図面 (/)

技術 健康関連情報相談受付回答方法およびシステム,およびその方法を実行するプログラムおよびそのプログラムを格納した記憶媒体,および健康関連情報相談装置

出願人 システムコンサルティングサービス株式会社株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
発明者 藤井忠司中島将己
出願日 2002年1月16日 (17年8ヶ月経過) 出願番号 2002-007008
公開日 2003年7月25日 (16年1ヶ月経過) 公開番号 2003-208474
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 医療・福祉事務
主要キーワード 成分名称 医薬品メーカ 関連器具 個人カルテ 代替え品 成分コード 契約店 会員管理情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年7月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

健康関連情報受付回答方法およびシステム,およびその方法を実行するプログラムおよびそのプログラムを格納した記憶媒体,および健康関連情報相談装置およびに関するものであり,通信ネットワークを使用して一般利用者端末装置と健康関連情報相談装置との間で通信することにより一般利用者の症状にあった薬の選択等を行ない,一般利用者に薬情報を提供することを目的にする。

解決手段

コンピュータにより,健康相談情報を保持し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて保持する健康関連情報を検索し,検索結果をもとに健康関連情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に該健康関連情報を送付する。

概要

背景

国民医療費の増大を抑制する方策として,軽い病気自己治療セルフメディケーション)が政府主導で推進されている。また,社会の健康意識の高まりとともに,自身の健康管理は自身で行なうセルフメディケーションに対する意識が社会的意識として高まっている。その社会的風を反映して,薬局薬店コンビニエンスストア等で自由に購入できる一般薬(OTC)や漢方薬,あるいは健康食品,健康用具等のサプリメントに対して大きな関心が寄せられている。

コンピュータを利用して薬相談する薬相談装置(以下の説明における薬情報端末装置に同じ)が従来から知られている。一般利用者は薬局,薬店の店頭におかれた薬相談装置によりディスプレイタッチパネル上で一般利用者の体の症状,剤型等を入力し,薬情相談装置から症状にあった薬についての情報を得ることができた。しかし,従来の薬相談装置は薬に関する相談ができるだけであり,健康食品,健康用具等のサプリメントは相談の対象とされていなかった。

図25は,従来の薬情報端末装置を示す。図25において,90は薬情報端末装置であって,薬局,薬店の店頭に置かれた,スタンドアロンタイプコンピュータ装置により構成されるものである。91は相談情報受付手段であって,キーボード,タッチパネル等の入力手段95から一般利用者の体の症状等を入力するものである。92は一般薬検索手段であって,体の症状にあった一般薬を検索するものである。93は検索結果出力手段であって,一般利用者に適切な薬についての情報を出力するものである。95は入力手段であって,キーボード,タッチパネル等である。96は薬情報ファイルであって,薬の成分,効能等の薬についての情報を保持するものである。97は出力手段であって,ディスプレイやプリンタ等である。

一般利用者は薬局,薬店に備えられた薬情報端末装置90の画面の指示に従って,体の症状,剤型等を入力する。相談情報受付手段91は入力された相談情報を保持する。一般薬検索手段92は薬情報ファイル96を検索して,症状にあった薬を選択する。検索結果出力手段93は,検索結果に従って,一般利用者に適切な一般薬の情報を作成し,出力手段97に出力する。出力手段97は検索結果を画面及びプリンタに出力する。

従来は,このように,一般利用者は薬が必要な場合には,薬局,薬店に行き,薬情報端末装置を使用して適切な一般薬を選択する,あるいは,薬剤師あるいは薬の知識の豊富店員に相談して適切な薬を求めている。

一方,従来医薬品であった薬も,一部は医薬部外品となり,薬局,薬店,ドラッグストアだけでなく,コンビニエンスストア(以下コンビニと称する),スーパーマーケット等でも入手可能になっている。

また,インターネットの普及にともない,一般利用者は自宅パソコンを利用して様々な情報を獲得でき,さらにインターネット上で必要な品物購入申し込みをできるようになっている。しかし,体の症状にあった,一般薬をインターネットを使用して検索し,購入申し込みをすることはなされていなかった。

概要

健康関連情報受付回答方法およびシステム,およびその方法を実行するプログラムおよびそのプログラムを格納した記憶媒体,および健康関連情報相談装置およびに関するものであり,通信ネットワークを使用して一般利用者端末装置と健康関連情報相談装置との間で通信することにより一般利用者の症状にあった薬の選択等を行ない,一般利用者に薬情報を提供することを目的にする。

コンピュータにより,健康相談情報を保持し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて保持する健康関連情報を検索し,検索結果をもとに健康関連情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に該健康関連情報を送付する。

目的

本発明は,一般利用者が薬局,薬店等に行くことなく,通信ネットワークに接続されたコンピュータ装置を使用して,自身の症状にあった薬を選択することを援助し,さらに,選択した薬を販売する一般利用者の最寄りの店を情報として提供する薬情報,あるいは医療用品についのて医療用品情報,あるいは健康食品についての健康食品情報,健康用具についての健康用品情報等の健康関連情報を利用者に提供する健康関連情報相談受付回答方法,および健康関連情報相談装置および健康関連情報相談受付回答方法を実行するコンピュータプログラム,および健康関連情報相談受付回答システムを提供することを目的にする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータにより,健康関連情報を保持し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者から相談受け付け,該相談内容に応じて保持している健康関連情報を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者送付することを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法

請求項2

検索結果をもとに,利用者が購入申し込みをした場合に,購入価格割り引くクーポン番号発行することを特徴とする請求項1に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

請求項3

地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄り販売店を検索し,利用者に送信することを特徴とする請求項1または2に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

請求項4

健康関連情報の検索において使用した検索項目統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信することを特徴とする請求項1,2または3に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

請求項5

通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した健康関連情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうことを特徴とする請求項1,2,3または4に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

請求項6

通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えることを特徴とする健康関連情報相談装置。

請求項7

コンピュータで使用するプログラムにおいて,コンピュータは,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段を備えるものであり,通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて該健康関連情報保持手段を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付する機能を備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法を実行するプログラム。

請求項8

通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,通信ネットワークに接続された利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品を回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答システム

請求項9

コンピュータで使用するプログラムを格納した記憶媒体を格納した記憶媒体において,該コンピュータは,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段を備えるものであり,通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて該健康関連情報保持手段を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付する機能を備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法を実行するプログラムを格納した記憶媒体。

技術分野

0001

本発明は,健康関連情報相談受付回答方法およびシステム,およびその方法を実行するプログラムおよびそのプログラムを格納した記憶媒体,および健康関連情報相談装置に関するものである。特に,コンピュータシステムにより,医薬品,医薬部外品および漢方薬についての薬情報,および,医療用品医療用器具衛生材料コンタクトレンズケア用品介護用品等の医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,健康用具等の健康用品情報利用者に提供するものである(以下,薬情報,医療用品情報,健康食品情報および健康用品情報を総称的に健康関連情報と称する)。特に,通信ネットワークに接続して利用者から,薬,医療用品,健康食品および健康用品等の健康関連情報についての相談を受付け,回答する健康関連情報相談受付回答方法,健康関連情報相談受付回答システム,健康関連情報相談受付回答方法を実行するプログラムに関するものである。また,そのような健康関連情報の受付回答を行なう健康関連情報相談装置および記憶媒体に関するものである。

0002

本発明によれば,利用者は通信ネットワークを使用して利用者の要望または意図にあった薬,医療用品,健康食品,健康用品等の商品に関連する情報を簡単に入手することが可能になる。

背景技術

0003

国民医療費の増大を抑制する方策として,軽い病気自己治療セルフメディケーション)が政府主導で推進されている。また,社会の健康意識の高まりとともに,自身の健康管理は自身で行なうセルフメディケーションに対する意識が社会的意識として高まっている。その社会的風を反映して,薬局薬店コンビニエンスストア等で自由に購入できる一般薬(OTC)や漢方薬,あるいは健康食品,健康用具等のサプリメントに対して大きな関心が寄せられている。

0004

コンピュータを利用して薬相談する薬相談装置(以下の説明における薬情報端末装置に同じ)が従来から知られている。一般利用者は薬局,薬店の店頭におかれた薬相談装置によりディスプレイタッチパネル上で一般利用者の体の症状,剤型等を入力し,薬情相談装置から症状にあった薬についての情報を得ることができた。しかし,従来の薬相談装置は薬に関する相談ができるだけであり,健康食品,健康用具等のサプリメントは相談の対象とされていなかった。

