図面 (/)

技術 車両を媒体とした車体広告マッチングシステム及び該マッチングシステムを使用したマッチング方法、車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム、該マッチングプログラムを記録した記録媒体並びにマッチングを行うためのサーバ

出願人 凸版印刷株式会社
発明者 亀卦川篤
出願日 2002年3月18日 (17年6ヶ月経過) 出願番号 2002-074911
公開日 2003年9月26日 (15年11ヶ月経過) 公開番号 2003-271868
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 検索装置 照明広告以外の広告
主要キーワード 媒体リスト 適合車両 算定基準 適正価格 媒体条件 配送事業者 車載端末機 広告面
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年9月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

運行ルートが一定していない車両についても媒体車両として登録することができ、広告掲載車両に適切な料金算定を行うことである。

解決手段

広告主及び広告媒体提供者が、それぞれ所定項目を入力してサーバ1に広告節側の情報及び媒体車両の情報を登録する。そして、広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報収集してサーバ1内でデータベース化する。広告主は端末機3aより広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して適合する媒体車両を検索して、広告掲載の申し込みを行う。ここで、広告主から広告掲載の申し込みがあれば、広告媒体希望者はその広告主の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する。

概要

背景

近年、個人配送事業者や企業の配送事業者の所有する車両(トラック)に、広告掲載した、いわゆるラッピングトラックが注目されている。

このラッピングトラックは、上記事業者の所有するトラックの広告利用面のサイズ、主な運行ルート、一ヶ月の平均走行距離等のデータを予め登録システム登録しておき、広告主が該登録システムに登録されているデータを見て、希望合致する車両を検索し、該当する車両があった場合にその車両に広告を掲載する、というものである。

こうした広告を掲載した車両が、登録された運行ルートに従って走行することで掲載された広告を人々が見ることにより、宣伝効果を得るようになっている。

概要

運行ルートが一定していない車両についても媒体車両として登録することができ、広告掲載車両に適切な料金算定を行うことである。

広告主及び広告媒体提供者が、それぞれ所定項目を入力してサーバ1に広告節側の情報及び媒体車両の情報を登録する。そして、広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報収集してサーバ1内でデータベース化する。広告主は端末機3aより広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して適合する媒体車両を検索して、広告掲載の申し込みを行う。ここで、広告主から広告掲載の申し込みがあれば、広告媒体希望者はその広告主の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する。

目的

したがって本発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、運行ルートが一定していない車両についても媒体車両として登録することができ、適切な料金算定を行うことのできる、車両を媒体とした車体広告マッチングシステム及び該マッチングシステムを使用したマッチング方法、車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム、該マッチングプログラムを記録した記録媒体並びにマッチングを行うためのサーバを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録手段に登録してマッチングを行うマッチングシステムであって、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を上記登録手段に登録する広告媒体者登録手段と、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を上記登録手段に登録する広告掲載希望者登録手段と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報収集してデータベース化する走行履歴収集手段と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録手段に登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する検索手段と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う申し込み手段と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する決定手段と、を具備することを特徴とする車両を媒体とした車体広告マッチングシステム。

請求項2

上記走行履歴収集手段は、上記登録されている車両を広告媒体として提供する若しくは提供した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知することを特徴とする請求項1に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステム。

請求項3

更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う料金算定手段を具備することを特徴とする請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステム。

請求項4

上記料金算定手段は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステム。

請求項5

上記料金算定は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項3若しくは4に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステム。

請求項6

所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるマッチング方法であって、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録する広告媒体者登録ステップと、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を登録する広告掲載希望者登録ステップと、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する走行履歴収集ステップと、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する検索ステップと、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う申し込みステップと、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する決定ステップと、を具備することを特徴とする車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法。

請求項7

更に、上記決定ステップで上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する走行履歴情報通知ステップを具備することを特徴とする請求項6に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法。

請求項8

更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う料金算定ステップを具備することを特徴とする請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法。

請求項9

上記料金算定ステップは、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法。

請求項10

上記料金算定ステップは、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項8若しくは9に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法。

請求項11

通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促す手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促す手順と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す手順と、を具備することを特徴とする車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム

請求項12

更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す手順を具備することを特徴とする請求項11に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム。

請求項13

更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す手順を具備することを特徴とする請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム。

請求項14

上記料金算定を促す手順は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム。

請求項15

上記料金算定を促す手順は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項13若しくは14に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム。

