図面 (/)

技術 広告システム及び広告方法

出願人 共同印刷株式会社株式会社ポリテック
発明者 岩井実佐々木均伊澤清吏
出願日 2002年9月10日 (18年10ヶ月経過) 出願番号 2002-264447
公開日 2004年4月2日 (17年3ヶ月経過) 公開番号 2004-102714
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 計算機間の情報転送
主要キーワード 通行頻度 人体センサー 検出時期 チャンネル選択装置 ボードコンピュータ 紙芝居 コントロールサーバ 人体センサ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年4月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

複数の画面を用いて訴求力のある広告を提供することを可能とする広告システム及び広告方法を提供する。

解決手段

端末は、チャンネルと日時の組み合わせとコンテンツテーブルとの対応関係記述したチャンネルテーブルコントロールサーバからダウンロードし、各時刻にその時刻と選択されたチャンネルの組み合わせに対応したコンテンツテーブルをコントロールサーバからダウンロードする。そして、端末はコンテンツテーブルに記述されている画面毎の複数のコンテンツをダウンロードし、人体センサ221−iが人体を検出したならば、その人体センサの傍らにある画面222−iにコンテンツを表示する。

概要

背景

従来、屋外、路上、通路広場等の場所における広告としては、ポスターによる広告が主に用いられている。また、大型画面を用いた広告も登場してきている。

概要

複数の画面を用いて訴求力のある広告を提供することを可能とする広告システム及び広告方法を提供する。端末は、チャンネルと日時の組み合わせとコンテンツテーブルとの対応関係記述したチャンネルテーブルコントロールサーバからダウンロードし、各時刻にその時刻と選択されたチャンネルの組み合わせに対応したコンテンツテーブルをコントロールサーバからダウンロードする。そして、端末はコンテンツテーブルに記述されている画面毎の複数のコンテンツをダウンロードし、人体センサ221−iが人体を検出したならば、その人体センサの傍らにある画面222−iにコンテンツを表示する。    

目的

本発明は、複数の画面を用いて訴求力のある広告を提供することを可能とする広告システム及び広告方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサ人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツテーブルを前記端末に送信する手段とを備え、前記配信サーバが、前記端末からコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信する手段を備えることを特徴とする広告システム。

請求項2

端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、複数のチャンネルの選択及び選択された各チャンネルと性別年齢層との対応関係を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられている複数のコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信した複数のコンテンツテーブルに記述されている複数のコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記複数のコンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサ及び性別・年齢層検出装置が人体及びその人体の主の性別・年齢層を検出したときに、検出した性別・年齢層と対応付けられているチャンネルの前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求された複数のコンテンツテーブルを前記端末に送信する手段とを備え、前記配信サーバが、前記端末から複数のコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求された複数のコンテンツを前記端末に送信する手段とを備えることを特徴とする広告システム。

請求項3

端末と、コントロールサーバと、複数の副配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を前記選択された副配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記選択された副配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツテーブルであって、複数の副配信サーバのうち何れかの選択した副配信サーバが保持するコンテンツの格納場所を記述したものを前記端末に送信する手段とを備え、前記副配信サーバが、前記端末からコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信する手段とを備えることを特徴とする広告システム。

請求項4

端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムで用いられる端末において、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備えることを特徴とする端末。

請求項5

端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて用いられる端末において、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、複数のチャンネルの選択及び選択された各チャンネルと性別・年齢層との対応関係を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられている複数のコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信した複数のコンテンツテーブルに記述されている複数のコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記複数のコンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサ及び性別・年齢層検出装置が人体及びその人体の主の性別・年齢層を検出したときに、検出した性別・年齢層と対応付けられているチャンネルの前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備えることを特徴とする端末。

請求項6

端末と、コントロールサーバと、複数の副配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて用いられる端末において、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を前記選択された副配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記選択された副配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備えることを特徴とする端末。

請求項7

コンピュータを請求項4乃至6のいずれか1項に記載の端末として機能させるためのプログラム

請求項8

場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告方法において、端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信するステップと、前記端末が、チャンネルの選択を入力するステップと、前記端末が、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求されたコンテンツテーブルを前記端末に送信するステップと、前記端末が、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を配信サーバに送信するステップと、前記配信サーバが、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信するステップと、前記端末が、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力するステップと、を有することを特徴とする広告方法。

