図面 (/)

技術 部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理プログラム

出願人 株式会社リコー
発明者 室由紀夫石橋晶神田俊明三栖和人
出願日 2002年2月13日 (18年10ヶ月経過) 出願番号 2002-035545
公開日 2003年8月29日 (17年4ヶ月経過) 公開番号 2003-241813
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機 総合的工場管理 数値制御
主要キーワード 抽出評価 下げボタン 指示識別子 加工表示 品質トラブル 完成検査 表示要求データ 加工タクト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

部品加工進度をよりリアルタイムに近い状態で把握できる部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理プログラムを提供する。

解決手段

管理コンピュータ31は、部品加工についての前段取処理、加工処理及び後段取処理の開始時刻及び終了時刻実績時間記憶部36に記録する。さらに、管理コンピュータ31は、収納箱単位の実績報告に基づいて、収納箱に対応する包装カードバーコードの読取により、収納箱単位で完成時間及び実績数を記録する。また、管理コンピュータ31は、不良発生報告を受け入れた不良発生時間を不良内容とともに不良発生情報記憶部39に記録する。また、管理コンピュータ31は、設備稼働状況設備停止履歴記憶部40及び設備状態記憶部41に記録する。そして、管理コンピュータ31は、これらの各報告による情報と生産計画に基づいて、生産実績を示す日報情報を生成する。

概要

背景

従来、部品加工工程においては、部品加工を行う作業者が、加工した部品についての実績を記録しておき、1日の作業終了時に、その記録した実績からその1日の部品加工の実績を集計している。

また、特開2000−322119には、ロット番号によって生産管理を行う生産システムが記載されている。このシステムでは、作業の開始及び完了実績をロット毎に登録し、ロット毎の生産進捗状況が確認できるようになっている。

概要

部品加工の進度をよりリアルタイムに近い状態で把握できる部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理プログラムを提供する。

管理コンピュータ31は、部品加工についての前段取処理、加工処理及び後段取処理の開始時刻及び終了時刻を実績時間記憶部36に記録する。さらに、管理コンピュータ31は、収納箱単位の実績報告に基づいて、収納箱に対応する包装カードバーコードの読取により、収納箱単位で完成時間及び実績数を記録する。また、管理コンピュータ31は、不良発生報告を受け入れた不良発生時間を不良内容とともに不良発生情報記憶部39に記録する。また、管理コンピュータ31は、設備稼働状況設備停止履歴記憶部40及び設備状態記憶部41に記録する。そして、管理コンピュータ31は、これらの各報告による情報と生産計画に基づいて、生産実績を示す日報情報を生成する。

目的

本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、その目的は、部品加工の進度をよりリアルタイムに近い状態で把握できる部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理プログラムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータを用いて部品加工工程を管理する部品加工工程管理方法であって、前記コンピュータが、加工計画記憶手段に記憶した部品の加工計画数量を単位数割振る割振段階と、前記部品加工の開始時刻を開始時刻記憶手段に記憶する開始時刻記憶段階と、前記単位数毎の部品について加工の完了報告受け入れて、前記完了報告が行われた時間を報告時刻記憶手段に記憶する報告受入記憶段階とを備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項2

請求項1に記載の部品加工工程管理方法において、前記単位数は、前記加工工程における加工が完了した完成部品収納する収納手段の前記完成部品の収納可能数であることを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項3

請求項2に記載の部品加工工程管理方法において、前記割振段階は、前記収納手段の前記収納可能数と前記加工計画数量とから、前記完成部品を収納するために必要な収納手段の数量を算出する収納手段数算出段階と、前記必要な収納手段の数量に対応する数量の前記収納手段を識別する収納手段識別子を付与する収納手段識別子付与段階とを備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項4

請求項2又は3に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記収納手段識別子と前記収納可能数とを読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する出力段階をさらに備え、前記報告受入記憶段階は、前記出力段階にて出力された媒体から前記情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報の収納手段識別子及び収納可能数とともに、前記情報の読取時間に基づいて前記報告時刻を記憶することを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項5

請求項4に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記収納手段識別子を収納手段識別子記憶手段に記憶する収納手段識別子記憶段階と、部品の加工工程の完了報告の入力を受け入れる完了報告受入段階と、前記完了報告受入段階にて完了報告の入力を受け入れた場合、前記読取手段で読み取った収納手段識別子を前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と比較する収納手段識別子比較段階と、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った収納手段識別子が前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と一致しない場合、警告を出力する収納手段識別子警告出力段階とをさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項6

請求項1〜5のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記部品加工の開始時刻と前記報告時刻とから前記単位数毎の部品の加工時間を算出する加工時間算出段階をさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項7

請求項1〜6のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、部品の加工を中断した加工中断開始時刻を加工中断開始時刻記憶手段に記憶する加工中断開始時刻記憶段階と、前記中断した部品の加工を再開した加工再開時刻を加工再開時刻記憶手段に記憶する加工再開時刻記憶段階と、前記加工時間と前記加工中断開始時刻と加工再開時刻とから前記単位数毎の部品の正味の加工時間を算出する正味加工時間算出段階とをさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項8

請求項1〜7のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記部品加工工程は、少なくとも前記部品加工のための準備工程及び加工処理工程に分割され、前記コンピュータが、前記分割された各工程毎に前記各工程の開始時刻と終了時刻とを分割工程時間記憶手段に記憶する分割工程時間取得記憶段階と、前記分割工程時間記憶手段に記憶された開始時刻及び終了時刻に基づいて前記分割された各工程毎に部品加工設備稼働時間を算出する稼働時間算出段階とをさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項9

請求項1〜8のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、不良発生報告を入力するための入力手段を提供し、不良発生入力を受け入れる不良発生入力受入段階と、前記不良発生入力に対応する不良内容を入力するための入力手段を提供し、不良内容の入力を受け入れる不良内容受入段階と、前記不良発生入力の時間と前記不良内容とを部品加工計画毎に加工指示される前記部品加工工程を識別する指示識別子に関連付けて不良発生情報記憶手段に記憶する不良情報関連付け段階とをさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項10

請求項9に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記不良内容毎に分類されたコード情報を読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する段階をさらに備え、前記不良情報関連付け段階は、前記媒体に記録された情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報のコード情報に基づいて前記不良内容を記憶することを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項11

請求項1〜10のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記部品の加工計画数量は、所定の部品加工設備を使用して所定期間において部品を加工する場合の部品の加工計画数量であることを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項12

請求項11に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、加工指示中の前記部品加工計画について、前記指示識別子を実行指示識別子記憶手段に記憶する段階と、前記出力段階にて出力する媒体に、前記実行指示識別子記憶手段に記憶した指示識別子を前記読取手段で読取可能な情報として記録する段階と、前記読取手段で読み取った指示識別子を前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と比較する指示識別子比較段階と、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った指示識別子が前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と一致しない場合、警告を出力する実行指示識別子警告出力段階とをさらに備えたことを特徴とする部品加工工程管理方法。

請求項13

コンピュータを用いて部品加工工程を管理する部品加工工程管理プログラムであって、前記コンピュータを、加工計画記憶手段に記憶した部品の加工計画数量を単位数に割振る割振手段、前記部品加工の開始時刻を開始時刻記憶手段に記憶する開始時刻記憶手段、及び、前記単位数毎の部品について加工の完了報告を受け入れて、前記完了報告が行われた時間を報告時刻記憶手段に記憶する報告受入記憶手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項14

請求項13に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記単位数は、前記加工工程における加工が完了した完成部品を収納する収納手段の前記完成部品の収納可能数であることを特徴とする部品加工工程管理プログラム。

請求項15

請求項14に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記割振手段を、前記収納手段の前記収納可能数と前記加工計画数量とから、前記完成部品を収納するために必要な収納手段の数量を算出する収納手段数算出手段、及び、前記必要な収納手段の数量に対応する数量の前記収納手段を識別する収納手段識別子を付与する収納手段識別子付与手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項16

請求項14又は15に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記収納手段識別子と前記収納可能数とを読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する出力手段として機能させるとともに、前記報告受入記憶手段を、前記出力手段にて出力された媒体から前記情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報の収納手段識別子及び収納可能数とともに、前記情報の読取時間に基づいて前記報告時刻を記憶する手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項17

請求項16に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記収納手段識別子を収納手段識別子記憶手段に記憶する手段、部品の加工工程の完了報告の入力を受け入れる完了報告受入手段、前記完了報告受入手段で完了報告の入力を受け入れた場合に前記読取手段で読み取った収納手段識別子を前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と比較する収納手段識別子比較手段、及び、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った収納手段識別子が前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と一致しない場合に警告を出力する収納手段識別子警告出力手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項18

請求項13〜17のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記部品加工の開始時刻と前記報告時刻とから前記単位数毎の部品の加工時間を算出する加工時間算出手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項19

請求項13〜18のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、部品の加工を中断した加工中断開始時刻を加工中断開始時刻記憶手段に記憶する手段、前記中断した部品の加工を再開した加工再開時刻を加工再開時刻記憶手段に記憶する手段、及び、前記加工時間と前記加工中断開始時刻と加工再開時刻とから前記単位数毎の部品の正味の加工時間を算出する正味加工時間算出手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項20

請求項13〜19のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記部品加工工程は、少なくとも前記部品加工のための準備工程及び加工処理工程に分割され、前記コンピュータを、さらに、前記分割された各工程毎に前記各工程の開始時刻と終了時刻とを分割工程時間記憶手段に記憶する手段、及び、前記分割工程時間記憶手段に記憶された開始時刻及び終了時刻に基づいて前記分割された各工程毎に部品加工設備の稼働時間を算出する稼働時間算出手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項21

請求項13〜20のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、不良発生報告を入力するための入力手段を提供し、不良発生入力を受け入れる不良発生入力受入手段、前記不良発生入力に対応する不良内容を入力するための入力手段を提供し、不良内容の入力を受け入れる不良内容受入手段、及び、前記不良発生入力の時間と前記不良内容とを部品加工計画毎に加工指示される前記部品加工工程を識別する指示識別子に関連付けて不良発生情報記憶手段に記憶する不良情報関連付け手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項22

請求項21に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記不良内容毎に分類されたコード情報を読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する手段として機能させるとともに、前記不良情報関連付け手段を、前記媒体に記録された情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報のコード情報に基づいて前記不良内容を記憶する手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

請求項23

請求項13〜22のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記部品の加工計画数量は、所定の部品加工設備を使用して所定期間において部品を加工する場合の部品の加工計画数量であることを特徴とする部品加工工程管理プログラム。

請求項24

請求項23に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、加工指示中の前記部品加工計画について、前記指示識別子を実行指示識別子記憶手段に記憶する手段、前記出力手段で出力する媒体に、前記実行指示識別子記憶手段に記憶した指示識別子を前記読取手段で読取可能な情報として記録する手段、前記読取手段で読み取った指示識別子を前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と比較する指示識別子比較手段、及び、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った指示識別子が前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と一致しない場合に警告を出力する実行指示識別子警告出力手段として機能させるための部品加工工程管理プログラム。

技術分野

0001

本発明は、生産管理に関し、特に、部品加工工程を管理する部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理システムに関する。

背景技術

0002

従来、部品加工工程においては、部品加工を行う作業者が、加工した部品についての実績を記録しておき、1日の作業終了時に、その記録した実績からその1日の部品加工の実績を集計している。

0003

また、特開2000−322119には、ロット番号によって生産管理を行う生産システムが記載されている。このシステムでは、作業の開始及び完了実績をロット毎に登録し、ロット毎の生産進捗状況が確認できるようになっている。

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、上記のように1日の作業終了時に実績を集計する従来の方法では、リアルタイム加工作業進展を把握することができず、その結果、加工作業における不良の発生や設備の停止等の異常の発見遅れる場合がある。また、この場合、どの工程でそのような異常が発生したかを把握することも難しくなる。一方、部品加工においては、加工作業の進度をリアルタイムで把握することが望ましいが、従来のように1日の作業終了時に実績の集計を行っていたのでは、加工作業の進度をリアルタイムで把握することができない。

