図面 (/)

技術 経皮吸収促進剤およびその使用

出願人 三菱ケミカルフーズ株式会社三菱化学株式会社
発明者 檀上和美岡本浩一
出願日 2002年2月18日 (18年10ヶ月経過) 出願番号 2002-039715
公開日 2003年8月27日 (17年4ヶ月経過) 公開番号 2003-238446
状態 特許登録済
技術分野 医薬品製剤
主要キーワード バリヤー能 自律神経作用薬 油性型 モノエステル含有量 透過経路 グリシン水溶液 収助剤 ドナー相
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ないといわれている非イオン性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルを使用し、かつ、分子医薬化合物経皮吸収性に優れた、経皮吸収促進剤ならびにそれを用いた経皮投与基材および経皮投与製剤を提供する。

解決手段

(1)構成脂肪酸炭素数が8〜22であり、ポリエステル含有量が30重量%以上であるショ糖脂肪酸エステルを有効成分とする分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤、(2)当該経皮吸収促進剤を含有する経皮投与用基材、(3)当該経皮投与用基材に医薬化合物を配合した経皮投与製剤。

概要

背景

経皮投与は、経口投与や注射に比べて投与が簡単であり、コンプライアンスの改善、肝初回通過効果の回避、消化管内での分解の回避などの利点がある。また、投与方法も簡便であり、効力持続性副作用発現の軽減などの利点も考えられる。

しかしながら、皮膚は、角質層などバリヤー能が優れているため、薬物の透過速度が制限され、この経路で投与できる薬物は限られている。このため、薬物の皮膚透過性を上げるために様々なタイプの促進剤が提案されている。その中で、親水性の高いショ糖脂肪酸エステルは、優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ない非イオン性界面活性剤であるため、好ましい透過促進剤として従来より知られている。

例えば、塩酸ジルチアゼム等の陽イオン性水溶性薬物について、基材中に吸収助剤としてショ糖脂肪酸エステルを含む各種の界面活性剤を配合した皮膚外用剤が提案されている(特開昭61−268631号、同62−61929号、同62−132828号の各公報)。

また、広範囲の薬物の透過促進剤として、特にスクロースモノラウレートが有用であること、拡散セルテストによる皮膚に対してのインビトロ透過測定によって容易にその効果を評価できることが報告されている(特開昭63−227521号公報;欧州特許第280413号明細書)。

更に、ショ糖脂肪酸エステル0.5〜10重量%、多価アルコール5〜90重量%、油分5〜90重量%を配合した経皮吸収ゲル基剤およびこれに水相を添加することにより得られるO/Wエマルジョン基剤が、薬物の経皮吸収効果が大きく、水溶性薬物、油溶性薬物のどちらでも配合することが可能であり、しかも、べたつかずに良好な使用感を有する基剤として、提案されている(特開平01−301617号公報)。

概要

優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ないといわれている非イオン性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルを使用し、かつ、分子医薬化合物経皮吸収性に優れた、経皮吸収促進剤ならびにそれを用いた経皮投与用基材および経皮投与製剤を提供する。

(1)構成脂肪酸炭素数が8〜22であり、ポリエステル含有量が30重量%以上であるショ糖脂肪酸エステルを有効成分とする分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤、(2)当該経皮吸収促進剤を含有する経皮投与用基材、(3)当該経皮投与用基材に医薬化合物を配合した経皮投与製剤。

目的

本発明は、上記実情に鑑みなされたものであり、その目的は、優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ないといわれている非イオン性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルを使用し、かつ、分子型医薬化合物の経皮吸収性に優れた、経皮吸収促進剤ならびにそれを用いた経皮投与用基材および経皮投与製剤を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

構成脂肪酸炭素数が8〜22であり、ポリエステル含有量が30重量%以上であるショ糖脂肪酸エステルを有効成分とすることを特徴とする分子医薬化合物経皮吸収促進剤

請求項2

構成脂肪酸の炭素数が10〜14、ポリエステルの含有量が50重量%以上である請求項1に記載の経皮吸収促進剤。

請求項3

請求項1又は2に記載の経皮吸収促進剤を含有することを特徴とする経皮投与基材

請求項4

基材が非水系媒体を主成分とするものである請求項3に記載の経皮投与用基材。

請求項5

非水系媒体が多価アルコールである請求項4に記載の経皮投与用基材。

請求項6

多価アルコールがプロピレングリコールである請求項5に記載の経皮投与用基材。

請求項7

請求項3〜6の何れかに記載の経皮投与用基材に医薬化合物を配合したことを特徴とする経皮投与製剤

請求項8

医薬化合物が塩基性薬物である請求項6に記載の経皮投与製剤。

技術分野

0001

本発明は、経皮吸収促進剤およびその使用に関し、詳しくは、安全性および薬物の経皮吸収性に優れた、分子医薬化合物の経皮吸収促進剤ならびにそれを使用した経皮投与基材および製剤に関する。

背景技術

0002

経皮投与は、経口投与や注射に比べて投与が簡単であり、コンプライアンスの改善、肝初回通過効果の回避、消化管内での分解の回避などの利点がある。また、投与方法も簡便であり、効力持続性副作用発現の軽減などの利点も考えられる。

