図面 (/)

技術 籾摺選別機の選別装置

出願人 井関農機株式会社
発明者 一色勉森英二前田耕作岡田柚実
出願日 2003年11月21日 (17年1ヶ月経過) 出願番号 2003-392479
公開日 2004年4月8日 (16年8ヶ月経過) 公開番号 2004-105966
状態 特許登録済
技術分野 固体相互の分離 穀粒の調整加工処理
主要キーワード 後側側壁 風路方向 シロッコフアン 目抜き 目抜き板 吸気面積 移送板 塵埃類
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年4月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

摺落米風選部10での摺落米の選別負荷の軽減を図る。

解決手段

籾摺部1の籾摺ロール7,7により籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚9で側方摺落米風選路10に移送供給して選別する籾摺選別機において、摺落米移送棚9の移送終端側には、上位に位置している籾殻風選路17の始端側及び下位に位置している摺落米風選路10の始端側を夫れ夫れ臨ませ、摺落米風選路10の終端側及び籾殻風選路17の終端側を夫れ夫れ吸引排塵機11に連通する。

概要

背景

 籾摺部で籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚側方摺落米風選路移送し、摺落米を風選する籾摺選別機がある。この籾摺選別機の従来技術として、例えば、特許文献1がある。
実開平5−76534号公報

概要

摺落米風選部10での摺落米の選別負荷の軽減をる。籾摺部1の籾摺ロール7,7により籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚9で側方の摺落米風選路10に移送供給して選別する籾摺選別機において、摺落米移送棚9の移送終端側には、上位に位置している籾殻風選路17の始端側及び下位に位置している摺落米風選路10の始端側を夫れ夫れ臨ませ、摺落米風選路10の終端側及び籾殻風選路17の終端側を夫れ夫れ吸引排塵機11に連通する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

籾摺部1の籾摺ロール7,7により籾摺した摺落米を、下方の摺落米移送棚9を経て側方摺落米風選路10に供給して選別する籾摺選別機において、摺落米移送棚9には、籾殻風選路17の始端側及び摺落米風選路10の始端側を夫れ夫れ臨ませ、摺落米風選路10の終端側及び籾殻風選路17の終端側を夫れ夫れ吸引排塵機11に連通したことを特徴とする籾摺選別機の選別装置

技術分野

0001

  この発明は、籾摺選別機における摺落米風選装置に関するものである。

背景技術

0002

 籾摺部で籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚側方摺落米風選路移送し、摺落米を風選する籾摺選別機がある。この籾摺選別機の従来技術として、例えば、特許文献1がある。
実開平5−76534号公報

発明が解決しようとする課題

0003

 この従来技術にあっては、籾摺部で籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚で側方の摺落米風選路に移送して、全量を一挙に摺落米風選路に供給するため、多量の籾殻塵埃類及び籾・玄米類が摺落米風選路に供給され、摺落米の風選が良好にできないという問題点があつた。

0004

 そこで、この発明は、籾摺部で籾摺した摺落米を、下方の揺動する摺落米移送棚で側方に移送して摺落米風選路に供給するにあたり、摺落米の中の軽い籾殻・塵埃類を予め除去し、残った重い籾・玄米類を摺落米風選路に供給することにより、摺落米風選路の供給部での負荷の軽減を図り、選別性能の向上を図ろうとするものである。

課題を解決するための手段

0005

 この発明は、このような従来技術のもつ問題点を解決するために、次の技術的手段を講じた。即ち、この発明は、籾摺部1の籾摺ロール7,7により籾摺した摺落米を、下方の摺落米移送棚9を経て側方の摺落米風選路10に供給して選別する籾摺選別機において、摺落米移送棚9には、籾殻風選路17の始端側及び摺落米風選路10の始端側を夫れ夫れ臨ませ、摺落米風選路10の終端側及び籾殻風選路17の終端側を夫れ夫れ吸引排塵機11に連通したことを特徴とする籾摺選別機の選別装置の構成とする。

0006

 これによって、籾摺部1で籾摺された摺落米は、下方の摺落米移送棚9の始端側に供給され、摺落米移送棚9の終端側に送られる。移送過程で、摺落米中の軽い籾殻・塵埃類は浮上しながら、また、重い籾・玄米類は沈下しながら移送される。摺落米移送棚9の終端側に移送された軽い籾殻・塵埃類は、籾殻風選路17の始端側に吸引され、籾殻風選路17内を終端側に送られて、吸引排塵機11から機外へ排出され、また、残った重い籾・玄米類は摺落米風選路10の始端側に供給されて、摺落米風選路10で風選される。

