図面 (/)

技術 録画サービスシステム、録画サービス方法、録画サーバおよび録画サービス用プログラム

出願人 日本電気株式会社
発明者 松山廣嗣
出願日 2002年11月27日 (18年0ヶ月経過) 出願番号 2002-344129
公開日 2004年6月24日 (16年6ヶ月経過) 公開番号 2004-179993
状態 拒絶査定
技術分野 記録のためのテレビジョン信号処理 双方向TV,動画像配信等 テレビジョン方式 TV信号の記録
主要キーワード レンタル費用 サービス用プログラム 臨時番組 インターネット接続機 レンタルソフト 汎用機 時刻変更 送受信データ量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年6月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少ない場合にも録画番組全ての録画を行うことを可能とし、また、録画予約した番組が急に時間変更になっても予約番組の変更時間に合わせた番組録画を行うことを可能とする。

解決手段

ユーザ1はリモートコントロール機11で録画機21に録画予約する。インターネット接続機20は録画番組時間を含む録画予約情報と録画媒体242の録画可能時間とを録画機21から取得して録画サーバ30に送信する。録画サーバ30は録画可能時間が録画番組時間以上であった場合はインターネット接続機20に録画指示を送信し、録画可能時間が録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画部340で代行録画する。代行録画した場合は、ユーザ1は録画媒体242を交換し、インターネット接続機20で録画サーバ30に代行録画データの送信を依頼する。

概要

背景

従来の録画システムを図6を参照して説明する。図6において、ユーザ601は録画機621の近傍にてGコード(登録商標送信機611またはリモートコントロール機612を使用し、ホーム602に設置された録画機621に録画予約情報を送信することで録画機621を録画待機状態にし、録画希望番組を録画していた。しかしながら、このような録画システムにおいては、ユーザが外出先から録画予約することができない。

概要

録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少ない場合にも録画番組全ての録画を行うことを可能とし、また、録画予約した番組が急に時間変更になっても予約番組の変更時間に合わせた番組録画を行うことを可能とする。ユーザ1はリモートコントロール機11で録画機21に録画予約する。インターネット接続機20は録画番組時間を含む録画予約情報と録画媒体242の録画可能時間とを録画機21から取得して録画サーバ30に送信する。録画サーバ30は録画可能時間が録画番組時間以上であった場合はインターネット接続機20に録画指示を送信し、録画可能時間が録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画部340で代行録画する。代行録画した場合は、ユーザ1は録画媒体242を交換し、インターネット接続機20で録画サーバ30に代行録画データの送信を依頼する。

目的

本発明の目的は、録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少なかった場合にも録画番組全ての録画を行うことを可能とし、また、録画予約した番組が急に時間変更になった場合にも予約番組の変更時間に合わせた番組録画を行うことを可能とする録画サービスシステム録画サービス方法、録画サーバおよび録画サービス用プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを備え、前記インターネット接続機は、録画可能時間を含む録画媒体情報録画番組時間を含む録画予約情報とを前記録画機から取得して前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする録画サービスシステム

請求項2

さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末を備え、前記携帯端末は、前記録画予約情報を前記録画サーバから受信して表示する手段を含むことを特徴とする請求項1記載の録画サービスシステム。

請求項3

携帯端末と、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記携帯端末と前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを備え、前記携帯端末は、録画番組時間を含む録画予約情報を前記録画サーバに送信する手段を含み、前記インターネット接続機は、録画可能時間を含む録画媒体情報を前記録画機から取得して前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間の送信を前記インターネット接続機に要求する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする録画サービスシステム。

請求項4

さらに、前記ネットワークに接続されたレンタルサーバを備え、前記携帯端末は、レンタルソフトレンタル要求を前記レンタルサーバに送信する手段を含み、前記レンタルサーバは、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする請求項2または3記載の録画サービスシステム。

請求項5

さらに、前記ネットワークに接続された放送局サーバを備え、前記放送局サーバは、番組放送時刻を含む番組表を前記録画サーバに配信する手段と、配信した番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記録画サーバに通知する手段とを含み、前記録画サーバは、前記番組変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正する手段を含むことを特徴とする請求項1、2、3または4記載の録画サービスシステム。

