図面 (/)

技術 単語学習カード、単語学習システム、単語学習方法および単語学習用コンピュータプログラム

出願人 株式会社東京放送ホールディングス
発明者 和田法子大塚誠次郎土屋努
出願日 2002年2月13日 (18年10ヶ月経過) 出願番号 2002-036062
公開日 2003年8月29日 (17年4ヶ月経過) 公開番号 2003-241631
状態 拒絶査定
技術分野 電気的に作動する教習具 音声の分析・合成
主要キーワード アニメーションキャラクター 全力疾走 マーキング箇所 漫画キャラクター 文字面 集会場 英単語学習 習得度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

手法の進歩に乏しい従前の単語学習方法を改善し、単語の学習効果をより高めることのできる単語学カード単語学習システム等を提供する。

解決手段

単語学習カード1の表示枠2を構成する複数のマス3に、学習対象英単語3aだけでなく、それと観念的な関連付けがなされた図柄3bを併せて表示し、イメージによる単語の定着力を高めるようにした。また、単語の頭文字群4a〜4eをアルファベット順で配置したので、アルファベット習得に便利で学習の集中力も向上する。さらに、単語学習カード1と表示枠2に配置した英単語3aに関するアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、表示枠内に配置した単語の発音を含む音声を出力する音声出力手段と、を備える単語学習システムとして、音声付きアニメーションにより英単語の学習効果を高めた。

概要

背景

概要

手法の進歩に乏しい従前の単語学習方法を改善し、単語の学習効果をより高めることのできる単語学カード単語学習システム等を提供する。

単語学習カード1の表示枠2を構成する複数のマス3に、学習対象英単語3aだけでなく、それと観念的な関連付けがなされた図柄3bを併せて表示し、イメージによる単語の定着力を高めるようにした。また、単語の頭文字群4a〜4eをアルファベット順で配置したので、アルファベット習得に便利で学習の集中力も向上する。さらに、単語学習カード1と表示枠2に配置した英単語3aに関するアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、表示枠内に配置した単語の発音を含む音声を出力する音声出力手段と、を備える単語学習システムとして、音声付きアニメーションにより英単語の学習効果を高めた。

目的

この発明は、進歩に乏しい従前の単語の学習方法を改善すべく鋭意研究を重ねて得られたものであって、その目的は、単語の学習効果を高めることができる単語学習カード、単語学習システム、単語学習方法、単語学習用のコンピュータプログラムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

言語の単語学習をビンゴゲーム方式で行うのに用いられ、複数の行および列からなるマトリックス状の表示枠を有する単語学習カードであって、表示枠を構成する複数のマス内に、それぞれ学習対象の単語と、当該単語と観念的な関連付けがなされた図柄と、を併せて表示した単語学習カード。

請求項2

表示枠の行数または列数同数となるように、学習対象とする単語についてその頭文字文字順にしたがって複数の異なる頭文字を一纏まりとした複数の頭文字群を設定し、各頭文字群を異なる行または列に割り当てて当該行または列を構成するマス内に単語を配置した請求項1記載の単語学習カード。

請求項3

請求項1または請求項2記載の単語学習カードと表示枠内に配置した単語に関するアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、表示枠内に配置した単語の発音を含む音声を出力する音声出力手段と、を備える単語学習システム

請求項4

学習者の人数に応じて学習対象の総単語数を決定し、表示枠内に配置した単語配列が異なるように複数の単語学習カードをディジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段を備える請求項3記載の単語学習システム。

請求項5

すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段を備える請求項3または請求項4記載の単語学習システム。

請求項6

請求項1または請求項2記載の複数の単語学習カードをデジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段と、デジタルデータとしての前記単語学習カードと選択された単語に関する動画像データと当該単語の発音を含む音声データとをデータ伝達媒体を通じて送出するデータ送出手段と、を有する学習マネージャ端末と、該学習マネージャ端末と該データ伝達媒体を通じて相互接続可能に構成された学習者端末と、を備える単語学習システムであって、学習マネージャ端末か学習者端末の何れかが、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段、前記動画像データの表示手段、前記音声データの音声出力手段の少なくとも何れかを有しており、該単語学習選択手段によって特定の単語が選択されると、該表示手段と音声出力手段によって選択された単語の音声付きアニメーションを出力するようになっている単語学習システム。

請求項7

請求項1または請求項2記載の複数の単語学習カードを用いビンゴゲーム方式で行う単語学習方法であって、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する学習マネージャ装置が特定の単語をランダムに選択する過程と、学習マネージャ装置が、選択された単語に関する動画像データを表示装置に送出すると共に選択された単語の発音を含む音声データを音声出力装置に送出する過程と、前記表示装置と音声出力装置が音声付きアニメーションを出力する過程と、を含むものである単語学習方法。

請求項8

コンピュータを、請求項1または請求項2記載の単語学習カードをデジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段、デジタルデータとして生成されたすべての前記単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段、選択された単語に関連する動画像データと当該単語の発音を含む音声データを音声付きアニメーションとして再生する再生手段、として機能させるための単語学習用コンピュータプログラム

技術分野

0001

この発明は、英語やドイツ語、フランス語、日本語などの言語の単語学習に好適な単語学習システムに関するものである。

背景技術

0002

英語やドイツ語、フランス語、日本語などの言語の単語を学習する方法については、従来から効果的な学習方法が存在していないのが現状であり、例えば学習教材用の教科書のような書籍を読み、そこに記載されている不知の単語を一つ一つ学習者が自ら辞書をひいてその意味内容を知得するような学習方法が一般的である。ところが、こうした学習方法では、学習者が自ら辞書をひいてその意味内容を調べるための労力がたいへん大きく負担が重い。また、労力が大きく負担が重いわりには、意味内容を辞書の文字面を追って知得するものであるため、何度も同じ単語について辞書をひかないと記憶として定着し難い。そして、こうした負担を克服して意味内容を知得できたとしても、書籍が単語の正確な発音音声で教示してくれる訳ではないため、正確な発音まで習得することは難しいのが実際である。この場合には、その書籍について発音が収録されたテープやCDなどが別途用意されていれば、それを聴いて正確な発音を習得することも可能であるが、発音を聴きながら書籍の文字面を追っていくだけでは変化に乏しく学習者も飽き易い。

