図面 (/)

技術 防災無線システム

出願人 株式会社日立国際電気
発明者 柳澤慶安達勝
出願日 2002年5月21日 (18年9ヶ月経過) 出願番号 2002-146610
公開日 2003年11月28日 (17年2ヶ月経過) 公開番号 2003-337987
状態 特許登録済
技術分野 警報システム 放送分配方式
主要キーワード 定時放送 行政側 行事情報 市町村役場 国語情報 子局設備 自動翻訳機 締切り
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年11月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

現在、我が国では国際化にともない外国人居住者旅行者急増している。防災無線システムにおいて、従来のような日本語のみの放送では情報伝達手段として不足である。外国人にも迅速かつ正確な防災行政情報を伝えることを目的とする。

解決手段

手段として、文字放送において親局自動翻訳機を用いることで、日本語入力手動定型文)した防災行政情報を瞬時に多国語翻訳し、多国語文字表示機能を持った屋外子局戸別受信機に配信する。戸別受信機では受信する多国語を自由に選択可能にする。

概要

背景

従来の防災無線システム文字伝送として、市町村役場に設置した親局から各所に設置された子局設備屋外子局戸別受信機)に対し、音声、文字(日本語)による防災行政情報を伝えるシステムがある。

以下上述の防災無線システムについての一例について説明する。図3は従来の防災無線システムの構成を示すブロック図である。以下、図3を用いて説明する。1はサービスエリアであり、2は親局、3は操作卓、5は親局無線機、6は中継局で、11は文字表示盤付き屋外子局、12はディスプレイ付き戸別受信機である。

図3において、親局2内の操作卓3で伝送する文字情報を入力する。文字情報は、あらかじめ設定された複数の定型文から選択するものと、かな漢字変換で自由に文章手動で入力するものの2通りがある。配信される情報としては、防災情報、行政情報などである。

操作卓3で入力した文字情報は親局無線機5で送信され、直接もしくは中継局6を介して、サービスエリア1内各地に設置された文字表示盤付き屋外子局11、または個人住宅内に設置されたディスプレイ付き戸別受信機12で受信し、それぞれ文字表示盤やディスプレイに文字情報を表示する。

概要

現在、我が国では国際化にともない外国人居住者旅行者急増している。防災無線システムにおいて、従来のような日本語のみの放送では情報伝達手段として不足である。外国人にも迅速かつ正確な防災行政情報を伝えることを目的とする。

手段として、文字放送において親局に自動翻訳機を用いることで、日本語入力(手動、定型文)した防災行政情報を瞬時に多国語翻訳し、多国語文字表示機能を持った屋外子局、戸別受信機に配信する。戸別受信機では受信する多国語を自由に選択可能にする。

目的

前述の従来の防災無線システムでは以下のような欠点がある。(1)文字情報が日本語のみであり、国際化にともない外国人居住者が増加する中、前記外国人にも公平に情報を通知することができなかった。(2)多国語放送をするとき、多言語精通した人間が必要になり、また多言語を手動入力する場合、時間がかかり緊急時の連絡には適さない。(3)多国語放送をするとき、情報受信者にとって理解できない言語は必要ない。戸別受信機において、毎回受信した多国語情報の中から前記受信者が理解できる言語を選ぶことは時間がかかり緊急時の連絡には適さない。本発明は、前記欠点を解決するために、外国人にも防災行政情報を瞬時に伝えることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

親局と複数の子局から構成し、文字伝送を行う無線ステムにおいて、情報提供側の情報を外国語翻訳する手段と、該外国語に翻訳された前記情報を子局へ伝送する手段とを有する親局側と、受信機で前記親局側から伝送されてくる前記外国語に翻訳された情報を受信して、該情報を文字表示する手段を有する子局より成ることを特徴とする無線システム。

請求項2

親局と複数の子局から構成し、文字伝送を行う無線システムにおいて、情報提供側の情報を子局へ伝送する手段を有する親局側と、受信機で前記親局側から伝送されてくる前記情報を受信して、該情報を外国語に翻訳する手段と、該外国語を文字表示する手段とを有する子局より成ることを特徴とする無線システム。

請求項3

親局と複数の子局から構成し、文字伝送を行う防災無線システムにおいて、自治体防災情報行政情報福祉情報、気象情報などの情報を翻訳する手段と、該外国語に翻訳された前記情報を子局へ伝送する手段とを有する親局側と、受信機で前記親局側から伝送されてくる前記外国語に翻訳された情報を受信して、該情報を文字表示する手段を有する子局より成ることを特徴とする防災無線システム。

請求項4

親局と複数の子局から構成し、文字伝送を行う防災無線システムにおいて、自治体の防災情報、行政情報、福祉情報、気象情報などの情報を伝送する手段を有する親局側と、受信機で前記親局側から伝送されてくる前記情報を受信して、該情報を外国語に翻訳する手段と、該外国語を文字表示する手段とを有する子局より成ることを特徴とする防災無線システム。

