図面 (/)

技術 情報伝送システム

出願人 富士ゼロックス株式会社
発明者 内田正樹岩田伸夫
出願日 2002年4月11日 (18年8ヶ月経過) 出願番号 2002-109218
公開日 2003年10月24日 (17年2ヶ月経過) 公開番号 2003-304245
状態 特許登録済
技術分野 情報転送方式 小規模ネットワーク(3)ループ,バス以外
主要キーワード シリアル通信ネットワーク 初期メモリ 伝送対象データ ポート番 物理層モジュール 不揮発性RAM シリアル通信回線 プライベート空間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年10月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

プロトコルによるオーバーヘッドを抑え、伝送効率を向上できる情報伝送システムを提供する。

解決手段

ネットワークスキャナ部10が利用者から、画像データの伝送先として制御装置部20のシリアル通信ネットワーク27のIPアドレスと、FTPポート番号との入力を受けて、当該IPアドレスとポート番号とに関連づけられている、シリアル通信ネットワーク27の物理アドレスを取得し、当該物理アドレスに対して伝送対象の画像データを伝送する。

概要

背景

ネットワークプロトコルは、モジュールに分けて開発されるのが普通である。具体的には、物理的な通信インタフェースを制御する物理層モジュール、情報の伝送先を特定するネットワーク層モジュール(例えばIP(Internet Protocol))、データ伝達に関わるトランスポート層モジュール(例えばTCP(Transmission Control Protocol))、アプリケーション側とのインタフェースに関するアプリケーション層のモジュール等に分けられている。この階層的構造は、物理層を「下位層」、アプリケーション層を「上位層」として、下位層から順に、物理層、データリンク層、ネットワーク層、トランスポート層、セッション層プレゼンテーション層、アプリケーション層といった7層からなるモデルに関連づけて一般に説明される。

ところで、近年、旧来のものに比して高速化されたシリアル伝送回線として、USB(Universal Serial Bus)やIEEE1394といったものが開発されている。そこで、これらのシリアル伝送回線を利用して、通常のネットワークプロトコルによりながら、高速な情報伝送を可能とする技術として、シリアル通信回線を介してIPプロトコルパケット伝送する比較的下位の階層のプロトコルも開発されている。このようなプロトコルとしては、具体的に、IP over IEEE1394(RFC2734)と呼ばれるものがある。このIP over IEEE1394プロトコルを利用すると、IEEE1394の信号線を介してTCP/IPプロトコルを用いた信号伝送を行うことができる。この場合、当該TCP層より上位層のプロトコルであるFTPファイル転送プロトコル)等をそのまま利用できる。

概要

プロトコルによるオーバーヘッドを抑え、伝送効率を向上できる情報伝送システムを提供する。

ネットワークスキャナ部10が利用者から、画像データの伝送先として制御装置部20のシリアル通信ネットワーク27のIPアドレスと、FTPのポート番号との入力を受けて、当該IPアドレスとポート番号とに関連づけられている、シリアル通信ネットワーク27の物理アドレスを取得し、当該物理アドレスに対して伝送対象の画像データを伝送する。

目的

本発明は上記実情に鑑みて為されたもので、物理層レベルの伝送効率を有効に活用でき、伝送効率を向上できる情報伝送システムを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

それぞれに互いに異なるノードアドレス割り当てられている、第1の情報伝送装置と第2の情報伝送装置とを含む情報伝送システムであって、前記各情報伝送装置は、それぞれ情報伝送を行う情報伝送要素であって、各情報伝送要素ごとに要素識別子の割り当てられた情報伝送要素と、少なくとも一つの互いに異なる物理アドレスが割り当てられている通信インタフェースと、を有し、前記第1の情報伝送装置は、さらに、情報の伝送先となる第2の情報伝送装置のノードアドレスと、第2の情報伝送装置内の情報伝送要素を特定する要素識別子との入力を、前記情報伝送要素から受けて、当該ノードアドレス及び要素識別子に基づき、第2の情報伝送装置の通信インタフェースの物理アドレスのいずれかに合成変換する手段と、当該合成変換により得られた物理アドレスを、伝送対象の情報に付して送信する手段と、を含み、前記第2の情報伝送装置は、さらに、前記第1の情報伝送装置から物理アドレスと、伝送対象の情報とを受信し、当該物理アドレスから要素識別子を抽出する手段と、前記抽出した要素識別子に対応する情報伝送要素に対して、前記受信した伝送対象の情報を出力する手段と、を含む、ことを特徴とする情報伝送システム。

請求項2

相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有する情報伝送装置であって、各情報伝送要素は、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての前記情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて情報伝送を行っており、少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースと、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換手段と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送手段と、を含む、ことを特徴とする情報伝送装置。

