図面 (/)

技術 非線形信号処理装置及び画像信号処理装置

出願人 富士フイルムホールディングス株式会社
発明者 坂本浩一竹村和彦林健吉田丸雅也杉本雅彦小林寛和
出願日 2002年1月29日 (19年0ヶ月経過) 出願番号 2002-020500
公開日 2003年8月8日 (17年6ヶ月経過) 公開番号 2003-224740
状態 未査定
技術分野 映像信号回路 FAX画像信号回路
主要キーワード ゲイン信号 傾きデータ 非線形信号 エッジ強調用 ゲイン補正回路 アパーチャ信号 一次式 格子点数
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年8月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ルックアップテーブルを必要とせず、かつ簡単な処理で所望の入出力特性を有する非線形信号処理を行うことができるようにする。

解決手段

アパーチャゲイン生成部30のメモリ32には、予めガンマの微係数(傾き)の逆数曲線を一次近似する複数の一次式傾きデータa及び切片データbが記憶されており、ガンマ補正部10から入力するガンマ補正後輝度データY′に基づき対応する傾きデータa及び切片データbが読み出される。そして、演算部30によって輝度データY′と前記読み出された傾きデータa及び切片データbとから一次式を演算し、アパーチャゲインgainを算出する。

概要

背景

従来、非線形画像変換を行う画像信号処理装置は、ROM(リードオンリー・メモリ)を使用したLUTルックアップ・テーブル)によって構成されている。即ち、予め入力するデジタル画像信号の値に対応して非線形な出力となる値を記憶し、入力するデジタル画像信号の値に対応してその記憶した値を読み出すようにしている。

しかしながら、デジタル画像信号の全階調に対して変換する値をLUTに格納すると、LUTの記憶容量が増大するという問題ある。このLUTの記憶容量を削減するために、さまざまな手法が提案されている。

特開平8−137451号公報に記載のデータ変換装置は、LUTと補間演算手段とを用いてデータ変換処理を行うことにより、データの非線形性が大きい場合にも格子点数を増やさずに(メモリを増やさずに)、演算精度を高めるようにしている。

概要

ルックアップテーブルを必要とせず、かつ簡単な処理で所望の入出力特性を有する非線形信号処理を行うことができるようにする。

アパーチャゲイン生成部30のメモリ32には、予めガンマの微係数(傾き)の逆数曲線を一次近似する複数の一次式傾きデータa及び切片データbが記憶されており、ガンマ補正部10から入力するガンマ補正後輝度データY′に基づき対応する傾きデータa及び切片データbが読み出される。そして、演算部30によって輝度データY′と前記読み出された傾きデータa及び切片データbとから一次式を演算し、アパーチャゲインgainを算出する。

目的

本発明はこのような事情に鑑みてなされたもので、ルックアップテーブルを必要とせず、かつ簡単な処理で所望の入出力特性を有する非線形信号処理を行うことができる非線形信号処理装置及び画像信号処理装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
4件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1のデジタル信号を入力すると、該第1のデジタル信号を非線形入出力特性をもつ第2のデジタル信号に変換して出力する非線形信号処理装置であって、前記第1のデジタル信号の大きさに応じて区分された複数の区間ごとに、該第1のデジタル信号を変数とする一次式を特定するためのデータを記憶する記憶手段と、入力する第1のデジタル信号の大きさに応じて前記記憶手段から前記一次式を特定するためのデータを読み出す読出手段と、前記入力する第1のデジタル信号と前記記憶手段から読み出した一次式を特定するためのデータとに基づいて該一次式の演算を行い、その演算値を前記第2のデジタル信号として出力する演算手段と、を備え、前記記憶手段に記憶させる一次式を特定するためのデータは、前記非線形の入出力特性をもつ曲線を前記各区間ごとに一次近似する一次式を特定するデータであることを特徴とする非線形信号処理装置。

請求項2

前記一次式を特定するためのデータは、一次式の傾きを示す傾きデータ切片を示す切片データであり、前記演算手段は、前記入力する第1のデジタル信号と前記傾きデータとを乗算する乗算手段と、該乗算手段によって得られる乗算値と前記切片データとを加算する加算手段とからなることを特徴とする請求項1の非線形信号処理装置。

