図面 (/)

技術 口腔用香料組成物および該香料組成物を含有する口腔組成物

出願人 川崎清光
発明者 川崎清光
出願日 2002年6月14日 (16年6ヶ月経過) 出願番号 2002-173901
公開日 2004年1月22日 (14年10ヶ月経過) 公開番号 2004-018431
状態 未査定
技術分野 化粧料 脂肪類、香料
主要キーワード ジフルフリルジスルフィド 吉草酸アミル メルカプトメントン イソ吉草酸エステル ペニーロイヤル油 リナリルエステル シトロネリル酸 シンナミルアルデヒド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2004年1月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

嗜好性が高く、口腔組成物に使用されている基材の味、匂いをマスキングあるいは口臭に対してマスキング効果があり、酸性領域あるいは塩基性領域でも安定であり、口腔組成物の基材の機能を阻害することのない清涼感爽快感に優れた口腔用香料組成物を提供すること、また、殺菌、防腐静菌歯石予防歯周病予防虫歯防止などにも有効な口腔用香料組成物および該口腔用香料組成物を含有してなる口腔組成物を提供すること。

解決手段

ミントノートを有するフレーバーシトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有させることにより、本発明の口腔用香料組成物を容易に調製することができる。

概要

背景

従来、歯磨洗口剤口中清涼剤などの口腔組成物には、嗜好性を高めたり、口腔組成物に使用されている基剤臭マスキングあるいは口臭のマスキングに合成香料天然香料あるいは香辛料など(特公昭48−8819号公報、特公昭57−36888号公報、同44648号公報、特開昭60−75427号公報、特開平1−153622号公報、同261327号公報、特開平4−124123号公報、同228033号公報、同8−275996後公報、特開平9−110662号公報、特開平10−310512号公報、特許2806029号公報など)が使用されている。また、歯石予防歯周病菌による組織破壊の予防、う蝕予防あるいは虫歯予防など(特開昭59−29618、29619、175422、175422、175423、175426、175428、特開昭63−277612、特開平9−110683、特許2777804など)に各種の合成香料、天然香料、あるいは香辛料などが使用されている。

概要

嗜好性が高く、口腔組成物に使用されている基材の味、匂いをマスキングあるいは口臭に対してマスキング効果があり、酸性領域あるいは塩基性領域でも安定であり、口腔組成物の基材の機能を阻害することのない清涼感爽快感に優れた口腔用香料組成物を提供すること、また、殺菌、防腐静菌、歯石予防、歯周病予防虫歯防止などにも有効な口腔用香料組成物および該口腔用香料組成物を含有してなる口腔組成物を提供すること。ミントノートを有するフレーバーシトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有させることにより、本発明の口腔用香料組成物を容易に調製することができる。 なし

目的

しかしながら、上記従来提案に使用されている香料類は、口腔組成物に使用されている基剤臭のマスキング、口臭のマスキング、歯石予防、歯周病予防、あるいは虫歯防止に有効であっても、口腔組成物として清涼感、爽快感などの嗜好性の面では必ずしも満足できるものではなく、嗜好性が高く、その上、基剤臭のマスキング、口臭のマスキングにも有効な口腔用香料組成物の開発が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
20件
牽制数
38件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ミントノートを有するフレーバーシトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物

請求項2

ミントノートを有するフレーバーから選ばれる1種以上の香料と、シトラスノートを有するフレーバーおよび/またはフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物。

請求項3

ミントノートを有するフレーバーが、ペパーミント油スペアミント油アップルミント油、ジンジャーミント油パイナップルミント油、ハッカ油ペニーロイヤル油メントールメントンイソメントン、メントフランメンチルアセテート、L−カルボンジヒドロカルボン、プレゴンイソプレゴールイソプレギルアセテート、L−カルベオール、ピペリトンピペリトールカルビルアセテート、ジヒドロカルビルアセテートおよび1,8−シネオールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項1および2記載の口腔用香料組成物。

請求項4

シトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーが、エステル類アルコール類アルデヒド類ケトン類アセタール類フェノール類エーテル類ラクトン類炭化水素類窒素硫黄化合物類、酸類および天然香料から選ばれる1種以上の香料からなる請求項1および2記載の口腔用香料組成物。

請求項5

請求項6

アクリル酸エステルが、アクリル酸メチルおよびアクリル酸エチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項7

アセト酢酸エステルが、アセト酢酸メチルおよびアセト酢酸エチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用組成物

請求項8

アニス酸エステルが、アニス酸メチルおよびアニス酸エチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項9

安息香酸エステルが、安息香酸アリル、イソアミル、エチル、ゲラニル、リナリルフェニルエチルヘキシル、シス−3−ヘキセニルベンジルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項10

アントラニル酸エステルが、アントラニル酸のシス−3−ヘキセニル、メチル、エチル、リナリル、イソブチルシンナミルおよびフェニルエチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項11

N−メチルアントラニル酸エステルが、N−メチルアントラニル酸のメチルおよびエチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項12

イソ吉草酸エステルが、イソ吉草酸のアリル、アミル、イソアミル、イソブチル、イソプロピル、エチル、オクチル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、テルニル、リナリル、シンナミル、フェニルエチル、ブチルプロピル、ヘキシル、ベンジル、メチルおよびロジニルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項13

イソ酪酸エステルが、イソ酪酸のイソアミル、ゲラニル、シトロネリル、テルピニル、シンナミル、オクチル、ネリル、フェニルエチル、フェニルプロピルフェノキシエチル、ブチル、プロピル、イソプロピル、ヘキシル、ベンジル、メチル、エチル、リナリルおよびロジニルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項14

ウンデシレン酸エステルが、ウンデシレン酸のアリル、イソアミル、ブチル、エチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項15

オクタン酸エステルが、オクタン酸のアリル、イソアミル、エチル、オクチル、ヘキシル、ブチル、メチルおよびリナリルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項16

ヘキセン酸エステルが、トランス−2または3−ヘキセン酸エチル、トランス−2または3−ヘキセン酸メチルおよびシス−3−ヘキセン酸エチルまたはメチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項17

オクテン酸およびオクチンカルボン酸エステルが、3−オクテン酸のメチルおよびエチルエステル、4−オクテン酸のメチルおよびエチルエステル、オクチンカルボン酸のメチルおよびエチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項18

カプロン酸エステルが、カプロン酸のアリル、アミル、イソアミル、メチル、エチル、イソブチル、ヘキシル、プロピル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、リナリル、ゲラニルおよびシクロヘキシルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項19

吉草酸エステルが、吉草酸のアミル、イソプロピル、イソブチル、エチル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、シンナミル、フェニルエチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項20

ギ酸エステルが、ギ酸アニシル、アミル、イソアミル、イソプロピル、エチル、オクチル、ゲラニル、シトロネリル、シンナミル、シクロヘキシル、テルピニル、フェニルエチル、ブチル、プロピル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、ベンジル、リナリル、ロジニルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項21

クロトン酸エステルが、クロトン酸のイソブチル、エチルおよびシクロヘキシルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項22

ケイ皮酸エステルが、ケイ皮酸のアリル、エチル、イソブチル、プロピル、3−フェニルプロピル、ベンジル、シクロヘキシルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項23

コハク酸エステルが、コハク酸のL−メンチルジエチルおよびジメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項24

酢酸エステルが、酢酸のアニシル、アミル、α−アミルシンナミル、イソアミル、イソブチル、イソプロピル、イソボルニル、イソオイゲニル、オイゲニル、2−エチルブチル、エチル、3−オクチル、p−クレジル、o−クレジル、ゲラニル、α−またはβ−サンタリル、シクロヘキシル、シトロネリル、ジヒドロクミニル、ジメチルベンジルカルビニル、シンナミル、スチラリル、デシルドデシル、テルピニル、グアイル、ネリル、ノニル、フェニルエチル、フェニルプロピル、ブチル、フルフリル、プロピル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、シス−3−ノネニル、シス−6−ノネニル、シス−3,シス−6−ノナジエニル、3−メチル−2−ブテニルヘプチル、ベンジル、ボルニル、ミルセニル、ジヒドロミルセニル、ミルテニル、メチル、2−メチルブチル、リナリルおよびロジニルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項25

サリチル酸エステルが、サリチル酸のアリル、イソアミル、フェニル、フェニルエチル、ベンジル、エチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項26

シクロヘキシルアルカン酸エステルが、シクロヘキシル酢酸アリル、シクロヘキシルプロピオン酸アリル、シクロヘキシル酪酸アリル、シクロヘキシルヘキサン酸アリル、シクロヘキシルデカン酸アリルおよびシクロヘキシル吉草酸アリルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項27

ステアリン酸エステルが、ステアリン酸のエチル、プロピルおよびブチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項28

セバチン酸エステルが、セバチン酸のジエチルおよびジメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項29

デカン酸エステルが、デカン酸のイソアミル、エチル、ブチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項30

ドデカン酸エステルが、ドデカン酸のイソアミル、エチルおよびブチルエステルから選ばれる少なくとも1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項31

乳酸エステルが、乳酸のイソアミル、エチルおよびブチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項32

ノナン酸エステルが、ノナン酸のエチル、フェニルエチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項33

ノネン酸エステルが、2−ノネン酸アリル、メチルまたはエチルおよび3−ノネン酸メチルまたはエチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項34

ヒドロキシヘキサン酸エステルが、2−ヒドロキシヘキサン酸エチルまたはメチルおよび3−ヒドロキシヘキサン酸エチルまたはメチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項35

フェニル酢酸エステルが、フェニル酢酸のイソアミル、イソブチル、エチル、ゲラニル、シトロネリル、シス−3−ヘキセニルおよびメンチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項36

フェノキシ酢酸エステルが、フェノキシ酢酸のアリル、エチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項37

フランカルボン酸エステルが、フランカルボン酸のエチル、メチル、ヘキシルエステルおよびフランプロピオン酸イソブチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項38

プロピオン酸エステルが、プロピオン酸のアニシル、アリル、エチル、アミル、イソアミル、プロピル、ブチル、イソブチル、イソプロピル、ベンジル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、シンナミル、テトラヒドロフルフリルトリシクロデセニル、ネリル、フェニルプロピル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、ヘプチル、ボルニル、メチル、メンチル、リナリル、テルピニルエステルおよびα−あるいはβ−メチルプロピオン酸メチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項39

ヘプタン酸エステルが、ヘプタン酸のアリル、エチル、オクチル、プロピルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項40

ヘプチンカルボン酸エステルが、ヘプチンカルボン酸のアリル、エチル、プロピルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項41

ミリスチン酸エステルが、ミリスチン酸のイソプロピル、エチルおよびメチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項42

フェニルグリシド酸エステルが、フェニルグリシド酸エチル、3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチルおよびp−メチル−β−フェニルグリシド酸エチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項43

2−あるいは3−メチル酪酸エステルが、2−メチル酪酸のメチル、エチル、オクチル、フェニルエチル、ブチル、ヘキシル、ベンジル、2−メチルブチル、および3−メチル酪酸エステルが、メチル、エチルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項44

酪酸エステルが、酪酸のアニシル、アミル、アリル、イソアミル、メチル、プロピル、エチル、オクチル、グアイル、リナリル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、シンナミル、ネリル、テルピニル、フェニルプロピル、フェニルエチル、ブチル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、ベンジルおよびロジニルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項45

ヒドロキシ酪酸エステルが、3−ヒドロキシ酪酸のメチル、エチルおよびL−メンチルエステルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項5記載の口腔用香料組成物。

請求項46

アルコール類が、脂肪族アルコールテルペンアルコール芳香族アルコールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項47

脂肪族アルコールが、イソアミルアルコール、2−エチルヘキサノール、1−オクタノール、3−オクタノール、1−オクテン−3−オール、1−デカノール、1−ドデカノール、2,6−ノナジエノールノナノール、2−ノナノール、シス−6−ノネノール、トランス−2,シス−6−ノナジエノール、シス−3,シス−6−ノナジエノール、ブタノールヘキサノール、シス−3−ヘキセノール、トランス−2−ヘキセノール、1−ウンデカノールヘプタノール2−ヘプタノールおよび3−メチル−1−ペンタノールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項46記載の口腔用香料組成物。

請求項48

テルペンアルコールが、ボルネオールイソボルネオール、カルベオール、ゲラニオール、α−あるいはβ−サンタロールシトロネロール、4−ツヤノール、テルピネオールネロールミルセノール、ミルテノール、ジヒドロミルセノールテトラヒドロミルセノール、ネロリドールヒドロキシシトロネロール、ファルネソールペリラアルコールロジノールおよびリナロールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項45記載の口腔用香料組成物。

請求項49

芳香族アルコールが、アニスアルコール、α−アミルシンナミックアルコール、イソプロピルベンジルカルビノールカルバクロールクミンアルコール、ジメチルベンジルカルビノール、シンナミックアルコール、チモール、フェニルアリルアルコールジメチルフェニルエチルカルビノールβ−フェニルエチルアルコール、3−フェニルプロピルアルコールおよびベンジルアルコールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項46記載の口腔用香料組成物。

請求項50

アルデヒド類が、脂肪族アルデヒド芳香族アルデヒドおよびテルペンアルデヒドから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項51

脂肪族アルデヒドが、アセトアルデヒドオクタナールノナナールデカナールウンデカナール、2,6−ジメチル−5−ヘプタナール、3,5,5−トリメチルヘキサナール,シス−3,シス−6−ノナジエナール、トランス−2,シス−6−ノナジエナール、バレルアルデヒドプロパナール、イソプロパナール、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナール、シスー3−ヘキセナール、2−ペンテナールドデカナールテトラデカナール、トランス−4−デセナール、トランス−2−トリデセナール、トランス−2−ドデセナール、トランス−2−ウンデセナール、2,4−ヘキサエナール、シス−6−ノネナール、トランス−2−ノネナールおよび2−メチルブタナールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項50記載の口腔用香料組成物。

