図面 (/)

技術 位相シフト干渉縞同時撮像装置における分枝撮像機構の調整方法

出願人 株式会社ミツトヨ
発明者 川崎和彦上島泰
出願日 2003年1月20日 (16年5ヶ月経過) 出願番号 2003-010563
公開日 2004年8月12日 (14年11ヶ月経過) 公開番号 2004-226075
状態 特許登録済
技術分野 光学的手段による測長装置
主要キーワード 設置位置調整 相対形状 傾斜後 起伏形状 画像計測システム 傾斜装置 特定位 干渉稿
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年8月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

異なる撮像機構により撮像する複数の分枝位相シフト干渉稿の位置を高精度に行うことができる分枝撮像機構の調整方法を得るにある。

解決手段

試料光光軸に対して光学位相差別途与える第1調整手段と、干渉稿が撮像可能な被検面を前記試料光光軸に対して光学位相差を別途与える第2調整手段とからなり、前記第1調整手段により位置的な仮対応点における前記数値データの相対的な差による第1の固定的光学位相差を求め、前記第2調整手段により光学的位相差を別途与え、前記第1調整手段により前記仮対応点における前記数値データの相対的な差による第2の固定的光学位相差を求め、第1の固定的光学位相差と第2の固定的光学位相差の関係から算出した前記位置的な差を用い、被検面観測範囲のある特定位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において配置調整する。

概要

背景

例えば、特願平11−136831号出願に示すような図1の位相シフト干渉稿同時計測装置においては、レーザ光源1からのレーザー光束は、レンズ2によりビーム径を拡大され、ビームスプリッタ3を透過してコリメートレンズ4にて平行光束にされる。そして、この平行光束から参照面5で反射された参照光と参照面5,λ/4板6を透過し被検面7で反射された試料光を生成するが、試料光は再びλ/4板6を透過することで偏光面が参照光とは直交した光学的無干渉状態の原光束となる。

概要

異なる撮像機構により撮像する複数の分枝位相シフト干渉稿の位置を高精度に行うことができる分枝撮像機構の調整方法を得るにある。試料光光軸に対して光学位相差別途与える第1調整手段と、干渉稿が撮像可能な被検面を前記試料光光軸に対して光学位相差を別途与える第2調整手段とからなり、前記第1調整手段により位置的な仮対応点における前記数値データの相対的な差による第1の固定的光学位相差を求め、前記第2調整手段により光学的位相差を別途与え、前記第1調整手段により前記仮対応点における前記数値データの相対的な差による第2の固定的光学位相差を求め、第1の固定的光学位相差と第2の固定的光学位相差の関係から算出した前記位置的な差を用い、被検面観測範囲のある特定位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において配置調整する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

レーザ光源より発するコヒーレント光束を参照面と被検面照射し、前記参照面、前記被検面それぞれからの反射光である参照光試料光偏光面を偏光光学素子を介在させて互いに直交させ、光学的無干渉状態となした原光束を生成する観測光学系と、前記原光束を複数の分枝原光束に分け、前記分枝原光束のそれぞれに偏光光学素子を介して異なる固定的光学位相差を与えた複数の分枝位相シフト干渉稿を発生させ、前記被検面の観測範囲にある任意の位置がそれぞれの分枝観測座標系にて同一位置になるよう位置の整合を施し、分枝ごとに設けられた分枝撮像機構によりこれら干渉稿に対応する画像データを取得し、位相シフト法にて前記被検面の観測範囲の平面起伏形状数値データにより再現する平面形状計測装置において、前記参照光と試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差別途与える第1調整手段と、干渉稿が撮像可能な被検面を前記試料光光軸に対して傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える第2調整手段とからなり、前記第1調整手段により、前記参照光と前記試料光との間に相対的な光学的位相差を別途与えたときにそれぞれの前記分枝撮像機構にて得られる複数の位相シフト干渉稿画像データから分枝毎の平面起伏形状を位相シフト法により数値データとして算出し、位置的な仮対応点における前記数値データの相対的な差により第1の固定的光学位相差を求め、次に、前記第2調整手段により前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学的位相差を別途与え、前記第1調整手段により参照光と前記試料光との間に相対的な光学的位相差を別途与えたときにそれぞれの前記分枝撮像機構にて得られる複数の位相シフト干渉稿画像データから分枝ごとの平面起伏形状を位相シフト法により数値データとして算出し、前記仮対応点における前記数値データの相対的な差により第2の固定的光学位相差を求め、第1の固定的光学位相差と第2の固定的光学位相の関係から算出した前記位置的な仮対応点と実際に対応する点の差を用い、被検面観測範囲にある任意位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において配置調整することを特徴とする位相シフト干渉稿同時撮像装置における分枝撮像機構の調整方法

