図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年7月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

直接操作できない環境下であっても電子機器を確実に操作し得るようにする。

解決手段

録画予約システム1においては、携帯電話機2を介してユーザ所望テレビ番組録画予約するように録画予約処理処理内容録画予約管理サーバ6に対して設定されると、録画予約管理サーバ6がかかる処理内容に基づく録画予約処理の実行をビデオテープレコーダ7に対して命令し、ビデオテープレコーダ7は当該命令に従って携帯電話機2により設定された処理内容に基づく録画予約処理を実行すると共に、録画予約処理を終了した際に録画予約処理の処理結果を認識し、当該認識結果を携帯電話機2に対して通知するようにしたことにより、ユーザは直接操作することができないビデオテープレコーダ7に対して所望のテレビ番組の録画予約を行うことができると共に、当該録画予約が設定されたことを確認することができる。

概要

背景

従来、ビデオテープレコーダにおいては、ユーザによって事前に設定された録画予約に基づいて、ユーザ所望テレビ番組を自動的に録画するようになされているものがある。

概要

直接操作できない環境下であっても電子機器を確実に操作し得るようにする。

録画予約システム1においては、携帯電話機2を介してユーザ所望のテレビ番組を録画予約するように録画予約処理処理内容録画予約管理サーバ6に対して設定されると、録画予約管理サーバ6がかかる処理内容に基づく録画予約処理の実行をビデオテープレコーダ7に対して命令し、ビデオテープレコーダ7は当該命令に従って携帯電話機2により設定された処理内容に基づく録画予約処理を実行すると共に、録画予約処理を終了した際に録画予約処理の処理結果を認識し、当該認識結果を携帯電話機2に対して通知するようにしたことにより、ユーザは直接操作することができないビデオテープレコーダ7に対して所望のテレビ番組の録画予約を行うことができると共に、当該録画予約が設定されたことを確認することができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

操作端末と、遠隔操作管理装置と、電子機器とによって構成される遠隔操作システムにおいて、上記操作端末は、上記電子機器に実行させる所定の処理の処理内容を上記遠隔操作管理装置に対して設定し、上記遠隔操作管理装置は、上記操作端末によって設定された上記処理内容に基づく上記所定の処理を上記電子機器に対して実行するよう命令し、上記電子機器は、上記命令に従って上記処理内容に基づく上記所定の処理を実行すると共に、上記所定の処理の処理状況を認識し、当該認識結果を上記操作端末へ通知することを特徴とする遠隔操作システム。

請求項2

上記電子機器は、上記操作端末によって上記所定の処理の上記処理状況を再度通知するように要求された際、当該要求に応じて上記所定の処理の上記処理状況を改めて認識し、当該認識結果を要求元である上記操作端末へ再度通知することを特徴とする請求項1に記載の遠隔操作システム。

請求項3

所定の操作端末によって設定された処理内容に基づいて所定の遠隔操作管理装置が実行するよう命令した上記処理内容に基づく所定の処理を実行する処理実行手段と、上記処理実行手段によって実行された上記所定の処理の処理状況を認識する処理状況認識手段と、上記処理状況認識手段の認識結果を上記操作端末へ通知する処理状況通知手段とを具えることを特徴とするデータ記録装置

請求項4

上記処理状況認識手段は、上記操作端末によって上記所定の処理の上記処理状況を再度通知するように要求された際、当該要求に応じて上記所定の処理の上記処理状況を改めて認識し、上記処理状況通知手段は、上記処理状況認識手段の認識結果を要求元である上記操作端末へ再度通知することを特徴とする請求項3に記載のデータ記録装置。

請求項5

上記処理状況認識手段は、上記処理実行手段によって上記所定の処理が開始された際、当該所定の処理の処理開始状況を上記所定の処理の上記処理状況として認識することを特徴とする請求項3に記載のデータ記録装置。

請求項6

上記処理状況認識手段は、上記処理実行手段によって開始された上記所定の処理の実行中に、当該所定の処理の処理状況を認識することを特徴とする請求項3に記載のデータ記録装置。

請求項7

上記処理状況認識手段は、上記処理実行手段によって開始された上記所定の処理が終了した際、当該所定の処理の処理結果を上記所定の処理の上記処理状況として認識することを特徴とする請求項3に記載のデータ記録装置。

請求項8

所定の操作端末によって設定された処理内容に基づいて所定の遠隔操作管理装置が実行するよう命令した上記処理内容に基づく所定の処理を実行する処理実行ステップと、上記処理実行ステップによって実行された上記所定の処理の処理状況を認識する処理状況認識ステップと、上記処理状況認識ステップの認識結果を上記操作端末へ通知する処理状況通知ステップとを具えることを特徴とする処理状況通知方法

請求項9

データ記録装置に対し、所定の操作端末によって設定された処理内容に基づいて所定の遠隔操作管理装置が実行するよう命令した上記処理内容に基づく所定の処理を実行する処理実行ステップと、上記処理実行ステップによって実行された上記所定の処理の処理状況を認識する処理状況認識ステップと、上記処理状況認識ステップの認識結果を上記操作端末へ通知する処理状況通知ステップとを実行させるための処理状況通知プログラム