請求項16

通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムを記録した記録媒体に於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促す手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促す手順と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す手順と、を具備することを特徴とする車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体。

請求項17

更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す手順を具備することを特徴とする請求項16に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体。

請求項18

更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す手順を具備することを特徴とする請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体。

請求項19

上記料金算定を促す手順は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体。

請求項20

上記料金算定を促す手順は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項18若しくは19に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体。

請求項21

通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングを行うためのサーバに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録する手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録する手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する手順と、検索した媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する手順と、を具備することを特徴とする車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバ。

請求項22

更に、上記決定する手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する手順を具備することを特徴とする請求項21に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバ。

請求項23

更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う手順を具備することを特徴とする請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバ。

請求項24

上記料金算定を行う手順は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバ。

請求項25

上記料金算定を行う手順は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする請求項23若しくは24に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバ。

技術分野

0001

本発明は、コンピュータシステムを用いて車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに関するもので、より詳細には、車両等の広告媒体提供者と、車両に広告掲載希望する広告掲載希望者とのマッチングをするためのマッチングシステム、マッチング方法マッチングプログラム、マッチングプログラムを記録した記録媒体並びにマッチングを行うためのサーバに関するものである。

背景技術

0002

近年、個人配送事業者や企業の配送事業者の所有する車両(トラック)に、広告掲載した、いわゆるラッピングトラックが注目されている。

0003

このラッピングトラックは、上記事業者の所有するトラックの広告利用面のサイズ、主な運行ルート、一ヶ月の平均走行距離等のデータを予め登録システム登録しておき、広告主が該登録システムに登録されているデータを見て、希望に合致する車両を検索し、該当する車両があった場合にその車両に広告を掲載する、というものである。

0004

こうした広告を掲載した車両が、登録された運行ルートに従って走行することで掲載された広告を人々が見ることにより、宣伝効果を得るようになっている。

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、このような登録システムでは、運行ルートがおおよそ決まっている車両が、広告媒体として取り扱われている。これは、この登録システムを取り扱う広告代理店側が、運行ルートに基いて料金設定を行っているからである。

0006

しかしながら、こうした広告代理店各社の設定料金にはばらつきがあり、明確な算定基準もないものであった。また、運行ルートが一定していない車両については、料金算定ができないという不都合を有していた。

0007

したがって本発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、運行ルートが一定していない車両についても媒体車両として登録することができ、適切な料金算定を行うことのできる、車両を媒体とした車体広告マッチングシステム及び該マッチングシステムを使用したマッチング方法、車両を媒体とした車体広告マッチングプログラム、該マッチングプログラムを記録した記録媒体並びにマッチングを行うためのサーバを提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

すなわち請求項1に記載の発明は、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録手段に登録してマッチングを行うマッチングシステムであって、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を上記登録手段に登録する広告媒体者登録手段と、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を上記登録手段に登録する広告掲載希望者登録手段と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報収集してデータベース化する走行履歴収集手段と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録手段に登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する検索手段と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う申し込み手段と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する決定手段と、を具備することを特徴とする。

0009

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記走行履歴収集手段が、上記登録されている車両を広告媒体として提供する若しくは提供した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知することを特徴とする。

0010

請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う料金算定手段を具備することを特徴とする。

0011

請求項4に記載の発明は、請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記料金算定手段が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0012

請求項5に記載の発明は、請求項3若しくは4に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記料金算定が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0013

また、請求項6に記載の発明は、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるマッチング方法であって、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録する広告媒体者登録ステップと、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を登録する広告掲載希望者登録ステップと、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する走行履歴収集ステップと、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する検索ステップと、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う申し込みステップと、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する決定ステップと、を具備することを特徴とする。

0014

請求項7に記載の発明は、請求項6に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、更に、上記決定ステップで上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する走行履歴情報通知ステップを具備することを特徴とする。

0015

請求項8に記載の発明は、請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う料金算定ステップを具備することを特徴とする。

0016

請求項9に記載の発明は、請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、上記料金算定ステップが、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0017

請求項10に記載の発明は、請求項8若しくは9に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0018

更に、請求項11に記載の発明は、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促す手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促す手順と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す手順と、を具備することを特徴とする。

0019

請求項12に記載の発明は、請求項11に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す手順を具備することを特徴とする。

0020

請求項13に記載の発明は、請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す手順を具備することを特徴とする。

0021

請求項14に記載の発明は、請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0022

請求項15に記載の発明は、請求項13若しくは14に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、上記料金算定を促す手順が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0023

