図面 (/)

技術 苗移植機

出願人 井関農機株式会社
発明者 本多春義
出願日 2002年6月28日 (18年6ヶ月経過) 出願番号 2002-190399
公開日 2004年2月5日 (16年10ヶ月経過) 公開番号 2004-033008
状態 未査定
技術分野 移植機(1)(主として畑作用) 移植機(5)(田植機の苗載部)
主要キーワード 押込み具 上端間隔 規制ローラー 形成ディスク プレート先端 回転軸心線 レバー支持部材 押出し棒
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年2月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

従来、横送りベルトは、苗ホルダから取り出された苗を受け入れ横倒し姿勢にて載せた状態て横送りするものであるが、この横送り中にベルト自体の振動等によって苗が妄りに移動し、特に苗の床土部が円柱状のものであると転がり移動することがあって姿勢を乱し、苗植付装置への搬送始端部に適正な姿勢で受け渡すことができなくなり植付姿勢を乱す問題があった。本発明は、かかる問題点を解消することを目的としている。

解決手段

本発明は、苗ホルダ−31から取り出された苗を受け入れて所定位置まで横送りした後、苗植付装置への搬送始端部に受け渡たす苗横送りベルト32であって、この苗横送りベルトの外周面にはベルト回転方向所定間隔をあけて突設する横送り突起32c,32c…の間隔内に受け入れた苗を係合保持する苗係合保持凹部32gを設けてあることを特徴としている。

概要

背景

上記苗移植機は、縦横並列に並ぶ入り育苗ポットをもつ苗トレイが所定の搬送路に沿って搬送され、その搬送途中で育苗ポットから苗押出し装置により苗が押し出されと共に、この押し出された苗の床土部が苗搬送装置苗ホルダ内に押し込まれるようになっており、そして、その苗が所定位置に搬送されると苗の床土部がホルダから取り出されて苗横送りベルト上に受けられ、更に、この苗が苗横送りベルトによって所定位置まで横送りされた後、苗植付装置への苗搬送始端部に受け渡されて、該苗植付装置により圃場植え付けられるようになっている。

概要

従来、苗横送りベルトは、苗ホルダから取り出された苗を受け入れ横倒し姿勢にて載せた状態て横送りするものであるが、この横送り中にベルト自体の振動等によって苗が妄りに移動し、特に苗の床土部が円柱状のものであると転がり移動することがあって姿勢を乱し、苗植付装置への搬送始端部に適正な姿勢で受け渡すことができなくなり植付姿勢を乱す問題があった。本発明は、かかる問題点を解消することを目的としている。本発明は、苗ホルダ−31から取り出された苗を受け入れて所定位置まで横送りした後、苗植付装置への搬送始端部に受け渡たす苗横送りベルト32であって、この苗横送りベルトの外周面にはベルト回転方向所定間隔をあけて突設する横送り突起32c,32c…の間隔内に受け入れた苗を係合保持する苗係合保持凹部32gを設けてあることを特徴としている。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

苗ホルダ−31から取り出された受け入れ所定位置まで横送りした後、苗植付装置への搬送始端部に受け渡たす苗横送りベルト32であって、この苗横送りベルトの外周面にはベルト回転方向所定間隔をあけて突設する横送り突起32c,32c…の間隔内に受け入れた苗を係合保持する苗係合保持凹部32gを設けてあることを特徴とする苗移植機

請求項2

前記苗係合保持凹部32gは、横送り突起32c,32c間の中間よりベルト回転方向前方側へずれた位置に変位させて設けてあることを特徴とする請求項1記載の苗移植機。

技術分野

0001

本発明は、玉ねぎ等の圃場移植する苗移植機に関し、農業機械の技術分野に属する。

背景技術

0002

上記苗移植機は、縦横並列に並ぶ苗入り育苗ポットをもつ苗トレイが所定の搬送路に沿って搬送され、その搬送途中で育苗ポットから苗押出し装置により苗が押し出されと共に、この押し出された苗の床土部が苗搬送装置苗ホルダ内に押し込まれるようになっており、そして、その苗が所定位置に搬送されると苗の床土部がホルダから取り出されて苗横送りベルト上に受けられ、更に、この苗が苗横送りベルトによって所定位置まで横送りされた後、苗植付装置への苗搬送始端部に受け渡されて、該苗植付装置により圃場に植え付けられるようになっている。

発明が解決しようとする課題

0003

ところで、前記苗横送りベルトは、苗ホルダから取り出された苗を受け入れ横倒し姿勢にて載せた状態て横送りするものであるが、この横送り中にベルト自体の振動等によって苗が妄りに移動し、特に苗の床土部が円柱状のものであると転がり移動することがあって姿勢を乱し、苗植付装置への搬送始端部に適正な姿勢で受け渡すことができなくなり植付姿勢を乱す問題があった。本発明は、かかる問題点を解消することを目的としている。

0004

上記目的を達成するために、本発明は次のような技術的手段を講じた。すなわち、請求項1記載の本発明は、苗ホルダ−31から取り出された苗を受け入れて所定位置まで横送りした後、苗植付装置への搬送始端部に受け渡たす苗横送りベルト32であって、この苗横送りベルトの外周面にはベルト回転方向所定間隔をあけて突設する横送り突起32c,32c…の間隔内に受け入れた苗を係合保持する苗係合保持凹部32gを設けてあることを特徴としている。

0005

苗ホルダ−から取り出された苗は、苗横送りベルト上に落下される。そして、その苗は、苗横送りベルトの回転方向前後に設けられた各横送り突起間内に受けられるが、この時、その各横送り突起間内に設けられた苗係合保持凹部内に受け入れられて係合保持されることになる。従って、横送り中に苗が妄りに移動することがなく、横方向の整列状態を保った状態で横送りされ、苗植付装置への搬送始端部に適正姿勢にて受け渡される。

