図面 (/)

技術 語学学習の装置及びその制御方法

出願人 キムソーンイル
発明者 キムソーンイル
出願日 2003年3月19日 (17年9ヶ月経過) 出願番号 2003-074939
公開日 2004年4月22日 (16年8ヶ月経過) 公開番号 2004-126504
状態 未査定
技術分野 電気的に作動する教習具
主要キーワード 空気圧センサー 開閉感知センサ センシング値 制御流れ図 接点形式 動き感知 開閉センサー 指定サイト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年4月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

語学学習のための装置に関することで、特に使用者の恣意的な努力がなくても学習能率を向上させることができるようにする。

解決手段

学習モードでは使用者の出入を検出するための感知センサーの値によりプレーヤを駆動させて前記プレーヤで出力されるデータをスピーカーに伝達して出力するするようにして、警告モードでは前記感知センサーの値により警告音発生部を通しスピーカーより警告音を発生させる制御部を具備することを特徴とする。

概要

背景

国際化時代立ち入りながら社会的に第2、第3の語学能力が要求されていて、このような要求に相応して各種の外国語学院または語学教育用教材などが増えている。

概要

語学学習のための装置に関することで、特に使用者の恣意的な努力がなくても学習能率を向上させることができるようにする。学習モードでは使用者の出入を検出するための感知センサーの値によりプレーヤを駆動させて前記プレーヤで出力されるデータをスピーカーに伝達して出力するするようにして、警告モードでは前記感知センサーの値により警告音発生部を通しスピーカーより警告音を発生させる制御部を具備することを特徴とする。   

目的

本発明は前記のような外国語の学習に係る諸般問題点を解決するために案出したこととして、しい的な努力なくても言語の学習が可能で、効率性を増大させた言語学習の装置及び方法を提供するにその目的がある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

学習者学習資料を自動で提供するための装置において、学習者の位置によって保存されたデータを前記学習者に出力するプレーヤを制御する第1制御手段を含んで、前記第1制御手段は、前記プレーヤと付着になって前記プレーヤとのインターフェースを提供するインターフェーシング手段;学習者が所定地域内に存在するかを検出する感知手段;前記学習者の命令を前記第1制御手段に入力させるための制御パネル;及び所定の範囲で前記学習者の存在が感知になる時前記プレーヤを駆動するために前記インターフェーシング手段及び感知手段を制御する第2制御手段を含んでなる学習資料の提供装置

請求項2

請求項1において、前記装置は前記プレーヤの出力時間を制御するタイマーをより含むのを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項3

請求項1において、前記装置は前記プレーヤからの声を出力して、前記第2制御手段の制御下で警告音を出力するためのスピーカーをより含むのを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項4

請求項1において、前記感知手段はドア開閉を感知する圧力センサーであることを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項5

請求項4において、前記装置は学習者の動きを検出するための赤外線センサーをより含むのを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項6

請求項1において、前記装置は、前記第1制御手段を駆動して、前記プレーヤに駆動電圧及び充電電圧を提供する電源供給装置をより含むのを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項7

請求項1において、前記プレーヤはマグネチックカセットプレーヤまたはMP3プレーヤであることを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項8

学習者に学習資料を自動で提供する学習資料の提供方法において、インターフェース及び制御器を含むアダプターが前記インターフェースを通し前記制御器により制御になるプレーヤと連結しているかを判断する段階;前記プレーヤが前記アダプターと連結していれば、感知器を通し学習者が所定の地域に立場したかを判断する段階;及び前記学習者の立場が感知にならば、前記学習資料を前記学習者に提供する段階を含む学習資料の提供方法。

請求項9

請求項8において、前記方法は前記プレーヤの動作時間が前記学習者により設定された所定の時間を超過した場合前記学習資料の出力を中断させる段階をより含むのを特徴とする学習資料の提供方法。

請求項10

請求項9において、前記感知器はドアの開閉を感知するドアの開閉感知センサーまたは学習者の動きを感知する赤外線センサーのいずれかの一つであることを特徴とする学習資料の提供方法。