請求項3

請求項2に記載の情報伝送装置において、さらに、固有の物理アドレスが割り当てられている第2通信インタフェースと、伝送対象データを、前記第1通信インタフェースと第2通信インタフェースとのどちらを介して伝送するかを決定する手段と、を含み、前記アドレス変換手段は、第2通信インタフェースを介して伝送すると決定されたときには、伝送対象データの伝送先となった情報伝送装置を表すノードアドレスを、当該情報伝送装置の第2通信インタフェースの物理アドレスに変換し、当該変換された物理アドレスに対して、要素識別子とともに、前記伝送対象データを伝送することを特徴とする情報伝送装置。

請求項4

請求項2又は3に記載の情報伝送装置において、前記第1通信インタフェースは、IEEE1394インタフェースであることを特徴とする情報伝送装置。

請求項5

請求項3または、請求項3に係る請求項4に記載の情報伝送装置において、前記第2通信インタフェースは、イーサネット登録商標)インタフェース又はトークンリング(登録商標)インタフェースであり、その物理アドレスは、メディアアクセスコントロールアドレスであることを特徴とする情報伝送装置。

請求項6

請求項2から5のいずれか1項に記載の情報伝送装置において、前記要素識別子は、トランスポート・プロトコルのポート識別子であることを特徴とする情報伝送装置。

請求項7

少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置を用い、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換工程と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送工程と、を含む、ことを特徴とする情報伝送方法

請求項8

少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置に、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換手順と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送手順と、を実行させることを特徴とする情報伝送プログラム

請求項9

少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置、により送受信されるデータの構造であって、前記ノードアドレスと要素識別子との合成により得られた物理アドレスを含んだアドレス部と、伝送対象のデータを含んだデータ部と、を含み、前記アドレス部の解析により、前記データ部の出力先となる情報伝送要素が特定される、ことを特徴とするデータ構造

技術分野

0001

本発明は、ネットワーク接続された装置間で情報を相互に伝送する情報伝送システム係り、特に伝送効率の向上に関する。

背景技術

0002

ネットワークプロトコルは、モジュールに分けて開発されるのが普通である。具体的には、物理的な通信インタフェースを制御する物理層モジュール、情報の伝送先を特定するネットワーク層モジュール(例えばIP(Internet Protocol))、データ伝達に関わるトランスポート層モジュール(例えばTCP(Transmission Control Protocol))、アプリケーション側とのインタフェースに関するアプリケーション層のモジュール等に分けられている。この階層的構造は、物理層を「下位層」、アプリケーション層を「上位層」として、下位層から順に、物理層、データリンク層、ネットワーク層、トランスポート層、セッション層プレゼンテーション層、アプリケーション層といった7層からなるモデルに関連づけて一般に説明される。

0003

ところで、近年、旧来のものに比して高速化されたシリアル伝送回線として、USB(Universal Serial Bus)やIEEE1394といったものが開発されている。そこで、これらのシリアル伝送回線を利用して、通常のネットワークプロトコルによりながら、高速な情報伝送を可能とする技術として、シリアル通信回線を介してIPプロトコルパケットを伝送する比較的下位の階層のプロトコルも開発されている。このようなプロトコルとしては、具体的に、IP over IEEE1394(RFC2734)と呼ばれるものがある。このIP over IEEE1394プロトコルを利用すると、IEEE1394の信号線を介してTCP/IPプロトコルを用いた信号伝送を行うことができる。この場合、当該TCP層より上位層のプロトコルであるFTPファイル転送プロトコル)等をそのまま利用できる。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記従来のIP overIEEE1394等を用いた伝送方法では、物理層としてのシリアル回線自体は高速なデータ転送能力を有しているにも関わらず、プロトコルのオーバーヘッドのために、伝送能力を十分に活かすことができないという問題点があった。

0005

すなわち、FTPにより伝送されるべきデータは、TCPに対して上位側の層からTCPにおけるFTPのポート番号(通常「21」)と、伝送先の装置を特定するIPアドレスとともに、TCP層へ入力される。TCP層では、データをパケットに分割した上で、各パケットにポート番号を付してTCPパケットを生成する。そして、このTCPパケットとIPアドレスとをIP層へ出力する。IP層では、TCPパケットにIPアドレス等を付してIPパケットを生成し、このIPパケットを所定の(事前に定められたルーティング規則により決められる)物理層(IEEE1394)へ出力する。当該IPパケットの入力を受けた物理層は、IPパケットのIPアドレスに基づき、対応する物理アドレスイーサネット登録商標)であればイーサネット(登録商標)アドレスなどのMAC(メディアアクセスコントロール)アドレス)を調べ、当該物理アドレスへIPパケットを伝送している。

0006

さらに、このパケットを受信した側では、IPパケットを調べて、それが自己宛のものである場合、IPパケットからTCPパケットを取り出す。そしてTCP層では、このTCPパケットに含まれるポート番号を参照し、当該ポート番号で特定される情報伝送の実体要素(情報伝送要素)、例えばポート番号が「21」である場合はFTPへと、データを出力するという動作を行うことになる。