請求項10

データ記録装置に対し、所定の操作端末によって設定された処理内容に基づいて所定の遠隔操作管理装置が実行するよう命令した上記処理内容に基づく所定の処理を実行する処理実行ステップと、上記処理実行ステップによって実行された上記所定の処理の処理状況を認識する処理状況認識ステップと、上記処理状況認識ステップの認識結果を上記操作端末へ通知する処理状況通知ステップとを具えることを特徴とする処理状況通知プログラムを実行させる処理状況通知プログラム格納媒体

技術分野

0001

本発明は遠隔操作システムデータ記録装置処理状況通知方法、処理状況通知プログラム及び処理状況通知プログラム格納媒体に関し、例えば携帯電話機からビデオテープレコーダに対してユーザ所望テレビ番組録画予約を行う場合に適用して好適なものである。

背景技術

0002

従来、ビデオテープレコーダにおいては、ユーザによって事前に設定された録画予約に基づいて、ユーザ所望のテレビ番組を自動的に録画するようになされているものがある。

発明が解決しようとする課題

0003

ところでかかる構成のビデオテープレコーダにおいては、例えばユーザが外出する等して当該ビデオテープレコーダの操作部を直接操作することができない場合、所望するテレビ番組の録画予約を設定し得ないという問題があった。

0004

本発明は以上の点を考慮してなされたもので、直接操作できない環境下であっても電子機器を確実に操作し得る遠隔操作システム、データ記録装置、処理状況通知方法、処理状況通知プログラム及び処理状況通知プログラム格納媒体を提案しようとするものである。

課題を解決するための手段

0005

かかる課題を解決するために本発明においては、操作端末と、遠隔操作管理装置と、電子機器とによって構成される遠隔操作システムにおいて、操作端末は電子機器に実行させる所定の処理の処理内容を遠隔操作管理装置に対して設定し、遠隔操作管理装置は操作端末によって設定された処理内容に基づく所定の処理を電子機器に対して実行するよう命令し、電子機器は当該命令に従ってかかる処理内容に基づく所定の処理を実行すると共に、当該所定の処理の処理状況を認識して、認識した結果を操作端末に対して通知するようにしたことにより、ユーザは直接操作することができない電子機器に対し操作端末を介して設定した処理内容に基づく所定の処理を実行させることができると共に、実行された所定の処理の処理状況を確認することができる。

発明を実施するための最良の形態

0006

下図面について、本発明の一実施の形態を詳述する。

0007

(1)録画予約システムの全体構成図1において、1は全体として本発明を適用した遠隔操作システムとしての録画予約システムを示し、携帯電話機2は、無線を介して基地局3と接続し、当該基地局3を介して公衆回線網4と接続されている。また携帯電話機2は、公衆回線網4を介してインターネット5に接続されている録画予約管理サーバ6と種々のデータ通信を行い得るようになされている。

0008

録画予約管理サーバ6は、放送日及び放送チャンネル毎分類された録画予約テレビ番組表Webページとして保持しており、インターネット5に接続されている携帯電話機2から特定の放送日及び放送チャンネルの録画予約テレビ番組表のWebページが要求されると、これを要求元である携帯電話機2に対して提供する。

0009

ビデオテープレコーダ7は、図示しないISP(Internet Service Provider)等のインターネット接続業者を介してインターネット5に常時接続されており、当該インターネット5を介して録画予約管理サーバ6と種々のデータ通信を行い得るようになされている。ここでビデオテープレコーダ7においては、固有のIP(Internet Protocol)アドレスが予め割り当てられていることにより、インターネット5における当該ビデオテープレコーダ7が特定され得るようになされている。

0010

またビデオテープレコーダ7は、屋外アンテナ(図示せず)等を介して映像信号音声信号とからなるテレビ放送信号を受信するようになされており、所定の操作が行われることによってユーザ所望のテレビ番組の録画予約が設定されると、当該テレビ番組の放送開始時刻に所定の録画処理を自動的に実行して、かかるテレビ番組のテレビ放送信号をビデオテープレコーダ7に挿入されたビデオカセットテープ(図示せず)に対して磁気記録するようになされている。

0011

(1−1)携帯電話機の回路構成
次に、本発明による携帯電話機2の回路構成について図2を用いて説明する。

0012

携帯電話機2においては、当該携帯電話機2全体を統括的に制御するCPU(Central Processing Unit)8に対して、基本プログラムWebブラウザプログラム及び電子メールプログラム等の各種プログラムが格納されているROM(Read Only Memory)9、ワークエリアとして用いられるRAM(Random AccessMemory)10、液晶ディスプレイ等でなる表示部11、複数種類操作キー等からなる操作部12、マイクロホン13、スピーカ14及び通信処理部15が接続されて構成されている。

0013

携帯電話機2のCPU8は、ROM9に格納されている基本プログラム、Webブラウザプログラム及び電子メールプログラム等の各種プログラムを適宜RAM10に展開することにより各種処理を実行し、その処理結果を表示部11に表示する。