請求項9

場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告方法において、端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信するステップと、前記端末が、複数のチャンネルの選択及び選択された各チャンネルと性別・年齢層との対応関係を入力するステップと、前記端末が、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられている複数のコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求された複数のコンテンツテーブルを前記端末に送信するステップと、前記端末が、前記受信した複数のコンテンツテーブルに記述されている複数のコンテンツの要求を配信サーバに送信するステップと、前記配信サーバが、前記要求された複数のコンテンツを前記端末に送信するステップと、前記端末が、ある場所に設置された人体センサ及び性別・年齢層検出装置が人体及びその人体の主の性別・年齢層を検出したときに、検出した性別・年齢層と対応付けられているチャンネルの前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力するステップと、を有することを特徴とする広告方法。

請求項10

場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告方法において、端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信するステップと、前記端末が、チャンネルの選択を入力するステップと、前記端末が、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信するステップと、前記コントロールサーバが、前記要求されたコンテンツテーブルであって、複数の副配信サーバのうち何れかの選択した副配信サーバが保持するコンテンツの格納場所を記述したものを前記端末に送信するステップと、前記端末が、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を前記選択された副配信サーバに送信するステップと、前記選択された副配信サーバが、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信するステップと、前記端末が、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力するステップと、を有することを特徴とする広告方法。

技術分野

0001

本発明は、広告システム及び広告方法に関し、特に、インターネット等のネットワークを用いた広告システム及び広告方法に関する。

背景技術

0002

従来、屋外、路上、通路広場等の場所における広告としては、ポスターによる広告が主に用いられている。また、大型画面を用いた広告も登場してきている。

0003

しかし、ポスターを用いた広告は、漫然と見られるだけであり訴求力が十分であるとはいえない。また、大型画面を用いた広告でも、動画を用いることができるが、大型画面の前を通過する人々又は大型画面の前の広場にいる人々全体を対象として動画を垂れ流ししているのみであるので、やはり訴求力が十分であるとはいえない。

0004

そこで、本発明は、複数の画面を用いて訴求力のある広告を提供することを可能とする広告システム及び広告方法を提供することを目的とする。

0005

また、本発明は、複数の画面を用いた広告を全国に配信することを可能とする広告システム及び広告方法を提供することを目的とする。

発明が解決しようとする課題

0006

更に、本発明は、多種の広告を全国に配信することを可能とする広告システム及び広告方法を提供することを目的とする。

0007

本発明の第1の観点によれば、端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、 現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサ人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツテーブルを前記端末に送信する手段とを備え、前記配信サーバが、前記端末からコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信する手段を備えることを特徴とする広告システムが提供される。

0008

本発明の第2の観点によれば、端末と、コントロールサーバと、配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、複数のチャンネルの選択及び選択された各チャンネルと性別年齢層との対応関係を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されている複数のチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられている複数のコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、
前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信した複数のコンテンツテーブルに記述されている複数のコンテンツの要求を配信サーバに送信する手段と、前記複数のコンテンツを前記配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサ及び性別・年齢層検出装置が人体及びその人体の主の性別・年齢層を検出したときに、検出した性別・年齢層と対応付けられているチャンネルの前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、
前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求された複数のコンテンツテーブルを前記端末に送信する手段とを備え、前記配信サーバが、前記端末から複数のコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求された複数のコンテンツを前記端末に送信する手段とを備えることを特徴とする広告システムが提供される。

