図面 (/)

技術 増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発並びに植林耕土壌開発に用いる急傾斜面工事車両及びその製造方法。

出願人 吉田俊美
発明者 吉田俊美
出願日 2002年1月21日 (17年7ヶ月経過) 出願番号 2002-062710
公開日 2003年7月29日 (16年0ヶ月経過) 公開番号 2003-210055
状態 未査定
技術分野 林業 植物の栽培 根切り,山留め,盛土,斜面の安定
主要キーワード 表面流動 前部スペース 労働作業 雑木林 単位パッケージ 前部アーム 工事車両 地形変化
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年7月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

山間部の多様な地質土壌急傾斜工事車両からなる、植林耕土壌開発の備えで根の掘削穴工事形成になり、該増殖林の植えつけによる地球還境保持の造林編成システム

解決手段

山間部や地形変化の地面にあって造林の殖林システム産業として、雑木林整地し、急傾斜工事車両によって植林の増殖に開拓し、山間部の増殖林として地球還境保持としての殖林耕土壌開発を備え、該耕土壌7に殖林の根の植えつけや袋入殖林耕土壌20による殖林植えつけになり、斜面工事車両は前方重心移動によって山間部の登攀能力を増強する。殖林耕土壌開発を袋入殖林耕土壌として単位パッケージ仕事量になり、形量化や土壌改良肥料混入などが容易で、また炭酸ガス物質主成分の無公害の当該の袋容器は自然な還境に回復することにもなり、山間部での殖林耕土壌開発の工事施行にあって前部の重り取付部での工事車両の改良型急傾面工事車両は登攀能力増強として備える。

概要

背景

従来の山間部における増林の殖林は、山間部の大地において直接苗木根穴の掘り起しでの殖林苗木を植えつけようにしてある。

概要

山間部の多様な地質土壌急傾斜工事車両からなる、植林耕土壌開発の備えで根の掘削穴工事形成になり、該増殖林の植えつけによる地球還境保持の造林編成システム

山間部や地形変化の地面にあって造林の殖林システム産業として、雑木林整地し、急傾斜工事車両によって植林の増殖に開拓し、山間部の増殖林として地球還境保持としての殖林耕土壌開発を備え、該耕土壌7に殖林の根の植えつけや袋入殖林耕土壌20による殖林植えつけになり、斜面工事車両は前方重心移動によって山間部の登攀能力を増強する。殖林耕土壌開発を袋入殖林耕土壌として単位パッケージ仕事量になり、形量化や土壌改良肥料混入などが容易で、また炭酸ガス物質主成分の無公害の当該の袋容器は自然な還境に回復することにもなり、山間部での殖林耕土壌開発の工事施行にあって前部の重り取付部での工事車両の改良型急傾面工事車両は登攀能力増強として備える。

目的

本発明は、造林編成システム産業として雑木林を整地し、急傾斜工事車両によって増殖林に適応した整地を整えることもでき、急傾斜面工事車両によって労働力の軽減と当該殖林の成長を内容としての、増殖林の地球還境保持の植木耕土壌開発を得ることを目的としており、さらに該耕土壌開発に用いられる増殖林の成長に対応した植林耕土壌開発と急傾斜面工事車両及びその製造方法を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

山谷土地(2、3、4、5、6)に造林編成システム急傾斜工事車両9を介して、植林耕土壌7は当該植林の成長対応体積の根の掘削穴30施工し、前記植林耕土壌7の埋め戻し後植林を植えることの増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項2

植林耕土壌7を当該植林の根の掘削穴30の部分での埋め戻し植林耕土壌備えとした請求項1記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項3

急傾斜面工事車両9の前部に重り14を備え、工事車両の重心を前方へ移重の備え、該急傾斜面工事車両9に重り14の取り付け部を備える請求項2記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項4

急傾斜面工事ロボット登攀機21工事開発で、多数の伸縮ロボット脚28を備え、急傾斜面に対応してアーム26とバケット27を構成する請求項2記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項5

急傾斜面工事に該植林成長の耕土壌が、当該袋容器詰め備えの、袋入植林耕土壌20の請求項2記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項6