0014

例えば携帯電話機2のCPU8は基本プログラムに従い、操作部12を介して入力された操作命令に応じて通信処理部15を制御することにより、発呼処理終話処理等の各種通信処理を実行する。

0015

また携帯電話機2のCPU8は通信処理部15を制御し、アンテナ素子16を介して通信データを送受信することによって、インターネット5に接続されている録画予約管理サーバ6と種々のデータ通信を行う。

0016

携帯電話機2のCPU8は電子メールプログラムに従い、インターネット5に接続されているメールサーバ(図示せず)に設けられた携帯電話機2宛ての電子メールが格納されるメールボックスを定期的にチェックし、当該メールボックスに電子メールが存在すると、これを受信メールとして携帯電話機2に取得しRAM10に記憶する。

0017

そして携帯電話機2のCPU8は、操作部12を介して所定の受信メール表示操作が行われると、当該受信メール表示操作に応じた受信メールをRAM10から読み出し、読み出した受信メールの内容を表示部11に表示するようになされている。

0018

また携帯電話機2のCPU8は、操作部12を介して特定の放送日及び放送チャンネルの録画予約テレビ番組表を表示するように所定の操作が行われると、Webブラウザプログラムに従い、録画予約管理サーバ6に対してかかる録画予約テレビ番組表のWebページを要求し、当該要求に応じて録画予約管理サーバ6から送信される録画予約テレビ番組表のWebページを取得した後、これを表示部11に表示するようになされている。

0019

(1−2)録画予約管理サーバの回路構成
次に、本発明による遠隔操作管理装置としての録画予約管理サーバ6の回路構成について図3を用いて説明する。

0020

録画予約管理サーバ6においては、当該録画予約管理サーバ6全体を統括的に制御するCPU17にバス18を介して、RAM19、ハードディスクドライブ20及びネットワークインターフェース21が接続されて構成されている。

0021

ハードディスクドライブ20には、基本プログラム、WWW(World Wide Web)サーバプログラムや、ビデオテープレコーダ7に対して録画予約処理を実行するように命令する録画予約命令プログラム(後述する)等の各種プログラムが格納されている。

0022

従って録画予約管理サーバ6のCPU17は、ハードディスクドライブ20に格納された各種プログラムを適宜読み出し、これをRAM19に展開して実行することにより、録画予約管理サーバ6の各回路部を制御して各種処理を実行するようになされている。

0023

加えてハードディスクドライブ20には、ビデオテープレコーダアドレス情報(後述する)が格納されていると共に、放送日及び放送チャンネル毎に分類された録画予約テレビ番組表が、JPEG(Joint Photographic Experts Group)フォーマット等の画像情報HTML(Hyper Text Markup Language)言語等のテキスト情報によるWebページとして格納されている。

0024

録画予約管理サーバ6のCPU17は、例えば携帯電話機2から特定の放送日及び放送チャンネルの録画予約テレビ番組表のWebページが要求されると、WWWサーバプログラムに従い、ハードディスクドライブ20に記憶されている放送日及び放送チャンネル毎に分類された録画予約テレビ番組表のWebページ群から要求に応じたWebページを読み出し、これをネットワークインターフェース21及びインターネット5を順次介して要求元である携帯電話機2に対し送信するようになされている。

0025

(1−3)ビデオテープレコーダの回路構成
次に、本発明によるビデオテープレコーダ7の回路構成について図4を用いて説明する。

0026

ビデオテープレコーダ7においては、図示しないCPU、ROM、RAM及びRTC(Real Time Clock)回路等によって構成されビデオテープレコーダ7全体の動作を制御する制御部22に対して映像信号処理部23、音声信号処理部24、操作部25、表示部26及びネットワークインターフェース27が接続されて構成されている。

0027

制御部22は、ROMに格納されている録画再生プログラム録画予約プログラム、処理状況通知プログラム及びオペレーティングシステムプログラム等の各種プログラムを適宜読み出してRAMに展開することによりビデオテープレコーダ7の各回路部を制御して各種処理を実行するようになされており、その処理結果を表示部26に表示する。

0028

映像信号入力端子28及び音声信号入力端子29は、例えば屋外アンテナ(図示せず)と接続されている。従ってビデオテープレコーダ7においては、屋外アンテナにおいて映像信号と音声信号とからなるテレビ放送信号を受信すると、当該受信したテレビ放送信号の映像信号及び音声信号を、それぞれ映像信号入力端子28及び音声信号入力端子29を介して当該ビデオテープレコーダ7に取り込むようになされている。

0029

制御部22は操作部25を介して所定の録画操作が行われると、録画再生プログラムに従い、映像信号処理部23及び音声信号処理部24を制御して、録画操作に応じたテレビ番組のテレビ放送信号を当該ビデオテープレコーダ7に挿入されたビデオカセットテープ(図示せず)に対して磁気記録する。

