図面 (/)

技術 データ出力システム、データ出力プログラム、およびデータ出力方法

出願人 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
発明者 三縞信広中谷宗弘山田博一
出願日 2002年2月21日 (16年9ヶ月経過) 出願番号 2002-044908
公開日 2003年8月29日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2003-241942
状態 特許登録済
技術分野 付属装置、全体制御 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード 停止順位 データ出力プログラム トラブル処理 停止ステップ 処理部数 データ出力システム トラブル情報 プリント停止
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

生産性を最適化することのできるデータ出力システムを提供する。

解決手段

データ出力装置である複数台プリンタと、データ処理装置であるホストPCとからなるデータ出力システムのホストPCにおいて、当該データ出力システムにおいて印刷処理中であるか否かを示す印刷フラグ処理が実行される(S1)。次に、当該データ出力システムに登録されるプリンタに対して必要な印刷命令および画像データが出力される(S2)。そして、プリンタから取得する処理状況を示す情報に基づき、印刷処理された部数カウントする(S3)。また、プリンタのトラブルに応じてトラブル処理を実行する(S4)。さらに、上述の情報およびプリンタの処理速度に基づき、1部印刷処理される毎に停止させるプリンタの順位を決定する(S5)。そして、決定された順位に沿って、所定のタイミングでプリント停止処理コマンド処理を実行する(S6)。

概要

背景

近年、オフィス等の作業環境において、画像出力生産性の向上が求められている。そのために、例えば、複数台画像出力装置プリンタ)をLAN(Local Area Network)等に接続し、仮想的に高速動作させるクラスタシステムが提案されている。また、特開2000−163235号公報においては、ネットワークに接続された複数台の画像出力装置に同一ジョブを分散させて供給させる制御方法が開示されている。また、特開平11−314438号公報においては、印刷処理途中の画像出力装置に障害が発生したときに、ネットワーク上の他の画像出力装置に残りのジョブ転送して印刷処理を継続させる印刷装置が開示されている。さらに、特開2000−311072号公報においては、ネットワーク上の所望する他の画像出力装置に残りのジョブを転送して印刷処理を継続させるネットワークプリンティング装置が開示されている。

概要

生産性を最適化することのできるデータ出力システムを提供する。

データ出力装置である複数台のプリンタと、データ処理装置であるホストPCとからなるデータ出力システムのホストPCにおいて、当該データ出力システムにおいて印刷処理中であるか否かを示す印刷フラグ処理が実行される(S1)。次に、当該データ出力システムに登録されるプリンタに対して必要な印刷命令および画像データが出力される(S2)。そして、プリンタから取得する処理状況を示す情報に基づき、印刷処理された部数カウントする(S3)。また、プリンタのトラブルに応じてトラブル処理を実行する(S4)。さらに、上述の情報およびプリンタの処理速度に基づき、1部印刷処理される毎に停止させるプリンタの順位を決定する(S5)。そして、決定された順位に沿って、所定のタイミングでプリント停止処理コマンド処理を実行する(S6)。

目的

本発明は、これらの問題に鑑みてなされたものであり、生産性を最適化することのできるデータ出力システム、データ出力プログラム、およびデータ出力方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置データ処理装置とからなるデータ出力システムであって、前記データ処理装置は、前記電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付手段と、前記受付手段で、前記出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、前記複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送手段と、前記複数のデータ出力装置の各々から、前記出力データの処理状況の情報を、前記出力データの出力部数毎に入手する入手手段と、前記入手した前記処理状況の情報に基づいて、前記複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令発行する発行手段とを備える、データ出力システム。

請求項2

前記データ出力装置は、前記データ処理装置から受付けた前記出力命令に基づいて前記出力データを出力中に、前記データ処理装置より前記出力停止命令を受付けると、前記出力中である前記出力データの当該部の出力終了後に、前記出力データの出力を停止する、請求項1に記載のデータ出力システム。

請求項3

電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付ステップと、前記受付ステップにおいて、前記出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、前記電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送ステップと、前記複数のデータ出力装置の各々から、前記出力データの処理状況の情報を、前記出力データの出力部数毎に入手する入手ステップと、前記入手した前記処理状況の情報に基づいて、前記複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令を発行する発行ステップとをコンピュータに実現させる、データ出力プログラム

