図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年11月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

普通紙を含むあらゆる被記録材上で定着性が良く、且つ均一で濃度の高い印字物を得ることが出来るインクジェット記録用インク組成物を提供する。

解決手段

少なくとも顔料水溶性有機溶媒水溶性樹脂及び水とからなる、インクジェット記録用インク組成物であって、顔料は平均粒子径が異なる顔料Aと顔料Bの混合物であり、その平均粒子径をそれぞれdA及びdBとするとき、dA≦1/2dBである。dA≧50nm、dB≦200nmである。

概要

背景

ノズルスリットあるいは多孔質フィルム等から、液体インク吐出し、紙、布、フィルム等に記録を行う、いわゆるインクジェット方式プリンターは、小型で、安価、静粛性等種々の利点があり、黒色の単色またはフルカラーのプリンターとして多く市販されている。中でも、圧電素子を用いたいわゆるピエゾインクジェット方式や、熱エネルギーを作用させて液滴を形成し記録を行う、いわゆる熱インクジェット方式は、高速印字高解像度が得られるなど多くの利点を有している。

従来からインクジェット記録方式に一般的に用いられている水溶性染料着色剤として用いたインクは、耐水性耐光性に問題があった。それに対し、顔料を着色剤として用いたインクは、耐水性、耐光性に優れ、しかも、高濃度で滲みのない画質を得ることができることから、非常に有望であり、近年、多くの提案がなされ、実用化されている。

しかし、染料を着色剤として用いたインクの場合は、染料が被記録材染着することにより発色するため、被記録材への定着性が良く、被記録材の表面状態画像濃度に与える影響は小さい。一方、顔料を着色剤として用いたインクでは、顔料が被記録材表面に凝集し、固着することにより発色するため、被記録材への定着性が悪く、被記録材の表面状態が画像濃度に与える影響は大きくなる。

そのため顔料を着色剤として用いたインクでは、被記録材の種類により、画像濃度が著しく低下する場合がある。特に、ボンド紙PPC用紙などの普通紙は、紙の表面状態が一様ではないので顔料インクにおける画像濃度が問題となっている。

これらの顔料インクは濃度が低いという問題を改善するために、濃度の高い染料などを添加するという技術が提案されているが、これは顔料分散系を不安定なものにし、最悪分散系を壊す危険性を含んでいる。また水溶性染料を用いることで耐水性が劣るという問題が生じる。たとえば、特開平4−57861号公報には、カーボンブラックと染料とを含む水性黒色インクが記載されており、このインクによれば、駆動条件の変動や長時間の使用でも常に安定した吐出を行うことができ、記録画像堅牢性に優れるとともに記録画像の濃度が高いという利点を有する。しかし、この改良方法においては、水溶性染料が使用されているため、完全な耐水性の記録物は得られていない。

また、特開平8−193175号公報や特開平9−207424号公報には、顔料インクを印字した直後に、処理液と顔料を反応凝集させて光学濃度を高くする方法が開示されている。これらの方法は、分散安定性を確保しながら、印字後に処理液により光学濃度を高める機能分離型印字方法により、高い光学濃度と分散安定性の両立を達成している。しかし、インク以外に処理液を必要とするため、紙上の液量が多くなり、乾燥時間の長時間化や紙のしわカールが発生する、等の問題がある。

さらに、光学濃度を高く得る別のアプローチとして、粒子径の大きな顔料を使用する技術が提案されている。たとえば、特開2000−204305号公報には、紙上インク中に0.5μm以上の粒子径を有する粒子が存在することにより、光学濃度の上昇が大きくなることを見出し、さらに0.5μm以上の粒子数が6×104〜6×105個/μl、かつ5μm以上の粒子数が50個/μl以下であれば、安定した吐出が可能であると記載されている。しかし、光学濃度が高くなる反面、濃度ムラが発生したり、定着性が劣るという問題点が発生する。