0005

また、上記特開2000−322119においては、ロット単位が具体的にどのような単位であるかの記載は一切なく、よりリアルタイムに近い加工作業進度を把握するための仕組も記載されていない。

0006

本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、その目的は、部品加工の進度をよりリアルタイムに近い状態で把握できる部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理プログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記問題点を解決するために、請求項1に記載の発明は、コンピュータを用いて部品加工工程を管理する部品加工工程管理方法であって、前記コンピュータが、加工計画記憶手段に記憶した部品の加工計画数量を単位数割振る割振段階と、前記部品加工の開始時刻を開始時刻記憶手段に記憶する開始時刻記憶段階と、前記単位数毎の部品について加工の完了報告受け入れて、前記完了報告が行われた時間を報告時刻記憶手段に記憶する報告受入記憶段階とを備えたことを要旨とする。

0008

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の部品加工工程管理方法において、前記単位数は、前記加工工程における加工が完了した完成部品収納する収納手段の前記完成部品の収納可能数であることを要旨とする。

0009

請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の部品加工工程管理方法において、前記割振段階は、前記収納手段の前記収納可能数と前記加工計画数量とから、前記完成部品を収納するために必要な収納手段の数量を算出する収納手段数算出段階と、前記必要な収納手段の数量に対応する数量の前記収納手段を識別する収納手段識別子を付与する収納手段識別子付与段階とを備えたことを要旨とする。

0010

請求項4に記載の発明は、請求項2又は3に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記収納手段識別子と前記収納可能数とを読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する出力段階をさらに備え、前記報告受入記憶段階は、前記出力段階にて出力された媒体から前記情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報の収納手段識別子及び収納可能数とともに、前記情報の読取時間に基づいて前記報告時刻を記憶することを要旨とする。

0011

請求項5に記載の発明は、請求項4に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記収納手段識別子を収納手段識別子記憶手段に記憶する収納手段識別子記憶段階と、部品の加工工程の完了報告の入力を受け入れる完了報告受入段階と、前記完了報告受入段階にて完了報告の入力を受け入れた場合、前記読取手段で読み取った収納手段識別子を前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と比較する収納手段識別子比較段階と、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った収納手段識別子が前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と一致しない場合、警告を出力する収納手段識別子警告出力段階とをさらに備えたことを要旨とする。

0012

請求項6に記載の発明は、請求項1〜5のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記部品加工の開始時刻と前記報告時刻とから前記単位数毎の部品の加工時間を算出する加工時間算出段階をさらに備えたことを要旨とする。

0013

請求項7に記載の発明は、請求項1〜6のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、部品の加工を中断した加工中断開始時刻を加工中断開始時刻記憶手段に記憶する加工中断開始時刻記憶段階と、前記中断した部品の加工を再開した加工再開時刻を加工再開時刻記憶手段に記憶する加工再開時刻記憶段階と、前記加工時間と前記加工中断開始時刻と加工再開時刻とから前記単位数毎の部品の正味の加工時間を算出する正味加工時間算出段階とをさらに備えたことを要旨とする。

0014

請求項8に記載の発明は、請求項1〜7のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記部品加工工程は、少なくとも前記部品加工のための準備工程及び加工処理工程に分割され、前記コンピュータが、前記分割された各工程毎に前記各工程の開始時刻と終了時刻とを分割工程時間記憶手段に記憶する分割工程時間取得記憶段階と、前記分割工程時間記憶手段に記憶された開始時刻及び終了時刻に基づいて前記分割された各工程毎に部品加工設備稼働時間を算出する稼働時間算出段階とをさらに備えたことを要旨とする。

0015

請求項9に記載の発明は、請求項1〜8のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、不良発生報告を入力するための入力手段を提供し、不良発生入力を受け入れる不良発生入力受入段階と、前記不良発生入力に対応する不良内容を入力するための入力手段を提供し、不良内容の入力を受け入れる不良内容受入段階と、前記不良発生入力の時間と前記不良内容とを部品加工計画毎に加工指示される前記部品加工工程を識別する指示識別子に関連付けて不良発生情報記憶手段に記憶する不良情報関連付け段階とをさらに備えたことを要旨とする。

0016

請求項10に記載の発明は、請求項9に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、前記不良内容毎に分類されたコード情報を読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する段階をさらに備え、前記不良情報関連付け段階は、前記媒体に記録された情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報のコード情報に基づいて前記不良内容を記憶することを要旨とする。

0017

請求項11に記載の発明は、請求項1〜10のいずれか1つに記載の部品加工工程管理方法において、前記部品の加工計画数量は、所定の部品加工設備を使用して所定期間において部品を加工する場合の部品の加工計画数量であることを要旨とする。

0018

請求項12に記載の発明は、請求項11に記載の部品加工工程管理方法において、前記コンピュータが、加工指示中の前記部品加工計画について、前記指示識別子を実行指示識別子記憶手段に記憶する段階と、前記出力段階にて出力する媒体に、前記実行指示識別子記憶手段に記憶した指示識別子を前記読取手段で読取可能な情報として記録する段階と、前記読取手段で読み取った指示識別子を前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と比較する指示識別子比較段階と、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った指示識別子が前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と一致しない場合、警告を出力する実行指示識別子警告出力段階とをさらに備えたことを要旨とする。

0019

請求項13に記載の発明は、コンピュータを用いて部品加工工程を管理する部品加工工程管理プログラムであって、前記コンピュータを、加工計画記憶手段に記憶した部品の加工計画数量を単位数に割振る割振手段、前記部品加工の開始時刻を開始時刻記憶手段に記憶する開始時刻記憶手段、及び、前記単位数毎の部品について加工の完了報告を受け入れて、前記完了報告が行われた時間を報告時刻記憶手段に記憶する報告受入記憶手段として機能させることを要旨とする。

0020

請求項14に記載の発明は、請求項13に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記単位数は、前記加工工程における加工が完了した完成部品を収納する収納手段の前記完成部品の収納可能数であることを要旨とする。

0021

請求項15に記載の発明は、請求項14に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記割振手段を、前記収納手段の前記収納可能数と前記加工計画数量とから、前記完成部品を収納するために必要な収納手段の数量を算出する収納手段数算出手段、及び、前記必要な収納手段の数量に対応する数量の前記収納手段を識別する収納手段識別子を付与する収納手段識別子付与手段として機能させることを要旨とする。

0022

請求項16に記載の発明は、請求項14又は15に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記収納手段識別子と前記収納可能数とを読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する出力手段として機能させるとともに、前記報告受入記憶手段を、前記出力手段にて出力された媒体から前記情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報の収納手段識別子及び収納可能数とともに、前記情報の読取時間に基づいて前記報告時刻を記憶する手段として機能させることを要旨とする。

0023

請求項17に記載の発明は、請求項16に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記収納手段識別子を収納手段識別子記憶手段に記憶する手段、部品の加工工程の完了報告の入力を受け入れる完了報告受入手段、前記完了報告受入手段で完了報告の入力を受け入れた場合に前記読取手段で読み取った収納手段識別子を前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と比較する収納手段識別子比較手段、及び、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った収納手段識別子が前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と一致しない場合に警告を出力する収納手段識別子警告出力手段として機能させることを要旨とする。

0024

請求項18に記載の発明は、請求項13〜17のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記部品加工の開始時刻と前記報告時刻とから前記単位数毎の部品の加工時間を算出する加工時間算出手段として機能させることを要旨とする。

0025

請求項19に記載の発明は、請求項13〜18のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、部品の加工を中断した加工中断開始時刻を加工中断開始時刻記憶手段に記憶する手段、前記中断した部品の加工を再開した加工再開時刻を加工再開時刻記憶手段に記憶する手段、及び、前記加工時間と前記加工中断開始時刻と加工再開時刻とから前記単位数毎の部品の正味の加工時間を算出する正味加工時間算出手段として機能させることを要旨とする。

0026

請求項20に記載の発明は、請求項13〜19のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記部品加工工程は、少なくとも前記部品加工のための準備工程及び加工処理工程に分割され、前記コンピュータを、さらに、前記分割された各工程毎に前記各工程の開始時刻と終了時刻とを分割工程時間記憶手段に記憶する手段、及び、前記分割工程時間記憶手段に記憶された開始時刻及び終了時刻に基づいて前記分割された各工程毎に部品加工設備の稼働時間を算出する稼働時間算出手段として機能させることを要旨とする。

0027

請求項21に記載の発明は、請求項13〜20のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、不良発生報告を入力するための入力手段を提供し、不良発生入力を受け入れる不良発生入力受入手段、前記不良発生入力に対応する不良内容を入力するための入力手段を提供し、不良内容の入力を受け入れる不良内容受入手段、及び、前記不良発生入力の時間と前記不良内容とを部品加工計画毎に加工指示される前記部品加工工程を識別する指示識別子に関連付けて不良発生情報記憶手段に記憶する不良情報関連付け手段として機能させることを要旨とする。

0028

請求項22に記載の発明は、請求項21に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、前記不良内容毎に分類されたコード情報を読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する手段として機能させるとともに、前記不良情報関連付け手段を、前記媒体に記録された情報を前記読取手段で読み取り、前記読取手段で読み取った情報のコード情報に基づいて前記不良内容を記憶する手段として機能させることを要旨とする。

0029

請求項23に記載の発明は、請求項13〜22のいずれか1つに記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記部品の加工計画数量は、所定の部品加工設備を使用して所定期間において部品を加工する場合の部品の加工計画数量であることを要旨とする。

0030

請求項24に記載の発明は、請求項23に記載の部品加工工程管理プログラムにおいて、前記コンピュータを、さらに、加工指示中の前記部品加工計画について、前記指示識別子を実行指示識別子記憶手段に記憶する手段、前記出力手段で出力する媒体に、前記実行指示識別子記憶手段に記憶した指示識別子を前記読取手段で読取可能な情報として記録する手段、前記読取手段で読み取った指示識別子を前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と比較する指示識別子比較手段、及び、前記比較の結果、前記読取手段で読み取った指示識別子が前記実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と一致しない場合に警告を出力する実行指示識別子警告出力手段として機能させることを要旨とする。

0031

(作用)請求項1又は13に記載の発明によれば、コンピュータは、部品加工の開始時刻を記憶する一方、部品の加工計画数量を単位数に割振り、その単位数毎の部品について加工の完了報告を受け入れて、その完了報告の時間を記憶する。このため、部品の加工計画数量を割振った単位数毎に、部品の加工状況を把握できる。

0032

請求項2又は14に記載の発明によれば、前記単位数は、収納手段に収納する完成部品の収納可能数である。このため、収納手段に収納される部品を1つのまとまりとして、そのまとまり毎に部品の加工状況を把握できる。

0033

請求項3又は15に記載の発明によれば、コンピュータは、収納手段毎の部品の収納可能数と部品の加工計画数量とから必要な収納手段の数量を算出する。そして、コンピュータは、必要な収納手段の数量に対応する数量の収納手段を識別する収納手段識別子を付与する。このため、必要な収納手段毎に収納手段識別子を付与でき、その収納手段毎に完了報告の時間を把握できる。

0034

請求項4又は16に記載の発明によれば、コンピュータは、収納手段識別子と収納可能数とを読取手段で読取可能な情報として媒体に記録して出力する。そして、コンピュータは、その媒体から前記情報を読み取り、前記情報として記録された収納手段識別子及び収納可能数とともに、前記情報の読取時間に基づいて報告時刻を記憶する。このため、収納手段識別子毎に付された収納可能数を、実績数として、報告時刻とともに容易に入力することができる。

0035

請求項5又は17に記載の発明によれば、コンピュータは、収納手段識別子を収納手段識別子識別子記憶手段に記憶する。また、コンピュータは、部品の加工工程の完了報告の入力を受け入れ、前記読取手段で読み取った収納手段識別子を収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と比較する。そして、その比較の結果、読取手段で読み取った収納手段識別子が前記収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子と一致しない場合、警告を出力する。このため、収納手段識別子記憶手段が記憶している収納手段識別子のうち、読取手段で読み取られていない収納手段識別子がある場合、その旨を通知でき、媒体からの情報の読取に漏れが生じるのを防ぐことができる。