また、請求項16に記載の発明は、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムを記録した記録媒体に於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促す手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促す手順と、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す手順と、を具備することを特徴とする。

0024

請求項17に記載の発明は、請求項16に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す手順を具備することを特徴とする。

0025

請求項18に記載の発明は、請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す手順を具備することを特徴とする。

0026

請求項19に記載の発明は、請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0027

請求項20に記載の発明は、請求項18若しくは19に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、上記料金算定を促す手順が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0028

更に、請求項21に記載の発明は、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングを行うためのサーバに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録する手順と、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録する手順と、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する手順と、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索する手順と、検索した媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う手順と、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する手順と、を具備することを特徴とする。

0029

請求項22に記載の発明は、請求項21に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、更に、上記決定する手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する手順を具備することを特徴とする。

0030

請求項23に記載の発明は、請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う手順を具備することを特徴とする。

0031

請求項24に記載の発明は、請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、上記料金算定を行う手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0032

請求項25に記載の発明は、請求項23若しくは24に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、上記料金算定を行う手順が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うことを特徴とする。

0033

請求項1に記載のマッチングシステムによれば、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録手段に登録してマッチングを行うもので、広告媒体者登録手段により第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を上記登録手段に登録し、広告掲載希望者登録手段により第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を上記登録手段に登録する。そして、走行履歴収集手段によって上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する。更に、検索手段で広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録手段に登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索して、申し込み手段により検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う。ここで、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定手段で決定する。

0034

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0035

請求項2に記載の発明によれば、請求項1に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記登録されている車両を広告媒体として提供する若しくは提供した場合に、上記走行履歴収集手段が、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する。

0036

これにより、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0037

請求項3に記載の発明によれば、請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、更に料金算定手段を具備して、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う。

0038

これにより、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0039

請求項4に記載の発明は、請求項2に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記料金算定手段は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行う。

0040

これにより、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0041

請求項5に記載の発明は、請求項3若しくは4に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於いて、上記料金算定は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行う。

0042

これにより、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0043

また、請求項6に記載のマッチング方法によれば、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるもので、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録し、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を登録する広告掲載希望者登録し、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する。また、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う。更に、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する。

0044

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0045

請求項7に記載の発明によれば、請求項6に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、更に、上記決定ステップで上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する。

0046

これにより、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0047

請求項8に記載の発明によれば、請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う。

0048

これにより、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0049

請求項9に記載の発明によれば、請求項7に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、上記料金算定ステップが、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行う。

0050

これにより、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0051

請求項10に記載の発明によれば、請求項8若しくは9に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングシステムを使用したマッチング方法に於いて、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行う。

0052

これにより、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0053

更に、請求項11に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す。そして、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化する。また、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す。更に、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す。

0054

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0055

請求項12に記載の発明によれば、請求項11に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す。

0056

これにより、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0057

請求項13に記載の発明によれば、請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す。

0058

これにより、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0059

請求項14に記載の発明は、請求項12に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行う。

0060

これにより、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0061

また、請求項15に記載の発明によれば、請求項13若しくは14に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムに於いて、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行う。

0062

これにより、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0063

また、請求項16に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムを記録した記録媒体に於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促す。また、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促す。更に、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促す。

0064

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0065

請求項17に記載の発明によれば、請求項16に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、更に、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促す。

0066

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0067

請求項18に記載の発明によれば、請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促す。

0068

これにより、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0069

請求項19に記載の発明によれば、請求項17に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行う。

0070

これにより、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0071

請求項20に記載の発明によれば、請求項18若しくは19に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングプログラムを記録した記録媒体に於いて、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行う。

0072

これにより、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0073

また、請求項21に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングを行うためのサーバに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録する。また、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行う。更に、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定する。

0074

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0075

請求項22に記載の発明によれば、請求項21に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、更に、上記決定する手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知する。

0076

これにより、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0077

請求項23に記載の発明によれば、請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行う。

0078

これにより、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0079

請求項24に記載の発明によれば、請求項22に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、上記料金算定を行う手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行う。

0080

これにより、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0081

請求項25に記載の発明によれば、請求項23若しくは24に記載の車両を媒体とした車体広告マッチングを行うためのサーバに於いて、上記料金算定を行う手順が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行う。

