図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年7月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

無線信号伝送方式であるにも拘わらず、他機器からの電磁波ノイズの影響を受け難く、かつ、他機器に対して電磁波ノイズの影響を与え難い内視鏡装置を提供すること。

解決手段

内視鏡装置1は、挿入部2aの先端部に撮像素子11を内蔵した内視鏡2と、照明光を供給する光源装置3と、内視鏡2と連結して、光源装置3からの照明光を導光するケーブルライトガイド41を内挿したケーブル部4と、撮像素子11で光電変換された電気信号電磁波信号に変換して発信する送信機15と、発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信機44と、送信機15及び受信機44を内包して、内視鏡2、光源装置3、ケーブル部4の外部に対して電磁波的に遮蔽するシールド外装20、47及び遮蔽部41装置本体31を電気的接続部19b、42b、43b、32aによって電気的に接続したシールド構造部とを具備している。

概要

背景

従来より、細長の挿入部を体腔内に挿入することにより、体腔内臓器などを観察したり、必要に応じて処置具チャンネル内に挿通した処置具を用いて各種治療処置の行える医療用内視鏡が広く利用されている。また、工業分野においても、ボイラタービンエンジン化学プラントなどの内部の傷や腐蝕などを観察したり検査することのできる工業用内視鏡が広く利用されている。

この内視鏡は、照明光を供給する光源装置と、前記内視鏡の挿入部先端部に内蔵された撮像素子、あるいは前記内視鏡の接眼部に装着された内視鏡撮像装置に設けられた撮像素子で得られた画像信号ビデオ信号等に信号処理するビデオプロセッサと、このビデオプロセッサから出力されるビデオ信号を受けて観察画像を表示するモニタと、観察画像の記録を行うVTRデッキ及びビデオディスクと、観察画像のプリントアウトを行うビデオプリンタ等と組み合わせて内視鏡装置として構成されていた。

前記内視鏡装置では、前記撮像素子で得られた電気信号を、挿入部内を挿通して延出する信号線を介しビデオプロセッサまで伝送していた。この電気信号を有線で伝送する方式においては、信号線の断線による動作不良の問題をなくすため、信号線として、安全率を見込んで、必要以上に太いものを使用していた。このため、配置スペースが大きくなるばかりでなく、重量が増加する等、内視鏡の操作性が犠牲になるという不具合があった。

そのため、例えば、特開平7−327922号公報の電子内視鏡装置や特開平2−136123号公報の内視鏡装置には、画像情報信号やその他の信号を、電磁波を使用することによって、電気的に非接続な状態で伝送する、即ち、無線を利用して伝送する方式が提案されている。この無線で伝送する方式においては、電気信号線が不要になるため、内視鏡の軽量化や操作性の向上を図れる。

概要

無線信号伝送方式であるにも拘わらず、他機器からの電磁波ノイズの影響を受け難く、かつ、他機器に対して電磁波ノイズの影響を与え難い内視鏡装置を提供すること。

内視鏡装置1は、挿入部2aの先端部に撮像素子11を内蔵した内視鏡2と、照明光を供給する光源装置3と、内視鏡2と連結して、光源装置3からの照明光を導光するケーブルライトガイド41を内挿したケーブル部4と、撮像素子11で光電変換された電気信号を電磁波信号に変換して発信する送信機15と、発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信機44と、送信機15及び受信機44を内包して、内視鏡2、光源装置3、ケーブル部4の外部に対して電磁波的に遮蔽するシールド外装20、47及び遮蔽部41装置本体31を電気的接続部19b、42b、43b、32aによって電気的に接続したシールド構造部とを具備している。

目的

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、無線信号伝送方式であるにも拘わらず、他機器からの電磁波ノイズの影響を受け難く、かつ、他機器に対して電磁波ノイズの影響を与え難い内視鏡装置を提供することを目的にしている。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

挿入部先端部に撮像素子を内蔵した内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部と、前記撮像素子で光電変換された電気信号電磁波信号に変換して発信する発信手段と、この発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段と、前記発信手段及び前記受信手段を内包して、前記内視鏡、前記光源装置、前記ケーブル部の外部に対して電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段と、を具備することを特徴とする内視鏡装置

請求項2

内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部とを備えた内視鏡装置において、電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段及びこの発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段を、電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段に内包し、この電磁波シールド手段を前記内視鏡本体内又は前記光源装置内又は前記ケーブル部内の少なくとも一箇所に配置したことを特徴とする内視鏡装置。

請求項3

前記電磁波シールド手段を分割して前記内視鏡、前記内視鏡撮像装置、前記光源装置、前記ケーブル部に配置し、分割されたそれぞれの電磁波シールド手段どうしを電気的に接続する電気的接続部を設けたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の内視鏡装置。