概要

普通紙を含むあらゆる被記録材上で定着性が良く、且つ均一で濃度の高い印字物を得ることが出来るインクジェット記録用インク組成物を提供する。

少なくとも顔料、水溶性有機溶媒水溶性樹脂及び水とからなる、インクジェット記録用インク組成物であって、顔料は平均粒子径が異なる顔料Aと顔料Bの混合物であり、その平均粒子径をそれぞれdA及びdBとするとき、dA≦1/2dBである。dA≧50nm、dB≦200nmである。

目的

本発明の目的は、普通紙を含むあらゆる被記録材上で定着性が良く、且つ均一で濃度の高い印字物を得ることが出来るインクジェット記録用水性顔料インク組成物を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも顔料水溶性有機溶媒水溶性樹脂及び水とからなる、インクジェット記録用インク組成物であって、前記顔料は平均粒子径が異なる顔料Aと顔料Bの混合物であり、その平均粒子径をそれぞれdA及びdBとするとき、dA≦1/2dBであることを特徴とするインクジェット記録用インク組成物。

請求項2

請求項1記載のインクジェット記録用インク組成物において、上記顔料Aと顔料Bの平均粒子径dA、dBについて、dA≧50nm、dB≦200nmであることを特徴とするインクジェット記録用インク組成物。

請求項3

請求項1記載のインクジェット記録用インク組成物において、上記顔料Aの濃度をCA(重量%)、顔料Bの濃度をCB(重量%)とするとき、1≦CA/CB≦5であることを特徴とするインクジェット記録用インク組成物。

請求項4

請求項3記載のインクジェット記録用インク組成物において、上記顔料Aの濃度CA及び顔料Bの濃度CBについて、CA+CB≦10であることを特徴とするインクジェット記録用インク組成物。

技術分野

0001

本発明は、インクを力学的および熱エネルギーを用いて吐出飛翔させ被記録材に対して記録を行うインクジェット記録において使用する水性インクおよび記録法に関する。

背景技術

0002

ノズルスリットあるいは多孔質フィルム等から、液体インクを吐出し、紙、布、フィルム等に記録を行う、いわゆるインクジェット方式プリンターは、小型で、安価、静粛性等種々の利点があり、黒色の単色またはフルカラーのプリンターとして多く市販されている。中でも、圧電素子を用いたいわゆるピエゾインクジェット方式や、熱エネルギーを作用させて液滴を形成し記録を行う、いわゆる熱インクジェット方式は、高速印字高解像度が得られるなど多くの利点を有している。

0003

従来からインクジェット記録方式に一般的に用いられている水溶性染料着色剤として用いたインクは、耐水性耐光性に問題があった。それに対し、顔料を着色剤として用いたインクは、耐水性、耐光性に優れ、しかも、高濃度で滲みのない画質を得ることができることから、非常に有望であり、近年、多くの提案がなされ、実用化されている。

0004

しかし、染料を着色剤として用いたインクの場合は、染料が被記録材に染着することにより発色するため、被記録材への定着性が良く、被記録材の表面状態画像濃度に与える影響は小さい。一方、顔料を着色剤として用いたインクでは、顔料が被記録材表面に凝集し、固着することにより発色するため、被記録材への定着性が悪く、被記録材の表面状態が画像濃度に与える影響は大きくなる。

0005

そのため顔料を着色剤として用いたインクでは、被記録材の種類により、画像濃度が著しく低下する場合がある。特に、ボンド紙PPC用紙などの普通紙は、紙の表面状態が一様ではないので顔料インクにおける画像濃度が問題となっている。