0007

このように、従来のIP overIEEE1394では、多数回に亘るパケット化アドレス変換が行われ、通信のオーバーヘッドが大きくなっていたのである。

0008

実際、IEEE1394ケーブルで互いに接続したパーソナルコンピュータ間でFTPによるデータ伝送をした場合と、IEEE1394の階層(物理層)レベルでのデータ伝送を行った場合とで比較した実験結果によると、FTPを利用した場合のデータ伝送速度が14.75Mbpsメガビット毎秒)であったのに対し、IEEE1394の物理層間でのデータ伝送速度は、53.69Mbpsであった。即ちIEEE1394の物理層レベルでの伝送に比べ、FTPを利用した場合は、3.64倍性能が劣化したことになる。

0009

本発明は上記実情に鑑みて為されたもので、物理層レベルの伝送効率を有効に活用でき、伝送効率を向上できる情報伝送システムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記従来例の問題点を解決するための本発明は、それぞれに互いに異なるノードアドレス割り当てられている、第1の情報伝送装置と第2の情報伝送装置とを含む情報伝送システムであって、前記各情報伝送装置は、それぞれ、情報伝送を行う情報伝送要素であって、各情報伝送要素ごとに要素識別子の割り当てられた情報伝送要素と、少なくとも一つの互いに異なる物理アドレスが割り当てられている通信インタフェースと、を有し、前記第1の情報伝送装置は、さらに、情報の伝送先となる第2の情報伝送装置のノードアドレスと、第2の情報伝送装置内の情報伝送要素を特定する要素識別子との入力を、前記情報伝送要素から受けて、当該ノードアドレス及び要素識別子に基づき、第2の情報伝送装置の通信インタフェースの物理アドレスのいずれかに合成変換する手段と、当該合成変換により得られた物理アドレスを、伝送対象の情報に付して送信する手段と、を含み、前記第2の情報伝送装置は、さらに、前記第1の情報伝送装置から物理アドレスと、伝送対象の情報とを受信し、当該物理アドレスから要素識別子を抽出する手段と、前記抽出した要素識別子に対応する情報伝送要素に対して、前記受信した伝送対象の情報を出力する手段と、を含む、ことを特徴としている。

0011

すなわち、物理層に複数の物理アドレスを設定しておき、各物理アドレスに、ノードアドレスのみならず要素識別子を含めて関連づけることで、例えば要素識別子としてポート番号を用いれば、ポート番号の処理に係るオーバーヘッドを低減でき、物理層レベルの伝送効率を有効に活用して伝送効率を向上できる。

0012

本発明のある態様によれば、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有する情報伝送装置であって、各情報伝送要素は、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての前記情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて情報伝送を行っており、少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースと、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換手段と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送手段と、を含む、こととした。

0013

ここで、さらに固有の物理アドレスが割り当てられている第2通信インタフェースと、伝送対象データを、前記第1通信インタフェースと第2通信インタフェースとのどちらを介して伝送するかを決定する手段と、を含み、前記アドレス変換手段は、第2通信インタフェースを介して伝送すると決定されたときには、伝送対象データの伝送先となった情報伝送装置を表すノードアドレスを、当該情報伝送装置の第2通信インタフェースの物理アドレスに変換し、当該変換された物理アドレスに対して、要素識別子とともに、前記伝送対象データを伝送することとするのも好ましい。

0014

さらに、前記第1通信インタフェースは、IEEE1394インタフェースであってもよいし、前記第2通信インタフェースは、イーサネット(登録商標)インタフェース又はトークンリング(登録商標)インタフェースであり、その物理アドレスは、メディア・アクセス・コントロール・アドレスであってもよい。

0015

また、第1通信インタフェースがIEEE1394インタフェースであるときには、物理アドレスは、IEEE1394のシリアルバスのアドレスであってもよい。またノードアドレスはIPアドレスであってもよいし、要素識別子はTCPにおけるポート番号であってもよい。さらに、第1、第2の通信インタフェースのうちどちらを用いて情報伝送するかを決定する手段は、送信先として指定されたノードアドレス又は物理アドレスに基づいて通信インタフェースを決定するようにしてもよい。

0016

さらに、本発明の別の態様によると、少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置を用い、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換工程と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送工程と、を含む情報伝送方法とした。

0017

また、本発明のさらに別の態様によると、少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置に、伝送対象データの伝送先となった情報伝送要素を示す要素識別子及びノードアドレスを、当該情報伝送要素に割り当てられている、物理アドレスのいずれかに合成変換するアドレス変換手順と、前記第1通信インタフェースを介して、前記変換により得られた物理アドレスとともに、前記伝送対象データを伝送する伝送手順と、を実行させる情報伝送プログラムとした。

0018

さらに、上記従来例の問題点を解決するための本発明は、少なくとも一つの、互いに異なる物理アドレスが割り当てられている第1通信インタフェースを具備した情報伝送装置であって、相互に情報伝送を行う少なくとも一つの情報伝送要素を有し、各情報伝送要素を特定する要素識別子と、ネットワーク上のノードとしての情報伝送装置を特定するノードアドレスとにより伝送先を特定するプロトコルを用いて、前記情報伝達要素間の情報伝送を行う情報伝送装置、により送受信されるデータの構造であって、前記ノードアドレスと要素識別子との合成により得られた物理アドレスを含んだアドレス部と、伝送対象のデータを含んだデータ部と、を含み、前記アドレス部の解析により、前記データ部の出力先となる情報伝送要素が特定される、ことを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0019

