図面 (/)

技術 操作装置、監視表示装置、操作監視表示装置およびこれらを備えた監視制御システム

出願人 パナソニック電工株式会社
発明者 佐藤雄一郎森田一成
出願日 2002年10月24日 (18年10ヶ月経過) 出願番号 2002-310184
公開日 2004年5月20日 (17年3ヶ月経過) 公開番号 2004-147121
状態 特許登録済
技術分野 制御系の試験・監視 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用)
主要キーワード パターン制御装置 動作チャート 状態点検 パターン制御用 制御対象負荷 組み合わせ制御 動力機器 負荷状態情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年5月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

複数の制御装置およびシーン制御装置に対して同時に制御要求することができる操作装置と、複数の制御装置およびシーン制御装置の状態監視ができる監視表示装置および両方の機能を備えた操作監視表示装置を提供する。

解決手段

制御対象負荷を制御するために操作される操作部10と、オンオフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段とを備えた通信部11と、オン/オフパターンデータシーン再生データとを組み合わせて制御データとして保存した記憶部12と、操作部10が操作されたときに、制御データにもとづいて、通信部11を介して、パターン制御装置2およびシーン制御装置3に対して制御信号送出させるようにした信号処理部13とを備える。

概要

背景

従来から、ビルなどの建物において、操作装置監視装置を用い、操作や監視情報に基づいて機器を制御する監視制御システムが知られている。例えば、動力機器において、遠隔操作により他の装置からその機器に対する運転要求信号が、監視装置に入ったときに、その機器の運転を開始させたり、異常発熱などの警報信号監視ユニットに入ったときに、その機器を緊急停止させるシステムがある。また照明機器において、壁に取り付けられた操作装置のスイッチが押される毎に、照明点灯又は消灯させるシステムがある。

概要

複数の制御装置およびシーン制御装置に対して同時に制御要求することができる操作装置と、複数の制御装置およびシーン制御装置の状態監視ができる監視表示装置および両方の機能を備えた操作監視表示装置を提供する。制御対象負荷を制御するために操作される操作部10と、オンオフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段とを備えた通信部11と、オン/オフパターンデータシーン再生データとを組み合わせて制御データとして保存した記憶部12と、操作部10が操作されたときに、制御データにもとづいて、通信部11を介して、パターン制御装置2およびシーン制御装置3に対して制御信号送出させるようにした信号処理部13とを備える。

目的

本発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、直接複数の制御装置およびシーン制御装置に対して同時に制御要求を送ることができる操作装置と、直接複数の制御装置およびシーン制御装置の状態監視ができることを特徴とした監視表示装置およびこの両方の機能を備えた操作監視表示装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

制御対象負荷を制御するオンオフパターン制御装置およびシーン制御装置を、通信線を介して接続される操作装置であって、上記制御対象負荷を制御するために操作される操作部と、オン/オフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段とを備えた通信部と、オン/オフパターンデータシーン再生データとを組み合わせて制御データとして保存した記憶部と、上記操作部が操作されたときに、上記制御データにもとづいて、上記通信部を介して、パターン制御装置およびシーン制御装置に対して制御信号送出させるようにした信号処理部とを備えた操作装置。

請求項2

請求項1において、上記制御データは、上記制御対象装置対象アドレスと、オン/オフデータと、シーン再生データとを含んでいることを特徴とする操作装置。

請求項3

請求項1または2において、上記制御データは、上記操作部の複数の操作スイッチに対応して選択できるようにしたデータテーブルで構成されている操作装置。

請求項4

請求項1〜3のいずれかにおいて、上記オン/オフパターン制御要求、シーン再生要求の一方または双方を有効とする機能モードを有している操作装置。

請求項5

請求項1〜4のいずれかにおいて、操作部からの制御を禁止する操作禁止手段をさらに備えている操作装置。

請求項6

請求項1〜5のいずれかにおいて、上記制御データの登録更新、削除を可能とする設定手段をさらに有している操作装置。

請求項7

制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置を、通信線を介して接続される監視表示装置であって、オン/オフ状態入力手段とシーン再生状態入力手段とを備えた通信部と、オン/オフパターンデータとシーンデータとを組み合わせて複数の状態確認データとして保存した記憶部と、上記通信部を介して、オン/オフ状態とシーン再生状態が入力されたときに、入力された状態を上記複数の状態確認データを用いて照合処理し、照合結果を表示部に表示させるようにした信号処理部とを備えた監視表示装置。