請求項2

前記被検面観測範囲のある位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において調整する際、前記第1の固定的光学位相と前記第2の固定的光学位相の関係から算出した位置的な前記対応点と実際に対応する点の差を用い、ソフトウェアによる位置座標変換により調整することを特徴とする請求項1記載の位相シフト干渉稿同時撮像装置における分枝撮像機構の調整方法。

請求項3

前記参照光と前記試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差を別途与える前記第1調整手段は、前記参照光の光軸方向に平行移動できるステージを有し、前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える前記第2調整手段は、前記試料光光軸に対して傾斜するステージを有することを特徴とする請求項1または請求項2記載の位相シフト干渉稿同時撮像機構における分枝撮像機構の調整方法。

請求項4

前記参照光と前記試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差を別途与える前記第1調整手段は、前記レーザ光源の波長をわずかづつ変化させる方法であり、前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える第2調整手段は、前記試料光光軸に対して傾斜するステージを有することを特徴とする請求項1または請求項2記載の位相シフト干渉稿同時撮像機構における分枝撮像機構の調整方法。

技術分野

0001

本発明は位相シフト干渉稿同時計測装置に関し、特に、被検面参照面からの反射光光学的に無干渉状態にある原光束を複数の分枝原光束に分割し、それぞれ分枝原光束に異なる固定的光学位相差を与えて干渉させ、複数の撮像機構同時撮像し、被検面の形状を計測する位相シフト干渉計に関する。

0002

例えば、特願平11−136831号出願に示すような図1の位相シフト干渉稿同時計測装置においては、レーザ光源1からのレーザー光束は、レンズ2によりビーム径を拡大され、ビームスプリッタ3を透過してコリメートレンズ4にて平行光束にされる。そして、この平行光束から参照面5で反射された参照光と参照面5,λ/4板6を透過し被検面7で反射された試料光を生成するが、試料光は再びλ/4板6を透過することで偏光面が参照光とは直交した光学的無干渉状態の原光束となる。

0003

ビームスプリッタ3で反射された原光束に含まれる参照光と試料光はλ/4板8を透過することでそれぞれ互いに回転方向の異なる円偏光状態となり、三分割プリズム9で3つの分枝光束に分割される。それぞれの分枝光束の光路上には偏光板10〜12が配置され、光軸に対して概略直交する面内において偏光板の透過軸角度が設定され、固定的光学位相差を与えた分枝位相シフト干渉稿が発生され、撮像機構13〜15により撮像が行われる。

背景技術

0004

この装置において、被検面形状を高精度に計測するためには、三分割プリズム9にて分割して発生させた分枝位相シフト干渉稿を異なる撮像機構にて撮像する際に、被検面の観測範囲にある任意の位置がそれぞれ分枝観測座標系において同一位置になるように位置の整合調整を施さなければならない。
しかし、実際には、一つの被検体を異なる撮像機構にて撮像しようとした場合、図2の例に示したように、個々の撮像機構の設置位置が設計値と異なることにより、出力画像中にて得られる被検体の位置は互いにずれたものとなる。

0005

この課題を解決する方法としては、撮像機構13〜15にて撮像された基準図形図芯の位置より、分枝観測座標系のずれ量を算出し、ソフトウェアによる座標変換により整合調整を施す方法が「画像計測システム及びその画像校正方法(特願平11−2768)」にて提案されている。
ところが、基準図形を撮像して座標系のずれ量を算出する方法では、入力画像強度情報が明らかでない場合には、撮像された基準図形の縁の決定の仕方などにより、算出される図芯の位置は異なってしまう。つまり、従来技術において、観測座標系の異なる複数の撮像機構の設置位置調整を高精度に行うためには、図芯を得るために使用される被検体から発せられる光強度が精度よく校正されており、しかもこの被検体を忠実に撮像する精度の高い観測光学系が必要である。

0006

しかしながら、これら被検体および観測光学系が用いられたとしても、画素という有限サイズの離散的輝度集合から成る画像では、画素サイズ以下の精度で図芯を算出することは極めて困難である。

発明が解決しようとする課題

0007

本発明の目的は、位相シフト干渉稿同時計測装置において、異なる撮像機構により撮像する複数の分枝位相シフト干渉稿の位置ずれ補正を高精度に行うことができる分枝撮像機構の調整方法を得るにある。