0005

図25は,従来の薬情報端末装置を示す。図25において,90は薬情報端末装置であって,薬局,薬店の店頭に置かれた,スタンドアロンタイプコンピュータ装置により構成されるものである。91は相談情報受付手段であって,キーボード,タッチパネル等の入力手段95から一般利用者の体の症状等を入力するものである。92は一般薬検索手段であって,体の症状にあった一般薬を検索するものである。93は検索結果出力手段であって,一般利用者に適切な薬についての情報を出力するものである。95は入力手段であって,キーボード,タッチパネル等である。96は薬情報ファイルであって,薬の成分,効能等の薬についての情報を保持するものである。97は出力手段であって,ディスプレイやプリンタ等である。

0006

一般利用者は薬局,薬店に備えられた薬情報端末装置90の画面の指示に従って,体の症状,剤型等を入力する。相談情報受付手段91は入力された相談情報を保持する。一般薬検索手段92は薬情報ファイル96を検索して,症状にあった薬を選択する。検索結果出力手段93は,検索結果に従って,一般利用者に適切な一般薬の情報を作成し,出力手段97に出力する。出力手段97は検索結果を画面及びプリンタに出力する。

0007

従来は,このように,一般利用者は薬が必要な場合には,薬局,薬店に行き,薬情報端末装置を使用して適切な一般薬を選択する,あるいは,薬剤師あるいは薬の知識の豊富店員に相談して適切な薬を求めている。

0008

一方,従来医薬品であった薬も,一部は医薬部外品となり,薬局,薬店,ドラッグストアだけでなく,コンビニエンスストア(以下コンビニと称する),スーパーマーケット等でも入手可能になっている。

0009

また,インターネットの普及にともない,一般利用者は自宅パソコンを利用して様々な情報を獲得でき,さらにインターネット上で必要な品物購入申し込みをできるようになっている。しかし,体の症状にあった,一般薬をインターネットを使用して検索し,購入申し込みをすることはなされていなかった。

発明が解決しようとする課題

0010

このように,今では一般利用者の自宅近くのコンビニ等で,今までは医薬品であったものが医薬部外品として簡単に入手できるようになってきているが,このような店の多くは,そのような商品の知識の豊富な店員がいない場合が多く,一般利用者が体の症状にあった薬を選択することは困難であった。

0011

本発明は,一般利用者が薬局,薬店等に行くことなく,通信ネットワークに接続されたコンピュータ装置を使用して,自身の症状にあった薬を選択することを援助し,さらに,選択した薬を販売する一般利用者の最寄りの店を情報として提供する薬情報,あるいは医療用品についのて医療用品情報,あるいは健康食品についての健康食品情報,健康用具についての健康用品情報等の健康関連情報を利用者に提供する健康関連情報相談受付回答方法,および健康関連情報相談装置および健康関連情報相談受付回答方法を実行するコンピュータプログラム,および健康関連情報相談受付回答システムを提供することを目的にする。

課題を解決するための手段

0012

本発明の健康関連情報相談受付回答方法は,コンピュータにより,健康関連情報を保持し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者から相談を受け付け,該相談内容に応じて保持している健康関連情報を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付するものである。

0013

本発明の健康関連情報相談装置は,通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品を回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えるものである。

0014

本発明のプログラムは,コンピュータで使用するプログラムにおいて,コンピュータは,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段を備えるものであり,通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて該健康関連情報保持手段を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付する機能を備えるものである。

0015

また,本発明のシステムは,通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続 される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,通信ネットワークに接続された利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品を回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えるものである。

発明を実施するための最良の形態

0016

図1は,本発明の基本構成を示す図である。図1において,1は健康関連情報相談装置であり,相談受付情報を通信ネットワーク35を介して利用者端末装置A2(一般利用者)に配布するものである。また,健康関連情報相談装置1は利用者端末装置B3に利用された薬,利用された販売店統計情報等を配布する。

0017

2は利用者端末装置Aであって,通信ネットワーク35に接続された不特定の一般利用者の端末装置である。3は利用者端末装置Bであって,契約店薬品メーカ医薬品卸業者等の端末装置である。契約店は,本発明の健康関連情報相談装置のシステムを備えて健康関連情報相談業務を行なう会社と契約をかわし,健康関連情報相談装置を利用して一般利用者に薬相談もしくは健康関連商品の情報,広告等を提供する。

0018

10は通信手段であって,健康関連情報相談装置1の作成した情報を通信ネットワーク35に出力し,利用者端末装置A2,利用者端末装置B3から通信ネットワーク35を介して送信されてくる情報を受信するものである。11は相談情報配布手段であって,健康関連情報を得ることについての受付け情報を利用者端末装置A2,利用者端末装置B3に配布するものである。12は相談受付手段であって,利用者端末装置A2から送られてくる健康関連情報の相談内容を受付て保持するものである。13は健康関連情報検索手段であって,一般利用者から送信されてくる健康関連情報の相談内容に基づいて,健康関連情報保持手段14を検索し,一般利用者にあった一般薬,健康食品等の健康関連情報を選択する等の処理をするものである。13’は健康関連情報更新手段であって,利用者端末装置B3から送信されてくる薬,健康食品等の在庫等についての健康関連情報に基づき,健康関連情報保持手段14の内容を更新するものである。14は健康関連情報保持手段であって,薬の名称,成分,効能,健康食品,健康関連器具等の健康関連商品の入手可能な販売店等の情報を保持するものである(以下の説明において,健康関連商品は,医薬品,医薬部外品および漢方薬等の商品,および,医療用品,医療用器具,衛生材料,コンタクトレンズケア用品,介護用品等の医療用品等の商品,健康食品,健康用品等を表すものである)。

0019

15は健康関連情報作成手段であって,一般利用者の健康関連情報の相談内容をもとに健康関連情報保持手段14を検索して得られた薬,健康食品等の薬情報を作成し,一般利用者に送信するものである。

0020

健康関連情報相談装置1は通信ネットワーク35を介して不特定の一般利用者の利用者端末装置A2に,健康相談情報の相談を受け付ける情報を配布する(例えば,健康関連情報相談装置1のホームページを作成し,インターネットを利用して,通信ネットワークに出力する)。また,契約店等の利用者端末装置B3に対して,利用された薬,健康食品等の健康関連情報や利用された販売店の統計情報等を配布する。

0021

一般利用者は,その健康関連情報相談装置1から送信されてくる情報を受け取ると,その配布される相談受付情報に従って,体の症状,剤型,健康食品等の健康関連商品の相談情報を通信ネットワーク35を介して健康関連情報相談装置1に送信する。あるいは,契約店が送信してくる取り扱うことのできる薬,健康食品等の商品情報(薬在庫情報)等の情報を受信する。

0022

詳細には,健康関連情報相談装置1において,通信手段10は通信ネットワーク35を介して利用者端末装置A2から送信されてくる一般利用者からの相談情報を受信し,相談受付手段12は健康関連相談情報を受付て保持する。健康関連情報検索手段13は相談情報に従って,健康関連情報保持手段14を検索し,一般利用者の症状にあった薬,健康食品等の健康関連情報を検索する等の処理を行なう。あるいは利用者端末装置B3から送信されてくる契約店の在庫情報等に従って,健康関連情報保持手段14の保持する内容の更新等を行なう。健康関連情報作成手段15は,一般利用者の症状にあった薬,健康食品,一般利用者の近くの薬の販売店(契約店),健康食品の販売店,あるいは利用者端末装置B3から送信される薬,健康食品等の健康関連商品の割引情報等を作成する。あるいは契約店に宛てて利用された薬についての統計情報,あるいは利用された契約店の統計情報等を作成する。そして,通信手段10は作成した健康関連情報を通信ネットワーク35を介して利用者端末装置A2に送信する。また,一般利用者の薬相談についての統計情報等を利用者端末装置B3に送信する。

0023

本発明によれば,一般利用者のコンピュータを使用して,適切な,薬,健康食品等の健康関連商品の情報を得ることができる。また,薬,健康食品等の商品を販売している最寄りの店を知ることができる。そのため,一般利用者は自身に適切な薬,健康食品等の商品を容易に選択でき,しかも容易に購入することが可能になる。また,契約店は薬,健康食品等の健康関連商品の取り扱い商品等の情報(在庫情報等)を簡単に健康関連情報相談装置1に通知することができる。