課題を解決するための手段

0006

請求項2記載の本発明は、請求項1記載の構成において、前記苗係合保持凹部32gは、横送り突起32c,32c間の中間よりベルト回転方向前方側へずれた位置に変位させて設けてあることを特徴としている。
苗係合保持凹部内に係合保持されている苗は、横送り終端に至って持ち回りされることなく苗植付装置への搬送始端部へ早目に落し込ませることができ、引継ぎが良好に行われる。

0007

以上、要するに、請求項1記載の発明によれば、苗横送りベルト上に受け入れられる苗は、苗係合保持凹部によって係合保持されるので、横送り中に苗が妄りに移動することがなく、苗の整列状態を良好に保持し、常に適正な姿勢を保って苗植付装置へ受渡し供給することができて植付作用を正確にするものである。

発明の効果

0008

請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の発明による効果を奏するものでありながら、苗係合保持凹部が横送り突起間の中間より回転方向前方側へずれた位置にあるので、苗を早目に苗植付装置への搬送始端部へ落し込ませることができ、苗の持ち回りがなくなり、苗植付装置への受渡し引継ぎ作用が乱れなく整然と良好に行われる。

0009

以下、図面に示す実施例に基づいて説明する。
本発明を実施する苗移植機は、左右一対の植付ディスクにより苗の葉茎部を左右から挟んで圃場に搬送して苗を移植する構成とした苗移植機であって、例えば、玉ねぎの苗を移植する苗移植機とするが、以下、この苗移植機の実施例につき説明する。

0010

苗移植機1は、農用トラクタ2の後部に設けられている3点リンク機構3に昇降可能に装着された苗移植装置4が、トラクタ2に牽引されて地面を移動するとともに、トラクタ2から伝達される動力で各作動部を駆動するようになっている。

0011

トラクタ2は、駆動回転する左右一対の前輪5,5と駆動回転する左右一対の後輪6,6を備え、また、操縦者着座する操縦座席7と、操舵用車輪である前輪5,5の左右の向きを変更する操向操作を行うステアリングハンドル8を前記操縦座席7の前方に設けて、乗用型走行車体に構成している。また、このトラクタ2には、苗移植装置4に対して供給する苗を載せておく苗枠10,10,11,11を、該車体の前部側と後部側の各左右両側に装着している。更に、苗移植作業時における自動操向のための自動操向装置12とを設けている。

0012

上記自動操向装置12は、図1及び図23に示すように、機体前側左右中央下部に設けた縦軸14aを回動支点にして前端側が左右に揺動自在とした揺動アーム14を取り付け、該揺動アーム14の前端部にそれに対し先端側が上下に回動自在にガイド輪支持アーム15を取り付け、該ガイド輪支持アーム15の先端部に誘導溝G1への係合体としてのガイド輪16を回転自在に支持し、その後側に補助ガイド体16aを取付けている。そして、揺動アーム14に固着の縦軸18を、左右の前輪5,5がともに操向操作されるよう連結するタイロッド19の左右中央部に取付けた連結金具20に回動自在に連結していて、揺動アーム14の左右動と共にタイロッド19が左右動するようになっている。タイロッド19は、前輪5,5を左右に回動可能に支持する左右の前輪支持ケース21,21に固着したアーム22,22と連結している。これにより、ガイド輪16の機体進行方向と交差する方向の動き連係して前輪5,5が操向される。

0013

また、ガイド輪支持アーム15を、ワイヤ24を介して苗移植装置4を昇降するリフトアーム25と連結し、苗移植装置4を上昇させるとガイド輪支持アーム15が上昇してガイド輪16が上昇し、苗移植装置4を下降させるとガイド輪支持アーム15が下降してガイド輪16が接地する状態となるよう連動する構成としている。

0014

苗移植作業時には、ガイド輪16が接地する状態となり、当該ガイド輪16が後述する誘導溝形成ディスク47によって圃場の表土に形成された誘導溝G1に沿って案内される。機体の進路が誘導溝G1に対し左右にずれると、ガイド輪16が進行方向と交差する方向に動き、その動きがタイロッド19に伝えられて、機体進路を誘導溝G1に一致させるように前輪5,5を操向する。このため、苗移植作業時に手離し運転が可能で、トラクタ1の走行を停止させて苗移植作業を中断することなく前記の苗枠10,10;11,11から苗を苗移植装置4に供給する作業が行える。機体旋回時等に苗移植装置4を上昇させると、それに連動してガイド輪16が上昇し、上記自動操向が解除される。

0015

この苗移植機1では、苗を一株づつ育成するポットpが縦横に所定の間隔で多数並んだプラスチック製の可撓性を有する苗箱Cで育成された苗を使用する。
苗箱Cは、例えば、図24図25に示すようなもので、左右前後に複数のポットpが配列し、その各ポットpの開口部pdが連結し、底部pa側が独立した形態に成形されている。この苗箱Cの外周縁は平面視で長方形となっている。この苗箱Cの成型は、ポリプロピレン等の合成樹脂により一体的に成型し、成型された苗箱Cは可撓性を有するものとなっている。苗箱Cの各ポットpは、その形状が丸コップ状で、即ち、円形の底部paから上側の円形の開口部pdに向かって筒状に且つ徐々に口径が広くなるように設けられた形状となっている。また、このポットpの底部paには、孔pbを設けている。

0016

苗箱Cの長手方向に沿う左右の縁部pf・pfには、ポットpの長手方向のピッチに合わせてポットpを一列づつ移送するための苗箱送り角孔pgを設けている。この苗箱Cで育苗された苗箱Cを苗移植機に装填して移植作業を行うときに、移植機装備された苗箱送り具がその左右の苗箱送り用角孔pg・pgに係合して苗箱Cを長手方向にポットpを横一列づつ移送作用する。