本発明の実施の形態に係る情報伝送システムについて、図面を参照しながら説明する。本実施の形態においては、情報伝送装置として、画像をスキャンして、当該スキャンした画像をネットワークを介して外部に送信する機能を備えたネットワークスキャナと、プリンタ機能を有した制御装置と、一般的なパーソナルコンピュータとを例として説明する。

0020

本実施の形態の情報伝送システムは、図1に示すように、複合機1と、パーソナルコンピュータ2とを含んでなり、これらは互いにイーサネット(登録商標)を介して接続されている。また複合機1は、ネットワークスキャナ部10と、制御装置部20とを含んで構成され、これらは互いにIEEE1394インタフェースを介して接続されている。ここで、複合機1のネットワークスキャナ部10と、制御装置部20と、パーソナルコンピュータ2とがそれぞれ本発明の情報伝送装置に相当する。

0021

ネットワークスキャナ部10は、CPU11と、記憶部12と、スキャナ部13と、クロック14と、表示部15と、操作部16と、シリアル通信インタフェース部17とを含む。これら各部は、システムバスBUSを介して相互に接続されている。また、制御装置部20は、CPU21と、記憶部22と、プリンタ部23と、クロック24と、表示部25と、操作部26と、シリアル通信インタフェース部27と、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28とを含んでいる。これら各部もまた、システムバスBUSを介して相互に接続されている。

0022

[ネットワークスキャナ部]ネットワークスキャナ部10のCPU11は、記憶部12に格納されているプログラムに従って動作しており、少なくともアドレス解決処理伝送処理送信処理及び受信処理)とを行っている。このCPU11の具体的動作については後に詳しく述べる。記憶部12は、CPU11のワークメモリとして動作するRAM(Random Access Memory)と、CPU11の起動時等に参照されるROM(Read Only Memory)と、ハードディスクやNVRAM不揮発性RAM)等、プログラムを保持する記憶デバイスと、を含んでいる。

0023

スキャナ部13は、CPU11から入力される指示に従って原稿をスキャンして画像データに変換し、当該画像データをCPU11に出力する。クロック14は、時計用チップを備え、時刻情報年月日時分秒の情報を)CPU11に出力している。このクロック14は、システム電源断時や停電時等に時刻情報が消滅しないようバックアップ用電源を具備し、装置の電源が切られている間も計時を行っている。

0024

表示部15は、ディスプレイであり、CPU11から入力される指示に従って情報を表示する。操作部16は、例えば表示部15に重ね合わせて配置された透明のタッチパネルであり、ユーザからの操作を受けて、当該操作の内容をCPU11に出力する。具体的にユーザは、この操作部16を用いて、スキャンの設定を行ったり、スキャン指示を行ったり、画像データの伝送先を指定したりする。

0025

シリアル通信インタフェース17は、IEEE1394インタフェースであり、CPU11から、伝送先となるIEEE1394のシリアルバスアドレスと伝送対象のデータとの入力を受けて、当該伝送先へIEEE1394ケーブルを介してシリアルバスアドレスと伝送対象のデータとを送信する。また、このシリアル通信インタフェース17は、IEEE1394ケーブルを介して到来した情報をCPU11に出力する。

0026

ここで、CPU11の具体的動作内容を説明する。CPU11は、既に述べたように、少なくともアドレス解決処理と伝送処理とを行っているので、それぞれについて分けて説明する。

0027

[アドレス解決処理]CPU11は、予め、情報伝送システムで割り当てられている物理アドレス(ここではシリアルバスアドレスとしてのIEEE1394アドレス)に、IPアドレスとポート番号とを関連づけて、図2に示すようなARP(Address Resolution Protocol)テーブルとして記憶部12に格納して保持している。このARPテーブルは、例えば管理者によって予め設定されている。本実施の形態において特徴的なことは、各シリアル通信インタフェース部17及び27にそれぞれIPアドレスとして「129.249.11.2」と、「129.249.11.3」といった一つずつが設定されているときに、物理アドレスが、例えばシリアル通信インタフェース部17(129.249.11.2)について、ポート番号「1045」、「21」、「20」のそれぞれに対応して、「0xFFC0FFFFFF00415」、「0xFFC0FFFFFF00015」、「0xFFC0FFFFFF00014」と複数設定され、同様に、シリアル通信インタフェース部27についても、複数設定されていることである。

