図面 (/)

技術 界面活性剤を削減した、人と環境にやさしい界面活性剤含有組成物

出願人 平田耕一
発明者 平田耕一
出願日 2002年1月30日 (15年9ヶ月経過) 出願番号 2002-022018
公開日 2003年8月8日 (14年3ヶ月経過) 公開番号 2003-221594
状態 未査定
技術分野 洗浄・漂白 化粧料 洗浄性組成物 繊維製品の化学的、物理的処理 繊維製品への有機化合物の付着処理
主要キーワード 微粒水 あわ立ち 石英安山岩 ポリオクタニウム 身体皮膚 界面活性剤含有率 セラミックスボール 料理品

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2003年8月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

少量の界面活性剤で効果を発揮させることができ、使用者の不安感や不満感を和らげる洗剤等の界面活性剤含有組成物を提供しようとする。

解決手段

界面活性剤と、土又は天然鉱石を含む素地焼成して成るセラミックス接触処理されたセラミックス処理水とを含む、シャンプー等として用いられる界面活性剤含有組成物である。又、界面活性剤と、前記セラミックス処理水と、セラミックスの微粒とを含む、シャンプー等として用いられる界面活性剤含有組成物である。セラミックス処理水は、セラミックスと、水とを接触させることにより得られる。

背景

シャンプー食器用洗剤、あるいは洗濯用洗剤などの洗浄剤は、そこに含まれる界面活性剤洗浄力を利用して対象物洗浄する。そして、これら洗浄剤の使用後は、界面活性剤が河川などの自然界に放出される。このため、これら洗浄剤は環境汚染原因となっていた。又、シャンプーや食器用洗剤のように直接手などの肌に触れる洗浄剤は、手荒れ肌荒れを引き起こすことがある。したがって、上記洗浄剤に多量の界面活性剤を使用することは使用者に不安感を与え、このことが製品効能に対しても不満感を与えてきた。

又、界面活性剤は、上記洗浄剤の他に、乳化剤分散剤凝集剤柔軟剤ヘアリンス剤防曇剤などにも使用されるが、これらの用途においても、界面活性剤を大量に使用することは、使用者に不安感を与えてきた。従って、これらの用途においても、少量の界面活性剤で十分な効果を発揮させることが望まれてきた。

概要

少量の界面活性剤で効果を発揮させることができ、使用者の不安感や不満感を和らげる洗剤等の界面活性剤含有組成物を提供しようとする。

界面活性剤と、土又は天然鉱石を含む素地焼成して成るセラミックス接触処理されたセラミックス処理水とを含む、シャンプー等として用いられる界面活性剤含有組成物である。又、界面活性剤と、前記セラミックス処理水と、セラミックスの微粒とを含む、シャンプー等として用いられる界面活性剤含有組成物である。セラミックス処理水は、セラミックスと、水とを接触させることにより得られる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

土あるいは天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックス、及び/又は天然鉱石、から成る微粒含有する、請求項1に記載の界面活性剤含有組成物。

請求項3

有機カルボン酸を含有する、請求項1又は2に記載の界面活性剤含有組成物。

請求項4

天然物や天然物からの抽出物を含有する、請求項1乃至3のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物。

請求項5

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物から成るシャンプー

請求項6

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物から成るヘアリンス剤

請求項7

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物を含有する乳液

請求項8

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物から成る衣料用柔軟剤

請求項9

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物から成る洗濯用洗剤

請求項10

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物を含有する歯磨き剤

請求項11

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物から成る食器用洗剤

請求項12

界面活性剤と、土又は天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックスと、を準備する工程と、土あるいは天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックス、及び/又は天然鉱石から成る微粒を準備する工程と、前記セラミックスを水に接触させセラミックス処理水を得る工程と、前記微粒と水とを混合してセラミックス微粒水を得る工程と、前記界面活性剤と前記セラミックス処理水と前記セラミックス微粒水とを混合する工程とを含む界面活性剤含有組成物の製造方法

請求項13

請求項1乃至4のいずれかに記載の界面活性剤含有組成物に、10〜30000サイクル/secで振幅が少なくとも0.05の振動を少なくとも3時間与える工程を含む界面活性剤含有組成物の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、界面活性剤含有量が少なくても有効に作用する、界面活性剤含有組成物に関する。

背景技術

0002

シャンプー食器用洗剤、あるいは洗濯用洗剤などの洗浄剤は、そこに含まれる界面活性剤の洗浄力を利用して対象物洗浄する。そして、これら洗浄剤の使用後は、界面活性剤が河川などの自然界に放出される。このため、これら洗浄剤は環境汚染原因となっていた。又、シャンプーや食器用洗剤のように直接手などの肌に触れる洗浄剤は、手荒れ肌荒れを引き起こすことがある。したがって、上記洗浄剤に多量の界面活性剤を使用することは使用者に不安感を与え、このことが製品効能に対しても不満感を与えてきた。

0003

又、界面活性剤は、上記洗浄剤の他に、乳化剤分散剤凝集剤柔軟剤ヘアリンス剤防曇剤などにも使用されるが、これらの用途においても、界面活性剤を大量に使用することは、使用者に不安感を与えてきた。従って、これらの用途においても、少量の界面活性剤で十分な効果を発揮させることが望まれてきた。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、これら問題点に鑑み、少量の界面活性剤で十分な効果を発揮させることができ、使用者の不安感や不満感を和らげる洗剤などの界面活性剤含有組成物を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0005

本発明の要旨とするところは、界面活性剤と、土又は天然鉱石を含む素地焼成して成るセラミックス接触処理されたセラミックス処理水と、を含む界面活性剤含有組成物であることにある。

0006

前記界面活性剤含有組成物は、土あるいは天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックス、及び/又は天然鉱石、から成る微粒含有し得る。

0007

前記界面活性剤含有組成物は、有機カルボン酸を含有し得る。前記界面活性剤含有組成物は、天然物や天然物からの抽出物を含有し得る。

0008

又、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物から成るシャンプーであることにある。更に、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物から成るヘアリンス剤であることにある。又更に、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物を含有する乳液であることにある。更に又、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物から成る衣料用柔軟剤であることにある。又、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物から成る洗濯用洗剤であることにある。更に、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物を含有する歯磨き剤であることにある。更に又、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物から成る食器用洗剤であることにある。

