図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年1月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題・解決手段

ドアハンドルにおいてハンドル操作の際、ドア内にある錠に作用する。揺動可能な部材(30)の形の質量係止部は、衝突の場合、ハンドル操作を排除する。そのために係止部材(30)は、その無効な釈放位置から支持位置(30’)に移され、ここにおいてハウジング(10)の支持面(19)に支持され、かつこのようにしてハンドルロックする。確実な外側ドアハンドルを大きな負荷を受けることができるようにするために、係止部材(30)のための揺動軸受(31)を定置のハウジング(30)に位置決めすることが提案される。ハンドルと一緒可動ハンドルアーム(21)に、肩部(24)が配置され、この肩部に、係止部材(30)における対向肩部(34)が対応している。肩部(24)のフラップ運動は、対向肩部(34)の揺動運動に交差し、かつ衝突の場合、肩部(24)と対向肩部(34)との間の接触に至る。それに対して通常の場合、ハンドル操作の際に、肩部(24)は、対向肩部(34)の近くを作用なしに通過する。

概要

背景

概要

ドアハンドルにおいてハンドル操作の際、ドア内にある錠に作用する。揺動可能な部材(30)の形の質量係止部は、衝突の場合、ハンドル操作を排除する。そのために係止部材(30)は、その無効な釈放位置から支持位置(30’)に移され、ここにおいてハウジング(10)の支持面(19)に支持され、かつこのようにしてハンドルロックする。確実な外側ドアハンドルを大きな負荷を受けることができるようにするために、係止部材(30)のための揺動軸受(31)を定置のハウジング(30)に位置決めすることが提案される。ハンドルと一緒可動ハンドルアーム(21)に、肩部(24)が配置され、この肩部に、係止部材(30)における対向肩部(34)が対応している。肩部(24)のフラップ運動は、対向肩部(34)の揺動運動に交差し、かつ衝突の場合、肩部(24)と対向肩部(34)との間の接触に至る。それに対して通常の場合、ハンドル操作の際に、肩部(24)は、対向肩部(34)の近くを作用なしに通過する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ドアに固定されたハウジング(10)を有し、ハウジング(10)における手動操作可能なハンドル(20)のための、とくに水平な又は水平線に対して傾斜したヒンジ軸線(13)の回りでフラップ運動可能な(25)フラップハンドル(20)のための軸受(14)を有し、その際、ハンドル(20)が、ハンドルアーム(21)を有し、かつハンドル操作(26)の際にドア内にある錠に作用し、かつ質量係止部として使われる揺動可能な(38)係止部材(30)を有し、この係止部材が、通常ハウジング(11)に設けられた支持面(19)に対してその無効な釈放位置(30)にあり、かつその際にハンドル(20)を操作可能(26)にするが、この係止部材が、その質量の慣性に基づいて、衝突の場合にこの支持位置(19)における有効な支持位置(30’)に達し、かつそれによりハンドル(20)をロックする、とくに車両のための外側ドアハンドルにおいて、係止部材(30)のための揺動軸受(31)が、定置のハウジング(30)にあり、可動のハンドルアーム(21)が、肩部(24)を有し、かつこの肩部(24)に、係止部材(30)における対向肩部(34)が対応しており、ハンドルアーム(21)に配置された肩部(24)のフラップ運動経路(28)が、係止部材(30)にある対向肩部(34)の揺動運動経路(38)によって横断され(29)、かつ衝突の場合、肩部(24)が対向肩部(34)に接触するが、通常、係止部材の釈放位置(30)において、ハンドル操作(26)の際に、ハンドルアームにある肩部(24)が、係止部材(30)の対向肩部(34)を通過することを特徴とする、とくに車両のための外側ドアハンドル。

請求項2

係止部材(30)が、衝突の場合に生じるその揺動運動に対して反対方向にばね負荷を受けており(41)、かつ係止部材の釈放位置(30)が、ハウジング(11)におけるストッパ(18)によって決められており、このストッパに係止部材(30)が、通常そのばね負荷(41)に基づいて接していることを特徴とする、請求項1に記載の外側ドアハンドル。