技術分野

0001

本発明は、光学像電気信号光電変換する撮像素子を備えた内視鏡装置に関する。

背景技術

0002

従来より、細長の挿入部を体腔内に挿入することにより、体腔内臓器などを観察したり、必要に応じて処置具チャンネル内に挿通した処置具を用いて各種治療処置の行える医療用内視鏡が広く利用されている。また、工業分野においても、ボイラタービンエンジン化学プラントなどの内部の傷や腐蝕などを観察したり検査することのできる工業用内視鏡が広く利用されている。

0003

この内視鏡は、照明光を供給する光源装置と、前記内視鏡の挿入部先端部に内蔵された撮像素子、あるいは前記内視鏡の接眼部に装着された内視鏡撮像装置に設けられた撮像素子で得られた画像信号ビデオ信号等に信号処理するビデオプロセッサと、このビデオプロセッサから出力されるビデオ信号を受けて観察画像を表示するモニタと、観察画像の記録を行うVTRデッキ及びビデオディスクと、観察画像のプリントアウトを行うビデオプリンタ等と組み合わせて内視鏡装置として構成されていた。

0004

前記内視鏡装置では、前記撮像素子で得られた電気信号を、挿入部内を挿通して延出する信号線を介しビデオプロセッサまで伝送していた。この電気信号を有線で伝送する方式においては、信号線の断線による動作不良の問題をなくすため、信号線として、安全率を見込んで、必要以上に太いものを使用していた。このため、配置スペースが大きくなるばかりでなく、重量が増加する等、内視鏡の操作性が犠牲になるという不具合があった。

0005

そのため、例えば、特開平7−327922号公報の電子内視鏡装置や特開平2−136123号公報の内視鏡装置には、画像情報信号やその他の信号を、電磁波を使用することによって、電気的に非接続な状態で伝送する、即ち、無線を利用して伝送する方式が提案されている。この無線で伝送する方式においては、電気信号線が不要になるため、内視鏡の軽量化や操作性の向上を図れる。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、前記特開平7−327922号公報等の内視鏡装置では、信号伝送に使用される電磁波信号に対する外乱ノイズの影響及び、また信号伝送に使用する電磁波信号がノイズとなって他の医療機器に与える影響が考慮されていなかった。したがって、例えば外部機器である高周波機器から漏洩した外乱ノイズが内視鏡装置へ妨害を与え、内視鏡装置で得られる内視鏡画像乱れが生じるといった問題が発生したり、外乱ノイズによって動作不良などの影響を被るおそれがあった。また、その一方で、内視鏡装置から発信される電磁波信号が他の医療機器にとって外乱ノイズになって不良動作の要因になるおそれもあった。

0007

そのため、特開2001−46334号公報の内視鏡装置においては、周辺の高周波機器から発生する電磁波外乱ノイズの影響を軽減する方法として、送信手段の出力レベルを増加させる方法を示しているが、この方法では当然、内視鏡装置から出力される電磁波信号が他機器の動作に与える影響が保証されるものではなかった。

0008

そして、他機器の動作に対する影響や、ひいては放送通信等に対して電磁波信号が与える影響については、各国で多くの規制がなされており、日本においては電波法及び、多くの自主規制規格等を設けて、制限するのが実状であった。

0009

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、無線信号伝送方式であるにも拘わらず、他機器からの電磁波ノイズの影響を受け難く、かつ、他機器に対して電磁波ノイズの影響を与え難い内視鏡装置を提供することを目的にしている。

課題を解決するための手段

0010

本発明の内視鏡装置は、挿入部先端部に撮像素子を内蔵した内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部と、前記撮像素子で光電変換された電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段と、この発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段と、前記発信手段及び前記受信手段を内包して、前記内視鏡、前記光源装置、前記ケーブル部の外部に対して電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段とを具備している。

0011

また、内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部とを備えた内視鏡装置であって、電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段及びこの発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段を、電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段に内包し、この電磁波シールド手段を前記内視鏡本体内又は前記光源装置内又は前記ケーブル部内の少なくとも一箇所に配置している。

0012

そして、前記電磁波シールド手段を分割して前記内視鏡、前記内視鏡撮像装置、前記光源装置、前記ケーブル部に配置し、分割されたそれぞれの電磁波シールド手段どうしを電気的に接続する電気的接続部を設けている。