請求項52

芳香族アルデヒドが、アニスアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、α−メチルシンナミックアルデヒド、シクラメンアルデヒド、p−イソプロピルフェニルアセトアルデヒド、エチルバニリンクミンアルデヒドサリチルアルデヒド、シンナミックアルデヒド、o−,m−またはp−トリルアルデヒド、バニリン、ビペロナールフェニルアセトアルデヒドヘリオトロピンベンズアルデヒド、4−メチル−2−フェニル−2−ペンテナール、p−メトキシシンナミックアルデヒドおよびp−メトキシベンズアルデヒドから選ばれる1種以上の香料からなる請求項50記載の口腔用香料組成物。

請求項53

テルペンアルデヒドが、ゲラニアールシトラールシトロネラール、α−シネンサール、β−シネンサール、ペリラアルデヒドヒドロキシシトロネラール、テトラハイドロシトラール、ミルテナールシクロシトラール、イソシクロシトラール、シトロネリルオキシアセトアルデヒド、ネラール、α−メチレンシトロネラール、マイラックアルデヒド、ベルンアルデヒドおよびサフラナールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項50記載の口腔用香料用組成物

請求項54

ケトン類が、環式ケトン芳香族ケトンおよび鎖式ケトンから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項55

環式ケトンが、1−アセチル−3,3−ジメチル−1−シクロヘキセン、シス−ジャスモン、α−,β−あるいはγ−イロンエチルマルトールシクロテン、ジヒドロヌートカトン、3,4−ジメチル−1,2−シクロペンタジオンソトロン、α−,β−,γ−あるいはδ−ダマスコン、α−,β−あるいはγ−ダマセノンヌートカトン、2−sec−ブチルシクロヘキサノン、マルトール、α−,β−あるいはγ−ヨノン、α−,β−あるいはγ−メチルヨノン、α−,β−あるいはγ−イソメチルヨノン、フラネオールおよびカンファから選ばれる1種以上の香料からなる請求項54記載の口腔用香料組成物。

請求項56

芳香族ケトンが、アセトナフトンアセトフェノンアニシリデンアセトンラズベリーケトン、p−メチルアセトフェノン、アニシルアセトン、ベンゾフェノンおよびp−メトキシアセトフェノンから選ばれる1種以上の香料からなる請求項54記載の口腔用香料組成物。

請求項57

鎖式ケトンが、ジアセチル、2−ノナノン、2−ヘプタノン、2,3−ヘプタンジオン2−ペンタノンメチルアミルケトンメチルノニルケトン、β−メチルナフチルケトン、メチルヘプタノン、3−ヘプタノン4−ヘプタノン、3−オクタノン、2,3−ヘキサンジオン2−ウンデカノンジメチルオクテノンゲラニルアセトンおよび6−メチル−5−ヘプテン−3−オンから選ばれる1種以上の香料からなる請求項54記載の口腔用香料組成物。

請求項58

アセタール類が、アセトアルデヒドジエチルアセタール、アセトアルデヒドジアミルアセタール、アセトアルデヒドジヘキシルアセタール、アセトアルデヒドプロピレングリコールアセタール、アセトアルデヒド エチルシスー3−ヘキセニルアセタール、ベンズアルデヒドグリセリンアセタール、ベンズアルデヒドプロピレングリコールアセタール、シトラールジメチルアセタール、シトラールジエチルアセタール、シトラールプロピレングリコールアセタール、シトラールエチレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、シトロネリルメチルアセタール、アセトアルデヒドフェニルエチルプロピルアタール、ヘキサナールジメチルアセタール、ヘキサナールジヘキシルアセタール、ヘキサナールプロピレングリコールアセタール、2−ヘキセナールジエチルアセタール、2−ヘキセナールプロピレングリコールアセタール、シス−3−ヘキセナールジエチルアセタール、ヘプタナールジエチルアセタール、ヘプタナールエチレングリコールアセタール、オクタナールジメチルアセタール、ノナナールジメチルアセタール、デカナールジメチルアセタール、デカナールジエチルアセタール、2−メチルウンデカナールジメチルアセタール、シトロネラールジメチルアセタール、4,7−ジヒドロ−2−イソペンチル−2−メチル−1,3−ジオキセピン、アセト酢酸エチルエチレングリコールアセタールおよび3−フェニルプロパナールジメチルアセタールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項59

フエノール類が、オイゲノールイソオイゲノール、2−メトキシ−4−ビニルフェノール、チモール、カルバクロール、グアヤコールおよびチャコールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項60

エーテル類が、アネトール、1,4−シネオール、ジベンジルエーテル、リナロールオキシドリモネンオキシド、ネロールオキシド、ローズオキシドメチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、メチルチャビコール、イソアミルフェニルエチルエーテルβ−ナフチルメチルエーテルサフロールイソサフロール、p−クレジルメチルエーテルバニリルブチルエーテル、α−テルピニルメチルエーテル、シトロネリルエチルエーテル、ゲラニルエチルエーテル、ローズフランテアスピランデシルメチルエーテルおよびメチルフェニルメチルエーテルから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項61

ラクトン類が、γ−あるいはδ−デカラクトン、γ−ヘプタラクトン、γ−ノナラクトン、γ−あるいはδ−ヘキサラクトン、γ−あるいはδ−オクタラクトン、γ−あるいはδ−ウンデカラクトン、δ−ドデカラクトン、δ−2−デセノラクトン、5−ヒドロキシ−8−ウンデセン酸δ−ラクトン、ジャスミンラクトン、メンタラクトン、ジヒドロクマリンオクタヒドロクマリンおよび6−メチルクマリンから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項62

炭化水素類が、α−あるいはβ−ビサボレン、β−カリオフィレン、p−サイメンテルピネンテルピノーレンカジネン、α−あるいはβ−ファルネセンリモネンオシメンミルセン、α−あるいはβ−ピネン、1,3,5−ウンデカトリエンおよびバレンセンから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項63

硫黄窒素化合物類が、ジメチルジスルフィドジメチルスルフィド、メチル 3−(メチルチオプロピオネート、エチル 3−(メチルチオ)プロピオネート、リモネンチオールチオターピネオールチオゲラニオール、2−フルフリルジスルフィド、8−メルカプトメントン、5−メチル−2−チオフェンカルボキシアルデヒド、フルフリルモノスルフィド、フルフリルメルカプタン、メチオノール、メチオナールビス(2−フリルスルフィドあるいはジスルフィド、4,5−ジヒドロ−3(2H)チオフェン、チオ酢酸エチル、3−メルカプトプロピオン酸イソチオシアン酸アリル、2,6−ジメチルチオフェノール、エチル 3−(フルフリルチオ)プロピオネート、エチル 4−(メチルチオ)ブチレート、3−メチル−1,2,4−トリチアン、2−ペンタンチオール、3,7−ジメチル−2,6−ノナジエンニトリルゲラニルニトリル、シトロネリルニトリル、トリデセンニトリル、フェニルメチルペンタノニトリルインドール、2−メチル−6−エトキシピラジン、2−イソブチル−3−メトキシピラジン4−メチル−5−チアゾールエタノールあるいはアセテートおよび4−メチルチアゾールから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項64

酸類が、酢酸、プロピオン酸、酪酸、イソ酪酸、2−メチル酪酸、2−エチル酪酸、吉草酸、イソ吉草酸、3−メチル吉草酸、ヘキサン酸、2−ヘキセン酸、2−メチル−2−ペンテン酸、2−メチルヘプタン酸、オクタン酸、ノナン酸、デカン酸、2−デセン酸ゲラン酸、ドデカン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、乳酸、フェニル酢酸、ピルビン酸、トランス−2−メチル−2−ペンテン酸、2−メチル−シス−3−ペンテン酸、2−メチル−4−ペンテン酸およびシクロヘキサンカルボン酸から選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項65

天然香料が、アニス、オレンジレモンライムマンリン、プチグレインベルガモットレモンバームグレーフルーツエレミオリバナムレモングラス、ネロリ、マジョラムアンゲリカルート、スターアニスバジルベイ、ビターアーモンドカラマスカモミールキャラウエイカルダモン、カッシャシナモンサンショウティーツリーペッパーシソサイプレスオレガノカスカリラ、ジンジャー、パセリ、パインニードルセージヒソップマスタードホースラディッシュクラリセージクローブ、コニャック、コリアンダーエストラゴン、ユーカリフェンネル、グアヤックウッドディル、カヤプテ、ワームシード、ワームウッド、ピメント、ジュニパー、フェネグリークガーリックローレルメース、ミル、ナッツメグ、スプルースゼラニウムシトロネララベンダーラバジンパルマローザローズローズマリーサンダルウッド、オークモスシダーウッド、べチバー、リナロエ、ボアドローズ、パチョリラブダナム、クミン、タイムウインターグリーン、イランイラン、バーチ、カプシカム、セロリートルーバルサムペルーバルサム、ジェネ、インモルテル、ベンゾイン、ジャスミン、カッシー、チュベローズ、レセダ、マリーゴールド、ミモザ、オポポナックスオリスバニラおよびリコリスから選ばれる1種以上の香料からなる請求項4記載の口腔用香料組成物。

請求項66

ミントノートを有するフレーバーが0〜100重量%、シトラスノートを有するフレーバーが0〜100重量%、フルーツノートを有するフレーバーが0〜100重量%である請求項1記載の口腔用香料組成物。

請求項67

ミントノートを有するフレーバーが1〜100重量%、シトラスノートを有するフレーバーが0〜80重量%、フルーツノートを有するフレーバーが0〜80重量%である請求項2記載の口腔用香料組成物。

請求項68

口腔用香料組成物を0.0001〜30重量%含有してなる口腔組成物

請求項69

口腔組成物が、歯磨き、洗口剤および口中清涼剤である請求項68記載の口腔組成物。

--

0001

本発明は、ミントノートを有するフレーバーシトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物および該香料組成物を含有する口腔組成物に関する。

技術分野

0002

さらに詳しくは、本発明は、清涼感爽快感を与え、また、口腔組成物に使用されている基剤(例えば研磨剤界面活性剤粘稠剤、粘結剤抗菌剤、抗う蝕剤、抗炎症剤歯垢形成抑制剤歯石予防剤、金属塩など)の味(苦味渋味甘味塩味酸味、粉っぽさ、金属味など)の改善、匂い(脂肪臭,発酵臭焦げ臭酸臭薬品臭金属臭などの悪臭)のマスキング、あるいは口臭タバコ臭を含む)のマスキングなどに有効な、持続性があり且つ液性酸性領域あるいは塩基性領域でも安定性があり、上記基材の機能を阻害することのない快適な使用感を有する口腔用香料組成物に関する。さらに本発明の口腔用香料組成物にスパイスノート、フローラルノート、スイートノート、その他の香気香味付与乃至変調剤を配合してなる口腔用香料組成物および口腔組成物にも関する。

0003

従来、歯磨洗口剤口中清涼剤などの口腔組成物には、嗜好性を高めたり、口腔組成物に使用されている基剤臭のマスキングあるいは口臭のマスキングに合成香料天然香料あるいは香辛料など(特公昭48−8819号公報、特公昭57−36888号公報、同44648号公報、特開昭60−75427号公報、特開平1−153622号公報、同261327号公報、特開平4−124123号公報、同228033号公報、同8−275996後公報、特開平9−110662号公報、特開平10−310512号公報、特許2806029号公報など)が使用されている。また、歯石予防、歯周病菌による組織破壊の予防、う蝕予防あるいは虫歯予防など(特開昭59−29618、29619、175422、175422、175423、175426、175428、特開昭63−277612、特開平9−110683、特許2777804など)に各種の合成香料、天然香料、あるいは香辛料などが使用されている。

0004

【発明が解決しょうとする課題】
しかしながら、上記従来提案に使用されている香料類は、口腔組成物に使用されている基剤臭のマスキング、口臭のマスキング、歯石予防、歯周病予防、あるいは虫歯防止に有効であっても、口腔組成物として清涼感、爽快感などの嗜好性の面では必ずしも満足できるものではなく、嗜好性が高く、その上、基剤臭のマスキング、口臭のマスキングにも有効な口腔用香料組成物の開発が望まれている。

0005

従って、本発明の目的は、嗜好性および持続性が高く、且つ口腔組成物に使用されている基剤(研磨剤、界面活性剤、粘稠剤、粘結剤、殺菌剤、抗炎症剤、生薬血行促進剤収れん剤歯石防止剤、有効成分など)の味(苦味,渋味、塩味、酸味、粉っぽさ、金属味など)、におい(脂肪臭、醗酵臭、焦げ臭、薬品臭など)をマスキングあるいは口臭に対してマスキング効果があり、酸性領域あるいは塩基性領域でも安定性があり、口腔組成物の基剤の機能を阻害することのない優れた口腔用香料組成物を提供することにある。また、本発明の他の目的は、殺菌、防腐静菌、歯石予防、歯周病予防、虫歯防止などにも有効な口腔用香料組成物および該口腔用香料組成物を含有してなる口腔組成物を提供するにある。

0006

さらに、本発明の口腔用香料組成物に、スパイスノート、フローラルノート、スイートノートおよびその他の香気・香味付与乃至変調剤を配合して、種々の嗜好性を有する口腔用香料組成物を提供するにある。

0007

【課題を解決するための手段および発明の実施形態】
そこで、本発明者は上記のごとき課題を解決すべく研究した結果、ミントノートを有するフレーバー、シトラスノートを有するフレーバーおよび/またはフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物、好ましくはミントノートを有するフレーバーから選ばれる1種以上の香料と、シトラスノートを有するフレーバーまたはフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物が、優れた嗜好性を有し、基剤臭あるいは口臭のマスキングに優れ、口腔組成物の機能を阻害することがなく、使用者に快適な使用感を与えることのできる優れた効果を有することを見出し、本発明を完成した。さらに、該口腔用香料組成物を含有する口腔組成物が、優れた嗜好性を有することを見出し本発明を完成した。

0008

本発明の口腔用香料組成物として用いられるミントノートを有するフレーバーとしては、例えばペパーミント油スペアミント油コーンミント油アップルミント油、ジンジャーミント油、パイナップルミント油、ハッカ油ペニーロイヤル油メントールメントンイソメントン、メントフランメンチルアセテート、L−カルボンジヒドロカルボン、プレゴンイソプレゴールイソプレギルアセテート、L−カルベオール、ピペリトンピペリトールカルビルアセテート、ジヒドロカルビルアセテート、1,8−シネオールなどを好ましく挙げることができる。