0009

更に、本発明の要旨とするところは、界面活性剤と、土又は天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックスと、を準備する工程と、土あるいは天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックス、及び/又は天然鉱石から成る微粒を準備する工程と、前記セラミックスを水に接触させセラミックス処理水を得る工程と、前記微粒と水とを混合してセラミックス微粒水を得る工程と、前記界面活性剤と前記セラミックス処理水と前記セラミックス微粒水とを混合する工程とを含む界面活性剤含有組成物の製造方法であることにある。

0010

又、本発明の要旨とするところは、前記界面活性剤含有組成物に10〜30000サイクル/secで振幅が少なくとも0.05の振動を少なくとも3時間与える工程を含む、界面活性剤含有組成物の製造方法であることにある。

発明を実施するための最良の形態

0011

本発明者は、セラミックス処理水の物質の働きを活性化する活性化作用に注目し、セラミックス処理水が脱臭作用を有することをまず見出した。例えば、焼肉店や理髪店において、土を焼成して得た素焼きセラミックスボール沸騰する水に浸漬しておき、その水から蒸発する蒸気を室内に充満させると、閉店後の室内に感じられる残臭消失するという現象が見出された。この現象は、セラミックス処理水の活性化の働きがにおいの元になる物質に作用してにおいを消すためと思われ、本発明者は、この点に注目して以下に記す発明を完成するに到った。

0012

本発明に係る界面活性剤含有組成物の一態様を説明する。本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックス処理水と界面活性剤とが混合されて成る。この界面活性剤含有組成物はシャンプーとして好適に用いられる。又、シャンプー等の洗浄剤の他に、乳化剤、分散剤、凝集剤、柔軟剤、ヘアリンス剤、防曇剤などにも使用される。

0013

この本発明に係る界面活性剤含有組成物は、従来の界面活性剤組成物を構成する水成分にセラミックス処理水を用い、かつ界面活性剤含有組成物中のセラミックス処理水の混合割合は従来用いられてきた水の混合割合よりも多い。従って、従来の界面活性剤含有組成物に比べて界面活性剤の混合割合が削減されている。具体的には、所定の界面活性剤含有組成物に含まれる界面活性剤の量が、従来の界面活性剤含有組成物に比べて10〜80%削減されている。又、本発明に係る界面活性剤含有組成物の他の態様においては、本発明に係る界面活性剤含有組成物は更に酢酸等の有機酸を含んで構成される。又更に、多数のセラミックスの微粒を含んで構成される。

0014

本明細書においては、セラミックス処理水とは水をセラミックスと接触させることにより得られる処理水をいう。この目的に用いるセラミックスとしては酸化鉄等の多様のミネラル成分を含有することが好ましい。土又は天然鉱石を含む素地を焼成して成るセラミックスや天然鉱石が好ましい。ここで土とは地面や地層から採取されるものをいう。粘土も土の一種である。素地は骨粉貝殻粉が混合されていてもよい。又、この目的に用いるセラミックスは、多孔質であることが接触処理の効率を高めて好ましい。多孔質のセラミックスは、カオリンなどの鉄その他の多様なミネラル成分を含有する土や天然鉱石の微粒、あるいは金属酸化物の微粒を単独で又は混合して焼成して得ることができる。このようにして得た焼き物には、ミネラル成分として鉄の他に、ナトリウムマグネシウムアルミニウムケイ素硫黄カリウムカルシウムジルコニウム等の各酸化物が含有されていることが処理の効果をたかめて好ましい。

0015

水とセラミックスとの接触は、具体的には、1〜10cm程の径に調整したセラミックスの塊状物カラム充填し、処理しようとする水をカラムの上部から流し込み、カラム中のセラミックスの塊状物に接触させつつ流下させ、カラムの下部から溶出させて取り出す方式であることが好ましい。セラミックスを充填するカラムのサイズは特に問わないが、カラムの内径が10cm、高さが1mのとき、処理すべき水の投入量は、1リットル/min程度であることが好ましい。セラミックスが多孔質であると、この接触の処理を時間を短縮して効率よく行なうことができる。

0016

ここで水は、セラミックスと接触されることにより、セラミックスから放射される遠赤外線が水の水素結合を切断して、クラスターのサイズの小さい水になるといわれている。又、水が多様のミネラル成分を含むセラミックスで処理されるときに、セラミックスから溶け出す多様のミネラル成分が複雑に機能して水の機能を変え、天然温泉水鉱水、名水のように使用時の感触を良好にするなど、水を人に負荷をかけないものに変化させるといわれている。

0017

又、セラミックス処理水は、表面張力が低下しているともいわれており、物質への浸透性が高い溶媒となりうる。さらにセラミックス処理水は、界面活性の効果もあると考えられる。

0018

なお、本発明において用いられるセラミックス処理水は、土又は天然鉱石を焼成せずに、そのまま水に接触させて用いることもできるが、このようにして得られたセラミックス処理水よりも、水を土又は天然鉱石を含む素地を600℃以上の温度で焼成して成るセラミックスと接触させて得られたセラミックス処理水のほうが、本発明におけるセラミックス処理水の上記効果が高い。これは、焼成により土などに含まれる有機成分が分解し、かつセラミックスの構造が変化し、より活性化効果が顕われるためと思われる。

0019

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックス微粒を含有していることが好ましい。セラミックス微粒の添加は、セラミックス処理水の皮膚への浸透性を増強し、又、セラミックス処理水を天然の温泉水、鉱水、名水のような感触にし、さらにセラミックス微粒の潤滑効果研磨剤効果によって界面活性剤の洗浄効果を増強する。又、さらに、セラミックス処理水の上記の諸効果を持続させる。又、セラミックス微粒を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物はを皮膚用洗剤として使用すると、皮膚にかゆみがでない。

0020

セラミックス微粒は、鉄成分等の多様のミネラル成分を含有する天然の鉱石粉砕して得ることができる。あるいは鉄成分等の多様のミネラルを含有するセラミックス原料素地を焼成して得られたセラミックスを粉砕して得ることができる。セラミックス微粒の粒径は、平均で0.5〜30μmであることが好ましい。又、さらに、シャンプーの感触をより滑らかにするために、1〜3μmであることが好ましい。