請求項8

請求項7において、オン/オフ状態、シーン再生状態の一方または双方を照合対象として、有効とする機能モードを有している監視表示装置。

請求項9

請求項7または8において、上記通信部は、照合結果出力手段をさらに有し、上記照合結果を上記表示部に表示するか、上記照合結果出力手段より送出するかの一方または双方を有効とする表示出力モードデータを有している監視表示装置。

請求項10

請求項7〜9のいずれかにおいて、上記複数の状態確認データの登録、更新、削除を可能とする設定手段をさらに有している監視表示装置。

請求項11

請求項1〜6のいずれかに記載の操作装置と請求項7〜10のいずれかに記載の監視表示装置とを組み合わせて構成されたこと特徴とする操作監視表示装置

請求項12

制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置と、請求項1〜6のいずれかに記載の操作装置と、請求項7〜10のいずれかに記載の監視表示装置とを組み合わせて構成されたこと特徴とする監視制御システム

請求項13

制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置と、請求項11に記載の操作監視表示装置とで構成されたことを特徴とする監視制御システム。

技術分野

0001

本発明は、機器制御を行うための操作装置監視表示装置操作監視表示装置及びこれらを備えた監視制御システムに関する。

0002

従来から、ビルなどの建物において、操作装置や監視装置を用い、操作や監視情報に基づいて機器を制御する監視制御システムが知られている。例えば、動力機器において、遠隔操作により他の装置からその機器に対する運転要求信号が、監視装置に入ったときに、その機器の運転を開始させたり、異常発熱などの警報信号監視ユニットに入ったときに、その機器を緊急停止させるシステムがある。また照明機器において、壁に取り付けられた操作装置のスイッチが押される毎に、照明点灯又は消灯させるシステムがある。

0003

また、これらの制御において、1回の操作、または1つの監視情報の変化によって複数の負荷を制御する装置や、シーン再生要求により負荷制御を実施する装置もある。さらに、複数の制御装置からの負荷状態情報に基づいて、そのパターンの状態を照合して表示する装置や、各照明制御装置登録されているシーン再生状態を表示する装置も知られており、操作装置と監視表示装置の機能を併せ持つ操作監視表示装置もある。

0004

図15は、従来の監視制御システムS’の一例を示している。
この従来の監視制御システムS’は、パターン制御用操作装置100と、シーン制御用装置101と、パターン制御装置102と、シーン制御装置103と、パターン用監視表示装置107と、シーン制御用監視表示装置108よりなり、それらは通信線Lで結ばれ、二つのパターン制御装置2およびシーン制御装置3には、制御対象の負荷4、5および複数の負荷6が各々接続されている。

0005

図16(a)は、従来のパターン制御用の監視制御システムS’の動作チャートを示している。パターン用操作装置100のスイッチが押下され、それを検知すると、パターンデータにより、オンオフ制御要求信号(オン)を該当のアドレス(A、B)の制御装置102へ送る。オン/オフ制御要求信号を受けた制御装置102は接続されている負荷104もしくは負荷105を制御(オン)する。オン/オフ制御要求信号を受けたパターン制御装置102は状態通知(オン)を監視表示装置107へ送る。状態通知を受けた監視表示装置107は、内部パターンデータによりパターン状態を照合し、結果をLEDに表示させる。

0006

一方、図16(b)は、従来のシーン制御用の監視制御システムS’の動作チャートを示しいる。シーン制御用操作装置101のスイッチが押下され、それを検知すると、シーン登録内容により、シーン再生要求(シーン1)をシーン制御装置103のアドレスCへ送る。シーン再生要求に応じて接続されている複数の負荷106をオン/オフ制御(シーン1)する。シーン制御装置103は状態通知(シーン1)をシーン制御用監視表示装置108のアドレスbへ送る。状態通知を受けたシーン制御用監視表示装置108は、内部シーンデータによりシーン1に該当するLEDにシーン1の成立状態を表示させる。