0017

苗移植装置4は、左右一対の植付ディスク34a,34aを備えた苗植付装置34を4体、左右方向に並べて設けて4条植えの構成としている。左右の2条分の植付ディスク34a,34aに対して1つづつ合計2体の苗箱搬送装置30,30を左右に設け、これに苗の入った苗箱Cが各2枚づつ装填される。

0018

苗箱搬送装置30に装填された苗箱Cは所定の経路に沿って搬送され、その搬送経路途中にある苗取出位置PUで、苗押出ピンPP横一列のポットpから苗Nが一度に押し出される。押し出された苗Nは、苗ホルダー31に保持されて下側前方へ弧を描くような軌跡で移送され、第一苗搬送ベルトである横送りベルト32,32の上に落とされる。その苗Nは、横送りベルト32,32によって左右半分づつ左右両側方に送られて、その左右両外端部から第二苗搬送ベルトである縦送りベルト33,33に落下供給され、更に、該縦送りベルト33,33によって下方に送られて、苗植付装置34,34に一株づつ供給される。そして、植付溝形成ディスク35,35と作溝器36,36によって圃場の表土部に形成された植付溝G2内に、苗植付装置34,34が苗Nを植付ける。植付けが完了した植付溝G2は、覆土輪37,37によって埋め戻される。

0019

なお、植付溝形成ディスク35の前方には、4体の苗植付装置34が苗を植え付ける個所の各前方の圃場面鎮圧均平する横長のローラ40を設けている。また、トラクタ2の左右の後輪6,6が通過して硬くなった車輪跡をほぐすツ−ス41,41を左右後輪6,6の各後方に設けている。

0020

ところで、前記ガイド輪16が通る誘導溝G1を圃場に形成するための誘導溝形成ディスク47,47を、トラクタ2の左右両側方に昇降可能に設けた支持フレ−ム47a,47aに取付けている。この誘導溝形成ディスク47,47は、2枚の円盤を前側が互いに接当し後側が互いに離れて平面視ハ字状にして回転自在に設けた両排土式とし、更に、それぞれの後側に、誘導溝形成ディスク47,47が左右に寄せた土が戻らないようにして溝成形が確実になるようにした作溝体48,48を設けている。この作溝体48,48は、側面視で下端部前側が前上がりになっていて、その下端と前端部が閉じた状態で背面視略V字状の形状に形成したもので、また、その上部には、左右に広がり後下がり姿勢の板体とした均平板48a,48aを設けていて、この均平板48a,48aが、図23に示すように、誘導溝形成ディスク47,47によって左右に寄せられて盛り上がった土を作溝体48,48の作溝中に下方に押えつけて、誘導溝G1の成形が確実なものとしており、これにより、自動操向装置12が一層適確に作動するようになっている。なお、図23に示すように、前記ガイド輪16及び補助ガイド体16aの形状は、誘導溝形成ディスク47,47及び作溝体48,48により形成した断面略V字状の誘導溝G1の形状に丁度合うような形状に設けている。また、この誘導溝G1の成形は、次の行程で植え付ける圃場面側で行うので、その側の誘導溝形成ディスク47,47を下降させ、反対側の誘導溝形成ディスク47,47は上昇させておく。誘導溝形成ディスク47,47の昇降操作は、前記左右の支持フレーム47a,47aにワイヤー47b,47bを介して連結した左右の操作レバー47c,47cを操作して行う。

0021

次に、苗移植装置4の要部の構成について説明する。
苗箱搬送装置30,30は、苗箱Cの左右の縁部pf,pfを係合する溝を有して苗箱Cを後下がり傾斜で苗取出位置PUに向けて案内搬送する搬送ガイド体30a,30aを備える。この搬送ガイド体30a,30aの上部には、苗箱Cを一枚載置でき、その載置した苗箱の左右の縁部pf,pfを上下に挟み込むロ−ラr1,r2を設けている。上側のローラr1は、揺動自在に支持されると共にスプリング等の付勢体で下側のローラr2に接当する方向に付勢している。下側のローラr2は電動モータMに連結していて電動で駆動される。苗取出位置PUより少し手前位置に設けた第一苗箱検出手段SW1が苗箱がないことを検出すると、前記電動モータMが駆動回転して前記苗箱Cを送り出す。そして、その苗箱Cが一枚送り出されると、もう一枚、搬送ガイド体30a,30aの上部に載置でき、結果として、この苗箱搬送装置30,30には、それぞれ2枚づつ装填できる構成となっている。

0022

苗箱搬送装置30の苗載台30bの上端側上面には、図3及び図26に示すように、エキスパンドメタルのような網目格子)状の根切手段30を設け、苗箱Cを供給する時、苗箱の下面をこすることにより苗箱の下側に伸びている根毛を切断するように構成している。これによれば、苗が根切されていることから、以後の苗押出し装置(苗押出ピンpp)による苗押出し作用が容易となり、ひいては苗植付精度の向上を図ることができる。

0023

なお、図5に示すように、先行する苗箱Cが苗移植作業の進行により、ポットp一列づつ送られて、苗箱の後端が前記第一苗箱検出手段SW1の検出位置を通過すると、前記電動モータMが駆動回転して次の苗箱Cが送り出される。このとき、次の苗箱Cが勢いよく先行する苗箱Cに衝突すると、苗が飛び出して落ちたり、先行する苗箱Cが位置ずれして苗取出し不良が生じるおそれがあるので、次の苗箱Cが先行する苗箱Cに当たる少し手前でこの位置に苗箱Cの前端部が位置するときその苗箱の後部がまだローラr1,r2にまだ保持されていることになる個所まで次の苗箱Cがきたことを検出する第二苗箱検出手段SW2を設け、この検出手段SW2が次の苗箱Cを検出すると、電動モータMを停止して苗箱Cを停止する。そして、設定時間経過後に再び電動モータMを駆動して苗箱Cを送り出す。これにより、次の苗箱Cが勢いよく先行する苗箱Cに衝突しないようにしてある。図中Coは、電動モータMの制御コントローラである。