発明が解決しようとする課題

0003

この発明は、進歩に乏しい従前の単語の学習方法を改善すべく鋭意研究を重ねて得られたものであって、その目的は、単語の学習効果を高めることができる単語学習カード、単語学習システム、単語学習方法、単語学習用のコンピュータプログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0004

即ち、上記目的を達成する本発明は、言語の単語学習をビンゴゲーム方式で行うのに用いられ、複数の行および列からなるマトリックス状の表示枠を有する単語学習カードについて、表示枠を構成する複数のマス内に、それぞれ学習対象の単語と、当該単語と観念的な関連付けがなされた図柄と、を併せて表示したものである。

0005

このように各マス内に単語の綴りだけでなく、その単語と観念的な関連付けがある図柄が併せて表示されていると、図柄のイメージによって単語の定着力を高めることができ、学習効果を高めることができる。

0006

また、本発明は、言語の単語学習をビンゴゲーム方式で行うのに用いられ、複数の行および列からなるマトリックス状の表示枠を有する単語学習カードであって、表示枠の行数または列数同数となるように、学習対象とする単語についてその頭文字文字順にしたがって複数の異なる頭文字を一纏まりとした複数の頭文字群を設定し、各頭文字群を異なる行または列に割り当てて当該行または列を構成するマス内に単語を配置した単語学習カードを提供する。

0007

この単語学習カードは、英語、ドイツ語、フランス語、日本語のような言語の単語学習をビンゴゲーム方式で行うのに使用される。ビンゴゲームとは、マトリックス状の表示枠内に所定の数字ランダムに配置したビンゴカードを使用して行われ、ランダムに選択される数字が自己所持するビンゴカード内の数字と一致するかを確認し、一致する数字によって所定の配列を完成させる早さを競うゲームである。本発明の単語学習カードは、その数字に換えて複数の行および列からなるマトリックス状の表示枠に学習対象とする単語を配置したものである。したがって、この単語学習カードを利用してビンゴゲーム方式で単語学習を行えば、楽しく単語学習を行うことができ、学習効果を高めることができる。

0008

また、この単語学習カードは、表示枠の行数または列数と同数となるように、学習対象とする単語についてその頭文字の文字順にしたがって複数の異なる頭文字を一纏まりとした複数の頭文字群を設定し、各頭文字群を異なる行または列に割り当てて当該行または列を構成するマス内に単語を配置したものである。例えば、学習対象とする単語が英単語であって表示枠が5行5列の場合を例にとると、その頭文字の文字順、即ちアルファベット順にしたがって第1頭文字群「A〜E」、第2頭文字群「F〜J」、第3頭文字群「K〜O」、第4頭文字群「P〜T」、第5頭文字群「U〜Z」といった具合に、複数の異なる頭文字を一纏まりとした複数の頭文字群が設定される。そして、各頭文字群は、各頭文字群を異なる行または列に割り当てられており、当該行または列を構成するマス内には学習対象とする単語が配置される。具体的には、第1頭文字群を「A〜E」としこれに属する英単語は5行5列の表示部における最も左にある第1列に、第2頭文字群を「F〜J」としこれに属する英単語はその隣の第2列に、第3頭文字群を「K〜O」としこれに属する英単語は第2列の右隣りの第3列に、といった具合に割り当てられる。したがって、学習対象とする英単語のアルファベット順を容易に習得することができる。また、このように列や行ごとに割り当てられる単語の頭文字が予め分かっているため、学習者の集中力を向上させることもできる。

0009

さらに本発明は、前記単語学習カードと表示枠内に配置した単語に関するアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、表示枠内に配置した単語の発音を含む音声を出力する音声出力手段と、を備える単語学習システムを提供する。

0010

この単語学習システムによれば、前述した単語学習カードの作用効果に加えて、単語学習カードと表示枠内に配置した単語に関するアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、表示枠内に配置した単語の発音を含む音声を出力する音声出力手段と、を備えるので、音声付きのアニメーションによって学習対象の単語を学習者の視覚聴覚にうったえて強烈に印象付けることができるから、単語が学習者の記憶に定着し易く学習効果を向上できる。

0011

また本発明は、上記単語学習システムについて、学習者の人数に応じて学習対象の総単語数を決定し、表示枠内に配置した単語配列が異なるように複数の単語学習カードをディジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段を備えるものとした。

0012

これによれば、学習者の人数に応じて単語学習カードを作成することができて便利である。そして、例えば初級、中級、上級といった学習レベルに応じて学習対象とする単語の難易度可変的に設定できるようにし、学習者の人数に応じて学習対象の総単語数を決定すれば、単語の習得度に合わせたより効果的な単語学習を行うことができる。

0013

さらに本発明は、上記単語学習システムについて、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段を備えるものとした。

0014

これによれば、単語選択手段によって単語がランダムに選択されるので、単語学習をビンゴゲーム方式で運試し的に楽しく行うことができるので、学習効果が更に高まる。

0015

また、本発明は、上記目的を達成すべく別の単語学習システムを提供する。即ち、この単語学習システムは、学習者の人数に応じて学習対象とする総単語数を決定し、複数の行および列からなるマトリックス状の表示枠内に単語を配置した複数の単語学習カードを各カードどうしで単語配列が異なるようにディジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段と、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段と、ディジタルデータとして生成された単語学習カードと、単語選択手段が選択した単語と観念的な関連付けがなされたアニメーションとを表示画面に表示する表示手段と、単語選択手段が選択した単語についての発音を含めて前記アニメーションの音声を出力する音声出力手段と、を備えるものである。