0028

ここでは、物理アドレスとしてIEEE1394アドレスを用いている。IEEE1394アドレスは、64ビットであり、16ビットのnode#ID(10ビットのbus#IDと、6ビットのphysical#ID)と、48ビット(初期メモリ空間、プライベート空間レジスタ空間など)で構成される(詳細はIEEE Std 1394-1995を参照)。そこで上述のARPテーブルでは、前半16ビット「0xFFC0」や「0xFFC1」がIPアドレスに関連づけられ、後半48ビットがポート番号に関連づけられて定義されたものとしている。

0029

CPU11は、このARPテーブルを用いて、図3に示すアドレス解決処理を行う。CPU11は、アドレス解決の対象となるIPアドレス及びポート番号の入力を受けて、図3に示すアドレス解決処理を開始し、まず入力されたIPアドレス及びポート番号に対応する物理アドレスが記憶部12のARPテーブルに登録されているかを調べる(S1)。ここで対応する物理アドレスがARPテーブルに登録されていなければ(Noならば)、当該解決対象となるIPアドレスとポート番号とを含んでなるARPパケットを生成して送出する(S2)。このARPパケットは、解決対象となるIPアドレスが割り当てられているインタフェースで受け取られ、当該インタフェースを備えた装置において、アドレス解決処理され、その結果が返信されるようになっている。

0030

CPU11は、当該アドレス処理の結果を、予め設定された期間内に物理アドレスを受信したか否かを調べ(S3)、物理アドレスを受信していなければ(タイムアウトしたか、エラーが受信された場合、すなわちNoならば)、エラーを出力して(S4)、処理を終了する。一方、処理S3において、物理アドレスを受信していれば(Yesならば)、この受信した物理アドレスを解決結果として、解決対象となったIPアドレスとポート番号とを、当該解決結果の物理アドレスに関連づけてARPテーブルに登録する(S5)。そして、当該解決結果の物理アドレスを出力し(S6)、処理を終了する。

0031

また処理S1において、対応する物理アドレスがARPテーブルに登録されていれば、当該物理アドレスを解決結果として、処理S6に移行し、当該解決結果の物理アドレスを出力して処理を終了する。

0032

このアドレス解決処理を行うCPU11が本発明のアドレス変換手段を実現する。さらに、本実施の形態においては、CPU11は、IP overIEEE1394プロトコルで規定されるARP(Address Resolution Protocol)を実装したものとして、IPアドレスとポート番号とを含むARPリクエストを外部から受信すると、それに応答して、上述のアドレス解決処理を実行して、対応する物理アドレスを返信する。

0033

[伝送処理]また、本実施の形態においては、CPU11は、操作部16を介して利用者からスキャンの指示と、スキャンした画像データを伝送する指示とを受けて、当該画像データを指示された伝送先へ伝送する処理を行う。ここでは一例として、図1に示したシステムにおいて、各シリアル通信インタフェース部17及び27にそれぞれIPアドレスとして「129.249.11.2」と、「129.249.11.3」といった一つずつが設定されているときに、スキャンした画像データをFTP(ポート番号21)によってネットワークスキャナ部10から制御装置部20へ伝送する場合について説明する。

0034

操作部16において利用者がスキャンの指示とともに、そのスキャンの結果である画像データを制御装置部20へFTPにて伝送する指示(伝送先IPアドレスが「129.249.11.3」、ポート番号「21」)を行うと、その操作の内容に応じてCPU11がスキャナ部13によって原稿をスキャンして、画像データを生成する。そして生成した画像データを伝送するために、CPU11が指定された伝送先IPアドレスが「129.249.11.3」及び、ポート番号「21」に基づきアドレス解決処理を実行する。すると、ARPテーブルにこれらのIPアドレス及びポート番号に対応付けて物理アドレス「0xFFC1FFFFFF00015」が設定されているので、この物理アドレスに対してシリアル通信インタフェース部17から画像データの送信を行う。

0035

この場合データの構造は、図4に示すように、物理アドレスを含むアドレス部(A)と伝送対象データを含むデータ部(D)とを含んだパケットとなる。また、アドレス部(A)は、本実施形態ではノードアドレスとしてのIPアドレスを反映した部分と、要素識別子としてのポート番号を反映した部分とを含んでいる。

0036

さらにシリアル通信インタフェース部17を介して、このデータが受信された場合、CPU11は、当該データのアドレス部をARPテーブルから検索し、そのIPアドレスとポート番号とを抽出する。そしてIPアドレスがシリアル通信インタフェース部17に割り当てられているものであれば、さらにポート番号を参照し、受信したデータを当該ポート番号に対応する情報伝送要素(上位層のFTPやHTTPなど)へ出力する。

0037

このように本実施の形態においては、ネットワーク上のノードアドレス情報であるIPアドレスだけでなく、ノード内の論理アドレス情報であるポート番号も含めて、IEEE1394のシリアルバスのアドレスに合成して変換するので、従来のTCP/IPレイヤにおけるポート番号の処理を代替でき、プロトコルのレイヤ間オーバヘッドによる性能の劣化を防止することができる。

0038

またここでは、ネットワークスキャナ部10から送信(プッシュ)する場合を例として説明したが、制御装置部20から取得する(プル)ことで、ネットワークスキャナ部10から制御装置部20への送信を実現してもよい。