請求項11

請求項9において、前記感知器はドアの開閉を感知する圧力センサー及び学習者の動きを感知する赤外線センサーを含むのを特徴とする学習資料の提供方法。

請求項12

請求項11において、前記赤外線センサーは前記感知器がドアの開閉を感知した後学習者の動きを感知するのを特徴とする学習資料の提供方法。

請求項13

学習者に学習資料を自動で提供するための装置において、デジタルデータを保存するメモリー;前記データをデコーディングするためのコデック(Codec);前記コデックからのデジタルデータをアナログデータに変換するD/Aコンバーター;デコーディングなったデジタルデータを入/出力ポート増幅して出力するためのスピーカー;学習者の動きを感知するための感知手段;学習者の命令を入力するための制御パネル;及び学習者が所定の地域に立場した時、前記学習者に学習資料を提供するために前記メモリー、コデック、D/Aコンバーター及び感知手段を制御する制御手段を含んでなる学習資料の提供装置。

請求項14

請求項13において、前記装置は前記デジタルデータの出力時間を制御するタイマーをより含むのを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項15

請求項13において、前記感知器はドアの開閉を感知する圧力センサーまたは学習者の動きを感知する赤外線センサーのいずれかの一つであることを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項16

学習者に学習資料を自動で提供する学習資料の提供方法において、プレーヤが学習モードに設定されているかを判断する段階;前記プレーヤが前記学習モードに設定されている場合、感知器を通し所定の位置範囲内で学習者の立場があるかを判断する段階;及び前記学習者の立場が感知になれば、前記学習者に学習資料を出力する段階を含む学習資料の提供方法。

請求項17

請求項16において、前記感知器はドアの開閉を感知するドアの開閉感知センサーまたは学習者の動きを感知する赤外線センサーのいずれかの一つであることを特徴とする学習資料の提供装置。

請求項18

請求項16において、前記感知器はドアの開閉を感知する圧力センサー及び学習者の動きを感知する赤外線センサーを含むのを特徴とする学習資料の提供方法。

請求項19

請求項17において、前記赤外線センサーは前記感知器がドアの開閉を感知した後学習者の動きを感知するのを特徴とする学習資料の提供方法。

技術分野

0001

本発明は語学学習警報器のための装置及び方法に関することで、特に使用者の学習意志と関係なしに自動的に学習内容を反復聴取できるようにすることによって効果的な語学教育が可能な装置及びその制御方法に関することである。

0002

国際化時代立ち入りながら社会的に第2、第3の語学能力が要求されていて、このような要求に相応して各種の外国語学院または語学教育用教材などが増えている。

0003

その中でも英語現実的に世界共通語といえるだけ世界的に広く使われている言語として、英語文化を除外した各国では幼いころから英語を教えるための教育環境を造成するのに力を注いでいる。

0004

特に、教育の熱意が高くて英語教育乳児期から始める人々が増加していて、インターネット一般化になることによりインターネットを通した英語教育またはオフライン上での教育に劣らないようにアクティブになっている。

0005

そして、ウォークマン登録商標)など小型のカセットプレーヤが一般化になり英語文章が記録されたテープを聞きながら英語を学習する人々を周辺でたくさん接することができる。実際に家庭での英語学習は大部分英語文章が記録されたテープをカセットに入れて継続的に反復聴取したりインターネットのウェブサイトに接続してサイトで提供するコンテンツを通し反復学習したりすることが一般的である。

0006

このようにいままでの英語学習は学習者の学習意志によって進行になる形態だが、英語学習のために購入したテープを終わりまできいた人はほとんどなく、大部分は初めてひとつまたは二つを聞いた後中途にあきらめる場合が多い。また、インターネットを通し学習する場合にも学習者が直接インターネットに接続する時にのみ学習が可能なので、テープを利用した学習の同様に中途にあきらめる等既存の教材及び学習方法としては言語学習に失敗する確率が高い。

0007

さらに、続いた反復聴取以外には代案がない最近の学習方法が提示されているが、テープやインターネットを利用した学習方法は学習者の学習意志に依存するようになるので効率的ではない。したがって、中途にあきらめる場合には高く購入したテープが使われることもせず放置になって経済的な損失を招く等学習の成就に比べて時間的または経済的に多くの損失を招く問題点がある。

背景技術

0008

また、外国語の学習年齢が順次低くなっている現実で、未就学児童または小学生にあって外国語学習のために一貫的な聴取を強要することは望ましくない。すなわち、カセットプレーヤまたはコンピュータの前に子を座らせて外国語の学習を推奨することは非常にし難い。そして、外国語の学習は多くの忍耐を必要として、反強引である学習の推奨はむしろ外国語の学習に対する反感嫌気を誘発する等の問題点がある。

発明が解決しようとする課題

0009

本発明は前記のような外国語の学習に係る諸般問題点を解決するために案出したこととして、しい的な努力なくても言語の学習が可能で、効率性を増大させた言語学習の装置及び方法を提供するにその目的がある。