0003

しかしながら、皮膚は、角質層などバリヤー能が優れているため、薬物の透過速度が制限され、この経路で投与できる薬物は限られている。このため、薬物の皮膚透過性を上げるために様々なタイプの促進剤が提案されている。その中で、親水性の高いショ糖脂肪酸エステルは、優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ない非イオン性界面活性剤であるため、好ましい透過促進剤として従来より知られている。

0004

例えば、塩酸ジルチアゼム等の陽イオン性水溶性薬物について、基材中に吸収助剤としてショ糖脂肪酸エステルを含む各種の界面活性剤を配合した皮膚外用剤が提案されている(特開昭61−268631号、同62−61929号、同62−132828号の各公報)。

0005

また、広範囲の薬物の透過促進剤として、特にスクロースモノラウレートが有用であること、拡散セルテストによる皮膚に対してのインビトロ透過測定によって容易にその効果を評価できることが報告されている(特開昭63−227521号公報;欧州特許第280413号明細書)。

0006

更に、ショ糖脂肪酸エステル0.5〜10重量%、多価アルコール5〜90重量%、油分5〜90重量%を配合した経皮吸収ゲル基剤およびこれに水相を添加することにより得られるO/Wエマルジョン基剤が、薬物の経皮吸収効果が大きく、水溶性薬物、油溶性薬物のどちらでも配合することが可能であり、しかも、べたつかずに良好な使用感を有する基剤として、提案されている(特開平01−301617号公報)。

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、上記実情に鑑みなされたものであり、その目的は、優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ないといわれている非イオン性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルを使用し、かつ、分子型医薬化合物の経皮吸収性に優れた、経皮吸収促進剤ならびにそれを用いた経皮投与用基材および経皮投与製剤を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

すなわち、本発明の第1の要旨は、構成脂肪酸炭素数が8〜22であり、ポリエステル含有量が30重量%以上であるショ糖脂肪酸エステルを有効成分とすることを特徴とする分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤に存する。そして、本発明の第2の要旨は、上記の経皮吸収促進剤を含有することを特徴とする経皮投与用基材に存し、本発明の第3の要旨は、上記の経皮投与用基材に医薬化合物を配合したことを特徴とする経皮投与製剤に存する。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、本発明を詳細に説明する。

0010

先ず、本発明に係る分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤について説明する。本発明に係る分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤は特定のショ糖脂肪酸エステルを有効成分とする。すなわち、ショ糖脂肪酸エステルは、脂肪酸の種類とエステル化度の違いによって種々の特性を持った銘柄がある。本発明に係る分子型医薬化合物の経皮吸収促進剤は、構成脂肪酸の炭素数が8〜22であり、ジ、トリエステル等のポリエステルの含有量が30重量%以上のショ糖脂肪酸エステルを有効成分とする。構成脂肪酸の炭素数は、好ましくは10〜14、ポリエステル含有量は、好ましくは40重量%以上、更に好ましくは50重量%以上である。特に好ましいのは、ポリエステルの含有量が50〜90重量%で、ジエステルの含有量が30〜60重量%のものである。

0011

次に、本発明の経皮投与用基材について説明する。本発明の経皮投与用基材は、上記の経皮吸収促進剤を含有することを特徴とする。経皮投与用基材には、皮膚外用剤に一般に使用される水性または非水性の各種の媒体を使用することが出来る。具体的には、水、植物油硬化油などの油脂類セタノールステアリルアルコール等の脂肪酸高級アルコール類、ミリスチン酸パルミチン酸ステアリン酸などの高級脂肪酸類、ミツロウ、鯨ロウミリスチン酸イソプロピル、ジアセチン等の脂肪酸エステル類ワセリンパラフィンスクワレン等の炭化水素類ラノリンコレステロールシリコン油などが挙げられる。

0012

これらの中では、分子型医薬化合物の経皮吸収促進の点から非水系媒体を主成分とする基材が好ましい。好ましい非水系媒体としては、低級脂肪族アルコール、例えば、エチルアルコールプロピルアルコールイソプロピルアルコール等の1価アルコールプロピレングリコール等の2価アルコール、グリセリン等の3価アルコール等が挙げられ、特にプロピレングリコールが好ましい。

0013

経皮投与用基材中の経皮吸収促進剤(前記のショ糖脂肪酸エステル)の含有量は、特に限定されないが、基材容量100mL当たり、通常0.1〜5g、好ましくは0.5〜2gである。

0014

次に、本発明の経皮投与製剤について説明する。本発明の経皮投与製剤は、上記の経皮投与用基材に医薬化合物を配合したことを特徴とする。医薬品化合物としては、身体表面を通して作用する広い範囲の化合物に採用し得るが、好ましくは、経皮投与が可能であり、全身または局所作用が期待される医薬化合物が使用される。