請求項6

録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを使用する録画サービス方法であって、前記インターネット接続機が録画可能時間を含む録画媒体情報と録画番組時間を含む録画予約情報とを前記録画機から取得して前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴とする録画サービス方法。

請求項7

さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末を使用し、前記携帯端末が前記録画予約情報を前記録画サーバから受信して表示するステップを含むことを特徴とする請求項6記載の録画サービス方法。

請求項8

携帯端末と、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記携帯端末と前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを使用する録画サービス方法であって、前記携帯端末が録画番組時間を含む録画予約情報を前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画機の録画可能時間の送信を前記インターネット接続機に要求するステップと、前記インターネット接続機が前記録画可能時間を含む録画媒体情報を前記録画機から取得して前記録画サーバに送信するステップと、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を前記録画サーバが代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴とする録画サービス方法。

請求項9

さらに、前記ネットワークに接続されたレンタルサーバを使用し、レンタルソフトのレンタル要求を前記携帯端末から前記レンタルサーバに送信するステップと、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記レンタルサーバから前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴とする請求項7または8記載の録画サービス方法。

請求項10

さらに、前記ネットワークに接続された放送局サーバを使用し、番組放送時刻を含む番組表を前記放送局サーバから前記録画サーバに配信するステップと、配信した番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記放送局サーバから前記録画サーバに通知するステップと、前記録画サーバが前記番組変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正するステップとを含むことを特徴とする請求項6、7、8または9記載の録画サービス方法。

請求項11

録画機に接続されたインターネット接続機にネットワークを介して接続された録画サーバであって、録画可能時間を含む録画媒体情報と録画番組時間を含む録画予約情報とを前記インターネット接続機を経由して前記録画機から取得する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする録画サーバ。

請求項12

さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末から前記録画予約情報送信要求を受信する手段と、前記録画予約情報を前記携帯端末に送信する手段とを含むことを特徴とする請求項11記載の録画サーバ。

請求項13

インターネット接続機と携帯端末とにネットワークを介して接続された録画サーバであって、前記携帯端末から録画番組時間を含む録画予約情報を受信する手段と、前記インターネット接続機に接続された録画機の録画可能時間を含む録画媒体情報を前記インターネット接続機から受信する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする録画サーバ。

請求項14

さらに、前記ネットワークを介してレンタルサーバに接続され、レンタルソフトのレンタル要求を前記携帯端末から受信する手段と、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記レンタルサーバから受信する手段と、前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする請求項12または13記載の録画サーバ。

請求項15

さらに、前記ネットワークを介して放送局サーバに接続され、番組放送時刻を含む番組表の配信を前記放送局サーバから受ける手段と、配信された番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記放送局サーバから受信する手段と、前記番組時刻変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正する手段とを含むことを特徴とする請求項11、12、13または14記載の録画サーバ。

請求項16

請求項11から15のいずれか1項記載の機能をコンピュータに実現させるためのプログラム

技術分野

0001

本発明は録画サービスシステム録画サービス方法録画サーバおよび録画サービス用プログラムに関し、特に録画機ネットワークとを使用して行う録画サービスシステム、録画サービス方法、録画サーバおよび録画サービス用プログラムに関する。

0002

従来の録画システム図6を参照して説明する。図6において、ユーザ601は録画機621の近傍にてGコード(登録商標送信機611またはリモートコントロール機612を使用し、ホーム602に設置された録画機621に録画予約情報を送信することで録画機621を録画待機状態にし、録画希望番組を録画していた。しかしながら、このような録画システムにおいては、ユーザが外出先から録画予約することができない。

0003

ユーザが外出先から録画予約できる録画サービスシステムが特開2001−309285号公報に開示されている。この公報によれば、少なくとも放送番組情報顧客情報とが蓄積されているネットワーク上の番組情報サーバと、この番組情報サーバをアクセスして所定の放送番組予約する機能を備えた録画機器と、番組情報サーバをアクセスして放送番組情報を閲覧しかつ所望の放送番組を選択することができる情報端末機器とからなり、番組情報サーバは、録画機機に対して情報端末機器が選択した放送番組の録画予約設定を行うようにする。