0016

これによれば、前記単語学習カード生成手段によって学習者の人数に応じて単語学習カードを作成することができて便利であり、前記単語選択手段によって単語がランダムに選択されることで単語学習を運試し的に楽しく行うことができ、前記表示手段と音声出力手段によって、音声付きのアニメーションで学習対象の単語を学習者の視覚と聴覚にうったえて強烈に印象付けることができるから、単語が学習者の記憶に定着し易くなって学習効果を向上できる。

0017

この単語学習システムについては、単語学習カード生成手段、単語選択手段、表示手段および音声出力手段が、例えばパーソナルコンピュータテレビ放送受信装置等のような単一の機器に全て備えるシステム構成としてもよいし、あるいはデータ通信可能に接続される複数の機器に分散したシステム構成としてもよい。

0018

さらに、本発明は、上記目的を達成するために、前記複数の単語学習カードをデジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段と、デジタルデータとしての前記単語学習カードと選択された単語に関する動画像データと当該単語の発音を含む音声データとをデータ伝達媒体送出するデータ送出手段と、を有する学習マネージャ端末と、該学習マネージャ端末と該データ伝達媒体を通じて相互接続可能に構成された複数の学習者端末と、を備える単語学習システムであって、学習マネージャ端末か学習者端末の何れかが、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段、前記動画像データの表示手段、前記音声データの音声出力手段の少なくとも何れかを有しており、該単語学習選択手段によって特定の単語が選択されると、該表示手段と音声出力手段によって選択された単語の音声付きアニメーションを出力するようになっている単語学習システムを提供する。

0019

この単語学習システムでは、学習マネージャ端末が、前記複数の単語学習カードをデジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段と、デジタルデータとしての前記単語学習カードと選択された単語に関する動画像データと当該単語の発音を含む音声データとを、LAN、WANインターネット網といった有線無線公衆ネットワーク専用ネットワークを利用した通信ステムや、地上波衛星波ケーブル等の双方向CATVディジタル放送波を利用した放送システムのような各種のデータ伝達媒体を通じて送出するデータ送出手段を備えており、複数の学習者端末が学習マネージャ端末と該データ伝達媒体を介して相互接続可能に構成されている。そして、学習マネージャ端末か学習者端末の何れかが、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段、前記動画像データの表示手段、前記音声データの音声出力手段の少なくとも何れかを有しており、該単語学習選択手段によって特定の単語が選択されると、該表示手段と音声出力手段によって選択された単語の音声付きアニメーションを出力するようになっている。したがって、前述した単語学習カードの作用・効果に加えて、前記単語学習カード生成手段によって学習者の人数に応じて単語学習カードを作成することができて便利であり、前記単語選択手段によって単語がランダムに選択されることで単語学習をビンゴゲーム方式で運試し的に楽しく行うことができ、前記表示手段と音声出力手段によって、音声付きのアニメーションで学習対象の単語を学習者の視覚と聴覚にうったえて強烈に印象付けることができるから、単語が学習者の記憶に定着し易くなって単語の学習効果を向上できる。

0020

そして、上記単語学習システムについては、学習者端末が、学習マネージャ端末から受信した単語学習カードデータ紙製または合成樹脂製のカードに印刷する手段を更に有するものとして構成できる。

0021

これによれば、学習者が単語学習カードを所持していなくても、プリントアウトすることができるので、その場で学習者の人数に合わせて単語学習カードを用意することができて便利である。

0022

さらに本発明は、前記単語学習カードを複数枚使用してビンゴゲーム方式で行う単語学習方法であって、すべての単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する学習マネージャ装置が特定の単語をランダムに選択する過程と、学習マネージャ装置が、選択された単語に関する動画像データを表示装置に送出すると共に選択された単語の発音を含む音声データを音声出力装置に送出する過程と、前記表示装置と音声出力装置が音声付きアニメーションを出力する過程と、を含むものである単語学習方法を提供するものである。

0023

この単語学習方法では、前述した単語学習カードの作用・効果に加えて、前記単語をランダムに選択する過程によって単語学習をビンゴゲーム方式で運試し的に楽しく行うことができ、前記表示装置と音声出力装置が音声付きアニメーションを出力する過程によって学習対象の単語を学習者の視覚と聴覚にうったえて強烈に印象付けることができるから、単語が学習者の記憶に定着し易くなって単語の学習効果を向上できる。

0024

以上のような本発明による単語学習方法や単語学習システムについては、様々な態様で実施することができる。その実施態様の一つとしては、例えば家庭英会話教室などで、その場に備えるパーソナルコンピュータを「学習マネージャ装置」として機能させると共に、該パーソナルコンピュータに付属するディスプレイを「表示装置」として、また該パーソナルコンピュータに付属するスピーカを「音声出力装置」として機能させて実施するモデルがある。

0025

また、他の実施態様としては、例えば複数のパーソナルコンピュータを備える学校の教室などで、教師用のパーソナルコンピュータを「学習マネージャ装置」「学習マネージャ端末」として機能させると共に、各生徒用のパーソナルコンピュータに付属するディスプレイや教師用のパーソナルコンピュータに接続されたプロジェクターなどを「表示装置」「表示手段」として、また教師用のパーソナルコンピュータに接続された教室のオーディオシステムを「音声出力装置」「音声出力装置」として機能させて実施するモデルがある。