0024

図2は,本発明の実施の形態1である。図2は健康関連情報のうち,特に薬についての情報検索を行なう場合の構成を例示的に示すものである。

0025

図2において,21はパーソナルコンピュータ(以下パソコンと称する)であり,一般利用者のものである。22は入力項目であり,パソコン21への入力項目である。24はパソコンであり,契約店のものである。26は健康関連情報相談装置である(図1の健康関連情報相談装置1に対応する)。本実施の形態では,健康関連情報相談装置26は通信ネットワーク35に薬相談受付情報を出力し,配布された薬相談受付情報を見た一般利用者のパソコン21から送信される薬相談情報を受け取って,相談結果の薬の健康関連情報等を出力するものである(健康食品等の情報検索の場合には,健康食品等の相談情報に基づいて,健康食品等の健康関連情報を作成して出力する)。あるいは,契約店のパソコン24から送信される取り扱い商品,割引対象の薬等の情報を受け取って,健康関連情報ファイル28を更新する等の処理を行なうものである。28は健康関連情報ファイルであり,薬の名称,成分,効能等あるいは,健康食品,薬等の健康関連商品についての情報を保持するものある。31はファックス手段であり,健康関連情報相談装置26に備えられるものである。ファックス手段は健康関連情報相談装置26と別に設けられていても良い。35は通信ネットワークであり,図2はインターネットの場合を例示する。以下,通信ネットワーク35がインターネットである場合について説明する。42はかかりつけ薬局ファイルであって,薬,健康関連器具,健康食品等の健康関連商品の販売店についての情報を保持しているものである。

0026

図2の構成の動作を説明する(薬相談の場合を例として示している)。

0027

健康関連情報相談装置26を所有して,インターネット35により健康関連情報相談業務を行なう業者(もしくは契約店)は,健康関連情報相談装置26により薬相談(もしくは健康関連情報相談)を受け付けるホームページをインターネット35に出力する。一般利用者はパソコン21によりそのホームページを受信し,その案内画面初期メニュー等)に従って,薬の相談情報を入力する(健康食品等の健康関連情報についての相談でも良い)。例えば薬検索の場合には,一般薬検索メニューを選択し,さらにメニューに従って,体の症状,年齢,氏名,住所等を入力する。図2の入力項目22は一般利用者が,一般薬を検索する場合の入力項目の例を示している。また,図2は健康関連情報相談装置26を使用して薬の割引購入を受けることができる場合の構成を示し,一般利用者はホームページのメニューに従って薬購入額割引(健康関連商品を対象とする場合には,その商品の購入額の割引)を利用するかしないかを入力する。このようにして入力された一般利用者の薬相談情報は,健康関連情報相談装置26に送信される。健康関連情報相談装置26で,薬相談情報(もしくは健康関連情報の相談)が受付られる。

0028

S1で初期メニューが一般利用者に送信されるので,ユーザはその案内に従って,処理する機能を選択する(S1)。S2においてユーザの症状,ユーザの希望する剤型の入力を行ない,一般薬を選択し,薬情報を作成し,作成した薬情報を一般利用者のパソコン21に送信する。一般利用者から情報提供依頼があると,一般利用者の最寄りのかかりつけ薬局(薬もしくは健康関連商品を購入できる一般利用者の近所の店)を検索する(S3)。割引を希望する場合には,S4でクーポン番号発行するための処理をする。商品購入を希望し,購入価格の割引が受けられる場合,その特典を受けるためのクーポン券のクーポン番号が一般利用者のパソコン21に送信される。割引の対象でなかった場合,または割引を希望しなかった場合は,クーポン番号は発行されない。

0029

クーポン番号を発行する場合,S5でクーポン番号を出力する。健康関連情報相談装置26が発行したクーポン番号は契約店のパソコン24に送信される。あるいは,契約店にクーポン番号がファックス手段31により送信される。

0030

一般利用者は,受信した薬情報(症状にあった薬の名称,及び関連情報,割引で薬を購入できる最寄り店等)と薬割引のクーポン番号がある場合にはクーポン番号を受け取る。一般利用者は,薬情報(もしくは健康関連情報)を参考にして,最寄りの店で薬情報(もしくは健康関連情報)を参考にして薬(もしくは健康関連商品)を購入する。さらに,割引クーポンの対象の薬で,割引で薬を購入できる場合には,店員にクーポン番号を伝える(番号を口答で伝える等)または,店員にパソコンで出力したクーポン券を提示する(一般利用者のパソコンで出力した印刷帳票等を提示する)。または,店頭のパソコンで認証して発券して提示する。店員は,健康関連情報相談装置26から送信されてきたクーポン番号と一致するかを確認し,一致すれば薬の値段割り引いて一般利用者に販売する。

0031

図3図4は,図2の本発明の実施の形態1のフローチャート(1)と(2)であり,図3(a)はフローチャート全体の流れであり,図3(b)はクーポン番号の確認のフローチャートである。図4はかかりつけ薬局選択手段のフローチャートである。図4において,81は会員管理データベースであって,健康関連情報相談装置と利用契約を結んでいる契約店の会員ID等を保持するものである。図3(a)において,初期メニューを一般利用者に送信する(S1)。S2で,ユーザの症状,年齢,剤型等を入力する。S3,S4で症状にあった薬を検索する。症状にあう薬がなければ初期メニューに戻る。S4で一般薬が見つかれば,S5で見つかった一般薬の送信情報を作成し,送信する。次にSAの処理をする。SAはかかりつけ薬局選択手段40の処理であって,図4にそのフローチャートを示す。

0032

図4を参照して,かかりつけ薬局選択手段40の処理を説明する。一般利用者から送信される一般利用者の入力項目に従って,S6で薬相談情報(もしくは健康関連情報)の配布(ホームページ)を初めて使用するものであるか判断する。初めて使用するのであれば,S7の処理を行ない,初めて使用するのでなければS10の処理をする。初めて使用するのであれば,S7でクーポン番号の発行を希望するか判断する。

0033

S7で利用者の入力情報に基づいてクーポンの番号の発行を希望するのであれば,S8の処理を行ない,クーポンの番号の発行を希望しないのであれば,S18の処理(図3参照)を行なう。クーポン番号の発行を希望するのであれば,S8で一般利用者が利用する薬相談のホームページが,健康関連情報相談装置1の契約店が開設する薬相談(もしくは健康関連情報)のホームページ(HP)からのリンクであるか判断する。ホームページは,本発明の健康関連情報相談装置のシステムを置いて健康関連情報相談業務を行なう会社(以下本社と称する)からのホームページだけでなく,インターネットを利用して,本社と契約し,薬相談業務(もしくは健康関連情報相談業務)を行なう契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者の開くホームページでも良く,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者のホームページから本社のホームページにリンクが貼られていたり,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者のホームページを本社が代行して運営しても良い(以下,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者について契約店の場合を代表して説明する)。S8で契約店からのリンクでなければ,S12の処理を行ない,契約店のホームページからのリンクであれば,S9の処理を行なう。S8において契約店からのリンクでない場合には,S12でユーザの入力した住所,希望する店の営業日,希望する営業時間,ユーザの最寄りの,ユーザの指定する指定店舗チェーン店等,調剤の有無の希望等を入力する。S13でかかりつけ薬局を検索し,S16で条件にあった契約店を出力する,もしくは選択する。

0034

S8で契約店HPからのリンクである場合には,S9で利用者が会員であるかないかを判定する。会員でなければ,S14で住所,営業日,営業時間,最寄りの駅,調剤の有無等を入力する。S15でホームページを開く契約店のチェーン店内でのかかりつけ薬局を検索する。利用者が会員である場合には,S17で会員管理データベース81を参照して会員の住所,最寄りの駅を取得し,営業時間,調剤の有無を入力する。さらにS15でホームページを開く契約店のチェーン店内でのかかりつけ薬局を検索する。S15の処理の後,S16で条件にあった契約店の出力をするか,もしくは選択して出力する。

0035

S6で薬相談受付(もしくは健康関連情報相談受付)のホームページを初めて利用するのでなければ,S10でかかりつけ薬局を変更するか,しないかを判断する。かかりつけ薬局を変更するのであれば,S11で利用者が変更理由を入力する。その後は,S12以降の処理を行なう。かかりつけ薬局を変更しないのであれば,S18の処理(図3(a))を行なう。

