図面 (/)

技術 化粧品レシピのオンライン検索・作成支援プログラム、及び該支援プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体、並びに化粧品のオンライン検索支援装置及び化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置

出願人 石川浩二
発明者 石川浩二土明文伊藤まり
出願日 2001年12月14日 (16年9ヶ月経過) 出願番号 2001-381535
公開日 2003年7月4日 (15年2ヶ月経過) 公開番号 2003-186962
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機 検索装置
主要キーワード 非科学的 最近話題 分量割合 ダメージ度 成分データベース 文字情報通信 パソコン入力 洗顔効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年7月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

使用する化粧品配合成分に関する情報の入手を容易とし、使用者の要求に合った化粧品の選択、化粧品レシピの作成をする化粧品レシピのオンライン検索作成支援装置を提供する。

解決手段

予め記憶している化粧品配合成分と化粧品レシピのデータベースを参照することによって、インターネットに接続された顧客コンピュータ、皮膚表面解析装置等を使用して入力された、肌の状態や嗜好アレルギー等のパラメータに最も適する化粧品配合成分及び/又は検索した化粧品配合成分に適合する化粧品レシピを選択し、入力された要求項目に適合する化粧品レシピが検索されない場合には、新たに最適の化粧品レシピを作成するようにした。

概要

背景

一般に、化粧品成分表示には、多くの専門用語が使用されており、配合されている成分の効能一般使用者が充分理解した上で化粧品を選択することは困難であった。従って、一般の使用者による化粧品の選択は、使用者がデパート等の化粧品売り場等に出向いて、肌の状態を調べてもらい、販売員などから、自分の肌に適していると勧められる化粧品を購入するケースが大半であり、その他、広告宣伝、使用者の口コミ情報使用者自身の過去の経験、或いは、使用者の試行錯誤等によって使用する化粧品を決めることが多く、また、専業の美容師であっても、化粧品に含まれる成分の全ての効能に精通する為には、極めて専門的な知識が必要とされることから、顧客の肌に合った化粧品の選択は容易ではなく、一般の使用者と同じく、メーカー生産した化粧品に含まれている既知の効能を有する化粧品配合成分を見て製品を選び、使用する化粧品を決定するのが一般的であった。また、日進月歩で製品の開発が行われている化粧品業界にあって、使用者が数多くの市販化粧品の中から、自分の使用目的或いは使用環境に最も適した化粧品レシピを満たす化粧品を選ぶことは至難の業であり、たとえ専業の美容師といえども、顧客の生活パターン行動パターン天候等の外的条件の変化に応じて、既知の化粧品レシピの中から最適の化粧品レシピを選択し、或いは、新たに最適の化粧品レシピを作成することの出来る美容師は極めて限られていた。

概要

使用する化粧品配合成分に関する情報の入手を容易とし、使用者の要求に合った化粧品の選択、化粧品レシピの作成をする化粧品レシピのオンライン検索作成支援装置を提供する。

予め記憶している化粧品配合成分と化粧品レシピのデータベースを参照することによって、インターネットに接続された顧客コンピュータ、皮膚表面解析装置等を使用して入力された、肌の状態や嗜好アレルギー等のパラメータに最も適する化粧品配合成分及び/又は検索した化粧品配合成分に適合する化粧品レシピを選択し、入力された要求項目に適合する化粧品レシピが検索されない場合には、新たに最適の化粧品レシピを作成するようにした。

目的

本発明は、この様な従来の非科学的な化粧品の選択の仕方を改善するもので、その目的とするところは、高価な化粧品をテストの為に購入する等の経済的な負担を一般の使用者、或いは、専業の美容師に負わせることなく、インターネット接続された顧客のコンピュータシステムを、化粧品配合成分の種類、効能等についての情報、使用条件に応じた最適化粧品配合成分についての情報、天候、紫外線指数、うるおい指数等のインターネットによって配信された外的条件を記憶するホストコンピュータオンライン接続し、更に顧客コンピュータから、使用者の要求項目又は条件パラメータ、当日の行動予定行き先等の個人情報も併せて入力することにより、使用者の各種の要求項目又は条件パラメータに対応した最適の化粧品レシピをホストコンピュータの所定のプログラムによって算出して作成することを可能にするものである。

さらに、本発明は、2001年4月から施行された「化粧品全成分表示義務」を踏まえ、使用者に密着した化粧品に関するデータベースの構築目指すもので、化粧品の使用方法次々と開発される化粧品の成分配合、化粧品に使用される成分、同成分が肌に与える影響に関する情報等についても顧客コンピュータからの検索を可能とし、化粧品配合成分全般の情報提供も可能とし、併せて、使用者は、本発明の使用によって、化粧品配合成分について多くの知識を得ることが出来るのみならず、使用した化粧品の評価をホストコンピュータに入力することにより、ホストコンピュータに学習機能をも持たせることが出来るので、一般の使用者が、美容師、理容師、化粧品販売員エスシャン、薬剤師等の専業者が業務を通じて得た知識或いは情報を共有することが出来るようになり、今までは不可能であった専業者からのノウハウを一般の使用者が享受出来ることになり、従って、化粧品に関する良質なデータベース、化粧品レシピに対する評価等に関する情報について一般使用者及び専業者の共有化が可能となる。さらに、専業者にとっては、顧客毎の最適な化粧品レシピを作成し、蓄積することが出来ることから、顧客に対して肌理の細かいサービスを提供することが出来るため、化粧品業界における本発明の利用価値は計り知れないものがある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