0010

前記目的を達成するための本発明は、学習者に学習資料を自動で提供するための装置において、学習者の位置によって保存されたデータを前記学習者に出力するプレーヤを制御する第1制御手段を含んで、前記第1制御手段は、前記プレーヤと付着になって前記プレーヤとのインターフェースを提供するインターフェーシング手段;学習者が所定地域内に存在するかを検出する感知手段;前記学習者の命令を前記第1制御手段に入力させるための制御パネル;及び所定の範囲で前記学習者の存在が感知になる時前記プレーヤを駆動するために前記インターフェーシング手段及び感知手段を制御する第2制御手段を含んでなるのを特徴とする。

0011

また、本発明は、学習者に学習の資料を自動に提供するための装置において、デジタルデータを保存するメモリー;前記データをデコーディングするためのコデック(Codec);前記コデックからのデジタルデータをアナログデータに変換するD/Aコンバーター;デコーディングなったデジタルデータを入/出力ポート増幅して出力するためのスピーカー;学習者の動きを感知するための感知手段;学習者の命令を入力するための制御パネル;及び学習者が所定の地域に立場した時、前記学習者に学習資料を提供するために前記メモリー、コデック、D/Aコンバーター及び感知手段を制御する制御手段を含んでなるのを特徴とする。

0012

また、本発明は、学習者に学習の資料を自動に提供する学習資料の提供方法において、インターフェース及び制御器を含むアダプターが前記インターフェースを通し前記制御機により制御になるプレーヤと連結しているかを判断する段階;前記プレーヤが前記アダプターと連結していれば、感知器を通し学習者が所定の地域に立場したかを判断する段階;及び前記学習者の立場が感知にならば、前記学習資料を前記学習者に提供する段階を含んでなるのを特徴とする。

課題を解決するための手段

0013

また、本発明は、学習者に学習資料を自動に提供する学習資料の提供方法において、プレーヤが学習モードに設定されているかを判断する段階;前記プレーヤが前記学習モードに設定されている場合、感知器を通し所定の位置範囲内で学習者の立場があるかを判断する段階;及び前記学習者の立場が感知になれば、前記学習者に学習資料を出力する段階を含んでなるのを特徴とする。

0014

以下、添付された図面を参照して本発明の望ましい実施例を詳細に説明する。

0015

Ebbinghausの研究によれば、人間の記憶は時間の自乗反比例するので記憶された文章の量は時間の過ぎるによって急激に減少して、減少する記憶を長期の記憶(Long term memory)として永久に保存するためには反復(Rehearsal)が最も効果的な方法だという。

0016

本発明に係る第1実施例のアダプター(20)は前記反復学習を補助するためのことで使用者が居間または部屋等に出入するのを感知して一定時間または回数録音になった語学学習のデータを再生させるものである。この時、再生に直接使われるプレーヤ(10)は一般的なカセットプレーヤまたはMP3プレーヤなどでなることができ、本発明はこのような再生装置の出力を利用したアダプター(20)に関することである。

0017

これのために本発明に係るアダプター(20)は図1に図示されたことのように接続インターフェース(210)と、感知センサー(230、240)と、スピーカー(220)と、電源部(250)と、使用者インターフェース(260)と、タイマー(270)と、アダプター(200)の全体的な動作を制御する制御部(200)を含んで構成される。

0018

接続インターフェース(210)は語学学習のために記録媒体に保存されたデータを再生して出力するプレーヤ(10)と接続するためのことで、アダプター(20)の制御信号をプレーヤ(10)に伝達させる。また、接続インターフェース(210)はプレーヤ(10)から出力される音声データを入力受けてスピーカー(220)に伝達させ、電源部(250)から提供されている電源をプレーヤに提供して動作電圧充電電圧を供給する。

0019

感知センサー(230、240)は使用者が部屋に出入するのを感知するためのことでドア開閉感知センサー(230)または動き感知センサー(240)で構成されることができる。この時、ドアの開閉感知センサー(230)はドアの開閉に係る空気の圧力変化を感知する空気圧センサーが使われることができ、動き感知センサー(240)は赤外線センサーを使用することができる。望ましくはドアの開閉感知センサー(230)と動き感知センサー(240)を混用することが効率性を増大させることができる。

0020

一方、ドアの開閉感知センサー(230)はアダプター(20)が位置した場所によって感度を調整することができるようにする。例えば部屋の大きさが大きければ臨界値を小さくして、部屋の大きさが小さければ臨界値を高く設定して検出の誤差を低くすることができる。