0039

さらにここではシリアル通信インタフェースとしてのIEEE1394インタフェースを用いているが、USBなど他のシリアルインタフェースパラレルインタフェースなどの他のインタフェースを用いて実現してもよい。

0040

[制御装置部]制御装置部20のCPU21は、記憶部22に格納されたプログラムに従って、アドレス解決処理と、伝送処理(送信処理及び受信処理)とを行っている。ここでアドレス解決処理は、シリアル通信インタフェース部27を介して伝送を行う場合と、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して伝送を行う場合とで異なる処理を行うもので、ネットワークスキャナ部10のCPU11におけるアドレス解決処理と若干異なるので、後に詳しく説明する。

0041

記憶部22は、CPU21のワークメモリとして動作するRAMと、CPU21の起動時等に参照されるROMと、ハードディスクやNVRAM(不揮発性RAM)等、プログラムを保持する記憶デバイスと、を含んでなる。プリンタ部23は、CPU21から入力される指示に従って、画像データを印字する。

0042

クロック24は、時計用チップを備え、時刻情報(年月日、時分秒の情報を)CPU21に出力している。このクロック24は、システム電源断時や停電時等に時刻情報が消滅しないようバックアップ用電源を具備し、装置の電源が切られている間も計時を行っている。

0043

表示部25は、ディスプレイであり、CPU21から入力される指示に従って情報を表示する。操作部26は、例えば表示部25に重ね合わせて配置された透明のタッチパネルであり、ユーザからの操作を受けて、当該操作の内容をCPU21に出力する。具体的にユーザは、この操作部26を用いて、プリントの設定を行ったり、プリント指示を行ったり、画像データの伝送先を指定したりする。

0044

シリアル通信インタフェース27は、IEEE1394インタフェースであり、CPU21から、伝送先となるIEEE1394のシリアルバスアドレスと伝送対象のデータとの入力を受けて、当該伝送先へIEEE1394ケーブルを介してシリアルバスアドレスと伝送対象のデータとを送信する。また、このシリアル通信インタフェース27は、IEEE1394ケーブルを介して到来した情報をCPU21に出力する。イーサネット(登録商標)通信インタフェース28は、CPU21から伝送先の指定と伝送対象のデータとの入力を受けて、当該指定された伝送先へイーサネット(登録商標)を介して伝送対象のデータとを送信する。また、このイーサネット(登録商標)通信インタフェース28は、イーサネット(登録商標)ケーブルを介して到来した情報をCPU21に出力する。

0045

[アドレス解決処理]ここで、CPU21におけるアドレス解決の処理について説明する。CPU21は、図5に示すように、IPアドレスとポート番号とに対応付けて、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28のそれぞれに固有の物理アドレス(MACアドレス)及び、シリアル通信インタフェース部17,27に割り当てられている物理アドレス(シリアルバスアドレス)を関連づけたARPテーブルを管理している。図5に示すARPテーブルにおいて、例えばイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28にIPアドレス「129.249.10.2」が割り当てられているとすれば、これに対応するシリアルバスアドレスは存在しないので、テーブル上の対応する欄には、「0」が仮に登録されているとしている。この値は、物理アドレスとしてあり得ない値であればいかなるものでもよい。同様に、IPアドレス「129.249.11.2」が割り当てられている、シリアル通信インタフェース部17については、イーサネット(登録商標)カードにおけるMACアドレスが存在しないので、対応する欄は「0」が仮に登録されている。この値もまた、物理アドレスとしてあり得ない値であればいかなるものでもよい。

0046

なお、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28については、IPアドレス一つについてMACアドレスが一つ定まるので(イーサネット(登録商標)では、一つのインタフェースにIPアドレスやMACアドレスを複数割り当てることはできないので)、例えばイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28のIPアドレス「129.249.10.2」については、ポート番号に関わらず、同一のMACアドレス「aaaa」が設定されているものとしている。

0047

CPU21は、アドレス解決の対象となったIPアドレスとポート番号との入力を受けて、図6に示す処理を開始し、まず入力されたIPアドレス及びポート番号に対応する物理アドレスが記憶部22の(図5に示した)ARPテーブルに登録されているかを調べる(S11)。ここで対応する物理アドレスがARPテーブルに登録されていなければ(Noならば)、図示しないルーティングテーブルを参照して、指定されたIPアドレスで特定される伝送先へ、シリアル通信インタフェース部27と、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28とのどちらを介して伝送すべきかを決定するルーティング処理を行う(S12)。このルーティングの処理は、広く知られているものであるので、詳しい説明を省略する。

0048

CPU21は、この処理S12において、シリアル通信インタフェース部27を介して伝送すべきと判断したときには、解決対象となるIPアドレスとポート番号とを含んでなるARPパケットを生成して、シリアル通信インタフェース部27を介して送出する(S13)。