請求項3

係止部材(30)が、突起(44)を有し、この突起が、係止部材の釈放位置(30)においてすでに、ハンドルアーム(21)のフラップ運動経路(28)内に突出しており、かつハンドル(20)の操作(26)の初めに、係止部材が、その突起(44)によってハンドルから一部の範囲において連行されるが、ハンドル操作(26)のその後の経過において、係止部材(30’)がその支持位置(30’)に達する前に、ハンドルアーム(21)が、突起を再び釈放することを特徴とする、請求項1又は2に記載の外側ドアハンドル。

請求項4

肩部(24)が、ハンドルアーム(21)に設けられたフック(22)によって形成されており、係止部材(30)における対向肩部(34)が、側面対(22,33)の一方の側面(33)を形成しており、この側面対が、係止部材(30)におけるその間にある溝(43)を区画しており、溝(43)の内側幅が、−場合によっては一部の位置における突起(44)を除いて−、ハンドルアーム(21)にあるフック(22)の幅より小さく/等しく形成されており、かつ係止部材の釈放位置(30)において、フック(22)が溝入口に整列されており、かつ溝(43)が、ハンドル(20)の操作(26)の際に通常、フック(22)のための通路を形成することを特徴とする、請求項1ないし3の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項5

フック(22)が、ハンドル(20)のフラップ運動の平面(23)から側方に突出していることを特徴とする、請求項4に記載の外側ドアハンドル。

請求項6

係止部材(30)の連行のために使われる突起(44)が、溝(43)の側面(32)にあることを特徴とする、請求項3ないし5の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項7

係止部材(30)におけるカム(32)が、溝を区画する一方の側面を製造し、かつ溝(43)の方に向いたカム(32)の内面(35)が、突起(36)を有することを特徴とする、請求項6に記載の外側ドアハンドル。

請求項8

カム(32)に対向する溝(43)の他方の側面が、係止部材(30)にある対向カムによって形成されており、かつ対向カム(33)の端部が、ハンドルアーム(21)のフック(22)のための対向肩部(34)を形成することを特徴とする、請求項7に記載の外側ドアハンドル。

請求項9

突起(36)が、溝(43)を区画するカム(32)の端部に対して引っ込んでいることを特徴とする、請求項7に記載の外側ドアハンドル。

請求項10

突起(36)が、ハンドルアーム(21)にあるフック(22)のための乗り上げ傾斜部(49)を有することを特徴とする、請求項3ないし9の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項11

突起(36)が突起高所を有し、この突起高所からハンドルアームが、フラップ運動(25)の完全な実行のために必要なその全角度(45)の一部の角度(48)の後にすでに離れており、かつそれにより係止部材(30)を釈放しており、その際、この限界位置(30”)において係止部材が、他方において第1にその釈放位置(30)と支持位置(30’)との間のその揺動運動経路(38)の部分片(46)を通過していることを特徴とする、請求項3ないし10の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項12

ハンドル(20)が、ハウジング(10)の表側(11)に配置されている、外側ドアハンドルにおいて、ハンドルアーム(21)が、ハウジング(10)の裏側(12)にあり、かつハンドルアーム(21)が、ハンドル操作(26)の際に、その肩部(24)によって後からハウジング内部(27)に侵入することを特徴とする、請求項1ないし11の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項13

ハンドル(20)及びハンドルアーム(21)が、切離して製造された2つの構成部分からなるが、これらの構成部分(20,21)が、回らないように互いに結合されており、かつ共通のフラップ運動可能な(25)構成ユニットを形成していることを特徴とする、請求項1ないし12の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

請求項14

構成ユニットにおけるハンドル(20)及びそのハンドルアーム(21)が、自身の間に所定の角度をなし、かつなるべく共通のヒンジ軸線(13)の異なった区間(17,16)上に支持されていることを特徴とする、請求項13に記載の外側ドアハンドル。