0009

また、シトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーは、例えばエステル類アルコール類アルデヒド類ケトン類アセタール類フェノール類エーテル類ラクトン類炭化水素類窒素硫黄化合物類、酸類などの合成香料および天然香料などから調製することができる。

0010

上記の合成香料の、例えばエステル類としては、例えばアクリル酸エステルアセト酢酸エステルアニス酸エステル安息香酸エステルアントラニル酸エステル、N−メチルアントラニル酸エステル、イソ吉草酸エステルイソ酪酸エステルウンデシレン酸エステルオクタン酸エステルオクテン酸エステル、オクチンカルボン酸エステルカプロン酸エステルヘキセン酸エステル、吉草酸エステルギ酸エステルクロトン酸エステルケイ皮酸エステルコハク酸エステル酢酸エステルサリチル酸エステルシクロヘキシルアルカン酸エステルステアリン酸エステル、セバチン酸エステル、デカン酸エステルドデカン酸エステル乳酸エステルノナン酸エステル、ノネン酸エステル、ヒドロキシヘキサン酸エステル、フェニル酢酸エステルフェノキシ酢酸エステル、フランカルボン酸エステル、プロピオン酸エステルヘプタン酸エステル、ヘプチンカルボン酸エステル、ミリスチン酸エステルフェニルグリシド酸エステル、2−メチル酪酸エステル、酪酸エステルヒドロキシ酪酸エステルなどが使用されるが、より具体的にはアクリル酸エステルとしては、例えばアクリル酸メチルおよびアクリル酸エチルを例示することができる。

0011

また、アセト酢酸エステルとしては、アセト酢酸メチルおよびアセト酢酸エチルを好ましくあげることができる。

0012

また、アニス酸エステルの好ましい例としては、アニス酸メチルおよびアニス酸エチルが挙げられる。

0013

また、安息香酸エステルの例としては、安息香酸アリル、イソアミル、エチル、ゲラニル、リナリルフェニルエチルヘキシル、シス−3−ヘキセニルベンジルおよびメチルエステルなどが挙げられる。

0014

また、アントラニル酸エステルの好ましい具体例としては、アントラニル酸シンナミル、シス−3−ヘキセニル、メチル、エチル、リナリル、イソブチルおよびフェニルエチルエステルなどを例示することができる。

0015

また、N−メチルアントラニル酸エステルとしては、N−メチルアントラニル酸のメチルおよびエチルエステルを好ましく例示することができる。

0016

また、イソ吉草酸エステルとしては、例えばイソ吉草酸アミル、アリル、イソアミル、イソブチル、イソプロピル、エチル、オクチル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、テルニル、リナリル、シンナミル、フェニルエチル、ブチルプロピル、ヘキシル、ベンジル、メチルおよびロジニルエステルなどを好ましく例示することができる。

0017

また、イソ酪酸エステルとしては、例えばイソ酪酸のイソアミル、ゲラニル、シトロネリル、テルペニル、シンナミル、オクチル、ネリル、フェニルエチル、フェニルプロピルフェノキシエチル、ブチル、プロピル、イソプロピル、ヘキシル、ベンジル、メチル、エチル、リナリルおよびロジニルエステルなどが好ましい例として挙げられる。

0018

また、ウンデシレン酸エステルとしては、例えばウンデシレン酸のアリル、イソアミル、ブチル、エチルおよびメチルエステルなどが好ましく例示できる。

0019

また、オクタン酸エステルの例としては、オクタン酸のアリル、イソアミル、エチル、オクチル、ヘキシル、ブチル、メチルおよびリナリルエステルなどが好ましく例示できる。

0020

また、ヘキセン酸エステルの例としては、トランス−2または3−ヘキセン酸エチル、トランス−2または3−ヘキセン酸メチルおよびシス−3−ヘキセン酸エチルまたはメチルなどが好ましい例として挙げられる。

0021

また、オクテン酸およびオクチンカルボン酸エステルとしては、3−オクテン酸のメチルおよびエチルエステル、4−オクテン酸のメチルおよびエチルエステル、オクチンカルボン酸のメチルおよびエチルエステルなどが好ましい例として挙げることができる。

0022

また、カプロン酸エステルの具体例としては、カプロン酸のアリル、アミル、イソアミル、メチル、エチル、イソブチル、プロピル、ヘキシル、シスー3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、リナリル、ゲラニルおよびシクロヘキシルエステルなどが好ましく挙げられる。

0023

また、吉草酸エステルの具体例としては、吉草酸のアミル、イソプロピル、イソブチル、エチル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、シンナミル、フェニルエチルおよびメチルエステルなどが好ましい例として挙げられる。

0024

また、ギ酸エステルのうち好ましい例としては、ギ酸アニシル、イソアミル、イソプロピル、エチル、オクチル、ゲラニル、シトロネリル、シンナミル、シクロヘキシル、テルピニル、フェニルエチル、ブチル、プロピル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、ベンジル、リナリル、ロジニルエステルなどを例示することができる。

0025

また、クロトン酸エステルのうち、好ましい例としては、例えばクロトン酸のイソブチル、エチルおよびシクロヘキシルエステルなどを挙げることができる。

0026

また、ケイ皮酸エステルとしては、例えばケイ皮酸のアリル、エチル、メチル、イソプロピル、プロピル、3−フェニルプロピル、ベンジル、シクロヘキシルおよびメチルエステルなどが好ましい例としてあげることができる。

0027

また、コハク酸エステルとしては、例えばコハク酸のL−メンチルジエチルおよびジメチルエステルなどが好ましく例示できる。

0028

また、酢酸エステルのうち、好ましい例としては、例えば酢酸のアニシル、アミル、α−アミルシンナミル、イソアミル、イソブチル、イソプロピル、イソボルニル、イソオイゲニル、オイゲニル、2−エチルブチル、エチル、3−オクチル、p−クレジル、o−クレジル、ゲラニル、α−またはβ−サンタリル、シクロヘキシル、シトロネリル、ジヒドロクミニル、ジメチルベンジルカルビニル、シンナミル、スチラリル、デシルドデシル、テルピニル、グアイオール、ネリル、ノニル、フェニルエチル、フェニルプロピル、ブチル、フルフリル、プロピル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、シス−3−ノネニル、シス−6−ノネニル、シス−3,シス−6−ノナジエニル、3−メチル−2−ブテニルヘプチル、ベンジル、ボルニル、ミルセニル、ジヒドロミルセニル、ミルテニル、メチル、2−メチルブチル、リナリルおよびロジニルなどが挙げられる。

0029

また、サリチル酸エステルの具体例としては、サリチル酸のアリル、イソアミル、フェニル、フェニルエチル、ベンジル、エチルおよびメチルエステルなどを好ましく挙げられる。

0030

また、シクロヘキシルアルカン酸エステルとしては、例えばシクロヘキシル酢酸アリル、シクロヘキシルプロピオン酸アリル、シクロヘキシル酪酸アリル、シクロヘキシルヘキサン酸アリル、シクロヘキシルデカン酸アリルおよびシクロヘキシル吉草酸アリルなどを好ましくあげることができる。

0031

また、ステアリン酸エステルの好ましい例としては、例えばステアリン酸のエチル、プロピルおよびブチルエステルなどが挙げられる。

0032

また、セバチン酸エステルとしては、例えばセバチン酸のジエチルおよびジメチルエステルが好適である。

0033

また、デカン酸エステルとしては、例えばデカン酸のイソアミル、エチル、ブチルおよびメチルエステルなどが良く用いられる。

0034

また、ドデカン酸エステルとしては、特にドデカン酸のイソアミル、エチルおよびブチルエステルが好ましく用いられる。

0035

また、乳酸エステルとしては、例えば乳酸のイソアミル、エチルおよびブチルエステルなどが好ましく使用される。

0036

また、ノナン酸エステルとしては、例えばノナン酸のエチル、フェニルエチルおよびメチルエステルが良く使用される。

0037

また、ノネン酸エステルとしては、例えば2−ノネン酸メチル、アリルまたはエチルおよび3−ノネン酸メチルまたはエチルなどがしばしば使用される。

0038

また、ヒドロキシヘキサン酸エステルのうち、例えば2−ヒドロキシヘキサン酸エチルまたはメチルおよび3−ヒドロキシヘキサン酸エチルまたはメチルなどが好ましく挙げられる。

0039

また、フェニル酢酸エステルとしては、例えばフェニル酢酸のイソアミル、イソブチル、エチル、ゲラニル、シトロネリル、シス−3−ヘキセニルおよびメンチルエステルなどが好ましく用いられる。

0040

また、フェノキシ酢酸エステルとしては、例えばフェノキシ酢酸のアリル、エチルおよびメチルエステルなどが好ましい例として挙げられる。

0041

また、フランカルボン酸エステルとしては、例えばフランカルボン酸のエチル、メチル、ヘキシルエステルおよびフランプロピオン酸イソブチルなどを好ましく例示することができる。

0042

また、プロピオン酸エステルの好ましい例としては、例えばプロピオン酸のアニシル、アリル、エチル、アミル、イソアミル、プロピル、ブチル、イソブチル、イソプロピル、ベンジル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、シンナミル、テトラヒドロフルフリルトリシクロデセニル、ネリル、フェニルプロピル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、ヘプチル、ボルニル、メチル、メンチル、リナリル、テルピニルエステルおよびα−あるいはβ−メチルプロピオン酸メチルなどを挙げることができる。

0043

また、ヘプタン酸エステルとしては、例えばヘプタン酸のアリル、エチル、オクチル、プロピルおよびメチルエステルなどを好ましく例示することができる。

0044

また、ヘプチンカルボン酸エステルのうち、好ましい具体例としては、例えばヘプチンカルボン酸のアリル、エチル、プロピルおよびメチルエステルなどを例示することができる。

0045

また、ミリスチン酸エステルとしては、例えばミリスチン酸のイソプロピル、エチルおよびメチルエステルなどが良く使用される。

0046

また、フェニルグリシド酸エステルとしては、フェニルグリシド酸エチル、3−メチルフェニルグリシド酸エチルおよびp−メチル−β−フェニルグリシド酸エチルなどが好適である。

0047

また、2−あるいは3−メチル酪酸エステルのうち好ましい具体例としては、例えば2−メチル酪酸のメチル、エチル、オクチル、フェニルエチル、ブチル、ヘキシル、ベンジルおよび2−メチルブチルなどが挙げられる。また、3−メチル酪酸エステルとしては、3−メチル酪酸のメチル、エチルなどが挙げられる。

0048

また、酪酸エステルのうち、良く使用される例として、例えば酪酸のアニシル、アミル、アリル、イソアミル、メチル、エチル、プロピル、オクチル、グアイオール、リナリル、ゲラニル、シクロヘキシル、シトロネリル、シンナミル、ネリル、テルピニル、フェニルプロピル、β−フェニルエチル、ブチル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、ベンジルおよびロジニルエステルなどがある。

0049

また、ヒドロキシ酪酸エステルのうち、しばしば使用される具体例としては、例えば3−ヒドロキシ酪酸のメチル、エチルおよびL−メンチルエステルなどが挙げられる。

0050

また、アルコール類としは、脂肪族アルコールテルペンアルコール芳香族アルコールが良く使用され、脂肪族アルコールとしては、イソアミルアルコール、2−エチルヘキサノール、1−オクタノール、3−オクタノール、1−オクテン−3−オール、1−デカノール、1−ドデカノール、2,6−ノナジエノールノナノール、2−ノナノール、シス−6−ノネノール、トランス−2,シス−6−ノナジエノール、シス−3,シス−6−ノナジエノール、ブタノールヘキサノール、シス−3−ヘキセノール、トランス−2−ヘキセノール、1−ウンデカノールヘプタノール2−ヘプタノールおよび3−メチル−1−ペンタノールなどが好ましい例として挙げられる。

0051

また、テルペンアルコールとしては、例えばボルネオールイソボルネオール、カルベオール、ゲラニオール、α−あるいはβ−サンタロールシトロネロール、4−ツヤノール、テルピネオール、4−テルピネオール、ネロールミルセノール、ミルテノール、ジヒドロミルセノールテトラヒドロミルセノール、ネロリドールヒドロキシシトロネロール、ファルネソールペリラアルコールロジノールおよびリナロールなどが良く使用される例として挙げられる。

0052

また、芳香族アルコールのうち、例えばアニスアルコール、α−アミルシンナミックアルコール、イソプロピルベンジルカルビノールカルバクロールクミンアルコール、ジメチルベンジルカルビノール、シンナミックアルコール、チモール、フェニルアリルアルコールフェニルエチルカルビノールβ−フェニルエチルアルコール、3−フェニルプロピルアルコールおよびベンジルアルコールなどを好ましく例示することができる。

0053

また、アルデヒド類としては、脂肪族アルデヒド芳香族アルデヒドおよびテルペンアルデヒドなどが挙げられ、脂肪族アルデヒドの好ましい例としては、例えばアセトアルデヒドオクタナールノナナールデカナールウンデカナール、2,6−ジメチル−5−ヘプタナール、3,5,5−トリメチルヘキサナール,シス−3,シス−6−ノナジエナール、トランス−2,シス−6−ノナジエナール、バレルアルデヒドプロパナール、イソプロパナール、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナール、シスー3−ヘキセナール、2−ペンテナールドデカナールテトラデカナール、トランス−4−デセナール、トランス−2−トリデセナール、トランス−2−ドデセナール、トランス−2−ウンデセナール、2,4−ヘキサエナール、シス−6−ノネナール、トランス−2−ノネナールおよび2−メチルブタナールなどが挙げられる。

0054

また、芳香族アルデヒドとしては、例えばアニスアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、α−メチルシンナミックアルデヒド、シクラメンアルデヒド、p−イソプロピルフェニルアセトアルデヒド、エチルバニリンクミンアルデヒドサリチルアルデヒド、シンナミックアルデヒド、o−,m−またはp−トリルアルデヒド、バニリン、ビペロナールフェニルアセトアルデヒドヘリオトロピンベンズアルデヒド、4−メチル−2−フェニル−2−ペンテナール、p−メトキシシンナミックアルデヒドおよびp−メトキシベンズアルデヒドなどを好ましく例示できる。