0024

ところで、苗が取出された後の空の苗箱は、搬送ガイド体30a,30aがU字状に上方に屈曲するよう設けているので、再び上方に搬送されていき、その上端部から排出される空の苗箱は、空箱収容枠30d,30d内に収容されるようになっている。

0025

苗取出位置PUに搬送される横一列の苗Nの葉茎部Nbが互いに絡み合って苗が一つづつ供給されないという事態が生じないように、隣合うポットpの間の苗箱C上面上に入り込んで左右に隣り合う苗Nの葉茎部Nbを分ける分草プレートDVを設けている。この分草プレートDVは、図7図8に示すように、苗取出位置PUより上方近傍個所で苗Nの葉先位置より後方側に位置するように設けた支持部材支持軸)DVaに一体的に取付けていて、分草プレートDVの支持軸DVaが、取出される苗の妨げとならないようにし、且つ、取出される直前付近まで苗Nの葉茎部Nbを分ける作用を有するようになっている。このプレートDVがクランク駆動されるロッドLと連結して、プレート先端が前後動するように支持軸DVa回りに回動するように設けていて、円滑に苗Nの葉茎部Nbが分けられるようになっている。

0026

苗ホルダー31には、図9及び図10等に示すように、前後に開口し上方が切り欠かれた苗ホールド部31a,…を、苗箱Cの横一列のポットpの数だけ形成していて、ここに苗箱Cの横一列のポットpの数ぶん設けた苗押出しピンppにより押出された苗Nが係合する。

0027

左右各上下2本づつの揺動アーム31b,31b,31b,31bの先端部に、苗ホルダー31の左右側端に固着の支持プレート31c,31cを枢着しており、図示省略した駆動機構で上記揺動アームを揺動させることにより、苗ホルダー31が円弧軌跡Kを描いて苗取出位置PUと苗抜取り位置Qの間を往復動する。

0028

苗ホルダー31が苗取出位置PUにあるとき、苗箱Cから取り出された苗Nの床土部(根鉢部分)Naが苗ホールド部31a,…に押し込まれる。こうして苗を保持した苗ホルダー31は苗抜取り位置Qまで移動し、そこで下記の苗抜き具50により苗ホルダー31から苗Nを抜き出すとともに、抜き出された苗Nを下記の苗押下げ体51により横送りベルト32,32の上に強制的に押し下げる。

0029

なお、苗ホルダー31には、図10に示すように、苗ホールド部31a,…の内側に苗ホールド部31a,…の内面から内方に突出する苗保持体31c,…を着脱自在に取り付けている。これにより、育苗の仕方によって苗Nの床土部Naが若干小さめになっているとき、例えば、床土部Naの崩れ防止のために粘着剤を加えて床土部Naを固結したとき、苗ホールド部31a,…の床土部Naの係合状態がゆるくなってしまう場合があるが、上記のように苗保持体31c,…を設けると、苗ホールド部31a,…の内面から内方に突出する苗保持体31c,…が床土部Naの側部の一部に係合して、小さめの床土部Naでも適確に保持されるようになり、苗ホールド部31a,…の苗保持が乱れることによって苗植付装置34,34への苗供給不良が生じ苗の植付不良となることが生じにくくなる。

0030

そして、苗保持体31c,…を苗ホールド部31a,…に対して着脱自在に取付けているので、苗ホールド部31a,…に対して苗Nの床土部Naが押し込まれ、また、苗ホールド部31a,…から苗Nの床土部Naが抜き出されることが繰返されて、床土部Naの苗保持体31c,…への摺接が繰返されて磨耗しても、容易に新しいものと交換でき、苗ホルダー31での適確な苗保持が維持できる。

0031

また、苗保持体31c,…は、その前側開口部である苗入り口部31inから後側開口部の苗ホールド部31a,…の底部31dが形成されていない苗出口部31out付近まで前後に続くように設けている。従って、苗抜き出し時に、苗ホールド部31a,…に保持された床土部Naが苗抜き具50に押されて苗出口部31outまで押出されたときには、苗保持体31c,…の床土部Naへの引っかかりが生じにくくなって床土部Naは苗出口部31outから円滑に落下していくようになり、苗ホルダー31から円滑に苗Nが抜き出されるようになる。

0032

また、苗保持体31c,…は、上下幅の狭い板状体を左右中央で折り曲げ末端部を更に折り曲げて形成し、これを左右に隣り合う苗ホールド部31a,31aの間を仕切る部分31e,…を挟み込むようにして装着するものとしているので、着脱が容易に行え、また、2つの苗ホールド部31a,31aに対する苗保持体31c,…を一体に設けられて部品点数を少なくできて、コストダウン着脱作業時間の短縮化が図れる。特に、図のように前後方向視で上下中間部のくびれた部分を挟み込むことで苗保持体31c,…が外れにくくなる。更に、苗保持体31c,…の後端を折り曲げてその折り曲げ部31fは、苗ホルダー31に形成した左右に貫通する孔31g,…に入り込んで係合するように設けている。そして、苗保持体31c,…の前端部31h,…は、苗ホルダー31に形成した凹部31i,…に係合するように設けている。これにより、装着状態の苗保持体31c,…のずれや外れを確実に防止している。