0021

本発明に係る界面活性剤含有組成物に対するセラミックス微粒の混合割合は、好ましくは0.001〜3%である。又、この混合割合は、界面活性剤含有組成物1cc中に約103〜約107個のセラミックス微粒が含有されていることに相当し、このセラミックス微粒の表面を介してその表面に接触する水が活性化され、又、その表面から微量のミネラル成分が水中に溶出する。これにより、セラミックス処理水の上記効果が持続される。この持続効果及び界面活性剤の洗浄効果の増強効果は、セラミックス原料素地を600℃以上で焼成して得られたセラミックスを粉砕して得られたセラミックス微粒を用いたほうが、天然の石から成るセラミックス微粒や、天然の石を粉砕して得られたセラミックス微粒を用いた場合より、大きい。又、セラミックス原料素地を600℃以上で焼成して得られたセラミックスを粉砕して得られたセラミックス微粒は、多数の微孔を有する多孔質体でもあり、界面活性剤含有組成物に含まれる界面活性剤や、添加物をその微孔に保持するので、界面活性剤や、添加物の効果が持続する。従って、本発明においては、セラミックス微粒としてはセラミックス原料素地を600℃以上で焼成して得られたセラミックスを粉砕して得られたセラミックス微粒を用いることがことが好ましい。

0022

本発明に係る界面活性剤含有組成物は天然物や天然物からの抽出物を添加し得る。添加された天然物や天然物からの抽出物の作用がセラミックス処理水により増進させられ、これら添加された天然物や天然物からの抽出物の薬効が顕著に顕われる。ここで、天然物とは、木、草、果実を含み、動植物分泌物を含む。天然物は、漢方薬として使用されるものを含む。又、天然物は、ハーブエキス等の西洋で用いられてきた生薬を含む。

0023

本発明に係る界面活性剤含有組成物はシャンプーとして好適に使用することが出来る。より詳細には、本発明に係る界面活性剤含有組成物から成るシャンプーの態様の一例は、ラウレス硫酸Na(純分30%の水溶液)が25%、コカミドプロピルベタイン(純分30%の水溶液)が4%、コカミドDEAが3%、ココイルグルタミン酸Naが3%、有機カルボン酸(酢酸、クエン酸リンゴ酸重量比が1:1.6:0.03の混合物)が0.2%、グリセリンが1%、PPG−12−PEG−50ラノリンが1%、EDTE−2Naが0.1%、ポリオクタニウム−10が0.7%、カラメルが0.4%、安息香酸が0.2%、ヒノキチオールが0.1%、、おおばこ等の植物からの抽出物が0.01%、セラミックス微粒が0.08%、およびセラミックス処理水(残余)から構成される。なお、本明細書においては、特に断りのない限り、組成の率を表す%は、重量%を意味するものとする。

0024

なお、上述のシャンプーと同様の種類の界面活性剤を成分とする従来のシャンプーの処方においては、一定量の界面活性剤組成物に含まれる界面活性剤の量が上述の界面活性剤組成物に含まれる界面活性剤の量より約3割多くなっている。即ち、ラウレス硫酸Na(純分30%の水溶液)が40%、コカミドプロピルベタイン(純分30%の水溶液)が7%、コカミドDEAが5%、ココイルグルタミン酸Naが4%含まれるものが、洗浄性や粘度の点で好適とされている。界面活性剤がこの比率の組成で、その他はセラミックス処理水をのぞいては上記のシャンプーと同じ組成比率とし、残余は従来使用している水に代えてセラミックス処理水を使用してシャンプーを作った場合は、できたシャンプーの粘度が従来のシャンプーに比べ高くなる。これを適度の粘度にするためには、このできたシャンプーにセラミックス処理水をさらに追加する必要がある。

0025

本発明に係るシャンプーは、頭髪などの洗浄対象物の臭いの除去効果を助長するために、酢酸などの有機カルボン酸を添加することが好ましい。本発明に係るシャンプーが含有する有機カルボン酸の混合割合は、上記目的を達成しうる範囲内であればいずれでもよく、0.001〜3%であることが好ましい。又、本発明で用いる有機カルボン酸は、酢酸とクエン酸とリンゴ酸との混合物からなることが好ましいが、酢酸を含んで構成されていればこれに限られるものではなく、酢酸の他に任意有機カルボン酸化合物群から選択し得る。

0026

本発明に係るシャンプーは、従来のシャンプーに比べて界面活性剤の配合量を1〜8割低く抑えても頭皮および頭髪を十分に洗浄し、クリィミーで持続性のある泡が立つ。本発明に係るシャンプーは、シャンプー中の界面活性剤として、アルキル硫酸塩アルキルエーテル硫酸塩などの陰イオン性界面活性剤や、アルキル酢酸ベタインアミド酢酸ベタインなどの両性界面活性剤、又は脂肪酸アルカノールアミドポリオキシエチレンアルキルエーテルなどの非イオン性界面活性剤を用いてもよい。あるいは、これら界面活性剤の群から選択される1又は複数の界面活性剤を組み合わせて用いても構わない。

0027

本発明に係るシャンプーで洗髪すると、界面活性剤含有組成物中のセラミックス処理水に含有している各種のミネラルや、界面活性剤含有組成物に添加された薬効成分が、セラミックス処理水の浸透効果により傷んだ髪に入り込み、ドライヤーによるブロー後に、髪に特別のつやがでてくる。また手触りがよくなる。又、本発明に係るシャンプーで洗髪すると、毛髪臭の残臭やパーマをかけたあとのパーマ臭が残らないで除去される。これは、セラミックス処理水が、シャンプーに含まれる消臭成分の作用を促進するとともに、セラミックス処理水そのものが臭いの元となる物質に作用して消臭作用を発揮するためと思われる。

0028

本発明に係る、生薬や漢方薬等の薬効成分及びセラミックス微粒水を含有するシャンプーで洗髪すると、薬効成分の薬理効果が引き出され、頭皮、皮膚のかゆみが収まり、ふけを抑え、保湿効果に優れ、毛染剤整髪料、他の不純物、髪に付着した汚れ等がよく落ちる。このため、洗髪後に使用したには汚れが付かなくなるという使用例の効果も挙げることが出来る。又、本発明に係る、生薬や漢方薬等の薬効成分及びセラミックス微粒水を含有するシャンプーは、直接皮膚につけてもかゆみが収まる。