0055

また、テルペンアルデヒドとしては、例えばゲラニアールシトラールシトロネラール、α−シネンサール、β−シネンサール、ペリラアルデヒドヒドロキシシトロネラール、テトラハイドロシトラール、ミルテナールシクロシトラール、イソシクロシトラール、シトロネリルオキシアセトアルデヒド、ネラール、α−メチレンシトロネラール、マイラックアルデヒド、ベルンアルデヒドおよびサフラナールなどを好ましく挙げることができる。

0056

また、ケトン類としては、環式ケトン芳香族ケトンおよび鎖式ケトンが挙げられ、環式ケトンとしては、例えば1−アセチル−3,3−ジメチル−1−シクロヘキセン、シス−ジャスモン、α−,β−あるいはγ−イロンエチルマルトールシクロテン、ジヒドロヌートカトン、3,4−ジメチル−1,2−シクロペンタジオンソトロン、α−,β−,γ−あるいはδ−ダマスコン、α−,β−あるいはγ−ダマセノンヌートカトン、2−sec−ブチルシクロヘキサノン、マルトール、α−,β−あるいはγ−ヨノン、α−,β−あるいはγ−メチルヨノン、α−,β−あるいはγ−イソメチルヨノン、フラネオールおよびカンファなどを好ましく例示することができる。

0057

また、芳香族ケトンの具体例としては、例えばアセトナフトンアセトフェノンアニシリデンアセトンラズベリーケトン、p−メチルアセトフェノン、アニシルアセトン、ベンゾフェノンおよびp−メトキシアセトフェノンなどを好ましく例示することができる。

0058

また、鎖式ケトンとしては、例えばジアセチル、2−ノナノン、ジアセチル、2−ヘプタノン、2,3−ヘプタンジオン2−ペンタノンメチルアミルケトンメチルノニルケトン、β−メチルナフチルケトン、メチルヘプタノン、3−ヘプタノン4−ヘプタノン、3−オクタノン、2,3−ヘキサンジオン2−ウンデカノンジメチルオクテノンおよび6−メチル−5−ヘプテン−3−オンなどが好ましく例示することができる。

0059

また、アセタール類としては、アセトアルデヒドジエチルアセタール、アセトアルデヒドジアミルアセタール、アセトアルデヒドジヘキシルアセタール、アセトアルデヒドプロピレングリコールアセタール、アセトアルデヒド エチル シスー3−ヘキセニルアセタール、ベンズアルデヒドグリセリンアセタール、ベンズアルデヒドプロピレングリコールアセタール、シトラールジメチルアセタール、シトラールジエチルアセタール、シトラールプロピレングリコールアセタール、シトラールエチレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、シトロネリルメチルアセタール、アセトアルデヒドフェニルエチルプロピルアタール、ヘキサナールジメチルアセタール、ヘキサナールジヘキシルアセタール、ヘキサナールプロピレングリコールアセタール、2−ヘキセナールジエチルアセタール、2−ヘキセナールプロピレングリコールアセタール、シス−3−ヘキセナールジエチルアセタール、ヘプタナールジエチルアセタール、ヘプタナールエチレングリコールアセタール、オクタナールジメチルアセタール、ノナナールジメチルアセタール、デカナールジメチルアセタール、デカナールジエチルアセタール、2−メチルウンデカナールジメチルアセタール、シトロネラールジメチルアセタール、アンバーセージ(Givaudan−Roure)、アセト酢酸エチルエチレングリコールアセタールおよび3−フェニルプロパナールジメチルアセタールなどが好ましい例として挙げることができる。

0060

また、フエノール類としては、例えばオイゲノールイソオイゲノール、2−メトキシ−4−ビニルフェノール、チモール、カルバクロール、グアヤコールおよびチャコールなどが好ましく挙げられる。

0061

また、エーテル類としては、例えばアネトール、1,4−シネオール、ジベンジルエーテル、リナロールオキシドリモネンオキシド、ネロールオキシド、ローズオキシドメチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、メチルチャビコール、イソアミルフェニルエチルエーテルβ−ナフチルメチルエーテルサフロールイソサフロール、フェニルプロピルエーテル、p−クレジルメチルエーテルバニリルブチルエーテル、α−テルピニルメチルエーテル、シトロネリルエチルエーテル、ゲラニルエチルエーテル、ローズフランテアスピランデシルメチルエーテルおよびメチルフェニルメチルエーテルなどが好ましい例として挙げられる。

0062

また、ラクトン類の好ましい例としては、例えばγ−あるいはδ−デカラクトン、γ−ヘプタラクトン、γ−ノナラクトン、γ−あるいはδ−ヘキサラクトン、γ−あるいはδ−オクタラクトン、γ−あるいはδ−ウンデカラクトン、δ−ドデカラクトン、δ−2−デセノラクトン、メチルラクトン、5−ヒドロキシ−8−ウンデセン酸δ−ラクトン、ジャスミンラクトン、メンタラクトン、ジヒドロクマリンオクタヒドロクマリンおよび6−メチルクマリンなどが挙げられる。

0063

また、炭化水素類としては、例えばα−あるいはβ−ヒザボレン、β−カリオフィレン、p−サイメンテルピネンテルピノーレンカジネンファルネセンリモネンオシメンミルセン、α−あるいはβ−ピネン、1,3,5−ウンデカトリエンおよびバレンセンなどが好ましい例として挙げられる。

0064

また、硫黄窒素化合物類の好ましい例としては、例えばジメチルトリスルフィド、メチル 3−(メチルチオフロピオネート、エチル 3−(メチルチオ)プロピオネート、3−メルカプトプロピオン酸、リモネンチオールチオターピネオールチオゲラニオール、2−フルフリルジスルフィド、8−メルカプトメントン、5−メチル−2−チオフェンカルボキシアルデヒド、フルフリルモノスルフィド、フルフリルメルカプタン、メチオノール、メチオナールビス(2−フリルスルフィドあるいはジスルフィド、4,5−ジヒドロ−3(2H)チオフェン、チオ酢酸エチル、イソチオシアン酸アリル、2,6−ジメチルチオフェノール、エチル 3−(フルフリルチオ)プロピオネート、エチル 4−(メチルチオ)ブチレート、3−メチル−1,2,4−トリチアン、2−ペンタンチオール、3,7−ジメチル−2,6−ノナジエンニトリルゲラニルニトリル、シトロネリルニトリル、トリデセンニトリル、フェニルメチルペンタノニトリルインドール、2−メチル−6−エトキシピラジン、2−イソブチル−3−メトキシピラジン4−メチル−5−チアゾールエタノールあるいはアセテートおよび4−メチルチアゾールなどを挙げることができる。

0065

また、酸類としては、例えば酢酸、プロピオン酸、酪酸、イソ酪酸、2−メチル酪酸、2−エチル酪酸、吉草酸、イソ吉草酸、3−メチル吉草酸、ヘキサン酸、2−ヘキセン酸、2−メチル−2−ペンテン酸、2−メチルヘプタン酸、オクタン酸、ノナン酸、デカン酸、2−デセン酸ゲラン酸、ドデカン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、乳酸、フェニル酢酸、ピルビン酸、トランス−2−メチル−2−ペンテン酸、2−メチル−シス−3−ペンテン酸、2−メチル−4−ペンテン酸およびシクロヘキサンカルボン酸などを好ましく例示することができる。

0066

また、天然香料の好ましい具体例としては、例えばアニス、オレンジレモンライムマンリン、プチグレインベルガモットレモンバームグレーフルーツエレミオリバナムレモングラス、ネロリ、マジョラムアンゲリカルート、スターアニスバジルベイ、ビターアーモンドカラマスカモミールキャラウエイカルダモン、カッシャシナモンサンショウペッパーシソサイプレスオレガノカスカリラ、ジンジャー、パセリ、パインニードル、セージ、ヒソップティツリーマスタードホースラディッシュクラリセージクローブ、コニャック、コリアンダーエストラゴン、ユーカリフェンネル、グアヤックウッドディル、カヤプテ、ワームシード、ワームウッド、ピメント、ジュニパー、フェネグリークガーリックローレルメース、ミル、ナッツメグ、スプルースゼラニウムシトロネララベンダーラバジンパルマローザローズローズマリーサンダルウッド、オークモスシダーウッド、べチバー、リナロエ、ボアドローズ、パチョリラブダナム、クミン、タイムウインターグリーン、イランイラン、バーチ、カプシカム、セロリートルーバルサムペルーバルサム、ジェネ、インモルテル、ベンゾイン、ジャスミン、カッシー、チュベローズ、レセダ、マリーゴールド、ミモザ、オポポナックスオリスバニラおよびリコリスなどが挙げられる。これらの天然香料に含有されている香料成分を使用することもできる。

0067

本発明の口腔用香料組成物は、上記合成香料、天然香料を適宜に組み合わせることにより容易に調製することができるが、より具体的には、例えば、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ライムなどのシトラスノートを有するフレーバーを調製するのに一般的に良く使用される香料の具体例としては、例えば、エステル類などでは、アントラニル酸メチルおよびリナリル;N−メチルアントラニル酸エチル;イソ吉草酸フェニルエチル;イソ酪酸オクチルおよびネリル;ウンデシレン酸メチル;オクタン酸オクチル、エチルおよびリナリル;カプロン酸エチル、アミル、イソアミルおよびヘキシル;ギ酸プルピル、オクチル、ゲラニル、シトロネリルおよびリナリル;クロトン酸エチル;ケイ皮酸メチル酢酸イソプロピル、イソオイゲニル、エチル、オクチル、ゲラニル、シトロネリル、シンナミル、デシル、ドデシル、テルピニル、ネリル、ノニル、ヘプチル、ミルセニル、リナリル、ミルテニルおよびジヒドロミルセニル;ノナン酸メチルおよびエチル;2−ヒドロキシヘキサン酸メチル;プロピオン酸トリシクロデセニル、テルペニルおよびリナリル;酪酸オクチル、シンナミルおよびネリルなどが具体的な例として挙げられる。

0068

また、脂肪族アルコールの具体例としては、1−ウンデカノール、1−デカノール、1−ドデカノール、ノナノール、2−ノナノールおよびトランス−2−ヘキセノール;テルペンアルコールとしては、テトラヒドロミルセノール、ジヒドロミルセノール、カルベオール、シトロネロール、テルピネオール、ネロールおよびミルセノール;芳香族アルコールでは、フェニルエチルアルコール、ベンジルアルコールなどが一般的に良く使用される例として挙げられる。

0069

また、脂肪族アルデヒドでは、オクタナール、ノナナール、デカナール、ウンデカナール、ドデカナール、トランス−4−デセナール、トランス−2−ドデセナール、2,4−ヘキサジエナール、シス−6−ノネナール、ヘキサナールおよびトランス−2−ヘキセナール;芳香族アルデヒドとしては、フェニルアセトアルデヒド;テルペンアルデヒドとしては、シトラール、ネラール、β−シネンサール、ミルテナールおよびサフラナールなどが一般的に良く使用される。

0070

また、環式ケトンとしては、ジヒドロヌートカトンおよびヌートカトン;芳香族ケトンとしては、アセトナフトンおよびアセトフェノン;鎖式ケトンとしては、3−ヘプタノン、3−オクタノン、2,3−ヘキサジオン、ゲラニルアセトン、6−メチル−6−ヘプテン−3−オンおよび2−ウンデカノンなどが、一般的に良く使用されける例として挙げられる。

0071

また、フェノール類としては、チモールおよびカルバクロール;エーテル類としては、1,4−シネオール、リナロールオキシド、ローズフランおよびα−テルピニルメチルエーテルなどが良く使用される例として挙げられる。

0072

また、ラクトン類としては、γ−ウンデカラクトンおよびδ−ドデカラクトン;炭化水素類としてはβ−ビサボレン、リモネンおよびオシメン;硫黄・窒素化合物類としては、チオターピネオール、チオゲラニオール、8−メルカプトメントン、3,7−ジメチル−2,6−ノナジエンニトリル、シトロネリルニトリル、ゲラニルニトリルおよびリモネンチオール;酸類としてはドデカン酸、2−デセン酸およびゲラン酸などが良く使用される例として挙げることができる。

0073

また、天然香料としては、オレンジ、レモン、ライム、マンダリン、プチグレイン、ベルガモット、グレープフルーツ、エレミ、オリバナム、レモングラス、ネロリ、マジョラム、アンゲリカルート、スターアニス、バジル、ベイ、カラマス、キャラウエイ、カルダモン、シナモン、ペッパー、カスカリラ、ジンジャー、セージ、クラリセージ、クローブ、コリアンダー、ユーカリ、フェンネル、ピメント、ジュニパー、フェネグリーク、ローレルおよびメースなどが良く使用される例として挙げることができる。

0074

上記合成香料以外にオレンジ油レモン油ライム油グレープフルーツ油などシトラス系精油中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料を使用することもできる。