請求項5

請求項3または請求項4の防災無線システムにおいて、前記外国語を文字表示する手段を備える子局は戸別受信機であって、使用者が複数の外国語の中から1つの外国語を選択して文字表示する外国語選択手段を備えることを特徴とする防災無線システム。

技術分野

0001

本発明は、例えば防災無線システムにおける文字伝送に関するものであるが、防災無線システムに限定されるものではなく、各種無線ステムにおいても適用できるものである。

背景技術

0002

従来の防災無線システムの文字伝送として、市町村役場に設置した親局から各所に設置された子局設備屋外子局戸別受信機)に対し、音声、文字(日本語)による防災行政情報を伝えるシステムがある。

0003

以下上述の防災無線システムについての一例について説明する。図3は従来の防災無線システムの構成を示すブロック図である。以下、図3を用いて説明する。1はサービスエリアであり、2は親局、3は操作卓、5は親局無線機、6は中継局で、11は文字表示盤付き屋外子局、12はディスプレイ付き戸別受信機である。

0004

図3において、親局2内の操作卓3で伝送する文字情報を入力する。文字情報は、あらかじめ設定された複数の定型文から選択するものと、かな漢字変換で自由に文章手動で入力するものの2通りがある。配信される情報としては、防災情報、行政情報などである。

0005

操作卓3で入力した文字情報は親局無線機5で送信され、直接もしくは中継局6を介して、サービスエリア1内各地に設置された文字表示盤付き屋外子局11、または個人住宅内に設置されたディスプレイ付き戸別受信機12で受信し、それぞれ文字表示盤やディスプレイに文字情報を表示する。

発明が解決しようとする課題

0006

前述の従来の防災無線システムでは以下のような欠点がある。(1)文字情報が日本語のみであり、国際化にともない外国人居住者が増加する中、前記外国人にも公平に情報を通知することができなかった。(2)多国語放送をするとき、多言語精通した人間が必要になり、また多言語を手動入力する場合、時間がかかり緊急時の連絡には適さない。(3)多国語放送をするとき、情報受信者にとって理解できない言語は必要ない。戸別受信機において、毎回受信した多国語情報の中から前記受信者が理解できる言語を選ぶことは時間がかかり緊急時の連絡には適さない。本発明は、前記欠点を解決するために、外国人にも防災行政情報を瞬時に伝えることを目的とする。

0007

本発明は、上記第1の目的を達成するため、文字放送において防災情報、行政情報、福祉情報や気象情報などを、多国語表示が可能な屋外子局、戸別受信機に多国語表示するシステムを構成したものである。また、上記第2の目的を達成するため、多国語による文字放送を、親局または屋外子局、戸別受信機に自動翻訳機を用いることで、入力した日本語情報を瞬時に英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語ポルトガル語、イタリア語等の多国語に瞬時に翻訳、配信するシステムを構成したものである。さらに、上記第3の目的を達成するため、戸別受信機に利用者が自由に多国語の中から一つの言語を選んで受信する機能を持たせることで、常に同じ言語を受信、表示するシステムを構成したものである。

発明を実施するための最良の形態

0008

図1は本発明における一実施例である防災無線システム構成を示す図である。以下、図1を用いて説明する。1はサービスエリアであり、2は親局であり、3は操作卓、4は自動翻訳機、5は親局無線機、6は中継局で7は多国語文字表示盤付き屋外子局、8は多国語表示ディスプレイ付き戸別受信機である。親局2内の操作卓3で入力された日本語文字情報は自動翻訳機4で瞬時に多国語に自動翻訳され、直接もしくは中継局6を介してサービスエリア1内に設置された多国語表示機能をもった、文字表示盤付き屋外子局7、文字表示ディスプレイ付き戸別受信機8に配信される。自動翻訳機4は例えば、市販されている翻訳ソフトウェアを組み合わせてパーソナルコンピュータに組み込み構成するものである。多国語文字表示盤付き屋外子局7では文字表示盤に英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語等の多国語を表示する。また、多国語文字表示ディスプレイ付き戸別受信機8では送信されてくる多国語の中から表示したい言語を自由に選択できる。親局2が配信する情報について、例えば、システムが自治体管理の防災無線システムの場合、地震発生時の各地の震度情報被害情報避難勧告などの防災情報、選挙投票日、投票締切り時刻などの行政情報、迷子人の情報収集協力願、定時放送などの福祉情報、台風大雨大雪注意報、警報などの気象情報が配信情報である。