0030

すなわち映像信号処理部23はテレビ番組の録画時、制御部22の制御に応じて、映像信号入力端子28を介して取り込んだ映像信号に所定の圧縮符号化処理を施し、その結果得られた記録用映像信号ビデオヘッド30を介してビデオカセットテープに磁気記録する。また同時に音声信号処理部24は、制御部22の制御に応じて、音声信号入力端子29を介して取り込んだ音声信号に所定の圧縮符号化処理を施し、その結果得られた記録用音声信号を音声ヘッド31を介してビデオカセットテープに磁気記録する。

0031

また制御部22はビデオカセットテープに録画されているテレビ番組を再生する際、同じく録画再生プログラムに従い、映像信号処理部23及び音声信号処理部24を制御して、ビデオカセットテープに磁気記録されている映像信号及び音声信号を読み出してビデオテープレコーダ7に接続されているテレビジョン(図示せず)等の外部機器に対して出力する。

0032

すなわち映像信号処理部23はテレビ番組の再生時、制御部22の制御に応じて、ビデオカセットテープからビデオヘッド30を介して読み出した記録用映像信号に所定の伸長復号化処理を施し、その結果得られた映像信号を映像信号出力端子32を介して、当該映像信号出力端子32に接続されているテレビジョン等の外部機器に対して出力する。また同時に音声信号処理部24は、制御部22の制御に応じて、ビデオカセットテープから音声ヘッド31を介して読み出した記録用音声信号に所定の伸長復号化処理を施し、その結果得られた音声信号を音声信号出力端子33を介して、当該音声信号出力端子33に接続されているテレビジョン等の外部機器に対して出力する。

0033

また制御部22は操作部25を介して例えばGコード(商標)が入力されると、録画予約プログラムに従い、当該Gコードに対応するテレビ番組の録画予約を自動的に設定するようになされている。

0034

ここでGコードとは、録画予約の設定を行う際に必要となるテレビ番組の放送日、放送チャンネル、放送開始時刻及び放送時間等の入力情報(以下、これを録画予約入力情報と呼ぶ)を圧縮符号化した後に暗号化することによって最大8桁の数字表現したものである。ビデオテープレコーダ7においてはGコードを用いることによって、録画予約入力情報をいちいち入力することなく簡易な操作で録画予約の設定を行うことができる。

0035

制御部22は録画予約を設定した状態で、当該制御部22の内部に設けられたRTC回路において計時している現在日時が録画予約されたテレビ番組の放送日の放送開始時刻となると、上述の録画再生プログラムに従って、かかるテレビ番組の録画処理を自動的に開始する。

0036

また制御部22は、携帯電話機2から録画予約管理サーバ6を介して所定のユーザID及びそれに対応するパスワードを受信すると、オペレーティングシステムプログラムに従い、受信したユーザID及びそれに対応するパスワードとユーザ認証情報として記されている複数のユーザID及びそれに対応するパスワードとを照合してユーザ認証を行う。ここでユーザ認証情報とは、ビデオテープレコーダ7を操作することができるユーザのユーザIDとパスワードとを対応付けて記した情報であり、予め制御部22の内部に設けられたRAMに格納されている。

0037

そして制御部22は、携帯電話機2から録画予約管理サーバ6を介して受信したユーザID及びそれに対応するパスワードが予めRAMに格納されたユーザ認証情報として記されている場合、当該携帯電話機2のユーザをビデオテープレコーダ7を操作することができる適切なユーザであると判断し、携帯電話機2から与えられた指令情報に基づいて作動する録画予約管理サーバ6に対して、録画予約処理等の各種処理を制御することができるように適切な権限を与える。

0038

また制御部22は処理状況通知プログラムに従い、録画予約処理及び録画処理の処理状況を認識し、当該認識した処理状況の内容を記した電子メールを生成した後、これを処理状況通知メールとして携帯電話機2へ送信する。ここで通知先となる携帯電話機2の電子メールアドレスは、処理状況通知先情報として予め制御部22の内部に設けられたRAMに格納されている。

0039

(2)本発明による録画予約の設定
次に、本発明による録画予約システム1において、ビデオテープレコーダ7に対しユーザ所望のテレビ番組の録画予約を設定する際、携帯電話機2、録画予約管理サーバ6及びビデオテープレコーダ7において実行される各種処理の実行手順を、図5において示す遠隔操作録画予約処理シーケンスに従って説明する。

0040

テップSP1において携帯電話機2のCPU8は、操作部12を介してユーザ所望の放送日及び放送チャンネルの録画予約テレビ番組表を表示部11に表示するための操作が行われると、録画予約管理サーバ6に対してかかる録画予約テレビ番組表のWebページを送信するように要求し、次のステップSP2へ移る。

0041

ステップSP2において録画予約管理サーバ6のCPU17は、携帯電話機2から特定の放送日及び放送チャンネルの録画予約テレビ番組表のWebページを送信するように要求を受けると、当該要求に応じたWebページをハードディスクドライブ20から読み出して、これを要求元である携帯電話機2に対して送信し、次のステップSP3へ移る。

0042

ステップSP3において携帯電話機2のCPU8は、録画予約管理サーバ6から送信されたWebページを受信すると、これに基づいて図6に示すような録画予約テレビ番組表画面50を表示部11に表示し、次のステップSP4へ移る。