0026

更に他の実施態様としては、例えば放送局放送設備に付属するコンピュータホームページを提供するWebサーバ端末などを「学習マネージャ装置」「学習マネージャ端末」として機能させると共に、家庭内などに備えるデジタルテレビ装置、パーソナルコンピュータ、PDA、携帯電話等のような受信装置に付属するディスプレイを「表示装置」「表示手段」として、またそれらに付属するスピーカを「音声出力装置」「音声出力手段」として機能させて実施してもよい。

0027

そして、本発明は、上記目的を達成すべく、コンピュータを、前記単語学習カードをデジタルデータとして生成する単語学習カード生成手段、デジタルデータとして生成されたすべての前記単語学習カードに配置した単語の中から特定の単語をランダムに選択する単語選択手段、選択された単語に関連する動画像データと当該単語の発音を含む音声データを音声付きアニメーションとして再生する再生手段、として機能させるための単語学習用コンピュータプログラムを提供する。

0028

また、この単語学習用コンピュータプログラムについては、デジタルデータとして生成された単語学習カードを印刷装置によって紙製または合成樹脂製のカードに印刷させる手段として前記コンピュータを機能させるようにしたものとして構成するとよい。

発明を実施するための最良の形態

0029

以下、本発明の実施形態を図面を参照しつつ説明する。なお、各実施形態で共通する符号については同一の符号を付して重複説明を省略する。

0030

単語学習カードの構成〔図1

0031

この実施形態の単語学習カード1は厚紙に印刷を施して形成されたもので、英単語の学習用である。単語学習カード1には、5行5列のマトリックス状の表示枠2を設けてある。表示枠2には、合計で25のマス3があり、各マス3には英単語3aと、この各英単語を観念的に想起させるような図示せぬ図柄が描かれた図枠3bが設けてある。この図枠3bに描かれる図柄としては、人を描いた漫画キャラクターや、生物や物を擬人化した漫画キャラクターが描かれており、非常に親しみがわいて学習者の記憶に残りやすい図柄となっている。

0032

表示枠2の第1列2a、第2列2b、第3列2c、第4列2d、第5列2eは、各列2a〜2eがそれぞれ一纏まりであることを学習者が直感的にイメージとして知得できるように、それぞれ順に白色、青色、赤色、緑色、黄色の着色が施されている。この着色の順序BS対応のテレビ装置操作リモコン押釦の着色の順序と同じである。

0033

そして、第1行にある各列2a〜2eのマス3の上方には、各列2a〜2eに配置されている英単語の頭文字群4a〜4eが表記されている。この頭文字群4a〜4eは、頭文字の文字順、即ちこの実施形態ではアルファベット順にしたがって異なる頭文字を一纏まりにしたもので、第1の頭文字群4aには頭文字「AB C D E」が、第2の頭文字群4bには頭文字「F G H I J」が、第3の頭文字群4cには頭文字「K L M N O」が、第4の頭文字群4dには頭文字「P Q R S T U」が、第5の頭文字群4eには残余の頭文字「U V WX Y Z」がそれぞれ表記されている。このようにアルファベット順の頭文字群4a〜4eを各列2a〜2eに併記し、前述のように各列2a〜2eごとに着色を異ならせてあるため、特に幼児や英単語の初学者がアルファベット順を容易に習得できるようになっている。

0034

以上のような単語学習カード1を使用して英単語学習を進めるには、この実施形態ではランダムに選択された英単語と同じ英単語が表示されているマス3に図示せぬ選択済みシールを貼り付けるようにする。そして、縦、横、斜めで5つの選択済みシールが直線状に揃ったらビンゴゲームにおけるのと同様に“ビンゴ”が成立する。なお、シールではなく、マス3にミシン目を設けておき、そのミシン目でマス3に穴を開けて英単語が選択済みであることを示すようにしてもよい。

0035

次に、以上のような単語学習カード1を使用して行う英単語学習方法、英単語学習システム、英単語学習用コンピュータプログラムの実施形態について説明する。

0036

第1実施形態〔図2図5〕 ;図2は、例えば家庭や集会場などのような特定の場所に学習者が集合し、単語学習カード1を使って英単語学習を行う場合の実施形態である。

0037

5はパーソナルコンピュータで、これには周辺装置であるディスプレイ装置6、スピーカ装置7、キーボード8、プリンタ9が接続されている。学習者S1,S2,S3が所持しているのが単語学習カード1である。なお、各学習者S1,S2,S3が所持する単語学習カード1は、それぞれ表示枠2に配置した英単語3aがそれぞれ異なった内容となっている。

0038

パーソナルコンピュータ5と周辺装置とを機能ブロック図で表すと図3のとおりで、パーソナルコンピュータ5にはシステム全体やプログラムの実行を司る制御演算装置5aと、主記憶装置5bを含むCPU5cが搭載されている。CPU5cは、入出力チャネル5dを介してハードディスクのような補助記憶装置5eに接続されている。本実施形態の単語学習用コンピュータプログラム10はここに格納されている。また入出力チャネル5dには、前述のディスプレイ装置6、スピーカ装置7、キーボードやマウスといった入力装置8、プリンタ9が、それぞれに内蔵する図示せぬ入力制御装置出力制御装置を介して接続されている。

0039

このようなハード構成の英単語学習システムでは、補助記憶装置5eに格納されている英単語学習用コンピュータプログラム10がCPU5cの制御演算装置5aにより主記憶装置5bに読み出されて所定の命令演算が実行されることで、パーソナルコンピュータ5を「学習マネージャ端末」、CPU5cを「単語学習カード生成手段」「データ送出手段」「単語選択手段」「再生手段」として機能させるようになっている。

0040

次に、実際の英単語学習方法について説明する。

0041

まず、マウス8bを操作して英単語学習用コンピュータプログラム10を起動する。英単語学習用コンピュータプログラム10がCPU5cにより実行されると、初期画面が「表示装置」「表示手段」としてのディスプレイ装置6に表示される。そして、初期画面の学習開始ボタンを選択すると、英単語学習の開始であるが、ここでは予め学習者S1〜S3が英単語学習カード1を所持しておらず、該カード1を生成する過程から説明する。