課題を解決するための手段

0009

本発明の第3の観点によれば、端末と、コントロールサーバと、複数の副配信サーバとを備え、場所とコンテンツとの間の対応関係を記述したコンテンツテーブルと、チャンネル及び日時の組み合わせと前記コンテンツテーブルとの間の対応関係を記述したチャンネルテーブルとを用いた広告システムにおいて、前記端末が、前記チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバに送信する手段と、前記チャンネルテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、チャンネルの選択を入力する手段と、現在の日時が前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネルと組み合わされている何れかの日時と一致したときに、前記受信したチャンネルテーブルにおいて前記選択されているチャンネル及び現在の日時の組み合わせに対応付けられているコンテンツテーブルの送信の要求を前記コントロールサーバに送信する手段と、前記コンテンツテーブルを前記コントロールサーバから受信する手段と、前記受信したコンテンツテーブルに記述されているコンテンツの要求を前記選択された副配信サーバに送信する手段と、前記コンテンツを前記選択された副配信サーバから受信する手段と、ある場所に設置された人体センサが人体を検出したときに、前記受信したコンテンツテーブルにおいてその場所に対応付けられており、前記配信サーバから受信したコンテンツをその場所に設置された出力装置に出力する手段とを備え、前記コントロールサーバが、前記端末から前記チャンネルテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたチャンネルテーブルを前記端末に送信する手段と、前記端末から前記コンテンツテーブルの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツテーブルであって、複数の副配信サーバのうち何れかの選択した副配信サーバが保持するコンテンツの格納場所を記述したものを前記端末に送信する手段とを備え、前記副配信サーバが、前記端末からコンテンツの送信の要求を受信する手段と、前記要求されたコンテンツを前記端末に送信する手段とを備えることを特徴とする広告システムが提供される。

0010

以下、図面を参照して本発明の実施形態について詳細に説明する。

0011

[実施形態1]
図1は、本発明の実施形態1による広告システムの構成を示す概念図である。

0012

図1を参照すると、本実施形態による広告システムは、コントロールサーバ102、配信サーバ103及び第1〜第nのユーザ端末104−1〜104−nを備える。これらは、インターネット101により相互に接続されている。

0013

コントロールサーバ102は、各ユーザ端末104が配信サーバ103からダウンロードする広告のコンテンツを決定するためのタイムテーブル及びコンテンツテーブルを保持し、各ユーザ端末104からの要求に応じてこれらのテーブルを各ユーザ端末104にダウンロードさせる。タイムテーブル及びコンテンツテーブルについては後述する。配信サーバ103は、本システムが提供する全ての広告のコンテンツを保持し、各ユーザ端末104からの要求に応じて、要求されたコンテンツを各ユーザ端末104にダウンロードさせる。各ユーザ端末104は、コントロールサーバ102からタイムテーブル及び必要なコンテンツテーブルをダウンロードし、コンテンツテーブルに記述されているコンテンツを配信サーバ103からダウンロードし、ダウンロードしたコンテンツを一時記憶し、複数設けられている画面のそれぞれに表示する。

0014

図2は、各端末104の構成を示すブロック図である。

0015

図2を参照すると、各端末は、本体201、外部記憶装置209、チャンネル選択装置212並びに第1〜第mの場所に設けられた第1〜第mの人体センサ221−1〜221−m及び第1〜第mの画面222−1〜222−mを備える。人体センサー221−1〜221−mは、赤外線センサ等である。

0016

本体201は、一般のパーソナルコンピュータボードコンピュータと同様のものであり、CPU202、RAM等のメモリ203、通信インターフェース207、時計208及び入出力機器インターフェース213を備える。これらはバス214を介して相互に接続されている。メモリ203には、プログラム記憶領域204、チャンネルテーブル記憶領域205及びコンテンツテーブル記憶領域206が設けられている。なお、チャンネルテーブル記憶領域205及びコンテンツテーブル記憶領域206は外部記憶装置209に設けられていてもよい。本体201は、プログラム記憶領域210に格納されているプログラムをプログラム記憶領域204に転送し、CPU202がプログラム記憶領域204に転送されたプログラムを読み込んで実行することにより下記の動作を行う。通信インターフェース207はインターネット101を介してコントロールサーバ102及び配信サーバ103と通信を行うためのインターフェースである。時計208は、常に現在日時を保持し、CPU202が現在日時を把握するために用いられる。入出力インターフェース213は、外部記憶装置209、チャンネル選択装置212、第1〜第mの人体センサ221−1〜221−m及び第1〜第mの画面222−1〜222−mとの間のインターフェースである。

0017

次に、本実施形態による広告システムの動作について説明する。

0018

図3は、本実施形態による広告システムの各ユーザ端末104、コントロールサーバ102及び配信サーバ103の間において送受信される信号のシーケンス図である。

0019

図3を参照すると、まず、ユーザ端末104が、チャンネルテーブルの送信の要求をコントロールサーバ102に送信すると(ステップS301)、コントロールサーバ102は、チャンネルテーブルをユーザ端末104に送信する(ステップS302)。ユーザ端末104は受信したチャンネルテーブルをチャンネルテーブル記憶領域205に格納する。