0082

これにより、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

発明を実施するための最良の形態

0083

以下、図面を参照して、本発明に於ける一実施の形態について説明する。

0084

尚、以下に述べる説明に於いて、広告情報を提供する広告掲載希望者、すなわち広告の掲載を希望する者を広告主とし、広告媒体としての車両に広告の掲載を希望する運送事業者を広告媒体提供者とする。

0085

図1は、本実施の形態の構成を示すブロック図である。

0086

図1に於いて、サーバ1は、電話回線等を経由してインターネット等の高速通信回線2に接続されている。この高速通信回線2には、パーソナルコンピュータ等の端末機3a、3b、…と、PDA等の携帯情報端末機4が、上記サーバ1と同様にして接続される。尚、上記端末機3a、3b、…及び携帯情報端末機4は、それぞれCRTやLCD等の表示部と共に、キーボードマウス等の入力部を有している。

0087

図2は、上述したサーバ1の概略構成を示すブロック図である。

0088

図2に於いて、CPU等から構成される制御部11は、サーバ1の各部の制御や、車両を媒体とした車体広告マッチングシステムのマッチングサイトに於けるデータの転送、種々の演算、データの一時的な格納等を行うためのものである。そして、この制御部11には、入力制御部12と、出力制御部13と、主記憶装置14と、各種データベースが格納、記憶されている記憶装置15、及び表示装置16とが接続されている。

0089

記入力制御部12では、上記高速通信回線2を介して接続された各端末機から入力される各種データが制御される。また、出力制御部13では、このサーバ1から上記各端末機に出力される各種データが制御される。

0090

上記主記憶装置14には、メインプログラムが記憶されており、制御部11にて用いられる。このメインプログラムは、例えば、端末機の表示部に案内画面を表示させるプログラムや、入力条件から必要な情報を得るための検索用プログラム等から構成される。

0091

上記記憶装置15には、この車両を媒体とした車体広告マッチングシステムに於けるマッチングサイトを運用する上での各種のデータベースが格納、記憶されている。すなわち、これらは、広告媒体提供者である運送事業者データベース(DB)15a、車両仕様データベース15b、料金体系データベース15c、地図情報データベース15d、地域イベントデータベース15e、走行履歴情報データベース15f、会員(広告主)データベース15g、制作生産管理情報データベース15h等から構成される。

0092

上記運送事業者データベース15aには、例えば、企業の運送事業者や個人の運送事業者等の事業所規模所在地等が登録される。また、車両仕様データベース15bには、当該運送事業者が所有する車両(トラック等)毎の仕様が登録される。

0093

更に、上記料金体系データベース15cには、支払われるべく料金関係の詳細、例えば支払い方法口座等が登録される。

0094

地図情報データベース15dには、車両の走行に応じた各種地図の情報が登録される。また、地域イベント情報データベース15eには、その地域でどのようなイベント開催されるか等のイベント情報が登録される。

0095

走行履歴情報データベース15fには、実際に登録される車両の走行履歴が登録される。この履歴情報により、当該車両の今まで走行ルートが判明するため、おおよその広告の効果を推測することができる。

0096

会員(広告主)データベース15gには、広告依頼者側のデータが登録される。更に、制作・生産管理情報データベース15hには、上述した各登録情報に応じたスケジュールに従って制作される広告の生産管理工程等の情報が登録される。

0097

上記各データベース15a〜15hはバッチ処理リアルタイム処理の何れであってもよい。しかしながら、特に走行履歴情報データベース15fは、後述するように、広告掲載車両の走行履歴データレポーティングするためにリアルタイム処理されるものであることが望ましい。

0098

尚、記憶装置15には、図示されないが、表示用文字データアイコンビットマップデータ等から構成されているキャラクタファイルを有している。

0099

次に、このように構成された車両を媒体とした車体広告マッチングシステムの動作について、図3及び図4フローチャートを参照して説明する。

0100

尚、ここでは、顧客ファイル作成過程について、広告媒体提供者と広告主の新規登録を行う場合について説明する。

0101

先ず、広告媒体提供者側をマッチングサイトに登録すべく、端末機3b(或いは3a、または4)が操作される。これにより、広告媒体提供者は、該端末機3bが高速通信回線2を介してマッチングサイトのサーバ1と接続されるよう促される(ステップSb1)。

0102

高速通信回線2が接続されると、サーバ1内の制御部11によって、この接続が入力制御部12を介して検知され、主記憶装置14に記憶されているメインプログラムに従って端末機3bが制御される。そして、広告媒体提供者(運送事業者)の登録がなされるべく、登録用フォームに従った入力が促される(ステップSa1)。