請求項3

第1のデジタル画像信号を入力すると、該第1のデジタル画像信号を所定のガンマ特性をもつ第2のデジタル画像信号に変換して出力するガンマ補正手段と、前記第2のデジタル画像信号に基づいてアパーチャ信号を生成するアパーチャ信号生成手段と、前記ガンマ補正手段における所定のガンマ特性を示す曲線の微係数逆数の入出力特性をもつ請求項1の非線形信号処理装置であって、前記第2のデジタル画像信号を前記第1のデジタル信号として入力し、前記第2のデジタル信号を前記アパーチャ信号のゲイン信号として出力する非線形信号処理装置と、前記アパーチャ信号生成手段によって生成されたアパーチャ信号と前記非線形信号処理装置から出力されるゲイン信号とを乗算する乗算手段と、前記第2のデジタル画像信号に前記乗算手段から出力される乗算値を加算する加算手段と、を備えたことを特徴とする画像信号処理装置

技術分野

0001

本発明は非線形信号処理装置及び画像信号処理装置係り、特にガンマ補正回路輝度レベルに応じたゲイン値を出力するゲイン補正回路などに適用される非線形信号処理装置及び画像信号処理装置に関する。

背景技術

0002

従来、非線形画像変換を行う画像信号処理装置は、ROM(リードオンリー・メモリ)を使用したLUTルックアップ・テーブル)によって構成されている。即ち、予め入力するデジタル画像信号の値に対応して非線形な出力となる値を記憶し、入力するデジタル画像信号の値に対応してその記憶した値を読み出すようにしている。

0003

しかしながら、デジタル画像信号の全階調に対して変換する値をLUTに格納すると、LUTの記憶容量が増大するという問題ある。このLUTの記憶容量を削減するために、さまざまな手法が提案されている。

0004

特開平8−137451号公報に記載のデータ変換装置は、LUTと補間演算手段とを用いてデータ変換処理を行うことにより、データの非線形性が大きい場合にも格子点数を増やさずに(メモリを増やさずに)、演算精度を高めるようにしている。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記特開平8−137451号公報に記載のデータ変換装置は、LUTを使用しているため、記憶容量を大幅に削減することができず、また、LUTの値は、整数記述されているため、量子化分だけ誤差が生じるという問題がある。

0006

本発明はこのような事情に鑑みてなされたもので、ルックアップテーブルを必要とせず、かつ簡単な処理で所望の入出力特性を有する非線形信号処理を行うことができる非線形信号処理装置及び画像信号処理装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記目的を達成するために請求項1に係る発明は、第1のデジタル信号を入力すると、該第1のデジタル信号を非線形の入出力特性をもつ第2のデジタル信号に変換して出力する非線形信号処理装置であって、前記第1のデジタル信号の大きさに応じて区分された複数の区間ごとに、該第1のデジタル信号を変数とする一次式を特定するためのデータを記憶する記憶手段と、入力する第1のデジタル信号の大きさに応じて前記記憶手段から前記一次式を特定するためのデータを読み出す読出手段と、前記入力する第1のデジタル信号と前記記憶手段から読み出した一次式を特定するためのデータとに基づいて該一次式の演算を行い、その演算値を前記第2のデジタル信号として出力する演算手段と、を備え、前記記憶手段に記憶させる一次式を特定するためのデータは、前記非線形の入出力特性をもつ曲線を前記各区間ごとに一次近似する一次式を特定するデータであることを特徴としている。

0008

即ち、この非線形信号処理装置は、第1のデジタル信号を入力すると、該第1のデジタル信号を非線形の入出力特性をもつ第2のデジタル信号に変換して出力するもので、前記第1のデジタル信号を変数とする一次式を演算することによって前記第2のデジタル信号を得るようにしている。尚、一次式を特定するためのデータは、入出力特性を示す曲線に応じてその曲線を一次近似する直線の分割数や間隔を決め、各一次式ごとに予め記憶手段に記憶されている。

0009

請求項2に示すように前記一次式を特定するためのデータは、一次式の傾きを示す傾きデータ切片を示す切片データであり、前記演算手段は、前記入力する第1のデジタル信号と前記傾きデータとを乗算する乗算手段と、該乗算手段によって得られる乗算値と前記切片データとを加算する加算手段とからなることを特徴としている。尚、一次式を特定するためのデータは、入出力特性を示す曲線上の一次近似する分割点のデータでもよい。