0013

これらの構成によれば、内視鏡装置を構成する内視鏡、内視鏡撮像装置、光源装置、ケーブル部のそれぞれに、電磁波シールド手段を設け、それぞれの電磁波シールド手段を電気的に接続して構成した電磁波シールド手段内部に発信手段と受信手段とが配置させているので、電磁波信号の無線授受が電磁波シールド手段内で行われる。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。図1は本発明の第1実施形態に係る内視鏡装置の構成を説明する図である。

0015

図に示すように本実施形態の内視鏡装置1は、細長な挿入部2aの先端部に撮像素子11を内蔵した電子内視鏡(以下、内視鏡と略記する)2と、この内視鏡2に照明光を供給する光源装置3と、この光源装置3及び前記内視鏡2に着脱自在で、前記光源装置3からの照明光を導光する光伝送手段であるケーブル用ライトガイド41を内挿したケーブル部4と、前記撮像素子11でとらえた内視鏡像を表示する画面5aを備えたモニタ5とで主に構成されている。なお、このモニタ5と前記光源装置3とは映像ケーブル3aを介して接続されている。

0016

前記内視鏡2は、前記挿入部2aと、把持部を兼ねた操作部2bとで構成されている。前記挿入部2aの先端部には前記撮像素子11と、この撮像素子11の撮像面に光学像を結像させる対物光学系12が設けられている。

0017

前記撮像素子11からは電気信号線である素子側信号線13が延出しており、この素子側信号線13の基端部は操作部2b内に設けられている素子駆動回路14a及び信号処理回路14bを備えた回路基板14に接続されている。この回路基板14は、前記操作部2b内に設けられている発信手段である送信機15及び電源部16に接続されている。

0018

したがって、前記撮像素子11を駆動するための駆動信号は、前記回路基板14の素子駆動回路14aより出力されて、前記素子側信号線13を介して撮像素子11へと入力される。そして、前記回路基板14及び送信機15を動作させるための電力は前記電源部16から供給される。

0019

また、前記挿入部2a内には光伝送手段として光学繊維束で構成された内視鏡ライトガイド17が内蔵されている。この内視鏡ライトガイド17の一端面は、挿入部2aの先端部に配置された照明光学系18に臨まれ、他端面は前記ケーブル部4が接続されるケーブル接続部19の所定位置に配置されている。

0020

前記内視鏡2の挿入部2a及び操作部2bの外装部には、電磁波シールド手段である導電性部材で形成した内視鏡用シールド外装20を設けている。このことによって、前記内視鏡2は大部分がシールド構造になるが、前記ケーブル接続部19の内視鏡ライトガイド17が配置されている接続部開口端面19aだけが非シール構造部であるシールド開口として露出している。

0021

前記ケーブル部4の一端部には前記ケーブル接続部19に着脱自在に接続される内視鏡接続部42が設けられており、このケーブル部4の他端部に前記光源装置3に着脱自在に接続される光源接続部43が設けられている。そして、この光源接続部43と前記内視鏡接続部42とはケーブル本体4aによって一体的に連結されている。

0022

前記内視鏡接続部42内には前記送信機15に対応する受信手段である受信機44が内蔵されている。一方、前記光源接続部43の外周面所定位置にはケーブル側電気接点45が設けられている。

0023

前記ケーブル部4内には前記ケーブル用ライトガイド41及び前記受信機44から延出する電気信号線である受信機用信号線46が挿通している。この受信機用信号線46の基端部は、前記ケーブル側電気接点45に電気的に接続されている。

0024

前記ケーブル用ライトガイド41の一端面は、前記ケーブル接続部19に配置された内視鏡ライトガイド17の端面に光学的に接続されるように内視鏡接続部42の所定位置に配置されている。一方、このケーブル用ライトガイド41の他端面は、光源接続部43の所定位置に配置されている。

0025

前記内視鏡接続部42及び前記光源接続部43の外装部には、電磁波シールド手段である導電性部材で形成した接続部用シールド外装47を設けている。また、前記ケーブル本体4aの内部にはには金属線編組、或いは、螺旋状に巻回し金属ブレード導電性材料で形成したチューブなどによる遮蔽部48が設けられている。この遮蔽部48の両端部と、前記内視鏡接続部42及び前記光源接続部43の接続部用シールド外装47とはそれぞれ電気的に接続されている。このことによって、前記ケーブル部4は大部分がシールド構造になるが、前記内視鏡接続部42及び光源接続部43のケーブル用ライトガイド41が配置されている接続部開口端面42a及び接続部端部43aが非シールド構造部として露出している。

0026

前記光源装置3の外装は、導電性部材で形成した装置本体31によって構成されている。この装置本体31には前記光源接続部43が着脱自在に配置されるケーブルソケット部32が形成されている。したがって、前記光源装置3の大部分がシールド構造になるが前記ケーブルソケット部32が非シールド構造部として露出している。