0036

請求項6又は18に記載の発明によれば、コンピュータは、部品加工の開始時刻と前記報告時刻とから単位数毎の部品の加工時間を算出する。このため、単位数毎の部品の加工時間を把握できる。

0037

請求項7又は19に記載の発明によれば、コンピュータは、部品の加工を中断した加工中断開始時刻とその部品の加工を再開した加工再開時刻とを記憶する。そして、コンピュータは、加工時間と加工中断開始時刻と加工再開時刻とから単位数毎の部品の正味の加工時間を算出する。このため、部品の加工を中断した場合でも、中断時間を差し引いた正味の加工時間を把握できる。

0038

請求項8又は20に記載の発明によれば、部品加工工程は、少なくとも前記部品加工のための準備工程及び加工処理工程に分割される。そして、コンピュータは、分割された各工程毎に開始時刻と終了時刻とを記憶し、その開始時刻と終了時刻とに基づいて分割された各工程毎に部品加工設備の稼働時間を算出する。このため、分割された各工程毎に部品加工設備の稼働時間を把握できる。

0039

請求項9又は21に記載の発明によれば、コンピュータは、不良発生入力を受け入れ、その不良発生入力に対応する不良内容を入力するための入力手段を提供して不良内容の入力を受け入れる。そして、コンピュータは、不良発生入力の時間と不良内容とを部品加工計画毎に加工指示される前記部品加工工程を識別する指示識別子に関連付けて記憶する。このため、不良発生時間をより正確に把握できるとともに、不良内容を把握できる。

0040

請求項10又は22に記載の発明によれば、コンピュータは、不良内容毎に分類されたコード情報を読取手段で読取可能な情報として記録された媒体を出力する。そして、コンピュータは、その媒体に記録された情報を読取手段で読み取り、読み取った情報のコード情報に基づいて不良内容を記憶する。このため、不良内容の入力を簡略化できる。

0041

請求項11又は23に記載の発明によれば、前記部品の加工計画数量は、所定の部品加工設備を使用して所定期間において部品を加工する場合の部品の加工計画数量である。このため、所定の部品加工設備を使用した所定期間の部品加工計画について、部品加工工程の管理を行うことができる。

0042

請求項12又は24に記載の発明によれば、コンピュータは、加工指示中の部品加工計画について、指示識別子を実行指示識別子記憶手段に記憶する。さらに、コンピュータは、実行指示識別子記憶手段に記憶した指示識別子を読取手段で読取可能な情報として記録した媒体を出力する。そして、コンピュータは、読取手段で読み取った指示識別子を実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と比較する。その結果、読取手段で読み取った指示識別子が実行指示識別子記憶手段が記憶している指示識別子と一致しない場合、コンピュータは、警告を出力する。このため、加工指示中の部品加工計画に対応する指示識別子とは異なる指示識別子が読み込まれた場合、その旨を通知でき、間違った情報を媒体から読み込むのを防ぐことができる。

発明を実施するための最良の形態

0043

以下、本発明を具体化した一実施形態を図1図27に従って説明する。本実施形態では、商品生産における部品の加工工程を管理する部品加工工程管理方法及び部品加工工程管理システムとして説明する。

0044

本実施形態の部品加工工程を含む部品加工の作業工程概要図1に示す。図1に示すように、部品加工の作業工程においては、出庫段取、部品加工、完成検査の段階がその順に行われる。本実施形態の部品加工工程は、このうち段取及び部品加工の段階に相当する。

0045

この部品加工の作業工程に先立って、生産計画立案処理により、計画日及び使用される加工設備を指定して生産計画160が設定されている。そして、日程管理処理により、当日、加工作業を行う生産計画160について、加工指示が行われる。この加工指示に従って、前記部品加工の作業工程では、生産計画160に基づいて部品加工を行う。

0046

まず、出庫段階では、他のシステム(例えば、生産管理システム)により、生産計画160に基づいて、加工前の部品の出庫指示書161が自動出力される。作業者は、この出庫指示書161に基づいて加工される部品を出庫する。

0047

次に、段取段階では、作業者は、サーバに接続された端末から段取開始報告162を入力する。サーバは、この入力を受け入れると、完成部品を収納する収納手段としての収納箱164の必要な数量分、バーコード149を有する包装カード140を自動出力する。バーコード149には、生産計画160を識別するための情報、収納箱164を識別するための情報及び収納箱164に収納される部品の数量が記録されている。さらに、包装カード140には、生産計画160を識別するための情報、当該加工工程による完成部品の部品番号等が表示されており、この包装カード140が加工指示書役割を果たし、作業者は、この包装カード140に従って作業を行う。

0048

次の部品加工段階において、まず、作業者は、包装カード140に基づいて加工開始報告163を前記端末から入力する。そして、作業者は、収納箱164単位の部品の加工が完了すると、完成部品を収納箱164に収納し、包装カード140のバーコード149を、前記端末に接続されたバーコード読取装置170によって読み取って、その包装カード140を収納箱164に添付する。つまり、作業者は、包装カード140を用いて、収納箱164単位で部品の完成報告165の入力を行う。

0049

一方、部品に不良が検出された場合、作業者は、その都度、不良報告166を前記端末から入力する。また、作業者は、加工設備の稼働及び停止等の設備稼働状況について設備稼働報告167を前記端末から入力する。そして、部品加工が終了すると、作業者は、加工終了報告168を入力する。

0050

サーバは、このようにしてそれぞれ別々に入力された段取開始報告162、加工開始報告163、完成報告165、不良報告166、設備稼働報告167及び加工終了報告168に基づいて、日報情報169を自動作成する。さらに、これらの報告162,163,165〜168に基づいてサーバに記録された情報に基づいて、他のシステム(例えば、生産管理システム)により、完成伝票が出力される。そして、完成部品は、完成検査段階に移行する。一方、管理者は、日報情報169に基づいて端末に表示される日報画面に従って、部品加工が生産計画どおりに行えているかを監視する。なお、前記各報告162,163,165〜168に基づいて、生産計画160の見直しが行われる。

0051

次に、前述の段取段階及び部品加工段階について、詳細に説明する。本実施形態では、部品の生産を行う工場において、生産管理サーバを用いて部品の加工工程を管理する。ここでは、作業者は、作業用端末を用いて、実績報告等の入力を行う。

0052

図2に示すように、生産管理サーバ30は、ネットワーク45を介して作業用端末46及び管理用端末47に接続されている。作業用端末46は、作業者が実績報告等の各種報告を入力し実績報告データ等を生産管理サーバ30に送信する場合等に用いる。一方、管理用端末47は、管理者が生産計画の立案及び生産管理等を行うために、日報画面を表示させる場合等に用いる。このため、これらの端末46,47は、データの入力、生産管理サーバ30との間でのデータの送受信、データの表示を行なう。このため、端末46,47は、図示しない制御手段(CPU)、記憶手段(RAM、ROM、ハードディスク等)、通信手段、表示制御手段(例えば、モニタ)、入力手段(例えば、キーボードマウス)を備えている。さらに、作業用端末46は、前記包装カード140のバーコード149を入力するためのバーコード読取装置170を備えている。

0053

生産管理サーバ30は、図2に示すように、管理コンピュータ31を備えている。管理コンピュータ31は、図示しない制御手段(CPU)、記憶手段(RAM、ROM、ハードディスク等)、通信手段等を有するコンピュータである。この管理コンピュータ31は、部品加工工程管理プログラムを実行することにより、部品加工工程の管理を行う。なお、この部品加工工程管理プログラムは、実行状態管理プログラム、実績報告プログラム、不良報告プログラム、設備稼働報告プログラム、日報作成プログラム等の各種プログラムにより構成されている。そして、管理コンピュータ31は、これらの各種プログラムを実行することにより、データの送受信、後述するデータの処理等を行なう。すなわち、本実施形態では、この管理コンピュータ31が、割振手段、報告受入記憶手段、加工時間算出手段、収納手段数算出手段、収納手段識別子付与手段、出力手段、完了報告受入手段、収納手段識別子比較手段として機能する。また管理コンピュータ31は、収納手段警告出力手段、正味加工時間算出手段、稼働時間算出手段、不良発生入力受入手段、不良内容受入手段、不良情報関連付け手段、指示識別子比較手段、実行指示識別子警告手段等として機能する。なお、前記実行状態管理プログラムは、後述する指示識別子で識別される部品加工の指示に対して、加工処理の実行状態を管理するためのプログラムである。前記実績報告プログラムは、部品加工の実績報告の入力を受け入れて記録するためのプログラムである。前記不良報告プログラムは、不良報告166の入力を受け入れて記録するためのプログラムである。前記設備稼働報告プログラムは、設備の稼働状況について報告167の入力を受け入れて記録するためのプログラムである。前記日報作成プログラムは、部品加工の実績報告、不良報告166及び設備稼働報告167により記録したデータに基づいて、部品加工についての日報情報169を出力させるためのデータを作成するためのプログラムである。

0054

管理コンピュータ31には、収納可能数情報記憶部32、加工情報記憶部33、生産計画記憶部34、及び、収納手段識別子記憶手段としての収納箱情報記憶部35が、接続されている。また、管理コンピュータ31には、開始時刻記憶手段及び分割工程時間記憶手段としての実績時間記憶部36、報告時刻記憶手段としての読取情報記憶部37、及び、加工時間記憶部38が、接続されている。また、管理コンピュータ31には、不良発生情報記憶手段としての不良発生情報記憶部39、加工中断開始時刻記憶手段及び加工再開時刻記憶手段としての設備停止履歴記憶部40、及び、設備状態記憶部41が、接続されている。さらに、管理コンピュータ31には、実行指示識別子記憶手段としての実行指示識別子記憶部42が接続されている。

0055

収納可能数情報記憶部32には、図3に示すように、部品番号毎に収納可能数情報320が記録されている。本実施形態では、収納可能数情報320は、部品番号及び収納可能数により構成されている。部品番号は、加工が完了した完成部品を識別するための識別子である。収納可能数は、前記完成部品を収納箱164に収納する場合に、1つの収納箱164に収納可能な完成部品の個数である。なお、この収納可能数情報320は、本実施形態の処理に先立って予め設定されている。

0056

加工情報記憶部33には、図4に示すように、部品番号毎に加工情報330が記録されている。本実施形態では、加工情報330は、部品番号、前段取有無及び後段取有無により構成されている。部品番号は、加工が完了した完成部品を識別するための識別子であって、前記収納可能数情報320の部品番号に対応する。前段取有無は、前記部品番号の部品を加工する際に必要な前段取があるか否かを示す。後段取有無は、前記部品番号の部品を加工する際に必要な後段取があるか否かを示す。つまり、部品番号に対応する完成部品を生産する部品加工工程は、部品加工工程のための準備工程としての前段取、加工処理工程、及び、部品加工工程の後処理としての後段取に分割される。そして、前段取及び後段取については、部品加工工程によって、必要な場合とそうでない場合とがある。なお、この加工情報330は、本実施形態の処理に先立って予め設定されている。

0057

生産計画記憶部34には、図5に示すように、指示識別子毎に生産計画情報340が記録されている。本実施形態では、生産計画情報340は、指示識別子、計画日、加工設備識別子、加工順序、部品番号及び計画数により構成されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、計画日、加工設備識別子及び部品番号毎に設定されている。すなわち、同日に同一の部品番号の完成部品を複数の加工設備で生産する場合、加工設備毎に異なる指示識別子が付与されている。加工設備識別子は、その生産計画において使用される加工設備を識別する識別子である。なお、本実施形態では、複数の工場が複数の加工設備を有しており、加工設備識別子によって、工場及び加工設備が識別されるようになっている。加工順序は、同一の計画日における加工設備毎の加工処理の順序を示す。部品番号は、その生産計画において完成される部品を識別するための識別子であって、前記収納可能数情報320の部品番号に対応する。計画数は、前記指示識別子で識別される生産計画において加工される部品の数である。なお、この生産計画情報340は、図示しない記憶部に記憶された受注情報及び在庫情報等に基づいて、生産計画立案処理により、本実施形態の処理に先立って予め設定されている。