0103

図5は、こうした広告媒体提供者側の登録用フォームの画面の一例を示したものである。

0104

この登録用フォーム20には、「車両所有者」、連絡先である「車両所在地」、「車種,タイプ」、「車種図面」、「広告面サイズ」、「主要積載商品」、「走行ルート,距離」、「支払い方法」、「その他」の項目が挙げられている。これらの各項目に対する入力用の欄として、記入欄21〜29が設けられている。これらの各項目に対する記入欄への入力は、操作者が使用している端末機のキーボードやマウス等により行われる。

0105

そして、記入欄21、22に記入される「車両所有者」、「車両所在地」は、運送事業者データベース15aに登録される。また、記入欄23〜26に記入される「車種,タイプ」、「車種図面」、「広告面サイズ」、「主要積載商品」は、何れも車両仕様データベース15bに登録される。

0106

尚、上記項目の中で、「タイプ」とは、実際に広告を掲載する荷台側面パネル等の場所の形状、その表面の状態(波形凹凸あり、若干湾曲している等)や素材を表している。つまり、図6に示されるような車両(トラック)35の広告掲載可能な面36の形状、表面の状態や素材のことを指し、例えば形状が長方形で表面が波形で素材がアルミ樹脂等がこれに相当する。

0107

上記「広告面サイズ」とは、車両の広告掲載可能な面がどの部分であるか、また、広告掲載可能な面の大きさはどのくらいであるのか等を表している。

0108

また、「主要積載商品」を記入するのは、登録される車両に同業他社の商品の広告を掲載しないようにするためである。

0109

記入欄27に記入される「走行ルート,距離」は、走行履歴情報データベース15fに登録される。そして、記入欄28に記入される「支払い方法」は、料金体系データベース15cに登録される。

0110

更に、記入欄29に記入される「その他」の情報は、上述した項目以外に掲示したいものが入力可能なようになっている。そして、この記入欄29に記入される情報は、その内容に応じて、各データベースの何れかに登録される。

0111

尚、上記登録用フォームの項目は一例であり、これらに限られるものではない。

0112

このようにして広告媒体提供者が媒体車両マッチングサイトに登録されたならば、サーバ1の提供者から広告媒体提供者側に、測位ステム車載端末機が提供される。

0113

広告媒体提供者側に、この測位システム車載端末機が届けられると、該端末機が車両に搭載されて走行が開始される。これにより、測位システム車載端末機が搭載された車両の運行が開始され、その走行履歴データはサーバ1に送信される(ステップSb2)。この走行履歴データは、例えばPHS(PersonalHandyphone System)やGPS(Global Positioning System;全地球測位システム)等の測位システムを通じて自動的に収集され、収集されたデータは携帯情報端末機4からサーバ1側に送信される。

0114

上記ステップSb2で広告媒体提供者側から送信された走行履歴データは、サーバ1で受信される(ステップSa2)。そして、このデータに基いて走行履歴データが、走行履歴情報データベース15fに登録される。この走行データ基く走行履歴情報が、当該車両の実績となる。

0115

一方、広告主の端末機(例えば3a)では、高速通信回線2を介してサーバ1にアクセスされて、マッチングサイトに登録するよう促される(ステップSc1)。このときの広告主側の登録用フォームは、例えば、図7に示されるように構成されている。

0116

すなわち、この登録用フォーム40には、「社名,所在地」、「企業データ」、「担当部署,氏名」、「取り扱い商品」、「原稿入稿方法」、「支払い方法」、「その他」の項目が挙げられている。これらの各項目に対する記入欄が、記入欄41〜47として設けられている。これらの各項目に対する記入欄への入力は、操作者が使用している端末機のキーボードやマウス等により行われる。

0117

そして、記入欄41〜44に記入される「社名,所在地」、「企業データ」、「担当部署,氏名」、「取り扱い商品」は、会員(広告主)データベース15gに登録される。また、記入欄45に記入される「原稿入稿方法」は、制作・管理情報データベース15hに登録される。

0118

更に、記入欄46に記入される「支払い方法」は料金体系データベース15cに登録され、記入欄47に記入されるその他の情報は、その情報の内容に応じて、各データベースの何れかに登録される。

0119

尚、上述した広告媒体提供者側の登録用フォームと同様に、図7に示される広告主側の登録用フォームの項目も一例であり、これらに限られるものではない。

0120

このようにして、広告主がマッチングサイトに登録される(ステップSa3)。

0121

尚、上述した説明では、広告媒体提供者、広告主の順序でマッチングサイトに登録しているが、これらに限られるものではなく、それぞれが該マッチングサイトに登録されるものであればよい。