背景技術

0004

【特許文献1】
特開2001−309285号公報(第4−5頁、図1

0005

上述した従来の録画サービスシステムは、録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少なかった場合、録画番組全ての録画ができないという問題点があった。また、ユーザの録画予約した番組が急に時間変更になった場合、予約番組の変更時間に合わせた番組録画ができないという問題点があった。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明の目的は、録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少なかった場合にも録画番組全ての録画を行うことを可能とし、また、録画予約した番組が急に時間変更になった場合にも予約番組の変更時間に合わせた番組録画を行うことを可能とする録画サービスシステム、録画サービス方法、録画サーバおよび録画サービス用プログラムを提供することにある。

0007

本発明の録画サービスシステムは、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを備え、前記インターネット接続機は、録画可能時間を含む録画媒体情報と録画番組時間を含む録画予約情報とを前記録画機から取得して前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする。

0008

本発明の録画サービスシステムは、さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末を備え、前記携帯端末は、前記録画予約情報を前記録画サーバから受信して表示する手段を含むことを特徴としてもよい。

0009

本発明の録画サービスシステムは、携帯端末と、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記携帯端末と前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを備え、前記携帯端末は、録画番組時間を含む録画予約情報を前記録画サーバに送信する手段を含み、前記インターネット接続機は、録画可能時間を含む録画媒体情報を前記録画機から取得して前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間の送信を前記インターネット接続機に要求する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴としてもよい。

0010

本発明の録画サービスシステムは、さらに、前記ネットワークに接続されたレンタルサーバを備え、前記携帯端末は、レンタルソフトレンタル要求を前記レンタルサーバに送信する手段を含み、前記レンタルサーバは、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記録画サーバに送信する手段を含み、前記録画サーバは、前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴としてもよい。

0011

本発明の録画サービスシステムは、さらに、前記ネットワークに接続された放送局サーバを備え、前記放送局サーバは、番組放送時刻を含む番組表を前記録画サーバに配信する手段と、配信した番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記録画サーバに通知する手段とを含み、前記録画サーバは、前記番組変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正する手段を含むことを特徴としてもよい。

0012

本発明の録画サービス方法は、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを使用する録画サービス方法であって、前記インターネット接続機が録画可能時間を含む録画媒体情報と録画番組時間を含む録画予約情報とを前記録画機から取得して前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴とする。

0013

本発明の録画サービス方法は、さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末を使用し、前記携帯端末が前記録画予約情報を前記録画サーバから受信して表示するステップを含むことを特徴としてもよい。

0014

本発明の録画サービス方法は、携帯端末と、録画サーバと、インターネット接続機と、前記インターネット接続機に接続された録画機と、前記携帯端末と前記インターネット接続機と前記録画サーバとを接続するネットワークとを使用する録画サービス方法であって、前記携帯端末が録画番組時間を含む録画予約情報を前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画機の録画可能時間の送信を前記インターネット接続機に要求するステップと、前記インターネット接続機が前記録画可能時間を含む録画媒体情報を前記録画機から取得して前記録画サーバに送信するステップと、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を前記録画サーバが代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴としてもよい。

0015

本発明の録画サービス方法は、さらに、前記ネットワークに接続されたレンタルサーバを使用し、レンタルソフトのレンタル要求を前記携帯端末から前記レンタルサーバに送信するステップと、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記レンタルサーバから前記録画サーバに送信するステップと、前記録画サーバが前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画するステップと、代行録画した録画データを前記録画サーバから前記インターネット接続機に送信するステップとを含むことを特徴としてもよい。

0016

本発明の録画サービス方法は、さらに、前記ネットワークに接続された放送局サーバを使用し、番組放送時刻を含む番組表を前記放送局サーバから前記録画サーバに配信するステップと、配信した番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記放送局サーバから前記録画サーバに通知するステップと、前記録画サーバが前記番組変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正するステップとを含むことを特徴としてもよい。