発明の効果

0007

 この発明は、上述のように構成されているので、籾摺部1で籾摺されて摺落米移送棚9で移送される摺落米の内、軽い籾殻・塵埃類は浮上して摺落米風選路10の手前で籾殻風選路17に吸引除去されて、残りの減量された重い籾・玄米類が摺落米風選路10に供給されるので、摺落米風選路10での選別負荷を軽減させて、良好な選別ができる。

発明を実施するための最良の形態

0008

 以下、図面に示すこの発明の実施の形態について説明する。まず、図1図4に示す実施例について説明する。この籾摺選別機は、籾摺をする籾摺部1を前側上部に、籾摺部1からの摺落米を風選する摺落米風選部2を前後方向の中間部に、混合米を籾・玄米に分離選別する揺動選別装置型の混合米選別部3を後部に、夫れ夫れ配置し、また、摺落米風選部2の横側部には、混合米揚穀機4を配置し、混合米選別部3の後方には、玄米揚穀機5を配置している。

0009

 籾摺部1は、籾ホッパ6,籾摺ロ−ル7,7,籾摺室8等で構成されている。籾摺室8の下方には、籾摺部1からの摺落米を受けて揺動しながら摺落米風選部2へ移送する摺落米移送棚9を配置している。摺落米風選部2は、選別始端側が低位に位置し、且つ、終端側が高位に位置するように上下方向に沿った摺落米風選路10,摺落米風選路10の終端部に連通している吸引排塵機11,摺落米受樋12,粃受樋13等で構成されている。

0010

 摺落米移送棚9は、前後の揺動ア−ム14,14で揺動自在に支持されていて、偏心輪及びロッドからなる揺動装置15により揺動される構成である。また、図2に示すように、摺落米風選路10の前側に沿わせて籾殻風選路17を並行に配置し、摺落米移送棚9の移送始端側には、圧風唐箕16の送風部を臨ませ、摺落米移送棚9の移送終端側には、下位に位置している摺落米風選路10及び上位に位置している籾殻風選路17の始端側を夫れ夫れ臨ませている。摺落米風選路10の始端側における摺落米移送棚9の連通部下方には、網・目抜き板で構成した選別風吸入部18を構成している。しかして、籾摺部1からの摺落米が摺落米移送棚9に供給されると、摺落米移送棚9の揺動運動及び圧風唐箕16の圧風により移送され、上方に浮上している軽い籾殻・塵埃類は、籾殻風選路17の始端側に流入し、次いで、終端側に送られて、吸引排塵機11を経て機外に排出される。また、下方に沈下している重く籾・玄米類は、摺落米風選路10の始端側に流入して風選され、重い籾・玄米の混合米は摺落米受樋12に落下選別され、比較的軽い粃粒は粃受樋13に落下選別される構成である。しかして、摺落米を摺落米風選路10で風選するにあたり、一部の籾殻・塵埃類が籾殻風選路17により除去された後に、残りの少なくなった籾・玄米の混合米が、摺落米風選路10に供給されることとなり、摺落米風選路10での摺落米の選別にゆとりができて、選別が良好となる。

0011

 次いで、摺落米受樋12に落下した混合米は、移送ラセンで一側に移送された後、混合米揚穀機4で揚穀され、混合米選別部3の混合米ホッパ19に供給される。次に、混合米選別部3について説明する。混合米選別部3は、揺動選別装置20で構成されている。多段揺動選別板21,21,…の板面には、選別用凹凸が多数設けられていて、揺動選別板21,21,…の高位の供給側から低位の排出側に向かう縦方向図1紙面に直交する前後方向)を傾斜させて、穀粒流動する構成とし、また、縦方向に直交する選別方向である横方向(図1の紙面に直交する左右方向)にも傾斜させて、一側の揺上側を高く、他側の揺下側を低く構成し、揺動選別板21,21,…の排出側を選別済穀粒の取出開放部としている。揺動選別板21,21,…の横方向を機体の前後方向(図1の左右方向)に沿わせた状態で配置し、揺動ア−ム及び揺動装置(図示省略)で横方向に斜上下に往復揺動する構成としている。

0012

 混合米揚穀機4から混合米ホッパ19に供給された混合米は、分配供給樋22,分配ケ−ス23を経て、揺動選別板21,21,…の縦方向の高い供給側で、且つ、横方向の低い揺上側に構成されている供給口(図示省略)から、揺動選別板21,21,…に供給される構成である。揺動選別板21,21,…の排出側に対向して、玄米仕切板24及び籾仕切板25が設けられていて、揺動選別板21,21,…の横方向揺上側に偏流分布した玄米,横方向中間部に偏流分布した混合米及び横方向揺下側に偏流分布した籾が、夫れ夫れ玄米仕切板24及び籾仕切板25で仕切られて、取り出される構成である。