請求項4

前記電気通信回線を介して前記データ処理装置から受付けた前記出力命令に基づいて前記出力データを出力中に、前記データ処理装置より前記出力停止命令を受付けると、前記出力中である前記出力データの当該部の出力終了後に、前記出力データの出力を停止する停止ステップをさらにコンピュータに実現させる、請求項3に記載のデータ出力プログラム。

請求項5

電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付ステップと、前記受付ステップにおいて、前記出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、前記電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送ステップと、前記複数のデータ出力装置の各々から、前記出力データの処理状況の情報を、前記出力データの出力部数毎に入手する入手ステップと、前記入手した前記処理状況の情報に基づいて、前記複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令を発行する発行ステップとを備える、データ出力方法

技術分野

0001

この発明はデータ出力システムデータ出力プログラム、およびデータ出力方法に関し、特に、生産性を最適化することのできるデータ出力システム、データ出力プログラム、およびデータ出力方法に関する。

背景技術

0002

近年、オフィス等の作業環境において、画像出力の生産性の向上が求められている。そのために、例えば、複数台画像出力装置プリンタ)をLAN(Local Area Network)等に接続し、仮想的に高速動作させるクラスタシステムが提案されている。また、特開2000−163235号公報においては、ネットワークに接続された複数台の画像出力装置に同一ジョブを分散させて供給させる制御方法が開示されている。また、特開平11−314438号公報においては、印刷処理途中の画像出力装置に障害が発生したときに、ネットワーク上の他の画像出力装置に残りのジョブ転送して印刷処理を継続させる印刷装置が開示されている。さらに、特開2000−311072号公報においては、ネットワーク上の所望する他の画像出力装置に残りのジョブを転送して印刷処理を継続させるネットワークプリンティング装置が開示されている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、上述のクラスタシステムの場合、システム規模が大きく、経済的な負担が大きくなるという問題があった。

0004

また、特開2000−163235号公報において開示されている制御方法では、各画像出力装置に転送されるジョブの量を処理状況に応じて変更することができないため、処理状況に応じて生産性を最適化することで生産性の向上を図ることが難しいという問題があった。また、特開平11−314438号公報において開示されている制御方法や、特開2000−311072号公報において開示されているネットワークプリンティング装置でも、複数台の画像出力装置でジョブを並列処理することができず、生産性を最適化することで生産性の向上を図ることが難しいという問題があった。

0005

本発明は、これらの問題に鑑みてなされたものであり、生産性を最適化することのできるデータ出力システム、データ出力プログラム、およびデータ出力方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、本発明のある局面に従うと、データ出力システムは、電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置データ処理装置とからなるデータ出力システムであって、データ処理装置は、電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付手段と、受付手段で、出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送手段と、複数のデータ出力装置の各々から、出力データの処理状況の情報を、出力データの出力部数毎に入手する入手手段と、入手した処理状況の情報に基づいて、複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令発行する発行手段とを備える。

0007

また、データ出力装置は、データ処理装置から受付けた出力命令に基づいて出力データを出力中に、データ処理装置より出力停止命令を受付けると、出力中である出力データの当該部の出力終了後に、出力データの出力を停止することが望ましい。

0008

本発明の他の局面に従うと、データ出力プログラムは、電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付ステップと、受付ステップにおいて、出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送ステップと、複数のデータ出力装置の各々から、出力データの処理状況の情報を、出力データの出力部数毎に入手する入手ステップと、入手した処理状況の情報に基づいて、複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令を発行する発行ステップとをコンピュータに実現させる。

0009

また、データ出力プログラムは、電気通信回線を介してデータ処理装置から受付けた出力命令に基づいて出力データを出力中に、データ処理装置より出力停止命令を受付けると、出力中である出力データの当該部の出力終了後に、出力データの出力を停止する停止ステップをさらにコンピュータに実現させることが望ましい。