背景技術

0007

下記特許文献1は、従来の監視制御システムが開示されている。

0008

【特許文献1】
特開平2002−95070号公報
しかし、上記のような従来の監視制御システムS’では、複数の負荷を各々異なる状態に制御するパターン制御を行う場合と、シーン制御装置によるシーン再生制御を行う場合とで、制御要求を出す操作装置および制御装置からの状態通知により状態表示をする監視表示装置を各々用いる必要があった。

0009

また、任意のエリア内に制御装置とシーン制御装置が混在する場合、それらに接続されている負荷を同時に制御したい場合には、複数の操作装置による制御動作を実施する必要があり、その状態確認をする場合にも、複数の監視表示装置を確認しなければならなかった。

0010

さらに上記のように、複数の装置が一つの通信線に接続された場合、複数の装置に対して同時期に制御要求や状態通知の通信が発生し通信の過負荷状態による制御の遅延も発生する可能性が高くなるという問題もあった。

発明が解決しようとする課題

0011

本発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、直接複数の制御装置およびシーン制御装置に対して同時に制御要求を送ることができる操作装置と、直接複数の制御装置およびシーン制御装置の状態監視ができることを特徴とした監視表示装置およびこの両方の機能を備えた操作監視表示装置を提供することを目的としている。

0012

上記目的を達成するために、本発明では、請求項1から6において操作装置を、請求項7から10において監視装置を、請求項11において操作監視表示装置を、請求項12、13においてこれらを備えた監視制御システムを各々提案している。

0013

請求項1に記載の操作装置は、制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置を通信線を介して接続した操作装置である。制御対象負荷を制御するために操作される操作部と、オン/オフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段とを備えた通信部と、オン/オフパターンデータシーン再生データとを組み合わせて制御データとして保存した記憶部と、操作部が操作されたときに、制御データにもとづいて、通信部を介して、パターン制御装置およびシーン制御装置に対して制御信号送出させるようにした信号処理部とを備えており、オン/オフパターン制御とシーン制御との両方の制御が可能であることを特徴とする。

0014

請求項2では、制御データは、制御対象アドレスと、オン/オフデータと、シーン再生データとを含んでいることを特徴とする。

0015

請求項3では、制御データは、操作部の複数の操作スイッチに対応して選択できるようにしたデータテーブルで構成されていることを特徴とする。前記データテーブルは、種々の組み合わせ制御データを有しており、この制御データに基づきオン/オフパターン制御とシーン制御との両方の制御が可能となり、種々の組み合わせを作っておけば、操作スイッチを選択するだけで、いろいろなパターンの制御が実現できる。

0016

請求項4では、オン/オフパターン制御要求、シーン再生要求の一方または双方を有効とする機能モードを有していることを特徴とする。すなわち、制御データはオン/オフパターン制御とシーン制御とそれぞれに対応して、有効、無効フラグなどを持つようにすれば、機能モードとしての役割を果たすことができる。

0017

請求項5では、すべての制御を禁止する操作禁止手段をさらに備えていることを特徴とする。

0018

請求項6では、制御データの登録、更新、削除を可能とする設定手段をさらに有していることを特徴とする。

0019

請求項7に記載の監視表示装置は、制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置を通信線を介して接続した監視表示装置である。オン/オフ状態入力手段とシーン再生状態入力手段とを備えた通信部と、オン/オフパターンデータとシーンデータとを組み合わせて複数の状態確認データとして保存した記憶部と、上記通信部を介して、オン/オフ状態とシーン再生状態が入力されたときに、入力された状態を上記複数の状態確認データを用いて照合処理し、照合結果を表示部に表示させるようにした信号処理部とを備えており、オン/オフパターン制御とシーン制御との両方の状態監視が可能であることを特徴とする。