0020

図4は、チャンネルテーブルの構成例を示す。チャンネルテーブルは、チャンネル、日付及び時間の組み合わせに対して決まるコンテンツテーブルの一覧表である。

0021

図4を参照すると、チャンネルテーブルの項目は、チャンネル、日付、時間及びURLである。図4の例では、チャンネルは1から999まであり、日付の期間は2002年7月1日から同月31日までである。また、時間は0時から23時までであり、1時間毎に設けられている。

0022

チャンネル数は、理論上は無限であり、コンピュータ資源許す限り増やすことができる。日付範囲は、図4の例では1月であるが、何日であってもよい。時間は図4の例では0秒の分解能で1時間毎に設けているが、分解能、時間間隔は自由である。

0023

図4の例では、例えば、チャンネル=1、日付=2002年7月1日及び時間=0時0分0秒の組み合わせに対して決まるコンテンツテーブルは、
http://www.kpc−control−server.co.jp/ch1/20020701/table000000.dat
である。すなわち、チャンネル1を選択した場合に、2002年7月1日の0時から1時までの間に流すべき広告のリストは、
http://www.kpc−control−server.co.jp/ch1/20020701/table000000.dat
に格納されていることを示す。

0024

端末104では、チャンネル選択装置212により第1〜第mの画面に表示すべき広告のチャンネルの選択がユーザにより入力される。ユーザは図4のチャンネルテーブルの場合には1チャンネルから999チャンネルのうちの任意のチャンネルを選択することが可能である。

0025

図3に戻ると、チャンネルテーブルの日付と時間で指定される日時が来る度に、ユーザ端末104は、その日時のコンテンツテーブルであって、ユーザにより選択されたチャンネルのものの送信の要求をコントロールサーバ102に送信し(ステップS303、S307、S311)、コントロールサーバ102は、要求されたコンテンツテーブルをユーザ端末104に送信する(ステップS304、S308、S312)。ユーザ端末104は受信したコンテンツテーブルをコンテンツテーブル記憶領域206に格納する。

0026

図5は、コンテンツテーブルの構成例を3つ示す。1つは、チャンネル=1、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのものであり、1つは、チャンネル=2、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのものであり、1つは、チャンネル=999、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのものである。

0027

チャンネル=1、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのコンテンツテーブルは、例えば、場所1に表示するべきコンテンツ(画像)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch1/20020701/180000/location1.html
によりアクセスでき、場所2に表示するべきコンテンツ(画像)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch1/20020701/180000/location2.html
によりアクセスできることを示す。なお、”html”は、HTML文書についての拡張子である。

0028

また、チャンネル=2、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのコンテンツテーブルは、例えば、場所1に表示するべきコンテンツ(画像)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch2/20020701/180000/location1.mpgによりアクセスでき、場所2に表示するべきコンテンツ(画像)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch2/20020701/180000/location2.mpgによりアクセスできるることを示す。なお、”mpg”は、MPEG方式により圧縮された動画ファイルについての拡張子である。

0029

更に、チャンネル=999、日付=2002年7月1日及び時刻=18時0分0秒の組み合わせについてのコンテンツテーブルは、例えば、場所1で出力するべきコンテンツ(音声)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch999/20020701/180000/location1.mp3
によりアクセスでき、場所2で出力するべきコンテンツ(音声)は、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch999/20020701/180000/location2.mp3
によりアクセスできることを示す。なお、”mp3”は、MPEG方式により圧縮された音声ファイルについての拡張子である。

0030

図3戻り、ユーザ端末104は、コンテンツテーブルに記述されている全ての場所についてのコンテンツの送信の要求を配信サーバ103に送信する(ステップS305、S309、S313)。これに応答して、配信サーバ103は、ユーザ端末104に要求のあったコンテンツをユーザ端末104に送信する。ユーザ端末104は、受信したコンテンツをコンテンツ記憶領域211に格納する。