0010

本発明の他の局面に従うと、データ出力方法は、電気通信回線を介して出力データの出力要求を受付ける受付ステップと、受付ステップにおいて、出力データの複数部の出力要求を受付けたときに、電気通信回線に接続された複数のデータ出力装置の各々に対して、出力命令と出力データとを転送する転送ステップと、複数のデータ出力装置の各々から、出力データの処理状況の情報を、出力データの出力部数毎に入手する入手ステップと、入手した処理状況の情報に基づいて、複数のデータ出力装置の各々に対して出力停止命令を発行する発行ステップとを備える。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下に、図面を参照しつつ、本発明の実施の形態について説明する。以下の説明では、同一の部品および構成要素には同一の符号を付してある。それらの名称および機能も同じである。したがってそれらについての詳細な説明は繰返さない。

0012

図1は、本実施の形態におけるデータ出力システムである印刷システムの構成を示す図である。

0013

図1を参照して、本実施の形態における印刷システムは、ネットワーク300に接続されたデータ(画像データ)処理装置であるホストコンピュータ(以下、ホストPCという)100と、データ(画像データ)出力装置であるプリンタ200a〜dとを含む。そして、本実施の形態における印刷システムは、ネットワーク300を介して、相互に通信を行なう。なお、電気通信回線であるネットワーク300による通信には、無線による通信も含まれるものとする。

0014

さらに、図2は、図1に示されるホストPC100の構成を示す機能ブロック図である。ホストPC100は一般的なPCより構成され、プリンタ200(プリンタ200a〜dを代表させてプリンタ200という)に印刷処理を実行させるための印刷ジョブの管理を行なう。

0015

図2を参照して、ホストPC100は、CPU(Central Processing Unit)等から構成され、ホストPC100全体の制御を行なう制御部101と、制御部101で実行される各種プログラムやデータ等が保存されるHDD(Hard DiskDrive)102と、制御部101でプログラムが実行される際の作業領域等であるメモリ103と、ディスプレイ等から構成され、各種情報の表示を行なう表示部104と、キーボードマウス等から構成され、各種情報の入力を受付ける入力部105と、ネットワーク300を介して情報のやり取りを行なうためのネットワークI/F(インタフェース)106とを含む。

0016

上述のホストPC100における一般的な処理について以下に述べる。制御部101は、HDD102より各種プログラムおよびデータを読出し、メモリ103にロードする。制御部101は、メモリ103上でプログラムを実行し、表示部104への出力制御、入力部105からの入力制御や、および印刷命令の処理等を行なう。前記印刷命令によって、コマンドおよび画像データがネットワークI/F106よりネットワーク300へ転送され、プリンタ200において印刷処理が実行される。

0017

なお、上述のホストPC100は、一般的なPCによって構築されるものであり、その構成は図2に示される上述の構成に限定されるものではない。

0018

続いて、図3は、図1に示されるプリンタ200の構成を示す機能ブロック図である。プリンタ200は、ホストPC100から出力される制御命令に従って印刷処理を実行する。

0019

図3を参照して、プリンタ200は、CPU等から構成され、プリンタ200全体の制御を行なう制御部201と、制御部201で実行される各種プログラムやデータ等が保存されるHDD202と、制御部201でプログラムが実行される際の作業領域等であるメモリ203と、印刷処理を実行する印刷部204と、ネットワーク300を介して情報のやり取りを行なうためのネットワークI/F205とを含む。

0020

上述のプリンタ200における一般的な処理について以下に述べる。制御部201は、HDD202より各種プログラムおよびデータを読出し、メモリ203にロードする。制御部201は、メモリ203上でプログラムを実行し、印刷部204における印刷処理の制御、および印刷する画像データの受信の制御等を行なう。また、制御部201は、ネットワークI/F205を介してネットワーク300より印刷命令や画像データを受信すると、メモリ203へバッファリングした後、印刷処理を行なうためのビットマップ展開するRIP(Raster Image Processer)処理を実行する。そして、前記RIP処理された(ビットマップ展開された)データを印刷部204に転送し、所定の用紙に印刷させることで、印刷処理が実行される。