0006

これらの顔料インクは濃度が低いという問題を改善するために、濃度の高い染料などを添加するという技術が提案されているが、これは顔料分散系を不安定なものにし、最悪分散系を壊す危険性を含んでいる。また水溶性染料を用いることで耐水性が劣るという問題が生じる。たとえば、特開平4−57861号公報には、カーボンブラックと染料とを含む水性黒色インクが記載されており、このインクによれば、駆動条件の変動や長時間の使用でも常に安定した吐出を行うことができ、記録画像堅牢性に優れるとともに記録画像の濃度が高いという利点を有する。しかし、この改良方法においては、水溶性染料が使用されているため、完全な耐水性の記録物は得られていない。

0007

また、特開平8−193175号公報や特開平9−207424号公報には、顔料インクを印字した直後に、処理液と顔料を反応凝集させて光学濃度を高くする方法が開示されている。これらの方法は、分散安定性を確保しながら、印字後に処理液により光学濃度を高める機能分離型印字方法により、高い光学濃度と分散安定性の両立を達成している。しかし、インク以外に処理液を必要とするため、紙上の液量が多くなり、乾燥時間の長時間化や紙のしわカールが発生する、等の問題がある。

0008

さらに、光学濃度を高く得る別のアプローチとして、粒子径の大きな顔料を使用する技術が提案されている。たとえば、特開2000−204305号公報には、紙上インク中に0.5μm以上の粒子径を有する粒子が存在することにより、光学濃度の上昇が大きくなることを見出し、さらに0.5μm以上の粒子数が6×104〜6×105個/μl、かつ5μm以上の粒子数が50個/μl以下であれば、安定した吐出が可能であると記載されている。しかし、光学濃度が高くなる反面、濃度ムラが発生したり、定着性が劣るという問題点が発生する。

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の目的は、普通紙を含むあらゆる被記録材上で定着性が良く、且つ均一で濃度の高い印字物を得ることが出来るインクジェット記録用水性顔料インク組成物を提供することである。

課題を解決するための手段

0010

本発明は,少なくとも顔料、水溶性有機溶媒水溶性樹脂及び水とからなる、インクジェット記録用インク組成物であって、前記顔料は平均粒子径が異なる顔料Aと顔料Bの混合物であり、その平均粒子径をそれぞれdA及びdBとするとき、dA≦1/2dBであるインクジェット記録用インク組成物である。

0011

また、本発明は、上記顔料Aと顔料Bの平均粒子径dA、dBについて、dA≧50nm、dB≦200nmであるインクジェット記録用インク組成物である。

0012

そして、本発明は、上記顔料Aの濃度をCA(重量%)、顔料Bの濃度をCB(重量%)とするとき、1≦CA/CB≦5であるインクジェット記録用インク組成物である。

0013

更に、本発明は、上記顔料Aの濃度CA及び顔料Bの濃度CBについて、CA+CB≦10であるインクジェット記録用インク組成物である。

発明を実施するための最良の形態

0014

本発明の実施の形態を説明する。本発明のインクジェット記録用インク組成物は、顔料、水溶性有機溶媒、水溶性樹脂および水を必須成分とし、さらに、界面活性剤、その他添加剤を含有しており、そして、顔料は平均粒子径が異なる顔料Aと顔料Bの混合物であり、その平均粒子径をそれぞれdA及びdBとするとき、dA≦1/2dBである。2種類の平均粒子径の顔料を混合することで濃度ムラのない均一で、高濃度の印字物が得られる。

0015

本発明のインクジェット記録用インク組成物における顔料Aと顔料Bの平均粒子径dA、dBについて、dA≧50nm、dB≦200nmである。dA<50nmでは十分な濃度が得られず、dB>200nmではヘッドからの吐出性が悪くなる。

0016

本発明のインクジェット記録用インク組成物における顔料Aの濃度をCA(重量%)、顔料Bの濃度をCB(重量%)とするとき、1≦CA/CB≦5である。CA/CB<1では濃度ムラが発生し、CA/CB>5では濃度が低下する。

0017

本発明のインクジェット記録用インク組成物における顔料Aの濃度CA及び顔料Bの濃度CBについて、CA+CB≦10である。CA+CB>10ではヘッドからの吐出性が悪くなる。