0122

また、ここでは図示されていないが、新規登録(入会)時に登録者ID及びパスワードを設定する方が望ましい。このように登録者IDやパスワードが設定されれば、登録者以外に登録情報の変更や削除等の操作が行われるのを防止することができる。この場合、新規登録後は、広告媒体提供者、広告主とも、登録者ID及びパスワードを入力して照合された結果が一致したならば、本マッチングサイトに接続することができる。

0123

次いで、広告主側が広告を掲載する最適車両情報を検索、閲覧するために、端末機3aに媒体条件が入力されるように促される(ステップSc2)。この車両媒体リストの登録画面は、例えば図8に示されるようになっている。

0124

端末機3aに表示されるトラック媒体リスト50にて、「走行地域」、「広告面サイズ」、「走行ルート」、「媒体費用」、「施工費用」、「広告掲出期間」が、それぞれ記入欄51〜56に記入されるべく、端末機3aを介して広告主に促される。これらの記入欄51〜56に入力される条件は、検索、閲覧するために必要なものであるが、広告主の希望に応じるものでよい。

0125

これらの各項目に対する記入欄への入力は、端末機3aのキーボードやマウス等により行われる。また、上記トラック媒体リストの項目は一例であり、これらに限られるものではない。

0126

検索する媒体条件が入力されると、サーバ1側に於いて広告主側より提示された条件を満たすべく適合車両情報が、データベース15に於いて検索される(ステップSa4)。続いて、その検索結果が表示される(ステップSa5)。

0127

この検索結果は、サーバ1から高速通信回線2を介して、端末機3aの画面に表示される(ステップSc3)。これより、広告主側では、適合車両情報の中から希望する媒体車両が選択されて、広告の掲出が申し込まれるように促される。この広告掲出の申込用フォームは、例えば、図9に示されるように構成される。

0128

この申込用フォーム60は、「出稿者名」、「媒体名」、「出稿車両」、「原稿入稿日時」、「広告掲出期間」、「合計金額」、「要望事項」の各項目に対応して、記入欄61〜67が設けられている。尚、「原稿入稿日時」の記入欄64には、出稿車両に掲載する広告の入稿日時が記入される。

0129

これらの各項目に対する記入欄への入力は、操作者が使用している端末機のキーボードやマウス等により行われる。また、上記申込用フォームの項目は一例であり、これらに限られるものではない。

0130

こうした申込用フォームが、広告主側の端末機3aより高速通信回線2を介してサーバ1に送信される。すると、これに対応した広告掲出申し込み情報が、サーバ1より広告媒体提供者側に送信される(ステップSa6)。

0131

広告媒体提供者側では、サーバ1から送信された広告主掲出申し込み情報が端末機に告知される(ステップSb3)。この広告主掲出申し込み情報は、電子メールによる送信でもよい。

0132

次に、広告媒体提供者側では、条件に合った広告主を閲覧するように促される(ステップSb4)。すると、サーバ側にて広告主登録情報が閲覧可能なように促される。そして、この閲覧により、広告提供者である広告主の検討が行われる。

0133

図10は、広告媒体提供者が閲覧する広告主検討用の画面の一例を示したものである。

0134

この画面は、上述した図9に示される広告掲出の申込用フォームに対応している。すなわち、閲覧画面70には、「出稿者名」、「媒体(広告)名」、「出稿車両」、「原稿入稿日時」、「広告掲出期間」、「合計金額」、「要望事項」の各項目に対応した表記71〜77が示されている。広告媒体提供者側では、こうした閲覧画面70により検討した結果、広告主が決定される(ステップSb5)。

0135

この広告主の決定を受けて、決定された媒体車両情報が広告主側に通知される(ステップSa8)。これにより、広告主側の端末機3aに決定された媒体車両の情報が告知される(ステップSc4)。

0136

広告主により掲載される広告が指定されると(ステップSc5)、サーバ側にて登録された登録情報データベースに基いて、スケジュール及び生産工程により広告が手配される(ステップSa9)。

0137

ここで、登録情報データベースに基いたスケジュール及び生産工程について簡単に説明する。

0138

広告主側から掲載する広告の原稿を受けると、これに従ってデザインの制作が行われ、次いでミニ校正が行われる。そして、このミニ版を基に広告が制作されて製品として出力され、手配される。この手配された広告が、図示されない施工企業を介して媒体車両に施工されることにより、広告を掲載した車両ができあがる。