0021

なお、上述のプリンタ200は、印刷処理機能を備える一般的なデータ出力装置であって、その構成は図3に示される上述の構成に限定されず、その他のスキャン機能等を備えていても構わない。また、プリンタ200a〜dは、同一機能および能力を備えるプリンタでなくても構わない。

0022

上述のホストPC100およびプリンタ200を含む本実施の形態における印刷システムでの処理について、以下に説明を行なう。なお、以下の説明においては、同一の画像データを16部印刷処理するものとして説明を行なうが、言うまでもなく、その他の部数の画像データの印刷処理を行なう場合であっても同様である。

0023

また、以下の説明において、当該印刷システムに登録されているプリンタ200が、プリンタ200a〜dの4台のプリンタ200であるものとして説明を行なうが、言うまでもなく、その他の台数のプリンタ200が登録されている場合であっても同様である。

0024

まず、ホストPC100における処理について説明を行なう。図4は、ホストPC100におけるプリント制御処理を示すフローチャートである。図4のフローチャートに示される処理は、ホストPC100の制御部101がHDD102に記憶されるプログラムを読出し、メモリ103上にて実行することによって実現される。

0025

図4を参照して、まずホストPC100において印刷処理中であるか否かを示す印刷フラグ処理が実行される(S1)。次に、印刷命令処理が実行され(S2)、必要な印刷命令および画像データが出力される。

0026

そして、プリンタ200からの処理情報に基づき、印刷処理された部数をカウントする部数カウント処理を実行する(S3)。また、プリンタ200のトラブルに応じてトラブル処理を実行する(S4)。

0027

さらに、プリンタ200からの処理情報に基づき、1部印刷処理される毎に処理終了順位付け処理を実行し(S5)、停止させるプリンタ200の順位を決定する。そして、決定された順位に沿って、所定のタイミングでプリンタ200に対してプリント停止処理コマンド処理を実行する(S6)。また、必要に応じて、上述以外のその他の処理を実行し(S7)、その後、ステップS1より上述の処理を繰返し実行する。

0028

なお、上述の図4に示されるフローチャートは、ホストPC100で実行される処理のメインルーチンであって、上述の各々の処理(S1〜S6)については、以下にサブルーチンを挙げ、詳細な説明を行なう。

0029

図5は、図4のステップS1で実行される印刷フラグ処理を示すフローチャートである。

0030

図5を参照して、制御部101は印刷フラグを確認し、印刷フラグがOFFであり(S101でNO)、ネットワークI/F106がネットワーク300を介して他の機器より印刷要求を受付けた場合(S103でYES)、印刷フラグをONにする(S105)。

0031

そして、ステップS103で受付けた印刷要求に係る印刷処理が全体部数(16部)終了すると(S107でYES)、印刷フラグをOFFにする(S109)。

0032

以上で本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。上述の印刷フラグ処理を実行することによって、印刷フラグがONであれば、他の機器より印刷要求を受付けた印刷処理を当該印刷システムにおいて実行中であり、当該ホストPC100内の制御が印刷モードであることが判断される。また、印刷フラグがOFFであれば、他の機器より印刷要求を受付けた印刷処理の全ての部数(16部)を当該印刷システムにおいて完了し、当該ホストPC100内の制御が印刷モードでないことが判断される。

0033

次に、図6は、図4のステップS2で実行される印刷命令処理を示すフローチャートである。

0034

図6を参照して、図4のステップS1で実行される印刷フラグ処理によって印刷フラグがONになると(ホストPC100が印刷モードになると)(S201でYES)、予め登録されているの4台のプリンタ200a〜dに対して登録が有効であるか否かを確認し(S203,S205)、登録が有効であるプリンタ200に対して、各々、印刷命令(プリントコマンド)および画像データ(コード)を転送する(S207)。

0035

そして、上述の処理を、予め登録されている4台のプリンタ200a〜dに対して実行すると(S209,S211でYES)、本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。

0036

上述の処理を実行することによって、印刷要求に係る印刷処理を実行するための印刷命令および画像データが、当該印刷システムに有効に登録されているプリンタ200a〜dの各々に転送され、プリンタ200a〜dにおいて並列して処理が開始される。なお、プリンタ200における処理については、後にフローチャートを挙げ、説明を行なう。