0018

顔料としては、主溶媒である水との親和性が良いものであれば使用でき、例えば、カーボンブラック類、アゾレーキ不溶性アゾ顔料総合アゾ顔料キレートアゾ顔料等のアゾ顔料やフタロシアニン顔料キナクリドン顔料、ベレリン、及びベレリン顔料、アントラキノン顔料、ジオキサジン顔料等の有機顔料アニリンブラック等を挙げることができる。その他、水に自己分散可能な顔料を使用することができる。水に自己分散可能な顔料とは、顔料表面に親水性基を数多く有し、高分子分散剤の存在がなくても、安定に分散する顔料のことである。具体的には、通常のいわゆる顔料に対して、酸・塩基処理カップリング剤処理ポリマーグラフト処理プラズマ処理酸化還元処理等の表面改質処理等を施すことにより、水に自己分散可能な顔料を得ることができる。水に自己分散可能な顔料としては、上記のように顔料に対して表面改質処理を施した顔料の他、キャボット社製のCab−o−jet−200、Cab−o−jet−300、IJX−55、オリエン化学社製のBonjet Black CW−1、Bonjet Black CW−2や、日本触媒社から販売されている顔料等の市販の顔料を用いることができる。

0019

水に自己分散可能な顔料の表面に存在する可溶化基は、ノニオン性カチオン性アニオン性のいずれであってもよいが、主にスルホン酸カルボン酸水酸基リン酸が望ましい。スルホン酸、カルボン酸、リン酸の場合、そのまま遊離酸の状態でも用いることが可能であるが、水溶性を高めるために、塩基性物質との塩の状態で使用することが好ましい。これらの重合体と塩を形成する塩基性物質としては、ナトリウムカリウムリチウム等のアルカリ金属類モノメチルアミンジメチルアミントリエチルアミン等の脂肪族アミン類モノメタノールアミンモノエタノールアミンジエタノールアミントリエタノールアミンジイソプロパノールアミン等のアルコールアミン類アンモニア等を挙げることができる。これらの中でも、ナトリウム、カリウム、リチウム等のアルカリ金属類の塩基性化合物が好ましく使用される。これは、アルカリ金属類の塩基性化合物が強電解質であり、酸性基解離を促進する効果が大きいためと考えられる。

0020

次に、本発明におけるインクには、インクを所望の物性にするため、インクの乾燥を防止するため、また、溶解安定性を向上させるため等の目的で、下記水溶性有機溶媒を複数混合して使用してもよい。すなわち、エチレングリコールジエチレングリコールトリエチレングリコールポリエチレングリコールプロピレングリコールポリプロピレングリコール、1,5−ペンタンジオール、1,6−へキサンジオールグリセリン、1,2,6−へキサントリオール、1、2,4−ブタントリオール、1,2,3−ブタントリオール、ぺトリオール等の多価アルコル類エチレングリコールモノエチルエーテルエチレングリコールモノブチルエーテルジエチレングリコールモノメチルエーテルジエチレングリコールモノエチルエーテルジエチレングリコールモノブチルエーテルテトラエチレングリコールモノメチルエーテルプロピレングリコールモノエチルエ−テル等の多価アルコールアルキルエーテル類エチレングリコールモノフェニルエーテルエチレングリコールモノベンジルエーテル等の多価アルコールアリールエーテル類N−メチル−2−ピロリドン、N−ヒドロキシエチル2−ピロリドン、2−ピロリドン、1,3−ジメチルイミダゾリジノン、ε−カプロラクタム等の含窒素複素環化合物ホルムアミド、N−メチルホルムアミド、ホルムアミド、N,N−ジメチルホルムアミド等のアミド類、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、モノエチルアミンジエチルアミン、トリエチルアミン等のアミン類ジメチルスルホキシドスルホランチオジエタノールエチレン尿素尿素等の含硫黄化合物類、プロピレンカーボネート炭酸エチレンγ−ブチロラクトン等を単独または複数混合して用いることができる。