0043

実際上、この時携帯電話機2の表示部11には、録画予約テレビ番組表画面50と、電波受信状態バッテリ残量及び現在日時等の各種情報を示す基本情報表示画面40とが表示される。録画予約テレビ番組表画面50においては、ユーザID入力ボックス50A及びパスワード入力ボックス50Bが表示されると共に、テレビ番組一覧表示領域50Cには、ユーザ所望の放送日及び放送チャンネルにおいて放送されるテレビ番組の一覧が表示される。

0044

また録画予約テレビ番組表画面50のテレビ番組一覧表示領域50Cにおいては、例として放送日「2001/10/31」に、放送チャンネル「大日本テレビ(11ch)」において放送される複数のテレビ番組が一覧表示されており、それぞれのテレビ番組に対応したGコードについてはアンカーが付された選択可能な状態で表示されている。

0045

ステップSP4において携帯電話機2のCPU8は、操作部12を介して録画予約テレビ番組表画面50のユーザID入力ボックス50A及びパスワード入力ボックス50Bに対し、例えば、予めユーザに対して付与されているユーザID「hanako」及びそれに対応するパスワードがユーザによって入力された後、テレビ番組一覧表示領域50Cにおいて、当該ユーザが録画を所望するテレビ番組のGコード、例えば、テレビ番組のタイトルスポーツニュース」のGコード「6458123」が選択されると、ユーザID及びパスワードとGコードとを録画予約管理サーバ6に対して送信し、次のステップSP5へ移る。

0046

因みに、携帯電話機2のRAM10にユーザIDやパスワードを予め記憶させておいても良い。この場合携帯電話機2のCPU8が、録画予約テレビ番組表画面50を表示した際、RAM10に記憶されているユーザIDやパスワードを読み出しこれをユーザID入力ボックス50A及びパスワード入力ボックス50Bに対して自動的に入力するようにすれば、ユーザの入力操作の負担を軽減することができる。

0047

ステップSP5において録画予約管理サーバ6のCPU17は、携帯電話機2から受信したユーザID、パスワード及びGコードをハードディスクドライブ20に記憶した後これらに基づくWebページを生成して、これを携帯電話機2に対して送信し、次のステップSP6へ移る。

0048

ステップSP6において携帯電話機2のCPU8は、録画予約管理サーバ6から送信されたWebページを受信すると、これに基づいて図7に示すような録画予約設定内容確認画面60を表示部11に表示することにより、ユーザに対し当該ユーザが入力したユーザID及び選択したGコードに対応するテレビ番組の録画予約情報視認させ、次のステップSP7へ移る。

0049

ここで録画予約設定内容確認画面60において、ユーザ情報表示領域60Aには、ユーザID「hanako」が表示されると共に、それに対応して入力されたパスワードが隠蔽されて表示され、録画予約番組情報表示領域60Bには、ユーザが選択したGコードに対応するテレビ番組の録画予約情報が表示され、これに加えて当該録画予約番組情報表示領域60Bの下部には、OKボタン60CとCANCELボタン60Dとが表示される。

0050

ステップSP7において携帯電話機2のCPU8は、ユーザによって録画予約設定内容確認画面60に表示されているユーザIDが正しいと判断され、且つ表示されているテレビ番組の録画予約情報が録画を所望するテレビ番組の録画予約情報であると判断されてOKボタン60Cがクリックされたことを認識すると、処理継続信号を録画予約管理サーバ6に対して送信し、次のステップSP8へ移る。

0051

なお、ユーザによって録画予約設定内容確認画面60に表示されているユーザIDが不適切であると判断されたり、表示されているテレビ番組の録画予約情報が録画を所望するテレビ番組の録画予約情報ではないと判断されてCANCELボタン60Dがクリックされた場合、携帯電話機2のCPU8は、処理中止信号を録画予約管理サーバ6に対して送信する。そして録画予約管理サーバ6のCPU17は、携帯電話機2から処理中止信号を受信すると、ハードディスクドライブ20に格納されているユーザID、パスワード及びGコードを消去し、これ以降の処理を実行しない。

0052

ステップSP8において録画予約管理サーバ6のCPU17は、携帯電話機2から処理継続信号を受信すると、録画予約命令プログラムに従い、ステップSP5において受信したユーザIDに基づいてビデオテープレコーダアドレス情報を検索し、ユーザが所有するビデオテープレコーダ7のIPアドレスを割り出す。ここでビデオテープレコーダアドレス情報とは、録画予約システム1を利用するユーザのユーザIDと、当該ユーザが所有するビデオテープレコーダのIPアドレスとが対応付けて記されている情報であり、予めハードディスクドライブ20に格納されている。

0053

そして録画予約管理サーバ6のCPU17は、割り出したIPアドレスに基づいてインターネット5におけるビデオテープレコーダ7を特定した後、当該特定したビデオテープレコーダ7に対して携帯電話機2から受信したユーザID及びパスワードを送信し、次のステップSP9へ移る。