0020

請求項8では、オン/オフ状態、シーン再生状態の一方または双方を照合対象として、有効する機能モードを有していることを特徴とする。

0021

請求項9では、通信部は、照合結果出力手段を持ち、入力されたオン/オフ状態とシーン再生状態の照合結果を表示することができ、照合結果を表示部に表示するか、照合結果出力手段より送出するかの一方または双方を有効とする表示出力モードデータを有していることを特徴とする。

0022

請求項10では、複数の状態確認データの登録、更新、削除を可能とする設定手段をさらに有していることを特徴とする。

0023

請求項11に記載の操作監視表示装置は、請求項1〜6のいずれかに記載の制御装置と請求項7〜10のいずれかに記載の監視表示装置とを組み合わせて構成されたこと特徴とする。

0024

請求項12に記載の監視制御システムは、制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置と、請求項1〜6のいずれかに記載の操作装置と、請求項7〜10のいずれかに記載の監視表示装置とを組み合わせて構成されたこと特徴とする。

課題を解決するための手段

0025

請求項13に記載の監視制御システムは、制御対象負荷を制御するオン/オフパターン制御装置およびシーン制御装置と、請求項12に記載の操作監視表示装置とで構成されたことを特徴とする。

0026

以下に本発明の実施の形態について添付図面とともに説明する。

0027

図1は、本発明の監視制御システムの一例を示す図である。図2は、本発明の操作装置の内部構成の一例を示すブロック図である。

0028

この監視制御システムSは、操作装置1と二つのパターン制御装置2と、シーン制御装置3と、監視表示装置7とを含んで構成され、通信線Lで結ばれている。パターン制御装置2の各々およびシーン制御装置3には、制御対象の負荷4、5、および複数の負荷6が接続されている。

0029

図2に示す操作装置1は、オン/オフパターン制御とシーン制御とをするために操作する複数の操作スイッチを備えた操作部10と、通信線による通信を制御する通信部11と、対象アドレスやオン/オフパターンデータとシーン再生データとを組み合わせた制御データを記憶する記憶部12と、CPUなどで構成される信号処理部13と、制御データの登録、更新、削除を可能とする設定手段14とで構成される。記憶部12には、対象アドレス、オン/オフパターンデータ、シーン再生データ等をデータ項目として含んだ制御データテーブルが記憶されており、データテーブルには、複数の制御データが登録されている。対象アドレスの数はさらに増加できる構成になっている。通信部11には、オン/オフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段とを備えている。この操作装置によれば、オン/オフパターン制御とシーン制御の両方が可能である。

0030

図3は、図2に示す操作装置1の制御要求出力に用いる制御データテーブルの一例である。オン/オフパターン制御とシーン制御の両方の制御を可能とするため、オン/オフパターンデータおよびシーン再生データ、両方の制御データを組み合わせて記憶部12に保存しておく。この図では、操作部10に4つのスイッチがあるとした場合の例を示している。したがって、スイッチを増設し、種々の組み合わせを作っておけば、操作スイッチを選択するだけで種々パターンの制御が可能となる。

0031

次に図2の操作装置2に機能モードデータと操作禁止手段を備えた操作装置を図4に示す。図5は、機能モードデータを備えた操作装置2における制御要求出力に用いる制御データテーブルの構築例である。機能モードデータは、スイッチ番号に対応してテーブルに記憶され、この機能モードの設定により、図2に示した操作装置2の機能や動作に加えてオン/オフ制御要求信号およびシーン再生要求信号に対して出力制限の設定をすることができる。たとえば、図5のスイッチ番号1を押下、検知した場合、パターン制御装置2のアドレスAにオン、アドレスBにオン、一方シーン制御装置3のアドレスCにシーン1を各々出力するが、スイッチ番号4を押下、検知した場合は、パターン制御装置2のアドレスAにオフ、アドレスBにオンが出力されるが、シーン制御装置3のアドレスCは制御無効の機能モードデータが設定されているため、シーン1は出力されない。このように機能モードデータを備えた場合、オン/オフパターン制御とシーン再生制御の制限が可能となるので、一時的に制御を無効にする設定をしていても、データが失われるわけではないので、再度制御を有効にする設定をする際には、データを再登録する必要が生じない。