0042

この生成過程を実行するには、学習者S1〜S3がキーボード8aやマウス8bを操作して学習者S1〜S3のそれぞれのユーザー名を入力してから該カード1の作成をCPU5eにリクエストする。CPU5cは英単語学習用コンピュータプログラム10を実行して、入力装置8によって入力された学習者S1〜S3の人数に応じて学習対象として適当な総英単語数を設定する。少人数で総英単語数が多すぎると、学習が終わるまでに時間が掛かり過ぎて学習者が飽きてしまう場合があり、逆に英単語数が少な過ぎると、ビンゴが早く成立したり同時ビンゴが成立する可能性が生じるためである。そして、CPU5cは、設定した総英単語数に応じて所定の乱数表に基づいてそれぞれ内容が異なる、即ち表示枠2に配置した英単語3aが各英単語学習カード1どうしで少なくとも部分的に異なっている英単語学習カードをディジタルデータとして学習者S1〜S3の人数より多めに生成しておく。

0043

そして、まず学習者S1に対して、例えば図4(a)で示すようなカード配布画面W1がディスプレイ装置6に表示される。学習者S1がマウス8bを操作してボタンW1aをクリックすると、図4(b)で示すように英単語学習カードW1bが表示され、これで良ければボタンW1cを押す。また換える場合にはボタンW1dをクリックして他の英単語学習カードを表示させる。これは、英単語学習カード1の図柄3bなどを学習者S1〜S3の好みに応じて選択できる自由度を高めるためである。そして、学習者S2,S3についても上記要領で自己の使用する英単語学習カードを決定する。なお、使用する英単語学習カードが決定すると、CPU5cは、生成した全ての英単語学習カードに使用している英単語、英単語の配列など学習の進行を管理するための管理データを主記憶装置5bに記憶させて保持している。あとは各英単語学習カードをプリンタ9で印刷すれば、学習者S1〜S3は英単語学習カード1をそれぞれ所持することができる。

0044

次は英単語学習を行う過程である。まず学習者S1からであるが、ディスプレイ装置6には、例えば図5のような英単語選択画面W2が表示される。この選択画面W2には、学習者S1の英単語学習カードW2aが表示されており、その外側にはルーレット軌道W2bが表示されている。このルーレット軌道W2bには先に設定した総英単語数にあたる英単語枠が設けており、各英単語枠にはそれぞれ英単語が表示されている。なお、英単語枠だけでなく、例えば「もう1回!」「2つ先にジャンプ!」のような遊び枠を設けるようにしてもよい。英単語学習カードW2aの隣にあるのはコントローラW2cである。

0045

学習者S1は、この選択画面W2で、入力装置8(キーボード8a、マウス8b)を利用して、自己の英単語学習カードW2aに含まれている英単語のいずれかを選択する。するとルーレット軌道W2bには、学習者S1の英単語学習カードW2a上で選択した英単語に対応する英単語枠に文字「狙」が表示される。次いで学習者S1は、コントローラW2cを入力装置8を利用して下方へ倒すように操作する。すると、図示せぬアニメーションキャラクターがルーレット軌道W2b上を全力疾走で走り出す。そして、文字「狙」の英単語枠にアニメーションキャラクターが停止するように狙いを定めて、もう一度下方へ倒すようにコントローラW2cを操作する。すると、アニメーションキャラクターは徐々に走るのを止めて停止する。そして、タイミングが合えば「狙」の位置にアニメーションキャラクターが停止するが、タイミングを外すと他の英単語枠に停止してしまう。また、アニメーションキャラクターは、時にはつまずいて転倒して、文字「狙」の英単語枠とは全く異なる英単語枠に停止することもある。このようにランダムに英単語が選択されることで、学習者S1〜S3はスリル感をもって集中して且つ楽しく英単語を選択することができる。

0046

以上のようにして英単語が選択されると、CPU5cは補助記憶装置5cからその英単語について用意されている動画データと音声データとを読み出して、「再生手段」としてそれぞれ入出力チャネル5dを通じてディスプレイ装置6とスピーカ7に送出する。これにより選択された英単語を観念的に連想させるような音声付きアニメーションが出力される。この音声付きアニメーションは、例えばMacromedia Flash(商標)のようなソフトウェアによって作成され、そのプラグインであるFlash Player(商標)によって再生することができる。そして、この音声付きアニメーションでは、人を描いた漫画キャラクターや、生物や物を擬人化した漫画キャラクターがアニメーションで表示される。したがって、非常に親しみがわいて英単語がイメージとして学習者の記憶に残りやすいようになっている。また、選択された英単語の発音を含めて音声が出力されることで、英単語の綴りだけではなく、発音も同時に学習することができて効率的で、高い学習効果を上げることができる。

0047

以上のようにして学習者S2→学習者S3→学習者S1・・・についても英単語の選択と音声付きアニメーションの再生とが繰り返し行われていく。そして、学習者S1〜S3の何れかの英単語学習カード1についてビンゴが成立すると学習を終了してもよいし、全員の英単語学習カード1についてすべてビンゴが成立するまで学習を継続してもよい。

0048

第2実施形態〔図6図10〕 ;図6は、例えば学校や英会話教室などのような特定の場所に構築した、教師端末21、プロジェクタ用端末22と、複数の学習者端末23と、を「データ伝達媒体」としての配線24によりネットワーク接続した英単語学習システムにより英単語学習を行う実施形態である。

0049

教師用端末21はパーソナルコンピュータで構成されており、この実施形態の英単語学習システムによる英単語学習の進行を司るものである。教師用端末21には、ディスプレイ装置21aと、マイクを備えるヘッドセット21bと、教師の姿を撮像するCCDカメラのような撮像装置21cが接続されている。