0058

収納箱情報記憶部35には、図6に示すように、指示識別子毎に収納箱情報350が記録されている。本実施形態では、収納箱情報350は、指示識別子及び収納箱識別子が設定されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、前記生産計画情報340の指示識別子に対応する。収納箱識別子は、加工した部品を収納する収納箱164を識別するための識別子であって、指示識別子に対して連番で付与されるようになっている。なお、この収納箱情報350は、後述するように、加工指示に対する作業について開始入力が行われた場合に、管理コンピュータ31によって収納箱識別子が付与され、記録される。

0059

実績時間記憶部36には、図7に示すように、指示識別子毎に実績時間情報360が記録されている。本実施形態では、実績時間情報360は、指示識別子、工程、開始日時及び終了日時により構成されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、生産計画情報340の指示識別子に対応する。工程は、前段取、加工及び後段取のいずれであるかを示す。開始日時及び終了日時は、それぞれ、工程で指定された前段取、加工及び後段取のいずれかについての開始日時及び終了日時である。この実績時間情報360は、前段取開始報告162、加工開始報告163及び後段取開始報告のいずれかの入力を受け付けた際に、指示識別子、工程及び開始日時が記録される。そして、前段取終了報告、加工終了報告及び後段取終了報告の入力日時が、それぞれ、終了日時として記録される。

0060

読取情報記憶部37には、図8に示すように、指示識別子及び収納箱識別子毎に読取情報370が記録されている。本実施形態では、読取情報370は、指示識別子、収納箱識別子、加工数量及び読取日時により構成されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、生産計画情報340の指示識別子に対応する。収納箱識別子は、収納箱164を識別するための識別子であって、収納箱情報350の収納箱識別子に対応する。加工数量は、前記収納箱164に収納される部品の数量である。読取日時は、指示識別子、収納箱識別子及び加工数量を読取可能な情報として記録したバーコード149の読取等により、指示識別子、収納箱識別子及び加工数量の入力が行われた日時である。この読取情報370は、包装カード140のバーコード149の読取が行われた場合に記録される。

0061

加工時間記憶部38には、図9に示すように、指示識別子及び収納箱識別子毎に加工時間情報380が記録されている。本実施形態では、加工時間情報380は、指示識別子、収納箱識別子及び加工時間により構成されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、生産計画情報340の指示識別子に対応する。収納箱識別子は、収納箱164を識別するための識別子であって収納箱情報350の収納箱識別子に対応する。加工時間は、収納箱164に収納された部品の加工に要した時間である。指示識別子に対する1件目の加工時間情報380については、読取情報370の読取日時と実績時間情報360の加工開始日時の差を算出することによって、加工時間が求められる。また、指示識別子に対する2件目以降の加工時間情報380については、読取情報370の読取日時の差を算出することによって、加工時間が求められる。本実施形態では、加工時間情報380は、読取情報370を記録する際に記録される。

0062

不良発生情報記憶部39には、図10に示すように、指示識別子及び不良発生日時毎に不良発生情報390が記録されている。本実施形態では、不良発生情報390は、指示識別子、不良発生日時、不良コード、不良内容、原因コード及び数量により構成されている。指示識別子は、加工指示を識別するための識別子であって、生産計画情報340の指示識別子に対応する。不良発生日時は、不良発生報告の入力を受け入れた時間である。不良コードは、不良内容をコード化したものである。なお、不良コードは、不良内容と関連付けて図示しない記憶部に予め記録されている。原因コードは、不良原因をコード化したものである。数量は、不良の発生が検出された部品の個数であり、1回の不良発生報告で報告される不良発生部品の数量が記録される。なお、この不良発生情報390は、不良発生報告の入力を受け入れた場合に、指示識別子及び不良発生時刻が記録される。そして、その後、不良内容報告の入力を受け入れると、不良コード、不良内容、原因コード及び数量が記録される。

0063

設備停止履歴記憶部40には、図11に示すように、加工設備毎の設備停止の発生毎に設備停止履歴情報400が記録されている。本実施形態では、設備停止履歴情報400は、加工設備識別子、停止理由、停止開始日時及び停止終了日時により構成されている。加工設備識別子は、加工設備を識別するための識別子であって、生産計画情報340の加工設備識別子に対応する。停止理由は、設備停止の発生理由である。停止開始日時は、設備停止が発生した日時である。部品の加工中に設備停止が発生した場合は、加工が中断するため、この停止開始日時が加工中断開始時刻に該当する。停止終了日時は、設備停止が終了した日時である。設備停止には、障害の発生による場合と加工処理を終了する場合とがある。障害の発生による場合、停止終了日時は、設備が復旧した日時である。この場合、部品の加工中に設備停止が発生して設備の復旧によって加工が再開された場合は、停止終了日時は、加工再開時刻に該当する。加工処理を終了する場合、停止終了日時は、再度設備を立上げた日時である。この設備停止履歴情報400は、設備停止が発生した際に、加工設備識別子、停止理由及び停止開始日時が設定されて記録され、設備が復旧した際に、停止終了日時が設定される。

0064

設備状態記憶部41には、図12に示すように、加工設備毎に設備状態情報410が記録されている。本実施形態では、設備状態情報410は、加工設備識別子及び設備状態により構成されている。加工設備識別子は、加工設備を識別するための識別子であって、生産計画情報340の加工設備識別子に対応する。設備状態は、前記加工設備の稼働状態である。この設備状態情報410は、本実施形態の処理に先立って、現在の設備状態が加工設備毎に予め記録されており、加工設備の状態の変化に対応して、設備状態が更新される。

0065

実行指示識別子記憶部42には、図13に示すように、加工設備毎に加工指示中の生産計画について実行指示識別子情報420が記録されている。本実施形態では、実行指示識別子情報420は、加工設備識別子及び指示識別子により構成されている。加工設備識別子は、加工設備を識別するための識別子であって、生産計画情報340の加工設備識別子に対応する。指示識別子は、加工指示中の生産計画の指示識別子であって、生産計画情報340の指示識別子に対応する。この実行指示識別子情報420は、生産計画情報340に基づいて、現在加工指示中の生産計画について記録される。

0066

次に、上記のように構成されたシステムにおいて、管理コンピュータ31が部品加工工程管理を行う場合の処理手順図14図19に従って説明する。ここでは、加工処理の実行状態を管理する処理(図14図17)と、不良報告166に対応する処理(図18)と、設備稼働報告167に対応する処理(図19)に分けて説明する。

0067

なお、管理コンピュータ31は、生産計画情報340の計画日、加工設備識別子及び加工順序に基づいて、計画日が当日である生産計画について、加工設備毎の加工指示の順序に従って、順次、部品加工の指示を行う。この指示中の生産計画について、管理コンピュータ31は、実行指示識別子記憶部42に、加工設備毎に指示識別子を記憶する。

0068

まず、図14図17を用いて、指示中の生産計画について加工処理の実行状態を管理する処理の手順を説明する。管理コンピュータ31は、この処理を前記実行状態管理プログラムに従って行う。

0069

図14に示すように、まず、実績報告を行う作業者は、作業用端末46を用いて生産管理サーバ30にアクセスし、実績報告画面を表示させる(S1−1)。具体的には、作業者は、作業用端末46を用いて、ネットワーク45を介して管理コンピュータ31に対してアクセス要求を送信する。これに対応して、管理コンピュータ31は、部品加工工程管理へのログオン画面を表示させるためのログオン画面表示データを作業用端末46に送信する。

0070

このログオン画面表示データを受信した作業用端末46には、図20に示す表示画面50が出力される。この表示画面50には、ユーザID入力ボックス51、パスワード入力ボックス52、OKボタン53及びキャンセルタン54が表示される。なお、ユーザID及びパスワードは、図示しない認証情報記憶部に、作業者毎に予め記憶されている。OKボタン53は、ユーザID及びパスワードを入力し、それらを管理コンピュータ31に送信する場合に用いる。キャンセルボタン54は、部品加工工程管理へのログオンをキャンセルする場合に用いる。ここで、ユーザID入力ボックス51及びパスワード入力ボックス52にユーザID及びパスワードをそれぞれ入力してOKボタン53をクリックすると、作業用端末46は、入力されたユーザID及びパスワードを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、前記認証情報記憶部に記録されたユーザID及びパスワードと照合し、一致するユーザID及びパスワードが存在する場合、部品加工工程管理へのログオンを許可する。そして、管理コンピュータ31は、メニュー選択画面を表示させるためのメニュー表示データを作業用端末46に送信する。

0071

このメニュー表示データを受信した作業用端末46には、図21に示す表示画面60が出力される。この表示画面60には、オペレータメニュー選択ボタン61、管理者メニュー選択ボタン62、システム管理者メニュー選択ボタン63及び終了ボタン64が表示される。オペレータメニュー選択ボタン61は、作業者が実績報告等を行う場合に用いる。管理者メニュー選択ボタン62は、管理者が後述する日報画面の作成等をする場合に用いる。システム管理者メニュー選択ボタン63は、システムの管理を行う場合に用いる。終了ボタン64は、管理コンピュータ31へのアクセスを終了する場合に用いる。ここでは、作業者が、実績報告を行うためにオペレータメニュー選択ボタン61をクリックする。これにより、作業用端末46は、オペレータメニュー選択データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、加工設備を選択する設備選択画面を表示させるための設備選択画面表示データを作業用端末46に送信する。

0072

この設備選択画面表示データを受信した作業用端末46には、図22に示す表示画面70が出力される。この表示画面70には、設備選択ボックス71、戻るボタン72、詳細ボタン73及び実績報告ボタン74が表示される。設備選択ボックス71では、実績報告を行う設備が選択される。戻るボタン72は、表示画面60の表示に戻る場合に用いる。詳細ボタン73は、後述する詳細画面を表示させる場合に用いる。実績報告ボタン74は後述する実績報告画面を表示させる場合に用いる。ここでは、加工指示に対応する部品加工を行う設備として、設備選択ボックス71で「1号機」を選択することとする。ここで、実績報告ボタン74をクリックすると、作業用端末46は、実績報告画面表示要求データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、実績報告画面を表示させるための実績報告画面表示データを作業用端末46に送信する。

0073

この実績報告画面表示データを受信した作業用端末46には、図23に示す表示画面80が出力される。この表示画面80には、設備名表示81、加工内容表示82、未読ボタン83、設備状態表示90、実行状態表示91、実行日時表示92及びOKボタン93が表示される。また、この表示画面80には、指示識別子入力ボックス94、連番入力ボックス95、数量入力ボックス96、指示識別子入力表示97、連番入力表示98、数量入力表示99及び入力ボタン100が表示される。さらに、この表示画面80には、詳細ボタン101、保留ボタン102、不良処理ボタン103、終了ボタン104及び停止/立下げボタン105が表示される。

0074

この表示画面80には、前記指示中の生産計画について、実績報告を行うための情報が表示される。設備名表示81としては、表示画面70の設備選択ボックス71にて選択された設備名が表示される。加工内容表示82には、部品番号、生産計画数作業実績数、カード読取数/発行数、指示識別子、計画日及び次生産計画が表示される。部品番号は、指示中の生産計画に対応する完成部品の部品番号を示し、生産計画情報340の部品番号に基づいて設定される。生産計画数は、指示中の生産計画において加工する部品の数量を示し、生産計画情報340の計画数に基づいて設定される。作業実績数は、指示中の生産計画に対応する部品のうち、加工作業が終了した部品の数を示し、指示中の生産計画に対応する読取情報370の加工数量を加算して得られた値に基づいて設定される。カード読取数/発行数のうち、カード読取数は、バーコード読取装置170にて読み取られ、又は、入力ボックス94〜96により入力された、指示中の生産計画についての読取情報370の数に基づいて設定される。発行数は、発行された包装カード140の総数を示し、収納箱情報350に記録された指示中の生産計画に対応する指示識別子の収納箱情報350の数に基づいて設定される。指示識別子は、指示中の生産計画の指示識別子を示し、日程管理処理による加工指示に対応する指示識別子が設定される。計画日は、指示中の生産計画の計画日を示し、生産計画情報340の計画日に基づいて設定される。次生産計画は、指示中の生産計画の次に予定されている加工指示の部品番号を示す。この次生産計画には、生産計画情報340の加工順序に従って、現在指示中の生産計画の次に予定されている生産計画の部品番号が設定される。未読ボタン83は、加工が完了した際、読み取りが行われていないバーコード149の存在の有無を確認するために用いる。