0036

図3(a)のS18で,案内した薬,商品等が割引の対象であるかないかを判定する。割引の対象であればS19でクーポン番号を発行する。S20でクーポンを出力し,初期メニューに戻る。S18の判断で案内した薬,商品等が割引対象でなければ,初期メニューに戻る。

0037

図3(b)は,発行された割引クーポン券(クーポン番号)をもって,契約店でクーポン券を利用する場合の処理である。S31で契約店に初期メニューが送信される。S32で契約店は提示されたクーポン番号をパソコンに入力する。S33でクーポン番号は正しいか判定する。正しくなければS35でエラー処理をする。正しければ,S34で案内された一般薬が割り引かれたことの処理をする。

0038

あるいは,契約店は,健康関連情報相談装置26から送信されるクーポン番号の発行リスト,あるいは健康関連情報相談装置26のファックス手段で送信されるクーポン番号発行リストを参照,利用者から提示されたクーポン券の番号がリストに存在するかを確認しても良い。

0039

図5は本発明の実施の形態2を示すものである。図6は,かかりつけ薬局の検索において,店舗を選択した理由,または別の店舗に変更した場合の理由を統計情報とし,店舗の集客に役立てるものである。

0040

図5において,図2と共通の構成は共通番号で示す。42はかかりつけ薬局ファイルである。

0041

健康関連情報相談装置26において,初期メニューが一般利用者のパソコン21に出力される(S1)。S2で一般薬を案内する。S3において,一般利用者のパソコン21に入力された入力項目(住所,指定店舗,チェーン店,調剤の有無等の入力情報をもとにかかりつけ薬局ファイル42を検索する。S3’で,かかりつけ薬局検索項目記録手段42’の処理として、かかりつけ薬局検索項目をかかりつけ薬局ファイル42に記録する。S4でクーポン番号を発行する。S5でクーポン番号を出力する。S6でかかりつけ薬局の選択において選択した理由,薬局の変更理由等の情報を統計する。S7でかかりつけ薬局の統計情報をインターネットを介して契約店のパソコン24に送信する。あるいは,ファックス手段31により,ファックス回線を介して,契約店に送信する。

0042

図6は本発明の実施の形態2のフローチャート(1)である。

0043

図6において,40はかかりつけ薬局選択手段の処理であり,S1’は薬情報作成の処理であり,図3のS2からS5までの処理である。

0044

かかりつけ薬局選択手段40の動作は,図4のフローチャートと同じである。従って,その動作の詳細は説明をここでは省略する。本実施の形態2では,かかりつけ薬局を変更する理由(S11),利用者の住所,最寄り駅指定店,調剤の有無(S17,S14),条件にあった契約店(S16)の情報等をかかりつけ薬局検索項目記録手段42’(S7’の処理)に通知し,それらの情報をかかりつけ薬局ファイル42に格納する処理が含まれている。また,S12,S13およびS16の入力項目,検索項目はS7’でかかりつけ薬局ファイル42に記録される。

0045

図7は,本発明の実施の形態2のフローチャート(2)である。

0046

かかりつけ薬局ファイル42からかかりつけ薬局の統計情報を作成し,出力する処理のフローチャートである。

0047

本発明の健康関連情報相談装置を所有する契約店は初期メニューを開く(S1)。初期メニューに従って,契約店は統計情報出力サービスを選択する(S2)。健康関連情報相談装置はかかりつけ薬局の検索においての店舗を選択した理由,または別の店舗に変更した場合の統計情報を集計し,出力する(S3,S4)。通信ネットワークもしくはファックス手段等で統計情報出力サービスを要望した契約店へ統計情報を配信する(S5)。

0048

図8は本発明の実施の形態3を示す。

0049

図8は,一般薬の案内,コンタクトレンズケア用品の案内,ダイエットサプリメントの案内,健康食品の案内,健康関連商品の案内を行なった際の入力項目の統計情報を作成し,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者に送信する構成を示す。

0050

図8において,図2と共通の構成は共通の番号で示す。

0051

図8の構成の動作を説明する。

0052

一般利用者のパソコン21において,一般利用者は一般薬案内のサービス,コンタクトレンズケア用品の案内サービス,ダイエットサプリメントの案内サービス,健康関連商品の案内サービス22のうち希望する項目を入力する。あるいは,健康食品の案内のサービスを受ける操作22’で健康食品の案内のサービスを受ける項目等を入力する。健康関連情報相談装置26は,一般利用者が希望するサービスに応じて,一般薬案内の処理(S2),コンタクトレンズケア用品の案内の処理(S3)ダイエットサプリメントの案内の処理(S4),健康食品の案内の処理(S5),健康関連商品の案内の処理(S5’)の処理を行なう。

0053

健康関連情報ファイル28は,それぞれで使用された情報(それぞれのサービスで選択された用品の種類および名称,食品の名称,薬の名称等)全ての情報を保存する(S6)。また,契約店のパソコン24からの入力項目(薬の在庫情報,薬の割引情報等)も健康関連情報ファイル28に保存する。そして,S7において統計情報を作成し,契約店のパソコン24,薬品メーカ/医薬品卸業者のパソコン46に出力する。あるいは,ファックス手段31によりファックス回線36を介して契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者に出力する(契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者のファックス受信手段はファックス専用機でも良い)。

0054

図9は,本発明の実施の形態3のフローチャートである。

0055

利用者が各種サービスを選択する(S1),選択されたサービスの処理がなされる(S2,S3,S4,S5,S5’)。選択されたサービスの統計情報を健康関連情報ファイル28に保存する(S6)。

0056

S11〜S15は統計情報をとり,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者に送信する処理である。初期メニューにおいて,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者により統計情報の出力サービスが選択される(S11,S12)。一般案内,コンタクトレンズケア用品の案内,ダイエットサプリメントの案内,健康食品の案内,健康関連商品の案内の統計情報を集計する(S13)。統計情報を出力する(S14)。統計情報を要望した契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者に作成した統計情報を配信する(S15)。

0057

図10は本発明の実施の形態4を示す。

0058

製品の広告を行ない,その新製品の発注を行なうものである。例えば,薬品メーカ/医薬品卸業者は,本発明の健康関連情報相談装置を使用して新製品等の広告をインターネット上に行なう。そして,契約店(販売店)はその新製品の広告を見て商談をする。例えば,利用者端末装置Bを使用して本発明の健康関連情報相談装置を介して商品の発注をする。また,一般利用者も利用者端末装置Aを使用して,健康関連情報相談装置上の新製品の広告を参照することができ,その新製品に対して契約店から,本発明の健康関連情報相談装置を介して購入申し込みができる。

0059

図10において,図2と共通の番号は共通のものである。図10の構成の動作を説明する。パソコン医薬品メーカ/医薬品卸業者46は健康関連情報相談装置26を使用して,インターネットホームページにより新製品案内をインターネットにより配布する(S1)。S2で,その新製品の広告は,契約店および一般利用者のパソコンに表示される(一般利用者のパソコンも新製品の案内を受けることができる)。契約店と薬品メーカ/医薬品卸業者と健康関連情報相談装置26はオンラインで商談をする(S3)。S4は新製品の取引の決定の処理を表す。新製品の商談が成立すると,契約店はパソコン24により発注画面に必要事項を入力して新製品を発注する(S5)。S3のオンラインでの商談のかわりに,商談は本発明のシステムと別の手段を利用して行ない,S5の新製品の発注のみをオンラインで行なうようにしても良い。また,S2において,新製品の広告を参照した一般利用者も契約店に薬の購入申込みをすることができる。

0060

図11は本発明の実施の形態4のフローチャートである。

0061

利用者端末装置Bを使用して本発明の健康関連情報相談装置を利用する医薬品メーカ/医薬品卸業者は,その初期メニューを開く(S1)。薬品メーカ/医薬品卸業者は新製品広告サービスを選択する(S2)。薬品メーカ/医薬品卸業者は新製品の案内の広告を掲示する(S3)。一般利用者,契約店のパソコンに新製品の広告が表示される(S4)。契約店が新製品を取り扱うかが判定される(S5)。新製品を扱わない場合には,契約店の広告サービス参照の処理を終了する(S7)。新製品を扱うのであれば,S6で自動発注広告掲載画面を使用して新製品を発注するか判定される。自動発注するのであれば,S9で契約店は健康関連情報相談装置の画面を利用して新製品の発注を入力する(発注に必要な項目を入力する(S9))。健康関連情報相談装置を経由して薬品メーカ/医薬品卸業者において,新製品の販売店の購入申込みが受注される(S10)。S6で自動発注しない場合には,処理を終了する。この場合には契約店と薬品メーカ/医薬品卸業者が面談して新製品の商談をする。