0033

苗抜き具50は、苗ホルダー31の苗ホールド部31a,…の位置に対応させて、苗抜出し棒50a,…が取付プレート50bに固定して取り付けられている。苗抜取り位置Q付近では苗ホルダー31はほぼ水平方向に移動するので、苗ホルダー31が苗抜取り位置Qへ移動してくるとき、苗押出し棒50a,…は苗ホールド部31a,…を前方から後方へ突き抜く。これにより、苗ホールド部31a,…に保持されている苗Nの床土部Naを後方に押し出す

0034

苗押え付け体51は、前部51aが状に分岐した鉄板製のプレートで、後部下面には適当な肉厚を有するスポンジ等の弾性体51bを貼着している。この苗押え付け51は、左右方向の苗叩き回動軸52に取り付けた支持アーム53の後端部に固着している。また、回動軸52には揺動アーム54が一体に取り付けられ、該揺動アーム54の先端部に回転自在に支持されたカムローラ55がカムディスク56のカム面に接当するように、揺動アーム54をスプリング57で付勢している。カムディスク56には、カムローラ55が落ち込んで苗押え付け体51を下向きに回動させる凹部56aが形成されている。

0035

苗ホルダー31の作動と同期してカムディスク56が所定方向に回転することにより、苗抜き具50によって苗ホルダー31から苗が抜き出されると直ちに苗押え付け体51が下動し、抜き出されて落下する苗Nを横送りベルト32の上に押え付ける。この際、苗の床土部Naには苗押え付け体51の前部(櫛状部分)51aが当たり、苗の葉茎部Nbには弾性体51bが当たるようになっている。鉄板製の櫛状部分51aで苗の床土部Naを叩くことにより、苗への打撃力が効率的に苗の床土部Naに伝わり、横送りベルト32に苗Nが確実に落下供給される。また、弾性体51bで苗の葉茎部Nbを叩くことにより、柔らかい苗の葉茎部Nbを傷めることを防いでいる。苗押え付け体51が下動して苗Nを横送りベルト32の上に押え付けた後は、直ちに苗押え付け体51は上動する。

0036

なお、支持アーム53は、苗押え付け時において苗ホルダー31の苗ホールド部31a内に入りむように設定していて、支持アーム53がU字状になった苗箱搬送装置30の下部とその下方の横送りベルト32,32との間の限られた空間内で揺動させるものとしながらも、苗押え付け時に苗押え付け体51ができるだけ横送りベルト32,32に接近するように揺動できるものとなって、適確な姿勢で横送りベルト32,32上に苗Nを移動させられるようになる。

0037

横送りベルト32,32は、左右一対の駆動回転するベルトで1組となっている。各横送りベルト32は、伝動ケース60から後方に突出する横送り駆動軸61により回転駆動される駆動ローラ32aと、従動軸61aに回転自在に取付けた従動ローラ32bとに掛けられていて、右側の横送りベルト32の上面は右側方に左側の横送りベルト32の上面は左側方に移動するようになっている。従って、苗ホルダー31から抜き落とされた横一列分の苗N,…は、その右半分(本例では7個の苗)が右側の横送りベルト32(R)の上面に受けられ、左半分(本例では7個の苗)が左側の横送りベルト32(L)の上面に受けられ、そして、横送りベルト32,32の回転により、右側の横送りベルト32(R)の上
面に受けられた苗N,…はその右端側方の右横送り搬出個所32out(R)に一つづつ搬出され、左側の横送りベルト32(L)の上面に受けられた苗N,…はその左端側方の左横送り搬出個所32out(L)に一つづつ繰出される。

0038

なお、本例では、右横送り搬出個所32out(R)に一つづつ搬出された苗は、その下方に設けた右側縦送りベルト33,33による縦搬送始端に引き継がれ、左横送り搬出個所32out(L)に一つづつ搬出された苗は、その下方に設けた左側縦送りベルト33,33による縦搬送始端に引き継がれる。

0039

横送りベルト32,32の外周面には、ベルト回転方向に設定間隔をあけて突出する複数の突起32c,…を設けていて、横送りベルト32,32の外周面上に苗箱Cから取出した複数個の苗N,…が載せられたとき、即ち、図11に示すように、苗抜き具50によって苗ホルダー31から抜き出された横一列の苗N,…(本例では、横一列の右半分7個の苗と左半分7個の苗とで合計14個の苗)が左右の横送りベルト32,32上に載せられたとき、当該突起32c,…が左右に隣合う苗Nの各床土部Naの間に位置するようになっている。これにより、横送りベルト32,32上に載った複数個の苗N,…の横方向の整列状態が保持される。なお、上記の突起32c,…は、横送りベルト32,32の外周面からその外周面上に載った苗の床土部Naの上端までの高さの略半分の高さに設定していて、少なくともこのような高さであれば、苗の床土部Naが円柱状であっても横送りベルト33,33が搬送作動中でも突起32c,…を乗り越えてベルト回転方向下手側の苗が載っていない隣の突起32c,…間のベルト上面に転がっていって、苗を一株づつ搬送できなくなって植付け不良となることが生じにくくなる。

0040

そして、左右の横送りベルト32,32上に苗箱Cから取出した複数個の苗N,…が載せられたとき、左右それぞれの横送りベルト32,32の横送り搬出個所32out(R),32out(L)側の上面には、更に一個の苗N,Nが載せられる部分(終端側苗載面32e(R),32e(L))を設けている。