0037

次に、図7は、図4のステップS3で実行される部数カウント処理を示すフローチャートである。

0038

図7を参照して、印刷フラグがONであって、図4のステップS2でプリンタ200a〜dに印刷命令および画像データを転送し、プリンタ200において印刷処理が開始されると(S301)、ホストPC100は、1部数毎に、1部数の印刷処理を完了したプリンタ200より当該1部数の印刷処理が完了した旨を通知する処理情報を受信する(S303)。

0039

ステップS303でプリンタ200より処理情報を受信すると(S303でYES)、前記プリンタ200において1部数の印刷処理に要する処理速度を測定する(S305)。プリンタ200の処理速度は、印刷命令を出力してから前記処理情報を受信するまでの時間に基づいて測定される。

0040

さらに印刷システム全体において印刷処理が完了した部数を示す、全体部数のカウントを1加算する(S307)。

0041

また、ステップS301において印刷フラグがOFFであれば(S301でNO)、印刷要求に係る印刷処理が16部全て完了したものと判断され、記憶されている全体部数のカウントをクリアする(S309)。

0042

以上で本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。上述の部数カウント処理は、1部数の処理が完了する毎に、処理情報を受信したプリンタ200に対して実行される処理であり、当該印刷システム全体で印刷処理が完了した部数をカウントする処理である。

0043

次に、図8は、図4のステップS4で実行されるトラブル処理を示すフローチャートである。

0044

図8を参照して、ホストPC100は、プリンタ200よりトラブルの発生を通知するトラブル情報を受信すると(S401でYES)、受信したプリンタ200の登録を削除する(S403)。

0045

以上で本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。上述のトラブル処理が実行されることで、トラブルの発生したプリンタ200は当該印刷システムから登録が直ちに削除され、印刷処理を行なわない。

0046

次に、図9は、図4のステップS5で実行される処理終了順位付け処理を示すフローチャートである。

0047

図9を参照して、印刷フラグがONであって、プリンタ200において印刷処理が実行されているとき(S501でYES)、ホストPC100は、当該印刷システムに登録された各々のプリンタ200から処理情報を受信したタイミングと、図7のステップS305で測定された処理速度とに基づき、1部数の印刷処理が完了して全体部数のカウントが1加算される度に(S503でYES)、当該印刷処理以降から(全部数である)16部目処理終了まで、印刷処理を終了するプリンタ200を登録する(S505〜S509)。

0048

当該印刷処理を終了したプリンタ200が、当該印刷処理以降の印刷処理を終了するプリンタに登録されていないとき(S511でNO)、すなわち、当該印刷処理終了以降、当該プリンタ200が1部数印刷処理終了の登録がない場合、当該プリンタ200の処理速度が、印刷システム全体の効率を下げる程度の遅さであると判断し、当該印刷処理を終了したプリンタ200を停止順位1位プリンタとして登録する(S513)。なお、同じプリンタ200が複数の停止順位に登録されている場合は、最も順位の低い停止順位に当該プリンタ200を登録する。

0049

以上で本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。上述の処理終了順位付け処理を実行することによって、印刷処理が1部終了する度に当該印刷システムに登録されているプリンタ200を印刷処理速度の速い順に登録し直し、印刷処理速度の遅いプリンタ200から順に停止順位を決定する。

0050

次に、図10は、図4のステップS6で実行されるプリント停止コマンド処理を示すフローチャートである。

0051

図10を参照して、印刷フラグがONであって、プリンタ200において印刷処理が実行されているとき(S601でYES)、ホストPC100は、印刷処理が1部終了する度に(S603でYES)、印刷処理が未処理である残り部数に対応した停止順位1位のプリンタ200が登録されているか否かを確認する(S605)。すなわち、当該印刷処理が実行された(未処理である残り部数が確定した)時点で、停止順位1位のプリンタ200が登録されているか否かを確認する。

0052

残り部数に対応した停止順位1位のプリンタ200が登録されている場合(S605でYES)、登録されている停止順位1位のプリンタ200に対して印刷処理のプリント停止命令を発行する(S607)。