0029

本発明に係るシャンプーは、ペット用のシャンプーとしても好適に用いられる。本発明に係るシャンプーにより洗われは、界面活性剤含有組成物中のセラミックス処理水に含有している各種のミネラルや、界面活性剤含有組成物に添加された薬効成分が、セラミックス処理水の浸透効果により毛に入り込み、臭いが消えるとともに特別のつやと、優れた手触りを持つ。この場合も、セラミックス処理水が、シャンプーに含まれる消臭成分の作用を促進するとともに、セラミックス処理水そのものが臭いの元となる物質に作用して消臭作用を発揮するためと思われる。

0030

又、本発明のシャンプーにおいて含まれる界面活性剤の混合割合は、界面活性剤が与える環境に対する負荷を減少し、又、製造コストの削減を図るために、従来のシャンプーに含まれる界面活性剤の10〜90%であることが好ましい。より好ましくは60〜80%である。

0031

本発明に係るシャンプーの調製方法の他の一例としては、上記方法によって得たセラミックス処理水に、所定量のセラミックス微粒および/又は有機カルボン酸を添加し、この微粒および/又は有機カルボン酸が混合されたセラミックス処理水を上記界面活性剤などとともに調製に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げることにより調製することができる。

0032

又、セラミックス処理水と界面活性剤と、所望濃度に調整したセラミックス微粒含有セラミックス処理水および/又は有機カルボン酸含有セラミックス処理水とを調製釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げる方法であってもよい。

0033

更に、セラミックス微粒と水とを混合してセラミックス微粒水を得て、有機カルボン酸と界面活性剤とセラミックス処理水とセラミックス微粒水とを調製釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げる方法であってもよい。予めセラミックス微粒水を得て、そのセラミックス微粒水を界面活性剤やセラミックス処理水等と混合することにより、セラミックス処理水の活性化効果が更に確実なものになる。

0034

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックス処理水と界面活性剤、および好ましくは有機カルボン酸とセラミックス微粒を含有して構成されるものであれば、上記シャンプーとして用いられる態様に限られるものではない。具体的には、本発明に係る界面活性剤含有組成物は食器用洗剤として使用することが出来る。この場合、食器用洗剤は、界面活性剤として、アルキルベンゼンスルホン酸塩や、硫酸アルキルポリオキシエチレン塩等の陰イオン性界面活性剤が使用され得る。なお、アルキルポリグリコシドのような非イオン性界面活性剤が使用されてもよい。

0035

本発明に係る界面活性剤含有組成物を洗浄剤として使用すると、砥いだあとの包丁の鉄の匂いを消すことが出来る。又、この洗浄剤で洗浄した包丁を用いて調理した料理品には鉄の匂いがに移らない。従来は、砥いだあとの包丁の鉄の匂いが料理品に移らないようにするためには、砥いだあとの包丁を石灰水に長時間漬けて置く必要があったので、匂い消しの操作を大幅に簡略化出来る。更に、従来の一般的な市販の洗剤を用いて調理時にのはらわたを拭き取ったタオルを洗浄してもタオルに魚の匂いが残り、そのタオルの再使用は不可能であるが、調理時に魚のはらわたを拭き取ったタオルを、本発明の界面活性剤含有組成物を用いて洗浄するとタオルに付いた魚の匂いが消え、このタオルの再使用が可能となる。又、魚を調理したあとのまな板を本発明の界面活性剤含有組成物を用いて洗浄するとまな板に付いた魚の匂いが消える。又、料理店のカウンターに沁み込んだ料理品の匂いが、本発明の界面活性剤含有組成物を用いてカウンターを洗浄すると消える。

0036

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物はボディソープハンドソープ洗顔用ソープ洗顔クレンジング等の身体皮膚用洗剤として使用することが出来る。この場合には、界面活性剤として、リン酸アルキル塩や、長鎖脂肪酸塩等の陰イオン性界面活性剤が使用され得る。又、アルキル硫酸エステル塩、アルキルエーテル硫酸塩、ベタイン型両性活性剤が使用されてもよい。

0037

本発明に係る界面活性剤含有組成物から成る身体皮膚用洗剤は使用後は皮膚に残らず素早い泡切れを示した。これにより、すすぎ水道水を節約でき、水道代が節約されるとともに資源の有効利用に寄与することができる。

0038

更に、すすぎの排液中に含まれるセラミックス処理水が、遠赤外線蘇生作用により排水溝下水やそれに連なる河川の汚染物質の分解や消臭を助けると期待しうる。例えば、本発明に係る界面活性剤含有組成物を浴室でボディソープやシャンプーとして継続使用すると、浴槽排水溝の臭いが殆んど消える効果がある。又、本発明に係る界面活性剤含有組成物を食器用洗剤として継続使用すると、台所流し台排水流路、排水溝の悪臭が殆んど消える効果がある。

0039

本発明に係るセラミックス微粒水を含有する界面活性剤含有組成物は、ボディソープや洗顔用ソープや化粧落しクレンジングに使用した場合、洗顔時にセラミックス微粒が毛穴に入り込んで、従来落せなかった汚れを落すことが出来る。セラミックス微粒水は、セラミックス処理水を含む界面活性剤含有組成物に対して1/500〜1/1500の体積比率で含有させられていることが好ましい。

0040

本発明に係るセラミックス微粒水を含有する界面活性剤含有組成物は、化粧水として使用出来る。化粧水として使用した場合、添加された天然薬剤の効果がセラミックス処理水で増強されて、肌の、保湿効果や美白効果や蘇生効果の促進が期待出来る。又、洗顔時にセラミックス微粒が毛穴に入り込んで、従来落せなかった汚れを落すことが出来る。更に、本発明に係る、植物抽出物を含有する界面活性剤含有組成物を化粧水として継続して用いると、シワシミソバカスを減少もしくは消滅させる効果が期待出来る。これは、植物抽出物の蘇生作用、還元作用がセラミックス処理水により増強されるためと考えられる。