0062

図12は本発明の実施の形態5を示す図である。

0063

本発明の実施の形態5は,一般利用者が会員登録することにより,薬購入に際して,インターネットを介してパソコンにより医師指導を受けることができるものである。

0064

図12において,図2と共通の番号は共通部分である。51は会員のパソコンである。52は医者のパソコンである。

0065

図12の構成の動作を説明する。一般利用者は,会員登録をする時にパスワードを登録する。そして,会員登録することによりIDが健康関連情報相談装置から送信される。そこで,会員はパソコン51により健康関連情報相談装置26のインターネットホームページを開き,パスワードを入力して個人食歴情報管理サービスを選択する。入力画面により気になる症状,自分の食生活,自分の生活習慣,飲んだ一般薬,処方薬,自分のアレルギー等の体質全般の入力項目を入力する。入力項目22は健康関連情報相談装置26に送信され,個人カルテが作成される(S1)。S1’で会員が薬相談を選択した場合には,S2で会員が新たに服用しようとする一般薬,健康食品等を入力する。また使用中の医薬関連商品等を入力する。S3で会員の体質,アレルギー等の情報から服用したい一般薬に警告を出し,代替品の案内を行なう。S4で代替え品の案内を出力する。

0066

S1’で最適な健康食品の案内,健康食品以外の健康関連商品の案内を選択した場合には,個人別オリジナルな健康を維持,増進する最適な健康食品,健康食品以外の健康関連商品の案内を会員に出力する(S5)。会員が画面上で宅配の希望を入力した時は,個人別オリジナルパッケージの作成のための処理をする(S6)。S7で健康食品,健康食品以外の健康関連商品(オリジナルパッケージ)の宅配のための処理をする。S8で個人カルテを更新する。S9で契約した医者のパソコン52にインターネットを介して個人カルテが医者に送信され,個人カルテを受信した医者により,健康指導の内容が個人カルテに書き込まれる。S10で更新された個人カルテが個人薬食歴情報管理ファイル201に保存される。

0067

図13は,本発明の実施の形態5のフローチャートである。

0068

初期メニューが会員に送信され(S1),会員の入力した入力項目(気になる症状,飲んだ一般薬,処方薬,自分の食生活,自分の生活習慣,自分のアレルギー等の体質全般,健康診断値,検査値)が入力される(S2)。S2’で個人カルテを作成する。S2”で会員が服用している一般薬,健康食品等の入力,病気を予防する最適な健康食品案内,あるいは血圧健康状態を示す数値の入力のメニュー画面が表示される。S2”で,会員が服用している一般薬,健康食品等を入力する場合には,S3以降の処理に続き,病気を予防する最適な健康食品案内を選択する場合にはS7以降の処理に続き,健康状態を示す数値を入力する場合にはS14以降の処理に続く。

0069

S3で会員が新たに服用しようとしている一般薬,健康食品等を入力する。S4で個人カルテを参照し,入力された一般薬にアレルギー反応が出るか判断し,アレルギー反応がある場合にはS5の処理をおこない,アレルギー反応がない場合にはS10の処理を行なう。

0070

S4で入力された一般薬にアレルギー反応が出ると判断された場合には,S5で会員の体質,アレルギー等の情報から服用したい一般薬および健康食品について警告,指導を出力する。あるいは,健康食品以外の使用しようとする健康関連商品について警告,指導をする。さらに,S6でアレルギーが出る薬と同一薬効で最適な薬を検索し,案内する。S7で最適な健康食品の案内,健康食品以外の健康関連商品の案内をする(個人用に健康食品のブレンドまたは健康食品以外の健康関連商品情報を作成し,出力する)。

0071

S8で会員が健康食品,健康食品以外の健康関連商品の購入を希望するか判断する。会員が健康食品,健康食品以外の健康関連商品の購入を希望する場合には,S9の処理を行い,希望しない場合には,S13で初期メニューに戻る。

0072

S9で会員宅へ健康食品,健康食品以外の健康食品以外の健康関連商品を宅配する処理をする。さらに,S10で個人カルテを更新する。S11で医者が個人カルテを参照し,健康指導を個人カルテに書き込む。S12で個人カルテを個人薬歴情報ファイルに保存する。

0073

S4で一般薬にアレルギー反応が出ないと判断された場合には,S9で個人カルテを更新する。S11で医者が個人カルテを参照し,健康指導を個人カルテに書き込む。S12で個人カルテを個人薬歴情報ファイルに保存する。

0074

S2”で健康状態を表す数値入力を選択した場合には,S14で入力された数値について判定し,正常であればS15で正常を表示する。入力された数値が異常であればS17で一般薬案内の処理をする。入力された数値が正常と異常の境界値であれば,病気予防の健康食品等の紹介をする。

0075

図14は本発明の実施の形態6である。

0076

本発明の健康関連情報相談装置を使用して,一般利用者は,必要な薬,健康食品,健康食品以外の健康関連商品がどこで購入できるかを検索することができる。

0077

図14において,図2と共通の番号は共通部分を示す。

0078

一般利用者はパソコン21を使用して,健康関連情報相談装置のインターネットホームページを開き,初期メニュー(S1)に従って,一般薬の名称,健康食品,それら以外の健康関連商品の商品名を入力する。

0079

健康関連情報相談装置26は,一般利用者の入力した一般薬の名称,健康食品,健康食品以外の健康関連商品の商品名で,それぞれの取り扱い店を検索する。そしてその商品を扱う取り扱い店の情報を一般利用者のパソコンに出力する。契約店は健康関連情報相談装置のホームページのメニューに従って,パソコン24により取り扱い商品を会社の健康関連情報相談装置26に送信する。あるいは,ファックス回線36により取り扱い商品の情報をファックス手段で健康関連情報相談装置26の会社の管理者に送信する。

0080

図15は,本発明の実施の形態6のフローチャートである。

0081

一般利用者は初期メニューを開く(S1)。初期メニューを開くホームページは,本発明の健康関連情報相談装置のシステムを置いて薬相談業務を行なう会社からのホームページだけでなく,インターネットを利用して契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者の開くホームページからリンクされた健康関連情報相談装置上のホームページでも良い。S2で,契約店のホームページからのリンクか判定する。契約店のホームページからのものでなければ,S3で一般薬の名称,健康食品の商品名,健康食品以外の健康関連商品の商品名等を入力する。S4で取り扱い薬局を検索する。

0082

S2で契約店HPからのリンクであれば,S5で一般薬の商品名,健康食品,健康食品以外の健康関連商品の商品名等を入力する。S6で契約店内での取り扱い薬局を検索する。S7で検索対象の商品を扱っている契約店が見つかったか判定し,見つかれば,S8で取り扱っている契約店を出力する。S7で検索対象の商品を扱っている契約店が見つからなければ,S9で同一薬効の代替え品を案内する。S10で初期メニューに戻る。

0083

図16は本発明の実施の形態7である。図16はかかりつけ薬局を検索するための構成を示す。図16において,図2と同じ番号は同じ構成のものを表す。23は出力項目である。

0084

図16の構成の動作を説明する。一般利用者は,パソコン21により,健康関連情報相談装置のホームページを開く(S1)。S2は前述の一般薬の案内の処理である。メニューに従って,一般利用者の住所,希望の営業日,営業時間,最寄りの駅,指定店舗,チェーン店,調剤の有無を入力する。健康関連情報相談装置26において,かかりつけ薬局を検索する処理でかかりつけ薬局を検索する(S3)。S4は前述のクーポン番号の発行の処理である。かかりつけ薬局を検索した結果として最寄りのかかりつけ薬局の店名,所在地についての情報を一般利用者のパソコン21に出力する。出力する項目は図16の参照番号23で示す。

0085

かかりつけ薬局の検索(S3)のフローチャートは図4のかかりつけ薬局選択手段のフローチャートと同じである。動作は前述の場合と同じであるので説明は省略する。

0086

図17は,本発明の実施の形態8である。本発明の実施の形態8は,一般利用者が一般薬,健康食品,およびそれ以外の健康関連商品等の取り扱い店検索(図14図15参照)をおこなった際の入力項目の統計情報を出力する構成を示す。