0027

前記ケーブルソケット部32の所定位置には前記光源接続部43に設けられているケーブル側電気接点45に対応する光源側電気接点33が設けられている。この光源側電気接点33には信号線34が接続されており、この接点信号線34は前記映像ケーブル3a内を挿通して前記モニタ5に接続されている。

0028

また、前記光源装置3内には照明光を発するランプ35及びこのランプ35から出射された照明光を所定位置に集光させる集光光学系36が設けられている。したがって、前記ケーブルソケット部32に前記ケーブル部4の光源接続部43を接続配置させることによって、このケーブル用ライトガイド41の端面が前記集光光学系36の集光位置に配置されるとともに、ケーブル側電気接点45と光源側電気接点33とが電気的な接続状態になる。

0029

前記電子内視鏡2のケーブル接続部19及び前記ケーブル部4の内視鏡接続部42には、ケーブル接続部19と内視鏡接続部42とを接続状態にしたとき電気的な接続状態になる電気的接続部19b、42bがそれぞれ設けてある。また、前記ケーブル部4の光源接続部43と前記光源装置3のケーブルソケット部32には、光源接続部43とケーブルソケット部32とを接続状態にしたとき電気的な接続状態になる電気的接続部43b、32aがそれぞれ設けられている。

0030

したがって、前記電子内視鏡2と前記光源装置3とを前記ケーブル部4を介して接続して内視鏡装置1を構成したとき、前記ケーブル接続部19と内視鏡接続部42とが電気的に接続された状態になるとともに、前記光源接続部43とケーブルソケット部32とが電気的に接続された状態になって、前記電子内視鏡2、前記ケーブル部4及び前記光源装置3の全体がシールド構造部になる。

0031

そして、このシールド構造の電子内視鏡2、前記ケーブル部4及び前記光源装置3内に、前記撮像素子11、素子側信号線13、回路基板14、送信機15、受信機44、受信機用信号線46、ケーブル側電気接点45、光源側電気接点33、接点信号線34が配置される。

0032

上述のように構成した内視鏡装置1の作用を説明する。内視鏡装置1を構成するため、内視鏡接続部42とケーブル接続部19とを接続するとともに、光源接続部43とケーブルソケット部32とを接続する。このことにより、内視鏡2、ケーブル部4及び光源装置3の全体がシールド構造になるとともに、ケーブル部4のケーブル用ライトガイド41が光源装置3及び内視鏡2と光学的に接続される。

0033

したがって、前記ランプ35より出射された観察用の照明光は、集光光学系36を通過してケーブル用ライトガイド41へ入射され、このケーブル用ライトガイド41から内視鏡ライトガイド17に伝送されて照明光学系18から被写体に向けて出射される。

0034

一方、照明光によって照らされた被写体の映像は、対物光学系12を介して撮像素子11の撮像面に結像して電気信号である撮像信号に変換される。撮像信号は、素子側信号線13を通って回路基板14の信号処理回路14bで映像信号に処理され、送信機15内でFM等に変調されて、電磁波による信号として受信機44に向けて出力される。

0035

前記送信機15から出力された信号を受けた受信機44では、変調された信号を映像信号に復調して出力する。この受信機44から出力された映像信号は、受信機用信号線46、ケーブル側電気接点45、光源電極接点33、信号線34、映像ケーブル3aを伝送されてモニタ5に入力され、画面5a上に内視鏡画像として表示される。

0036

このように、電子内視鏡にシールド外装を設け、ケーブル部に接続部用シールド外装及び遮蔽部を設け、光源装置の装置本体を導電性部材で形成し、これらシールド外装、接続部用シールド外装、光源本体を電気的接続部を介して電気的に接続して、電子内視鏡、ケーブル部及び光源装置の全体をシールド構造体として内視鏡装置を構成し、そのシールド構造体内に映像信号を電磁波に変調して送信する送信機及びその変調された信号を受信して電磁波に復調して出力する受信機を配置させたことによって、電磁波が電子内視鏡、ケーブル部、光源装置の外部に漏出することがなくるとともに、内視鏡装置の外部に存在する不要な電磁波が受信機に入力されることを防止することができる。

0037

したがって内視鏡装置から不要輻射ノイズとして出力されて他の医療機器に悪影響を及ぼすこと及び、不要な電磁波を受信して映像に不具合が生じること等がなくなる。

0038

なお、図2の内視鏡装置の他の構成を説明する図に示すように、受信機44を光源装置3内の例えばケーブルソケット部32近傍に設け、この受信機44から延出する受信機用信号線46aを前記映像ケーブル3a内を挿通させて前記モニタ5に接続する構成にしてもよい。その他の構成は上述した実施形態と同様であり、同部材には同符合を付して説明を省略する。