0031

従って、例えば、チャンネル1を選択したユーザ端末104は、2002年7月1日の18時0分0秒から19時0分0秒までの間には、
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch1/20020701/180000/location1.html
から
http://www.kpc−delivery−server.co.jp/ch1/20020701/180000/location99.html
までによりアクセスしたコンテンツをコンテンツ記憶領域211に格納する。

0032

次に、端末104が恒常的に行う動作について説明する。

0033

第1〜第mの人体センサ221−1〜221−m及び第1〜第mの画面222−1〜222−mは、例えば、図6に示すように並べられる。並べられる場所は、例えば、繁華街歩道駅構内の通路等である。

0034

このように並べられると、人体センサ221−1〜222—mは、図7に示すようなシーケンスで人体を検出する。CPU202では、プログラム記憶領域204に格納されているプログラムにより図8に示すような方法が実行されている。

0035

図8を参照すると、図8に示す方法において、CPU202は、まず、変数iを1とし(ステップS401)、第iの人体センサが人体を検出したか否かを判断し(ステップS402)、そうであれば第iの画面等(スピーカ付き又はスピーカのみであってもよい)への”location i.???”(???=html, mpg, mp3等)のファイル復号した信号(映像信号及び/又は音声信号)の送信を開始する(ステップS403)。次に、変数iに1を加算し(ステップS404)、加算後の変数iの値が画面等の数mを越えていればステップS401に戻り、そうでなければステップS402に戻る(ステップS405)。信号の送信は、マルチプロセス又はマルチスレッドで行われ、同時に複数の画面等に信号を送信することが可能である。

0036

この結果、第1〜第mの画面222−1〜222−mには、図7に示すようなシーケンスで映像が表示される。また、映像と共に又は映像の代わりに音声を用いた場合には、同様なシーケンスで音声が出力される。期間T1〜Tmで表示される映像は、例えば、紙芝居的な連続性等の何らかの関連を相互に有したものである。また、各期間で表示される画面は静止画であっても動画であってもよい。静止画の場合には、”location i.html”が用いられ、動画の場合には、”location
i.jpg”が用いられる。

0037

人の歩行速度個人間でばらつくが、人体の検出時期と映像の表示の開始時期を同期させる上記方法を用いることにより、歩行速度に合わせて画像の表示等を行うことが可能となる。

0038

また、画面に静止画を用いた場合であっても、図7に示すようなシーケンスで画面を表示させることにより、通行人は消えていた画面が情報を表示する画面に変化する様子を知覚して、表示が開始された画面に注意を向けるので、広告の訴求力を高めることができる。

0039

人体センサ及び画面の傍らを通行する人々の通行頻度が多い場合には、1つの映像が終了する前に次の人が通行する場合が生ずるが、この場合には、図9に示すようなシーケンスで人体の検出と映像の表示が行われる。すなわち、1つの映像が終了する前に次の通行人を検出したならば、最初から映像を再表示する。このようにして、誰でも少なくとも映像の最初の部分を見ることができるようになる。従って、映像の最初の部分にインパクトの強い画像を表示しておけば訴求力の低下を最低限に抑えることができる。

0040

図6は、説明のために模式化した図である。図6に示す通りに繁華街の歩道、駅構内の通路等に画面を配置してもよいが、例えば、図10に示すようにエスカレータに画面を配置してもよい。エスカレータでは、人は歩行に注意を向ける必要が無くなり、他のことに注意を向ける余裕ができるので、エスカレータに画面を配置することにより広告効果を高めることができる。この意味では、歩く歩道に画面を配置しても、同様に広告効果を高めることができる。

0041

また、上述したように、チャンネルテーブルに記述した日時が来るたびにコンテンツテーブル及びコンテンツを端末は受信して格納するので、同一のチャンネルを継続的に使用している場合であっても、その日時が来るたびに、表示する画面を切り替えることができる。これを利用して、例えば、通勤時間には、ビジネスマン向けの広告を画面に表示し、昼間には主婦向けの広告を画面に表示するようにすることもできる。また、ある時間帯には、図11に示すように店舗Aへの案内図を画面に表示し、他の時間帯には、図12に示すように店舗Bへの案内図を画面に表示するようにしてもよい。上述したようにチャンネル数は理論的には無限であるので、コントロールサーバ102及び配信サーバ103により集中管理しながらも、地域に密着したチャンネルも設けることが可能となる。