0049

またCPU21は、処理S12においてイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して伝送すべきと判断したときには、解決対象となるIPアドレスを含んでなるARPパケットを生成して、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して送出する(S14)。

0050

これらのARPパケットは、解決対象となるIPアドレスが割り当てられているインタフェースで受け取られ、当該インタフェースを備えた装置において、アドレス解決処理され、その結果が返信されるようになっている。

0051

CPU21は、当該アドレス処理の結果を、予め設定された期間内に物理アドレスを受信したか否かを調べ(S15)、物理アドレスを受信していなければ(タイムアウトしたか、エラーが受信された場合、すなわちNoならば)、エラーを出力して(S16)、処理を終了する。一方、処理S3において、物理アドレスが受信していれば(Yesならば)、この受信した物理アドレスを解決結果として、解決対象となったIPアドレスとポート番号とを、当該解決結果の物理アドレスに関連づけてARPテーブルに登録する(S17)。そして、当該解決結果の物理アドレスを出力し(S18)、処理を終了する。

0052

また処理S11において、対応する物理アドレスがARPテーブルに登録されていれば、当該物理アドレスを解決結果として、処理S18に移行し、当該解決結果の物理アドレスを出力して処理を終了する。

0053

[伝送処理]従ってCPU21が行う伝送処理は、CPU11におけるものとほぼ同様のものであるが、伝送先となったIPアドレス及びポート番号に基づくアドレス解決処理によって、シリアル通信インタフェース部27を介して伝送すべきと判断されたときには、当該アドレス解決処理で得られた物理アドレスに対して伝送対象となった画像データ等を伝送する。

0054

また、アドレス解決処理によって、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して伝送すべきと判断されたときには、伝送対象となった画像データに基づいてポート番号を含んだTCPパケットを生成し、これをアドレス解決処理で得られた物理アドレスに対して伝送する。すなわち、CPU21は、本発明の第2通信インタフェースとしてのイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して伝送すると決定されたときには、伝送対象データの伝送先となった情報伝送装置を表すIPアドレス(ノードアドレス)を、第2通信インタフェースの物理アドレスに変換し、当該変換された物理アドレスに対して、要素識別子としてのポート番号とともに、データを送信する。

0055

この場合データの構造は、図4に示したものと同様に、物理アドレスを含むアドレス部(A)と伝送対象データを含むデータ部(D)とを含んだパケットとなる。

0056

さらにシリアル通信インタフェース部27を介して、このデータが受信された場合、CPU21は、当該データのアドレス部をARPテーブルから検索し、そのIPアドレスとポート番号とを抽出する。そしてIPアドレスがシリアル通信インタフェース部27に割り当てられているものであれば、さらにポート番号を参照し、受信したデータを当該ポート番号に対応する情報伝送要素(上位層のFTPやHTTPなど)へ出力する。

0057

また、イーサネット(登録商標)通信インタフェース部28を介して伝送されるデータは、一般的なTCP/IPのパケットとなり、その受信処理は、従来と同様のものであるので、詳細な説明を省略する。

0058

このように、本実施の形態によれば、複数の通信インタフェースが存在する場合でも、同様にしてアドレス解決をし、通信インタフェースを決定し、適切にデータを伝送するので、通信インタフェースの区別を意識する必要はない。また、IEEE1394の場合のようにノードアドレスとしてのIPアドレスと、要素識別子としてのポート番号と、を含んだ物理アドレスを設定できる場合は、そのインタフェースを介して行われる通信について、プロトコルのレイヤ間のオーバヘッドによる性能の劣化を防止することができる。

0059

[パーソナルコンピュータ]パーソナルコンピュータ2は、イーサネット(登録商標)によるネットワークを介して制御装置部20のイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28に接続されており、従来と同様にTCP/IPプロトコルを用いて、制御装置部20との間で情報の伝送を行っている。

0060

アドレス指定の例]なお、本実施の形態においては、制御装置部20のイーサネット(登録商標)通信インタフェース部28にIPアドレスとして、129.249.10.2が割当てられている場合、http://129.249.10.2/ippとして伝送先と伝送方法(IPP;InternetPrinting Protocol、詳細はRFC2565,RFC2566などを参照)とを指定できるようにしておくことも好ましい。すなわち、制御装置部20のCPU21は、HTTPD(HTTPサーバ)としての処理を行っており、このアクセスを受けて、伝送先として指定されたhttp://129.249.10.2/ippから、「ipp」の部分を参照して、IPPを用いて印刷を行うものと判断することとなる。

0061

[動作]次に、本発明の実施の形態に係る情報伝送システムの動作について、ネットワークスキャナ部10でスキャンした画像データを制御装置部20へ伝送する場合を例として説明する。利用者が例えばネットワークスキャナ部10の操作部16において、スキャナ部13にセットした原稿をスキャンして画像データに変換する指示を行い、さらに、プリンタ部23を備えた制御装置部20に対して「http://129.249.11.3/ipp」としてアクセスを行う。ここで制御装置部20のシリアル通信インタフェース部27には、「129.249.11.3」のIPアドレスが割り当てられているものとする。