植林耕土壌7を山谷土地面積の当該炭酸ガス主成分樹脂の袋容器詰めの耕土壌20の長筒耕土壌体8や袋入殖林耕土壌7の連結固定備えの請求項1、2又は5記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項7

殖林の該植林耕土壌7の成長対応の根の掘削穴30施工に充填された植林耕土壌の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項8

当該殖林に対応した根の掘削穴30であり、かつ植林の成長対応としての植林耕土壌7における植林の請求項7記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項9

殖林の耕土壌が豊土壌であり、肥料散布が容易な請求項8記載の増植林の地球環境保持の植林耕土壌開発。

請求項10

殖林が当該の袋炭酸ガス主成分樹脂容器植林耕土壌20である請求項7記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項11

急傾斜面工事車両9の前方重心での重り14の取付部を備える請求項8、9又は10記載の増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発。

請求項12

急傾斜面での登攀能力を高めるために、急傾斜面工事車両(1)(2)、(3)、(4)の各車両において、重心が前方移動となるように形成構成され、ブルトーザ(10)前部のアーム前の取付部(1)車両とし、キャタピラダンプ(12)は前部への重り(14)の取付部車両で、バックボーン(11)は前部左右の取付部車両であり、キャタピラ運搬車両(13)も前部取付部で工事圧域への運搬とすることを特徴とする請求項10記載の急傾斜面工事車両の製造方法、

技術分野

0001

本発明は、造林編成システムにより急傾斜工事車両により、植林耕土壌の植林育成を備える増植林の地球還境保持の植林耕土壌開発並びに植林耕土壌開発に用いる急傾斜面工事車両及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

従来の山間部における増林の殖林は、山間部の大地において直接苗木根穴の掘り起しでの殖林苗木を植えつけようにしてある。

発明が解決しようとする課題

0003

従来の増殖林にあっては、雑木の繁殖や山間部での痩山であったり、地形急変化していたり、人手労働作業によって1本々の増殖林になり、山間部での急傾斜面での労働作業は重労働であったり、あらためての増殖林は自然山間部のままの地形に準じるような増殖林になっていた。

0004

本発明は、造林編成システム産業として雑木林整地し、急傾斜工事車両によって増殖林に適応した整地を整えることもでき、急傾斜面工事車両によって労働力の軽減と当該殖林の成長を内容としての、増殖林の地球還境保持の植木耕土壌開発を得ることを目的としており、さらに該耕土壌開発に用いられる増殖林の成長に対応した植林耕土壌開発と急傾斜面工事車両及びその製造方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するために、本発明の増植林の地球環境保持の植林耕土壌開発においては、造林システム産業としての急傾斜面工事車両を介して、植林耕土壌開発を山間部に備えると供に、該山間部の植林耕土壌開発に殖林苗木を植えつけたものである。

0006

上記植林耕土壌開発を備える位置は、山間部の適当な箇所とすることが可能であるが、後述する理由により特に当該植林の林業産業と地球還境保持とする増殖林とすることが効果的である。

0007

また、植林耕土壌を山間部に備えるために、コンボ工事車両等によって山腹に根穴を掘削し、当該殖林の成長の肥土充填としての植林耕土壌開発として増林林の苗木の殖林形成するか、根穴掘削後に袋入耕土壌においての苗木の殖林形成としたり、該袋入耕土壌が該袋入耕土壌との連結取付部を形成し、また長筒耕土壌体は成長植林の根発育が自然大地に根づくことの植林耕土壌開発の袋とするとよい。

0008

また、植林耕土壌開発には当該山間部の立地条件に対応した成長苗木の植えつけとしたものや、山頂近くは袋入植林耕土壌開発、例えば肥えた耕土壌や、風雪に対応した殖林間隔での自然森林としての成長育成する要件を備え、なお植林の林業産業の育成と自然還境保持の両立とすることが望ましい。

0009

さらに、砂利山、岩石山等においての自然還境に対応しても、該植林耕土壌開発としての根穴の掘削工事と、人工自然森林の成長育成することの袋入殖林耕土壌開発での肥えた耕土壌での殖林の植え付けになり地球環境保持とすることができる。