請求項15

ハンドルが、引っ張りハンドルであり、この引っ張りハンドルのつかみ端部が、ハウジング内に支持されているが、一方その他方のつかみ端部が、ハンドル操作の際に、他方においてハウジング内に支持された揺動アームを動かし、かつドア錠に作用する、外側ドアハンドルにおいて、揺動アームが、肩部(24)を備えたハンドルアーム(21)を製造していることを特徴とする、請求項1ないし14の1つ又は複数に記載の外側ドアハンドル。

0001

本発明は、特許請求の範囲第1項の上位概念に記載されたような外側ドアハンドルに関する。ここにおいていわゆる“質量係止部”が設けられており、これらの質量係止部は、衝突の場合、自動的なロック装置としてフラップハンドルに作用する。質量係止部は、揺動可能な係止部材として形成されており、かつ車両の側面衝突の間に、ドアがその錠によってロックされた状態のままであるように配慮している。衝突の際、加速力が生じる。これらの力は、係止部材の質量によって利用される。衝突の場合、係止部材は、これらの力によって、ハウジングにおける支持面に対する支持位置に動かされ、ここにおいてハンドルの動きはロックされている。

0002

このような公知の外側ドアハンドルにおいて(ドイツ連邦共和国特許出願公開第19625392号明細書)、係止部材のための揺動軸受は、可動ハンドルアームにある。ここにおいて係止部材は、自由に振り子運動するように支持されている。この公知の外側ドアハンドルにおいて、一方においてハンドルとともにフラップ運動可能なハンドルアーム、及び他方においてハンドルアームに揺動支持された係止部材は、ハンドル操作の際に一緒に可動の構成ユニットを形成している。その際、可動のハンドルアームにおける係止部材は、一緒に自由に振り子運動する。この外側ドアハンドルにおいて、ハンドルはいわゆる“フラップハンドル”として形成されており、ここにおいてヒンジ軸線は、ハウジングに水平に支持されている。しかし本発明は、別の様式に形成されたハンドルを有する外側ドアハンドルにも、例えば以下に称する“引っ張りハンドル”において適用可能である。通常係止部材は、歯部を有するその自由な質量端部によって、ハウジングにある対向歯部から離れた方に向いている。しかし衝突の場合、係止部材の質量端部は、作用する慣性力によって揺動し、かつその歯部によってハウジングにおける対向歯部に噛み合う。すでに所定の程度のハンドル操作の際に、一緒に動く係止部材によって不所望なロックが生じることがある。係止部材の支持位置において、支持力は、揺動軸受を介してハンドルアームに伝達される。この支持作用の強さは、ハンドルアームにおける係止部材軸受の安定性に依存する。

0003

質量係止部は、すでに述べた“引っ張りハンドル”として一方のハンドル端部に垂直揺動軸線装備した外側ドアハンドルにおいても(ドイツ連邦共和国特許出願公開第19610200号明細書)公知である。他方のハンドル端部は、揺動アーム共同作用し、この揺動アームは、他方においてハウジング内において大体において垂直な軸線の回りで揺動可能に支持されている。前記のように、本発明は、このような外側ドアハンドルにおいても適用可能である。揺動アームの運動を係止部材の揺動運動から区別するために、この概念がフラップハンドルとしてドアハンドルの前に扱った構成に一層ふさわしい場合でも、そのために以下の説明において、常に概念“フラップ運動”を利用するものとする。引っ張りハンドルとして形成された周知の外側ドアハンドルにおいて、質量係止部は、揺動アーム内にばね負荷を受けた揺動可能なレバーとして回転支持されている。したがってこの場合にも、質量係止部は、周知のフラップハンドルにおけるものと同様に、引っ張りハンドルによって可動の構成部分内に揺動支持されている。したがって前に取扱ったフラップハンドルと同様な欠点が生じる。