0032

また、図4の操作装置は、通信部11に操作禁止手段を備えている。操作禁止要求を操作禁止要求入力部で受けた場合は、操作禁止解除要求を受けるまでは操作スイッチを操作しても働かないようにすることができる。このように操作禁止手段を備えていれば、通常時は実施しないようなシーン再生データを登録しておくことができる。たとえば、保守の時にのみ負荷を動作させたい場合、通常時は禁止状態にしておき、保守の時は禁止を解除しその負荷を動作させることができる。

0033

なお、この操作禁止手段は、禁止釦を設け、この釦操作で禁止設定できるようにしてもよい。

0034

図6は、本発明の監視表示装置の内部構成の一例を示すブロック図である。
図6に示す監視表示装置7は、複数のLEDを備えた表示部20と、通信線による通信を制御する通信部21と、対象アドレスやオン/オフパターンデータとシーン再生データとを組み合わせて状態確認データを記憶する記憶部22と、CPUなどで構成される信号処理部23と、状態確認データの登録、更新、削除を可能とする設定手段24で構成される。記憶部22には、操作装置1と同様のデータテーブルが記憶されている。通信部21には、オン/オフ状態入力手段とシーン再生状態入力手段とを備えている。この監視表示装置7によれば、オン/オフ状態とシーン再生状態の両方のシーン成立状態を照合し、表示部に照合結果を表示することが可能である。

0035

図7は、図6に示す監視表示装置7の状態照合に用いる状態確認データテーブルの一例である。データベースは基本的に操作装置1と同じである。オン/オフ状態とシーン再生状態の両方のシーン成立状態を照合し、表示部に照合結果を表示することを可能とするため、両方のデータを組み合わせて記憶部22に保存しておく。この図では、表示部が4つあるとした場合の例を示している。なお、表示部は4つに限られない。

0036

次に図6の監視表示装置7に機能モードデータと照合結果出力手段と表示出力モードデータとを備えた監視表示装置7を図8に示す。図9は、機能モードデータを備えた監視表示装置7における状態照合に用いるデータテーブルの構築例である。機能モードデータは、表示番号に対応してテーブルに保存される。この機能モードデータの設定により図6に示した監視表示装置7の機能や動作に加えてオン/オフ状態およびシーン再生状態に対して照合処理の制限を設定をすることができる。たとえば、アドレスAにオン、アドレスBにオフ、一方アドレスCがシーン1になっていることを受信した場合、通常はアドレスCはシーン3でないと表示部番号3のLEDは点灯しないところ、機能モードデータがシーン再生状態の監視無効と設定されているため、シーン再生番号がシーン1であっても、この場合表示部番号3に該当するLEDが点灯し、シーンが成立していることを示す。このように機能モードデータを備えた場合、オン/オフ状態とシーン再生状態に対して照合処理の制限が可能となるので、一時的に監視を無効にする設定をしていても、データが失われるわけではないので、再度監視を有効にする設定をする際には、データを再登録する必要が生じない。

0037

また、図8の監視表示装置7は、通信部21に照合結果出力手段を備えている。これにより照合結果を他の装置に出力することができるので、他の装置との連動が可能となる。たとえば、中央監視装置などでシステム状態集中管理したい場合でも、照合結果を他の装置に再度入力する必要がなくなる。また、この機能を禁止することもできるので、出力が不要の場合は停止させ、通信の過負荷緩和することができる。

0038

さらに、図8の監視表示装置7は、記憶部22に表示出力モードデータを備えている。これにより、通信部21の照合結果出力手段からの照合結果出力と、表示部20での照合結果表示に対して照合結果の出力方法の選択ができる。図10は、機能モードデータと表示出力モードとを備えた監視表示装置7における状態照合に用いるデータテーブルの構築例である。例えば、図10の表示部番号1が成立しているという照合結果になった場合は、表示部番号1に該当するLEDは点灯し、照合結果出力手段からはオンが出力されるが、図10の表示部番号2が成立しているという照合結果になった場合は、表示部番号2に該当するLEDは点灯するが、照合結果出力手段からオンは出力されない。このように、照合結果の出力方法の選択ができるため、不要な出力を停止することができ、省エネを図ることや機器の劣化防止になる。