0021

ドアの開閉感知センサー(230)として一般的な接点形式のセンサーを使用することができるが別途設置作業を必要とし、アダプター(20)と分離になって設置されなければならないなどの問題点がある。

0022

スピーカー(220)は接続インターフェース(210)を通し入力される可聴帯域のアナログデータを出力して使用者が聞くことができるようにしたのである。

0023

電源部(250)はアダプター(20)の各部に動作電源を供給して、接続インターフェース(210)を通しプレーヤ(10)に動作電圧と充電電圧を提供する。

0024

使用者インターフェース(260)は再生のための時間及び反復回数などのオプションとドアの開閉センサー(230)の感度の調節及びモード設定のための多数のファンクションキーを持つキー入力部を具備して、LCD(LiquidCrystal Display)等の表示部をより具備できる。表示部は制御部(200)で出力される表示データを出力して、キー入力部は使用者のキーの押さえるによりキーデータを発生して制御部(200)で入力する。

0025

タイマー(270)は使用者の要求により出力される語学学習のデータの出力時間を調整するためのである。

0026

警告音発生部(280)はアダプター(20)が警告モードに設定された状態で出入が検出されればこれを報せるための装置として既保存されたサイレン声などを再生する機能を持つ。

0027

制御部(200)はアダプター(20)の全般的な動作を制御して特に接続インターフェース(210)にプレーヤ(10)が接続になった状態で感知センサー(230、240)の値によりプレーヤ(10)を駆動させてプレーヤ(10)で出力されるデータをスピーカー(220)に伝達して出力する制御動作遂行する。

0028

本発明に係るアダプター装置の動作を説明する前にプレーヤ(10)として一般的に使われることができるMP3プレーヤの概略的な装置の構成を図2を参照して説明すれば次の通りである。MP3プレーヤ(10)はMP3プレーヤ(10)の機能及び動作を制御する制御部(100)と、ウェブサイトからダウンロードされた音楽ファイルをはじめとする各種圧縮ファイル及び学習用コンテンツを保存するメモリー(110)と、制御部(100)の制御下にメモリー(110)に保存された圧縮ファイルまたは学習用コンテンツの内容をデコーディングするコデック(CODEC:120)と、コデック(120)から出力されるデジタルデータをアナログデータに変換するD/A変換部(130)と、D/A変換部(130)の出力端に連結した出力端子(170)と、アダプター(20)の接続インターフェース部(210)に連結する連結部(140)と、USB端子(図示せず)と、それぞれの構成要素に電源を印加する電源部(150)及びMP3プレーヤ(10)の機能の実現のためのキー入力部(160)を含んで構成される。

0029

以下、本発明に係るアダプター(10)の動作を図4などを参照して説明すれば次の通りである。

0030

図4の300段階でアダプター(20)の制御部(200)は使用者が設定したモードが学習モードであるか検査する。学習モードに設定になっていれば310段階に進行して、それでなければ301段階に進行して一般モードとして動作する。すなわち、プレーヤ(10)が接続になっている場合一般的なアダプター(20)としての機能を遂行するようになる。310段階で制御部(200)はプレーヤ(10)が連結しているのか検査する。すなわち、制御部(200)は接続インターフェース(210)を通しプレーヤ(10)が接続になっているのか検査する。プレーヤ(10)が接続になっていれば320段階に進行してドアの開閉センサー(230)または動き感知センサー(240)により使用者が部屋へ入るかを検査する(330段階)。この時、望ましくはドアの開閉感知センサー(230)がハイである状態で一定時間が経過して、動き感知センサー(240)のセンシング値がハイになった時340段階に進行する。すなわち、使用者が門をあけて入ってきた状態でのみ動作できるようにしたことである。ドアの開閉感知センサー(230)だけで動作させる場合使用者が部屋から出ながら門を閉める場合にも動作されるのを防止するためである。制御部(200)は使用者の出入があると判断されれば340段階に進行してプレーヤ(10)に動作制御信号電送する。すると、制御部(200)はプレーヤ(10)が動作して既保存された語学学習のデータを再生して連結部(140)と接続インターフェース(210)、スピーカー(220)を通して音声を出力する。この時使われる学習データは指定サイトでダウンロードした特定データになることが出来ることはもちろんである。350段階で制御部(200)は使用者により既設定されたオプション値により再生時間が一定時間経過になったのかをタイマー(270)を通し検事したり、再生回数が一定回数を超過したか検査したりする前記回数と時間は選択的に使用者が設定できることはもちろんである。350段階で制御部(200)は再生回数または時間が設定値を超過したら360段階に進行してプレーヤ(10)で再生終了のための制御信号を送信して300段階に復帰する。