0041

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物は衣料用洗剤として使用することが出来る。この場合には、界面活性剤はアルキルベンゼンスルホン酸塩や、硫酸アルキルポリオキシエチレン塩などの陰イオン性界面活性剤が使用され得る。又、アルキルポリオキシエチレンエーテルのような非イオン界面活性剤が使用されてもよい。

0042

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物を、柔軟剤や、ヘアリンス剤として使用することが出来る。この場合には、界面活性剤はアルキルトリメチルアンモニウム塩や、ジアルキルジメチルアンモニウム塩のような陽イオン性界面活性剤が使用され得る。

0043

本発明に係る界面活性剤含有組成物から成るヘアリンス剤でリンスすると、界面活性剤含有組成物中のセラミックス処理水に含有している各種のミネラルや、界面活性剤含有組成物に添加された薬効成分が、セラミックス処理水の浸透効果により傷んだ髪に入り込み、ドライヤーによるブロー後に、髪に特別のつやがでてくる。また手触りがよくなる。又、本発明に係るシャンプーで洗髪すると、毛髪臭の残臭やパーマをかけたあとのパーマ臭が残らないで除去される。これは、セラミックス処理水が、ヘアリンス剤に含まれる消臭成分の作用を促進するとともに、セラミックス処理水そのものが臭いの元となる物質に作用して消臭作用を発揮するためと思われる。

0044

本発明に係る界面活性剤含有組成物をヘアリンス剤として使用すると、従来の洗剤において用いられる界面活性剤の量より少ない量の界面活性剤を用いて、実用上十分なリンス効果を得ることができ、界面活性剤による環境汚染を減少させることに寄与することができる。

0045

又、本発明に係る界面活性剤含有組成物は歯磨き剤として使用することが出来る。この場合には、界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウムのような界面活性剤が発泡剤として使用され得る。

0046

本発明に係る界面活性剤含有組成物を歯磨き剤として使用すると、従来の歯磨き剤において用いられる界面活性剤の量より少ない量の界面活性剤を用いて、従来の歯磨き剤と同等の清浄効果を得ることができた。又、界面活性剤の含有量を少なくすることにより、口内炎になりにくくなる。又、本発明に係る界面活性剤含有組成物を歯磨き剤として使用すると、口の粘りが消え、食物が歯に粘着しにくくなり、これにより口臭が消えるという効果がある。洗浄排液に含まれる界面活性剤の量が少なくなるので、環境汚染を減少させることができる。

0047

更に、本発明に係るセラミックス微粒水を含有する界面活性剤含有組成物を歯磨き剤として使用すると、歯石に付着したミクロの汚れを、従来の歯磨き剤を使用した場合に比べ極めてよく落すことが出来る。

0048

本発明に係る界面活性剤含有組成物には、松、杉、檜、おおばこ、つばき、かたばみ等の植物の抽出液を添加してもよい。又、レモン汁等の果実の液やその果実から抽出されたエキスを添加してもよい。これらの植物の抽出物や抽出液を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックス処理水の活性化効果によりその植物に含まれるフィトンチッド等の人体等の対象物に有効に作用する成分の消臭や殺菌や精神安定の効果が促進される。松、つばき、かたばみの抽出液が添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物は、特に消臭効果に優れており、その効果がセラミックス処理水の活性化効果により促進される。

0049

植物の抽出液を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物は、ボデイソープとして用いると、体臭を消す効果が顕著である。植物の抽出液を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物を犬等のペットの洗浄に用いると、ペットの臭いが消え、かつ消臭された状態が1〜2週間ほど持続する。これは、本発明に係る界面活性剤含有組成物に含まれる界面活性剤や植物の抽出液の消臭効果が、セラミックス処理水の活性化効果によりさらに高められるためである。又、セラミックス処理水そのものが臭いの元となる物質に作用して消臭作用を発揮するためと思われる。

0050

本発明に係る、松、杉、檜、おおばこ、つばき、かたばみ等の植物の抽出液を含む界面活性剤含有組成物から成る衣料用洗剤で下等衣料洗うと、その界面活性剤含有組成物に含まれるセラミックス処理水の作用でその抽出液の消臭成分が永持ちして、靴下の場合、1日履いても臭いが付かず、又、ふんわりとしている。又、これは、セラミックス処理水が、シャンプーに含まれる消臭成分の作用を促進するとともに、セラミックス処理水そのものが臭いの元となる物質に作用して消臭作用を発揮するためと思われる。

0051

更に、本発明に係る界面活性剤含有組成物には、漢方薬、生薬、天然酢、、植物より抽出した天然素材から成る栄養素を添加してもよい。このような添加物を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物を用いた例えば皮膚用洗剤、ヘアリンス剤、乳液は、その界面活性剤含有組成物に含まれるセラミックス処理水の活性化効果により、その添加物が皮膚や毛髪等の対象物に与える添加物の本来の効果が促進される。又、このセラミックス処理水は、これらの添加物に含まれる有効成分の皮膚への浸透を助長する。

0052

例えば、本発明の界面活性剤組成物を用い、漢方薬、生薬、天然酢、蜜、植物より抽出した天然素材が添加された乳液は、その添加物の薬理効果がセラミックス処理水により助長され、クリーミィな感触、外観と、保湿効果に優れ、皮膚に保湿感が蘇り、極めの細かい肌質になりしっとり効果が持続する。又、肌の蘇生作用や美白効果が期待出来る。更に、この乳液を継続して用いると、シワ、シミ、ソバカスを減少もしくは消滅させる効果が期待出来る。これは、植物抽出物の蘇生作用、還元作用がセラミックス処理水により増強されるためと考えられる。

0053

本発明に係る界面活性剤含有組成物には、植物より抽出した、ピネンを含む抽出液を添加してもよい。ピネンは松、檜からの抽出液にも含まれる。このような添加物を添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物を犬等のペットの洗浄に用いれば、その界面活性剤含有組成物に含まれるセラミックス処理水の活性化効果により、ピネンが皮膚や毛に浸透する効果が促進され、のみの発生が抑制される。