0053

以上で本プログラムを終了し、図4に示されるメインルーチンに処理を戻す。上述のプリント停止コマンド処理を実行することによって、印刷処理が1部終了する度に停止順位1位のプリンタ200が登録されているか否か(停止するべきプリンタ200があるか否か)を判断し、停止するべきプリンタ200に対して印刷処理の停止を命令する。

0054

以上の処理が、当該印刷システムのホストPC100において実行される。引続いて、プリンタ200における処理について説明を行なう。

0055

図11は、プリンタ200におけるプリント制御処理を示すフローチャートである。図11のフローチャートに示される処理は、プリンタ200の制御部201がHDD202に記憶されるプログラムを読出し、メモリ203上にて実行することによって実現される。

0056

図11を参照して、まずプリンタ200において、ホストPC100より印刷命令を受信し、印刷処理中であるか否かを示すプリントフラグ処理が実行される(S10)。次に、ホストPC100より受信した画像データに対してRIP処理が実行され(S20)、RIP処理が実行された画像データの印刷処理が実行される(S30)。そして、1部数の印刷処理が実行された旨の処理情報をホストPC100に転送する処理情報転送処理が実行される(S40)。また、必要に応じて、上述以外のその他の処理を実行し(S50)、その後、ステップS10より上述の処理を繰返し実行する。

0057

なお、上述の図11に示されるフローチャートは、プリンタ200で実行される処理のメインルーチンであって、上述の各々の処理(S10〜S40)については、以下にサブルーチンを挙げ、詳細な説明を行なう。

0058

図12は、図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理を示すフローチャートである。

0059

図12を参照して、制御部201はプリントフラグを確認し、プリントフラグがOFFであり(S701でNO)、ネットワークI/F205を介してホストPC100より印刷命令を受付けた場合(S703でYES)、プリントフラグをONにする(S705)。

0060

そして、ステップS703で受付けた印刷命令に従って印刷処理を実行し、印刷命令で受付けた画像データの1部数に含まれる最終ページの印刷が終了し(S707でYES)、ホストPC100よりプリント停止命令を受付けた場合(S709でYES)、プリントフラグをOFFにする(S711)。

0061

以上で本プログラムを終了し、図11に示されるメインルーチンに処理を戻す。

0062

上述のプリントフラグ処理を実行することによって、プリントフラグがONであれば、プリンタ200がホストPC100から受付けた印刷命令に従って画像データの1部数を印刷処理中であり、当該プリンタ200内の制御が印刷モードであることが判断される。また、プリントフラグがOFFであれば、ホストPC100よりプリント停止命令を受付けたことで、画像データの1部数の印刷処理を完了した後印刷処理を停止し、当該プリンタ200内の制御が印刷モードでないことが判断される。

0063

次に、図13は、図11のステップS20で実行されるRIP処理を示すフローチャートである。

0064

図13を参照して、図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理によってプリントフラグがONであるとき(プリンタ200で印刷処理が開始すると)(S801でYES)、プリンタ200の制御部201は、ネットワークI/F205を介してホストPC100から画像データを受信し、メモリ203へバッファリングする(S803)。

0065

ホストPC100から、1部数に含まれる画像データの受信が完了すると(S805でYES)、RIP許可状態であるとき(S807でYES)、すなわち、ビットマップ展開するためのハードやソフトを用いてメモリ203にバッファリングされた画像データにアクセスするための制御信号が発行されているとき、当該画像データに対してページ単位でRIP処理を実行する(S809)。

0066

ステップS809におけるRIP処理が1ページ終了毎に(S811でYES)、当該プリンタ200において印刷処理を実行する画像データの1部数に含まれるページ数を示すページカウントが0でない場合(S813でNO)、すなわち、当該プリンタ200において印刷処理を実行する画像データの1部数に含まれる未処理のページがある場合、未処理のページを示すページカウントを1減算する(S815)。当該プリンタ200において印刷処理を実行する画像データのページ数を示すページカウントが0である場合(S813でYES)、すなわち、当該RIP処理が、当該プリンタ200において印刷処理を実行する画像データの1部数の全てのページの処理が終了した場合、画像データの次の部数の処理を行なうために、ページカウンタを1部数に含まれるページ数にセットする(S817)。