0004

本発明の課題は、確実であり、大きな負荷に耐え、手ごろな価格であり、コンパクトな、特許請求の範囲第1項の上位概念に記載されたようなドア外側ハンドルを開発することにある。本発明によれば、このことは、次の特別な意味が加わる特許請求の範囲第1項の特徴部分に記載された処置によって達成される。

0005

本発明において、係止部材は、従来の技術においてそのために設けられたハンドルアーム又は揺動アームのように、可動の構成部分に揺動支持されているのではなく、不動の構成部分に、すなわち定置のハウジングに揺動支持されている。それにより揺動軸受軸線は、ロックの際に支持力を吸収する力伝達経路の外に配置することができる。衝突の場合の支持位置は、本発明において、肩部を有する可動のハンドルアームが係止部材の対向肩部に接することによって成立する。なぜなら係止部材は、衝突の場合に生じる慣性力に基づいて、ここでも設けられたハウジングにおける支持位置に関して先行してその支持位置に揺動されているからである。肩部のフラップ運動経路は、ここから完全に切離して、すなわちハウジングに支持された係止部材の揺動運動経路に交差する。通常の場合、係止部材がその釈放位置にあるとき、ハンドルアーム又は揺動アームにある肩部のフラップ運動経路は、係止部材の対向肩部の近くを通り過ぎる。

0006

それでもなお特許請求の範囲第3項に詳細に説明したように、通常の場合にも、係止部材の所定の転向運動が生じる。すでに通常のハンドル操作の際に、その際に係止部材がハウジングに関するその完全な支持位置に達することなく、係止部材の小さな揺動が生じる。通常の場合にすでに生じる係止部材のこの無負荷運動によって、衝突の場合におけるその動作能力保証される。それ故に一層長い不使用のためのその揺動軸受における係止部材の固定は、特許請求の範囲第3項の処置を適用した際、恐れるには及ばない。

0007

本発明のその他の処置及び利点は、その他の特許請求の範囲従属請求項、次の説明及び図面から明らかである。図面において本発明は、実施例について示されている。

0008

図に示された外側ドアハンドルは、ハウジング10を含み、そのうち図1には、すでに述べたように、裏側12が見える。対向する前側11に、手動で操作すべき本来のハンドル20があり、このハンドルの位置は、すでに述べたように、図2破線暗示されている。この場合、すでに初めに説明したフラップハンドルが問題になり、このフラップハンドルは、水平線に対して傾斜して配置された図1に破線で暗示するヒンジ軸13の回りでフラップ運動可能である。そのためにハウジング10は、間隔を置いた2つの軸受片14を有する。表側11においてハウジングは、図2から認識可能な凹状の凹所15を備え、この凹所は、フラップハンドル20によって少なくとも部分的に覆われており、かつハンドル利用の際に手の噛み合いのために使われる。

0009

この実施例において、ハンドルアーム21は、詳細に示されていない結合手段によってフラップハンドル20に回らないように結合されている。したがって両方の構成部分20,21は、ハンドル操作の際に、一緒に可動の構成ユニットを形成している。フラップハンドル20は、ハウジング10の表側11に配置されているが、一方ハンドルアーム21は、裏側にある。ハンドル20及びハンドルアーム21は、互いに所定の角度を占める。これらは、同じヒンジ軸線13上に配置されているが、互いに切離された区間16、17上に配置されている。フラップハンドル20は、両方の片対14の間にある中央区間17に支持されているが、一方アーム21は、片14の一方の側に配置されたヒンジ軸線13の外側区間16にはまっている。ヒンジ軸線13の傾斜位置のため、図2に矢印25によって示されたフラップ運動の図1に破線で記入された平面23も傾斜して配置されている。