0054

本発明に係る界面活性剤含有組成物を皮膚の洗浄に用いると、皮膚の保湿効果がある。又、皮膚炎を抑え、水虫を抑える効果がある。本発明に係る界面活性剤含有組成物を皮膚の洗浄に継続して用いると、水虫が1月目で半減し、3ケ月で消滅した例が挙げられる。又、本発明に係る界面活性剤含有組成物から成る皮膚洗浄剤は皮膚の保湿効果があり、使用後に皮膚がしっとりとしている。更に、本発明に係る界面活性剤含有組成物をボディソープや洗顔用ソープや化粧落しクレンジングに使用した場合、添加された天然薬剤の効果がセラミックス処理水で増強されて、肌の、保湿効果や美白効果や蘇生効果の促進が期待出来る。更に、継続して用いると、シワ、シミ、ソバカスを減少もしくは消滅させる効果が期待出来る。これは、植物抽出物の蘇生作用、還元作用がセラミックス処理水により増強されるためと考えられる。

0055

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、食器用洗剤、トイレバス等の住居用洗剤、乳液用分散剤、衣料用柔軟剤、繊維製品仕上げ油剤水性塗料原料添加剤等に用いることができ、従来の使用法に比べて使用される界面活性剤の量を減らすことが出来る。

0056

本発明に係るセラミックス微粒水を含有する界面活性剤含有組成物は、洗剤として使用すると、衣類食器、毛髪、皮膚などに付着した汚れを極めてよく落すことが出来る。

0057

本発明に係る界面活性剤含有組成物において、セラミックス処理水が、界面活性剤、及び有機酸、植物抽出物等の添加物の作用を高める効果は、界面活性剤含有組成物に振動を与えることにより、更に増強される。振動は、振動数10〜30000サイクル/secで、振幅が少なくとも0.05mmであることが添加物の作用を高めるうえで好ましい。振動は、界面活性剤含有組成物を収納した容器を、この範囲の振動数で振動させることにより与えられる。あるいは、振動する振動子を界面活性剤含有組成物中に入れてこの範囲の振動数で振動させてもよい。界面活性剤含有組成物にこのような振動を少なくとも3時間、好ましくは3〜24時間与えた後、使用する。

0058

以下に本発明を実施例に基づいて説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0059

[実施例]
(実施例1)黒色ガラス質石英安山岩を粉砕して粒径が1〜50μmの粉体を得、この粉体を粘土と混合し球形に成形した。混合重量比は、粉体1に対して粘土(乾燥物換算)5であった。この球形の成形物を800℃で焼成し多孔質の素焼きの焼成物を得、さらにこの素焼きの焼成物の表面に上記粉体をまぶした後、1310℃で焼成して、直径20mmのセラミックスボールを得た。このセラミックスボールは、0.6%のFe2O3を含有していた。その他に、TiO2、Al2O3、MnO、MgO、K2O、Na2Oをそれぞれ0.01〜2.5%含有していた。このセラミックスボールを内径100mm、高さ1000mmの筒に充填し、筒の上部から水道水を1リットル/minの流量で注ぎ込み、筒の下部から流出させてセラミックス処理水を得た。

0060

このセラミックス処理水を用い、以下の処方でシャンプー用の界面活性剤含有組成物を作った。なお、この処方におけるある一定量のシャンプーのなかの界面活性剤の含有量は、同様の界面活性剤を用いた同じ量の従来のシャンプーのなかの界面活性剤の含有量よりも約30%減となっている。
ラウレス硫酸Na(純分30%の水溶液) 25%
コカミドプロピルベタイン(純分30%の水溶液) 4%
コカミドDEA 3%
ココイルグルタミン酸Na 3%
グリセリン1%
PPG−12−PEG−50ラノリン1%
EDTA−2Na 0.1%
ポリオクタニウム−10 0.7%
カラメル0.4%
安息香酸0.2%
ヒノキチオール0.1%
杉、檜、松、おおばこ抽出物0.01%
セラミックス処理水 残余

0061

これらの原料を調合釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げた。なお、このセラミックス処理水は、投入するまえに、逆浸透膜によるろ過を行った。

0062

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的なシャンプーに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来のものに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。さらにこのシャンプーは、人と環境にやさしいというイメージ効果があり、使用する者に安心感と満足感を与えることができた。

0063

(実施例2)実施例1に使用したシャンプー用界面活性剤組成物に、1%有機カルボン酸(酢酸:クエン酸:リンゴ酸=1:1.6:0.03)含有セラミックス処理水を体積比1500:1で添加した他は実施例1と同様にしてシャンプーを得た。セラミックス処理水は実施例1と同様にして得た。

0064

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来のものに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来の一般的なシャンプーに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。又、実施例1で得られた界面活性剤含有組成物に比べて、頭髪や頭皮の脱臭効果がより優れていた。このシャンプーは、人と環境にやさしいというイメージ効果があり、使用する者に安心感と満足感を与えることができた。

0065

このシャンプーを1年間放置しその後使用したが、1年前と比べあわ立ちのきめがやや減少した。優れているものの、使用後の手の感触の滑らさもやや減少したが、従来の一般的なシャンプーに比べ優れていた。

0066

(実施例3)実施例1に使用したシャンプー用界面活性剤組成物に、1.2%のセラミックス微粒を含有させたセラミックス処理水、を重量比800:1で添加した他は実施例1と同様にしてシャンプーを得た。セラミックス微粒は、実施例1で得た多孔質の素焼きの焼成物を粉砕し、平均粒径ミクロンとしたものを用いた。このセラミックス微粒は、0.6%のFe2O3を含有していた。その他に、TiO2、Al2O3、MnO、MgO、K2O、Na2Oをそれぞれ0.01〜2.5%含有していた。

0067

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的なシャンプーに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来の一般的なシャンプーに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。又、実施例1で得られた界面活性剤含有組成物に比べて手の汚れをさらによく落とす効果があった。このシャンプーは、人と環境にやさしいというイメージ効果があり、使用する者に安心感と満足感を与えることができた。

0068

更に、通常の生活を送っていて頭皮がかさかさしていてふけが発生しやすい所謂ふけ症の者10名にこのシャンプーを使用してもらった。この時、このシャンプーによる洗髪を通常の生活におけると同様に1回/2日のペースで行なった。使用開始後1ケ月で10名中9名はふけとかゆみがおさまり、頭皮につやがでてきた。1名はふけの発生が少なくなった。