0010

そして、前記急傾斜面工事車両としての重心前方移動での重り取付部の構成の改造車両としての製造方法は、前方重心移動での急傾斜面工事車両として、当該工事車両(ブルトーザ、キャタピラダンプバックボーン、キャタピラ運搬車両etc)に前部重り取り付けの急傾斜面工事車両として、車両前部スペース固着部取付部として備え、工事車両の登攀能力アップして急傾斜面工事車両での登攀工事車両とする製造方法がある。

発明を実施するための最良の形態

0011

上記のように構成された増植林の地球境境保持の植林耕土壌開発に殖林されることになると、山間部の地質に変りがなく自然還境と協和のとれた一定の自然森林体系が得られることになり、地球還境保持のために大気炭酸濃度の低下、水質還境の保全、地球大気の清浄化などの地球還境保全を得るため、この還境保全と天候不順における風雪雨の自然災害に対して針葉樹森林の増殖林は、天然自然のより大きな地球還境保持の森林として、増産された森林体系が現在より以上に地球生活還境に必要とされる。

0012

そして、上記した理由から山間部における植林耕土壌開発は、該山間部の土壌制約を排し、殖林成長を内容としての植林耕土壌開発備えや、良質の袋入植林耕土壌であればある程有効であり、植林耕土壌の殖林それ自体は当該自然還境での成長樹木調和のとれた増殖林が好ましい。

0013

また、植林耕土壌開発として急傾斜面工事車両での登攀工事は、造林システム産業として増殖林が山単位量での自然森林体系が容易で針葉樹森林の殖林は高度工業社会への協和適応の生活還境が得られる。

0014

実施例について図面を参照して説明すると、1図において雑木山2と山1になり、山1は山地質の表面の地層痩せている土地は痩土山3であり、地質が不耕地に近い山地は荒地山4であり、地質が岩や岩石の土地は岩石山5であり、地質が砂利、砂の土地は砂利山6であり、当該地での山地質の状況や殖林成長を内容としての植林耕土壌開発の耕土壌の根穴掘工事の直接充填と殖林耕土壌開発充填後での殖林であり、袋入殖林耕土壌20での地球還境保持対応の植えつけになる。2図に示される実施例では、急傾斜面山31に登るロボット登攀機21であり、伸縮ロボット脚28の運行で、本体22に前部アーム26取り付けの操従員23が水平位置での急傾斜面工事のロボット登攀機21である。バケット27によって根掘削穴30工事を介して袋入殖林耕土壌20での地球還境保持対応の増殖林である。

0015

3図(a)に示される実施例では、崖くずれや土砂くずれに対応する防災対策に準じる防植林になり、基礎工事コンクリート防災土手32の施行を備え、上部に長筒耕土壌35の防植林の防災対策であり、該外部に袋入殖林耕土壌20の防災対策となり、植林の根植えつけ後には将来に一体での植林耕土壌を介した断面崖の防災土手34になる。

0016

(b)に示される実施例では、急斜面での防災対策にコンクリートブロック36工事を備え、表面流動体積の土砂くずれ防災対策の備えの袋入殖林耕土壌20から成る表面流動地層の防災土手34になる

0017

4図(1)(2)(3)(4)は、前記急傾斜工事車両9の当該工事車両の前部に重心移動の重り14を備え構成の急傾車工事車両9の製造工程を示すもので、この製造工程は。
(イ)第一工程(4図(1)):ブルトーザ10、キャタピラダンプ12、バックボーン11、キャタピラ運搬車両13各種車両の工事車両の前部に重り14備えの前部重心移動からの構造工程、(ロ)第二工程(4図(2)):ブルトーザ10はアームを除して前部重り14、キャタピラダンプ12は前部重り14、バックボーン11はアーム可動部分を除外での重り14、キャタピラ運搬車両は前部重り14取付工程、(ハ)第三工程:一般走行に対応の重り14の取りはずしの可とするからなる。

発明の効果

0018

本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。山間部や痩山、荒山、岩山、砂利山などの植林に適さない山間部の増殖林にあって、植木の根掘削穴の工事を備えて、自然還境保持するように植林耕土壌開発を施行するか、袋入殖林耕土壌での殖林が円滑にできる。