0087

図17において,図2と共通番号は共通部分を示す。

0088

健康関連情報相談装置26はホームページ,初期メニューを一般利用者に送る(S1)。一般利用者は,健康関連情報相談装置26のホームページのメニュー画面に従って一般薬,健康食品およびそれ以外の健康関連商品等の取り扱い店検索サービス依頼し,一般薬の商品名,健康食品,およびそれ以外の健康関連商品の商品名を入力し,かかりつけ薬局検索を健康関連情報相談装置26に送信する。

0089

一般利用者は健康関連情報相談装置のインターネットホームページの初期メニューを開く(S1)。そして,健康関連情報相談装置26はかかりつけ薬局ファイル42を検索し,一般利用者から送信される入力項目に従って取り扱い店検索をする(S2)。一般利用者が一般薬,健康食品,およびそれら以外の健康関連商品等の取り扱い店検索を行なった際の入力項目を統計情報として,かかりつけ薬局ファイルに保持する(S3)。契約店から,健康関連情報相談装置のホームページのメニューに従って,一般薬,健康食品,それ以外の健康関連商品取り扱い店検索の統計情報の送信依頼があると,健康関連情報相談装置26は,かかりつけ薬局ファイル42に記録されているデータをもとに統計情報を作成し,契約店に送信する(統計情報作成の処理S4)。あるいは,作成した統計情報をファックス手段31により契約店にファックスで送信する。

0090

図18は,本発明の実施の形態8のフローチャートである。図18(a)は一般薬,健康食品,それら以外の健康関連商品取り扱い店検索のフローチャートであり,S1〜S8は図15のフローチャートと同じである。図18(b)は統計情報作成のフローチャートである。

0091

図18(a)のフローチャートにおいて,一般薬の商品名,健康食品,それ以外の健康関連商品名等の入力項目を入力する処理(S3,S5)において,一般薬の商品名,健康食品,それ以外の健康関連商品名等の入力項目を健康関連情報ファイル28に保存する。また取り扱い店,取り扱い薬局の検索処理(S4,S6)において検索された取り扱い店,かかりつけ薬局をかかりつけ薬局ファイル42に保存する(S8’)。

0092

図18(b)は,統計情報作成のフローチャートである。

0093

契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者は,健康関連情報相談装置の初期メニューを開き,統計情報出力サービスを選択する(S21,S22)。健康関連情報相談装置において,一般利用者が一般薬,健康食品,それ以外の健康関連商品等の取り扱い店検索を行なった際の選択入力の統計情報を集計する(S23)。統計情報を作成し,出力する(S24)。健康関連情報相談装置は統計情報を要望した契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者に統計情報を配信する(S25)。

0094

図19(a)は,本発明の実施の形態9を示すものである。

0095

図19(a)はかかりつけ薬局ファイルの構成である。図19(a)において,42はかかりつけ薬局ファイルである。22は入力項目である(一般利用者の住所,希望する営業日,希望する営業時間,一般利用者の最寄り駅,調剤の有無等)。55は契約店マスタファイルであって,契約店の店名,店名称,店コード,住所等をもつものである。56は住所マスタファイルであって,県名,県コード,市区名,市区町村コード,重心緯度,重心経度をもつものである。

0096

図19(b)はかかりつけ薬局を検索する場合の検索方法の説明図である。

0097

図19(a),(b)を参照して,かかりつけ薬局の検索方法を説明する。

0098

一般利用者が,かかりつけ薬局サービスを選択する。一般利用者の入力した入力項目に従って,健康関連情報相談装置のかかりつけ薬局検索手段は契約店マスタファイル55を検索する。契約店マスタファイル55の検索する入力項目に対応する契約店の営業日,営業時間,最寄り駅,調剤の有無等の入力項目を基になされる。また,入力項目の住所をもとに住所マスタファイル56を検索する。

0099

契約店マスタファイル55の検索により,図19(b)に示すように,入力された住所の緯度,経度を中心にして店の住所の緯度,経度が含まれるように円を拡大する。このように,入力された条件を満たす店を求め,出力する。

0100

図20は,本発明の実施の形態10であって,薬の取り扱い店検索の説明図である。本発明の健康関連情報相談装置では,店の検索として,かかりつけ薬局検索と取り扱い店検索の二通りがあり,一般利用者がそれぞれのサービスを検索して行なうことができる。図20において,健康関連商品マスタファイル63の健康関連商品には一般薬,漢方薬,および健康食品は含まれないとする。

0101

図20において,22は入力項目である。薬名称,健康食品,それ以外の健康関連商品の名称等の入力項目である。28は健康関連情報ファイルである。55は契約店マスタファイルである。

0102

健康関連情報ファイル28において,53は一般薬マスタファイルである。61は漢方薬マスタファイルであって,漢方薬の薬コード,薬コードに対応する薬名称,成分コード,成分コードに対応する成分名称等を保持するものである。62は健康食品マスタファイルであって,健康食品コード,健康食品コードに対応する健康食品名称,成分名称,店コード等をもつものである。63は健康関連商品マスタファイルであって,一般薬,漢方薬および健康食品以外の健康関連商品コード,一般薬,漢方薬および健康食品以外の健康関連商品コードに対応する健康関連商品名称,機能コード,機能コードに対応する機能名称,店コードをもつものである。

0103

一般利用者は健康関連情報相談装置のホームページのメニューに従って,薬の取り扱い店の検索サービスを選択する。そして,薬名称および健康食品,健康食品以外の健康関連商品の名称を入力する。健康関連情報相談装置の薬,健康食品,健康食品以外の健康関連商品の検索手段は,健康関連情報ファイル28を検索し,一般薬マスタファイル53から入力された一般薬の名称に対応する店コードを求める。また,健康食品マスタファイル62,健康食品以外の健康関連商品マスタファイル62から健康食品および健康食品以外の健康関連商品の名称に対応する店コードを求める。さらに,求めた店コードにより契約店マスタファイル55を検索し,入力した薬の名称,健康食品の商品名,健康関連商品の商品名に対応する店コードから,店名,住所等を求め,出力する。

0104

図21は本発明の実施の形態11であり,本発明の健康関連情報相談装置の装置構成システム構成)を示す図である。本発明の健康関連情報相談装置は,健康関連情報についての相談もしくは薬相談業務を行なう会社に備えられるものである。また契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者は,インターネットを利用して,薬相談を行なうホームページを開き,会社の健康関連情報相談装置を介して広告掲載,健康関連情報相談業務,薬相談業務等を行なうことができる。

0105

図21において,図2と共通の番号は共通部分をしめす。70はファイアウォールであり,不正アクセスを防止するものである。71はWWWサーバであって,インターネット通信を行なうものである。72はデータベースサーバであって,各種ファイルを検索する手段を有するものである。73は認証サーバであって,暗号化対象の会員,契約店,薬品メーカ/医薬品卸業者の暗号の認証手段を備え,暗号認証を行なうものである。

0106

80は各種ファイルであって,健康関連情報ファイル,かかりつけ薬局ファイル,会員個人健康ファイル(個人カルテ等),地図ファイル等により構成されるものである。

0107

図22は,本発明の実施の形態12であって,データベースサーバの有する手段を示すものである。以下において,各手段はプログラムによる手段を表す。

0108

データベースサーバ72は,一般利用者を対象とする手段(暗号化されていない手段)として,一般薬案内手段,健康食品案内手段,一般薬および健康食品以外の健康関連商品の健康関連商品案内手段,ダイエットサプリメント案内手段,コンタクトレンズケア用品案内手段,クーポン発券手段,かかりつけ薬局検索手段,取り扱い店検索手段を備える。

0109

さらに,データベースサーバ72は,契約店を対象にする手段(暗号化されている手段)として,統計情報出力手段,教育手段,学術情報サービス手段,新製品案内発注サービス手段,クーポン番号認証手段,薬局広告掲載サービス手段,ファックス手段を備えるものである。

0110

教育手段は,テーマ毎クイズ型式でパソコンにより勉強できる手段である。例えば,かかりつけ薬局の店が,胃腸の症状について勉強しようとする時,胃腸というテーマ講座をメニュー画面により選択すると,クイズ型式で胃腸についての質問が画面上に表示され,回答するように構成されているもので,一通りの質問,回答が終了すると胃腸についての医学および薬学的知識が得られるようにするものである。学術情報サービス手段は,薬に関する説明書データベースであり,例えば,薬をキーワードにして,対応する添付文書の内容を出力するものである。