0075

設備状態表示90は、設備の稼働状態を示し、設備状態情報410の設備状態に基づいて設定される。ここでは、設備が稼働中であって、設備状態情報410に「設備稼働」が設定されているため、設備状態表示90には、「稼動中」と表示される。実行状態表示91は、指示中の生産計画についての加工の実行状態を示し、実績時間情報360の各日時の設定状況に基づいて設定される。ここでは、指示中の生産計画についての作業は未着手であって、日程管理処理により指定された指示識別子についての実績時間情報360が記録されていない。このため、実行状態表示91には、「未着手」が表示される。実行日時表示92は、実行状態表示91に表示されている現在の実行状態に移行した日時を示す。OKボタン93は、作業報告を入力する場合に用いる。このOKボタン93は、実行状態表示91として示される加工の実行状態によって、クリックされた場合の仕様が変化する。すなわち、OKボタン93がクリックされると、実行状態表示91として示される現在の実行状態についての終了報告がなされ、次の状態に移行するようになっている。

0076

入力ボックス94〜96には、計画数を超える数の部品加工を行ったために包装カード140が足りない場合や、収納箱164に収納する完成部品が収納可能数に満たない場合に、直接、値が入力される。指示識別子入力ボックス94には、その加工指示についての指示識別子が、他の包装カード140に印刷された指示識別子に基づいて入力される。連番入力ボックス95には、先に入力された収納箱識別子と連番の収納箱識別子が入力される。数量入力ボックス96には、対応する収納箱164に収納した部品の数量が入力される。そして、入力ボタン100は、入力ボックス94〜96で入力した情報を管理コンピュータ31に送信する場合に用いる。

0077

一方、入力表示97〜99には、包装カード140のバーコード149から読み取った情報に基づいて、指示識別子、収納箱識別子及び数量がそれぞれ設定される。このとき、バーコード149から読み取られた情報は、管理コンピュータ31に自動で送信される。

0078

詳細ボタン101は、後述する詳細画面を表示させる場合に用いる。保留ボタン102は、指示中の生産計画に対応する部品の加工を中断して保留にする場合に用いる。不良処理ボタン103は、後述する不良処理画面を表示させる場合に用いる。終了ボタン104は、実行状態表示91に表示されている実行状態を終了するが、次の実行状態には移行しない場合(例えば、立下げの場合)に用いる。停止/立下げボタン105は、設備の停止又は立下げを行う場合に用いる。

0079

ここでは、指示中の生産計画の作業が未着手であるため、管理コンピュータ31は、実行状態表示91に「未着手」と表示させる(S1−2)。具体的には、管理コンピュータ31は、実績時間記憶部36に指示中の生産計画に対応する指示識別子の実績時間情報360が記録されていないことにより、指示中の作業が「未着手」であるとする。このように指示中の作業が「未着手」である場合、OKボタン93がクリックされることにより、開始入力が行われるようになっている。ここで、作業者がOKボタン93をクリックすると、作業用端末46は、開始入力データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信し、開始入力を受け入れる(S1−3)。

0080

次に、管理コンピュータ31は、包装カード140が発行済かどうかを収納箱情報350により判断する(S1−4)。具体的には、管理コンピュータ31は、指示中の生産計画の指示識別子を有する収納箱情報350が設定されている場合、包装カード140が発行済とする。新たな加工指示については、包装カード140は、ここで初めて発行することとなる。なお、包装カード140が発行済であるのは保留にした作業を再開するような場合である。ここでは、指示中の生産計画については、新たな加工指示であるものとする。

0081

包装カード140が発行済でない場合(S1−4でNOの場合)、管理コンピュータ31は、包装カード140を印刷させる(S1−5)。具体的には、管理コンピュータ31は、指示中の作業の指示識別子により生産計画情報340の計画数を抽出する。また、管理コンピュータ31は、その生産計画情報340の部品番号により収納可能数情報320の収納可能数を抽出する。そして、管理コンピュータ31は、計画数を収納可能数で割り、必要な収納箱164の数量を算出し、その収納箱164の数量分の収納箱識別子を付与して指示識別子及び収納箱識別子を設定した収納箱情報350を収納箱情報記憶部35に記録する。そして、管理コンピュータ31は、包装カード140を印刷させる。管理コンピュータ31は、この包装カード140に、指示識別子、収納箱識別子及び計画数を読取手段としてのバーコード読取装置170によって読取可能な情報として記録したバーコード149を印刷する。

0082

ここで、包装カード140について説明する。包装カード140は、前述のように、加工を完了した部品を収納する収納箱164に付すものであって、部品を収納する収納箱164の数分、発行されるようになっている。具体的には、管理コンピュータ31は、指示識別子で識別される生産計画について、部品加工の計画数を、収納箱164の完成部品の収納可能数で割り、必要な収納箱164の数を算出する。そして、管理コンピュータ31は、その収納箱164の数に対応する包装カード140を発行する。

0083

次に、包装カード140に印刷された各項目について説明する。図26に示すように、包装カード140には、部品番号141、数142、名称143、区/工程144、設備145、指示識別子146、計画日/発行数147及びバーコード149が表示されている。なお、加工日加工者148は、収納箱164への完成部品の収納を行ってバーコードの読取を行う際に記入される。ここでは、部品番号141として「A111」が、数142として「24」が、名称143として「現像××」が、区/工程144として「M01」が、設備145として「1号機」がそれぞれ表示されている。また、指示識別子146として「A1201」が、計画日/発行数147として「2001/12/20 25/78」がそれぞれ表示されている。ここで、数142における「24」は、収納箱164に収納可能な完成部品の数であって、収納可能数情報320の収納可能数に基づいて設定される。また、計画日/発行数147において発行数として表示される「25/78」は、収納箱識別子、及び、該当する指示識別子に対して付与された収納箱識別子の数である。収納箱識別子は、指示識別子毎に連番で付与される。すなわち、この場合、78個の収納箱識別子が付与され、それに対応した包装カード140が発行されている。そして、収納箱識別子が「25」である場合、そのうちの25枚目の包装カード140であることを意味する。また、バーコード149は、指示識別子、収納箱識別子及び計画数についての情報を記録している。

0084

一方、包装カード140が発行済の場合(S1−4でYESの場合)、管理コンピュータ31は、包装カード140を再出力するための表示画面(図示せず)を作業用端末46に表示させる。そして、その表示画面において、作業者が包装カード140の再出力要求を入力する。包装カード140の再出力要求の入力を受け入れた場合(S1−6でYESの場合)、管理コンピュータ31は、包装カード140を印刷する(S1−7)。

0085

次に、管理コンピュータ31は、加工情報記憶部33を用いて部品番号に基づいて前段取があるかどうかを判断する(S1−8)。前段取がある場合(S1−8でYESの場合)、管理コンピュータ31は、前段取処理を行う(S1−9)。この前段取処理を図15を用いて説明する。

0086

図15に示すように、この場合、管理コンピュータ31は、表示画面80の表示を更新し実行状態表示91に「前段取中」と表示させる(S2−1)。具体的には、管理コンピュータ31は、指示中の生産計画に対応する指示識別子の実績時間情報360が実績時間記憶部36に記録されていないことに基づいて、指示中の作業が「前段取中」であるとする。次に管理コンピュータ31は、指示識別子及び前段取開始日時を設定した実績時間情報360を実績時間記憶部36に記録する(S2−2)。

0087

一方、作業者は、前段取処理に対応する作業を行う。そして、前段取処理が終了すると、作業者は、前段取終了を入力する。具体的には、表示画面80においてOKボタン93をクリックする。なお、指示中の作業が「前段取中」であるとき、OKボタン93がクリックされると、前段取終了の旨が管理コンピュータ31に入力される。管理コンピュータ31は、この前段取終了入力を受け入れると(S2−3)、前段取終了日時を前記実績時間情報360に設定する(S2−4)。

0088

次に、管理コンピュータ31は、表示画面80の表示を更新し実行状態表示91に「加工中」と表示させる(S1−10)。そして、管理コンピュータ31は、加工開始日時を記録する(S1−11)。具体的には、前段取がある場合、管理コンピュータ31は、加工開始日時を前述のようにして記録した実績時間情報360に設定する。一方、前段取がない場合、管理コンピュータ31は、指示識別子及び加工開始日時を設定した実績時間情報360を実績時間記憶部36に記録する。

0089

加工処理において、収納箱164単位の部品加工が完了すると、作業者は、完成部品を収納箱164に収納し、収納箱164毎に部品加工の実績報告の入力を行う。一方、管理コンピュータ31は、この入力を受け入れて実績報告処理を行う(S1−12)。次に、図17を用いて、この実績報告処理の手順を説明する。管理コンピュータ31は、この処理を前記実績報告プログラムに従って行う。

0090

加工処理において、収納可能数情報320の収納可能数の部品の加工が終了すると、作業者は、それらの部品を収納箱164に収納する。そして、作業者は、包装カード140のバーコード149をバーコード読取装置170によって読み取り、その包装カード140を収納箱164に添付する。バーコード149から読み取られた指示識別子、収納箱識別子及び数量は、前記表示画面80の指示識別子入力表示97、連番入力表示98及び数量入力表示99に表示される。

0091

なお、生産計画情報340の計画数よりも実績数が多い場合、包装カード140が足りなくなる。また、包装カード140のバーコード149として記録された収納可能数よりも、収納箱164に収納する完成部品の数量が少ない場合もある。これらの場合、作業者は、指示中の作業について発行された包装カード140の表示に基づいて、入力ボックス94〜96において指示識別子、収納箱識別子及び数量を入力する。具体的には、指示識別子入力ボックス94には、前記包装カード140の指示識別子146に基づいて指示識別子を入力する。連番入力ボックス95には、先にバーコードの読取を行った包装カード140の計画日/発行数147における収納箱識別子の次の番号を連番で入力する。数量入力ボックス96には、その収納箱164に収納した完成部品の数を入力する。このようにして、包装カード140のバーコード149の読取、又は、入力ボックス94〜96における入力により、管理コンピュータ31に収納箱164単位で実績が入力される。図17に示すように、管理コンピュータ31は、これらのバーコード149等による実績入力を受け入れる(S4−1)。

0092

次に、管理コンピュータ31は、受け入れた実績入力の内容をチェックする(S4−2)。具体的には、管理コンピュータ31は、実績入力の指示識別子を前記日程管理処理に従って実行指示識別子記憶部42に記憶した指示中の生産計画の指示識別子と比較する。さらに、管理コンピュータ31は、実績入力の収納箱識別子を前記指示識別子により抽出した読取情報370の収納箱識別子と比較する。ここで、実績入力の指示識別子が指示中の生産計画に対応する指示識別子と同一であって、実績入力の収納箱識別子が読取情報記憶部37の収納箱識別子と重複していない場合、管理コンピュータ31は、チェックOKとする。チェックOKでない場合(S4−2でNOの場合)、管理コンピュータ31は、その旨の警告を作業用端末46に表示させる。作業者は、それに応じて、再度、包装カード140のバーコード149の読取等による実績入力を行う。一方、チェックOKの場合(S4−2でYESの場合)、管理コンピュータ31は、実績入力の指示識別子、収納箱識別子及び加工数量と読取日時とを設定した読取情報370を読取情報記憶部37に記録する(S4−3)。

0093

次に、管理コンピュータ31は、収納箱164毎の加工時間を計算して、加工時間情報380を記録する。具体的には、指示識別子で識別される生産計画に対する1個目の収納箱164については、管理コンピュータ31は、加工時間情報380の加工開始日時から前記読取情報370の読取日時までの時間を加工時間として算出する。そして、管理コンピュータ31は、読取情報記憶部37に記録する指示識別子及び収納箱識別子と同様の指示識別子及び収納箱識別子ともに前記算出した加工時間を設定した加工時間情報380を加工時間記憶部38に記録する。なお、指示識別子で識別される生産計画に対する2個目以降の収納箱164については、管理コンピュータ31は、直前に記録した読取情報370の読取日時から今回記録する読取情報370の読取日時までの時間を加工時間として算出する。そして、管理コンピュータ31は、1個目の場合と同様に加工時間情報380を記録する。