0041

従って、横送りベルト32,32の左右それぞれの上面には、苗箱Cから取出した苗N,…の個数(本例では計14個)に2個加えた個数の苗が載るようになっている。連続的に作業を行っている場合には、前回苗箱Cから取出した苗N,…の最も左右中央側に位置する苗が横送りベルト32,32の終端側苗載面32e(R),32e(L)上に載っている状態で、次の苗N,…が横送りベルト32,32上に供給されることになる。なお、従来、横送りベルトを、その上面の横幅が苗箱から取出した横一列の苗の個数分の苗が丁度載る幅に設けていたので、横送りベルト上面の左右最外端側の苗載面に落下してきた苗が弾んだりしてベルト外側方の横送り搬出個所に転げ落ちてしまうことがあり、そして、その転げ落ちた苗がその前に搬出された苗と一緒に圃場に植え付けられて2株植えが生じ、また、その後には欠株が生じることがあった。しかし、上記のように終端側苗載面32e(R),32e(L)を設けたことにより、苗箱Cから取出した苗N,…の左右最外端の苗が横送り搬出個所32out(R),32out(L)に転げ落ちることがなくなり、2株植え及び欠株が生じることがなくなる。

0042

また、左右の横送りベルト32,32の間は、左右の横送りベルト32,32の突起32c…が互いに接触しない程度の間隔をあけ、そして、その間隔部の上方に左右中央から左右外方のベルト上面に向けて下がり傾斜する面を有する仕切り体63を設けている。これにより、苗箱Cから取出した横一列の苗N,…が適確に左右半分づつ分かれて左右の横送りベルト32,32で搬送されるようになる。

0043

また、本発明の実施例では、前記苗横送りベルト32,32の外周面において、図13及び図14等に示すように、搬送方向前後の各横送り突起32c,32c…間の各間隔内で、受入れ載置する苗Nの床土部Naを係合保持する苗係合保持凹部32gを設けることができるように構成している。これによれば、横送りベルト32の外周面上に受入れられる苗Nは、その床土部Naが苗係合保持凹部32g内に落ち込んで安定よく係合保持されることになり、横送り中に苗が移動して姿勢を乱すことがない。

0044

苗係合保持凹部32gには、図15に示すように、その底面を下方にくり抜いて抜き穴32hを設けるようにすれば、こぼれ泥土などをその泥抜き穴32hから速やかに抜き出すことができる。
また、更に図16に示す本発明の実施例では、前記苗係合保持凹部は、横送り突起32c,32c間の中間Yよりベルト回転方向前方側へずれた位置に変位させて設けてある。この構成によれば、苗係合保持凹部内に係合保持されている苗は、横送り終端に至って持ち回りされることなく苗植付装置への縦送りベルト33始端部へ早目に落し込み受け継がせることができる。

0045

次に、横送りベルト32により搬送した苗を受け継いで苗を搬送する縦送りベルト33,33、及びその引継ぎ部の構成について説明する。
縦送りベルト33,33は、図17に示すように、苗Nの床土部Naを挟み込んで搬送するよう一対のベルト33,33を、その対向部分が互いにほぼ接するようにガイドローラ33a,…に掛けて設けている。前記横送り駆動軸61の回転がチェーン62を介して縦送りベルト駆動軸63に伝達され、この縦送りベルト駆動軸63に取り付けた内側縦送りベルト33の下端のガイドローラ33a(B)を回転駆動する。これにより、一対の縦送りベルト33,33の対向部分が下方へ移動する。横送りベルト32の外端部から一対の縦送りベルト33,33の上端間隔部に苗が落下供給され、その苗の床土部Naを縦送りベルト33,33が挟持して下方へ搬送する。そして、縦送りベルト33,33の下端部で苗Nを解放し、苗移植装置34に苗を一株づつ供給する。

0046

縦送りベルトの上端部を掛けるガイドローラ33a(A)は上部フレーム65に支持され、縦送りベルトの下端部を掛けるガイドローラ33a(B)は下部フレーム66に固定したブラケット67の下端部に支持され、縦送りベルトの上下中間部を掛けるガイドローラ33a(C)は上記ブラケット67の上部に取り付けた支持アーム68に支持されている。下部フレーム66に対するブラケット67の固定位置を変更することにより、植付条間Dの変更に対応させられるようになっている。

0047

横送りベルト32から縦送りベルト33,33への苗引継ぎ部には、横送りベルト32から送り出される苗を縦送りベルト33,33の搬送始端部まで強制的に移動させる強制移動具としての苗押込み具70を設けている。この苗押込み具70は、苗押込み具回動軸70aに回動自在に支持されたアーム70bに取り付けられており、一定方向に回転する苗押込み具駆動カム70cがアーム70bに取り付けたカムローラ70dを間欠的に押すことにより、適宜タイミングで下動するようになっている。苗押込み具70が下動したとき横送りベルト32から縦搬送ベルト33,33への苗の引継ぎ移動経路Cに上方から侵入して、該移動経路Cにある苗を強制的に縦送りベルト33,33の搬送始端部に押し込むように作動する。

0048

また、前記苗引継ぎ部には、横送りベルト32の搬送終端部から落下した苗が外側の縦送りベルト33よりも外方に逸脱しないように受け止めるシャッタ71を設け、また、横送りベルト32の搬送終端部から苗押込み具70への苗の供給を規制する規制具である規制ローラー72とを設けている。シャッタ71は板体で構成し、上端部が回動自在に支持され、下端部が横送りベルト32から縦搬送ベルト33,33への苗の引継ぎ移動経路Cを遮る方向に回動するようスプリング等の付勢体により付勢されている。規制ローラー72は、横送りベルト32の終端側苗載面32eの上方に位置し、規制ローラー72の外周面下端位置が、横送りベルト32の終端側苗載面32e上に載る苗Nの床土部Naの上端より若干下方に位置するように設定し、更に、規制ローラー72の外周部を弾性変形可能に設けている。