0021

本発明に用いることができる水溶性樹脂は、ゼラチンアルブミンカゼイン等のたんぱく質アラビアゴム等の天然ゴム類サボニン等のグルコシド類、リグニンスルホン酸塩セラック等の天然高分子ポリアクリル酸塩ポリメタクリル酸塩、スチレンアクリル酸共重合体及びその塩、ビニルナフタレン−アクリル酸共重合体及びその塩、及びその塩、スチレン−マレイン酸アクリル酸アルキルエステル共重合体及びその塩、ビニルナフタレン−マレイン酸共重合体及びその塩、スチレン−メタクリル酸−アクリル酸アルキルエステル共重合体及びその塩、β−ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物ナトリウム塩リン酸塩等の陰イオン性高分子ポリビニルアルコールポリビニルピロリドン等の非イオン性高分子、さらには、アクリロニトリル酢酸ビニルアクリルアミド塩化ビニル塩化ビニリデンエチレンヒドロキシエチルアクリレートグリシジルメタクリレート等のモノマーが共重合されていても良い。これらは、単独あるいは複数の組合せで添加しても良い。

0022

インク組成物記録媒体への浸透性を制御するため、他の界面活性剤を添加することも可能である。添加する界面活性剤は、インク組成物の他の成分と相溶性のよいものが好ましく、界面活性剤のなかでも浸透性が高く安定なものが特に好ましい。その具体例としては、非イオン界面活性剤が挙げられる。非イオン界面活性剤としては、ポリオキシエチレン系界面活性剤ポリオキシプロピレン系界面活性剤ポリオキシ(エチレン−プロピレン)系ノニオン界面活性剤、ポリオキシアセチレン系界面活性剤ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテルポリオキシエチレンアルキルアリルエーテルポリオキシエチレンオレイルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテルポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシアルキレンアルキルエーテルなどのエーテル系、ポリオキシエチレンオレイン酸、ポリオキシエチレンオレイン酸エステル、ポリオキシエチレンジステアリン酸エステルソルビタンラウレートソルビタンモノステアレートソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレンステアレートなどのエステル系、その他フッ素アルキルエステルパーフルオロアルキルカルボン酸塩などの含フッ素系界面活性剤などが挙げられる。

0023

また、プロキセル等の防腐剤、防かび剤、pH調整剤溶解助剤酸化防止剤等の添加剤を含有させることも可能である。

0024

以下に本発明を実施例により具体的に説明するが、本発明はその要旨をこえない限り以下の実施例に限定されるものではない。まず、顔料分散液1〜5の調製方法を説明する。
(a)顔料分散液1の調製
スチレンーアクリル酸共重合体樹脂:4.0重量部
重量平均分子量=7500、酸価=200)
トリエタノールアミン: 2.7重量部
イソプロピルアルコール: 0.4重量部
イオン交換水: 72.9重量部
上記成分を70℃の加温下で完全に溶解させた。次にカーボンブラック(MA100、三菱化学製)20重量部を前記溶液に加え、プレミキシングを行った後、ボールミルジルコニウムビーズ充填率=50%、ビーズ径=0.5μm)でカーボンブラックの平均粒子径が150nmになるまで分散を行い、1.2μmのフィルターを通し、顔料分散液1を得た。なお、粒子径の測定にはマイクロトラックUPA(日機装社製)を使用した。
(b)顔料分散液2の調製
前記顔料分散液1の調製と同一組成同一条件で分散を行い、平均粒子径が65nmのカーボンブラックを用いて、顔料分散液2を得た。
(c)顔料分散液3の調製
前記顔料分散液1の調製と同一組成、同一条件で分散を行い、平均粒子径が300nmのカーボンブラックを用いて、顔料分散液3を得た。
(d)顔料分散液4の調製
前記顔料分散液1の調製と同一組成、同一条件で分散を行い、平均粒子径が100nmのカーボンブラックを用いて、顔料分散液4を得た。
(e)顔料分散液5の調製
前記顔料分散液1の調製と同一組成、同一条件で分散を行い、平均粒子径が45nmのカーボンブラックを用いて、顔料分散液5を得た。