0094

次に、管理コンピュータ31は、表示画面80の作業実績数及びカード読取数/発行数の表示内容を前記読取情報370に基づいて更新する(S4−4)。なお、この読取情報370には、バーコード読取装置170にて読み取られ、又は、入力ボックス94〜96により入力された加工数量等が記録されている。具体的には、管理コンピュータ31は、加工内容表示82の作業実績数に今回記録した読取情報370の加工数量を加算し、加工内容表示82のカード読取数に1を加算する。

0095

指示中の生産計画に対応する部品加工が終了していない場合、作業が続行され、作業者は、さらに、収納可能数分の部品の収納箱164への収納、及び、バーコード149の読取等による実績入力を行う。この場合、作業者は、未読ボタン83をクリックしない。つまり、管理コンピュータ31は、未読ボタン83による未読確認入力を受け入れずに(S4−5でNOの場合)、ステップS4−1〜S4−5の処理を繰返す。

0096

そして、指示中の生産計画に対応する部品加工が終了した場合、作業者は、未読ボタン83をクリックする。これにより、前記指示識別子によって識別される指示に対して発行された包装カード140について、読み込まれていない収納箱識別子があるかどうかの未読確認入力による完了報告の入力が行われる。そして、管理コンピュータ31は、この未読確認入力を受け入れた場合(S4−5でYESの場合)、未読があるかどうかを判断する(S4−6)。具体的には、管理コンピュータ31は、収納箱情報350の指示識別子及び収納箱識別子と読取情報370の指示識別子及び収納箱識別子とを比較する。そして、管理コンピュータ31は、指示中の生産計画に対応する指示識別子の収納箱情報350の収納箱識別子のうち、読取情報370の収納箱識別子にないものがあるかどうかをチェックする。その結果、前記指示識別子の収納箱情報350の収納箱識別子のうち、読取情報370の収納箱識別子にないものがあれば、管理コンピュータ31は、未読があると判断する。

0097

未読がある場合(S4−6でYESの場合)、管理コンピュータ31は、その旨の警告を出力し、ステップS4−1に戻る。この場合、作業者は、包装カード140のバーコード149の読取作業を改めて行う。そして、管理コンピュータ31は、ステップS4−1〜S4−6の処理を行う。一方、未読がない場合(S4−6でNOの場合)、管理コンピュータ31は、部品加工の実績報告に対応する処理を終了する。

0098

ここで、作業者が、表示画面80の詳細ボタン101をクリックすると、作業用端末46は、詳細表示要求を管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、詳細表示画面を表示させるための詳細表示画面表示データを作業用端末46に送信する。

0099

この詳細表示画面表示データを受信した作業用端末46には、図24に示す表示画面110が出力される。この表示画面110には、設備名表示111、表示日付入力ボックス112、実績表示113、指定ボックス114、順序入力ボックス115、実行ボタン116及び実績報告ボタン117が表示される。設備名表示111としては、表示画面70の設備選択ボックス71にて選択された設備名が表示される。

0100

表示日付入力ボックス112では、何日先の計画日まで、実績表示113に生産計画に対する実績を表示するかを指定する。なお、指定しない場合、現在、設定されている当日以降のすべての生産計画について表示されるようになっている。実績表示113は、作業実績を指示識別子毎に示す。実績表示113には、順序、月日、部品番号、状態、計画数、生産実績数(実績、送付済送付可能)、不良数(発生、処理済、未処理)及び指示識別子(図示せず)が表示される。順序は、加工指示の順序を示し、生産計画情報340の加工順序に基づいて設定される。月日は、前記生産計画情報340の計画日に基づいて設定される。部品番号は、加工指示に対応する完成部品の部品番号であって、前記生産計画情報340の部品番号に基づいて設定される。状態は、実行状態を示し、指示識別子により抽出される実績時間情報360の各日時の設定状況及び図示しない記憶部に記憶された保留状況に基づいて設定される。計画数は、前記生産計画情報340の計画数に基づいて設定される。生産実績数における実績は、指示識別子により抽出される読取情報370の加工数量を加算した値が設定される。生産実績数における送付済は、送付済の部品の数量であり、送付の際に、作業用端末46から入力された送付済数量に基づいて設定される。生産実績数における送付可能は、送付可能な部品の数量であり、前記生産実績数における実績と生産実績数における送付済との差に基づいて設定される。不良数における発生は、不良の発生が検出された部品の数量であり、指示識別子により抽出した不良発生情報390に設定された数量を加算した値が設定される。不良数における処理済は、不良の発生が検出された部品のうち、処理済のものの数量であり、作業用端末46から入力された処理済の数量に基づいて設定される。不良数における未処理は、不良の発生が検出された部品のうち、未処理のものの数量であり、前記不良数における発生と前記不良数における処理済との差に基づいて設定される。

0101

実績表示113に表示される各生産計画は、順序の表示を選択することによって選択される。そして、いずれかの生産計画を選択して指定ボックス114のいずれかを選択することにより、選択された生産計画について、各々対応する処理が行われるようになっている。指定ボックス114は、上から順に、実行状態を前の状態に戻す場合、保留した指示を復帰させる場合、次に作業を行う生産計画を選択する場合、不良報告を行う場合にそれぞれ選択される。保留した指示を復帰させる場合、さらに、順序入力ボックス115に実績表示113の順序を入力すると、管理コンピュータ31は、その生産計画の次に保留していた生産計画を予定する。ここで、いずれかの生産計画を選択して指定ボックス114のいずれかを選択して実行ボタン116をクリックすると、管理コンピュータ31は、その生産計画について選択された指定ボックス114に対応する処理を行う。実績報告ボタン117は、前記実績報告画面(表示画面80)を表示させる場合に用いる。

0102

一方、作業者は、加工処理が終了すると、作業用端末46から加工終了を入力する。具体的には、表示画面80において、OKボタン93をクリックする。なお、指示中の作業が「加工中」であるとき、OKボタン93がクリックされると、加工終了の旨が管理コンピュータ31に入力される。管理コンピュータ31は、この加工終了入力を受け入れると(S1−13)、加工終了日時を前記実績時間情報360に設定する(S1−14)。

0103

次に、管理コンピュータ31は、加工情報記憶部33を部品番号により検索し、後段取有無により、後段取があるかどうかを判断する(S1−15)。後段取がある場合(S1−15でYESの場合)、管理コンピュータ31は、後段取処理を行う(S1−16)。この後段取処理を図16を用いて説明する。

0104

図16に示すように、この場合、管理コンピュータ31は、表示画面80の実行状態表示91に「後段取中」と表示させる(S3−1)。次に管理コンピュータ31は、後段取開始日時を前記実績時間情報360に設定する(S3−2)。

0105

一方、作業者は、後段取処理に対応する作業を行う。そして、後段取処理が終了すると、作業者は、作業用端末46から後段取終了を入力する。具体的には、表示画面80において、OKボタン93をクリックする。なお、指示中の作業が「後段取中」であるとき、OKボタン93がクリックされると、後段取終了の旨が管理コンピュータ31に入力される。管理コンピュータ31は、この後段取終了入力を受け入れると(S3−3)、後段取終了日時を前記実績時間情報360に設定する(S3−4)。そして、管理コンピュータ31は、表示画面80の実行状態表示91に「生産終了」と表示させる(S3−5)。

0106

指示中の作業が「生産終了」であるとき、OKボタン93がクリックされると、加工内容表示82の次生産計画として表示されている次の指示についての表示画面80の表示要求が管理コンピュータ31に入力される。ここで、作業者がOKボタン93をクリックすると、管理コンピュータ31は、次の指示についての表示要求を受け入れる(S3−6)。そして、管理コンピュータ31は、加工内容表示82に表示されている指示識別子に対応する加工指示についての処理を終了する。

0107

なお、前段取がない場合(S1−8でNOの場合)、管理コンピュータ31は、前段取処理を行わずにステップS1−10に移る。また、後段取がない場合(S1−15でNOの場合)、管理コンピュータ31は、後段取処理を行わずに処理を終了する。

0108

次に、図18を用いて、不良報告166に対応する処理について説明する。管理コンピュータ31は、この処理を前記不良報告プログラムに従って行う。図18に示すように、管理コンピュータ31は、指示識別子で識別される、加工指示中の生産計画に対応する部品加工をすべて終了するまで(S5−1でYESとなるまで)、この処理を繰返す。

0109

不良発生の報告は、前記表示画面80において不良処理ボタン103をクリックすることにより行われる。この場合、作業用端末46は、不良発生データを管理コンピュータ31に送信する。また、表示画面110において不良報告を行うための指定ボックス114を選択して実績報告ボタン117をクリックすることによっても不良発生の報告が行われる。この場合も、作業用端末46は、不良発生データを管理コンピュータ31に送信する。つまり、管理コンピュータ31は、これらを不良発生報告の入力手段として提供する。

0110

管理コンピュータ31は、前記不良発生データを受信すると(S5−2でYESの場合)、指示識別子とともに現在日時を不良発生日時として設定した不良発生情報390を不良発生情報390に記録する(S5−3)。そして、管理コンピュータ31は、不良内容を入力するための入力手段としての不良報告画面を表示させるための不良報告画面表示データを作業用端末46に送信する。

0111

この詳細表示画面表示データを受信した作業用端末46には、図25に示す表示画面130が出力される。この表示画面130には、設備名表示131、指示識別子入力ボックス132、部品番号入力ボックス133、数量入力ボックス134、不良コード入力ボックス135、原因コード入力ボックス136、実績報告ボタン137、詳細ボタン138及び実行ボタン139が表示される。

0112

指示識別子入力ボックス132には、前記実績表示113において選択された生産計画の指示識別子が設定される。部品番号入力ボックス133には、前記生産計画の部品番号が生産計画情報340の部品番号に基づいて設定される。数量入力ボックス134には、不良の発生が検出された部品の数量が入力される。不良コード入力ボックス135には、不良内容を示す不良コードが入力される。原因コード入力ボックス136には、不良原因を示す原因コードが入力される。実績報告ボタン137は、前記実績報告画面(表示画面80)を表示させる場合に用いる。詳細ボタン138は、前記詳細画面(表示画面110)を表示させる場合に用いる。実行ボタン139は、表示画面130にて入力した内容を登録する場合に用いる。

0113

ここで、各入力ボックス132〜136に入力を行い、実行ボタン139をクリックすると、作業用端末46は、指示識別子、部品番号、数量、不良コード、原因コードからなる不良内容データを管理コンピュータ31に送信する。

0114

この不良内容データを受け入れると(S5−4でYESの場合)、管理コンピュータ31は、不良数等の記録を行う(S5−5)。具体的には、管理コンピュータ31は、不良内容データの数量、不良コード及び原因コードに基づいて、前述のようにして設定した不良発生情報390の対応する各項目を設定する。さらに、管理コンピュータ31は、不良コードに基づいて、不良コードと関連付けて不良コード情報記憶部(図示せず)に予め記録された不良内容を不良発生情報390に記録する。そして、管理コンピュータ31は、ステップS5−1に戻る。

0115

このようにして、不良報告166に対して1件の不良発生情報390が記録される。そして、管理コンピュータ31は、不良発生入力を受け入れる度に、ステップS5−3〜S5−5の処理を行って不良発生情報390を記録する。

0116

次に、図19を用いて、設備稼働報告167に対応する処理について説明する。管理コンピュータ31は、この処理を前記設備稼働報告プログラムに従って行う。

0117

設備停止を行う場合、作業者は、前記表示画面80において、停止/立下げボタン105をクリックする。これにより、作業用端末46は、停止/立下げ入力データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信し、停止/立下げ入力を受け入れる(S6−1)。そして、管理コンピュータ31は、設備停止/立下げ報告画面を表示させるための設備停止/立下げ報告画面表示データを管理コンピュータ31に送信する。