0049

図18において実線で示すように、苗押込み具70が苗の引継ぎ移動経路Cの上方の待機位置にあるときは、シャッタ71は閉じた状態になっていて、このとき、横送りベルト32の終端側苗載面32eに載った苗Nが、横送りベルト32と規制ローラー72とに挟まれて繰り出されて移動経路Cに送り出され、その苗Nがシャッタ71に受け止められる。そして、この状態から苗押込み具70が下動して、図18において鎖線で示すように苗押込み具70によってシャッタ71が苗Nを介して外側に押し開かれ、シャッタ71に受け止められていた苗Nが苗押込み具70によって縦送りベルト33,33の搬送始端部に押し込まれる。このとき、横送りベルト32の終端側苗載面32eに載った次の苗Nは、規制ローラー72によって規制されて引継ぎ移動経路Cに送り出されるのが規制されているので、複数個の苗が同時に縦送りベルト33,33に供給されることを防止している。また、苗押込み具70が上動するときに、横送りベルト32から苗が送り出されて跳ね上げることも防止している。

0050

苗植付装置34は、前部下側が接当するように平面視略V字形に配置された左右一対の円盤形状の植付ディスク34a,34aを備えている。これら植付ディスク34a,34aには前記縦送りベルト駆動軸63に取り付けた歯車75の歯が係合する係合穴34b,…が円周上に等間隔であけられており、縦送りベルト駆動軸63の回転に伴い縦送りベルト33,33の作動速度と同速度で前部が上から下へ移動するように植付ディスク34a,34aが回転する。縦送りベルト33,33により左右の植付ディスク34a,34aの接当しはじめる個所の間に苗Nの葉茎部Nbが一株づつ供給されると、その茎葉部Nbを左右の植付ディスク34a,34aが挟持して圃場まで搬送し、そこで左右の植付ディスク34a,34aが挟持していた苗Nを解放して苗植付溝G2内に植付ける。

0051

また、植付ディスク34a,34aは、図19に示すように、苗移植装置4に固定の横軸78に前部を回動自在に取付けた支持フレーム77の後部に回転自在に取付け、更に、該支持フレーム77の後部に圃場面に接地して転動する接地輪である覆土輪37,37を回転自在に取付け、また、植付溝G2を形成する溝成形体である植付溝形成ディスク35,35と作溝器36,36とも該支持フレーム77に装着している。そして、支持フレーム77の後部をスプリング79等の付勢体によって下方に付勢する構成としている。これにより、上記覆土輪37,37が接地して支持フレーム77を圃場面から設定高さに支持して、溝成形体35,35;36,36による植付溝G2の成形を設定深さに維持するようになると共に、苗植付装置34による苗Nの植付溝G2への植付深さを設定高さに維持するようになって、良好な苗の移植作業が行える。

0052

更に詳細な構成を述べると、支持フレーム77の前部で上方に突出する支持フレーム取付け部77aを、苗移植装置4に固定の前記下部フレーム66に左右位置変更可能に固定したブラケット67の下部に横軸78にて回動自在に取付け、この横軸78より後側の支持フレーム77は左右に分岐して後方にのび、この左に分岐して後方にのびる支持フレーム後部77b、77bの左右それぞれに左右の植付ディスク34a,34aのそれぞれを回転自在に取付けている。また、支持フレーム後部77b、77bのそれぞれに支持アーム77c,77cを回転自在に取付け、該支持アーム77c,77cの後端部に連結アーム77d,77dを枢着し、該連結アーム77d,77dを支持フレーム後部77b、77bに対して連結位置調節可能にして連結する。これにより、支持アーム77c,77cは、支持フレーム後部77b,77bに対してその下側で後ろ下がり姿勢で支持固定され、且つ、連結アーム77d,77dの支持フレーム後部77b、77bに対する連結位置調節により上下位置調節可能に支持されるものとなっていて、この支持アーム77c,77cに覆土輪37,37が回転自在に取付けて、支持フレーム77を覆土輪37,37により圃場面に対して任意に設定した高さで支持する構成となる。また、支持フレーム後部77b、77bの後端部付近に、ロッド77eを枢着し、該ロッド77eの上部を苗移植装置4に固定の前記上部フレーム65の後端部に固着のブラケット65aの係合孔摺動自在に挿入し、そのロッド77eにはブラケット65aとピン77fとの間において前記スプリング79を介在させている。従って、移植作業時には、スプリング79によって覆土輪37,37は下方に付勢されて接地状態を維持して転動し、この覆土輪37,37の接地転動中の上下動によって支持フレーム77は上下動する。

0053

植付ディスク34a,34aの支持フレーム77への具体的な取付け構造は、図22に示すように、左右の支持フレーム後部77b、77bに回転自在に回転軸34cを取付け、該回転軸34cの左右支持フレーム後部77b、77b間の部分に、外周に回転自在に植付ディスク34a,34aを装着するディスク支持用ボス34d,34dを嵌合してピン34e,34eにて回転軸34cと一体回転するように取付けている。このディスク支持用ボス34d,34dは、その外周に装着する植付ディスク34a,34aの回転中心34aC,34aCが回転軸34cの回転軸心線34cS上に位置するように軸孔34f,34fを形成し、且つ、左右の植付ディスク34a,34aがその各前方下側の外周部が互いに接当するように植付ディスク34a,34aの回転軸心線34aS,34aSが回転軸34cの回転軸心線34cSに対して斜めに交差するように軸孔34f,34fを形成している。このように設けたディスク支持用ボス34d,34dの外周にベアリング34g,…を介装して植付ディスク34a,34aの回転中心部にボルトにて固定して設けたボス34h,34hを回転自在に装着している。