0050

プロジェクタ用端末22もパーソナルコンピュータで構成されており、プロジェクタ22aと、スピーカシステム22bが接続されている。

0051

各学習者端末23もパーソナルコンピュータで構成されており、それぞれディスプレイ装置23aと、マイクを備えるヘッドセット23bと、学習者を撮像するCCDカメラのような撮像装置23cが接続されている。

0052

そして、以上の英単語学習システムでは、教師用端末21が「学習マネージャ装置」、「単語学習カード生成手段」と「データ送出手段」を有する「学習マネージャ端末」として機能し、プロジェクタ用端末22が「学習マネージャ装置」、「単語選択手段」を有する「学習マネージャ端末」、「再生手段」として機能し、プロジェクタ用端末22に接続されたプロジェクタ22が「表示装置」「表示手段」として機能し、プロジェクタ用端末22に接続されたスピーカシステム22cが「音声出力装置」「音声出力手段」として機能し、学習者端末23が「学習者端末」としての機能するものである。そして、教師用端末21、プロジェクタ用端末22、学習者端末23には、それぞれこの実施形態による英単語学習用コンピュータプログラムがインストールされており、これが各端末21,22,23で実行されることで上述のような「端末」や「装置」や「手段」として機能させるようになっている。

0053

次に、上記構成の英単語学習システムにより行う英単語学習方法について説明する。

0054

まず、英単語学習カードの生成過程である。この単語学習カード生成過程では、教師用端末21のディスプレイ装置21aに図7で示すようなカード配布画面W3が表示される。そして、図示せぬキーボードやマウスのような入力装置を使ってカード配布画面W3中の配信ボタンW3aを押下すると、プロジェクタ用端末22と各学習者端末23に対して単語学習カード生成モードへの移行指示が出される。このとき、プロジェクタ用端末22では、プロジェクタ22aによって映写される画面22cに待機画面が表示されている。一方、各学習者端末23のディスプレイ装置23aには、図4(a)のカード配布画面W1が表示される。そして、図示せぬキーボードやマウスのような入力装置を使って各学習者端末23でボタンW1aが押下されると、配信リクエストが教師用端末21に送信される。

0055

教師用端末21では、この配信リクエストを受信すると、前述した第1実施形態と同様に、配信リクエストの数(学習に参加する学習者端末23の数)に応じて学習対象として適当な総英単語数を設定し、設定した総英単語数に応じて所定の乱数表に基づいてそれぞれ内容が異なる、即ち図1の英単語学習カード1で示すところの表示枠2に配置した英単語3aが各英単語学習カードどうしで少なくとも部分的に異なっている英単語学習カードをディジタルデータとして配信リクエストの数より多めに生成し、配信リクエストのあった学習者端末23に対して送信する。

0056

すると、各学習者端末23のディスプレイ装置23aには、図4(b)で示すように英単語学習カードW1bが表示され、これで良ければボタンW1cを押す。また換える場合にはボタンW1dをクリックして他の英単語学習カードの配信リクエストを教師用端末21に送信する。こうして、各学習者端末23の英単語学習カードが決定すると、教師用端末21では、生成した全ての英単語学習カードに使用している英単語、英単語の配列など学習の進行を管理するための管理データを保持しており、ディスプレイ装置21aで図7に示すようにその一覧を把握できるようになる。なお、各学習者端末23の英単語学習カードの詳細をみたい場合には、各カードをクリックすると、図7で示すような詳細画面W4がポップアップ表示される。

0057

次は英単語学習を行う過程である。教師用端末21で、「単語学習」のタグをクリックすると、図8で示すような管理画面W5が表示され、そこにある学習開始ボタンW5aを押下すると、各学習者端末23のディスプレイ装置23aには図9で示すような学習画面W6が表示される。この学習画面W6には、選択した英単語学習カードW6aと、コントローラW6bと、他の学習者端末23に備える撮像装置23cで撮像された学習者の動画像を表示する複数の表示枠W6cが含まれている。

0058

そして、教師用端末21で英単語をひく学習者端末23の順序を適当に決めて、最初の学習者端末23を指定する。その順序は管理画面W5のリストW5bに表示される。最初の学習者端末23には、ここではじめて図9で示すコントローラW6bが表示され、他の学習者端末23の学習画面W6にはコントローラW6bは表示されていない。そして、学習者端末23で第1実施形態と同様に英単語を選択すると、当該英単語がプロジェクタ用端末22に送信され、画面22cに図10のようなルーレット画面W7が表示される。なお、このルーレット画面W7には、第1実施形態と同様に構成されたルーレット軌道W7aと、最初に英単語をひく学習者端末23の撮像装置23cにて撮像された学習者の動画像W7bが表示される。

0059

この状態から最初に英単語をひく学習者端末23で、第1実施形態と同様に、図示せぬ入力装置を使ってコントローラW6bを操作して、アニメーションキャラクターを全力疾走させる開始とそれを停止させるリクエストをプロジェクタ端末22に送信する。プロジェクタ端末22では、リクエストに応じてアニメーションキャラクターの疾走開始と停止の各処理を行い出目の英単語を確定する。ここで確定した英単語は、教師用端末21と学習者端末23に送信され、教師用端末21では、各学習者端末23の英単語学習カードに対応する英単語が含まれているかを検出する。また、学習者端末23では、学習者が入力装置を使って自分で英単語学習カードに対応する英単語が含まれているかをチェックして、含まれていれば入力装置で当該英単語をクリックしてマーキングを行う。そして、マーキング箇所は教師用端末21に自動送信され、教師用端末21では、各学習者端末23ごとにマーキングした英単語を自動記録し、図7の管理画面W5にそれが反映される。