0139

次いで、サーバ側から広告媒体提供者側に対して、今回の広告掲載による媒体費、生産、施工、掲出期間等のスケジュール等が通知される(ステップSa10)。これにより、広告媒体提供者側にて上記媒体費及びスケジュール等が取得される(ステップSb7)。

0140

ここで、広告が掲載された車両が、携帯情報端末機4を搭載した状態で走行されると、この携帯情報端末機4によって走行履歴データが取得される。そして、その走行履歴データは、上述したように、例えばPHSやGPS等を通じて自動的に収集され、収集されたデータは携帯情報端末機4からサーバ1側に送信される(ステップSb8)。

0141

サーバ1側では、この送信されてきた走行履歴データが取得されて、データベース化が行われる(ステップSa11)。広告掲載期間の車両走行履歴データは、リアルタイムで広告主側に通知される(ステップSa12)。これにより、広告主側では、広告掲載期間の車両の走行履歴データが取得される(ステップSc6)。

0142

更に、広告掲載期間の終了に伴って、サーバ側から広告主側へ、媒体費、施工費等の請求書発行される(ステップSa13)。そして、広告主側でこの請求書が受領されると(ステップSc7)、登録時に指定された支払い方法に従ってその代金が支払われるように促される(ステップSc8)。

0143

サーバ側にてこの代金が受領されると、広告を掲載した広告媒体提供者側に対して、登録時に指定された支払い方法に従って代金の支払いが行われる(ステップSa14)。こうして、広告媒体提供者である運送事業者側にて代金が受領される(ステップSb9)。

0144

このように、実際に広告が掲載された車両の走行履歴データが、サーバを経て広告主側へ通知されるので、広告媒体提供者側が掲示しているトラック媒体リスト(図8参照)の「走行ルート」よりも確実なデータを、広告主側は取得することができる。したがって、運行ルートが一定していない車両であっても、走行履歴データに基く料金算定方法により、媒体車両としてマッチングサイトに登録することができる。

0145

また、顧客先の広告主は、最適車両に適正価格で広告掲出をすることができ、リアルタイムに運行ルートを閲覧することが可能である。

0146

尚、料金算定が行われる場合は、定期的に走行履歴が見直されて、料金の改定が行われるようにすることも可能である。

発明の効果

0147

請求項1に記載の発明によれば、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録手段に登録してマッチングを行うもので、広告媒体者登録手段により第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を上記登録手段に登録し、広告掲載希望者登録手段により第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を上記登録手段に登録し、走行履歴収集手段によって上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、検索手段で広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録手段に登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索して、申し込み手段により検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行い、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定手段で決定するので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0148

請求項2に記載の発明によれば、登録されている車両を広告媒体として提供する若しくは提供した場合に、上記走行履歴収集手段が、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するので、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0149

請求項3に記載の発明によれば、更に料金算定手段を具備して、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うので、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0150

請求項4に記載の発明によれば、上記料金算定手段は、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うので、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0151

請求項5に記載の発明によれば、上記料金算定は、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うので、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0152

また、請求項6に記載の発明によれば、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるもので、第1の所定項目を入力して上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録し、第2の所定項目を入力して上記広告掲載希望者を登録する広告掲載希望者登録し、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行い、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0153

請求項7に記載の発明によれば、上記決定ステップで上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供する若しくは提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するので、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0154

請求項8に記載の発明によれば、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うので、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0155

請求項9に記載の発明によれば、上記料金算定ステップが、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うので、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0156

請求項10に記載の発明によれば、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うので、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0157

更に、請求項11に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促し、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促し、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促すので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0158

請求項12に記載の発明によれば、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促すので、広告掲載希望者は運行ルートが一定していない車両に対してもそのルートを常に把握することができる。

0159

請求項13に記載の発明によれば、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促すので、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0160

請求項14に記載の発明によれば、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うので、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0161

請求項15に記載の発明によれば、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うので、車両の広告媒体費と走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0162

また、請求項16に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングさせるプログラムを記録した記録媒体に於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録するように促し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録するように促し、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索するように促し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行うように促し、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するように促すので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0163

請求項17に記載の発明によれば、上記決定するように促す手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するように促すので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0164

請求項18に記載の発明によれば、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うように促すので、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0165

請求項19に記載の発明によれば、上記料金算定を促す手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うので、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0166