0031

図5はアダプター(20)が警報器として使われるための制御流れ図であり、500段階でアダプター(20)の制御部(200)は使用者が設定したモードが警告モードであるかを検査する。警告モードに設定になっていれば制御部(200)は520段階に進行して、それでなければ510段階に進行して一般モードとして動作する。520段階で制御部(200)はドアの開閉センサー(230)または動き感知センサー(240)により出入者のあるかを検査する(530段階)。出入があると判断されれば制御部(200)は540段階に進行して警告音発生部(280)とスピーカー(220)を通し警告音を発生させる。

0032

550段階で制御部(200)は使用者により既設定された解体キーの値が入力されるのかを検査する。この時キーパスワードまたは特定ファンクションキーになることができる。発生になる警告音は一定時間の間泣かせるように設定することができる。

0033

550段階で制御部(200)は一定時間が経過になったり、警告音の発生中止のための解除キーが入力されたりすれば560段階に進行して警告音の再生を中断して、500段階に復帰する。

0034

このように、本発明の自動語学学習用アダプターを利用した自動語学の学習装置は子女等の学習屋またはお手洗、の間などドアが開けた所であればどこでも設置が可能で、移動の中にはプレーヤ(10)だけを携帯してプレーヤ(10)の固有な機能でも使用することができる。そして、家庭ではプレーヤ(10)をアダプター(20)に据置しておけば、学習者の学習意志とは関係なしにドアが開閉になる時ごとにプレーヤ(10)に保存された学習用コンテンツが反復出力されて嫌気をよく出す未就学児童または小学生らには母が学習を推奨しなくても自然に一貫した反復聴取が可能で効率的な語学学習がなされることができる。また、語学学習機能に付加して低廉な費用で警報器を兼ねた装置を使用することができ、犯罪を予防できる効果がある。

0035

以下、図6と7を参照して本発明に係る第2実施例を説明する。

0036

図6は本発明の第2実施例に係る語学学習のための装置の概略的なブロック構成図で、図7は本発明の第2実施例に係る語学学習のための装置の制御流れ図である。

0037

第2実施例に係る装置は図6に図示されたとおりメモリー(610)、コデック(620)、デジタルアナログ変換部(630)、USB端子(650)、感知センサー(660、661)、スピーカー(640)、電源部(670)、使用者インターフェース(680)、タイマー(690)及び、全体的な動作を制御する制御部(600)を含んで構成される。

0038

メモリー(610)はウェブサイトなどを通しコンピュータにダウンロードになった音楽ファイルをはじめとする各種圧縮ファイル及び語学学習のための学習用コンテンツを保存するためのこととして、RAM(Random Access Memory)とハードディスクを含んで構成されることができる。

0039

コデック(620)はメモリー(610)に保存された圧縮ファイルまたは学習用コンテンツ内容をデコーディングする機能を遂行する。

0040

デジタルアナログ変換部(630)はコデック(620)で出力されるデジタルデータをアナログデータに変換出力するための機能を遂行する。

0041

スピーカー(640)はデジタルアナログ変換部(630)で出力されるアナログ信号を可聴帯域の音声信号に出力して使用者が聞くことが出来るようにするものである。

0042

USB端子(650)は外部装置とのデータ入出力のためのものである。

0043

感知センサー(660、661)は使用者が部屋に出入するのを感知するためのこととしてドアの開閉感知センサー(660)または動き感知センサー(661)で構成されることができる。この時、ドアの開閉感知センサー(660)はドアの開閉に係る空気の圧力変化を感知する空気圧センサーが使われることができ、動き感知センサー(661)は赤外線センサーを使用することができる。望ましくはドアの開閉感知センサー(660)と動き感知センサー(661)を混用することが効率性を増大させることができる。

0044

一方、ドアの開閉感知センサー(660)は装置が位置した場所によって感度を調整することができるようにする。例えば部屋の大きさが大きければ臨界値を小さくして、部屋の大きさが小さければ臨界値を高く設定して検出誤差を低くすることができる。

0045

ドアの開閉感知センサー(660)として一般的な接点形式のセンサーを使用することができるが別途の設置作業が必要で、装置と分離して設置されなければならないなどの問題点がある。