0069

(実施例4)実施例1に使用したシャンプー用界面活性剤組成物に、1.2%有機カルボン酸(酢酸:クエン酸:リンゴ酸=1:1.6:0.03)含有セラミックス処理水を体積比1500:1で、実施例3で用いたセラミックス微粒含有セラミックス処理水を体積比800:1で添加した他は実施例1と同様にしてシャンプーを得た。

0070

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的なシャンプーに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来のものに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。又、実施例1で得られた界面活性剤含有組成物に比べて手の汚れや頭髪の臭いなどをよく落とす効果があった。このシャンプーは、人と環境にやさしいというイメージ効果があり、使用する者に安心感と満足感を与えることができた。

0071

(実施例5)実施例4に使用したシャンプー用界面活性剤組成物を用いて犬(ラブラドール・リトリバー系、4、雌)の洗浄をブラッシングしながら行なった。洗浄後犬特有動物臭が消えた。この消臭効果は2週間持続した。又、毛並みに特別のつやがでて、かつ手触りが非常によくなった。

0072

(実施例6)実施例3に使用したシャンプー用界面活性剤組成物に、20%のセラミックス微粒を含有させたセラミックス処理水、を重量比800:1で添加した他は実施例3と同様にしてシャンプーを得た。

0073

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的なシャンプーに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来のものに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。又、実施例3で得られた界面活性剤含有組成物に比べてさらに手の汚れをよく落とす効果があった。このシャンプーは、人と環境にやさしいというイメージ効果があり、使用する者に安心感と満足感を与えることができた。このシャンプーを1年間放置しその後使用したが、1年前と同様の上記効果が得られた。

0074

(実施例7)実施例1と同様にしてセラミックス処理水を得た。このセラミックス処理水を用い、以下の処方で洗顔用の界面活性剤含有組成物を作った。なお、この処方におけるある一定量の洗顔用の界面活性剤含有組成物のなかの界面活性剤の含有量は、同様の界面活性剤を用いた同じ量の従来の洗顔用の界面活性剤含有組成物のなかの界面活性剤の含有量よりも約40%減となっている。
ラウレス酢酸Na 14.25%
ウラミンオキシド5.7%
コカミドDEA 5.7%
グリセリン5.7%
ブチレングリコール1.0%
ココイルグルタミン酸TEA 1.14%
ココイルメチルタウリンNa 1.14%
ポリオクタニウム−10 0.7%
カラメル0.4%
EDTA−2Na 0.1%
クエン酸0.2%
オランダカラシエキス適量
ゴボウエキス適量
セイヨウキズタエキス適量
セージエキス適量
レモンエキス 適量
ヒノキチオール適量
フェノキシエタノール0.1%
ヒノキチオール 0.1%
杉、檜、松、おおばこ抽出物0.001%
セラミックス処理水 残余

0075

これらの原料を調合釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げた。なお、セラミックス処理水は、投入するまえに、逆浸透膜によるろ過を行った。

0076

このようにして得られた混合物に、1.2%有機カルボン酸(酢酸:クエン酸:リンゴ酸=1:1.6:0.03)含有セラミックス処理水を体積比1500:1で、セラミックス微粒含有セラミックス処理水を体積比800:1で添加して界面活性剤組成物を得た。

0077

この界面活性剤組成物を洗顔用洗剤として用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的な洗顔用洗剤に比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来のものに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。さらにこの洗顔用洗剤を、洗顔に1回/日の頻度で3ケ月継続したところ、脂肪の塊から成る顔面いぼ状物が消滅した。又、顔面の皮膚がツルツルになった。

0078

(実施例8)実施例7と同様にして得られた界面活性剤組成物を頭髪用シャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があり、かつ従来の一般的なシャンプーに比べきめ細かいあわ立ちが得られた。又、従来のものに比べ使用後の手の感触が滑らかであった。

0079

更に、このシャンプーを、アトピー性皮膚炎の症状のある10名に対して、皮膚用シャンプーとして3ケ月継続使用したところ、使用時に皮膚に対する刺激感が殆んどなく、又、このシャンプーの使用前に皮膚にかゆみがあったのに対し、3ケ月継続使用後に全員そのかゆみが止まった。又、その10名中3名は、アトピーの症状が緩和した。

0080

(実施例9)実施例1と同様にしてセラミックス処理水を得た。このセラミックス処理水を用い、以下の処方でリンス用の界面活性剤含有組成物を作った。なお、この処方におけるある一定量のリンス用の界面活性剤含有組成物のなかの界面活性剤の含有量は、同様の界面活性剤を用いた同じ量の従来のリンス用の界面活性剤含有組成物のなかの界面活性剤の含有量よりも約30%減となっている。
ミネラルオイル2.3%
セタノール5.7%
ジフェニルジメチコン0.5%
セトリモニュームクロリド 0.5%
テニルアルコール0.5%
ラノリンロウ0.3%
メチルパラベン適量
ヒノキオイル適量
セージエキス適量
レモンエキス 適量
ヒノキチオール適量
セラミックス処理水 残余

0081

これらの原料を調合釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げた。なお、セラミックス処理水は、投入するまえに、逆浸透膜によるろ過を行った。

0082

このようにして得られた混合物に、1.2%有機カルボン酸(酢酸:クエン酸:リンゴ酸=1:1.6:0.03)含有セラミックス処理水を体積比1500:1で、セラミックス微粒含有セラミックス処理水を体積比800:1で添加して界面活性剤組成物を得た。この界面活性剤組成物をヘアリンス剤として用いたところ、ドライヤーによるブロー後に、髪に特別のつやがでてきた。また手触りがしっとりとしてよくなった。

0083

(実施例10)実施例9で得られた界面活性剤組成物を容器に入れ、振動数60サイクル/秒、振幅0.5mmで振動する振動面を有する振動器の振動面に載置して6時間振動させた後、ヘアリンス剤として用いたところ、ドライヤーによるブロー後に、髪に実施例9に比べてさらに特別のつやがでてきた。