0060

次に、第1実施形態と同様に、選択された英単語について音声付きアニメーションを出力するための動画像データと音声データがプロジェクタ端末22から送出されて、プロジェクタ22aによってアニメーションが、またスピーカシステム22bによって音声が出力される。この英単語学習を終えると、再び教師用端末21が学習者端末23を指定するステップに戻って上述のような英単語の選択と音声付きアニメーションによる英単語の学習とを繰り返して行うようにする。

0061

以上のようにして英単語の選択と学習を繰り返した結果、リーチの学習者端末23が発生した場合に、学習者端末23で図示せぬ「リーチ宣言」ボタンが押下されると、教師用端末21にそれが送信される。教師用端末21には、管理画面W5のリストW5cに送信元の学習者端末23が表示される。そして、教師用端末21の管理画面W5にある「祝リーチ画面表示」ボタンW5dを押下すると、プロジェクタ端末22では画面22cにリーチを祝す画面がその学習者端末23の撮像装置23cで撮像された学習者のライブ映像と共に表示される。

0062

また、学習者端末23でビンゴが成立した場合、教師用端末21には、管理画面W5のリストW5dにビンゴが成立した学習者端末23が表示される。そして、教師用端末21の管理画面W5にある「祝ビンゴ画面表示」ボタンW5fを押下すると、プロジェクタ端末22ではリーチを祝す画面がその学習者端末23の撮像装置23cで撮像された学習者のライブ映像と共に表示される。

0063

学習を終了するときは、教師用端末21の管理画面W5にある「学習終了」ボタンW5gを押下して、各学習者端末23とプロジェクタ端末22にその旨を通知する。

0064

第3実施形態〔図11〕 ;図11は、第2実施形態の英単語学習システムを「伝送路」としてインターネット網31を利用して行うものである。即ち、インターネット網31を介して学習マネージャサーバ32と複数の学習者端末33とが接続した英単語学習システムにより英単語学習を行う実施形態である。

0065

この実施形態では、学習マネージャサーバ32が「学習マネージャ装置」、「単語学習カード生成手段」「データ送出手段」「単語選択手段」とを有する「学習マネージャ端末」として機能し、学習者端末33が「学習者端末」「再生手段」として機能し、学習者端末33に接続したディスプレイ装置33aが「表示装置」「表示手段」として機能し、学習者端末33に接続したスピーカ33bが「音声出力装置」「音声出力手段」として機能するものである。

0066

そして、この英単語学習システムで英単語学習を行うには、学習マネージャサーバ32が提供するホームページ上で学習する日時が予め告知されており、その日時に合わせて学習者端末33がインターネット網31を通じて該ホームページにアクセスし、第2実施形態で説明したのと同様の要領で学習マネージャサーバ32が進行役となって英単語の学習を行うようにする。なお、第2実施形態では、教師が教師用端末21を操作するところがあるが、その操作については自動化できるので、学習マネージャサーバ32が機械的に英単語学習を進行していく。その詳細な学習方法については、第2実施形態と同様であり重複するので説明を省略する。また、ここでは、インターネット網31に接続した学習者端末33としてパーソナルコンピュータを例示しているが、インターネット網31に接続可能であれば、PDA、携帯電話、カーナビゲーションシステム通信カラオケ端末などその他の通信端末を利用してもよいことはもちろんである。

0067

第4実施形態〔図12〕 ;図12は、第3実施形態の英単語学習システムを「データ伝達媒体」としてディジタル放送システムを利用して行うものである。即ち、この実施形態では、放送局41に学習マネージャ装置41aが設置されており、この学習マネージャ装置41aとテレビジョン受信装置42とを、CS(通信衛星)43を介して双方向接続した英単語学習システムにより英単語学習を行うものである。

0068

この実施形態では、放送局41の学習マネージャ装置41aが「学習マネージャ装置」、「単語学習カード生成手段」「データ送出手段」「単語選択手段」とを有する「学習マネージャ端末」として機能し、テレビジョン受信装置42が「学習者端末」、「再生手段」、「表示装置」、「表示手段」、「音声出力装置」、「音声出力手段」として機能するものである。

0069

そして、この英単語学習システムで英単語学習を行うには、放送局41が日時を予め告知し、その日時に合わせてテレビジョン受信装置42でチャンネルを合わせて放送を受信し、第2実施形態で説明したのと同様の要領で学習マネージャ装置41aが進行役となって英単語の学習を行うようにする。なお、第2実施形態では、教師が教師用端末21を操作するところがあるが、その操作については自動化できるので、学習マネージャサーバ32が機械的に英単語学習を進行していく。その詳細な学習方法については、第2実施形態と同様であり重複するので説明を省略する。

0070

各実施形態の変形例 ; 前述の各実施形態では、英単語について説明したが、英単語ではなく他の言語であってもよいことはもちろんである。

0071

前記第1実施形態における英単語学習用コンピュータプログラムは、CD−ROM等のメディアからパーソナルコンピュータ5にインストールしたり、インターネット網を介して当該プログラムを提供するWebサーバにパーソナルコンピュータ5を接続してダウンロードしインストールするようにしてもよい。また、前記Webサーバが、パーソナルコンピュータ5で学習対象とする英単語を増やすことができるように、前記英単語学習用コンピュータプログラムや動画像データや音声データを含む英単語のデータを更新できるようにしてもよい。さらに、パーソナルコンピュータ5ではなく、これと同様に機能させることができるテレビゲーム機を利用してもよい。

0072

前記各実施形態では、ルーレット軌道W2b,W7aに総英単語数にあたる英単語枠を設けるようにしたが、例えば学習者が選択した英単語に対応する列(例えば第1列)に含まれる英単語と、他の学習者の英単語学習カードにおける同じ列(例えば第1列)に含まれる英単語とがランダムな配置で英単語枠に表示されるようにしてもよい。