0042

従って、多数のチャンネルを設け、あるチャンネルを、1乃至複数の全国規模の企業の広告にために用い、あるチャンネルを、例えば、東京密着型の広告のために用い、あるチャンネルをある特定の市のある特定の店舗のために用いるといったチャンネルの用い方をすることができる。どのチャンネルを選択するかはユーザがチャンネル選択装置212を用いて決定すればよいので、ユーザ端末は同一の構成で汎用性に富んだものとなる。

0043

[実施形態2]
また、同一の画面が同一の時間帯に、通行する人の年齢層及び/又は性別に応じた映像を表示するようにしてもよい。これは、以下の構成及び動作をとることによりできる。

0044

図2の構成において、第1〜第mの人体センサ221−1〜221—mの傍らに通行人の年齢層及び性別を検出する装置を設ける。この検出装置は、例えば、通行人の画像を撮り、身長髪型服装容貌姿態によって年齢層及び性別を画像処理により判断して、検出結果を入出力機器インターフェース213を介してCPU202に通知する。チャンネル選択装置212を、同時に複数のチャンネルを選択することができ、かつ、選択した各チャンネルを年齢層及び性別の組み合わせに対応付けることができるものとする。図3のステップS303〜S314においては、選択された複数のチャンネルについて、コンテンツテーブルの送信の要求の送信、コンテンツテーブルの送信、コンテンツの送信の要求の送信、コンテンツの送信を行う。この結果、コンテンツ記憶領域211には、同時に複数のチャンネルのコンテンツが格納される。CPU202は、図8に示す方法の代わりに図13に示す方法を実行する。

0045

図13を参照すると、図13に示す方法において、CPU202は、まず、変数iを1とし(ステップS501)、第iの人体センサが人体を検出したか否かを判断し(ステップS502)、そうであればステップS503〜S505を実行し、そうでなければこれらのステップをスキップする。ステップS503では、CPU202は、年齢層及び性別を検出する装置から、検出した人の年齢層及び性別を入力する。次に、ステップS504では、その年齢層及び性別をチャンネル選択装置212に出力し、その年齢層及び性別に対応付けられているチャンネルjをチャンネル選択装置212から入力する。ステップS505では、第iの画面等(スピーカ付き又はスピーカのみであってもよい)へのチャンネルjの”location i.???”(???=html, mpg, mp3等)のファイルを復号した信号(映像信号及び/又は音声信号)の送信を開始する(ステップS503)。次に、変数iに1を加算し(ステップS506)、加算後の変数iの値が画面等の数mを越えていればステップS501に戻り、そうでなければステップS502に戻る(ステップS507)。

0046

このように、同一の画面が同一の時間帯に、通行する人の年齢層及び/又は性別に応じた映像を表示するようにすることにより、きめ細かく各通行人適合した広告を各通行人に示すことができ、広告効果を高めることができる。

0047

[実施形態3]
各時間帯の最初にコントロールサーバ102から各ユーザ端末104に送信されるコンテンツテーブルは容量が少ないので、多数のユーザ端末104にコンテンツテーブルをほぼ同時に送信することとなっても、コントロールサーバ102の処理能力を超えることは無いと考えられるが、配信サーバ103から各ユーザ端末104に送信されるコンテンツは容量が多いので、多数のユーザ端末104にコンテンツをほぼ同時に送信することとなると、配信サーバ103の処理能力を超えることが考えられる。この対策として、コンテンツ記憶領域211を二重化して、ある時間帯において各端末が片側のコンテンツ記憶領域に保持されているコンテンツを表示している間にその次の時間帯のコンテンツを配信サーバから複数のユーザ端末に時間分散して送信し、各端末で、もう一方のコンテンツ記憶領域に格納することが考えられる。

0048

[実施形態4]
また、他の対策として、副配信サーバを用いる構成をとることが考えられる。図14は、副配信サーバを備える広告システムの構成を示す概念図である。

0049

本実施形態の広告システムは、図1に示す実施形態1の広告システムに第1の副配信サーバ105—1及び第2の副配信サーバ105−2を追加したものである。なお、図14の例では副配信サーバの数を2としているが、この数を他の2を超える値としてもよい。各ユーザ端末104は、配信サーバ103からコンテンツをダウンロードする代わりに何れかの副配信サーバ105からコンテンツをダウンロードする。