0075

一方、アップル、グレープ、ストロベリーパイナップルバナナ、ピーチ、メロンアプリコットチェリー、梅、ラズベリーなどのフルーツノートを有するフレーバー、より具体的には、例えばアップル様風味のフレーバー調製に使用される香料素材としては、例えばイソ吉草酸アリル、イソアミル、イソプロピル、エチル、ゲラニル、テルピニル、シトロネリル、シンナミル、フェニルエチルおよびベンジル;イソ酪酸フェニルエチル;オクタン酸リナリル;カプロン酸エチルおよびイソアミル;吉草酸エチルおよびアミル;ギ酸エチル、シンナミルおよびベンジル;酢酸アミル、イソアミル、イソブチル、イソオイゲニル、オイゲニル、2−エチルブチル、エチル、オクチル、シクロヘキシル、シトロネリル、ジメチルベンジルカルビニル、シンナミル、スチラリル、デシル、テルピニル、グアイオール、ネリル、フェニルエチル、フェニルプロピル、ブチル、プロピル、ヘキシル、シスー3−ヘキセニル、トランス−2−ヘキセニル、ヘプチル、ベンジル、ボルニル、メチル、2−メチルブチル、リナリルおよびロジニル;サリチル酸アリル、イソアミル、フェニルエチル、ベンジル、エチルおよびメチル;プロピオン酸ベンジル、ヘキシル、シクロヘキシルおよびブチル;ヘプタン酸エチル酪酸アミル、アリル、イソアミル、エチルおよびシクロヘキシル;3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル;イソアミルアルコール、ヘキサノール、ヘプチルアルコール、オクタノール、トランス−2−ヘキセノール、シスー3−ヘキセノールおよび2,6−ノナジエノール;ゲラニオール、リナロールおよびロジノール;ベンジルアルコール;アセトアルデヒド、プロパナール、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナールおよびデカナール;バニリンおよびベンズアルデヒド;ゲラニアール、シトラールおよびシトロネラール;マルトールおよびエチルマルトール;アセトアルデヒドジエチルアセタール、アセトアルデヒドプロピレングリコールアセタール、アセトアルデヒドジアミルアセタール、ヘキサナールジイソアミルアセタール、トランス−2−ヘキセナールプロピレングリコールアセタール;アネトール;γ−あるいはδ−デカラクトンおよびγ−ウンデカラクトン;酢酸および酪酸;アニス油、レモン油、ベルガモット油、オレンジ油、ライム油およびネロリ油などが使用される。上記合成香料以外に、天然アップル中の揮発性成分(香料成分)を単離、あるいは合成した香料成分を使用することもできる。

0076

また、グレープ様風味の調製には、例えば、アニス酸エチル、安息香酸メチルおよびエチル;アントラニル酸エチル、メチルおよびシンナミル、N−メチルアントラニル酸メチルイソ吉草酸イソアミル、アミルおよびシンナミル;クロトン酸エチル;ケイ皮酸エチル、メチルおよびイソブチル;コハク酸ジエチル;酢酸エチル、テルピニル、グアイオール、フェニルプロピルおよびロジニル;サリチル酸アリルおよびメチル;ステアリン酸ブチルデカン酸エチル乳酸エチル;ノナン酸エチル;プロピオン酸エチル、メチル、イソアミル、ベンジルおよびシンナミル;ヘプタン酸エチル;3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル;酪酸エチルおよびシス−3−ヘキセニル;3−ヒドロキシ酪酸エチル;ゲラニオール;シンナミックアルコール;2−メチルブタナールおよびトランス−2−ヘキセナール;p−トリルアルデヒド;シトラール、シトロネラールおよびヒドロキシシトロネラール;エチルマルトール、シクロテンおよびマルトール;メチルナフチルケトン;2−ヘキセナールジエチルアセタール;テアスピラン;γ−ウンデカラクトン;3−メルカプトプロピオン酸エチル;酢酸、酪酸およびカプロン酸;オレンジ油、プチグレイン油などが利用される例とて挙げられる。また、上記合成香料の他に、グレープ中の揮発性成分(香気成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することができる。

0077

また、ベリー類、特にストロベリー様風味の調製には、例えばアセト酢酸エチル;アニス酸メチル;安息香酸エチル、メチルおよびベンジル;イソ吉草酸ベンジル;イソ酪酸シンナミル;オクタン酸メチル;オクチンカルボン酸メチルおよびエチル;カプロン酸メチル;吉草酸エチル、アミルおよびシンナミル;ギ酸アニシル、エチル、シス−3−ヘキセニルおよびベンジル;ケイ皮酸エチル、メチル、ベンジルおよびイソブチル;コハク酸ジメチル;酢酸アミル、イソブチル、エチル、プロピル、トランス−2−ヘキセニルおよびベンジル;サリチル酸イソアミル、ベンジル、メチルおよびエチル;シクロヘキシルプロピオン酸アリル;ドデカン酸エチル;乳酸エチル;ノネン酸エチル;フェニル酢酸シス−3−ヘキセニル;フェノキシ酢酸アリル;フランカルボン酸アリル、プロピルおよびエチル;プロピオン酸エチルおよびシス−3−ヘキセニル;2−メチルプロピオン酸エチル;ヘプタン酸エチル;ヘプチンカルボン酸メチル;3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル;2−メチル酪酸メチル;酪酸アミルおよびエチル;ノナノール、シス−6−ノネノール、シス−3,シス−6−ノナジエノールおよびトランス−2−ヘキセノール;α−シンナミックアルコール;ベンジルアルコール;ノナナール、2,6−ジメチル−5−ヘプタナール、トランス−2−ヘキセナール、シス−3−ヘキセナールおよびシス−6−ノネナール;アニスアルデヒド、バニリン、フェニルアセトアルデヒドおよびベンズアルデヒド;マルトール、α−ヨノンおよびフラネオール;ラズベリーケトン;ジアセチル、3−オクタノンおよびジプロピルケトン;アネトール;γ−デカラクトンおよびγ−ウンデカラクトン;リモネン;3−(メチルチオ)プロピオネートおよびメチオナール;酢酸および酪酸;レモン油、ネロリ油、クローブ油、ローズ油、バーチ油およびオリス油などが調合素材として通常利用される例として挙げられる。また、上記合成香料の他に、ストロベリー中の揮発性成分(香料成分)を単離もしくは合成した香料成分を使用することもできる。

0078

また、パイナップル様の風味の調製には、例えばアクリル酸エチル;イソ吉草酸イソアミル、アリル、テルピニルおよびシクロヘキシル;オクタン酸エチルおよびイソアミル;カプロン酸アリル、メチルおよびエチル;吉草酸エチルおよびアミル;酢酸アミル、イソアミル、イソブチル、エチル、2−エチルブチル、シクロヘキシル、ブチル、ヘキシルおよびシス−3−ヘキセニル;シクロヘキシルプロピオン酸アリル;シクロヘキシル酪酸アリル;ステアリン酸ブチル;ノネン酸エチル;フェノキシ酢酸アリル;プロピオン酸エチル、ベンジル、ゲラニルおよびシクロヘキシル;β−メチルプロピオン酸メチル;ヘプタン酸エチル;酪酸アミル、イソアミル、エチル、シクロヘキシルおよびベンジル;イソアミルアルコール、ヘキサノール、シス−3−ヘキセノールおよびブタノール;リナロール;アセトアルデヒドおよびトランス−2−ヘキセナール;エチルバニリン、バニリンおよびヘリオトロピン;α−イロン、α−ヨノンおよびγ−メチルヨノン;ジアセチル、メチルアミルケトンおよびメチルヘプタノン;イソオイゲノール;β−メチルチオプロピオン酸メチル、アリルおよびエチル;酢酸および酪酸;オレンジ油、レモン油およびローズ油などが利用される調合香料素材例として挙げることができる。また、上記合成香料の他にストロベリー中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することもできる。

0079

また、バナナ様の風味の調製に使用される調合素材としては、例えばアクリル酸エチル;安息香酸エチル;イソ吉草酸アリル、イソアミル、イソブチル、イソプロピルおよびブチル;イソ酪酸エチル;ウンデシレン酸エチル;オクタン酸アリルおよびイソアミル;カプロン酸アリル、メチル、エチル、ヘキシル、トランス−2−ヘキセニルおよびシス−3−ヘキセニル;2−ヘキセン酸メチルおよびエチル;3−ヘキセン酸メチルおよびエチル;吉草酸メチルおよびエチル;クロトン酸アリルおよびエチル;ケイ皮酸アリル;酢酸アミル、エチル、シクロヘキシル、デシル、ブチル、ベンジルおよびボルニル;シクロヘキシル酢酸アリル;シクロヘキシルプロピオン酸アリル;シクロヘキシル酪酸アリル;シクロヘキシルヘキサン酸アリル;乳酸ブチル;フェノキシ酢酸アリル;α−あるいはβ−メチルプロピオン酸エチル;ヘプタン酸エチル、2−メチル酪酸メチル;3−メチル酪酸エチルおよびメチル;酪酸イソアミル、メチル、エチル、シトロネリルおよびヘキシル;ノナノール、ヘキサノール、トランス−2−ヘキセノール、トランス−2−ノネノール、イソアミルアルコールおよびシス−3−ヘキセノール;シトロネロール;トランス−2−ヘキセナール、シス−3−ヘキセナール、トランス−2、シス−6−ノナジエナール、ノナナール;バニリン;シトラール;マルトール;フラネオール;2−ペンタノン;オイゲノール;酢酸および酪酸;オレンジ油、レモン油およびネロリ油などが使用される例として挙げることができる。また上記以外にバナナ中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を調合素材として使用することもできる。

0080

また、ピーチ様の風味を有するフレーバーの調製には、例えばN−メチルアントラニル酸メチル;オクタン酸エチル;オクテン酸エチル;カプロン酸エチル;吉草酸エチルおよびアミル;ギ酸アミル、ヘキシルおよびベンジル;ケイ皮酸エチルおよびメチル;酢酸アミル、イソアミル、エチル、オクチルおよびベンジル;シクロヘキシル酪酸アリル;シクロヘキシルヘキサン酸アリル;フェニル酢酸エチル;プロピオン酸エチルおよびベンジル;3−フェニルグリシド酸エチル;酪酸アミル、イソアミルおよびエチル;ヘキサノール、トランス−2−ヘキセノールおよびシス−3−ヘキセノール;ゲラニオール、シトロネロール、テルピネオールおよびリナロール;β−フェニルエチルアルコール;アセトアルデヒド、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナールおよびシス−3−ヘキセナール;シンナミックアルデヒド、バニリン、ベンズアルデヒド;シトラール;α−イロン;α−ヨノン;アネトール;γ−ヘプタラクトン、γ−ヘキサラクトン、γ−オクタラクトン、γ−ウンデカラクトン、γ−ノナラクトンおよびγ−デカラクトン;酢酸および酪酸;オレンジ油、レモン油、マンダリン油、ネロリ油、シナモン油、アニス油、コリアンダー油、ゼラニウム油およびローズ油などが良く使用される調合香料素材例として挙げられる。また、上記合成香料の他に、ピーチ中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することもできる。

0081

また、メロン様の風味を有するフレーバー調製の調合香料素材としては、例えばアニス酸メチル;安息香酸ベンジルおよびエチル;アントラニル酸メチル;オクテン酸エチル;オクチンカルボン酸メチル;吉草酸エチルおよびメチル;ギ酸エチルおよびメチル;プロピオン酸ブチル;ケイ皮酸メチル、エチル、プロピルおよびベンジル;酢酸アミル、エチル、ヘキシル、プロピル、ベンジル、サンタリル、シトロネリルおよびシス−6−ノネン−1−オール;サリチル酸ベンジル;ドデカン酸エチル;ノネン酸エチル;フェニル酢酸シス−3−ヘキセニル;2−メチルプロピオン酸エチル;フェニルグリシド酸メチル;3−メチル−3−フェニルグリシド酸メチル;トランス−2あるいは3−ヘキセン酸エチル、トランス−2あるいは3−ヘキセン酸メチルおよびシス−3−ヘキセン酸エチルまたはメチル;2−メチル酪酸メチル;酪酸アミル、ゲラニルおよびエチル;2−ノネン酸メチル;レブリン酸エチル;シス−6−ノネノール、シス−3−ノネノール、ヘキサノール、シス−3−ヘキセノール、トランス−2,シス−6−ノナジエノール、シス−3,シス−6−ノナジエノール;2,6−ジメチル−5−ヘプタナール、トランス−2−ヘキセナール、シス−3−ヘキセナール、トランス−2−ノネナール、トランス−2,シス−6−ノナジエナールおよびシス−6−ノネナール;ベンズアルデヒドおよびフェニルアセトアルデヒド;ヘリオトロピンおよびバニリン;マルトールおよびα−ヨノン;γ−デカラクトンおよびγ−ドデカラクトン;ヒドロキシシトロネラールプロピレングリコールアセタール;メチルヘプテノンプロピレングリコールアセタール;フェニルエチルカルビノール;3−フェニルプロピルアルコール;3−(メチルチオ)プロピオン酸メチル、3−(メチルチオ)エタノール;レモン油、オレンジ油およびクローブ油などが一般的に良く用いられる。また、上記合成香料の他にメロン中の揮発成分(香料成分)を単離もしくは合成した香料成分を調合香料素材として使用することができる。

0082

また、アプリコット様の風味を有するフレーバーを調製するには、例えば、酢酸イソアミル、ヘプチル、アミル、テルピニルおよびエチル、プロピオン酸ヘプチル、酪酸イソアミル、ブチルおよびエチル、ギ酸イソアミル、イソ酪酸メチルイソ吉草酸エチルおよびゲラニル、吉草酸エチル、シクロヘキシルデカン酸アリル、シクロヘキシルカプロン酸アリル、シクロヘキシル吉草酸アリル、フェニル酢酸イソアミル、ヘキサン酸エチル、ケイ皮酸プロピルなどのエステル類、γ−オクタラクトン、γ−ウンデカラクトンなどのラクトン類、ベンズアルデヒド、バニリンなどの芳香族アルデヒド、α−ヨノンなどの環式ケトン、アミルアルコールなどの脂肪族アルコール、ゲラニオール、リナロールなどのテルペンアルコール、ベンジルアルコールなどの芳香族アルコール、酢酸、イソ酪酸、ヘキサン酸などの酸類、ゲラニアールなどのテルペンアルデヒド、ビターアーモンド油、シンナモン油、レモン油、オレンジ油、ネロリ油、ゼラニウム油、ジャスミン油、プチグレイン油、ジャスミンアブリュート、ローズアブソリュート、ジャスミン油、ローズ油、スターアニス油などが、使用される調合香料素材例として挙げることができる。また、上記合成香料の他に、アプリコット中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することができる。

0083

また、梅様の風味を有するフレーバーを調製するには、例えば酢酸エチル、イソアミル、ヘキシル、シス−3−ヘキセニルおよびブチル、2−メチル酪酸エチル、安息香酸エチル、サリチル酸メチルなどのエステル類;オイゲノールなどのフェノール類;ヘキサノール、シスー3−ヘキセノール、トランス−2−ヘキセノール、ブタノールのごとき脂肪族アルコール;ベンジアルコール、β−フェニルエチルアルコールなどの芳香族アルコール;リナロール、ゲラニオール、シトロネロールのごときテルペンアルコール;ベンズアルデヒドなどの芳香族アルデヒド;ペリラアルデヒドなどのテルペンアルデヒド;トランス−2−ヘキセナール、シス−3−ヘキセナールなどの脂肪族アルデヒド;β−ダマスコンのごとき環式ケトン;γ−あるいはδ−デカラクトン、γ−ヘキサラクトン、ジャスミンラクトンなどのラクトン類;酢酸、プロピオン酸、カプロン酸などの酸類;レモン油、オレンジ油などの精油が用いられる。また、上記合成香料の他に、梅中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を調合香料素材として使用することができる。

