図面 (/)

技術 インターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法並びにその競技の管理・運営システム

出願人 タイコム証券株式会社
発明者 西田昭博
出願日 2002年2月20日 (18年9ヶ月経過) 出願番号 2002-042488
公開日 2003年8月29日 (17年2ヶ月経過) 公開番号 2003-242351
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 金融・保険関連業務,支払い・決済
主要キーワード 投資資金 競技参加者 リスクマネジメント 運用管理端末 委託者 参加者登録 商品取引所 トレーダー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

従来のオンライントレードにおける注文は、トレード希望する顧客個人証券会社オンライントレードシステムアクセスして、希望の個別株式、証券先物信用取引等を行うのが一般的であり、もっぱら顧客の責任による取引に終始していたため、会員同士が同一のトレードで競合するようなシステムは知られていなかった。

解決手段

本発明は、運営者が設定する一定期間において、競技参加者指定金額以上の参加費を委託した者のみを参加者として登録し、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理し、さらに参加者の商品取引全般における売買から収益計算を行って収益率を計算して、一定期間ごとの収益率から期間チャンピオンを決めることができるインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法並びにその競技の管理・運営システムを提供するものである。

概要

背景

概要

従来のオンライントレードにおける注文は、トレード希望する顧客個人証券会社オンライントレードシステムアクセスして、希望の個別株式、証券先物信用取引等を行うのが一般的であり、もっぱら顧客の責任による取引に終始していたため、会員同士が同一のトレードで競合するようなシステムは知られていなかった。

本発明は、運営者が設定する一定期間において、競技参加者指定金額以上の参加費を委託した者のみを参加者として登録し、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理し、さらに参加者の商品取引全般における売買から収益計算を行って収益率を計算して、一定期間ごとの収益率から期間チャンピオンを決めることができるインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法並びにその競技の管理・運営システムを提供するものである。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

投資家コンピュータ端末と、運営者サーバコンピュータとがインターネットで接続されているオンライントレード方法において、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志表明した者の中から一定の基準を満たす者の参加者登録を行い参加者として認識する第1ステップと、業務サーバからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理する第2ステップと、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率の算出を行う第3ステップと、参加者全体における各参加者の収益率を基に順位付けを行う第4ステップと、からなることを特徴とするインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法

請求項2

投資家のコンピュータ端末と、運営者のサーバコンピュータとがインターネットで接続されているオンライントレードシステムにおいて、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志を表明した者の中から一定の基準を満たす者の参加者登録を行い参加者として認識する登録手段と、業務サーバからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理する管理手段と、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率算出を行う算出手段と、参加者全体における各参加者の収益率を基に順位付けを行う順位計算手段と、からなることを特徴とするインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営先物取引ステム

技術分野

0001

本発明は、個別株式、証券先物信用取引並びに商品先物取引全般を行う場合において、収益率を競うオンライントレードに関し、更に詳しくは、競技参加者が各一定期間内において競争して得られた収益率を基に順位を算出決定する運営管理方法及びそのシステムに関する。

0002

従来、証券や商品先物取引を行うオンライントレードを行う場合は、オンライントレードを希望する投資家証券会社オンライントレードシステムアクセスを行って、希望の個別株式、証券先物、信用取引或いは商品先物取引全般を行っているのが通常である。

0003

一部にオンラインを利用してのシミュレーションゲームを用いて、トレーダーのNo.1を決めるゲームも知られているが、このゲームは「過去の一定の範囲における基準」を基に行うものと、「実際の市場連動した」もので参加者への売買を競わせるものであり、参加者側からも真に取り組める対象でなく、結果として遊びの範囲で終わっていた。

0004

またこのような一部のシミュレーションゲームを用いたコンペでは、参加者全員のスタート資金の額が同一であったために、参加者それぞれ独自の投資スタイルが取れず、公平且つ平等な評価の基での競争が実現されず、本来の投資スタイルの崩れる恐れがあった。

発明が解決しようとする課題

0005

上記の個別株式、証券先物、信用取引或いは商品先物取引全般を行う場合、現実商取引上では、投資家として特定の証券会社にアクセスして希望の証券等を売買するのが通常であり、投資家が公平且つ平等な評価の基で競うことはなかった。

0006

このためシミュレーションゲームを用いた競技では自身の投資スタイルでの投資ができず、適切な判断を必要とする投資においてその判断を培って行く為の経験と成り得ない場合が多く見られた。

0007

このため自身の投資スタイルを崩すことなく判断を培うのに役立つ経験となるリスクマネジメントを考慮した新規な商取引の方法や、投資家の実力の評価方法が望まれていたが、現状では収益率の評価等の問題もあり、そのような商取引の方法や、評価方法は提供されていなかった。