0008

この目的を達成するため、本発明は、レーザ光源より発するコヒーレント光束を参照面と被検面に照射し、前記参照面、前記被検面それぞれからの反射光である参照光と試料光の偏光面を偏光光学素子を介在させて互いに直交させ、光学的無干渉状態となした原光束を生成する観測光学系と、
前記原光束を複数の分枝原光束に分け、前記分枝原光束のそれぞれに偏光光学素子を介して異なる固定的光学位相差を与えた複数の分枝位相シフト干渉稿を発生させ、前記被検面の観測範囲にある任意の位置がそれぞれの分枝観測座標系にて同一位置になるよう位置の整合を施し、分枝ごとに設けられた分枝撮像機構によりこれら干渉稿に対応する画像データを取得し、位相シフト法にて前記被検面の観測範囲の平面起伏形状数値データにより再現する平面形状計測装置において、
前記参照光と試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差別途与える第1調整手段と、干渉稿が撮像可能な被検面を前記試料光光軸に対して傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える第2調整手段とからなり、
前記第1調整手段により、前記参照光と前記試料光との間に相対的な光学的位相差を別途与えたときにそれぞれの前記分枝撮像機構にて得られる複数の位相シフト干渉稿画像データから分枝ごとの平面起伏形状を位相シフト法により数値データとして算出し、位置的な仮対応点における前記数値データの相対的な差により第1の固定的光学位相差を求め、
次に、前記第2調整手段により前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学的位相差を別途与え、前記第1調整手段により参照光と前記試料光との間に相対的な光学的位相差を別途与えたときにそれぞれの前記分枝撮像機構にて得られる複数の位相シフト干渉稿画像データから分枝ごとの平面起伏形状を位相シフト法により数値データとして算出し、前記仮対応点における前記数値データの相対的な差により第2の固定的光学位相差を求め、
第1の固定的光学位相差と第2の固定的光学位相差の関係から算出した前記位置的な仮対応点と実際に対応する点の差を用い、被検面観測範囲にある任意位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において配置調整するこ特徴とする位相シフト干渉稿同時撮像装置における分枝撮像機構の調整方法
を提案するものである。

課題を解決するための手段

0009

後述する本発明の好ましい実施例の説明においては、
1)前記被検面観測範囲のある位置がそれぞれの前記分枝観測座標系において同一位置になるように前記分枝撮像機構を前記分枝原光束と概略直交する面内において調整する際、前記固定的光学位相と前記固定的光学位相の関係から算出した位置的な前記対応点と実際に対応する点の差を用い、配置調整を行うか、あるいは、ソフトウェアによる位置座標変換により調整する位相シフト干渉稿同時撮像装置における分枝撮像機構の調整方法、
2)前記参照光と前記試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差を別途与える前記第1調整手段は、前記参照光の光軸方向に平行移動できるステージを有し、前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える前記第2調整手段は、前記試料光光軸に対して傾斜するステージを有することを特徴とする請求項1または請求項2記載の位相シフト干渉稿同時撮像機構における分枝撮像機構の調整方法、
3)前記参照光と前記試料光の間に前記試料光光軸に対して直交する面内で相対的に一様な光学位相差を別途与える前記第1調整手段は、前記レーザ光源の波長をわずかづつ変化させる方法であり、前記試料光光軸に対して被検面を傾斜させた時と等価な光学位相差を別途与える第2調整手段は、前記試料光光軸に対して傾斜するステージを有することを特徴とする請求項1または請求項2記載の位相シフト干渉稿同時撮像機構における分枝撮像機構の調整方法
が説明される。

0010

以下、図3から図6について本発明の好ましい実施例を説明する。
図3は本発明による一実施例に係る位相シフト干渉稿同時撮像装置における撮像機構の調整方法の装置構成を示す。

0011

即ち、図3においては、位相シフト干渉稿同時撮像装置の開口部下に、参照光の光軸方向への平行移動と傾斜が可能なステージが設置され、このステージには干渉稿が撮像可能な被検面が配置される。
そして、被検面は参照面と平行に傾斜調整されるが、この時に撮像機構13〜15にて得られる分枝位相シフト干渉稿は、それぞれの分枝観測座標系上で同じ位置にあり、(x,y)座標上で仮に対応しているとみなせば、次式にて表される。

0012

ここでは、B(x,y)及びA(x,y)は3枚の分枝位相シフト干渉稿のバイアス及び振幅をそれぞれ示し、φ(x,y)は参照面に対する被検面の相対起伏形状を表す干渉稿の位相を、そして、α(x,y)、β(x,y)は偏光板の透過軸角度などによって発生する第1の固定的光学位相差を表している。

0013

次に、図3に示したステージにより被検面を光軸方向に平行移動させて参照光と試料光の間に光学的位相差δi を別途に与え、それぞれの撮像機構にて干渉稿を3枚以上ずつ撮像する。
この時に得られる分枝ごとの位相シフト干渉稿は次式で表される。