0084

また、チェリー様の風味を有するフレーバーを調製に通常使用される香料素材としては、例えば酢酸イソアミル、アニシル、ベンジル、2−メチルブチル、ヘキシル、アミルおよびエチル、酪酸エチルおよびアミル、安息香酸メチル、ケイ皮酸エチル、吉草酸アミル、3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチルなどのエステル類、シス−3−ヘキセノール、ヘキサノールなどの脂肪族アルコール、オイゲノールなどのフェノール類、アニスアルデヒド、ベンズアルデヒド、バニリン、ヘリオトロピン、p−トルアルデドおよびシンナミックアルデヒドなどの芳香族アルデヒド、リナロールなどのテルペンアルコール、フルフラールなどのアルデヒド、γ−ウンデカラクトンなどのラクトン類、β−ダマスコン、エチルマルトール、β−ヨノンなどの環式ケトン、クローブ油、レモン油、ローズ油などが使用される。また、上記合成香料の他に、チェリー中の揮発性成分(香料成分)を単離、または合成した香料成分を使用することができる。

0085

この他にラズベリー様の風味を有するフレーバーを調製するには、例えば酢酸アミル、エチル、ヘキシル、2−ヘキセニル、テルピニル、ネリル、サンタリルおよびエチル、酪酸アミルおよびエチル、吉草酸エチル、サリチル酸ベンジル、ケイ皮酸イソブチル、N−メチルアントラニル酸メチル、3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル、アントラニル酸ジメチルなどのエステル類;シス−3−ヘキセノールなどの脂肪族アルコール;ゲラニオール、ロジノール、サンタロールなどのテルペンアルコール;ラズベリーケトンなどの芳香族ケトン;α−ヨノン、メチルヨノン、マルトール、β−ヨノン、α−イロンなどの環式ケトン;アセトアルデヒド、ヘキサナールなどの脂肪族アルデヒド;シトラールなどのテルペンアルデヒド;γ−ウンデカラクトンのようなラクトン類;アネトールなどのエーテル類;ジメチルスルフィドなどの硫黄化合物;酢酸、酪酸、吉草酸などの酸類;ジャスミンアブソリュート、ローズアブソリュート、レモン油などの天然香料が良く用いられる。また、上記合成香料の他に、ラズベリー中の揮発性成分(香料成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することができる。

0086

トロピカルフルーツ系では、例えばグァバ様風味を有するフレーバーの調製に使用される香料としては、例えば酪酸エチル、酢酸シス−3−ヘキセニル、酢酸ベンジル、酢酸ヘキシル、酢酸ベンジル、3−ノネン酸メチル、酢酸シンナミル、酢酸3−フェニルプロピルなどのエステル類;シス−3−ヘキセノール、ヘキサノール、リナロール、ボルネオール、テルピネン−4−オール、α−テルピネオール、シンナミルアルコールなどのアルコール類;フルフラール、ベンズアルデヒド、ネラール、ゲラニアール、ペリラアルデヒド、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナールなどのアルデヒド類;この他にフラネオール、ホモフラネオール、ソトロン、γ−ヘキサラクトン、リモネン、1,8−シネオール、ベンゾチアゾール、3−ペンタンチオール、カプロン酸、プロピオン酸などがあげられる。これら香料の他にグァバ中の揮発性成分(香料成分)を単離、あるいは合成した香料成分も使用される。

0087

また、パッションフルーツ様風味を有するフレーバーの香料素材としては、例えばヘキサノール、ブタノール、シス−またはトランス−3−ヘキセン−1−オール、トランス−4−ヘキセン−1−オール、シス−またはトランス−3−オクテン−1−オール、シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、α−テルピネオール、オクタノールなどのアルコール類;アセトアルデヒド、ベンズアルデヒドなどのアルデヒド類;2−ペンタノン、2−ヘプタノン、2−ウンデカノン、2−ペンタノン、2−ノナノン、2−ウンデカノン、β−イオノンなどのケトン類;酢酸、酪酸、カプロン酸、オクタン酸などの酸類;酢酸エチル、カプロン酸エチル、酪酸ヘキシル、カプロン酸ヘキシル、酢酸シス−またはトランス−3−ヘキセニル、酢酸シトロネリル酢酸フェニルエチル、プロピオン酸エチル、酪酸シス−またはトランス−3−ヘキセニル、酪酸シス−またはトランス−4−ヘキセニル、2−ブテン酸エチル、カプロン酸シス−またはトランス−3−ヘキセニル、カプロン酸シス−またはトランス−4−ヘキセニル、3−ヘキセン酸エチル、カプロン酸シス−またはトランス−4−ヘキセニル、シス−またはトランス−3−オクテン酸エチルなどのエステル類;4−ヒドロキシヘキサン酸ラクトン、4−ヒドロキシオクタン酸ラクトン、ジヒドロアクチニジオライドなどのラクトン類;その他として、エジュラン、1,8−シネオール、リナロールオキシド、レモン油、オレンジ油、ピーチ様風味フレーバー、パイナップル様風味フレーバー、グレープ様風味フレーバー、ストロベリー様風味フレーバー、ベルガモット油などを例示することができる。また、上記香料の他にパッションフルーツ中の揮発性成分(香気成分)を単離あるいは合成した香料成分を使用することができる。

0088

また、パパイヤ様風味フレーバーの調製に使用される素材としては、例えば、ミルセン、リモネンなどの炭化水素類;ブタノール、1−または2−ブタノール、2−メチルブタノール、ヘキサノール、シス−またはトランス−2−ヘキセン−1−オール、シス−またはトランス−3−ヘキセン−1−オール、ノナノール、デカノール、ウンデカノール、ゲラニオール、ネロール、リナロール、テルピネオールなどのアルコール類;アセトアルデヒド、ヘキサナール、フェニルアセトアルデヒド、デカナールなどのアルデヒド類;アセトフェノン、シクロヘキサノン、3,5,5−トリメチル−2−シクロヘキセン−1−オン、β−イオノンなどのケトン類;酢酸、酪酸、カプロン酸、オクタン酸、安息香酸などの酸類;酢酸エチル、酪酸エチル、プロピオン酸エチル、カプロン酸エチル、カプロン酸ヘキシル、ゲラン酸メチル、安息香酸エチル、安息香酸ベンジル、フェニル酢酸エチルなどのエステル類;γ−ヘキサラクトン、γ−オクタラクトンなどのラクトン類;その他として、例えばリナロールオキシド、1,8−シネオール、カルバクロール、メチルピラジン、ピラジン、2,3−ジメチルピラジン、メチル(メチルチオ)アセテート、チモール、メチルチオ酢酸、チオシアン酸エチル、チオシアン酸エチル、1,1−ジエトキシエタンなどがあげられる。上記香料の他、パパイヤ中に存在する揮発性成分(香気成分)を単離、あるいは合成して使用することができる。

0089

また、マンゴー様風味を有するフレーバーの調製は、例えば、ミルセン、オシメン、リモネン、3−カレン、テルピノーレン、カジネン、イソロンギフォレンなどの炭化水素類;ヘキサノール、シス−またはトランス−3−ヘキセン−1−オール、シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、リナロール、ベンジルアルコール、2−フェニルエタノール、リナロール、α−またはβ−テルピネオール、シス−またはトランス−2−ヘキセン−1−オールなどのアルコール類;アセトアルデド、ヘキサナール、トランス−2−ヘキセナール、シス−3−ヘキセナール、2,6−ノナジエナール、シトロネラール、シトラール、ゲラニアール、ベンズアルデヒド、アセトアルデヒド、β−シクロシトラールなどのアルデヒド類;アセトフェノン、4−メチルアセトフェノン、β−ダマセノン、β−イオノン、ベルベノンなどのケトン類;酢酸、酪酸、カプロン酸、オクタン酸、デカン酸などの酸類;酢酸エチル、酢酸シス−またはトランス−3−ヘキセニル、シス−またはトランス−2−ブテン酸3−ヘキセニル、ヘキサン酸シス−またはトランス−ヘキセニル、デカン酸エチル、ドデカン酸エチルなどのエステル類;γ−ヘキサラクトン、γ−ノナラクトン、γ−オクタラクトンなどのラクトン類;その他として2−アセチルピロール、ジメチルスルフィド、フルフラール、フラネオール、5−メチルフルフラール、2−アセチルフランなどをあげることができる。
上記香料の他、マンゴー中に存在する揮発性成分(香気成分)を単離、あるいは合成して使用することができる。

0090

所望により、本発明の口腔用香料組成物に、例えばスパイシーノート、フローラルノート、スイートノート、その他の香気・香味付与乃至変調剤を配合して、種々の嗜好性を有する口腔用香料組成物を調製することもできる。

0091

かかるスパイシーノートしては、例えばアジョワン、アニス、アンゼリカウイキョウオールスパイス、シナモン、カモミール、カラシナ、カルダモン、キャラウエイ、クミン、クローブ、コショウ、コリアンダー、サッサフラスセイボリー、サンショウ、シソ、ジュニパーベリー、ジンジャー、スターアニス、セイヨウワサビ、タイム、タラゴン、ディル、トウガラシナツメグ、バジル、マジョラム、ローズマリー、ローレルおよびワサビなど公知のスパイスの1種以上が使用され、その形状は精油、エキストラクトあるいはオレオレジンなどいずれでもよい。

0092

また、合成香料としては、たとえばアセチルイソオイゲノールベンジルイソオイゲノール、2−ブチル−4,4,6−トリメチル−1,3−ジオキサン、β−カリオフィレン、カルバクロール、シンナミックアルデヒド、シンナミルニトリル、チャビコール、エストラゴール、クミンアルデヒド、クミニルニトリル、p−サイメン、4−イソプロピル−2−ヘキサノン、ジヒドロクミンアルデヒド、サフラン酸エチルサリチル酸エチル、オイゲノール、2−エチル−6,6−ジメチル−2−シクロヘキセンカルボン酸エチルサリチル酸ヘキシル、2−イソブチル−3−メトキシピラジン、イソオイゲノール、2−イソプロピル−3−メチルフェノール、2−イソプロピル−3−メトキシピラジン、イソサフロール、ラバンジュロール、MACEAL(QUEST)、o−メトキシシンナミルアルデヒド、1−メトキシ−4−プロペニルベンゼン、メチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロパナール、ミルテナール、α−フェランドレン、ルボフィックスフイルメニッヒ)、サフラナール、サフロール、シルベストン、テルピネン−4−オール、チモール、ジンゲロンなどの1種以上の合成香料が使用される。この他にスパイス成分中に含まれる香味成分を使用することもできる。上記のスパイスおよび/または合成香料の1種以上を調合香料素材として使用することにより容易にスパイシーノートを調製することができる[周知・慣用技術集 (香料) 第2部 食品用香料 496頁、第3部 香粧品用香料 202頁 参照]。

0093

また、フローラルノートとしては、例えばジャスミン、チュベローズ、ナルシス、オレンジフラワー、ジュネ、イランイラン、カナンガ、ネロリ、ローズ・ド・メイ、ローズ、ゼラニウム、パルマローザ、カッシー、イリス、レモン、ベルガモット、マンダリン、オレンジ、ライム、グレープフルーツ、プチグレイン、エレミ、サンダルウッド、ベチバー、パチョリ、パイン、シプレスペパーミントスペアミント、ラベンダー、ラバンジン、ローズマリー、タイム、マジョラム、ユーカリ、ローレル、ヒソップ、シトロネラ、レモングラス、ベルベナ、キュベバ、カモミル、カラムス、タンジー、シダーリーフ、アニス、フェンネル、バジル、タラゴン、クミン、キャラウエイ、セロリー、クラリセージ、クローブ、シンナモンバーク、ベイ、ナツメグ、ペパー、ジュニパーベリー、カルダモン、コリアンダー、ジンジャー、トルーバルサム、バニラ、トンカビーンズ、スチラックスシストラブダナム、ファーバルサムシベット、カストリウムコスタスアンブレットシード、ガルバナム、バイオレットリーフ、カシス、オークモス、トリーモス、ボア・ド・ローズ、ホーウッドなどの天然香料の1種以上が使用され、これらは精油、アブソリュート、エキストラクト、チンキコンクリートなどの形状で使用される。

0094

また、合成香料の例としては、例えばβ−フエニルエチルアルコール、ゲラニオール、α−,β−,γ−あるいはδ−ダマスコン、α−,β−あるいはγ−ダマセノン、ローズオキサイド、イソダマスコン、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、シトロネロール、ネロール、ジメチルオクタノール、ネロールオキサイド、酢酸ベンジル、α−n−シンナミルアルデヒド、α−n−ヘキシルシンナミルアルデヒド、ベンジルアルコール、インドール、ジヒドロジャスモン酸メチル、リナロール、酢酸リナリルジヒドロジャスモン、シス−ジャスモン、シス−ジャスモンラクトン、ジャスモラクトンジャスモン酸メチル、ジャスミンラクトン、AC−1300、LRT14(GIVAUDAN−ROURE)、ジャスマールIFF)、ゲルソン(IFF)、FLEURAMON(IFF)、オイゲノール、メチルオイゲノール、イソオイゲノール、シンナミルアルコール、サリチル酸ベンジルおよびアミル、クローブ油、α−あるいはβ−ヨノン、メチルヨノン、LIFFAROME(IFF)、α−イロン、オリボン(IFF)、酢酸p−t−ブチルシクロヘキシル、ネロールオキサイド、β−メチルナフチルケトン、アントラニル酸メチル−ヒドロキシシトロネラール シッフベース酢酸テルピニル、酢酸リナリル、サリチル酸メチル、γ−ノナラクトン、安息香酸メチル、安息香酸エチル、アントラニル酸メチル、フェニルアセトアルデヒド、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、ハイドロトロピックアルデヒド、ヒアシンスボディNo3(IFF)、ヒアシンスボディ(IFF)、ヘリオトロピルアセトン、テルピネオール、リリアール(GIVAUDAN)、リラール(IFF)、MAYOL(FIRMENICH)、ハイドロキシシトロネラール、スチラックス、サイクラメンアルデヒド、ジメチルベンジルカルビノール、アニスアルデヒド、ヘリオトロピン、ヘリオナール(IFF)、バニリン、酢酸スチラリル、プロピオン酸スチラリル、テトラハイドロリナロール、テトラハイドロミルセノール、ジヒドロミルセノール、エチルリナロール、MGUOL(IFF)などの1種以上が使用される。フローラルノートは、上記の天然香料および/または合成香料の1種以上を調合香料素材として用いることにより、容易に調製することができる[特許公報 周知・慣用技術集(香料)第3部 香粧品香料 152頁 2001.6.15参照]。