0010

請求項3に係る画像信号処理装置は、第1のデジタル画像信号を入力すると、該第1のデジタル画像信号を所定のガンマ特性をもつ第2のデジタル画像信号に変換して出力するガンマ補正手段と、前記第2のデジタル画像信号に基づいてアパーチャ信号を生成するアパーチャ信号生成手段と、前記ガンマ補正手段における所定のガンマ特性を示す曲線の微係数逆数の入出力特性をもつ請求項1の非線形信号処理装置であって、前記第2のデジタル画像信号を前記第1のデジタル信号として入力し、前記第2のデジタル信号を前記アパーチャ信号のゲイン信号として出力する非線形信号処理装置と、前記アパーチャ信号生成手段によって生成されたアパーチャ信号と前記非線形信号処理装置から出力されるゲイン信号とを乗算する乗算手段と、前記第2のデジタル画像信号に前記乗算手段から出力される乗算値を加算する加算手段と、を備えたことを特徴としている。

0011

前記非線形信号処理装置により前記ガンマ特性を示す曲線の微係数の逆数の入出力特性をもつように前記アパーチャ信号に対するゲイン信号を生成するようにしたため、低輝度部分でのS/Nを向上させることができるとともに、高輝度部分でのエッジ強調を良好に行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下添付図面に従って本発明に係る非線形信号処理装置及び画像信号処理装置の好ましい実施の形態について詳説する。

0013

図1は本発明に係る画像信号処理装置の実施の形態を示すブロック図である。

0014

この画像信号処理装置は、画像の濃淡を示す輝度データをガンマ補正するとともに、そのガンマ補正した輝度データにアパーチャ信号を加算してエッジ強調を行うもので、主としてガンマ補正部10と、アパーチャ信号生成部20と、アパーチャゲイン生成部30と、乗算器40と、加算器50とから構成されている。

0015

ガンマ補正部10は、入力する輝度データYをガンマ補正するもので、例えば、図2に示すように入力データに対して所定のガンマ特性を示す出力データが記憶されているルックアップテーブル(LUT)によって構成されており、輝度データYを入力すると、その輝度データYをガンマ補正した輝度データY′に変換し、この輝度データY′を出力する。

0016

アパーチャ信号生成部20は、ガンマ補正後の輝度データY′からエッジ強調用のアパーチャ信号Yapを生成するもので、例えば、バンドパスフィルタによって構成されている。このアパーチャ信号生成部20によって生成されたアパーチャ信号Yapは、乗算器40に加えられる。

0017

乗算器40の他の入力には、アパーチャゲイン生成部30からアパーチャゲインgainが加えられており、乗算器40は前記アパーチャ信号Yapとアパーチャゲインgainとを乗算し、その乗算値(即ち、アパーチャゲインgainによって増減したアパーチャ信号)Yap′を加算器50に出力する。

0018

加算器50の他の入力には、ガンマ補正部10からガンマ補正後の輝度データY′が加えられており、加算器50はこの輝度データY′に前記アパーチャ信号Yap′を加算し、その加算値(Y′+Yap′)を出力する。これにより、ガンマ補正され、かつアパーチャ信号Yap′によってエッジ強調された輝度データ(Y′+Yap′)が得られる。

0019

次に、上記アパーチャゲイン生成部30について説明する。

0020

このアパーチャゲイン生成部30は、メモリ32と、演算部34とからなり、演算部34は乗算器34Aと加算器34Bとから構成されている。

0021

メモリ32には、非線形の入出力特性をもつ曲線を、該曲線の各区間ごとに一次式で一次近似する複数の一次式の傾きを示す傾きデータaと、切片を示す切片データbとが予め記憶されており、このメモリ32からは前記ガンマ補正部10から出力される輝度データY′に基づいて対応する区間の一次式の傾きデータaと切片データbとが読み出され、演算部34に出力される。

0022

演算部34の乗算器34Aには、ガンマ補正部10から輝度データY′が加えられるとともに、前記メモリ32から傾きデータaが加えられており、乗算器34Aは、これらの2入力を乗算して乗算値(a・Y′)を加算器34Bに出力する。

0023

加算器34Bの他の入力には、メモリ32から切片データbが加えられており、加算器34Bは、前記乗算値(a・Y′)と切片データbとを加算し、その加算値(a・Y′+b)をアパーチャゲイン信号gainとして出力する。即ち、演算部34は、次式