0013

 このようにして取り出された玄米は、玄米受樋26,玄米流路27を経て、後方の玄米揚穀機5から機外に取り出される。また、玄米仕切板24及び籾仕切板25で仕切られた混合米は、混合米受樋28,混合米流路29aを経て摺落米受樋12に流下して、混合米揚穀機4に供給され、次いで、混合米揚穀機4で揚穀されて、混合米ホッパ19,分配供給樋22,分配ケ−ス23を経て、再度揺動選別板21,21,…に供給されて、再選別されるものである。また、籾仕切板25で仕切られた籾は、籾受樋29から籾流路30を経て籾揚穀機31に流入し、籾揚穀機31で揚穀されて、次いで、籾ホッパ6を経由して、籾摺室8に還元され、再度の籾摺がされる構成である。

0014

 次に、図5について、図1図4の実施例との相違点について説明する。摺落米移送棚9内に籾摺ロ−ル7,7を配置するにあたり、籾摺ロ−ル7,7を異径の籾摺ロ−ルとして、機体の前側に大径の籾摺ロ−ル7を、また、小径の籾摺ロ−ル7を後側に配置している。この様に配置されているので、籾摺ロ−ル7,7で籾摺された摺落米は、斜め後方へ摺落されて摺落米移送棚9に供給され、摺落米の移送が助長されて円滑化する。なお、この摺落米移送棚9に替えて、揺動しない移送板とし、略水平あるいは少し下り傾斜にする構成としてもよい。また、籾摺ロ−ル7,7を同径の籾摺ロ−ルとし、前側の籾摺ロ−ルを後側の籾摺ロ−ルに比較して少し下方に配置することにより、摺落米が斜め後方に摺落され移送の円滑化が図られる構成としてもよい。

0015

 次に、図6について、図1図4の実施例との相違点について説明する。摺落米風選路10を上下方向に沿わせて配置するにあたり、2か所に屈曲部10a,10bを構成し、この屈曲部10a,10bの中途部に、粃受樋13への流下口を構成している。このように構成されているので、機体高さを低くしたものでありながら、摺落米風選路10を長くでき、屈曲部10a,10bを経由することにより、粃が良好に粃受樋13に落下選別され、粃の吸引排塵機11からの機外排出が減少し、選別精度を向上させることができる。

0016

 次に、図7について、前記の実施例との相違点について説明する。籾摺室8下方の摺落米移送棚9を、前後方向に水平あるいは少し下り傾斜とした固定の移送板9aに変更し、移送板9aの移送始端側に圧風唐箕16(シロッコフアンで構成されている。)の送風部を臨ませている。しかして、籾摺ロ−ル7,7で摺落された摺落米は、摺落された勢い及び圧風唐箕16の圧風により移送が助長されて摺落米風選路10に供給され、摺落米風選路10に流入した圧風は、摺落米風選路10での摺落米の選別作用もし、摺落米風選路10の選別能力を向上させることができる。

0017

 次に、図8について、前記の実施例との相違点について説明する。圧風唐箕16を、摺落米受樋12の上方空間に配置している。この圧風唐箕16は、揺動選別装置20で発生した塵埃を吸入して、摺落米受樋12の始端側に向けて送風する構成である。しかして、揺動選別装置20近傍の塵埃が圧風唐箕16で吸引されて、揺動選別装置20近傍の作業環境が向上し、圧風唐箕16からの圧風が摺落米受樋12に流下途中の摺落米に作用するので、摺落米風選路10の選別能力が向上する。

0018

 次に、図9について、前記の実施例との相違点について説明する。圧風唐箕16を、摺落米移送棚9の終端側の下方空間に配置し、送風口部を摺落米受樋12の始端側の風路方向に沿わせて開口し、送風する構成である。従って、圧風が摺落米風選路10の始端側に供給されると、摺落米移送棚9からの摺落米が良好に捌かれながら終端側に向かって流れて、良好に選別されると共に、選別能力が向上する。