請求項20に記載の発明によれば、上記料金算定ステップが、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

0167

また、請求項21に記載の発明によれば、通信回線を介してコンピュータシステムにより、所有する車両の車体を広告媒体とすることを希望する広告媒体提供者と、車体に広告を掲載することを希望する広告掲載希望者とを登録してマッチングを行うためのサーバに於いて、第1の所定項目の入力により上記広告媒体を含む広告媒体提供者を登録し、第2の所定項目の入力により上記広告掲載希望者を登録し、上記広告媒体提供者が有する車両の走行履歴情報を収集してデータベース化し、広告を掲載したい媒体車両の条件を入力して上記登録された広告媒体の中から適合する媒体車両を検索し、検索された媒体車両の中から広告を掲載する車両を選択して広告掲載の申し込みを行い、上記広告掲載希望者から広告掲載の申し込みがあった場合に該広告掲載希望者の登録情報を参照して、登録されている車両を広告媒体として提供するか否かを決定するので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しており、広告媒体車両として登録することができる。

0168

請求項22に記載の発明によれば、更に、上記決定する手順で上記登録されている車両を広告媒体として提供すると決定した場合に、該提供した車両の走行履歴情報を上記広告掲載希望者に通知するので、運行ルートが一定していない車両に関しても走行履歴情報を収集しているので、広告媒体車両として登録することができる。

0169

請求項23に記載の発明によれば、更に、上記登録されている車両を広告媒体として提供した場合に、該提供した車両の広告媒体費に応じて料金算定を行うので、広告を掲載する媒体車両に応じて、適正価格で広告掲出をすることができる。

0170

請求項24に記載の発明によれば、上記料金算定を行う手順が、少なくとも上記提供した車両の走行履歴情報に基いて該提供した車両の走行履歴情報に基いて料金算定を行うので、広告を掲載した媒体車両の適正な運行ルートに基いてより適正な価格で広告掲出をすることができる。

0171

請求項25に記載の発明によれば、上記料金算定を行う手順が、該提供した車両の広告媒体費と、車両の走行履歴に基いて料金算定を行うので、より適正な価格の広告掲出をすることができる。

図面の簡単な説明

0172

図1本発明の一実施の形態の構成を示すブロック図である。
図2図1のサーバ1の概略構成を示すブロック図である。
図3本発明の一実施の形態である車両を媒体とした車体広告マッチングシステムの動作について説明するフローチャートである。
図4本発明の一実施の形態である車両を媒体とした車体広告マッチングシステムの動作について説明するフローチャートである。
図5広告媒体提供者側の登録用フォームの画面の一例を示した図である。
図6広告掲載可能な車両(トラック)35及び広告掲載可能な面36の一例を示した図である。
図7広告主側の登録用フォームの一例を示した図である。
図8広告主側が入力する車両媒体リストの登録画面の例を示した図である。
図9広告主側が入力する広告掲出の申込用フォームの一例を示した図である。
図10広告媒体提供者が閲覧する広告主検討用の画面の一例を示した図である。

--

0173

1サーバ、
2高速通信回線、
3a、3b、…端末機、
4携帯情報端末機、
11 制御部、
12入力制御部、
13出力制御部、
14主記憶装置、
15記憶装置、
15a運送事業者データベース(DB)、
15b車両仕様データベース、
15c料金体系データベース、
15d地図情報データベース、
15e 地域イベントデータベース、
15f走行履歴情報データベース、
15g会員(広告主)データベース、
15h制作・生産管理情報データベース、
16表示装置、
20登録用フォーム、
21〜29記入欄、
35 車両(トラック)、
36広告掲載可能な面、
40 登録用フォーム、
41〜47 記入欄。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 情報処理装置および情報処理方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】情報処理装置(10)は、時系列データである入力データを取得するデータ取得部(101)と、時系列データである学習データから抽出した部分列である複数の学習部分列の中で類似する学習部分列を... 詳細

  • オムロン株式会社の「 センシングデバイス管理装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】センサ側メタデータに相当するデータカタログの生成が簡単且つ適正に行えるセンシングデバイス管理装置を提供する。デバイス情報取得機能部11dが、測定対象をセンシングするセンシングデバイス... 詳細

  • オムロン株式会社の「 マッチング処理装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】利活用対象のセンシングデータによる容易なセンサマッチングを行うマッチング処理部50が提供される。マッチング処理部50は、提供側端末11により入力された提供側センシングデータを取得する... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