0024

gain=a・Y′+b
に示す一次式を演算することにより、アパーチャゲイン信号gainを算出するようにしている。

0025

次に、上記一次式を特定するための傾きデータa及び切片データbについて詳述する。

0026

まず、非線形の入出力特性をもつ曲線としては、前記ガンマ補正部10におけるガンマ図2参照)の微係数(ガンマの傾き)の逆数を示す曲線とする。図2に示すようなガンマによれば、このガンマの傾きの逆数をアパーチャゲインとして使用することにより、輝度データの低輝度部分でのS/Nを向上させることができるとともに、高輝度部分でのエッジ強調を良好に行うことができる。

0027

図3は上記ガンマの傾きの逆数の曲線を、4分割、8分割、16分割し、各区間を一次式で一次近似したグラフを示している。尚、図3上で、一点鎖線は、ガンマの傾きの逆数の曲線を4分割して一次近似したグラフであり、破線は、ガンマの傾きの逆数の曲線を8分割して一次近似したグラフであり、実線は、ガンマの傾きの逆数の曲線を16分割して一次近似したグラフである。

0028

図3に示すようにガンマの傾きの逆数の曲線は、16分割することでほぼ曲線で表現することができ、ガンマの傾きの逆数を近似的に求めることができる。

0029

上記ガンマの傾きの逆数の曲線を16分割する各区間ごとの一次式の傾きデータa、切片データb等を次表に示す。

0030

ID=000003HE=055 WI=062 LX=0290 LY=1850
尚、この[表1]の内容が前記メモリ32に記憶され、入力する輝度データY′から対応する区間が選択され、その区間の傾きデータa及び切片データbが読み出される。

0031

ところで、ガンマ補正部10は、前述したようにLUTによって構成されており、LUTには、図4(A)に示すように入力データに対して整数値となる出力データが記憶されている。この離散的な整数値からガンマの微係数(傾き)を求めると、図4(B)に示すように傾きがステップ状に変化する部分と、傾きが0となる部分とが繰り返され、傾きの増加・減少が表現できないが、予め一次関数で近似することで、精度よく微係数を算出することができる。

0032

尚、この実施の形態では、ガンマ補正部10をLUTによって構成したが、これに限らず、アパーチャゲイン生成部30と同様に、ガンマ曲線を各区間ごとに一次近似する一次式を演算することにより、ガンマ補正した輝度データを得るようにしてもよい。また、ガンマ補正部10やアパーチャゲイン生成部30に限らず、非線形の入出力特性をもつ曲線を各区間ごとに一次近似する一次式を演算することにより、LUTを使用せずに所望の入出力特性をもつ非線形信号処理をデジタル処理で行うようにしてもよい。

発明の効果

0033

以上説明したように本発明に係る非線形信号処理装置によれば、非線形の入出力特性をもつ曲線を複数の一次式で近似する、各一次式を特定するためのデータ(傾きデータと切片データ)を記憶する記憶手段から入力データに基づいて対応する傾きデータと切片データを読み出し、入力データ、傾きデータ及び切片のデータに基づいて一次式を演算して非線形の出力データを得るようにしたため、記憶容量が大きなルックアップテーブルを必要とせず、かつ簡単な演算処理で所望の精度の入出力特性を有する非線形信号処理を行うことができる。

0034

また、本発明に係る画像信号処理装置によれば、ガンマの微係数(傾き)の逆数をアパーチャゲイン信号とし、このアパーチャゲイン信号を生成するために上記非線形信号処理装置を適用することで、精度よく微係数を求めることができ、輝度データの低輝度部分でのS/Nを向上させることができるとともに、高輝度部分でのエッジ強調を良好に行うことができる。

図面の簡単な説明

0035

図1本発明に係る画像信号処理装置の実施の形態を示すブロック図
図2図1に示したガンマ補正部でのガンマ補正を説明するために用いた図
図3図1に示したガンマ補正部におけるガンマの微係数(傾き)の逆数の曲線を一次近似したグラフ
図4ルックアップテーブルから該ルックアップテーブルで示される曲線の微係数(傾き)を求める場合の不具合を説明するために用いた図

--

0036

10…ガンマ補正部、20…アパーチャ信号生成部、30…アパーチャゲイン生成部、32…メモリ、34…演算部、34A、40…乗算器、34B、50…加算器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