0054

また、回転軸34cの一端にレバーLを一体回転するように取付けていて、該レバーLを左右一方の支持フレーム後部77bに固定して設けたレバー支持部材34iに複数箇所設けたレバー係合部34j…の一つに係合させて、回転軸34cの回転を止めている。したがって、レバーLを回転軸34cの回転方向に回動すると、回転軸34c及びディスク支持用ボス34d,34dが植付ディスク34a,34aの回転中心34aC,34aCを中心として回転し、その結果、左右の植付ディスク34a,34aの接当個所Hが回転方向に回動することになる。そして、接当個所Hが適当な位置に設定できたら、その位置でレバーLをレバー支持部材34iのレバー係合部34jに係合させて回転軸34cが回転しないようにする。

0055

なお、植付ディスク34a,34aの回転外周側の内側には、スポンジ等の弾性体34k,34kを貼付けていて、この部分で苗Nの葉茎部Nbを損傷を与えないようにして挟むようになっている。
よって、上記の苗移植機1は、苗の葉茎部を左右から挟んで圃場に搬送する左右一対の植付ディスク34a,34aを設けた苗移植機において、前記左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aの回転中心まわりに回動操作可能に設けたものである。

0056

また、更に、前記左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aの回転中心まわりに回動操作する操作具Lを植付ディスク34a,34aの近傍に設けたものである。
そして、更に、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aの回転中心に対して前側寄りになるよう構成し、前記操作具Lを植付ディスク34a,34aの後側に延ばしたレバーを上下回動して操作する構成としたものである。

0057

従って、上記の苗移植機1は、左右一対の植付ディスク34a,34aが苗Nの葉茎部Nbを左右から挟んで圃場に搬送して苗を移植する。また、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aの回転中心34aC,34aCまわりに回動操作すると、左右の植付ディスク34a,34aが互いに離れて苗を放す個所Eが、植付ディスク34a,34aの回転方向或はその逆方向に位置変更される。

発明を実施するための最良の形態

0058

例えば、植付ディスク34a,34aに供給される苗Nの葉茎部Nbが太いときには、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aを回転方向とは逆方向に回動操作して、左右の植付ディスク34a,34aが互いに離れて苗を放す個所Eが植付ディスク34a,34aの回転方向とは逆方向に位置変更されるように調節する。例えば、図21に示すように、レバーLをAの個所からBの個所に回動操作して、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを、H(A)に位置する状態からH(B)に位置する状態に位置調節し、左右の植付ディスク34a,34aが互いに離れて苗を放す個所Eを、E(A)の個所からE(B)の個所に位置調節する。これにより、苗の持ち上げが生じないように調節できる。また、植付ディスク34a,34aに供給される苗の葉茎部が細いときには、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを植付ディスク34a,34aを回転方向に回動操作して、左右の植付ディスク34a,34aが互いに離れて苗を放す個所Eが植付ディスク34a,34aの回転方向に位置変更されるように調節する。

図面の簡単な説明

0059

例えば、図21に示すように、レバーLをAの個所からCの個所に回動操作して、左右の植付ディスク34a,34aが互いに接当する個所Hを、H(A)に位置する状態からH(C)に位置する状態に位置調節し、左右の植付ディスク34a,34aが互いに離れて苗を放す個所Eを、E(A)の個所からE(C)の個所に位置調節する。これにより、苗の倒れが生じないように調節できる。

図1
苗移植機の側面図
図2
苗移植装置の側面図
図3
苗移植装置の平面図
図4
苗移植装置の苗移植作用を示す簡略側面図
図5
苗箱搬送装置の苗箱供給作動の機構を示す切断側面
図6
図5の一部を示す切断側面図
図7
分草プレートを示す側面図
図8
分草プレートの一部を示す背面図
図9
苗移植装置の苗取出し〜横送りまでの動作部を示す要部切断側面図
図10
苗ホルダーを示す(a)切断側面図、(b)部分正面図
図11
苗ホルダ、苗押え付け体を示す平面図
図12
横送りベルトの切断背面図
図13
横送りベルトの一部の作用状態を示す切断背面図
図14
横送りベルトの一部を示す(a)切断側面図、(b)平面図
図15
横送りベルトの一部の切断側面図
図16
横送りベルトの一部の切断側面図
図17
横送りベルト、縦送りベルトを示す背面図
図18
横送りベルトから縦送りベルトへの引継ぎ部を示す背面図
図19
作溝装置、苗植付装置、覆土輪を示す側面図
図20
支持フレームの切断背面図
図21
苗植付装置、覆土輪を示す側面図
図22
植付ディスクの断面背面図
図23
自動操向装置の平面図
図24
苗箱の平面図
図25
苗箱の正面図
図26
苗箱搬送装置の一部の斜視図
【符号の説明】
N:苗
Na:苗の床土部
31:苗ホルダ−
32:苗横送りベルト
32c:横送り突起
32g:苗係合保持凹部
33:縦送りベルト
34:苗植付装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱マヒンドラ農機株式会社の「 マルチ田植機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】植付クラッチを切った位置からマルチシートを切断するまでの走行距離が不適切になる場合がある。【解決手段】ロール状のシートを切断するシート切断機構15と、走行機体の位置情報及び走行機体の長手方向線... 詳細

  • 株式会社クボタの「 苗植付装置」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】5条植型式の苗植付装置において、縦送りクラッチと潤滑供給部とを適切に配置する。【解決手段】第1から第5の苗のせ部11〜15のうちの中央の第3の苗のせ部13の第3の縦送り機構23に動力を伝動及び... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 苗移植機」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】バランス性を向上させた苗移植機を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る苗移植機は、左右に走行輪を有する走行車体と、走行車体に設けられ、苗マットから取り出した苗を圃場に植え付ける植付部... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