0039

このことによって、ケーブル部4Aから受信機44、受信機用信号線46、ケーブル側電気接点45を不要にして、上述した実施形態よりも安価にケーブル部4Aを構成することができる。また、ケーブル部4Aから受信機44や受信機用信号線46のような電気的構成要素を排して、ケーブル部4Aに対して高圧蒸気滅菌などの高温高湿環境下における滅菌法を適用することができる。その他の作用及び効果は上述した実施形態と同様である。

0040

また、図3の内視鏡装置の別の構成を説明する図に示すように送信機15をケーブル部4B内に設け、受信機44を光源装置3内の例えばケーブルソケット部32近傍に設け、この受信機44から延出する受信機用信号線46aを前記映像ケーブル3a内を挿通させて前記モニタ5に接続する構成にしてもよい。

0041

このとき、前記ケーブル接続部19に内視鏡電極接点19cを設け、内視鏡接続部42にケーブル側電気接点42cを設け、このケーブル側電気接点42cと前記送信機15とを送信機用信号線15aによって電気的に接続する。その他の構成は上述した実施形態と同様であり、同部材には同符合を付して説明を省略する。このことによって、上述した第1実施形態と同様の作用及び効果を得ることができる。

0042

なお、前記内視鏡2とケーブル部4Bとを一体にした構成であってもよい。また、上述した実施形態において、内視鏡用シールド外装20、接続部用シールド外装47、遮蔽部48を、絶縁材料によって形成した図示しないカバー部材によって覆ってしまう構成にしてもよい。

0043

このことによって、導電性部材で形成された内視鏡用シールド外装20、接続部用シールド外装47、遮蔽部48に使用者が触れることがなくなるため、これら内視鏡用シールド外装20、接続部用シールド外装47、遮蔽部48を介する漏れ電流がたとえ大きな場合であっても、医療用機器として本発明による内視鏡装置を供することができる。

0044

加えて、前記内視鏡用シールド外装20、接続部用シールド外装47、遮蔽部48は電磁波シールド機能を有するため、通常、例えばコンデンサ等の静電容量を介して高周波的接地されているものであるが、この構成によればこの接地をより強固な接地とすることも可能である。

0045

上述した実施形態においては映像信号を電磁波信号として送受信する場合を示したが、送受信される信号は映像信号に限定されるものではなく、例えば撮像信号、あるいは内視鏡2に備えられたリモートスイッチなどによる操作用コントロール信号としてもよい。

0046

また、上述した実施形態において、内視鏡接続部42に送信機15を設け、内視鏡2に受信機44を設ける構成にすることにより、使用者による光源装置3の操作信号を内視鏡に伝達することもできる。

0047

ここで、図4を参照して電源部16について説明する。バッテリユニットの構成を説明する図に示すように前記電源部16を、例えば操作部2bに着脱自在なバッテリーユニット60として構成する。このバッテリユニット60は、内視鏡2の使用時に術者の手によって把持し易い形状に形成されており、バッテリーである例えば乾電池61が配置される内部が外部に対して水密に構成されている。

0048

前記バッテリユニット60の前記操作部2bとの接続部分には、乾電池61からの電力が出力される電池接点62と、前記操作部2bに挿入配置される凸部63とが設けられている。

0049

一方、前記操作部2bの前記バッテリユニット60との接続部分には、前記凸部63が挿入される凹部64と、前記電池接点62と電気的に接続される操作部電気接点65とが設けられている。前記操作部電気接点65は、前記操作部2b内に設けられた送信機15や回路基板14、撮像素子11へ接続されている。

0050

なお、前記凹部64の内周にはOリング66と、付勢部材67により付勢された係止爪68が設けられ、バッテリユニット60側には前記係止爪68が配置される係止溝69が設けられている。

0051

以上の構成により、前記バッテリユニット60を操作部2bに接続すると、凸部63が凹部64に挿入配置されて、電池接点62と操作部電気接点65とが接触して電気的な接続状態になる。この状態のとき、前記Oリング66は、凸部63の外周面によって押しつぶされる。

0052

このため、外部から電池接点62及び操作部電気接点65が水密に保持される。また、前記付勢部材67によって付勢されている係止爪68が係止溝69に係止されてバッテリユニット60が操作部2bに一体的に固定される。

0053

なお、前記係止爪68を矢印A方向に押圧操作すると、係止溝69から係止爪68が外れる。この状態のとき、前記凸部63を凹部64から引き抜くことによって、前記バッテリユニット60を操作部2bから取り外すことが可能になる。