この時に得られた干渉稿から分枝ごとに独立に被検面起伏形状を算出するが、例えば、「δi 」を干渉稿位相1周期2πを等しく分割する値

に相当する量だけ被検面を平行移動させた場合には、各分枝ごとの被検面起伏形状は次式より得られる。

0014

つまり、式(4−1),(4−2),(4−3)の左辺の関係から、お互いの差をとると、固定的光学位相差1であるα(x,y)とβ(x,y)が被検面観測領域内の各点にて算出できる。

0015

次に、被検面を干渉稿が観測される範囲内で角度κだけ傾斜させて、同様に干渉稿を撮像する。
ここでは説明の簡略化のため、被検面をθy軸回りに傾斜させた場合のx軸方向1ラインの参照面と被検面の相対関係にて示す。また、撮像機構13の分枝観測座標系上の被検面位置を基準とし、撮像機構14の分枝観測座標系上の被検面を同一位置に調整する場合を例に示す。

0016

被検面を参照面に対して平行状態に設置した場合の光路差をh(x)とし、ステージにより角度κだけ傾斜させた場合の様子を図5に示す。角度κは干渉稿が発生する範囲の微小な角度である。この時に撮像機構13、14にて得られる分枝位相シフト干渉稿は、図6に示す参照面に対する被検面の相対形状を表したものである。この時の干渉稿強度は、撮像機構13と14の間に生じる固定的光学位相差2をα’(x)で表すと、次式にて表される。

0017

この時に、撮像機構13のx1 に対応する点が撮像機構14上ではx2 であったとすると、被検面を傾斜させた時に算出されるα’(x)には、αx_errorが含まれる。
よって、図6に示す幾何的な関係から、観測座標系が異なることによるx方向の画像の横ずれ量Δx21とαx_errorの間には次式の関係が得られる。

0018

したがって、傾斜後前後に算出されたα(x)とα’(x)及び傾斜角度κが得られれば、撮像機構13に対する撮像機構14のx方向の位置ずれ量を算出することができる。撮像機構15についても、先に示した方法で傾斜前後のβ(x)とβ’(x)を算出すれば、撮像機構13に対する位置ずれ量Δx31を算出することができる。

0019

また、撮像機構14と撮像機構15のy方向の位置ずれ量Δy21、Δy31も同様に、角度κ傾斜前後のα(y)、α’(y)とβ(y)とβ’(y)から算出できる。

このようにして得られる撮像機構間の位置ずれ量Δx21、Δx31、Δy21、Δy31の精度は、画素サイズに係わらず、傾斜角度κ、波長λ、およびαx_errorの精度によって決定される。すなわち、必要精度に応じてこれらパラメータを設定すればよいと言える。角度κを与える傾斜装置やαx_errorなどを得るためにδi を付与する機構(ステージなど)は、既存の技術にて十分な精度が得られるため、画素サイズより細かく高精度に位置決めすることは容易である。

0020

本発明においては、傾斜前では被検面を参照面に対して平行に設置することを示したが、平行でない場合でも傾斜前後の角度差κが既知であればよいことは自明である。

0021

先の実施例にて撮像機構14、15を配置調整することを示したが、Δx21、Δx31、Δy21、Δy31を基に出力される分枝位相シフト干渉稿の画像を、ソフトウェアにて位置座標変換すれば、容易に位置の整合調整を行なえるのは改めて説明するまでもない(請求項2)。

発明を実施するための最良の形態

0022

また、参照光と試料光の間に光学的位相差δi を別途与える方法としては、被検面を光軸面を光軸方向に平行移動させるステージを使用する代わりに、レーザ光源の波長をわずかに変化させることでも、先に示した方法にて、Δx21、Δx31、Δy21、Δy31を算出し、位置の整合調整をすることができる(請求項4)。

図面の簡単な説明

0023

以上の説明から明らかなように、本発明によれば、位相シフト干渉稿同時計測装置において、異なる撮像機構により得られる分枝シフト干渉稿間の位置の整合調整を行う際に、基準図形が不要で容易にかつ高精度に位置ずれ量を算出することができ、その結果、位相シフト干渉稿同時撮像装置の高精度化を実現できる。

図1
位相シフト干渉縞同時撮像装置の原理説明図である。
図2
分枝観測座標系での出力画像中での被検体の位置ずれの説明図である。
図3
本発明による位相シフト干渉稿同時撮像装置における撮像機構の調整方法の装置構成の一例を表す。
図4
傾斜ステージにおいてy軸を中心として傾斜させる場合の参照面と被検面との関係を示す。
図5
xz面内において被検面を角度κ傾斜させた時の、参照面との相対的な関係を表したκ説明図である。
図6
αx_errorとx方向の位置ずれ量の関係を表した説明図である。
【符号の説明】
1レーザ光源
2レンズ
3ビームスプリッタ
コリメータレンズ
5 参照面
6 λ/4板
7 被検面
8 λ/4板
10,11,12偏光板
13,14,15 撮像機構

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