0118

この設備停止/立下げ報告画面表示データを受信した作業用端末46には、設備停止/立下げ報告のための表示画面(図示せず)が表示される。この表示画面では、「設備停止」又は「立下げ」の報告の別、停止理由及び加工設備識別子の入力が行われるようになっている。この表示画面において、これらの項目の入力を行うと、入力された情報が管理コンピュータ31に送信され、管理コンピュータ31は、それを受け入れる。そして、入力された報告が「設備停止」の場合(S6−2でYESの場合)、管理コンピュータ31は、停止開始日時等の記録及び設備状態の更新を行う(S6−3)。具体的には、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子及び停止理由と現在日時とに基づいて加工設備識別子、停止理由及び停止開始日時を設定した設備停止履歴情報400を設備停止履歴記憶部40に記録する。さらに、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「設備停止」を設定する。そして、管理コンピュータ31は、前記表示画面80の停止/立下げボタン105を、設備の稼働又は立下げのための稼働/立下げボタンに変更して前記表示画面80を更新する。すなわち、前記表示画面80において、停止/立下げボタン105の代わりに、稼働/立下げボタンが表示され、この稼働/立下げボタンがクリックされると、稼働/立下げ要求が入力されることとなる。

0119

一方、作業者は、設備が復旧し、又は、本日の加工が終了した場合、この稼働/立下げボタンをクリックする。これにより、作業用端末46は、稼働/立下げ入力データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、稼働/立下げ入力を受け入れる(S6−4)。そして、管理コンピュータ31は、設備稼働/立下げ報告画面を表示させるための設備稼働/立下げ報告画面表示データを管理コンピュータ31に送信する。

0120

この設備稼働/立下げ報告画面表示データを受信した作業用端末46には、設備稼働/立下げ報告のための表示画面(図示せず)が表示される。この表示画面では、「設備復旧」又は「本日の稼働終了」の報告の別、及び、加工設備識別子の入力が行われるようになっている。この表示画面において、これらの項目を入力すると、入力された情報が管理コンピュータ31に送信され、管理コンピュータ31は、それを受け入れる。そして、入力された報告が、「設備復旧」である場合(S6−5でYESの場合)、管理コンピュータ31は、停止終了日時等を記録し、設備状態を「設備稼働」に更新する(S6−6)。具体的には、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子により、停止終了日時が設定されていない設備停止履歴情報400を検索し、停止終了日時として現在日時を設定する。さらに、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「設備稼働」を設定する。

0121

一方、入力された報告が、「本日の稼働終了」である場合(S6−5でNOの場合)、管理コンピュータ31は、停止終了日時等を記録し、設備状態を「立下げ」に更新する(S6−7)。具体的には、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子により停止終了日時が設定されていない設備停止履歴情報400を検索し、停止終了日時として現在日時を設定する。さらに、管理コンピュータ31は、入力された加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「立下げ」を設定する。

0122

次に、管理コンピュータ31は、停止開始日時等の記録及び設備状態の更新を行う(S6−8)。具体的には、管理コンピュータ31は、加工識別子として前記加工設備識別子を、停止理由として「立下げ」を、停止開始日時として現在日時をそれぞれ設定した設備停止履歴情報400を設備停止履歴記憶部40に記録する。さらに、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「立下げ」を設定する。そして、管理コンピュータ31は、前記表示画面80の前記稼働/立下げボタンを、設備の立下げ完了を報告するための立下げ完了ボタンに変更して前記表示画面80を更新する。この立下げ完了ボタンがクリックされると、「立下げ完了」が入力されることとなる。

0123

作業者がこの立下げ完了ボタンをクリックすると、作業用端末46は、立下げ完了データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、この立下げ完了データを受信すると、立下げ完了入力を受け入れ(S6−9)、停止開始日時等を記録し、設備状態を「立下げ完了」に更新する(S6−10)。具体的には、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により停止終了日時が設定されていない設備停止履歴情報400を検索し、停止終了日時として現在日時を設定する。さらに、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「立下げ完了」を設定する。そして、管理コンピュータ31は、前記表示画面80の前記立下げ完了ボタンを、設備の立上げを報告するための立上げボタンに変更して前記表示画面80を更新する。この立上げボタンがクリックされると、「立上げ」が入力されることとなる。

0124

そして、このようにして立下げられた加工設備を再度立上げる場合、作業者は、表示画面80の前記立上げボタンをクリックする。作業者がこの立上げボタンをクリックすると、作業用端末46は、立上げデータを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、この立上げデータを受信すると、立上げ入力を受け入れ(S6−11)、停止終了日時を記録し、設備状態を「立上げ」に更新する(S6−12)。具体的には、管理コンピュータ31は、加工識別子として前記加工設備識別子を、停止理由として「立上げ」を、停止開始日時として現在日時をそれぞれ設定した設備停止履歴情報400を設備停止履歴記憶部40に記録する。さらに、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「立上げ」を設定する。そして、管理コンピュータ31は、前記表示画面80の前記立上げボタンを、設備の立上げ完了を報告するための立上げ完了ボタンに変更して前記表示画面80を更新する。この立上げ完了ボタンがクリックされると、「立上げ完了」が入力されることとなる。

0125

作業者がこの立上げ完了ボタンをクリックすると、作業用端末46は、立上げ完了データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、この立上げ完了データを受信すると、立上げ完了入力を受け入れ(S6−13)、停止開始日時等を記録し、設備状態を「立上げ完了」に更新する(S6−14)。具体的には、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により停止終了日時が設定されていない設備停止履歴情報400を検索し、停止終了日時として現在日時を設定する。さらに、管理コンピュータ31は、前記加工設備識別子により設備状態情報410を検索し、設備状態として「設備稼働」を設定する。そして、管理コンピュータ31は、前記表示画面80の前記立上げ完了ボタンを、設備の停止又は立下げを報告するための停止/立下げボタン105に変更して前記表示画面80を更新する。すなわち、前記表示画面80において、停止/立下げボタン105が表示される。このようにして、管理コンピュータ31は、停止/立下げ入力を受け入れてから、再度、加工設備が稼働するまでについて、設備稼働報告167に対応する処理を行い、処理を終了する。

0126

なお、ステップS6−2において、入力された報告が、「本日の加工終了」である場合(S6−2でNOの場合)、管理コンピュータ31は、ステップS6−8に移る。そして、管理コンピュータ31は、ステップS6−8〜S6−10の処理を行うことにより、立下げ完了までの加工設備の稼働状況の管理を行う。再度加工設備を稼働させる場合は、管理コンピュータ31は、ステップS6−11〜S6−14の処理を行うことにより、再度、加工設備が稼働するまでについて処理を行い、設備稼働報告167に対応する処理を終了する。

0127

上記のように、段取開始報告162、加工開始報告163、加工終了報告168、実績報告としての部品の完成報告165、不良報告166及び設備稼働報告167が行われる。そして、管理コンピュータ31は、これらの報告162、163、165〜168に基づいて各記憶部36〜41に記録された情報に基づいて、生産進度、品質及び生産性等を有する日報情報169を生成する。

0128

一方、管理者が、管理用端末47において、前記表示画面60で管理者メニュー選択ボタン62をクリックすると、管理用の表示画面(図示せず)が表示される。そして、その表示画面において、日報作成要求を入力すると、作業用端末46は、日報作成要求データを管理コンピュータ31に送信する。管理コンピュータ31は、これを受信すると、日報情報169を生成し、日報画面を表示するための日報画面表示データを管理用端末47に送信する。

0129

この日報画面表示データを受信した管理用端末47には、図27に示す表示画面150が表示される。この表示画面150には、作成日時表示151、生産実績表示152、品質表示153、加工表示154、段取表示155及び設備停止表示156が表示される。

0130

生産実績表示152には、部品番号、指示識別子、設備名、状態、計画数、完成数、過不足在庫累計過不足、不良数、計画保留及び実績保留が表示される。また、この生産実績表示152には、加工遅れについて、部品番号、指示識別子、設備名、状態、計画数、完成数、過不足数在庫数及び累計過不足数が表示される。ここで、部品番号、指示識別子、設備名及び計画数は、生産計画情報340の部品番号、指示識別子、加工設備識別子及び計画数に基づいて設定される。状態は、実績時間情報360の各日時の設定に基づいて設定される。完成数は、読取情報370の加工数量が指示識別子毎に加算されて設定される。過不足は、計画数と完成数との差である。在庫は、在庫情報記憶部(図示せず)に記録された在庫数に基づいて設定される。累計過不足は、現在までの過不足数の累計が算出され設定される。不良数は、不良発生情報390の不良数量が指示識別子毎に加算されて設定される。計画保留は、計画数に対する計画された保留を百分率で示し、図示しない記憶部に記憶された計画保留に基づいて設定される。実績保留は、実績数に対する保留の実績を百分率で示し、計画数及び不良数に基づいて設定される。

0131

品質表示153には、部品番号、設備名、不良内容、不良数、未処理数、月累積発生数、計画保留及び実績保留が表示される。ここで、部品番号及び設備名は、生産計画情報340の部品番号及び加工設備識別子に基づいて設定される。不良内容及び不良数は、不良発生情報390の不良内容及び不良数に基づいて設定される。未処理数は、発生した不良のうち、未処理であるものの数であり、不良の処理を行う度に図示しない記憶部に記憶された未処理数に基づいて設定される。月累積発生数は、月累積の不良の発生数であり、不良発生情報390の不良コード毎に、不良発生日時が当月であるものの数量が加算され設定される。計画保留は、計画された保留の数であり、図示しない記憶部に記憶された計画保留に基づいて設定される。実績保留は、保留の数の実績であり、未処理数に基づいて設定される。

0132

加工表示154には、加工の生産性について、加工設備毎に、部品番号、指示識別子、設備名、状態、計画時間、実績時間、計画時間と実績時間との差異、停止時間、計画タクト、実績タクト、及び、計画タクトと実績タクトとの差異が表示される。ここで、設備名、部品番号及び指示識別子は、生産計画情報340の加工設備識別子、部品番号及び指示識別子に基づいて設定される。状態は、実績時間情報360の各日時の設定に基づいて設定される。計画時間は、図示しない記憶部に記憶された計画時間に基づいて設定される。実績時間は、実績時間情報360の加工開始日時から加工終了日時までの時間が設定される。計画時間と実績時間との差異は、実績時間から計画時間を差し引いた時間が設定される。停止時間は、設備停止履歴情報400の停止開始日時及び停止終了日時に基づいて、実績時間情報360の加工開始日時から加工終了日時までの間の停止時間が算出され設定される。計画タクトは、生産計画毎の部品1個当たりの計画タクトであり、図示しない記憶部に記憶されている。実績タクトは、実績時間を実績数で割ることにより算出される。なお、実績数は、読取情報370の加工数量を指示識別子毎に加算することにより算出される。計画タクトと実績タクトとの差異は、実績タクトから計画タクトを差し引くことにより算出される。

0133

管理コンピュータ31は、さらに、実績時間情報360の加工開始日時及び加工終了日時と設備停止履歴情報400の停止開始日時及び停止終了日時とに基づいて、実績時間から停止時間を差し引いた正味の加工時間を算出する。また、管理コンピュータ31は、前記正味の加工時間を実績数で割ることにより、加工タクトを算出する。管理コンピュータ31は、算出した正味の加工時間及び加工タクトを日報情報として記憶し、図示しない表示画面にて表示させる。

0134

段取表示155には、前段取及び後段取それぞれについて、加工設備毎に、部品番号、指示識別子、設備名、状態、計画時間、実績時間、及び、計画時間と実績時間との差異が表示される。ここで、設備名、部品番号及び指示識別子は、生産計画情報340の加工設備識別子、部品番号及び指示識別子に基づいて設定される。状態は、実績時間情報360の各日時の設定に基づいて設定される。計画時間は、図示しない記憶部に記憶された計画時間に基づいて設定される。実績時間については、実績時間情報360の前段取開始日時から前段取終了日時までの時間が前段取の実績時間として、後段取開始日時から後段取終了日時までの時間が後段取の実績時間としてそれぞれ設定される。計画時間と実績時間との差異は、実績時間から計画時間を差し引いた時間が設定される。