0067

なお、図12のステップS709でプリント停止コマンドを受信してプリントフラグがOFFである場合は(S801でNO)、当該RIP処理は実行されない。

0068

以上で本プログラムを終了し、図11に示されるメインルーチンに処理を戻す。

0069

上述のRIP処理を実行することによって、受信した画像データが、ページ単位で、当該プリンタ200の印刷部204において印刷処理されるビットマップ展開される。さらに上述の処理によって、RIP処理が終了したページ数を、当該プリンタ200で印刷処理する画像データの1部数毎にカウントする。

0070

なお、上述のRIP処理において、一般的にRIPといわれるハードやソフトを用いて、数式やプログラム言語等で記述された文字や画像を必要な大きさと位置に配置し、塗りつぶしたビットマップとして展開する方法については、一般的な展開方法であるため、ここでの詳細な説明は省略する。

0071

次に、図14は、図11のステップS30で実行される印刷処理について示すフローチャートである。

0072

図14を参照して、図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理によってプリントフラグがONであり(S901でYES)、受信した画像データに対して、図11のステップS20でRIP処理が実行されて(S903でYES)、印刷許可状態であるとき(S905でYES)、すなわち、印刷部204がメモリ203にバッファリングされた、RIP処理された画像データにアクセスするための制御信号が発行されているとき、プリンタ200の制御部201は、印刷部204において、当該RIP処理された画像データに対して印刷処理を実行する(S907)。

0073

また、図12のステップS709でプリント停止コマンドを受信してプリントフラグがOFFである場合は、図14のステップS901でその旨が判断され(S901でNO)、当該印刷処理が実行されない。

0074

ステップS907における印刷処理が終了すると(S909でYES)、本プログラムを終了し、図11に示されるメインルーチンに処理を戻す。

0075

上述の印刷処理を実行することによって、プリンタ200において、ホストPC100より送信された画像データの印刷処理が実行される。また、プリント停止命令を受付けたときは、画像データの前部数の印刷処理終了後、当該部数の印刷処理を実行しない。すなわち、印刷処理を行なう画像データの部数の切れ目で、受付けたプリント停止命令に従って、印刷処理を停止する。

0076

次に、図15は、図11のステップS40で実行される処理情報転送処理について示すフローチャートである。

0077

図15を参照して、図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理によってプリントフラグがONになり(S1001でYES)、当該プリンタ200においてトラブルが発生していない場合には(S1005でNO)、プリンタ200の制御部201は、図11のステップS30における印刷処理が、印刷処理する画像データの1部数に含まれる最終ページまで終了すると(S1009でYES)、印刷処理する画像データの1部数の印刷処理が完了した旨を通知するための処理情報を、ホストPC100に対して転送する(S1011)。

0078

また、当該プリンタ200においてトラブルが発生した場合には(S1005でYES)、直ちにその旨を通知するためのトラブル情報をホストPC100に対して転送する(S1007)。

0079

また、図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理によって、プリントフラグがOFFになった場合は(S1001でNO)、ホストPC100よりプリント停止命令を受付け、印刷処理が終了した状態であるので、処理部数カウンタをクリアする(S1003)。

0080

以上で本プログラムを終了し、図11に示されるメインルーチンに処理を戻す。

0081

上述の処理情報転送処理を実行することによって、プリンタ200毎に印刷処理の完了やトラブルの発生等をホストPC100に通知することができる。そして、ホストPC100は、各プリンタ200a〜dからの動作状況の応用情報を逐一収集することができる。

0082

以上の処理が、当該印刷システムのプリンタ200において実行される。なお、以下に、印刷システムにおいて16部の画像データを印刷処理する場合の、各プリンタ200a〜dにおける処理状況およびホストPC100における制御の具体例を示す。

0083

図16は、印刷システムにおいて同一の画像データを16部印刷処理する場合の、各プリンタ200a〜dにおける処理状況およびホストPC100における制御を示す図である。図16においては、横軸は経過時間を示し、時間の経過に伴なって、各プリンタ200a〜dにおける処理およびホストPC100における制御を示す。