0017

本発明の録画サーバは、録画機に接続されたインターネット接続機にネットワークを介して接続された録画サーバであって、録画可能時間を含む録画媒体情報と録画番組時間を含む録画予約情報とを前記インターネット接続機を経由して前記録画機から取得する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴とする。

0018

本発明の録画サーバは、さらに、前記ネットワークに接続された携帯端末から前記録画予約情報送信要求を受信する手段と、前記録画予約情報を前記携帯端末に送信する手段とを含むことを特徴としてもよい。

0019

本発明の録画サーバは、インターネット接続機と携帯端末とにネットワークを介して接続された録画サーバであって、前記携帯端末から録画番組時間を含む録画予約情報を受信する手段と、前記インターネット接続機に接続された録画機の録画可能時間を含む録画媒体情報を前記インターネット接続機から受信する手段と、前記録画可能時間が前記録画番組時間未満であった場合は録画予約された番組を代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴としてもよい。

0020

本発明の録画サーバは、さらに、前記ネットワークを介してレンタルサーバに接続され、レンタルソフトのレンタル要求を前記携帯端末から受信する手段と、要求されたレンタルソフトとこのレンタルソフトの録画時間とを前記レンタルサーバから受信する手段と、前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間以上であった場合は前記レンタルソフトを前記インターネット接続機へ送信し前記録画可能時間が前記レンタルソフトの録画時間未満であった場合は前記レンタルソフトを代行録画する手段と、代行録画した録画データを前記インターネット接続機に送信する手段とを含むことを特徴としてもよい。

0021

本発明の録画サーバは、さらに、前記ネットワークを介して放送局サーバに接続され、番組放送時刻を含む番組表の配信を前記放送局サーバから受ける手段と、配信された番組放送時刻に変更が生じた場合に番組時刻変更通知を前記放送局サーバから受信する手段と、前記番組時刻変更通知をチェックして前記録画予約情報を修正する手段とを含むことを特徴としてもよい。

課題を解決するための手段

0022

本発明のプログラムは、請求項11から15のいずれか1項記載の機能をコンピュータに実現させる。

0023

次に、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明の第1の実施の形態の構成を示すブロック図である。

0024

図1を参照すると、携帯端末10とインターネット接続機20と録画サーバ30と放送局サーバ40とがネットワークに接続されている。ネットワークとしてはインターネット100を使用する例を説明する。

0025

携帯端末10はユーザ1が使用する携帯電話機ノートブック型パーソナルコンピュータ等の情報通信機器である。携帯端末10は、図示しないが、データを入力するためのキーボード等の入力部とデータを表示するためのLCD(liquidcrystal display)等の表示部とデータを一時記憶するための記憶部とを有し、さらに、録画サーバ30とインターネット100を介して情報の送受信を行う機能を有する。リモートコントロール機11は、録画機21に録画予約情報を赤外線等を使用して送信する機能を有する。

0026

インターネット接続機20は、ユーザ1がホーム(家庭)2で使用するパーソナルコンピュータ等の情報処理装置である。インターネット接続機20は、図示しないが、データを入力するためのキーボードやマウス等の入力部とデータを表示するためのCRT(cathode−ray tube)ディスプレイやLCD(liquid crystal display)等の表示部とデータを一時記憶するための記憶部とを有し、さらに、録画サーバ30とインターネット100を介して情報の送受信を行う機能と、録画機21と情報の送受信を行う機能とを有する。インターネット接続機20は汎用機でなく、録画サービス用の専用機であってもよい。

0027

録画機21はホーム2に設置された放送番組等の画像データを録画する装置である。録画機21としてはビデオデッキが一般的であるが、DVD(Digital Versatile Disc)レコーダハードディスクレコーダであってもよい。録画機21は、情報送受信部210と制御部220と記憶部230と録画部240とを有する。録画部240は録画受信部241と録画媒体242とを有する。録画媒体242は、録画機21がビデオデッキであればビデオテープであり、録画機21がDVDレコーダであればDVDであり、録画機21がハードディスクレコーダであればハードディスクである。