0111

さらに,データベースサーバ72は,会員用の手段(暗号化された手段)として個人薬食歴情報管理手段をもつ。また,薬品メーカ/医薬品卸業者向け(暗号化された手段)として,新製品案内発注サービス手段を備える。

0112

図23は本発明の実施の形態13を示す図であって,利用者のパソコンと健康関連情報相談装置でインターネット通信するために必要な装置構成を示す。

0113

図23において,図2図22と共通の番号は共通部分を示す。

0114

71は,WWWサーバである。WWWサーバ71において,110はホームページ送信手段であって,健康関連情報相談装置26のホームページをインターネットに出力するものである。111はサービス選択手段であって,一般利用者,契約者の選択したサービスを選択するものである。112はデータベースサーバへの検索依頼手段であって,サービス選択手段の選択したサービスの検索依頼をデータベースサーバに依頼するものである。113は検索結果受け取り手段であって,データベースサーバの結果として作成された薬情報を受け取るものである。114は健康関連情報送信手段であって,検索結果の薬情報を送信するものである。115は薬局広告掲載サービス手段である。

0115

72はデータベースサーバである。データベースサーバ72において,121は検索依頼受け取り手段であって,WWWサーバからの検索依頼を受け取るものである。122は検索手段であって,WWWサーバからの検索依頼されたサービスについてデータベースを検索するものである。123は健康関連情報作成手段(図1の健康関連情報作成手段15に同じ)であって,検索手段122の検索結果に基づいて,薬情報,健康食品情報等の健康関連情報を作成するものである。124は検索結果送信手段であって,作成された健康関連情報をWWWサーバ71に送信するものである。

0116

73は認証サーバであって,利用者が会員であるか会員でないかを認証するものである。認証サーバ73は契約店会員IDを認証する契約店会員ID認証手段を備えるものである。

0117

21は一般利用者のパソコンである。131はインターネット手段である。132はホームページ受信手段である。133はサービス選択手段であって,ホームページに付属している初期メニューに従って薬相談等の健康関連情報相談をするサービスを選択するものである。134は相談情報入力手段であって,選択したサービスに応じて相談情報を入力するものである。

0118

24は契約店のパソコンである。141はインターネット手段である。142はホームページ受信手段である。143はサービス選択手段である。144は薬情報(薬の取り扱い商品情報(在庫情報),割引等の情報)を送信する手段である。145はホームページ送信手段であって,薬相談,健康食品相談等などの健康関連情報相談受付の契約者のホームページをインターネットに送信するものである。

0119

図23の構成の動作を説明する。
(1)WWWサーバ71は,薬相談のホームページをインターネットに出力する。
(2)パソコン(一般利用者)21は,薬相談,健康食品相談等の健康関連情報相談のホームページを受信する。
(3)一般利用者のパソコンはホームページの初期メニューで希望するサービスを選択し,健康関連情報相談装置26に送信する。
(4)WWWサーバ71において,サービス選択手段111は,一般利用者の選択したサービスを選択する。
(5)WWWサーバ71において,データベースサーバへの検索依頼手段112はデータベースサーバに検索依頼をする。
(6)データベースサーバ72において,検索依頼受け取り手段121はWWWサーバからの検索依頼を受け取る。
(7)検索手段122は依頼されたサービスについてデータベースを検索する。
(8)健康関連情報作成手段123は,検索結果に従って薬情報,健康食品情報等の健康関連情報を作成する。
(9)検索結果送信手段は,作成した薬情報をWWWサーバ71に送信する。
(10)WWWサーバにおいて,健康関連情報送信手段114はデータベースサーバから受け取った薬情報,健康食品情報等の健康関連情報を,相談を受けたパソコン21に送信する。

0120

契約者のパソコン24と健康関連情報相談装置26との通信の方法は,一般利用者とは選択するサービスが異なるだけで,ほぼ同様である。

0121

図24は本発明の実施の形態14を示し,会員登録を希望する利用者のために必要な装置構成をしめす。

0122

図24において,51は会員用のパソコンである。131はインターネット手段である。132はホームページ受信手段である。136は会員申し込み手段であって,健康関連情報相談装置26のホームページに付属して送信されるものである。137は会員ID受信手段である。138は会員相談情報送受信手段である。

0123

35は通信ネットワークであって,インターネットである。71はWWWサーバである。110はホームページ送信手段である。151は会員への情報送信手段である。152は会員からの情報受信手段である。153は認証サーバへの検索依頼手段である。154は認証結果受け取り手段であって,認証サーバからの認証結果の通知を受け取るものである。

0124

73は認証サーバである。161は検索依頼受け取り手段である。162は会員認証手段である。163は認証結果通知手段である。164は会員管理情報ファイルである。

0125

72はデータベースサーバである。172は個人薬食歴情報管理手段である。

0126

図24の構成の動作を説明する。
(A)会員申し込みをする場合
(1)パソコン51は,健康関連情報相談装置26のホームページを受信する。(2)パソコン51において,会員登録を希望する利用者は初期メニューから,会員申し込みをする。
(3)WWWサーバ71はパソコン51からの会員申し込みを受信する。
(4)WWWサーバ71は,認証サーバへの検索依頼手段153に,一般利用者から受信した会員申し込みを通知する。
(5)認証サーバ73は,会員認証手段162により,会員IDを発行し,WWWサーバに通知する。さらに,会員管理情報ファイルに新会員IDを登録する。
(6)WWWサーバ71は,会員IDをパソコン51の利用者に通知する。

0127

(B)会員が会員サービスを受ける場合
(1)健康関連情報相談装置26のホームページを受信する。
(2)会員IDとパスワードを入力する。
(3)WWWサーバは会員IDとパスワードを受信し,認証サーバに検索依頼する。
(4)認証サーバ73は,会員管理情報ファイルを検索して受信した会員IDとパスワードが正しいか認証する。
(5)認証結果通知手段163は認証結果をWWWサーバに通知する。
(6)WWWサーバ71は,認証結果をパソコン51に通知する。
(7)会員相談が受け付けられると,パソコン51の会員は,個人相談情報を健康関連情報相談装置26に送信する。
(8)WWWサーバ71は会員相談を受け付け,データベースサーバ72に検索依頼をする。
(9)データベースサーバ72は,個人薬食歴情報管理手段172により,個人管理情報を作成し,WWWサーバ71に送信する。
(10)WWWサーバ71は,個人管理情報を会員のパソコン51に送信する。

0128

上記において,本発明の実施の形態を説明したが,下記に付記として記載する内容を実施の形態として含むものである。

0129

(付記1)コンピュータにより,健康関連情報を保持し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者から相談を受け付け,該相談内容に応じて保持している健康関連情報を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付することを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法。

0130

(付記2) 該健康関連情報は,薬に関する薬情報,および医療用品についての医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,および健康用品についての健康用品情報であることを特徴とする付記1に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0131

(付記3)薬情報は医薬品,医薬部外品および漢方薬を含むものであり,医療用品情報は医療用品,医療用器具,衛生材料およびコンタクトレンズケア用品および介護用品を含むものであることを特徴とする付記2に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0132

(付記4)検索結果をもとに,利用者が購入申し込みをした場合に,購入価格を割り引くクーポン番号を発行することを特徴とする付記1,2または3に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0133

(付記5)地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄りの店を検索し,利用者に送信することを特徴とする付記1,2,3または4に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0134

(付記6)健康関連情報の検索において使用した検索項目の統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信することを特徴とする付記1,2,3,4または5に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0135

(付記7)通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した薬情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうことを特徴とする付記1,2,3,4,5または6に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0136

(付記8)通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して相談事項を入力するための情報を配布することを特徴とする付記1,2,3,4,5,6または7に記載の健康関連情報相談受付回答方法。

0137

(付記9)通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品を回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えることを特徴とする健康関連情報相談装置。

0138

(付記10)利用者からの購入申し込みにより購入価格を割り引くためのクーポン番号を発行する手段を備えることを特徴とする付記9に記載の健康関連情報相談装置。

0139

(付記11)コンピュータで使用するプログラムにおいて,コンピュータは,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段を備えるものであり,通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて該健康関連情報保持手段を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付する機能を備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法を実行するプログラム。

0140

(付記12)利用者からの購入申し込みにより購入価格を割り引くためのクーポン番号を発行するコンピュータプログラムを記憶することを特徴とする付記11に記載のプログラム。