0054

なお、本発明における内視鏡2の電力供給手段はバッテリー電源に限定されるものではなく、例えば、光源装置3に設けられた電源回路から、電気信号線及び電気的コネクタを介して供給するようにしてもよい。また、前記電気的コネクタの代わりに、電磁気連結手段を用いたり、太陽電池による電力供給を採用するようにしてもよい。さらに、バッテリユニット60内に送信機を内蔵させる構成をとるようにしてもよい。

0055

図5は本発明の第2の実施形態にかかる内視鏡装置の構成を説明する図である。

0056

図に示すように本実施形態の内視鏡装置1Aでは、第1実施形態の内視鏡装置1の内視鏡2が撮像素子11を内蔵したものであったのに対し、内視鏡2Aに光伝送手段として例えばリレーレンズ71を配置した光学式のものを使用し、この内視鏡2Aに撮像素子8aを内蔵した内視鏡撮像装置8を着脱自在な構成にしている。

0057

前記内視鏡2Aは、挿入部2aと操作部2bとで構成され、前記挿入部2aの先端部に前記リレーレンズ71の先端面に光学像を結像させる対物光学系72が配置されている。そして、この挿入部2aの全長にわたって伝送光学系である対物光学系72及びリレーレンズ71と、内視鏡ライトガイド17とが配置されている。

0058

また、前記操作部2bには前記ケーブル接続部19と、前記内視鏡撮像装置8が接続される接眼光学系73を配置した撮像装置接続部74とが設けられている。この撮像装置接続部74には前記内視鏡用撮像装置8の内視鏡接続部81が着脱自在に取り付けられるように構成されている。

0059

そして、この内視鏡2Aにも、前記第1実施形態と同様、シールド外装20が設けてある。このことによって、本実施形態の内視鏡2Aにおいては前記接続部開口端面19a及び前記撮像装置接続部74の接眼光学系73の配置されている光学系配置端面74aが非シールド構造部として露出している。

0060

一方、前記内視鏡用撮像装置8には前記内視鏡2A内を伝送された光学像を前記撮像素子8aの撮像面に結像させる対物光学系82が配置されている。この対物光学系82は、前記撮像装置接続部74に前記内視鏡接続部81を接続して内視鏡用撮像装置8を内視鏡2Aに一体的に配置したとき、前記接眼光学系73に対向する位置に配置されている。

0061

前記撮像素子8aは、前記第1実施形態と同様、回路基板14を介して送信機15に接続されている。そして、撮像素子8a、回路基板14、送信機15は直接的又は間接的に電源部16に接続されている。つまり、前記撮像素子8a、回路基板14、送信機15及び電源部16がすべて内視鏡用撮像装置8内に配置されている。

0062

そして、この内視鏡用撮像装置8にも、前記内視鏡2Aと同様、導電性部材で構成した撮像装置シールド外装83が設けてある。このことによって、本実施形態の内視鏡用撮像装置8においては前記対物光学系82の配置されている対物系配置端面81aが非シールド構造部として露出している。

0063

前記内視鏡2Aの撮像装置接続部74及び前記内視鏡用撮像装置8の内視鏡接続部81には、この内視鏡接続部81と撮像装置接続部74とを接続状態にしたとき電気的な接続状態にする電気的接続部74b、81bがそれぞれ設けてある。したがって、前記内視鏡2Aに前記内視鏡用撮像装置8を接続することによって、前記内視鏡2Aと内視鏡用撮像装置8とが電気的に接続された状態になって内視鏡2Aと内視鏡用撮像装置8とがシールド構造部になる。その他の構成は第1実施形態と同様であり、同部材には同符合を付して説明を省略する。

0064

上述のように構成した内視鏡装置1Aの作用を説明する。内視鏡装置1Aを構成するため、内視鏡接続部81と撮像装置接続部74とを接続するとともに内視鏡接続部42とケーブル接続部19とを接続し、さらに、光源接続部43とケーブルソケット部32とを接続する。このことにより、内視鏡2、内視鏡用撮像装置8、ケーブル部4及び光源装置3の全体がシールド構造部になるとともに、ケーブル部4のケーブル用ライトガイド41が光源装置3及び内視鏡2と光学的に接続される。したがって、前記ランプ35より出射された観察用の照明光は、ケーブル用ライトガイド41から内視鏡ライトガイド17に伝送されて照明光学系18から被写体に向けて出射される。