0084

(実施例11)中部地方の約5000万年前地層から採取した土と貝殻粉を重量比10:1で混合して水分を調整して粘土状にし、球形に成形した。この球形の成形物を800℃で焼成し、直径20mmの素焼きのセラミックスボールを得た。このセラミックスボールは、Fe2O3、TiO2、Al2O3、MnO、MgO、K2O、Na2Oをそれぞれ0.01〜2.5%含有していた。CaOを6.0%含有していた。このセラミックスボールを内径100mm、高さ1000mmの筒に充填し、筒の上部から水道水を1リットル/minの流量で注ぎ込み、筒の下部から流出させてセラミックス処理水を得た。このセラミックス処理水を用いた他は実施例1と同様にして界面活性剤含有組成物を得た。

0085

この界面活性剤含有組成物をスポンジに含ませて、砥いだあとの包丁をこすって拭ったところ、鉄の匂いが消え、又、この拭ったあとの包丁で調理したときに、鉄の匂いが料理品に移らなかった。従来は、砥いだあとの包丁の鉄の匂いが料理品に移らないようにするためには、砥いだあとの包丁を石灰水に長時間漬けて置く必要があったので、匂い消しの操作を大幅に簡略化できた。

0086

更に、調理時に魚のはらわたを拭き取ったタオルを、この界面活性剤含有組成物を用いて洗浄したらタオルに付いた魚の匂いが消え、このタオルの再使用が可能となった。従来の一般的な市販の洗剤を用いて調理時に魚のはらわたを拭き取ったタオルを洗浄しても魚の匂いは消えず、タオルの再使用は不可能であった。

0087

(比較例1)以下の処方で以下の処方でシャンプー用の界面活性剤含有組成物を作製した。
ラウレス硫酸Na(30%) 40%
コカミドプロピルベタイン(30%) 7%
コカミドDEA 5%
ココイルグルタミン酸Na 4%
グリセリン1%
PPG−12−PEG−50ラノリン1%
EDTA−2Na 0.1%
ポリオクタニウム−10 0.7%
カラメル0.4%
安息香酸0.2%
ヒノキチオール0.1%
杉、檜、松、おおばこ抽出物0.01%
水道水残余

0088

これらの原料を調合釜に投入し、60〜70℃で約1時間練り上げた。なお、水道水は、投入するまえに、逆浸透膜によるろ過を行った。

0089

得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性があったが、実施例1で得られた界面活性剤含有組成物を使用したときに比べあわ立ちのきめの細かさに劣っていた。又、実施例1で得られた界面活性剤含有組成物を使用したときに比べ使用後の手の感触がかさつく感じであり、かつ、使用後に手荒れが生じた。かつ、使用する者に不安感と不満感が残った。

0090

更にこの界面活性剤含有組成物を用いて犬(ラブラドール・リトリバー系、4歳、雌)の洗浄をブラッシングしながら行なった。洗浄後は毛は綺麗になったが、犬特有の動物臭は残っていた。

0091

(比較例2)セラミックスボールとして、アルミナの微粒(平均粒径20ミクロン)を1650℃で焼結して得たアルミナ焼結体から成るセラミックスボールを用いた他は、実施例1と同様にしてシャンプー用の界面活性剤含有組成物を作った。このセラミックスボールは鉄成分が微量の不純物のレベルを超えては検出されなかった。得られた界面活性剤含有組成物は通常のシャンプーに比べて粘度が不足していた。得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性が認められず、かつ従来のシャンプーに比べあわ立ちが不足していた。又、使用後の手の感触が粗い感じであった。

0092

(比較例3)黒色ガラス質石英安山岩と花崗岩とを重量比1:1にまぜて粉砕して粒径が10〜30mmの砕石を得、この砕石を内径100mm、高さ1000mmの筒に充填し、筒の上部から水道水を1リットル/minの流量で注ぎ込み、筒の下部から流出させてセラミックス処理水を得た。このセラミックス処理水を用いた他は実施例1と同様にしてシャンプー用の界面活性剤含有組成物を作った。得られた界面活性剤含有組成物は実施例1で得られたシャンプーに比べて粘度がやや不足していた。得られた界面活性剤含有組成物をシャンプーとして用いたところ、実用上十分な洗浄性が認められず、かつ従来のシャンプーに比べあわ立ちがやや不足していた。又、使用後の手の感触が実施例1で得られたシャンプーを用いた場合に比べやや粗い感じであった。

発明の効果

0093

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、組成物にセラミックス処理水を用いることにより、当該用途に用いられている従来の界面活性剤含有組成物に比べ、界面活性剤含有率を少なくしても当該用途における実用上十分な性能を得ることができる。このため、本発明に係る界面活性剤含有組成物は、使用後の排液に含まれる界面活性剤の量が少なくすることができ、これにより環境汚染を減少させることができる。又、界面活性剤含有組成物製品の原料コストを削減できる。

0094

本発明に係る界面活性剤含有組成物を、シャンプー、食器用洗剤、身体皮膚用洗剤、衣料用洗剤などの洗剤として用いた場合には、従来の洗剤において用いられる界面活性剤の量より少ない量の界面活性剤を用いて、実用上十分な洗浄力を有する洗剤を得ることができため、敏感肌の使用者も使用できる。特に、本発明に係るシャンプーは皮膚及び毛髪の保湿作用を高めて、ふけの発生を減少できる。又、毛髪の光沢を増し静電気を防止する効果を助長する。

0095

本発明に係る界面活性剤含有組成物からなる洗浄剤は、優れた消臭効果がある。

0096

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、多様なミネラルを含むセラミックス処理水が使用されていることにより、人と環境に負荷をかけないという心理的な効果が期待され、使用する者に安心感と満足感を与える。

0097

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックスの微粒を混合することにより、含有されているセラミックス処理水の効果が助長され、持続される。

0098

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、セラミックスの微粒を混合することにより、使用時の触感を良好にし、又、特に、シャンプー、化粧落とし用のクレンジング製品のような洗顔剤、手などを洗う洗剤等の洗浄用に用いたときの洗浄効果や、消臭効果や、歯磨き剤に用いたときの歯の清浄効果を高める。又、口臭を低減させる効果を増強する。

0099

本発明に係る界面活性剤含有組成物は、添加された天然物や天然物からの抽出物の作用がセラミックス処理水により増進させられ、天然物や天然物からの抽出物が添加された本発明に係る界面活性剤含有組成物を使用すると、これら添加された天然物や天然物からの抽出物の薬効が顕著に顕われる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