0039

図11は、図1に記載の本発明の監視制御システムSの動作チャートの一例である。操作装置1のスイッチ番号1が押下され、操作部10が検知すると、記憶部12に保存されている制御データ(オン/オフパターンデータおよびシーン再生データ)により、オン/オフ制御要求信号(図3によれば、オン/オフパターンデータはアドレスAおよびアドレスBのパターン制御装置2をオンにする信号)と、シーン再生要求信号(シーン再生データはアドレスCのシーン制御装置3を再生番号1に基づきシーン制御する信号)と通信部11が該当のアドレスのパターン制御装置2およびシーン制御装置3へ送る。オン/オフ制御要求信号(オン)を受けたパターン制御装置2は接続されている負荷4および負荷5をオン制御する。一方、シーン再生要求信号(シーン1)を受けたシーン制御装置3は接続されている複数の負荷6をオン/オフ制御する。パターン制御装置2およびシーン制御装置3には、予め監視表示装置7の対象アドレスを記憶している。オン/オフ制御要求信号を受けたパターン制御装置2は状態通知(オン)をアドレスDの監視表示装置7へ送る。一方、シーン再生要求信号を受けたシーン制御装置3は状態通知(シーン1)をアドレスDの監視表示装置7へ送る。オン/オフ状態通知とシーン再生状態通知を受けた監視表示装置7は、内部シーン登録内容により該当するLEDにて成立状態であることを表示する。この場合図7によれば、表示部番号1が成立しているので、表示部番号1に該当するLEDが点灯する。

0040

この監視制御システムSによれば、一つの操作装置1により、オン/オフパターン制御とシーン再生制御が同時に行われるので、装置台数、設置工数設置場所およびそれらに対するコストが減らすことができる。また同時制御により、通信端末装置が過負荷になった場合でも一つの通信部内で発生するので、通信状態の確認、回避が容易となる。一方、この監視制御システムS1によれば、一つの監視表示装置7により、オン/オフ状態とシーン再生状態の両方のシーン成立状態を照合し、表示部20に照合結果を表示することが可能となるので、装置台数、設置工数、設置場所およびそれらに対するコストが減らすことができる。また運用時の状態点検も一台の装置を確認すればよいので、無駄な作業を省くことができる。

0041

図12は、本発明の操作監視表示装置(不図示)の内部構成の一例を示すブロック図である。図12に示す操作監視表示装置は、複数の操作スイッチを備え、オン/オフパターン制御とシーン制御とをするために操作する操作部30と、複数のLEDを備えた表示部31と、通信線による通信を制御する通信部32と、対象アドレスやオン/オフパターンデータとシーン再生データとを組み合わせた制御データを記憶する記憶部33と、CPUなどで構成される信号処理部34と、制御データの登録、更新、削除を可能とする設定手段35とで構成される。記憶部22には、予めパターン制御装置2とシーン制御装置3の対象アドレスA、B、Cが記憶されている。対象アドレスの数はさらに増加できる構成になっている。また記憶部22には、オン/オフパターンデータおよびシーン再生データも記憶されている。さらに、記憶部は上述した機能をもつ機能モードデータや表示出力モードデータを備えていてもよい。ここでの機能モードデータは、制御要求の出力制限の設定と状態入力の照合処理制限の設定との両機能を備えている。通信部21には、送信手段としてオン/オフ制御要求送信手段とシーン再生要求送信手段、入力手段としてオン/オフ状態入力手段とシーン再生状態入力手段とを備えている。この操作監視表示装置8によれば、オン/オフパターン制御とシーン制御の両方の制御ができ、またオン/オフ状態とシーン再生状態の両方の成立状態を照合し、表示部に照合結果を表示することが可能である。