0009

図4に本発明の動作例を示す。以下、図1、4を用いて説明する。翻訳する順番を英語、中国語、韓国語とする。手動または定型文により日本語入力された情報は図4の時刻のタイミングで、自動翻訳機4において英語に翻訳される。それと同時に元の日本語情報は送信部で送信される。時刻のタイミングでは、自動翻訳機4において日本語は中国語に翻訳される。その時、基地局無線機5では時刻で翻訳された英語情報が送信される。さらに、時刻のタイミングでは自動翻訳機4において日本語は韓国語に翻訳される。その時、基地局無線機5では時刻で翻訳された中国語情報が送信される。このようにして次々と自動翻訳された多国語情報が送信される。多国語文字表示盤付き屋外子局7では日本語、英語、中国語、韓国語の順に受信され、連続して表示される。前記、操作卓3で日本語入力する手動入力または定形文入力の翻訳処理について説明する。定形文については、該定形文を予め翻訳したものを自動翻訳機4例えば、パーソナルコンピュータにテーブルとして格納しておき、定形文が操作者に選択された時、前記テーブルから読み出し送信処理する。この方法は、災害時など、いち早く住民必要情報を知らせる必要がある場合に特に有効な手段である。また、手動入力については、例えば、前記パーソナルコンピュータのキーボードから文章を入力し、逐次、前記翻訳ソフトウェアで翻訳し、文章が完結したとき送信処理する。図5に多国語表示ディスプレイ付き戸別受信機のモデル例図を示す。以下、図5を用いて説明する。13は多国語表示ディスプレイ、14は言語選択ボタンである。戸別受信機の使用者が、言語表示ボタン14を押すことで受信する言語を選択し、多国語表示ディスプレイ13に表示する。

0010

図6に文字情報伝送方式の例を示す。以下図1、5、6を用いて説明する。15は識別情報、16は多国語文字情報、多国語情報送信時に、文字情報16と一緒に何語であるかの識別情報15をのせる。図5の戸別受信機では、使用者が言語選択ボタン14を押すことで、送信されてくる識別情報15を参照し、多国語文字情報16の中から表示したい言語を自動的に選択受信する。使用者が理解可能な言語選択ボタンをあらかじめ押すことで他の言語を受信せず、手間がいらず速やかに情報の理解ができる。

0011

次に、屋外子局、戸別受信機に自動翻訳機を用いた実施例を、図2を用いて説明する。9は自動翻訳機能付き屋外子局、10は自動翻訳機能付き戸別受信機である。操作卓3で入力された日本語文字情報は親局無線機5で送信され、直接もしくは中継局6を介してサービスエリア1内に配置された自動翻訳機能付き屋外子局9、自動翻訳機能付き戸別受信機10に配信され、それぞれ多国語に翻訳され表示される。前記戸別受信機10では、言語選択ボタン14により使用者が表示したい言語を受信選択し翻訳する。

0012

以上、防災無線システムを例に説明したが、本発明は各種無線システムにおいても適用できることはいうまでもない。

発明の効果

0013

本発明によれば、多国語により情報を伝えることができるので、外国人に対して公平に災害状況等の緊急連絡事項、行政情報を伝えることができる。また、戸別受信機においては言語選択が可能なので常に理解可能な言語のみを表示することにより、情報を容易に伝えることができる。したがって、災害時に行政側から配信する各種情報を受信できないことによる外国人の被害縮小される。また、平常時の行政広報行事情報等により、外国人が地域社会溶け込みやすくなる。

図面の簡単な説明

0014

図1本発明の請求項1および3における一実施例の防災無線システムの構成を示すブロック図
図2本発明の請求項2および4における一実施例の防災無線システムの構成を示すブロック図
図3従来の一例である防災無線システムの構成を示すブロック図
図4本発明の請求項1および3における一実施例のシステム動作例を示すタイムチャート
図5本発明の請求項1から5の一実施例の戸別受信機を示す図
図6本発明の請求項1、3および5における一実施例の文字情報伝送例を示す図

--

0015

1:サービスエリア、2:親局、3:操作卓、4:自動翻訳機、5:親局無線機、6:中継局、7:多国語文字表示盤付き屋外子局、8:多国語文字表示ディスプレイ付き戸別受信機、9:自動翻訳機能付き屋外子局、10自動翻訳機能付き戸別受信機、11:文字表示盤付き屋外子局、12:ディスプレイ付き戸別受信機、13:多国語表示ディスプレイ、14:言語選択ボタン、15:識別情報、16:多国語文字情報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 無線通信機及び入退室管理システム」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】管理区域内へ入場している利用者が管理区域に入場した不正侵入者を無線通信機により簡易に明確に検出することができる無線通信機を提供する。また、本発明は、管理区域内へ入場している利用者が管... 詳細

  • コニカミノルタ株式会社の「 介護施設用行動異常検知装置、該方法および該システム」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】本発明の介護施設用行動異常検知装置、該方法および該システムは、介護対象者の行動を取得してその取得時刻と対応付けて記憶部に記憶し、前記記憶部に記憶された過去の介護対象者における時系列な... 詳細

  • いであ株式会社の「 環境異常検知装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】画像のブレや雨等の外部環境に起因する誤検知を効果的に抑制し、監視対象の画像から正確に異常を検知できる環境異常検知装置を提供すること。【解決手段】環境異常検知装置10は、監視対象を撮像した画像を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