0050

コントロールサーバ102は、図5に示すコンテンツテーブルの代わりに、図15に示すコンテンツテーブル及び図16に示すコンテンツテーブルを保持する。図15に示すコンテンツテーブルは、配信サーバ103の代わりに第1の副配信サーバ105−1を指定したものであり、図16に示すコンテンツテーブルは、配信サーバ103の代わりに第2の副配信サーバ105−2を指定したものである。

0051

コントロールサーバ102は、図3のコンテンツテーブルの送信の要求を各端末104から受信したならば(ステップS303、S307、S311)、図15に示すコンテンツテーブル及び図16に示すコンテンツテーブルのうち所定のアルゴリズムにより決定したものを各端末104に送信する(ステップS304、S308、S312)。アルゴリズムとしては、例えば、交互にコンテンツテーブルを切り替えるもの、各副配信サーバ105に負荷状況問い合せ負荷のより軽い副配信サーバを指定するコンテンツテーブルを選択するもの等が考えられる。

0052

各端末104は、コンテンツの送信の要求を配信サーバ103に送信する代わりに、コンテンツテーブルに記述されている副配信サーバ105に送信し、その副配信サーバ105は、コンテンツをその端末104に送信する。

発明を実施するための最良の形態

0053

[その他の実施形態]
実施形態3及び4とは逆の状況に対応したものであるが、システムが小規模である場合等は、コントロールサーバ及び配信サーバを共通としてもよい。

0054

以上説明したように、本発明によれば、人体センサが人体を検出した時にその場所に設置された画面等の出力装置にコンテンツを出力するので、複数の画面を用いて訴求力のある広告を提供することが可能となる。

発明の効果

0055

また、本発明によれば、コントロールサーバ及び配信サーバを用いて各端末にコンテンツ等を配信しているので複数の画面を用いた広告を局所から全国に配信することが可能となる。

図面の簡単な説明

0056

更に、本発明によれば、理論上無制限の数のチャンネルのコンテンツを配信サーバに用意し、各端末が希望のチャンネルのコンテンツを選択することができるので、多種の広告を全国に配信することが可能となる。

図1
本発明の実施形態1による広告システムの構成を示す概念図である。
図2
本発明の実施形態1による各端末の構成を示すブロック図である。
図3
本発明の実施形態1による広告システムの各ユーザ端末、コントロールサーバ及び配信サーバの間において送受信される信号のシーケンス図である。
図4
本発明の実施形態1によるチャンネルテーブルの例を示す図である。
図5
本発明の実施形態1によるコンテンツテーブルの例を示す図である。
図6
本発明の実施形態1による画面の配置例1を示す図である。
図7
本発明の実施形態1による人体検出及び映像表示のシーケンスを示す第1のタイミング図である。
図8
本発明の実施形態1による端末が恒常的に行う動作を示すフローチャートである。
図9
本発明の実施形態1による人体検出及び映像表示のシーケンスを示す第2のタイミング図である。
図10
本発明の実施形態1による画面の配置例3を示す図である。
図11
本発明の実施形態1による画面の配置例2及び映像例1を示す図である。
図12
本発明の実施形態1による画面の配置例2及び映像例2を示す図である。
図13
本発明の実施形態4による端末が恒常的に行う動作を示すフローチャートである。
図14
本発明の実施形態4による広告システムの構成を示す概念図である。
図15
本発明の実施形態4によるコンテンツテーブルの例1を示す図である。
図16
本発明の実施形態4によるコンテンツテーブルの例2を示す図である。
【符号の説明】
101 インターネット
102 コントロールサーバ
103 配信サーバ
104−1〜104−n 第1〜第nのユーザ端末
105−1、105−2 第1及び第2の副配信サーバ
201 本体
202 CPU
203 メモリ
204 プログラム記憶領域
205 チャンネルテーブル記憶領域
206 コンテンツテーブル記憶領域
207 通信インターフェース
208 時計
209 外部記憶装置
210 プログラム記憶領域
211 コンテンツ記憶領域
212 チャンネル選択装置
222−1〜222−m 第1〜第mの人体センサ
222−1〜222−m 第1〜第mの画面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