0042

図13は、図12に示す操作監視表示装置の制御/監視データテーブルの一例である。オン/オフパターン制御とシーン制御の両方の制御を可能とするため、オン/オフパターンデータおよびシーン再生データ、両方の制御データを組み合わせて記憶部に保存しておき、さらにオン/オフ状態とシーン再生状態の両方のシーン成立状態を照合し、表示部に照合結果を表示すること制御を可能とするため、両方のデータを組み合わせて記憶部に保存しておく。この制御データおよび状態確認データは登録はもちろん、更新、削除を可能とする設定手段を有している。この図では、操作部と表示部が4つあるとした場合の例を示している。なお、操作部および表示部は4つに限られない。

0043

図14は、図12に示す操作監視表示装置を用いた監視制御システムの動作チャートの一例である。図13操作表示部番号1を操作したときの動作を以下説明する。操作監視表示装置8のスイッチ番号1が押下され、操作部30が検知すると、記憶部33に保存されている制御データ(オン/オフパターンデータおよびシーン再生データ)により、オン/オフ制御要求信号(オン/オフパターンデータはアドレスAおよびアドレスBのパターン制御装置2をオンにする信号)と、シーン再生要求信号(シーン再生データはアドレスCのシーン制御装置3を再生番号1に基づきシーン制御する信号)と通信部が該当のアドレスのパターン制御装置2およびシーン制御装置3へ送る。オン/オフ制御要求信号(オン)を受けたパターン制御装置2は接続されている負荷4および負荷5をオン制御する。一方、シーン再生要求信号(シーン1)を受けたシーン制御装置3は接続されている複数の負荷6をオン/オフ制御する。パターン制御装置2およびシーン制御装置3には、予め操作監視表示装置8の対象アドレスDを記憶している。オン/オフ制御要求信号を受けたパターン制御装置2は状態通知(オン)をアドレスDの操作監視表示装置へ送る。一方、シーン再生要求信号を受けたシーン制御装置3は状態通知(シーン1)をアドレスDの操作監視表示装置8へ送る。オン/オフ状態通知とシーン再生状態通知を受けた操作監視表示装置8は、内部シーン登録内容により該当するLEDにて成立状態であることを表示する。この場合図13によれば、操作表示部番号1が成立しているので、表示部番号1に該当するLEDが点灯する。

発明を実施するための最良の形態

0044

操作監視表示装置8によれば、操作装置と監視表示装置が一つになることで、パターンとシーン再生の同時制御と同時照合ができるので、この機能に対する装置に関しては、装置台数や設置工数、設置場所およびそれらに対するコストを削減することができる。また、操作装置と監視表示装置のデータベースは同じなので、一つになるとデータ入力の手間が省ける。

0045

請求項1から6に記載の操作装置によれば、オン/オフパターン制御とシーン制御の両方の制御ができるので、装置台数や設置工数、設置場所およびそれらに対するコストを削減することができる。また同時制御により通信が過負荷になっても、一つの信号処理部内で発生するため通信状態の確認やメンテナンスすることが容易となる。

0046

請求項3に記載の操作装置によれば、制御データは、操作部の複数の操作スイッチに対応して選択できるようにしたデータテーブルで構成されているので、操作スイッチを選択するだけで種々の制御が可能となる。

0047

請求項4に記載の操作装置によれば、機能モードデータを備えているので、オン/オフパターン制御とシーン再生制御の制限が可能となり、一時的に制御を無効にする設定をしていても、データが失われるわけではないので、再度制御を有効にする設定をする際には、データを再登録する必要が生じない。また、不要な処理および通信をなくすことができる。よって、端末交換時やシステムが稼動してない装置がある場合に有効である。

0048

請求項5に記載の操作装置によれば、操作禁止手段を備えているので、通常時は実施しないようなシーン再生データを登録しておくことができる。たとえば、保守の時にのみ負荷を動作させたい場合、通常時は禁止状態にしておき、保守の時は禁止を解除しその負荷を動作させることができる。

0049

請求項6に記載の操作装置によれば、制御データの登録、更新、削除を可能とする設定手段を有しているため、必要に応じたデータに書換ができる。

0050

請求項7から10に記載の監視表示装置によれば、オン/オフ状態とシーン再生状態の両方のシーン成立状態を照合し、表示部に照合結果を表示することができので、装置台数や設置工数、設置場所およびそれらに対するコストを削減することができる。運用時の状態確認も一台の装置を確認すればよいので無駄な作業を省くことができる。