0095

また、スイートノートとしては、例えば、ローズアブソリュート、ジャスミンアブソリュート、ローズ油、ゼラニウム油、γ−ウンデカラクトン、3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル、シクロヘキシルプロピオン酸アリル、インドール、マルトール、バニリン、エチルマルトール、エチルバニリン、シクラメンアルデヒド、酢酸P−t−ブチルシクロヘキシル、シクロペンタデカノライド、カモミル油、クローブバット油、シンナモン油、パチョリ油、ラベンダーアブソリュート、シンナミックアルデヒド、ベンズアルデヒド、シトラール、クマリン、アントラニル酸メチル、サリチル酸メチル、フェニルアセトアルデヒド、酢酸エチルフェニル、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタールなどの1種以上を調合香料素材として使用することにより、容易に調製することができる[特許庁公報 周知・慣用技術集(香料)第3部 香粧品用香料 218頁 2001.6.15 参照]。

0096

上記の合成香料、天然香料の口腔用香料組成物における配合割合は、その嗜好性により適宜に選択すればよいが、例えば0.0001〜100重量%、好ましくは0.001〜90重量%程度である。

0097

これらの合成香料は、市場で容易に入手可能であり、必要により容易に合成することもできる。また、天然香料は、精油(テルペンレスオイルを含む)、エキス、オレオレジン、レジノイド、アブソリュート、濃縮果汁あるいは単離香料(分画香料)など任意の形状で使用することができ、必要により回収フレーバー(オレンジ、レモン、グレープフルーツ、アップル、グレープ、ストロベリー、パイナップル、ピーチ、メロンなど)を使用することもできる。これらは、例えば溶剤抽出超臨界抽出蒸留水蒸気蒸留)あるいは濃縮など公知の方法により製造することができる[特許庁公報 周知・慣用技術集(香料)第1部 香料一般 2・1天然香料、2・1・3分画香料(単離香料)、2・3香料の精製・加工技術 2001.6.15発行 参照]。

0098

また、本発明のこれらの合成香料、天然香料あるいはこれらを配合してなる香料組成物は、必要により乳化可溶化粉末造粒包接マイクロカプセルなど公知の方法により加工して使用することもできる[上記 周知・慣用技術集(香料) 第1部 香料一般 2・3香料の精製・加工技術 参照 ]。

0099

本発明の口腔用香料組成物に、必要により例えば、エタノールのごときアルコール類、プロピレングリコール、グリセリンのごとき多価アルコール類などの溶剤が配合される。また、所望により香料の安定を維持する目的で公知の酸化防止剤光劣化防止剤などが配合される。さらに、殺菌・抗菌・防腐(クローブ、シナモンリーフ、コリアンダー、ラベンダー、カナンガ、セダーウッド、チモール、オイゲノール、イソオイゲノール、フェノール、ゲラニオール、シトラール、カルボン、シネオールなど)、酸化防止(アオイ抽出物ユーカリ抽出物、ローズマリー、ユーカリなど)、抗う蝕・抗歯周病アスナロ、アニス、クローブ、レモングラス、ホワイトペッパー、ユーカリ、緑茶抽出物、オイゲノール、シンナムアルデヒド、δ−ウンデカラクトン、シクラメンアルデヒド、リナロールなど)、変色防止(オールスパイス、マスタード、ガーリック、オニオン、ジンジャー、キャラウエーなど)、冷感(D−あるいはL−メンチルアセテート、p−メンタン誘導体、3−L−メントキシプロパンジオール、L−メンチル3−ヒドロキシブチレートなど)、保留保香パチュリ、ベチバー、アンブレット、サリチル酸メチル、フェノキシエタノール、安息香酸エチル、フタール酸エチル、ジエチレングリコールトリエチレングリコールなど)、エンハンサー(ソトロン、マルトール、フラネオール、シクロテンなど)などの作用を有する香料あるいは香料関連物質を、本発明の口腔組成物に適宜に配合し、本発明の効果を一層高めることができる[上記、周知・慣用技術集(香料)第1部 香料一般 2・6 機能性香料参照]。

0100

本発明の口腔用香料組成物が配合される口腔組成物は、格別限定されないが、例えば練歯磨、潤製歯磨、粉歯磨、液状歯磨などの歯磨類、マウスウオッシュなどの洗口剤、トローチなどの口中清涼剤、チューインガム口腔用パスタ、うがい用などを例示することができる。

0101

本発明の口腔組成物は、その剤形に応じた任意成分、その他の添加剤を配合し、通常の方法により調製することができる。

0102

例えば、歯磨の場合は、公知の例えば、研磨剤、粘結剤、粘稠剤、界面活性剤、甘味剤防腐剤発泡剤着色剤消炎剤、殺菌剤、フッ化物などが所望により配合される。具体的には、第2リン酸カルシウム・2水和物および無水物、炭酸カルシウムピロリン酸カルシウム硫酸カルシウム不溶性メタリン酸ナトリウム無水ケイ酸含水ケイ酸アルミノシリケートアルミナ水酸化アルミニウム、第3リン酸マグネシウム炭酸マグネシウム合成樹脂などの1種または2種以上の公知の研磨剤が配合される(配合量;通常全体の10〜90%)。

0103

また、粘稠剤としては、ソルビット、グリセリン、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコールポリエチレングリコール、キシリットマルチット、ラクチットなどの1種または2種以上が配合される(配合量;通常全体の5〜85%)、また、粘結剤としては、カルボキシメチルセルロースナトリウムカラギーナンアルギン酸ナトリウムポリアクリル酸およびその塩、ガム類ポリビニルアルコールヒドロキシエチルセルロースなどの1種または2種以上が配合される(配合量;通常0.3〜5%)。また、防腐剤としては、例えば、安息香酸、安息香酸ナトリウムなどの安息香酸金属塩パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸エチル、安息香酸プロピルなどの安息香酸アルキルエステルなどが配合される。配合量は通常1%以下で使用される。

0104

また、ソジウムラウリルサルフェートラウロイルザルコシネート、α−オレフィンスルホネートタウレート、ラウリルモノグリセライドサルフェート、ラウリルモノグリセライドスルホネート、N−長鎖アシルアミノ酸塩石けんなどのアニオン性界面活性剤ラウリン酸ジエタノールアミドステアリルモノグリセライド、ショ糖脂肪酸エステルラクトース脂肪酸エステルラクチトール脂肪酸エステル、マルチトール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアレートなどのノニオン界面活性剤ポリグリセリン脂肪酸エステルベタイン型アミノ酸型などの両性界面活性剤などの1種または2種以上の界面活性剤が配合される(配合量;通常0.5〜8%)。

0105

さらに、発泡剤は、界面活性剤の中から刺激性のないものが選択され、例えばラウリル硫酸ナトリウムラウロイルサルコシンナトリウムアルキルスルホコハク酸ナトリウムヤシ油脂肪酸モノグリセリンスルホン酸ナトリウム、ショ糖脂肪酸エステルなとが用いられる。また、甘味剤としては、通常サッカリンナトリウムが使用され、その他にステビオサイドネオヘスペリジジヒドロカルコンタウマチングリチルリチン、ペリラルチンスクラロースなど公知の甘味剤が使用される。その他の薬効成分として、フッ化ナトリウムモノフルオリン酸ナトリウムフッ化スズなど(歯の耐酸性の増強)、グルコン酸クロルヘキシジン塩化セチルピリジウム、イソプロピルメチルフェノールなど(殺菌剤)、デキストラナーゼムタナーゼリゾチームアミラーゼプロテアーゼなど(グルカンの分解および生合成阻害)、ヒノキチオールアラントイングリチルリチン酸とその塩類、ε−アミノカプロン酸トラネキサム酸アズレントウキオウゴンオオバク、ローズマリー、チョウジ、タイムなどの生薬抽出物など(抗炎症剤)、ビタミンE血行促進)、あるいは塩酸ピリドキシン歯肉抗炎症)などが必要により適宜に配合される。

0106

その他に、上記した以外に、化粧品種別許可基準厚生省薬務局審査課監修 平成9年4月1日発行)の口腔化粧品中に記載される、例えばアミノ酸類酵素、生薬(エキス)、香辛料(エキス)、殺菌剤、抗炎症剤、界面活性剤、粘稠剤、研磨剤、金属塩類保存剤なとが適宜に配合される。

0107

また、洗口剤では、配合される成分は上記歯磨類とほぼ同一であり、例えば
溶剤・湿潤剤としてエタノールなどのごときアルコール類、グリセリン、プロピレングリコールなどのごとき多価アルコール類などが使用される。また、可溶化剤としては、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウムなどが使用される。この他に甘味料(サッカリンナトリウム、ステビオサイド、タウマチン、グリチルリチンなど)、保存料(安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エチルなど)、着色料、薬効成分(フッ化合物、殺菌剤、酵素、抗炎症剤など)などが、適宜に配合される。

0108

また、本発明の香料組成物は、上記洗口剤、歯磨き、口中清涼剤以外にチューインガム、飴、清涼菓子などにも適用することができる。

0109

またさらに、本発明口腔用香料組成物には、以下に記載の合成香料、天然香料(ハーブを含む)を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0110

例えばエステル類としては、酪酸2−アセトキシ−1−メチルプロピル、酢酸バニリル、2−ウンデセン酸アリル、2−エチル酪酸アリル、アセト酢酸アリル、ノナン酸アリル、吉草酸アリル、2−メチル酪酸アミル、アニス酸アミル、フェニル酢酸アニシル、フェニル酢酸ベンジル、吉草酸ボルニル、ジ酢酸2,3−ブタンジオール、2−ブテン酸ブチル、2−ヘキセン酸ブチル、クロトン酸ゲラニル、クロトン酸アリル、ノナン酸ブチル、プロピオン酸カルビル、酢酸セドリル、アントラニル酸シンナミル、フェニル酢酸シンナミル、ヘキサン酸シトロネリル、ヘキサン酸p−クレジル、イソ酪酸p−クレジル、酢酸イソデシル、アントラニル酸シクロヘキシル、アセト酢酸シクロヘキシル、安息香酸シクロヘキシル、イソ酪酸2−シクロヘキシル、酢酸9−デセニル、酢酸ジヒドロカルビニル、プロピオン酸ジヒドロカルビニル、酢酸2,4−ジメチルベンジル、イソ酪酸ドデシル、2−ベンジルアセト酢酸エチル、2−エチルヘキサン酸エチル、2−メチル−3−ペンテン酸エチル2−オクテン酸エチル、3−アセトキシ−2−メチル酪酸エチル、2−デセン酸エチル、ゲラン酸エチル、2−デセン酸エチル、トランス−2,シス−4−デカジエン酸エチル、安息香酸2−エチルヘキシル、フェニル酢酸オイゲニル、酢酸ファルネシル、酢酸フラネオール、2−メチル酪酸ゲラニル、2−メチル酪酸シス−3−ヘキセニル、クロトン酸イソプロピル、安息香酸イソブチル、酢酸ラバンジュリル、2−メチル酪酸L−メンチル、サリチル酸メンチル、ジャスモン酸メチル、クロトン酸ネリル、酢酸1,3−ノナンジオール、酢酸ノピル、酢酸1−オクテン−3−イル、酢酸ピペロニル、酢酸3,3,5−トリメチルヘキシル、酢酸ウンデセニル、酢酸1−p−メンテン、酢酸1−アセチルシクロヘキシル、酢酸1−アセチルシクロヘキシル、ギ酸2−ブチル、オクタン酸2−ヘキセニル、酢酸2−メトキシシンナミル、酢酸β−イオニル、1,4−ノナンジオールジアセテート、酢酸2,6−ノナジエン−1−オール、プロピオン酸(Z)−5−オクテニルなど、日本における食品香料化合物の使用実態調査(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のエステル類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0111

アルコール類としては、例えばアンブリノール、カルベオール、セドロールシクロヘキサノールデヒドロクミンアルコール、ジヒドロシンナミルアルコール、ジヒドロオイゲノール、ジヒドロリナロール、2,4−ジメチルベンジルアルコール、p−,α−ジメチルベンジルアルコール、フェンキルアルコールフルフリルアルコール、1−ヘプテン−3−オール、トランス−3−ヘキセノール、α−あるいはβ−イオノールイソフィトール、p−メンタン−2−オール、1,8−p−メンタジエン−4−オール、2−メトキシベンジルアルコール、1−ノネン−3−オール、オシメノール、2−フェノキシエタノール、ピノカルベオール、スチラリルアルコール、3,3,5−トリメチルヘキサノール、バニリルアルコール、1,5−ウンデカジエン−3−オール、2,6−ジメチルヘプテノール、3−デセノール、3−オクテン−2−オール、4−フェニルブタノール、5−フェニルペンタノール、デヒドロジヒドロイオノール、ミルタノール、(E、E)2,4−オクタジエノール、4−フェニル−3−ブテン−2−オールなど、日本における食品香料化合物の使用実態調査(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のアルコール類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0112