0010

もちろんヒンジ軸線13は、水平に延びていてもよく、それ故にこの時、フラップ運動平面23は垂直に延びている。しかしハンドルアーム21は、図1から明らかなように、フック22によって側方に突出しており、このフックは、ハウジング10の方に向いたその側に、連行に有効な肩部24を有する。これは、ハンドル20が図2におけるその不動作位置から図2における矢印26によって示されたハンドル操作によってその動作位置20’に動かされたとき、切り欠きを通ってハウジング内部27に侵入することができる。ハンドルのこの動作位置20’において、フック22は、図2から認識可能な同様に破線で示すその動作位置22’に至っている。そのフラップ運動は、矢印25によって暗示されており、かつ図2に破線で示した円形のフラップ運動経路28において行なわれる。

0011

ハウジング内部27に、特別の様式で配置された係止部材30があり、この係止部材は、いわゆる“質量係止部”として自動的に有効である。係止部材30は、ハウジング10にあるピン31を介して常に定置に揺動支持されている。その揺動運動経路38は、図2に同様に破線で暗示されている。係止部材30は、レバーばね40等のばね力41の作用を受けており、このレバーばねは、図4により詳細に説明するように、一方の端部において係止部材のカム32に、かつ他方の端部においてハウジング10における定置のストッパ18に支持されている。ばね力41によって係止部材30は、図2から明らかなその位置に保持される。この位置30は、係止部材30に設けられた図4に示す係止部材30の対向ストッパ37の、ハウジング10におけるすでに述べたストッパ18における接触によって決められている。図4によれば、カム32に係止部材30における対向カム33が対応しており、この対向カムは、係止部材30の係止端部39を決めている。この係止端部39は、係止部材30の図2に示された位置30において、ハウジング10に設けられた支持位置19から間隔を置いている。したがって図2の位置において係止部材30は、前記のばね力41を除いて、自由であり、それ故にこの位置は、以下において省略して“釈放位置”と称するものとする。

0012

このことは、図4及び5に示す衝突の場合が生じたときに、初めて変化する。この時、両方の突起32、33の質量に慣性力が作用し、これらの慣性力は、係止部材を図4及び5から明らかな位置30’に移す。生じる慣性力は、小さなばね力41に打勝つために十分である。この位置30’において係止部材30の係止端部39は、ハウジング側の支持位置19に支持される。そのためにこの位置30’は、以下において省略して係止部材の“支持位置”と称するものとする。この支持位置30’は、衝突の場合に生じる。

0013

図4は、衝突の場合の初期段階を示している。その際、係止部材は、きわめて急速にハウジング10におけるその説明した支持位置30’に達する。衝突の場合の加速度に基づいて生じる慣性力は、もちろんハンドル20及びこれと一緒に動くハンドルアーム21にも作用する。この構成ユニット20、21も、詳細に図示しない戻しばねの作用を受けており、この戻しばねは、図2から明らかな不動作位置20にハンドルを維持しようとする。しかしこのハンドルばねは、係止部材30、30’のばね力41に対して一層大きな戻し力を有する。それによりかつ構造的な関係のため、衝突の場合に生じる慣性力は、大きな遅れを伴って初めてこの構成ユニット20、21に作用する。ハンドルアームは、衝突の場合に、図5から明かな最小に揺動した位置21’”に移されるが、図2において説明した動作位置の方向における錠を外すかなりの程度の構成ユニットのそれ以上の揺動は防止されている。すなわち図5の位置22’”にあるフックは、その前記の肩部24によって、支持位置30’にある係止部材の対向肩部34に支持される。この対向肩部34は、この場合、対向カム33の端面からなる。図5に力矢印42によって示された慣性力は、フック22’”から 対向カム33、その係止端部39及び支持位置19を介して、直接ハウジング10に伝達され、したがって無効にされる。衝突の後に慣性力42が終了すると、ばね40は、係止部材を再び図2から明らかなその釈放位置30に戻す。