0062

この要求は、「129.249.11.3」に対するHTTP(ポート番号「80」)のデータとして処理され、CPU11がARPテーブルを参照して、IPアドレス「129.249.11.3」、ポート番号「80」に対応付けて登録されたシリアルバスアドレスとともに、当該要求がシリアル通信インタフェース部17を介して送出される。この要求は、制御装置部20側のシリアル通信インタフェース部27にて受信され、CPU21が指定されたシリアルバスアドレスからIPアドレス「129.249.11.3」及びポート番号「80」を抽出して、当該IPアドレスがシリアル通信インタフェース部27に割り当てられたものであるので、ポート番号「80」に相当する上位層としてHTTPサーバ(HTTPD)へ要求を出力することになる。

0063

本実施の形態では、CPU21によるHTTPDは、要求「http://129.249.11.3/ipp」を、IPPによりデータを取得して印刷する指示と解して、ネットワークスキャナ部10のシリアル通信インタフェース部17に割り当てられたIPアドレスと、IPPのポート番号(例えば「1045」)とに対応付けてARPテーブルに登録された物理アドレスで画像データの伝送を行うよう要求する。

0064

そしてCPU11が、IPアドレス「129.249.11.3」、ポート番号「1045」に対応するシリアルバスアドレスとともに、画像データを伝送する。この画像データは、CPU21によって取得されて、IPアドレス「129.249.11.3」及び、ポート番号「1045」が、当該シリアルバスアドレスから抽出され、画像データは、ポート番号「1045」に対応する上位層、この場合はIPPに出力される。そしてCPU21は、IPPの処理として当該画像データを処理し、プリンタ部23にて画像データの印刷を実行する。

0065

[変形例]ここまでの説明では、図1に示したように、制御装置部20がシリアル通信インタフェース(IEEE1394インタフェース)と、イーサネット(登録商標)のインタフェースとを有し、ネットワークスキャナ部10と制御装置部20とがIEEE1394インタフェースを介して接続され、制御装置部20とパーソナルコンピュータ2とがイーサネット(登録商標)を介して接続されているとして説明したが、図7に示すように、ネットワークスキャナ部10がIEEE1394インタフェースと、イーサネット(登録商標)のインタフェースとを有し、このネットワークスキャナ部10とパーソナルコンピュータ2とがイーサネット(登録商標)を介して接続され、ネットワークスキャナ部10と制御装置部20とがIEEE1394インタフェースを介して接続されるようになっていてもよい。

0066

この場合、ネットワークスキャナ部10は、スキャンによって得られた画像データの伝送先として、利用者から制御装置部20のIEEE1394インタフェースに割り当てられたIPアドレス(例えば「129.249.11.3」)の入力を受けて、それに対してIPP(ポート番号「1045」)にて画像データの伝送をするよう要求されたとすると、ネットワークスキャナ部10のCPU11は、当該入力されたIPアドレスにより、IEEE1394インタフェースを介して伝送すると決定し、当該IPアドレスとポート番号「1045」とに関連づけてARPテーブルに登録されている物理アドレスを参照して、その物理アドレスに対してIEEE1394インタフェースを介して画像データを伝送することとなる。

0067

一方、スキャンによって得られた画像データの伝送先として、利用者からパーソナルコンピュータ2のイーサネット(登録商標)インタフェースに割り当てられたIPアドレス(例えば「129.249.10.1」)に対してFTP(ポート番号「21」)で伝送するよう要求されたとすると、ネットワークスキャナ部10のCPU11は、当該入力されたIPアドレスからイーサネット(登録商標)を介して伝送すると決定し、画像データに基づくTCPパケットを生成し、このTCPパケットからさらにIPパケットを生成する。そして、入力されたIPアドレスとポート番号「21」とに関連づけてARPテーブルに登録されている物理アドレスを参照し、当該物理アドレスに示されるインタフェースへ、イーサネット(登録商標)を介して、生成したIPパケットを伝送する。

図面の簡単な説明

0068

図1本発明の実施の形態に係る情報伝送システムの構成ブロック図である。
図2記憶部12に保持されたARPテーブルの一例を表す説明図である。
図3CPU11によるアドレス解決処理の一例を表すフローチャート図である。
図4シリアル通信インタフェースを介して伝送されるデータ構造の一例を表す説明図である。
図5記憶部22に保持されたARPテーブルの一例を表す説明図である。
図6CPU21によるアドレス解決処理の一例を表すフローチャート図である。
図7本発明の実施の形態に係る情報伝送システムの別の構成例を表す構成ブロック図である。

--

0069

1複合機、2パーソナルコンピュータ、10ネットワークスキャナ部、11,21 CPU、12,22 記憶部、13スキャナ部、14,24クロック、15,25 表示部、16,26 操作部、17,27シリアル通信インタフェース部、20制御装置部、23プリンタ部、28イーサネット(登録商標)通信インタフェース。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