アルデヒド類としては、例えば4−ブトキシベンズアルデヒド、カンフォレニックアルデヒド、シクラメンアルデヒド、2,4−デカジエナール、2−あるいは4−デセナール、ジヒドロシンナムアルデヒド、エチルシトラール、2,4−ヘプタジエナール、ヘプタナール、2−ヘプテナール、α−ヘキシルシンナムアルデヒド、ハイドラトロプアルデヒド、p−メトキシ−α−メチルシンナムアルデヒド、α−メチルシンナムアルデヒド、2−メチルウンデカナール、2,4−あるいは2,6−ノナジエナール、2−オクテナール、シス−3−オクテナール、2−フェニル−2−ブテナール、サフラナール、2,4−ウンデカジエナール、10−ウンデセナール、10−メチルドデカナール、2−ブチル−2−ブテナール、2−メチル−2−オクテナール、3,6−ドデカジエナール、9−ウンデセナール、ファルネサール、2−メチルオクテナール、など、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のアルデヒド類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0113

ケトン類では、アセトアニソール、4−(p−アセトキシフェニル)−2−ブタノン、アセチルブチリル、アセチルセドレン、アセチルピロール、α−アリルイオノン、アニシルアセトン、ベンゾイルアセトン、ブチルメチルケトンカンファージベンジルケトン、ジヒドロヨノン、ジヒドロジャスモン、2,5−ジメチル−3(2H)−フラノン、ジプロピルケトン、エチルアミルケトン、エチルシクロペンテノロン、5−エチル−3−ヒドロキシ−4−メチル−2(5H)−フラノン、ファルネシルアセトン、ゲラニルアセトン、2,3−ヘプタンジオン、2−ヘキシルシクロペンタノン、2−ヒドロキシ−2−シクロヘキセン−1−オン、エチルイソアミルケトン、イソジャスモン、α−イソメチルヨノン、イソホロンメチルエチルケトンメチルヘキシルケトンメチルイソアミルケトンメチルイソブチルケトンメチルオクチルケトン、メチルプロピルケトンメチルウンデシルケトン、2−ペンタデカノン、プレゴン、ピペリトン、3,5,5−トリメチル−1,2−シクロヘキサンジオン、ジンゲロン、1−ノネン−3−オン、2,4−ジフルフリルフラン、エチルフルフリルエーテルなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のアルデヒド類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することがでる。

0114

アセタール類としては、アセトアルデヒド エチルヘキシルアセタール、アセトアルデヒド エチルイソアミルアセタール、アセトアルデヒド エチルリナリルアセタール、アセトアルデヒド フェネチルプロピルアセタール、アセトアルデヒド エチルプロピルアセタール、アニスアルデヒド プロピレングリコールアセタール、ベンズアルデヒド ジエチルアセタール、ベンズアルデヒド ジメチルアセタール、ブタナール ジエチルアセタール、シンナムアルデヒド ジエチルアセタール、シンナムアルデヒド プロピレン グリコールアセタール、デカナール ジエチルアセタール、デカナール プロピレングリコールアセタール、フルフラール プロピレングリコールアセタール、ヘキサナール ジエチルアセタール、ヘリオトロピン プロピレングリコールアセタール、イソブタール ジエチルアセタール、イソブタナール プロピレングリコールアセタール、イソバレルアルデヒド ジエチルアセタール、イソバレルアルデヒド フルロピレングリコールアセタール、ノナナール ジエチルアセタール、オクタナール ジエチルアセタール、オクタナール プロピレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデヒド ジメチルアセタール、バニリン プロピレングリコールアセタール、プロパナール ジエチルアセタール、バレルアルデヒド ジエチルアセタール、バレルアルデド プロピレングリコールアセタールなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のアセタール類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0115

また、フェノール類としては、アリルフェノールカテコール、p−クレゾール、ジヒドロオイゲノール、2,6−ジメトキシフェノール、2,6−ジメチルフェノール、p−エトキシフェノール、4−エチルフェノール、2−イソプロピルフェノールレゾルシノール、フェノール、3,4−キシレノールバニトロープビニルグアヤコール、2,3,6−トリメチルフェノール、3−イソプロピルフェノール、6−メトキシ−イソオイゲノール、p−tert−ブチルフェノール、4−プロピル−2,6−ジメトキシフェノールなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のフェノール類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0116

また、エーテル類としては、アンブロキサンベンジルエチルエーテル、β−カリオフィレンオキサイド、ジフルフリルエーテル、ジイソアミルエーテル、2,5−ジメチルフラン、7,15−エポキシ−3−カリオフィレン、2−エチル−4−メチルジオキソランフルフリルメチルエーテル、β−ナフチルイソブチルエーテル、ベンジルイソオイゲノール、メチルフェネチルエーテル、4−メチル−2−プロピル−1,3−ジオキソラン2−メチルフラン、バニリンメチルエーテル、バニリンエチルエーテル、バニリルエチルエーテル、2−(3−フェニルプロピル)テトラヒドロフラン、2,4−ジフルフリルフラン、2−エチル−5−メチルフランなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のエーテル類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0117

また、ラクトン類としては、アンブレットリド、α−アンゲリカラクトン、3−ブチリデンフタリドγ−ブチロラクトンシクロペンタデカノリド、7−デセン−1,4−ラクトン、9−デセン−5−オリド、δ−ドデセノラクトン、ジヒドロアクチニジオリド、ジヒドロクマリン、γ−ドデカラクトン、γ−6−ドデセノラクトン、ε−デカラクトン、ε−ドデカラクトン、5−エチル−3−ヒドロキシ−4−メチル−2(5H)−フラノン、α−ヘプチル−γ−バレロラクトン、δ−ヘキサデカノリド、3−ヒドロキシ−4,5−ジメチル−2(5H)−2−フラノン、ジャスモラクトン、マッソイラクトン、β−メチル−γ−オクタラクトン、δ−ノナラクトン、6−ペンチル−α−ピロンスクラレオリド、δ−テトラデカラクトン、δ−トリデカラクトン、γ−バレロラクトン、シス−7−デセノ−1,4−ラクトン、γ−2−ブテノラクトン、γ−2−デセノラクトン、γ−2−ヘキセノラクトンなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載のラクトン類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0118

また、炭化水素類としては、アロオシメン、δ−カジネン、カンフェン、δ−3−カレン、α−カリオフィレン、α−セドレン、デヒドロ−p−サイメン、シス−3,7−ジメチル−1,3,6−オクタトリエンドデカン、1−ドデセンエイコサン、α−エレメン、β−エレメン、ロンフォレン、4−メチル−シス−2−ペンテン、1−ノネン、α−フェランドレン、サビネン、α−ターピネン、γ−ターピネン、テトラデカンツヨプセンウンデカン、1,3,5,7−ウンデカテトラエン、2−ウンデセン、2−セドレン、p−メンタ−1,3,8−トリエンなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載の炭化水素類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0119

また、硫黄・窒素化合物類としては、例えば3−アセチル−2,5−ジメチルチオフェン、5−アセチル−2,4−ジメチルチアゾール、2−アセチル−3−メチルピラジン、2−アセチルチオフェン、アセチルピラジン、2−あるいは3−アセチルピリジン、2−アセチルピロール、2−アセチルチアゾールアリルイソチオシアネート、2−(sec−ブチル)−3−メトキシピラジン、ジアリルジスルフィドジベンジルジスルフィドジブチルサルフィド、ジフルフリルジスルフィド、4,5−ジヒドロ−3(2H)−チオフェン、ジメチルスルフィド、4,5−ジメチルチアゾール、ジプロピルトリスルフィド、2−エトキシ−3,5あるいは6−メチルピラジン、エチル2−メルカプトプロピオネート、エチル3−メルカプトプロピオネート、フルフリルメチルスルフィド、フルフリルチオアセテート、2−イソブチル−3−メトキシピラジン、2−イソブチルチアゾール、2−イソプロピル−4−メチルチアゾール、2−メトキシ−(3,5あるいは6)−メチルピラジン、メチル3−メチルチオプロピオネート、メチルチオブチレート、ジメチルジスルフィドメチルフルフリルジスルフィドメチルメルカプタン、2−メチル−3(5,6)メチルチオピラジン、2−メチル−3−フランチオール、1−p−メンテン−8−チオール、プロピルジスルフィド、プロピルメルカプタン、スカトールスルフロールスルフリルプロピオネート、チオメントンなど、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載の硫黄・窒素化合物類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0120

また、酸類としては、例えば5あるいは6−デセン酸、アニス酸、シトロネリル酸、クロトン酸、9−デセン酸、2−エチルヘキサン酸、ギ酸、ヘプタン酸、ラウリン酸レブリン酸リノレイン酸2−メルカプトプロピオン酸、3−メチル吉草酸、2−メチルペンタン酸2−メチルヘキサン酸、5−メチルヘキサン酸、2−メチル吉草酸、4−メチル吉草酸、オレイン酸パルミチン酸ペンタン酸、4−ペンテン酸、3−フェニルプロピオン酸、チオ酢酸、チグリン酸ウンデカン酸、10−ウンデセン酸など、“日本における食品香料化合物の使用実態調査”(平成12年度 厚生科学研究報告書;日本香料工業会 平成13年3月発行)に記載の酸類を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

背景技術

0121

また、天然香料(ハーブを含む)としては、スイートアーモンド、アジョワン、アミリス、アルテミシアアルニカアルファルファ、アプリコット、アンブレット、ターメリックエルダーベリーオスマンサス、オリガナム、レッドあるいはブラックカーラントガランガ、ガルバナム、キュベバ、クランベリーコーヒー紅茶、コスタス、コパイバ、サッサフラス、シダー、スチラックス、スプルース、セイボリー、センキュウタマリンドタンジェリン、タンジー、ダイオウ、ダバナ、チコリ、カプシカム、トウキ、トチュウハネサックル、ハマボウフウヒッコリー、フェネグリーク、ブチュ、グレープ、ベルガモットミント、ベルベナ、ホースミント、ホースラディシュホウショウ、ボウフウ、ミルテ、ミルラ、ムスクメープルライチ、ラズベリー、緑茶リンデン、リンドウ、ルー、ロベージなど、天然香料基原物質解説“食品香料ハンドブック改訂増補版”(厚生省生活衛生局食品化学課 監修 日本香料工業会編 平成11年8月25日発行)、FLAVOURING SUBSTANCES AND NATUAL SOURCES OF FLAVOURINGS(COUNCIL OF EUROPE 1981)あるいは“香りの百科”(日本香料協会編 1989.6.25発行)に記載の天然香料(ハーブを含む)を香気・香味付与乃至変調剤として使用することができる。

0122

上述したように本発明は、ミントノートを有するフレーバー、シトラスノートを有するフレーバーおよびフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物、好ましくはミントノートを有するフレーバーから選ばれる1種以上の香料と、シトラスノートを有するフレーバーまたはフルーツノートを有するフレーバーの群から選ばれる1種以上の香料を有効成分として含有する口腔用香料組成物が、優れた嗜好性を有し、基剤臭あるいは口臭のマスキングに優れ、口腔組成物の機能を阻害することがなく、使用者に快適な使用感を与えることのできる優れた効果を有する。

0123

【実施例】
以下に実施例を挙げ、本発明を詳細に説明するが、本発明はこれによりなんら限定されるものではなく、また本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0124

【実施例1〜13】
実施例1〜13(表−1)は、ミントノートを有するフレーバーからなる口腔用香料組成物の処方例。

0125

【実施例21〜60】
実施例21〜30(表−2)、実施例31〜40(表−3)、実施例41〜50(表−4)、実施例51〜60(表−5)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、シトラスノートを有するフレーバーを配合した処方例。

0126

【実施例61〜70】
実施例61〜70(表−6)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、アップル様風味を有する調合香料を配合した処方例。なお、処方中の〜は、「合計を1000に併せることを示す。」以下同じ。

0127

【実施例71〜80】
実施例71〜80(表−7)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、グレープ様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0128

【実施例81〜90】
実施例81〜90(表−8)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、ストロベリー様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0129

【実施例91〜100】
実施例91〜100(表−9)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、パイナップル様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0130

【実施例101〜110】
実施例101〜110(表−10)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、バナナ様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0131

【実施例111〜120】
実施例111〜120(表−11)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、ピーチ様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0132

【実施例121〜129】
実施例121〜129(表−12)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、メロン様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0133

【実施例130〜137】
実施例130〜137(表−13)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、アプリコット様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0134

【実施例138〜144】
実施例138〜144(表−14)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、梅様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0135

【実施例145〜150】
実施例145〜150(表−15)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、チェリー様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0136

【実施例151〜156】
実施例151〜156(表−16)は、ミントノートを有する口腔用香料組成物(実施例1〜13)の処方のそれぞれに、ラズベリー様風味を有する調合香料を配合した処方例。

0137

上記香料組成物を、下記の口腔組成物に配合することにより口腔組成物に使用されている基剤類の味、においをマスキング、さらに口臭をマスキングすることができ、嗜好性の高い口腔組成物が得られた。

0138

【実施例157】
歯磨剤の処方例

0139

【実施例158】
洗口剤類の処方例

0140

【実施例159】
口中清涼剤

0141

【実施例160】
その他

0142

【表1】

0143

【表2】

0144

【表3】

0145

【表4】

0146

【表5】

0147

【表6】

0148

【表7】

0149

【表8】

0150

【表9】

0151

【表10】

0152

【表11】

0153

【表12】

0154

【表13】

0155

【表14】

0156

【表15】

発明の効果

0157

【表16】

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 焼津水産化学工業株式会社の「 抗ノロウイルス組成物及びその利用」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題・解決手段】抗ノロウイルス効果に優れた組成物、その調製のためのテアフラビン類化合物の使用、及びテアフラビン類化合物を用いたノロウイルス感染防御方法を提供する。テアフラビン類化合物を、ノロウイルス... 詳細

  • 住友大阪セメント株式会社の「 金属酸化物粉体、分散液および化粧料」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題・解決手段】金属酸化物粒子を形成材料とする金属酸化物粉体であって、金属酸化物粉体は、突起部を少なくとも一つ以上有する第一の金属酸化物粒子と、第二の金属酸化物粒子と、を有し、第一の金属酸化物粒子は... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 2層式毛髪化粧料」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題】油層を充分に含有するにもかかわらず、使用時の油層と水層との乳化が容易であり、かつ使用後に油層と水層とがすばやく分離する毛髪化粧料であり、使用時にべたつかず、毛髪全体への塗布性にすぐれ、さらに保... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