0054

ステップSP9においてビデオテープレコーダ7の制御部22は、携帯電話機2から録画予約管理サーバ6を介して受信したユーザID及びパスワードとユーザ認証情報として記されているユーザID及びそれに対応するパスワードとを照合してユーザ認証を行い、受信したユーザID及びパスワードがユーザ認証情報として記されている場合、携帯電話機2のユーザをビデオテープレコーダ7を操作することができる適切なユーザであると判断し、携帯電話機2から与えられた指令情報に基づいて作動する録画予約管理サーバ6に対して、録画予約処理等の各種処理の実行を命令することができる適切な権限を与え、次のステップSP10へ移る。

0055

なお、携帯電話機2から録画予約管理サーバ6を介して受信したユーザID及びパスワードがユーザ認証情報として記されていない場合、録画予約管理サーバ6のCPU17は、ユーザが入力したユーザID及びそれに対応するパスワードが不適切であることを携帯電話機2に対して通知し、これ以降の処理を実行しない。

0056

このようにビデオテープレコーダ7は、ユーザID及びそれに対応するパスワードに基づいてユーザ認証を行うことにより、インターネット5を介してアクセス可能第三者によって当該ビデオテープレコーダ7が不正に操作されることを防止することができる。

0057

ステップSP10において録画予約管理サーバ6のCPU17は、録画予約命令プログラムに従い、携帯電話機2から受信したGコードに対応するテレビ番組の録画予約を行う録画予約処理の実行命令をビデオテープレコーダ7に対して送信し、次のステップSP11へ移る。

0058

ステップSP11においてビデオテープレコーダ7の制御部22は、録画予約管理サーバ6から実行命令を受信すると、当該実行命令に従って録画予約処理を実行し、次のステップSP12へ移る。

0059

ステップSP12においてビデオテープレコーダ7の制御部22は録画予約処理を終了した際、当該録画予約処理の処理結果を認識し、次のステップSP13へ移る。

0060

ステップSP13においてビデオテープレコーダ7の制御部22は、認識した録画予約処理の処理結果に基づいて処理状況通知メールを生成し、これを携帯電話機2に対し送信して、次のステップSP14へ移る。

0061

ステップSP14において携帯電話機2のCPU8は、ビデオテープレコーダ7から送信された処理状況通知メールを受信した後、ユーザによって所定の受信メール表示操作が行われると、受信した処理状況通知メールに基づいて図8に示すような録画予約処理結果通知画面70を表示部11に表示する。

0062

ここで録画予約処理結果通知画面70において、ヘッダ領域70Aには、電子メールの送信日時送信元の電子メールアドレス及び件名等が表示されると共に、本文表示領域70Bには、録画予約処理及び録画処理の処理状況の内容が表示される。また図9に示す録画処理開始通知画面80及び図10に示す録画処理終了通知画面90(後述する)における、ヘッダ領域80A及びヘッダ領域90Aについては上述のヘッダ領域70Aと同一の構成であり、本文表示領域80B及び本文表示領域90Bについても上述の本文表示領域70Bと同一の構成であるため、これらについては以下説明を省略する。

0063

従ってユーザは、録画予約処理結果通知画面70(図8)の本文表示領域70Bに記されている「録画予約済のテレビ番組」項目の内容、すなわちユーザが選択したGコードに対応するテレビ番組の放送日「10/31」、放送チャンネル「11ch」及び放送時間「23:00〜23:54」を視認することにより、直接操作を行うことができないビデオテープレコーダ7において所望のテレビ番組の録画予約が設定されたことを確認することができる。

0064

ステップSP15においてビデオテープレコーダ7の制御部22は、テレビ番組の録画処理を開始した時点とテレビ番組の録画処理を終了した時点とにおいて録画処理の処理状況を認識するようになされており、それぞれの時点において録画処理の処理状況を認識すると、当該認識した結果に基づき処理状況通知メールを生成してこれを携帯電話機2に対して送信し、次のステップSP16へ移る。

0065

ステップSP16において携帯電話機2のCPU8は、テレビ番組の録画処理が開始した時点において生成された処理状況通知メールを受信した場合、ユーザによって所定の受信メール表示操作が行われると、受信した処理状況通知メールに基づいて図9に示すような録画処理開始通知画面80を表示部11に表示する。従ってユーザは、録画処理開始通知画面80(図9)の本文表示領域80Bに記されている「録画中のテレビ番組」項目の内容、すなわちユーザが選択したGコードに対応するテレビ番組の放送日「10/31」、放送チャンネル「11ch」及び放送時間「23:00〜23:54」を視認することにより、所望のテレビ番組の録画が開始されたことを把握することができる。

0066

また携帯電話機2のCPU8は、テレビ番組の録画処理が終了した時点において生成された処理状況通知メールを受信した場合、ユーザによって所定の受信メール表示操作が行われると、受信した処理状況通知メールに基づいて図10に示すような録画処理終了通知画面90を表示部11に表示する。従ってユーザは、録画処理終了通知画面90(図10)の本文表示領域90Bに記されている「録画済のテレビ番組」項目の内容、すなわちユーザが選択したGコードに対応するテレビ番組の放送日「10/31」、放送チャンネル「11ch」及び放送時間「23:00〜23:54」を視認することにより、所望のテレビ番組の録画が完了したことを把握することができる。