0019

 次に、図10について、前記の実施例との相違点について説明する。圧風唐箕16を、主モ−タ32の上方で、且つ、摺落米移送棚9の終端側下方空間に配置し、圧風唐箕16の送風口を摺落米受樋12の始端側の風路方向に沿わせて開口すると共に、摺落米移送棚9の終端部に臨ませて送風する構成とし、摺落米移送棚9の終端側を小孔の多数構成されている通風部9aとしている。このように構成されているので、圧風唐箕16の送風口部から圧風が送風されると、摺落米移送棚9の通風部9aを通過する際に、摺落米中の軽い籾殻・塵埃類は浮上し、籾殻風選路17,吸引排塵機11を経て機外へ排出され、また、摺落米中の重い籾・玄米の混合米類は、摺落米移送棚9の終端側から通風部9aから浮き上がりながら摺落米風選路10へ流入して、選別風への引継ぎがよくなり、選別性能が向上する。

0020

 次に、図11について、前記の実施例との相違点について説明する。摺落米移送棚9を揺動する前後の揺動ア−ム14,14は、板状体で構成されていて、その後側の揺動ア−ム14の中間部を切除した開口部14a(多数の目抜き小孔としてもよい。)に構成している。しかして、吸引排塵機11が回転すると、揺動ア−ム14の左右両横側及び開口部14aから選別風が摺落米風選路10に流入し、左右方向に略均等の選別風となり、選別が良好になる。

0021

 次に、図12について、前記の実施例との相違点について説明する。摺落米移送棚9を揺動する前後の揺動ア−ム14,14は、板状体で構成されていて、その後側の揺動ア−ム14の後側面に対向する摺落米風選路10を網等の通気部10dに構成し、後側の揺動ア−ム14の後側面には、除塵突起33,33,…を設けている。このように構成されているので、揺動ア−ム14,14が前後に往復揺動すると、除塵突起33,33,…が通気部10dにつき刺さり、塵埃の詰りを防止する。

0022

 次に、図13について説明する。籾摺室8の下方には、揺動する摺落米移送棚9を配置し、摺落米移送棚9の始端側には、圧風唐箕17の送風口部を臨ませ、また、摺落米移送棚9の終端側を、摺落米風選路10及び籾殻風選路17の始端側に臨ませ、摺落米風選路10及び籾殻風選路17の終端部を、吸引排塵機11に連通している。また、籾摺室8の後側側壁の下部には、複数の籾殻排出口34を開口して、この籾殻排出口34を籾殻風選路17に連通している。なお、35は拡散板である。

0023

 しかして、籾摺室8で籾摺された摺落米は、拡散板35で拡散されて、その籾殻の一部が籾殻排出口34を経て籾殻風選路17に吸引排出され、また、摺落米移送棚9の終端側から籾殻の一部が籾殻風選路17へ流れることと相俟って、摺落米移送棚9の終端側から摺落米風選路10へ供給される摺落米中の籾殻を少なくすることができて、摺落米風選路10での摺落米選別のゆとりができて、選別能率を向上させることができる。

0024

 次に、図14について説明する。籾摺室8の下方に揺動する摺落米移送棚9を配置し、この摺落米移送棚9に拡散板35を取り付けている。しかして、籾摺室8から摺落された摺落米は、拡散板35に衝突して拡散されて左右の幅方向広がり、摺落米移送棚9で移送される。従って、籾摺室8内に拡散板35を配置したものに比較して、機体高さを低くできて、機体小型化の一助となる。また、拡散板35を図14(2)に示すように、屈曲面を形成したものとすると、摺落米の移送終端側への移送が円滑化すると共に、摺落米が屈曲部で方向変換する際に籾摺が促進され、脱ぷ率が向上する。

0025

 次に、図15及び図16について説明する。揺動選別板21,21,…の排出側に対向して、玄米仕切板24及び籾仕切板25が設けられていて、これらの玄米仕切板24及び籾仕切板25の下方には、玄米を取り出すための玄米受樋26,玄米流路27を、また、混合米を取りだすための混合米受樋28,混合米流路29aを、また、籾を取りだすための籾受樋29,籾流路30が夫れ夫れ設けられている。そして、この玄米流路27には開口部36が設けられていて、玄米選別風が流入する構成であり、流入した玄米選別風は玄米吸塵風路37を経て吸引排塵機11に流れて機外へ排出される。また、玄米吸塵風路37の中途部には、調節風を吸入する風力調節口38が設けられていて、この風力調節口38には吸気面積広狭に調節する吸気調節弁39が設けられている。しかして、この吸気調節弁39は連動部材40を介して、玄米仕切板24に連動連結されていて、玄米仕切板24が一側に移動して玄米の取出幅を広げると、風力調節口38の吸気面積が狭い側に関連的に調節されて、開口部36から多量の玄米選別風が吸引されて、多量の取出玄米に対応した吸塵能力を確保することができ、また、玄米仕切板24が他側に移動して玄米の取出幅を狭くなると、風力調節口38の吸気面積が広い側に関連的に調節されて、開口部36から少量の選別風が吸引されて、少量の取出玄米に対応した吸塵能力に関連的に調節される。このように構成されているので、揺動選別板21,21,…から取出中の玄米が、玄米吸塵風路37から機外に排出を防止しながら、玄米の塵埃を除去できる。