0084

図16を参照して、まずホストPC100より各プリンタ200a〜dに対して、画像データを16部印刷処理する旨の印刷命令が送信され(ジョブ命令)、同一の画像データが送信される。

0085

各プリンタ200a〜dにおいては、上述の図11に示されるプリント制御処理が実行され、画像データの1部数の印刷処理が終了する毎に、その旨を通知する処理情報がホストPC100に転送される。また、トラブルが発生した場合(プリンタ200aに示される)、その旨を示すトラブル情報がホストPCに転送される。

0086

ホストPC100においては、上述の処理情報を受信して、図4のステップS5およびステップS6に示される処理終了順位付け処理およびプリント停止コマンド処理を実行することで、処理速度の遅いプリンタ200に対してプリント停止命令(停止命令)を発行し、16部の画像データを印刷システム全体で効率よく印刷処理を実行させる。

0087

以上の処理が、当該印刷システムにおいて実行されることで、当該印刷システムに登録されるプリンタ200の動作状況を逐一収集でき、所望する部数の印刷処理が完了するタイミングで、適当なプリンタ200にプリント停止命令を発行することができる。このため、各プリンタ200における処理部数を最適化でき、システム全体での生産性を最適化することができる。

0088

なお、上述の実施の形態において、データ処理装置はホストPC100、データ出力装置はプリンタ200であるものとして説明を行なったが、データ処理装置およびデータ出力装置は、上述の装置に限定されるものではなく、その他のデータ処理機能およびデータ出力機能を備える装置であっても構わない。

0089

さらに、上述のホストPC100およびプリンタ200が行なうプリント制御方法を、プログラムとして提供することもできる。このようなプログラムは、コンピュータに付属するフレキシブルディスクCD−ROM、ROM、RAMおよびメモリカードなどのコンピュータ読取り可能な記録媒体にて記録させて、プログラム製品として提供することもできる。あるいは、コンピュータに内蔵するハードディスクなどの記録媒体にて記録させて、プログラムを提供することもできる。また、ネットワークを介したダウンロードによって、プログラムを提供することもできる。

0090

提供されるプログラム製品は、ハードディスクなどのプログラム格納部にインストールされて実行される。

0091

なお、プログラム製品は、プログラム自体と、プログラムが記録された記録媒体とを含む。

0092

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

図面の簡単な説明

0093

図1本実施の形態におけるデータ出力システムである印刷システムの構成を示す図である。
図2図1に示されるホストPC100の構成を示す機能ブロック図である。
図3図1に示されるプリンタ200の構成を示す機能ブロック図である。
図4ホストPC100におけるプリント制御処理を示すフローチャートである。
図5図4のステップS1で実行される印刷フラグ処理を示すフローチャートである。
図6図4のステップS2で実行される印刷命令処理を示すフローチャートである。
図7図4のステップS3で実行される部数カウント処理を示すフローチャートである。
図8図4のステップS4で実行されるトラブル処理を示すフローチャートである。
図9図4のステップS5で実行される処理終了順位付け処理を示すフローチャートである。
図10図4のステップS6で実行されるプリント停止コマンド処理を示すフローチャートである。
図11プリンタ200におけるプリント制御処理を示すフローチャートである。
図12図11のステップS10で実行されるプリントフラグ処理を示すフローチャートである。
図13図11のステップS20で実行されるRIP処理を示すフローチャートである。
図14図11のステップS30で実行される印刷処理について示すフローチャートである。
図15図11のステップS40で実行される処理情報転送処理について示すフローチャートである。
図16印刷システムにおいて同一の画像データを16部印刷処理する場合の、各プリンタ200a〜dにおける処理状況およびホストPC100における制御を示す図である。

--

0094

100 ホストPC、101 ホストPCの制御部、102 ホストPCのHDD、103 ホストPCのメモリ、104 表示部、105 入力部、106ホストPCのネットワークI/F、200,200a〜dプリンタ、201プリンタの制御部、202 プリンタのHDD、203 プリンタのメモリ、204印刷部、205 プリンタのネットワークI/F、300 ネットワーク。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