0065

一方、照明光によって照らされた被写体の映像は、対物光学系72、リレーレンズ71、接眼光学系73を介して撮像装置接続部74から光学的に出射される。そして、この撮像装置接続部74から出射された光学像は、内視鏡用撮像装置8内へ入射されて、前記対物光学系82を介して撮像素子8aの撮像面に結像する。この後、送信機15から電磁波による映像信号として出力される。出力された電磁波は、シールド構造の内視鏡用撮像装置8、内視鏡2Aから外部に向けて不要輻射ノイズとして漏出することなく受信機44に受信される。その後の作用は前記第1実施形態と同様である。

0066

このように、撮像素子を内蔵した内視鏡用撮像装置を内視鏡に組み合わせて構成した内視鏡装置においても第1実施形態と同様の作用及び効果を得ることができる。

0067

なお、本実施形態においては撮像装置接続部74と内視鏡接続部81との間で映像信号の授受を行っているにも拘わらず電極接点などを持たない構造であるため、例えば、接続面部に生理食塩水体液などの電解質が付着残留した場合でも信号短絡接点腐食などの不具合を発生することを確実に防止される。

0068

また、当然ながら、内視鏡2Aに信号伝送用の電気信号線を設ける必要がないので、従来の光学視管と略同等の価格によって内視鏡2Aを製造することができるので、安価に本発明を実現することが可能になる。

0069

さらに、本実施形態では、光源装置3側で内視鏡2Aへの内視鏡用撮像装置8の着脱状態を検知することが可能であるので、この検知結果に基づいた動作を光源装置3側で行わせることが可能になる。つまり、例えば、特公平7−89178号公報に開示されたような内視鏡用自動調光装置を搭載した内視鏡装置において、内視鏡2Aから内視鏡用撮像装置8を取り外して、内視鏡2Aの接眼光学系73を肉眼で覗き込んで目視観察を行う場合に、光源装置3の光量調整機能を自動的に「自動調光手動調光」へと切り替える構成にすることにより、操作者切替え操作することなく、手動調光による観察が可能な状態にできる。

0070

したがって、一般的な内視鏡用撮像装置と自動調光装置との組合せにおいては、内視鏡用撮像装置8が内視鏡2Aから取り外された場合、すなわち、光源装置3内に撮像信号が入力しなくなったとき、自動調光装置は内視鏡像が「暗い」と認識して、照明光量が最大となるような自動調光を行う。この状態で、接眼光学系73を覗いて肉眼による目視観察を行おうとすると、光量が多すぎるため、眩しく、観察に支障を来す。つまり、このような場合、操作者自ら「自動調光→手動調光」の切替えを行うという煩雑な作業を要する訳だが、上述した構成であれば、このような作業が自動的に回避されて、操作性が向上する。

0071

なお、前記内視鏡用撮像装置8の代わりに図6に示すように対物光学系82を設けた光学アダプタ部91と、撮像素子8a及び回路基板14、送信機15及び電源部16を設けたTVカメラ部92とで内視鏡用撮像装置8Aを構成するようにしてもよい。このとき、光学アダプタ91とTVカメラ部92とは着脱自在な別体構造にしてもよい。

0072

この構造のとき、前記TVカメラ部92に前記光学アダプタ91に着脱自在に接続するためのアダプタ接続部93を設ける一方、前記光学アダプタ部91には前記内視鏡2Aに着脱自在に接続するための内視鏡接続部81及び前記TVカメラ接続部93との接続部となるTVカメラ接続部94とを設けている。そして、前記光学アダプタ部91及びTVカメラ部92に導電性部材で構成したシールド外装95、96をそれぞれ設けている。

0073

このことによって、前記光学アダプタ91では対物光学系82が配置された対物系配置前面81f及び対物系配置後面81rが非シールド構造部として露出し、前記TVカメラ部92では素子前面92aが非シールド構造部として露出する。

0074

前記光学アダプタ91及び前記TVカメラ部92には、この光学アダプタ91とTVカメラ部92とを接続状態にしたとき電気的な接続状態になる電気的接続部81b、81c、92bがそれぞれ設けてある。

0075

したがって、前記光学アダプタ91と前記TVカメラ部92とを接続して内視鏡用撮像装置8Aを構成したとき、前記光学アダプタ91と前記TVカメラ部92とが電気的に接続された状態になって、この内視鏡用撮像装置8Aが前記内視鏡用撮像装置8と同様に対物系配置端面81aに対応する対物系配置前面81fを除いてシールド構造部になる。

0076

なお、本発明は、以上述べた実施形態のみに限定されるものではなく、発明の要旨を逸脱しない範囲で種々変形実施可能である。

0077

[付記]以上詳述したような本発明の上記実施形態によれば、以下の如き構成を得ることができる。

0078

(1)挿入部先端部に撮像素子を内蔵した内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部と、前記撮像素子で光電変換された電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段と、この発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段と、前記発信手段及び前記受信手段を内包して、前記内視鏡、前記光源装置、前記ケーブル部の外部に対して電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段と、を具備する内視鏡装置。