課題を解決するための手段

0008

本発明者等は、かかる課題を解決するために鋭意研究したところ、運営者のオンライントレードシステムと業務サーバを連動させて会員の商取引を行い、特定の期間に参加者全員における各参加者の収益率から順位を決める手段を見出し、本発明のインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法並びにその競技の管理・運営システムを提供することができた。

0009

すなわち本発明の第一は、投資家のコンピュータ端末と、運営者のサーバコンピュータとがインターネット接続されているオンライントレード方法において、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志表明した者の参加者登録を行い参加者として認識する第1ステップと、業務サーバからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理する第2ステップと、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率の算出を行う第3ステップと、参加者全体における各参加者の収益率を基に順位付けを行う第4ステップと、からなることを特徴とするインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品先物取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法である。

0010

本発明の第二は、投資家のコンピュータ端末と、運営者のサーバコンピュータとがインターネット接続されているオンライントレードシステムにおいて、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志を表明した者の参加者登録を行い参加者として認識する登録手段と、業務サーバコンピュータからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理する管理手段と、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率を算出する算出手段と、参加者全体における収益率を基に順位付けを行う順位計算手段と、からなることを特徴とするインターネットを介したオンライントレードにおけるリアルマネーで順位を競う証券取引全般、又は商品取引全般に及ぶ競技の管理・運営先物取引システムである。

発明を実施するための最良の形態

0011

図1は、本発明のシステムの流れを示すフロー図である。本発明システムは、基本的に投資家のコンピュータ端末と、運営者のサーバコンピュータとがインターネットで接続されているオンライントレードシステムである。

0012

本システムにおいて、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志を表明した者の参加者登録を行い参加者として認識する登録手段と、業務サーバからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者の預託金を管理する管理手段と、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率を算出する算出手段と、参加者全体における収益率を基に順位付けを行う順位計算手段とを有している。

0013

本発明を運営・管理するために上記システムを利用して、運営者のオンライントレードシステムは、参加希望者を募り参加の意志を表明した者の参加者登録を行い参加者として認識し(第1ステップ)、業務サーバからデータを受け、参加者の競技における運用管理を行う参加者運用管理端末における参加者運用管理システムを利用して、参加者からの預託金を管理する(第2ステップ)。

0014

次いで、参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率の算出を行い(第3ステップ)、参加者全体における各参加者の収益率を基に順位付けを行う(第4ステップ)ことで、参加者間の順位を競う証券取引全般に及ぶ競技の管理・運営方法である。

0015

本発明において証券取引全般とは、個別株式、証券先物、信用取引或いは商品先物取引全般をいい、オンライントレードで取り扱える商品を示している。

0016

以下、本発明の実施例を下記にまとめるが、本発明の範囲はこれらに限定されるものではない。

0017

個別株式、証券先物、信用取引或いは商品先物取引全般を取り扱うA証券会社は、自社のサーバコンピュータを介して投資家のコンピュータ端末とがインターネット接続されているオンライントレードシステムを開発した。

0018

本システムは、運営者のオンライントレードサーバと業務サーバを連動させて投資家が商取引を行い、特定の期間に参加した各競技参加者の収益率から順位を決めるインターネット、又は商品先物取引に及ぶ競技の管理・運営システムである。

0019

この競技に参加希望する顧客は、予め運営者に参加希望の意思表示を行い、関係手続を行い(第1ステップ)、次いである一定額以上の資金(例えば50万円以上)を投資資金として預託し、参加費をA運営会社振り込む(第2ステップ)。

0020

会員登録を受けた顧客は、運営者のオンライントレードシステムに接続して希望の取引を選択し、売買注文を行いその売買における利益又は損失をだすことで、運営者の業務サーバから運用管理端末にデータを送信し、運用管理端末の運用管理システムにおいて自動的に参加者の売買における利益又は損失から収益計算を行い収益率の算出を行う(第3ステップ)と共に、例えば1年間の期間内における参加者全体における各参加者の収益率を基に順位付けを行っている(第4ステップ)。

発明の効果

0021

本発明によって、投資家が公平かつ平等な評価の基で他人とその損益の競争を行うことができ、その結果によって年間における最高収益率を上げた委託者は、その年度チャンピオンとして運営者から表彰されることができるものである。

0022

また運営者としても、投資家たちが投資において適切な判断ができるようになることは業界の活性化につながり、より健全な投資の場と商取引方法を提供できるものである。

図面の簡単な説明

0023

図1本発明のシステムの流れを示す構成図である。

--

0024

1・・・インターネット網
2・・・オンライントレードサーバ
3・・・業務サーバ
4・・・参加者運用管理端末
5・・・証券・商品取引所

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