0067

このようにして録画予約システム1においては、録画予約処理結果通知画面70(図8)の本文表示領域70Bに記されている「録画予約済のテレビ番組」項目の内容をユーザに対して視認させることにより、直接操作を行うことができないビデオテープレコーダ7に対しユーザ所望のテレビ番組の録画予約が設定されたことを確認させて安心感を与え得ると共に、録画処理開始通知画面80(図9)及び録画処理終了通知画面90(図10)の本文表示領域80B及び本文表示領域90Bに記されている「録画中のテレビ番組」項目及び「録画済のテレビ番組」項目の内容を視認させることにより、ユーザ所望のテレビ番組が録画されたことを把握させることができる。

0068

(3)動作及び効果
以上の構成において携帯電話機2のCPU8は、録画予約テレビ番組表画面50(図6)においてユーザID及びそれに対応するパスワードとユーザが録画を所望するテレビ番組の録画予約入力情報(すなわち、Gコード)とが入力されると、入力されたユーザID及びパスワードと録画予約入力情報とを録画予約管理サーバ6に対し送信することによって、ビデオテープレコーダ7上で実行する録画予約処理の処理内容を設定する。

0069

次に録画予約管理サーバ6のCPU17は、受信したユーザID及びパスワードをビデオテープレコーダ7に対して送信し、当該ビデオテープレコーダ7によってユーザID及びパスワードに基づくユーザ認証が行われ録画予約処理等の各種処理を制御することができる適切な権限が与えられると、録画予約入力情報に基づく録画予約処理の実行命令をビデオテープレコーダ7に対して送信する。

0070

そしてビデオテープレコーダ7の制御部22は、実行命令に従って録画予約入力情報に基づく録画予約処理を実行することにより、ユーザ所望のテレビ番組の録画予約を設定することができる。

0071

またビデオテープレコーダ7の制御部22は、録画予約処理を終了した時点、録画処理を開始した時点及び録画処理を終了した時点において、録画予約処理及び録画処理の処理状況を認識してこれに基づく処理状況通知メールを生成し、当該生成した処理状況通知メールを携帯電話機2に対して送信することにより、携帯電話機2の表示部11において、ユーザに対し録画予約処理結果通知画面70(図8)における本文表示領域70Bに記されている「録画予約済のテレビ番組」項目の内容を視認させてユーザ所望のテレビ番組が録画予約されたか否かを確認させることができると共に、録画処理開始通知画面80(図9)及び録画処理終了通知画面90(図10)の本文表示領域80B及び本文表示領域90Bに記されている「録画中のテレビ番組」項目及び「録画済のテレビ番組」項目の内容を視認させてユーザ所望のテレビ番組が録画されたか否かを把握させることができる。

0072

以上の構成によれば、録画予約システム1においては、携帯電話機2を介してユーザ所望のテレビ番組を録画予約するように録画予約処理の処理内容が録画予約管理サーバ6に対して設定されると、録画予約管理サーバ6がかかる処理内容に基づく録画予約処理をビデオテープレコーダ7に対して実行するよう命令し、ビデオテープレコーダ7は当該命令に従って携帯電話機2により設定された処理内容に基づく録画予約処理を実行すると共に、録画予約処理を終了した際に録画予約処理の処理結果を認識し、当該認識結果を携帯電話機2に対して通知するようにしたことにより、ユーザは直接操作することができないビデオテープレコーダ7に対して所望のテレビ番組の録画予約を行うことができると共に、当該録画予約が設定されたことを確認することができ、かくして直接操作できない環境下であってもビデオテープレコーダ7を確実に操作することができる。

0073

(4)他の実施の形態
なお上述の実施の形態においては、Gコードを指定することによってテレビ番組の録画予約を設定する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、放送日、放送チャンネル、放送開始時刻及び放送時間等の録画予約入力情報を直接入力することによってテレビ番組の録画予約を設定するようにしても良い。

0074

また上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を通知する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ビデオテープレコーダ7が、例えば再生処理等、その他各種処理を通知するようにしても良い。

0075

さらに上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、携帯電話機2のみに対して通知する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、例えば携帯電話機2以外の携帯電話機やパーソナルコンピュータ等、その他種々の情報処理端末に対して通知するようにしても良く、また携帯電話機2を含む複数の情報処理端末に対して同時に通知するようにしても良い。

0076

さらに上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、携帯電話機2に対して直接通知する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、録画予約管理サーバ6を介して携帯電話機2に対し通知するようにしても良い。この場合、録画予約管理サーバ6において録画予約処理及び録画処理の処理状況の内容をWebページとして逐次蓄積しておけば、携帯電話機2のユーザは録画予約管理サーバ6に対してかかるWebページを要求することにより、録画予約処理及び録画処理の処理状況を確認することができる。

0077

さらに上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、携帯電話機2に対し電子メールを送信することによって通知する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えば予め携帯電話機2に通知受信用アプリケーションプログラム等をインストールしておき、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理及び録画処理の処理状況を、通知受信用アプリケーションプログラムに準拠した処理状況通知信号を携帯電話機2に対し送信することによって通知する等、この他種々の方法を用いて通知するようにしても良い。