0079

(2)光伝送手段を内蔵した内視鏡と、この内視鏡の光伝送手段が伝送する光学像を撮像する撮像素子を内蔵した内視鏡撮像装置と、前記内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部と、前記撮像素子で光電変換された電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段と、この発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段と、前記発信手段及び前記受信手段を内包して、前記内視鏡、前記内視鏡撮像装置、前記光源装置、前記ケーブル部の外部に対して電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段と、を具備する内視鏡装置。

0080

(3)内視鏡と、この内視鏡に照明光を供給する光源装置と、この光源装置と前記内視鏡とを連結して前記光源装置からの照明光を導光する光伝送手段を内挿したケーブル部とを備えた内視鏡装置において、電気信号を電磁波信号に変換して発信する発信手段及びこの発信手段から発信された電磁波信号を受信して電気信号に変換して出力する受信手段を、電磁波的に遮蔽する電磁波シールド手段に内包し、この電磁波シールド手段を前記内視鏡本体内又は前記光源装置内又は前記ケーブル部内の少なくとも一箇所に配置した内視鏡装置。

0081

(4)前記電磁波シールド手段を分割して前記内視鏡、前記内視鏡撮像装置、前記光源装置、前記ケーブル部に配置し、分割されたそれぞれの電磁波シールド手段どうしを電気的に接続する電気的接続部を設けた付記1ないし付記3の1つに記載の内視鏡装置。

0082

(5)前記発信手段を前記内視鏡内に設け、前記受信手段を前記ケーブル部内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0083

(6)前記発信手段を前記内視鏡内に設け、前記受信手段を前記光源装置内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0084

(7)前記発信手段を前記ケーブル部内に設け、前記受信手段を前記光源装置内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0085

(8)前記受信手段を前記内視鏡内に設け、前記発信手段を前記ケーブル部内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0086

(9)前記受信手段を前記内視鏡内に設け、前記発信手段を前記光源装置内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0087

(10)前記受信手段を前記ケーブル部内に設け、前記発信手段を前記光源装置内に設けた付記1ないし付記4のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0088

(11)前記発信手段により電磁波信号に変換される電気信号は、前記撮像素子の撮像面に結像した光学像の光電変換されて出力した撮像信号である付記1ないし付記3のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

0089

(12)前記発信手段により電磁波信号に変換される電気信号は、使用者が前記内視鏡あるいは前記光源装置を操作した際に生成される操作用コントロール信号である付記1又は付記3のいずれか1つに記載の内視鏡装置。

発明の効果

0090

以上説明したように本発明によれば、無線信号伝送方式であるにも拘わらず、他機器からの電磁波ノイズの影響を受け難く、かつ、他機器に対して電磁波ノイズの影響を与え難い内視鏡装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0091

図1本発明の第1実施形態に係る内視鏡装置の構成を説明する図
図2内視鏡装置の他の構成を説明する図
図3内視鏡装置の別の構成を説明する図
図4バッテリユニットの構成を説明する図
図5本発明の第2の実施形態にかかる内視鏡装置の構成を説明する図
図6内視鏡用撮像装置の他の構成を説明する図

--

0092

1…内視鏡装置
2…電子内視鏡(内視鏡)
3…光源装置
4…ケーブル部
11…撮像素子
14…回路基板
14a…素子駆動回路
14b…信号処理回路
15…送信機
19b…電気的接続部
20…シールド外装
31…装置本体
32a…電気的接続部
42b…電気的接続部
43b…電気的接続部
44…受信機
47…接続部用シールド外装
48…遮蔽部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 猪俣成司の「 合成動画像生成装置」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】合成先の動画像に関する情報に基づいて、ユーザである被写体の動画像データが合成された合成動画像データを提供し、被写体に高い娯楽性を与える合成動画像生成装置を提供する。【解決手段】被写体Aを撮影す... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 撮像装置、レンズ装置、カメラシステムおよび撮像装置の制御方法」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】使用するデータ量を削減可能な撮像装置、レンズ装置、カメラシステムおよび撮像装置の制御方法を提供すること。【解決手段】撮像装置は、中心から径方向に向かって透過率が変化する光学素子を含む撮像光学系... 詳細

  • 株式会社コアの「 撮像装置、撮像方法及び撮像プログラム」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】複数の撮像装置を用いて同一の被写体を撮像するのに好適な撮像装置、撮像方法及び撮像プログラムを提供する。【解決手段】撮像装置は、時間的に連続して被写体を撮像して画像データを生成する複数の定点撮像... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