0028

録画サーバ30は、インターネット100を使用して録画サービス3を運営する事業者が使用するワークステーション・サーバ等の情報処理装置である。録画サーバ30は、情報送受信部310と番組表表示部320と録画予約情報表示部330と代行録画部340とを有する。代行録画部340は、ユーザ1の録画機21に代わって代行録画を行うものであり、録画媒体242としてはハードディスクやDVD等が用いられる。代行録画部340は、録画サーバ30の内部ではなく、外部にあってもよい。

0029

放送局サーバ40は、テレビ放送を行う放送局4が使用するワークステーション・サーバ等の情報処理装置である。放送局サーバ40は、番組表配信部410と変更通知部420とを有する。番組表配信部410は放送局4が放送する予定の番組表をインターネット100を介して配信する機能を有する。変更通知部420は、配信済みの番組表に記載された放送時間が変更されたときにその通知をインターネット100を経由して配信する機能を有する。

0030

次に第1の実施の形態の動作について説明する。図2は第1の実施の形態の動作を示すフローチャートである。ユーザ1はあらかじめ録画サービス3の会員登録手続きを行う。

0031

ユーザ1は番組表を見るために携帯端末10からインターネット100を経由して録画サーバ30にアクセスすると、録画サーバ30では、番組表表示部320が情報送受信部310を使用して、放送局サーバ40の番組表配信部410から配信された(ステップA1)番組表を携帯端末10に転送する(ステップA2)。携帯端末10は転送された番組表を表示部に表示する。表示される番組表には少なくとも番組名と放送されるチャンネル放送開始日時放送終了日時とが記載されている。さらにGコードが含まれていてもよい。番組表の受信は携帯端末10ではなくインターネット接続機20で行ってもよい。また、録画サーバ30経由ではなく放送局サーバ40から直接受信してもよい。さらに、新聞雑誌テレビ番組欄等を使用することにより、ステップA1からステップA3は省略することもできる。

0032

ユーザ1は録画予約をする場合、リモートコントロール機11から録画予約情報を録画機21の情報送受信部210に送信する(ステップA4)。録画予約情報には、録画するチャンネルと録画開始日および時刻と録画終了時刻とが含まれる。

0033

録画機21では、情報送受信部210が受信した録画予約情報を記憶部230に保存する。記憶部230は録画媒体情報も記憶している。録画媒体情報には録画媒体の録画可能時間を含む。録画可能時間とは、録画媒体242がビデオテープであればテープ残量時間表示したものである。情報送受信部210は、録画予約情報と録画媒体情報とをインターネット接続機20へ送信する(ステップA5)。インターネット接続機20は受信した録画予約情報と録画媒体情報とをインターネット100を介して録画サーバ30へ転送する(ステップA6)。録画サーバ30は転送された録画予約情報と録画媒体情報とを情報送受信部310が記憶する(ステップA7)。

0034

ユーザ1は録画予約情報を確認したい場合は、携帯端末10を使用してインターネット100を介して録画サーバ30にアクセスして録画予約情報送信要求を行う(ステップA8)。録画サーバ30は録画予約情報表示部330が情報送受信部310を使用してユーザ1の録画予約情報を送信し(ステップA9)、ユーザ1は携帯端末10の表示部で画像予約情報を確認することができる(ステップA10)。画像予約情報の確認はインターネット接続機20を使用して行うこともできる。

0035

臨時番組野球中継延長等により、配信済みの番組表に変更が生じた場合は、放送局4では放送局サーバ40の変更通知部420で番組時刻変更通知を配信する(ステップA11)。録画サーバ30は情報送受信部310で番組時刻変更通知を受信して、保存している録画予約情報をチェックして必要があれば録画予約情報を修正する(ステップA12)。修正後の録画予約情報は、ステップA8からA10の処理により、携帯端末10またはインターネット接続機20で確認することができる。

