの教育による方法が考えられる。

発明を実施するための最良の形態

0015

慎重運転を促すような情報としては、システムを設置する場所の特徴を踏まえた情報が考えられる。ドライビングシミュレータによる実験では、図4に示すように、慎重運転の情報として、「この先カーブ」という情報を提供した。この実験の結果では、情報を提供することにより、間違った危険な状況でも、何も表示しないのに比べて、より安全性を損なうことはなかった。情報の与え方をもっと工夫すれば、何も提供しないときより、さらに安全性が高まることが期待される。

図面の簡単な説明

0016

以上のように、この発明によれば、走行支援システムの安全性確保を有効に行うことができるという優れた効果がある。

図1
この発明の一実施の形態を示すシステムのブロック図である。
図2
同上のシステムの設置状況を説明する図面である。
図3
同上のシステム各状態における安全性分析の表である。
図4
ドライビングシミュレータによる実験を説明する図面である。
【符号の説明】
1障害物
2道路状況把握センサ
3路側装置
4路車間通信装置
5 車両
6 路側表示板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 阪神高速技術株式会社の「 予告看板」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】道路に規制区域が存在する等の事象の情報を、車両の運転者に効果的に通知できる予告看板を提供する。【解決手段】 予告看板1は可搬型であり、道路交通に関する情報を視覚的に認識可能に表示する表示パネ... 詳細

  • オムロン株式会社の「 算出システム、指標算出方法、およびコンピュータプログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】移動中の移動体において、人物の覚醒度に関する情報を、より高い精度で得ることのできる算出システムを提供すること。【解決手段】移動体M中の運転者Dの顔を撮影するカメラ11と、移動体Mの運動データを... 詳細

  • 沖電気工業株式会社の「 発信器および通信装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】進行方向前方の状況を自動的に認識可能な発信器および通信装置を提供。【解決手段】発信器(12)は、物体から受けた圧力に基づいて電気を生成する圧電回路(16)と、圧電回路(16)で生成された電気を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