0019

そして、植林耕土壌開発を山間部の当該自然還境に対応した殖林成長を求めることになり、植林耕土壌開発の根の掘削穴工事と植林耕土壌の埋め戻しになって、痩山、荒山、岩山、砂利山に地球還境保持としての山間部での増殖林としての当該の殖林の根の耕土壌開発を得ることができるので、根の部分の耕土壌開発の限定でも効果が得られる。

0020

さらに、増殖林としての地球自然還境に対応することになり、植林耕土壌を当該殖林の成長の有効な形成として、袋入殖林耕土壌として該殖林の耕土壌分量の成長とする構成を採用することによって、該殖林成長の分量の耕土壌とすることの効果になる。

0021

また、殖林耕土壌を袋入殖林耕土壌として、1殖林単位のパッケージになって当該山間部においての殖林工事がパッケージ仕事量となって、作業効率が良くなるほか、袋入殖林耕土壌は当該の袋形成として作ることができるので、殖林耕土壌を袋に詰めるだけの簡単に製造することができる。

0022

また、袋入殖林耕土壌は袋の上部入口を開口して、建設車両コンボetcによってホッパーの上部からの落下による形量として充填し、植林の植え付けを形成する構成の採用することによって、当該での石灰石や、肥料混入が容易になるほか、ホッパーは作業台を兼用し、土壌改良剤や肥料の混入作業が簡単になり、ホッパー袋の下部に台車を備えることによって円滑にできる。

0023

また、当該の殖林耕土壌の袋材質に関しては、炭酸ガス物質主成分の袋容器は将来において自然大地に消失してしまう形成したものを用いることによって無公害の袋容器とされ、場合によっては2重袋で使用や、多数の穴を開けたりして、当該の主成分の袋容器はネットや専用の運搬構造の2重形成ともすることができる、さらに形量化して充填することのサイズも容易であるとともに、無公害の炭酸ガス物質主成分の袋容器の有効になり、該殖林耕土壌は上端入口を開口して殖林の植えつけることによって製造も容易であるなどの利点を有する。

0024

さらに、無公害の容器の袋とされる殖林の耕土壌開発の当該の耕土壌容器は自然の大地に溶けて無公害の林耕土壌開発の袋容器とされて、将来の該自然還境に対応して消却する材質の容器である殖林耕土壌開発の袋容器である。

0025

そして、前記急傾斜面工事車両として、重心前方移動での重り取付部の構成の工事車両としての製造方法は、前記した製造方法を採用することによって、前方重心移動での急傾斜面工事車両として登攀能力をアップすることの急傾斜面工事車両(ブルトーザ、キャタピラダンプ、バックボーン、キャタピラ運搬車両etc)の登攀能力が高まる急傾斜面工事車両を容易に製造することができる。

図面の簡単な説明

0026

図1(a)は山に植林耕土壌の備え工事と殖林の実施例を示す正面図である。(b)(1)は切立崖の袋入殖林耕土壌の実施例を示す縦断面図である。(2)は岩石山の袋入殖林耕土壌の実施例を示す縦断面図である。(3)は砂利山の袋入殖林耕土壌の実施例を示す縦断面図である。
図2は急傾斜面山の工事でロボット登攀機の実施例を示す縦断面図である。
図3(a)は山間部切り開き道路に備えた両切立崖の一部実施例を示す縦断面図である。
(b)柔い流動性の崖における一実施例を示す斜視図縦断面図である。
図4は急傾斜面工事車両(ブルトーザ、キャタピラダンプ、バックボーン、キャタピラ運搬車両)の一部実施例を示す縦断面図である。

--

0027

1……山
2……雑木山
3……痩土山
4……荒地山
5……岩石山
6……砂利山
7……植林耕土壌
8……植林
9……急傾面工事車両
10……ブルトーザ
11……バックボーン
12……キャタピラダンプ
13……キャタピラ運搬車両
14……重り
15……ハウス
16……石油タンク
17……給水ポンプ
18……河
19……道路
20……袋入殖林耕土壌
21……ロボット登攀機
22……本体
23……操縦員
24……操作盤
25……シリンダー
26……アーム
27……バケット
28……伸縮ロボット脚
29……炭酸ガス主成分樹脂
30……根掘削穴
31……急傾斜面山
32……コンクリート防災土手
33……切立崖
34……防防災土手
35……長筒耕土壌
36……給水配管
37……ホッパー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