0026

 次に、図1図4に示す実施例の作用について説明する。籾摺選別機で籾摺選別作業をする場合には、機体の回転各部を駆動し、籾ホッパ6に籾を張り込み、籾摺室8に籾を供給する。すると、互いに反対方向に回転している籾摺ロ−ル7,7で籾摺され、摺落米は下方の摺落米移送棚9に供給されて、次いで、摺落米移送棚9の揺動運動及び圧風唐箕16の圧風により終端側へ移送される。摺落米移送棚9の終端側に移送される摺落米の中で上方に浮上している軽い籾殻・塵埃類は、籾殻風選路17の始端側に流入し、吸引排塵機11を経て機外に排出され、また、下方に沈下している重い籾・玄米類は、摺落米風選路10の始端側に流入して風選される。しかして、選別された重い籾・玄米の混合米は、摺落米受樋12に落下し、比較的軽い粃粒は粃受樋13に落下する。

0027

 次いで、摺落米受樋12に選別された摺落米は、混合米揚穀機4で揚穀され、混合米ホッパ19,分配供給樋22,分配ケ−ス23を経て、揺動選別板21,21,…に供給される。揺動選別板21,21,…に供給された混合米は、横方向斜上下の往復揺動により、粒形の大小,比重の大小あるいは摩擦抵抗差異等により選別されて、横方向の揺上側に偏流分布した玄米は、玄米仕切板24で仕切られて取り出されて、玄米受樋26,玄米流路27を経て、玄米揚穀機5で機外に取り出される。また、揺動選別板21,21,…の横方向中間部に偏流分布した混合米は、玄米仕切板24及び籾仕切板25で仕切られて取り出され、混合米受樋28,混合米流路29a,混合米揚穀機4,混合米ホッパ19,分配供給樋22,分配ケ−ス23を経て、揺動選別板21,21,…に供給されて再選別される。また、揺動選別板21,21,…の横方向揺下側に偏流分布した籾は、籾仕切板25で仕切られて取り出され、籾受樋29,籾流路30,籾揚穀機31を経て籾摺室8に還元されて、再度の籾摺がされる。

図面の簡単な説明

0028

切断側面
平面図
切断正面図
切断正面図
切断側面図
切断側面図
切断側面図
切断側面図
切断側面図
切断側面図
切断正面図
切断側面図
切断側面図
切断正面図
切断正面図
側面図

符号の説明

0029

1 籾摺部
2摺落米風選部
3混合米選別部
4混合米揚穀機
5玄米揚穀機
6籾ホッパ
7 籾摺ロ−ル
8 籾摺室
9摺落米移送棚
10摺落米風選路
11吸引排塵機
12 摺落米受樋
13粃受樋
14揺動ア−ム
15揺動装置
16圧風唐箕
17籾殻風選路
18吸入部
19 混合米ホッパ
20揺動選別装置
21揺動選別板
22分配供給樋
23分配ケ−ス
24玄米仕切板
25 籾仕切板
26玄米受樋
27 玄米流路
28混合米受樋
29籾受樋
29a 混合米流路
30 籾流路
31 籾揚穀機
32 主モ−タ
33除塵突起
34 籾殻排出口
35拡散板
36 開口部
37 玄米吸塵風路
38風力調節口
39吸気調節弁
40 連動部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社山本製作所の「 自動精米装置用吊り下げ具及び自動精米装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】袋体の外れを抑制する自動精米装置用吊り下げ具及び自動精米装置を得る。【解決手段】自動精米装置用吊り下げ具12、86は、米粒が排出される排出部20Bが設けられる自動精米装置10に取り付けられ、袋... 詳細

  • 株式会社サタケの「 穀物調製機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】収穫後の穀物を処理する穀物調製機の正面以外の場所にいても、穀物調製機の稼働状態を認識することができる穀物調製機を提供することを技術的課題とする。【解決手段】収穫後の穀物を処理する穀物調製機にお... 詳細

  • MMNagataCoalTech株式会社の「 乾式分離方法、及び乾式分離装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 本発明は、気体分散器の目詰まりを抑制でき、かつ低コストで、環境に優しい乾式分離方法、及び乾式分離装置を提供することにある。【解決手段】 本発明の乾式分離方法は、流動層を有する本体へ気体を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