0036

録画サーバ30は情報送受信部310で録画予約情報に含まれる録画番組時間と録画媒体情報に含まれる録画可能時間とを比較し(ステップA13)、録画可能時間が録画番組時間以上である場合は残量OKをインターネット接続機20に通知し、インターネット接続機20は残量OKを受信すると、録画機21の情報送受信部210に録画指示を行う(ステップA14)。録画機21は情報送受信部210が録画指示を受信すると、制御部220が録画部240に録画を行わせる。録画部240では、録画受信部241が番組を受信し、録画媒体242に録画する(ステップA15)。

0037

ステップA13で、録画可能時間が録画番組時間未満であった場合は、録画サーバ30の情報送受信部310は録画予約された番組を代行録画部340で代行録画する(ステップA16)。情報送受信部310は、さらに、インターネット接続機20に録画媒体残量不足通知を行い(ステップA17)、インターネット接続機20はこれを受信して録画媒体残量不足を画面表示する(ステップA18)。録画媒体残量不足の画面表示は携帯端末10に行うようにしてもよい。

0038

ユーザ1は、インターネット接続機20に録画媒体残量不足表示された場合、録画機21の録画媒体242を録画可能時間が録画番組時間以上であるものに交換して、インターネット接続機20から録画サーバ30に代行録画データ送信要求を行う(ステップA20)。録画サーバ30の情報送受信部310は代行録画データ送信要求を受信すると、代行録画データを代行録画部340から取り出してインターネット接続機20へ送信する(ステップA21)。インターネット接続機20は代行録画データを受信して録画機21へ転送する(ステップA22)。録画機21は代行録画データを情報送受信部210で受信し、制御部220で交換済み録画媒体242に録画する(ステップA23)。

0039

録画サーバ30は、あらかじめ取り決めた方法により費用を算出してインターネット接続機20または携帯端末10に費用請求を送信し、ユーザ1はインターネット接続機20または携帯端末10を使用するか、あるいは他の方法で費用支払いを行う(ステップA25)。費用算出方法としては、月極め定額、アクセス回数比、送受信データ量比等が考えられる。

0040

次に、本発明の第2の実施の形態について説明する。第2の実施の形態の構成は基本的には第1の実施の形態(図1)と同じであるが、リモートコントロール機11はなくてもよい。第2の実施の形態では携帯端末10が録画予約情報を録画サーバ30に送信する機能を有する点が第1の実施の形態と異なる。

0041

次に、第2の実施の形態の動作を説明する。図3は第2の実施の形態の動作を示すフローチャートである。

0042

ステップB1からステップB3までは第1の実施の形態(図2)のステップA1からステップA3までと同じである。

0043

ユーザ1は録画予約をする場合、携帯端末10から録画予約情報を録画機21の情報送受信部210に送信する(ステップB4)。録画予約情報には、録画するチャンネルと録画開始日および時刻と録画終了時刻とが含まれる。録画サーバ30の情報送受信部310は録画予約情報を受信して記憶する(ステップB5)。

0044

録画サーバ30の情報送受信部310は録画機21の録画媒体情報の送信をインターネット接続機20へ要求する(ステップB6)。インターネット接続機20はこの要求を録画機21へ転送する(ステップB7)。録画機21の情報送受信部210は、この要求を受信すると記憶部230から録画媒体情報を入手してインターネット接続機20へ送信する(ステップB8)。インターネット接続機20は録画媒体情報を録画サーバ30へ転送する(ステップB9)。録画サーバ30は、情報送受信部310で録画媒体情報を受信して記憶する(ステップB10)。

0045

ステップB11以降は第1の実施の形態(図2)のステップA11以降と同じである。

0046

次に、本発明の第3の実施の形態について説明する。図4は第3の実施の形態の構成を示すブロック図である。第1の実施の形態(図1)の構成の加えてレンタルサーバ50が含まれる。レンタルサーバ50は、インターネット100を使用してレンタルショップ5を運営する事業者が使用するワークステーション・サーバ等の情報処理装置である。レンタルサーバ50は、その内部または外部に記憶装置(図示せず)を有し、記憶装置内にレンタルソフト510を保管する。レンタルソフト510は動画コンテンツである。