0078

さらに上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、録画予約処理を終了した時点、録画処理を開始した時点及び録画処理を終了した時点で、録画予約処理及び録画処理の処理状況を認識してこれを携帯電話機2に対し通知するようにしたが、本発明はこれに限らず、ビデオテープレコーダ7が、携帯電話機2によって処理状況を通知するよう要求された際に、録画予約処理及び録画処理の処理状況を認識してこれを要求元である携帯電話機2に対し通知するようにしても良い。これによりユーザは、ビデオテープレコーダ7におけるテレビ番組の録画予約状況録画状況随時確認することができる。

0079

さらに上述の実施の形態においては、ビデオテープレコーダ7が、インターネット5を介して録画予約管理サーバ6と通信する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ビデオテープレコーダ7が、例えば専用線等の有線や無線を介して録画予約管理サーバ6と直接通信するようにしても良い。この場合、録画予約管理サーバ6は、ビデオテープレコーダ7と同一のネットワークに属することになるため、当該ネットワークにおいて固有となるマシン名等がビデオテープレコーダ7に対して予め付与されていれば、ビデオテープレコーダ7を特定することができる。これにより、ビデオテープレコーダ7に対しインターネット5において固有となるIPアドレスを割り当てなくても良い。

0080

さらに上述の実施の形態においては、操作端末としての携帯電話機2を介して、ビデオテープレコーダ7に対し録画予約を設定する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、録画予約管理サーバ6と有線又は無線を介して通信することができれば、例えばPDA(Personal Digital Assistance)やパーソナルコンピュータ等、その他種々の操作端末を介して、ビデオテープレコーダ7に対し録画予約を設定するようにしても良い。

0081

さらに上述の実施の形態においては、電子機器及びデータ記録装置としてのビデオテープレコーダ7に対して、テレビ番組の録画予約を設定する録画予約処理を実行させる場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えばエアコン(Air Conditioner)に対して、室内の温度調節を行う処理を実行させたり、ラジカセ(Radio-cassette Recorder)に対して、音楽録音処理を実行させたり、この他種々の電子機器及びデータ記録装置に対して様々な処理を実行させるようにしても良い。

0082

さらに上述の実施の形態においては、処理状況通知プログラム及び録画予約命令プログラムが予めインストールされている場合について述べたが、本発明はこれに限らず、処理状況通知プログラム及び録画予約命令プログラムの格納された例えばCD−ROM(Compact Disc Read Only Memory)、DVD−ROM(Digital Video Disc Read Only Memory)等のパッケージメディアでなるプログラム格納媒体を再生することにより処理状況通知プログラム及び録画予約命令プログラムをインストールしても良く、またアプリケーションプログラムが一時的若しくは永続的に格納される半導体メモリ光磁気ディスク等のプログラム格納媒体を再生することにより処理状況通知プログラム及び録画予約命令プログラムをインストールしても良い。

0083

これらのプログラム格納媒体に処理状況通知プログラム及び録画予約命令プログラムを格納する手段としてはローカルエリアネットワークディジタル衛星放送等の有線及び無線通信媒体を利用しても良く、ルータモデム等の各種通信インターフェースを介在させて格納するようにしても良い。

発明の効果

0084

上述のように本発明によれば、操作端末と、遠隔操作管理装置と、電子機器とによって構成される遠隔操作システムにおいて、操作端末は電子機器に実行させる所定の処理の処理内容を遠隔操作管理装置に対して設定し、遠隔操作管理装置は操作端末によって設定された処理内容に基づく所定の処理を電子機器に対して実行するよう命令し、電子機器は当該命令に従ってかかる処理内容に基づく所定の処理を実行すると共に、当該所定の処理の処理状況を認識して、認識した結果を操作端末に対して通知するようにしたことにより、ユーザは直接操作することができない電子機器に対し操作端末を介して設定した処理内容に基づく所定の処理を実行させることができると共に、実行された所定の処理の処理状況を確認することができ、かくして直接操作できない環境下であっても電子機器を確実に操作し得る遠隔操作システム、データ記録装置、処理状況通知方法、処理状況通知プログラム及び処理状況通知プログラム格納媒体を実現することができる。

図面の簡単な説明

0085

図1本発明の実施の形態における録画予約システムの全体構成を示す略線図である。
図2携帯電話機の回路構成を示すブロック図である。
図3録画予約管理サーバの回路構成を示すブロック図である。
図4ビデオテープレコーダの回路構成を示すブロック図である。
図5遠隔操作録画予約処理シーケンスを示すフローチャートである。
図6録画予約テレビ番組表画面の全体構成を示す略線図である。
図7録画予約設定内容確認画面の全体構成を示す略線図である。
図8録画予約処理結果通知画面の全体構成を示す略線図である。
図9録画処理開始通知画面の全体構成を示す略線図である。
図10録画処理終了通知画面の全体構成を示す略線図である。

--

0086

1……録画予約システム、2……携帯電話機、6……録画予約管理サーバ、7……ビデオテープレコーダ、22……制御部。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