0051

請求項8に記載の監視表示装置によれば、機能モードデータを備えているので、オン/オフ状態とシーン再生状態に対して照合処理の制限が可能となる。よって、一時的に監視を無効にする設定をしていても、データが失われるわけではないので、再度監視を有効にする設定をする際には、データを再登録する必要が生じない。また、不要な処理および通信をなくすことができる。よって、端末交換時やシステムが稼動してない装置がある場合に有効である。

0052

請求項9に記載の監視表示装置によれば、照合結果出力手段を備えているので、照合結果を他の装置に出力することができる。よって、他の装置との連動が可能となる。たとえば、中央監視装置などでシステム状態を集中管理したい場合でも、照合結果を他の装置に再度入力する必要がなくなる。また、この機能を禁止することもできるので、出力が不要の場合は停止させ、通信の過負荷を緩和することができる。さらに、表示出力モードデータを備えているので、通信部の照合結果出力手段からの照合結果出力と、表示部での照合結果表示に対して照合結果の出力方法の選択ができる。よって、不要な出力を停止することができ、省エネを図ることや機器の劣化防止になる。

0053

請求項10に記載の監視表示装置によれば、状態確認データの登録、更新、削除を可能とする設定手段を有しているため、必要に応じたデータに書換ができる。

発明の効果

0054

請求項11に記載の操作監視表示装置によれば、操作装置と監視表示装置が一つになるので、パターンとシーン再生の同時制御と同時照合ができるので、この機能に対する装置に関しては、装置台数や設置工数、設置場所およびそれらに対するコストを削減することができる。また、操作装置と監視表示装置のデータベースは同じなので、一つになるとデータ入力の手間が省けるまた、制御途中での照合処理による結果表示または出力のふらつきをなくすことができる。

図面の簡単な説明

0055

請求項12、13に記載の監視制御システムによれば、上記の効果を発揮するシステムを提供することができる。

図1
監視制御システムの構成の一例を示す図
図2
操作装置の内部構成の一例を示すブロック図
図3
操作装置の制御データテーブルの構築例
図4
操作装置の内部構成の一例を示すブロック図
図5
操作装置の制御データテーブルの構築例
図6
監視表示装置の内部構成の一例を示すブロック図
図7
監視表示装置の監視データテーブルの構築例
図8
監視表示装置の内部構成の一例を示すブロック図
図9
監視表示装置の監視データテーブルの構築例
図10
監視表示装置の監視データテーブルの構築例
図11
監視制御システムの動作チャートの一例
図12
操作監視表示装置の内部構成の一例を示すブロック図
図13
操作監視表示装置の制御/監視データテーブルの構築例
図14
操作監視表示装置による監視制御システムの動作チャートの一例
図15
従来の監視制御システムの構成の一例を示す図
図16
従来の監視制御システムの動作チャートの一例
【符号の説明】
S 監視制御システム
1 操作装置
2 制御装置
3 シーン制御装置
4,5,6 負荷
7 監視表示装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 遠隔制御装置、遠隔制御方法及びプログラム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題・解決手段】遅延ジッタを有する通信ネットワークを介した遠隔制御の安定性を向上させる遠隔制御装置を提供する。遠隔制御装置は、通信ネットワークにおける通信遅延を計測する遅延計測部と、計測された通信遅... 詳細

  • 楽天モバイル株式会社の「 デバイス管理装置、デバイス管理方法およびプログラム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】携帯電話番号の付与を要することなく、モバイルネットワークに接続される非音声通話型デバイスを容易に識別させる。【解決手段】デバイス管理装置1は、デバイスに装着されるべき媒体に記憶された、モバイル... 詳細

  • 株式会社ノーリツの「 給湯システム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】給湯システムの音声認識機能の現在の状態を正確に表示することで、音声操作のユーザ利便性を向上する。【解決手段】ユーザは、設定スイッチ24gの操作により、マイクロフォン25bの入力音声に応じた音声... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