0025

実施例1を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 5.0重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :20.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0026

実施例2を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 7.5重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :17.5重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0027

実施例3を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm):12.5重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :12.5重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0028

実施例4を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 9.0重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :27.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0029

比較例1を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 7.5重量部
顔料分散液4(平均粒子径100nm):17.5重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0030

比較例2を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :17.5重量部
顔料分散液4(平均粒子径100nm): 7.5重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0031

比較例3を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 3.0重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :22.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0032

比較例4を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm):15.0重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :10.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0033

比較例5を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm):20.0重量部
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :40.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0034

比較例6を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液1(平均粒子径150nm): 5.0重量部
顔料分散液5(平均粒子径45nm) :20.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0035

比較例7を説明する。以下に示す割合で混合してインク組成物を作成した。
顔料分散液2(平均粒子径65nm) :20.0重量部
顔料分散液3(平均粒子径300nm): 5.0重量部
N−メチル—2—ピロリドン: 8.0重量部
プロピレングリコール: 6.0重量部
ポリエチレングリコール400 : 5.0重量部
スチレン−アクリル酸共重合体樹脂: 2.0重量部
(重量平均分子量=12500酸価=210)
界面活性剤: 0.1重量部
(エアープロダクツ社製サーフィノール104E)
イオン交換水: 残部

0036

実施例及び比較例のインク組成物を評価する方法を説明する。前記のようにして得られた各インクジェット用インク組成物を用い、DeskJet 815C(ヒュレーットパッカード社製)インクジェットプリンターを使用して、Bright White Paper上に記録を行った。評価結果を図1に示す。

0037

印字濃度」の測定を説明する。各インクジェット用インク組成物を用いて2cm×2cmのベタ画像を形成し、2時間放置後、ベタ画像の中心部の光学濃度を、分光測色濃度計X−Rite938(日本平版機材製)にて測定し、その濃度が1.3以上のものを「○」、濃度が1.3未満のものを「×」で表した。

0038

「濃度の均一性」の測定を説明する。各インクジェット用インク組成物を用いて2cm×2cmのベタ画像を形成し、2時間放置後、ベタ画像の濃度の均一性について目視で評価した。目視で均一であると判断できるものを「○」、ベタ画像内に濃度ムラがあるものは「×」で表した。

0039

「定着性」の測定を説明する。各インクジェット記録用インクを用いて2cm×2cmのベタ画像を形成し、2時間放置後、指および消しゴムで擦り、指、消しゴムおよび紙が汚れなければ「○」、汚れれば「×」で表した。

0040

「吐出安定性」の測定を説明する。各インクジェット用インク組成物を用いて印字率60%のベタ画像を10枚連続で印字し、その間のバンディングや印字のかすれを目視で評価した。バンディングやかすれの発生しなかったものを「○」、バンディングもしくは印字のかすれが観察されたものを「×」で表した。

0041

図1の評価結果をみると、実施例1〜4のインク組成物は、「印字濃度」、「均一性」、「定着性」及び「吐出安定性」のすべてが「○」であったが、比較例1〜7のインク組成物は、「印字濃度」、「均一性」、「定着性」及び「吐出安定性」のうちのいずれかが「×」であり、インク組成物として好ましいものではなかった。

発明の効果

0042

本発明によれば、普通紙を含むあらゆる被記録材上での定着性が良く、且つ、均一で濃度の高い印字物を得ることが出来るインクジェット記録用インク組成物を得ることができる。

図面の簡単な説明

0043

図1実施例及び比較例のインク組成物の成分及び評価結果を説明する図表

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