0141

(付記13)通信ネットワークとの通信手段と,通信ネットワークに接続される利用者に健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布する相談情報配布手段と,通信ネッワークに接続された利用者からの相談を受け付ける相談受付手段と,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段と,利用者からの相談情報をもとに健康関連情報保持手段を検索して相談内容に適切な商品を回答する回答商品選択手段と,回答商品選択手段の検索結果をもとに回答情報を作成する回答情報作成手段と,作成した回答情報を通信ネットワークを介して利用者に送信する送信手段とを備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答システム。

0142

(付記14) 該健康関連情報は,薬に関する薬情報,および医療用品についての医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,および健康用品についての健康用品情報であることを特徴とする付記9に記載の健康関連情報相談装置。

0143

(付記15)薬情報は医薬品,医薬部外品および漢方薬を含むものであり,医療用品情報は医療用品,医療用器具,衛生材料およびコンタクトレンズケア用品および介護用品を含むものであることを特徴とする付記9に記載の健康関連情報相談装置。

0144

(付記16)地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄りの店を検索し,利用者に送信することを特徴とする付記9,14または15に記載の健康関連情報相談装置。

0145

(付記17) 健康関連情報の検索において使用した検索項目の統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信することを特徴とする付記9,14,,15または16に記載の健康関連情報相談装置。

0146

(付記18)通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した薬情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうことを特徴とする付記9,14,15,16または17に記載の健康関連情報相談装置。

0147

(付記19) 該健康関連情報は,薬に関する薬情報,および医療用品についての医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,および健康用品についての健康用品情報であることを特徴とする付記11に記載の健康関連情報相談受付回答プログラム

0148

(付記20)薬情報は医薬品,医薬部外品および漢方薬を含むものであり,医療用品情報は医療用品,医療用器具,衛生材料およびコンタクトレンズケア用品および介護用品を含むものであることを特徴とする付記19に記載の健康関連情報相談受付回答プログラム。

0149

(付記21)地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄りの店を検索し,利用者に送信することを特徴とする付記11,12,19または20に記載の健康関連情報相談受付回答プログラム。

0150

(付記22) 健康関連情報の検索において使用した検索項目の統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信することを特徴とする付記11,12,19,20または21に記載の健康関連情報相談受付回答プログラム。

0151

(付記23)通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した薬情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうことを特徴とする付記11,12,19,20,21または22に記載の健康関連情報相談受付回答プログラム。

0152

(付記24) 該健康関連情報は,薬に関する薬情報,および医療用品についての医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,および健康用品についての健康用品情報であることを特徴とする付記13に記載の健康関連情報相談受付回答システム。

0153

(付記25)薬情報は医薬品,医薬部外品および漢方薬を含むものであり,医療用品情報は医療用品,医療用器具,衛生材料およびコンタクトレンズケア用品および介護用品を含むものであることを特徴とする付記24に記載健康関連情報相談受付回答システム。

0154

(付記26)地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄りの店を検索し,利用者に送信することを特徴とする付記13,24または25に記載の健康関連情報相談受付回答システム。

0155

(付記27) 健康関連情報の検索において使用した検索項目の統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信することを特徴とする付記13,24,25,26に記載の健康関連情報相談受付回答システム。

0156

(付記28)通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した薬情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうことを特徴とする付記13,24,25,26または27に記載の健康関連情報相談受付回答システム。

0157

(付記29)コンピュータで使用するプログラムを格納した記憶媒体において,該コンピュータは,健康関連情報を保持する健康関連情報保持手段を備えるものであり,通信ネットワークに接続される一般利用者にネットワークを介して健康関連情報の相談事項を入力するための情報を配布し,通信ネットワークを介して通信ネットワークの利用者からの相談を受け付け,該相談内容に応じて該健康関連情報保持手段を検索し,検索結果をもとに回答情報を作成し,通信ネットワークを介して該一般利用者に送付する機能を備えることを特徴とする健康関連情報相談受付回答方法を実行するプログラムを格納した記憶媒体。

0158

(付記30) 該プログラムは利用者からの購入申し込みにより購入価格を割り引くためのクーポン番号を発行するコンピュータプログラムを記憶するプログラムであることを特徴とする付記29に記載の記憶媒体。

0159

(付記31) 該プログラムにおいて,該健康関連情報は,薬に関する薬情報,および医療用品についての医療用品情報,健康食品についての健康食品情報,および健康用品についての健康用品情報であるプログラムであることを特徴とする付記29,30に記載の記憶媒体。

0160

(付記32) 該プログラムは,薬情報は医薬品,医薬部外品および漢方薬を含むものであり,医療用品情報は医療用品,医療用器具,衛生材料およびコンタクトレンズケア用品および介護用品を含むプログラムであることを特徴とする付記29,30,31に記載の記憶媒体。(付記33) 該プログラムは,地図情報を保持し,利用者の入力する購入希望商品について利用者に関する情報をもとに利用者の最寄りの店を検索し,利用者に送信するプログラムであることを特徴とする付記29,30,32に記載の記憶媒体。

0161

(付記34) 該プログラムは,健康関連情報の検索において使用した検索項目の統計情報を作成し,販売店および卸業者およびメーカに送信するプログラムであることを特徴とする付記29,30,31,32または33に記載の記憶媒体。

0162

(付記35)プログラムは,通信ネットワークを介して利用者の申し込みにより会員登録する手段と会員の過去に利用した薬情報および利用結果を保持し,会員の薬食歴管理を行なうプログラムであることを特徴とする付記29,30,31,32,33または34に記載の記憶媒体。

発明の効果

0163

本発明によれば,ユーザが薬局,薬店等に行くことなく,ユーザのコンピュータ装置を使用して,症状にあった薬の選択,あるいは体にあった健康食品,健康食品以外の健康関連商品等を容易に行なうことができる。さらに,選択した薬,健康食品,健康食品以外の健康関連商品もしくは健康用品等を販売するユーザに近い店を情報として提供できるので,利用者は最寄りの店で確実に必要なものを入手できる。

0164

また,利用者の検索項目の統計情報を契約店に送信できるので,契約店は有効な販売情報を容易に得ることができる。

0165

会員登録することにより個人の薬食歴情報の個人カルテを他の利用者に知られることなく秘密に作成し,薬相談が可能なので,個人の健康管理にすぐれた効果をもたらすものである。

0166

上記のように,本発明は,インターネットを利用する一般利用者の健康管理に多大な貢献をするものである。また,本発明によれば,契約店も同様にインターネットにより最寄りの一般利用者に有益なサービスを提供することが可能になるものである。このように本発明は,インターネット情報社会において,多大の貢献をなすものである。

0167

本発明は,上記の実施の形態以外の以下に付記として記載する形態を含むものである。

図面の簡単な説明

0168

図1本発明の基本的実施の形態を示す図である。
図2本発明の実施の形態1を示す図である。
図3本発明の実施の形態1のフローチャート(1)を示す図である。
図4本発明の実施の形態1のフローチャート(2)を示す図である。
図5本発明の実施の形態2を示す図である。
図6本発明の実施の形態2のフローチャート(1)を示す図である。
図7本発明の実施の形態2のフローチャート(2)を示す図である。
図8本発明の実施の形態3を示す図である。
図9本発明の実施の形態3のフローチャートを示す図である。
図10本発明の実施の形態4を示す図である。
図11本発明の実施の形態4のフローチャートを示す図である。
図12本発明の実施の形態5を示す図である。
図13本発明の実施の形態5のフローチャートを示す図である。
図14本発明の実施の形態6を示す図である。
図15本発明の実施の形態6のフローチャートを示す図である。
図16本発明の実施の形態7を示す図である。
図17本発明の実施の形態8を示す図である。
図18本発明の実施の形態8のフローチャートを示す図である。
図19本発明の実施の形態9を示す図である。
図20本発明の実施の形態10を示す図である。
図21本発明の実施の形態11を示す図である。
図22本発明の実施の形態12を示す図である。
図23本発明の実施の形態13を示す図である。
図24本発明の実施の形態14を示す図である。
図25従来の技術を示す図である。

--

0169

1:健康関連情報相談装置
2:利用者端末装置A
3:利用者端末装置B
10:通信手段
11:相談情報配布手段
12:相談受付手段
13:健康関連情報検索手段
13’:健康関連情報更新手段
14:健康関連情報保持手段
15:健康関連情報作成手段
35:通信ネットワーク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