0135

設備停止表示156には、加工設備毎に、設備名、停止理由、停止開始時刻、停止終了時刻及び停止時間が表示される。設備名、停止理由、停止開始時刻及び停止終了時刻は、設備停止履歴記憶部40の加工設備識別子、停止理由、停止開始日時及び停止終了日時に基づいて設定される。停止時間は、停止開始時刻から停止終了時刻までの時間が設定される。

0136

管理者は、この表示画面150に表示される情報に基づいて、生産計画どおりに部品加工が行われているかどうかを確認し、生産計画どおりに部品加工が行える環境を整備する。例えば、管理者は、計画数に対する完成数過不足のチェックを、遅れの原因のチェックや進みの原因のチェックによって行う。遅れの原因については、管理者は、例えば、累計した遅れなのかを「月累計過不足」により、品質トラブルによる遅れなのかを「不良数」により、設備トラブルによる遅れなのかを「停止時間」によりそれぞれ判断する。また、管理者は、段取トラブルによる遅れなのかを「段取についての実績時間」により、計画段取時間が違うのかを「計画タクトと実績タクトとの差異」により、それぞれ判断する。進みの原因については、管理者は、例えば、計画で設定された保留まりを超える保留まりで加工が行われているかを「計画保留」及び「実績保留」により判断する。また、管理者は、計画タクトより早く加工が行われているかを「計画タクトと実績タクトとの差異」により、計画された段取時間より早く作業が行われているかを「段取の計画時間と実績時間との差異」により、それぞれ判断する。

0137

また、管理者は、生産計画どおりに加工を行うため、また、生産性の向上のために改善ポテンシャル抽出評価を行う。例えば、管理者は、加工タクトの向上のために「実績タクト」を、段取時間の短縮のために「段取の実績時間」を、品質の向上のために「実績保留」を、設備停止の軽減のために「停止時間」を、それぞれ評価する。

0138

また、管理者は、実績に基づいた基準値日程立案に反映させる。具体的には、段取についての計画時間に「段取の実績時間」を、計画タクトに「実績タクト」を、計画保留に「実績保留」をそれぞれ反映させる。また、管理者は、「在庫」及び「未処理数」に基づいて、完成品在庫数及び判定待ち在庫数の把握及び在庫についての早期処置を図る。

0139

さらに、管理コンピュータ31は、各報告162、163、165〜168に基づいて各記憶部36〜41に記録された情報に基づいて、生産計画に前記各報告162、163、165〜168による情報を反映させる。

0140

以上、本実施形態によれば、以下に示す効果を得ることができる。
・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、収納箱164の部品の収納可能数と計画数とから、必要な収納箱164の数量を算出し、指示識別子毎に連番の収納箱識別子が付与された包装カード140を出力させる。このため、必要な収納箱164毎に収納識別子を付与でき、包装カード140により収納箱164毎に部品の完成報告165を行うことができる。

0141

・ 上記の実施形態では、包装カード140に印刷されたバーコード149に記録された指示識別子、収納箱識別子及び計画数についての情報を読み取り、その読取時間とともに記録する。このため、指示識別子、収納箱識別子、計画数及びその入力時間についての入力作業を簡略化できる。

0142

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、指示識別子毎に実績時間情報360を記録する。このため、指示識別子毎に実行状態を把握できる。
・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、実績時間情報360の各日時の設定に基づいて、OKボタン93の機能を変化させる。このため、オペレーションが簡略化され、また、間違った入力が行われるのを防ぐことができる。

0143

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、加工情報330の前段取有無及び後段取有無に基づいて、前段取及び後段取がそれぞれあるかどうかを判断する。このため、段取がある工程のみで段取指示を行うことができる。

0144

・ 上記の実施形態では、表示画面80において、指示中の生産計画について、生産計画数及び作業実績数が表示される。また、表示画面110において、指示それぞれにつて、計画数及び作業実績数が表示される。このため、作業者は、指示識別子毎に実績数の把握や実績数の計画数との比較ができる。

0145

・ 上記の実施形態では、読取情報370の読取日時の差を算出することにより、収納箱164毎の実績時間を取得する。このため、収納箱164毎の実績時間を別に入力しなくても、収納箱164毎の実績時間を取得できる。

0146

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、未読ボタン83による未読確認入力に対応して、未読のバーコード149があるかどうかをチェックする。このため、バーコード149の読取による実績報告に漏れが生じるのを防ぐことができる。

0147

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、表示画面80又は表示画面110において不良発生報告が入力された日時を不良発生情報390の不良発生日時として記録する。このため、より正確な日時を不良発生日時として記録できる。また、不良発生日時の把握により品質管理に役立てることができる。さらに、不良発生日時と、包装カード140の読取日時との比較により、どの収納箱164に収納した部品の加工中に不良が発生したのかを把握できる。

0148

・ 上記の実施形態では、不良内容を不良コードと関連付けて記憶し、コード化されていない不良内容が入力された場合、管理コンピュータ31は、その不良内容に関連付けて新たな不良コードを付与する。このため、不良コードにより不良内容の入力操作を簡略化できる。

0149

・ 上記の実施形態では、加工設備識別子毎に設備停止履歴情報400を記録する。このため、加工設備毎に停止理由及び停止時間を把握できる。また、生産計画に反映させるためのデータを蓄積できる。また、加工が中断した場合でも、加工設備の停止時間を差し引くことで、正味の加工時間を算出できる。

0150

・ 上記の実施形態では、前段取、加工処理及び後段取それぞれについて、開始時刻と終了時刻を実績時間記憶部36に記録する。このため、前段取、加工処理及び後段取それぞれについて稼働時間を把握できる。

0151

・ 上記の実施形態では、計画日、加工設備及び部品番号毎に指示識別子を付与する。このため、所定の加工設備を使用した所定期間(1日)の部品加工計画について、部品加工工程の管理を行うことができる。

0152

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、加工設備の状態により、表示画面80の停止/立下げボタン105の仕様を変更する。このため、設備の稼働報告の入力操作が簡略化される。

0153

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、日報情報169を自動生成し、生産日報を示す表示画面150を表示させる。このため、生産日報の表示により、蓄積されたデータが把握できる。具体的には、指示識別子毎の生産実績、計画に対し遅れている指示、不良の発生状況等が把握できる。また、指示識別子毎に1個毎の実績タクトを計画タクトと比較でき、生産性を検討できる。また、指示識別子毎の段取時間が把握でき、生産計画の段取時間と比較できる。さらに、設備の停止状況が把握できる。

0154

なお、上記実施形態は、以下の態様に変更してもよい。
・ 上記の実施形態では、読取情報370を記録する際に、加工時間の算出及び加工時間情報380の記録を行ったが、加工時間の算出及び加工時間情報380の記録は、読取情報370が記録された後であれば、いつ行ってもよい。例えば、加工時間の算出及び加工時間情報380の記録は、日報作成の際に行ってもよい。この場合、読取日時により実績入力の順番を判断してもよい。

0155

・ 上記の実施形態では、不良コードを表示画面130において入力した。これに代えて、不良コードをバーコード149化して一覧表示し、不良コードの入力は、その一覧表示されたバーコード149を読み取ることによって行ってもよい。この場合、発生した不良内容に対応する不良コードが存在しない場合、不良内容の入力手段を設け、入力された不良内容に対応する不良コードを管理コンピュータ31が付与してもよい。そして、管理コンピュータ31が、その不良コードの情報を記録したバーコード149を出力し、同様の不良が発生した場合は、バーコード149を読み取ることによって、不良コードの入力を行ってもよい。このようにすることで、作業者による不良報告の入力作業を簡略化できる。

0156

・ 上記の実施形態では、管理コンピュータ31は、日報情報169を生成して表示画面150を表示させた。出力する生産日報の項目は、表示画面150に含まれる項目に限られず、記憶部31〜41及び図示しない記憶部に記憶された情報に基づいて求められるものであって部品加工工程管理に関するものであれば、どのようなものであってもよい。例えば、単位個数当たりの加工時間、不良率設備毎の生産性(設備毎の単位個数当たりの加工時間)を求めてもよい。このようにすることで、取得した情報を有効に利用でき、生産計画の立案に活用することで、より生産性を高くすることができる。

0157

・ 上記の実施形態では、収納箱164毎に包装カードを発行して、実績報告を収納箱164単位で行ったが、実績報告を行う完成部品の単位は、完成部品をまとめて取扱う単位であれば、どのようなものであってもよい。例えば、その他の収納手段に収納される単位毎に実績報告を行ってもよい。

0158

・ 上記の実施形態では、部品が完成した後、作業者が完成部品を収納箱164に収納したが、完成部品の収納箱164への収納及び実績入力は、自動化してもよい。

0159

・ 上記の実施形態では、1日毎に指示識別子を付与した。これに代えて、より長い期間、又は、より短い期間に対応して指示識別子を付与してもよい。
・ 上記の実施形態では、バーコード149の読取等による実績入力のチェックがOKでない場合、又は、バーコード149の未読チェックの結果、未読があった場合、作業用端末46に警告を表示させた。これらの場合、他の手段で警告を出力させてもよい。例えば、警告音を発生させてもよい。

0160

・ 上記の実施形態では、生産管理サーバ30と作業用端末46及び管理用端末47とをネットワーク45で接続した。このネットワーク45は、LAN、WAN専用線公衆回線インターネットイントラネットエクストラネット広域エリアネットワーク)を用いてもよい。

0161

・ 上記の実施形態では、生産管理サーバ30に記憶部31〜41を設定したが、各記憶部31〜41は、分けて別の場所に設定してもよい。

発明の効果

0162

以上詳述したように、本発明によれば、部品加工の進度をよりリアルタイムに近い状態で把握できる。

図面の簡単な説明

0163

図1本発明の一実施形態の処理の概略図。
図2本発明の一実施形態のシステム概略図。
図3収納可能数情報記憶部に記憶されたデータの説明図。
図4加工情報記憶部に記憶されたデータの説明図。
図5生産計画記憶部に記憶されたデータの説明図。
図6収納箱情報記憶部に記憶されたデータの説明図。
図7実績時間記憶部に記憶されたデータの説明図。
図8読取情報記憶部に記憶されたデータの説明図。
図9加工時間記憶部に記憶されたデータの説明図。
図10不良発生情報記憶部に記憶されたデータの説明図。
図11設備停止履歴記憶部に記憶されたデータの説明図。
図12設備状態記憶部に記憶されたデータの説明図。
図13実行指示識別子記憶部に記憶されたデータの説明図。
図14本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図15本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図16本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図17本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図18本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図19本発明の一実施形態の処理手順の説明図。
図20作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図21作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図22作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図23作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図24作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図25作業用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。
図26包装カードの説明図。
図27管理用端末の表示手段に出力される表示画面の説明図。

--

0164

31…管理コンピュータ、34…部品加工計画記憶手段としての生産計画記憶部、36…開始時刻記憶手段及び開始終了時刻記憶手段としての実績時間記憶部、37…報告時刻記憶手段としての読取情報記憶部、35…収納箱識別子記憶手段としての収納箱情報記憶部、39…不良発生情報記憶手段としての不良発生情報記憶部、40…加工中断開始時刻記憶手段及び加工再開時刻記憶手段としての設備停止履歴記憶部、42…実行指示識別子記憶手段としての実行指示識別子記憶部。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電産株式会社の「 設備管理システム、設備管理方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】共通の生産工程に使用する複数の設備の稼動状況を監視するときに、設備の違いによる煩雑さを生じさせないようにする。【解決手段】本発明の一実施形態は、第1設備と、第2設備と、第1設備および第2設備の... 詳細

  • ファナック株式会社の「 更新システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】より容易にソフトウェアの更新可能な更新システムを提供する。【解決手段】数値制御装置に設定されているソフトウェアを新たなソフトウェアに更新する更新システムであって、数値制御装置が保持する固有の情... 詳細

  • ダイキン工業株式会社の「 目標未達情報提示システム及び目標未達情報提示プログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】原因の分析の精度を向上する。【解決手段】目標未達情報提示システム(1)は、目標設定部(21)と、データ取得部(22)と、情報提示部(23)とを備える。目標設定部(21)は、所定のテーマに対して... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