0046

電源部(670)は装置の各部に動作電源を供給する。

0047

使用者インターフェース(680)は再生のための時間及び反復回数などのオプションとドアの開閉感知センサー(660)の感度調節及びモード設定のための多数のファンクションキーを持つキー入力部を具備して、LCD(Liquid Crystal Display)等でなる表示部をより具備できる。

0048

表示部は制御部(600)で出力される表示データを出力して、キー入力部は使用者のキーが押さえるによりキーデータを発生して制御部(600)で入力する。

0049

タイマー(690)は使用者の要求により出力される語学学習データの出力時間を調整するためのである。

0050

制御部(600)は装置の全般的な動作を制御して特に、感知センサー(660、661)の値によりメモリー(610)に保存された語学学習データを再生させて、スピーカー(640)を通し音声出力する制御動作を遂行する。

0051

以下、第2実施例に係る装置の動作を図6及び図7を参照して説明すれば次の通りである。

0052

図7の700段階で制御部(600)は使用者が設定したモードが学習モードなのか検査する。

0053

学習モードに設定になっていれば720段階に進行してそれでなければ710段階に進行して一般モードに動作する。すなわち、学習モードに設定されていないと一般的な装置での機能を遂行するようになる。

0054

720段階で制御部(600)はドアの開閉感知センサー(660)または動き感知センサー(661)により使用者が部屋へ入ったかを検査する。

0055

この時、望ましくはドアの開閉感知センサー(660)がハイである状態で一定時間が経過して、動き感知センサー(661)のセンシング値がハイになった時740段階に進行する。すなわち、制御部(600)は使用者が門をあけて入ってきた状態でのみ動作できるようにする。ドアの開閉感知センサー(660)のみで動作させる場合使用者が部屋から出ながら門を閉める場合にも動作がなるのを防止するためである。制御部(600)は使用者の出入があると判断されれば740段階に進行して既保存された語学学習データを再生して、スピーカー(640)を通し音声を出力する。この時使われる学習データは指定サイトでダウンロードした特定データになることが出来ることはもちろんである。

0056

750段階で制御部(600)は使用者により既設定されたオプション値により再生時間が一定時間経過になったのかをタイマー(690)を通し検事したり、再生回数が一定回数を超過してあるかを検査したりする。

0057

前記回数と時間は選択的に使用者が設定できる。

発明を実施するための最良の形態

0058

750段階で再生回数または時間が設定値を超過したら760段階に進行して再生を終了して、700段階に復帰する。

図面の簡単な説明

0059

このように、本発明の自動語学学習用装置は子女等の学習屋またはお手洗、茶の間などドアが設置された所であればどこでも設置が可能で、学習モードが設定されていないと一般的なプレーヤの固有な機能としても使用することができる。そして、家庭では学習モードに設定しておけば、学習者の学習意志とは関係なしにドアが開閉になる時ごとに保存された学習用コンテンツが反復出力されて嫌気をよく出す未就学児童または小学生らには父母が学習を推奨しなくても自然に一貫した反復聴取が可能で効率的な語学学習がなることができる。

図1
本発明の第1実施例に係る語学学習と警告機能のためのアダプターの概略的なブロック構成図である。
図2
一般的なMP3プレーヤの概略的なブロック構成図である。
図3
本発明の第1実施例に係るアダプターの概念図である。
図4
本発明の第1実施例に係るアダプターの学習モードでの制御流れ図である。
図5
本発明の第1実施例に係るアダプターの警告モードでの制御流れ図である。
図6
本発明の第2実施例に係る語学学習のための装置の概略的なブロック構成図である。
図7
本発明の第2実施例に係る語学学習のための装置の制御流れ図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ユシロ化学工業株式会社の「 3次元外科治療研修モデル用組成物及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】切断されたとしても繰り返し使用可能な3次元外科治療研修モデル用組成物を提供することを課題とし、3次元外科治療研修モデル用組成物は自己修復性を有するポリマーゲルを含む。... 詳細

  • 青島欧科玩具有限公司の「 早期教育の識字玩具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】子どもにとって覚えやすく、印象的であり、自ら学習する楽しみを与える早期教育の識字玩具を提供する。【解決手段】教育チューブ11を含み、教育チューブ11の中には下方へ開口した投入チャンバ24が設置... 詳細

  • 上海▲か▼▲か▼玩具有限公司の「 模擬運転おもちゃ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は模擬運転おもちゃを開示した。【解決手段】前後対称的に設置された止め板を含み、両側の前記止め板の間には模型車がスライドできるように設置され、前記模型車の中には制御装置が設置され、両側の前... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