0016

本発明の経皮投与製剤においては、上記の医薬品化合物は分子型で適用される。例えば、第3級アミノ基を持つ塩基性薬物であるリドカイン(pKa≒8)の場合、pKa値よりも高いpHとすることにより解離していない脂溶性分子の割合が多くなるので、実質的に分子型が主体であるpH9(約90%が分子型)以上、好ましくはpH10以上で使用される。また、非水系媒体を主成分とする基材中に医薬品化合物を配合することにより分子型として投与することが出来る。

0017

経皮投与製剤中の医薬品化合物の量は、特に限定されないが、通常、経皮吸収促進剤であるショ糖脂肪酸エステルに対する医薬品化合物の割合(重量比)として、通常0.01〜100、好ましくは0.1〜10の範囲である。

0018

本発明の経皮投与製剤は、色素顔料不活性充填剤賦形剤、他の透過促進剤などの経皮投与製剤に使用される成分を配合することが出来る。また、軟膏ゲルクリームエアゾール、水性型のパップ剤ガーゼ、不織布型)、油性型プラスター剤粘着テープ型)等の任意の剤形として、皮膚に適用することが出来る。

0019

以下、本発明を実施例により更に詳細に説明するが、本発明は、その要旨を超えない限り、以下の実施例に限定されるものではない。なお、以下の諸例では、経皮吸収促進剤として表1に示すショ糖脂肪酸エステルを使用し、次に示す方法により透過試験を行い評価した。

0020

<透過試験>透過試験は、ヘアレスマウス摘出皮膚を装着したフロースルー型拡散セル(有効面積1cm2)を使用し、ドナー相開放系)に所定のリドカイン溶液を入れ、37℃の恒温槽中で行った。レセプター相はpH7.4のリン酸緩衝液PBS)を流速5mL/hrで流し、1時間毎サンプリングした。試験は全て6時間行い、リドカインの定量はHPLCで行った。

0021

0022

参考例1
ドナー相にpH調節したリドカイン水溶液(0.05w/v%)を0.5mL充填し、リドカインの透過試験を行った。6時間での透過リドカイン量(積算値:mg)を表2に示す。なお、リドカイン水溶液のpH調節は次の(1)〜(3)に示す方法で行った。

0023

(1)pH6:0.01Mのクエン酸水溶液NaOH水溶液を加えてpHを6.0とした。
(2)pH8:0.01MのTRIS(トリス(ヒドロキシメチルアミノメタン)水溶液に塩酸を加えてpHを8.0とした。
(3)pH10:0.01Mグリシン水溶液にNaOH水溶液を加えてpHを10.0とした。

0024

0025

参考例2
レセプター相を流したままにして、ドナー相に所定濃度のJ−1216のアセトンエタノール(60/40)溶液0.1mLを充填した後、2時間放置してドナー相中のアセトンとエタノールを蒸発させ、ショ糖脂肪酸エステルを皮膚に移行させた。その後、参考例1と同様にして、pH6(リドカイン濃度0.2w/v%)及びpH10(リドカイン濃度0.05w/v%)でのリドカインの透過試験(0.5mL適用)を行った。6時間での透過リドカイン量(積算値:mg)を表3に示す。なお、J−1216を含まないアセトン/エタノール(60/40)溶液で処理した結果をコントロールとした。

0026

0027

参考例1及び2の結果から、ショ糖脂肪酸エステルの効果は、基材(水)中でのリドカインとの相互作用によるものではなく、皮膚に移行したショ糖脂肪酸エステルによる効果であると考えられる。

0028

実施例1および比較例1
J−1205の0.25W/V%アセトン/エタノール溶液を使用した他は、参考例2と同様にして、リドカイン(pH10ではリドカイン濃度0.2w/v%,pH6ではリドカイン濃度0.2w/v%)の透過試験を行った。6時間での透過リドカイン量(積算値:mg)を表3に示す。

0029

0030

実施例2及び比較例2〜3
ドナー相として、J−1205(実施例2)又はJ−1216(比較例2)をそれぞれ1.5W/V%添加したリドカイン5重量%プロピレングリコール溶液を使用し、コントロールとしてショ糖脂肪酸エステル無添加(比較例3)のリドカイン5重量%プロピレングリコール溶液を使用した他は、参考例1と同様にして、リドカインの透過試験を行った。6時間での透過リドカイン量(積算値:mg)を表2に示す。

0031

0032

上記の結果から、本発明の経皮吸収促進剤(ポリエステル含有量が30重量%以上のショ糖脂肪酸エステル)は、解離型よりも分子型の薬物への効果が高く、また、親水性の高い(モノエステル含有量が多い)ショ糖脂肪酸エステルは解離型の薬物への効果が高く皮膚の中の親水性部分(解離型薬物の透過経路)に影響するのに対し、本発明の経皮吸収促進剤は皮膚の中の親油性部分(分子型薬物の透過経路)に作用するものと推測される。

発明の効果

0033

以上述べた様に、本発明によって、優れた生分解性をもち、皮膚に対しての刺激が少ないといわれている非イオン性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルを使用し、かつ、分子型医薬化合物の経皮吸収性に優れた、経皮吸収促進剤ならびにそれを用いた経皮投与用基材および経皮投与製剤を提供することが出来る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