0073

前記各実施形態については、例えばリーチが掛かった学習者または学習者端末23について割り込み処理を行い、英単語を選択する順序を繰り上げるようにしてもよい。こうすることでより英単語学習のゲーム性を高めることができる。

0074

前記各実施形態については、学習対象の総英単語数を設定する際に、例えば初級、中級、上級といった学習レベルに応じて学習対象とする単語の難易度を可変的に設定できるようにしてもよい。こうすると英単語の習得度に合わせたより効果的な単語学習を行うことができる。

0075

前記第2実施形態では、教師用端末21にヘッドセット21bや撮像装置21cを備えるようにし、学習者端末23もヘッドセット23bや撮像装置23cを備えるようにしているが、教師や学習者の映像をプロジェクタ22bによって映し出す必要がない場合や、教師や学習者の発声をスピーカシステム22cで出力する必要のない場合には、これらを備えないようにしてもよい。

0076

前記第3実施形態では、学習マネージャサーバ32が提供するホームページ上で学習日時が予め告知されており、その日時に合わせて各学習者端末33がインターネット網31を通じて該ホームページにアクセスして英単語の学習を行うようにしているが、学習マネージャサーバ33が各学習者端末33ごとにオンデマンドで前述した「学習マネージャ端末」として機能させてもよい。これは第4実施形態でも同様であり、放送局41の学習マネージャ装置41aがテレビジョン受信装置42ごとにオンデマンドで前述した「学習マネージャ端末」として機能させてもよい。

0077

前記第4実施形態では、「データ伝達媒体」としてCS43を利用した放送システムを例示したが、BSのような他のディジタル放送波を利用する放送システムや双方向CATVのような放送システムを利用してもよい。また、テレビジョン受信装置42を例示したが、「データ伝達媒体」としての放送システムに対して双方向アクセス可能であれば、携帯電話、PDA、カーナビゲーションシステム、テレビゲーム機、通信カラオケ等であってもよい。

発明の効果

0078

本発明の単語学習カード、単語学習システム、単語学習方法、単語学習用コンピュータプログラムによれば、単語学習をビンゴゲームのように運試し的に楽しく集中して行うことができ、且つ、音声付きアニメーションによる音声とイメージよって単語学習を行うことができるから高い学習効果が得られる。

図面の簡単な説明

0079

図1一実施形態による英単語学習カードの説明図。
図2第1実施形態による英単語学習システムの構成図。
図3図2の英単語学習システムの機能ブロック図。
図4一実施形態による表示画面の説明図。
図5一実施形態による表示画面の説明図。
図6第2実施形態による英単語学習システムの構成図。
図7一実施形態による表示画面の説明図。
図8一実施形態による表示画面の説明図。
図9一実施形態による表示画面の説明図。
図10一実施形態による表示画面の説明図。
図11第3実施形態による英単語学習システムの構成図。
図12第4実施形態による英単語学習システムの構成図。

--

0080

1英単語学習カード(単語学習カード)
2表示枠
2a 第1列
2b 第2列
2c 第3列
2d 第4列
2e 第5列
3マス
3a英単語
3b図枠
4a 第1の頭文字群
4b 第2の頭文字群
4c 第3の頭文字群
4d 第4の頭文字群
4e 第5の頭文字群
5パーソナルコンピュータ(学習マネージャ装置)
5a制御演算装置
5b主記憶装置
5c CPU(学習マネージャ装置、単語学習カード生成手段、単語選択手段)
5d入出力チャネル
5e補助記憶装置
6ディスプレイ装置(表示装置)
7スピーカ装置(音声出力装置、音声出力手段)
8入力装置
8aキーボード
8bマウス
9プリンタ(印刷装置)
10 英単語学習用コンピュータプログラム
W1 カード配布画面
W1a ボタン
W1b 英単語学習カード
W1c ボタン
W1d ボタン
W2 英単語選択画面
W2a 英単語学習カード
W2bルーレット軌道
W2cコントローラ
21教師用端末
21a ディスプレイ装置
21bヘッドセット
21c撮像装置
22プロジェクタ用端末
22a ヘッドセット
22b プロジェクタ
22cスピーカシステム
23学習者端末
23a ディスプレイ装置
23b ヘッドセット
23c 撮像装置
W3 カード配布画面
W3a カード配布ボタン
W4 詳細画面
W5管理画面
W5a 学習開始ボタン
W5bリスト
W5c リスト
W6 学習画面
W6a 英単語学習カード
W6b コントローラ
W6c 表示枠
W7 ルーレット画面
W7a ルーレット軌道
W7b動画像
31インターネット網
32 学習マネージャサーバ
33 学習者端末
33a ディスプレイ装置
33b スピーカ装置
41放送局
41a 学習マネージャ装置
42テレビジョン装置
43 CS

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ユシロ化学工業株式会社の「 3次元外科治療研修モデル用組成物及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】切断されたとしても繰り返し使用可能な3次元外科治療研修モデル用組成物を提供することを課題とし、3次元外科治療研修モデル用組成物は自己修復性を有するポリマーゲルを含む。... 詳細

  • 青島欧科玩具有限公司の「 早期教育の識字玩具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】子どもにとって覚えやすく、印象的であり、自ら学習する楽しみを与える早期教育の識字玩具を提供する。【解決手段】教育チューブ11を含み、教育チューブ11の中には下方へ開口した投入チャンバ24が設置... 詳細

  • 上海▲か▼▲か▼玩具有限公司の「 模擬運転おもちゃ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は模擬運転おもちゃを開示した。【解決手段】前後対称的に設置された止め板を含み、両側の前記止め板の間には模型車がスライドできるように設置され、前記模型車の中には制御装置が設置され、両側の前... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