0014

図3から明らかなように、対向カム33に設けられた対向肩部34は、溝の一方の側面を形成しており、この溝の他方の溝側面は、カム32の相応する端面によって形成されている。それにより生じる溝43は、それ自体、ハンドルアームにあるフック22の幅よりいくらか大きな内側幅を有する。そのためにフックは、図2実線で示したすでに述べたその不動作位置22から、同様にすでに述べた点線のフラップ運動経路28において溝43を通って、動かされたハンドルアームの肩部24と係止部材の対向肩部34との間の前記の衝突を生じることなく、図2に破線で示したすでに説明した動作位置22’に達することができる。フラップ運動経路28、前記の揺動運動経路38及び対向肩部34は、図2が示すように、交差点29において交差する。このことは、衝突の場合に、図5において認識可能な衝突に通じる。しかし溝43は、一部の位置において図3から認識可能な突起44によって狭くなっているので、すでに図2の通常のハンドル操作26の際に、係止部材30の小さな連行を生じ、このことは、図3によって詳細に説明する。

0015

係止部材の釈放位置30においてこの突起44は、図2における矢印25によって表わされたフック22のフラップ運動経路内に突出する。この位置は、図3にも破線でマークされている。このフラップ運動25の際、フックは突起44に当たり、かつ係止部材を一部の範囲において中間位置22”にまで連行する。フックが図2にマークされた全角度45を描くハンドル操作26のその後の経過において、係止部材は再び釈放される。この釈放時点は、図3に示されている。ここにおいてちょうど相応する中間位置21”にあるハンドルアームのフック22”による突起の釈放が行なわれる係止部材の中間位置30”が示されている。この中間位置30”において、係止部材は部分角46だけ揺動しており、この部分角は、前記の全角度45より小さい。中間位置30”において係止部材は、その係止端部39によって、なおはっきりとそのハウジング側の支持位置19から離れており;図3において構成部分19、39の間にすき間47がある。

0016

突起36は、フラップ運動25の方向に向いた乗り上げ傾斜部49を備えている。中間位置30”を表わすこの部分角26の大きさは、とりわけ突起44の高さに依存している。図3限界の場合、突起44は、ここにマークされたヒンジ軸線13の方に向いたフック22’の狭い側に支持されている。フラップ運動25のその後の実行の際、肩部22”は、図2に関連してすでに説明したそのフラップ運動経路28にその動作位置22’にまで追従したとき、再び係止部材30”の突起44から離れる。釈放された係止部材30”は、それから再び戻しばね40の力作用41のため、図2のその釈放位置30に戻される。係止部材は、ハンドル操作26の際、前記の部分角46の程度における小さな振り子運動を行なうだけである。

0017

図4によれば、突起44は、カム32の内面35にある。係止部材の中間位置30”においてハンドルアームは、すでに述べた中間位置21”に動かされ、しかも図3から明らかな角度値48だけ動かされる。突起44は、溝43を区画するここにおけるカム32の端面に対して戻されている。図2の釈放位置においてフック22は、溝入口に整列しており、かつ溝43は、操作の開始における前記の振り子運動46を除いて、ハンドルアーム21のフック22に対する通路を形成している。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社リクルートの「 作動制御システム、作動制御方法等」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】対象機器から離れた場所では該機器を操作できないように利用者の操作権限を制限できる作動制御システム及び作動制御方法を提供する。【解決手段】作動制御システムは、携帯端末と、該携帯端末と通信可能なサ... 詳細

  • 株式会社LIXILグループの「 クレセント錠」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】専用品の台座を必要とせず、キーシリンダの操作によってハンドルの回転を規制し開錠を不能にするクレセント錠を提供すること。【解決手段】召し合わせ框に固定部材により固定される台座11と、台座11に軸... 詳細

  • 株式会社LIXILグループの「 グレモンハンドル」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】框への固定箇所が目立たず、意匠性が良いグレモンハンドルを提供する。【解決手段】グレモンハンドル3は、枠体に吊元を軸として回動可能に支持される障子の框23Yに設けられ、該障子を開閉操作するグレモ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