0047

次に、第3の実施の形態の動作を説明する。図5は第3の実施の形態の動作を示すフローチャートである。

0048

ユーザ1はレンタルソフト510をレンタルする場合、携帯端末10からレンタル要求を録画サーバ30に送信する(ステップC1)。録画サーバ30の情報送受信部310は、レンタル要求をレンタルサーバ50に転送する(ステップC2)。レンタルサーバ50は、要求されたレンタルソフト510の画像データとその録画時間とを録画サーバ30に送信する(ステップC3)。ステップC1のレンタル要求は、インターネット接続機20から行うようにしてもよい。

0049

ステップC4からステップC8までは、第2の実施の形態(図3)のステップB6からステップB10までと同じである。

0050

録画サーバ30の情報送受信部310は、録画媒体242の録画可能時間とレンタルソフト510の録画時間とを比較し(ステップC9)、録画可能時間が録画時間以上であった場合はレンタルソフト510の画像データをインターネット接続機20へ送信する。インターネット接続機20は録画機21の情報送受信部210に画像データを送信する(ステップC10)。録画機21は情報送受信部210が画像データを受信すると、制御部220が録画部240に録画を行わせる(ステップC11)。

0051

ステップC9で、録画可能時間が録画時間未満であった場合は、ステップC12からステップC19の処理を行う。これは第1の実施の形態(図2)のステップA16からステップA23と同様である。

0052

ユーザ1は、レンタル期間中はレンタルソフト510を録画機21により再生することができる(ステップC20)。レンタルソフト510はレンタル期間終了後は再生不可能となっている。

0053

レンタルサーバ50は、あらかじめ取り決めた方法によりインターネット接続機20または携帯端末10に費用請求を送信し(ステップC21)、ユーザ1はインターネット接続機20または携帯端末10を使用するか、あるいは他の方法で費用支払いを行う(ステップC22)。レンタル費用の請求は録画サーバ30が代行するようにしてもよい。

発明を実施するための最良の形態

0054

本発明の実施の形態の録画サーバ30の動作はコンピュータ・プログラム処理により行わせることが可能である。すなわち、記録媒体に記録したプログラムを録画サーバ30に読み込ませるか、あるいは、ネットワークからコンピュータ・プログラムを録画サーバ30に読み込ませて、実施の形態で説明した動作を実行させる。

0055

以上説明したように、本発明によれば、録画媒体の録画可能時間が録画番組時間よりも少なかった場合、録画サーバが代行録画し、録画番組を録画機に送信するため、ユーザは録画媒体を入れ替えて番組全ての録画が可能となるという効果がある。

0056

また、ユーザが外出先から携帯端末を利用して録画予約や録画予約情報の確認をすることができるという効果がある。

発明の効果

0057

また、放送局からの番組時間変更を随時入手しているので、ユーザの録画予約した番組が急に時間変更になった場合、予約番組の変更時間に合わせ番組の録画ができるという効果がある。

図面の簡単な説明

0058

また、インターネットを使用してレンタルソフトをレンタルする場合にも、録画媒体の録画可能時間が短い場合に代行録画できるという効果がある。

図1
本発明の第1の実施の形態の構成を示すブロック図である。
図2
本発明の第1の実施の形態の動作を示すフローチャートである。
図3
本発明の第2の実施の形態の動作を示すフローチャートである。
図4
本発明の第3の実施の形態の構成を示すブロック図である。
図5
本発明の第3の実施の形態の動作を示すフローチャートである。
図6
従来の録画システムの構成を示すブロック図である。
【符号の説明】
1 ユーザ
2ホーム
3 録画サービス
4放送局
5レンタルショップ
10携帯端末
11リモートコントロール機
20インターネット接続機
21録画機
30録画サーバ
40放送局サーバ
50レンタルサーバ
100 インターネット
210情報送受信部
220 制御部
230 記憶部
240 録画部
241 録画受信部
242 録画媒体
310 情報送受信部
320番組表表示部
330録画予約情報表示部
340 代行録画部
410番組表配信部
420変更通知部
510 レンタルソフト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