化粧品レシピオンライン検索・作成を支援するためのコンピュータを、予め記憶している化粧品配合成分のデータベースを用い、肌の状態や嗜好アレルギー等の入力された条件パラメータに適した化粧品配合成分を検索する手段、選択された化粧品配合成分を含み且つ入力された条件パラメータに適合する化粧品レシピを、予め記憶している化粧品レシピのデータベースを用いて検索又は作成する手段、検索又は作成した化粧品配合成分及び/又は化粧品レシピを表示のため出力する手段として機能させるための化粧品レシピのオンライン検索・作成支援プログラム

請求項2

請求項1記載のプログラムを記録した記録媒体

請求項3

肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された複数の条件パラメータに適した化粧品配合成分を、予め記憶している化粧品配合成分のデータベースを参照して検索する手段と、検索された化粧品配合成分を表示のため出力する手段とを備えた化粧品のオンライン検索支援装置

請求項4

予め記憶している化粧品配合成分と化粧品レシピのデータベースと、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された条件パラメータに適した化粧品配合成分を検索する手段と、選択された化粧品配合成分を含み且つ入力された条件パラメータに適合する化粧品レシピを検索又は作成する手段と、検索又は作成した化粧品配合成分及び/又は化粧品レシピを表示のため出力する手段とを備えた化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置

請求項5

入力された条件パラメータに適合する化粧品配合成分及びその効能又は化粧品レシピを表示のため検索結果リストとして出力する手段と、リスト化された化粧品配合成分及び効能又は化粧品レシピの構成成分を、それぞれ詳細情報リンクさせる手段とをさらに備えたことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項6

入力された条件パラメータに適合する化粧品配合成分を検索する手段によって検索された化粧品配合成分に最も適する配合割合を算出する手段をさらに備えたことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項7

入力された条件パラメータに適合する化粧品配合成分を含む化粧品レシピが検索されない場合、新たに最適の化粧品配合成分の割合を算出して化粧品レシピを作成する手段を備えたことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項8

記入力された条件パラメータが、少なくともインターネット等を経て取得した天候等の外的条件、皮膚解析装置によって得た肌状態、及び、使用者の気分、行動パターンの何れかをさらに含むことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項9

前記条件パラメータを入力する手段及び検索又は作成した化粧品配合成分及び/又は化粧品レシピを表示する手段が、インターネットに接続された、パーソナルコンピュータ文字情報通信機能を持つ携帯電話機或いはゲーム機であることを特徴とする請求項4乃至8の何れかに記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項10

前記作成した化粧品レシピを新規データとして記憶装置分類記憶し再利用に供しうるようにしたことを特徴とする請求項4乃至8の何れかに記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項11

前記検索又は作成した化粧品レシピを持つ化粧品について入力された使用後の評価パラメータを化粧品レシピ評価プログラムに基づいて評価して、化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データが記憶されている場合には各データを更新し、化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データが記憶されていない場合には新たな化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データとして蓄積する手段とを備えたことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項12

前記評価は、予め設定してある各項目毎評価基準に基づいて行うことを特徴とする請求項11記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

請求項13

化粧品配合成分名からその効能を検索する手段を更に備えたことを特徴とする請求項4記載の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置。

技術分野

0001

本発明は、化粧品使用者(以下、単に「使用者」という。)の要求項目に最適な化粧品配合成分をオンライン検索し、しかも、使用者の要求項目に適合した化粧品配合成分の組み合わせを算出して使用者個人の化粧品レシピを提供するシステムに関し、更に具体的には、化粧品を実際に使用する個人使用者、或いは、美容師等の専業者からの種々の要求項目に応じた化粧品配合成分の組み合わせ、配合割合等を、予めデータとして蓄積された使用条件別の成分配合データに基づいて算出し、算出した化粧品配合成分配合データを含む化粧品レシピの有無を、化粧品レシピのデータベースを検索して抽出し、最適合データを含む化粧品レシピから順に検索結果を表示装置に表示させるため出力し、該当する化粧品レシピが化粧品データベースに含まれていない場合には、算出した化粧品配合成分配合データに基づいて新たに化粧品レシピを作成して表示装置に表示させるため出力することによって、使用者が望む化粧品レシピを提供し、使用者が必要とする化粧品レシピの選択を自らで決定し作成することを支援するシステムに関する。

背景技術

0002

一般に、化粧品の成分表示には、多くの専門用語が使用されており、配合されている成分の効能一般使用者が充分理解した上で化粧品を選択することは困難であった。従って、一般の使用者による化粧品の選択は、使用者がデパート等の化粧品売り場等に出向いて、肌の状態を調べてもらい、販売員などから、自分の肌に適していると勧められる化粧品を購入するケースが大半であり、その他、広告宣伝、使用者の口コミ情報使用者自身の過去の経験、或いは、使用者の試行錯誤等によって使用する化粧品を決めることが多く、また、専業の美容師であっても、化粧品に含まれる成分の全ての効能に精通する為には、極めて専門的な知識が必要とされることから、顧客の肌に合った化粧品の選択は容易ではなく、一般の使用者と同じく、メーカー生産した化粧品に含まれている既知の効能を有する化粧品配合成分を見て製品を選び、使用する化粧品を決定するのが一般的であった。また、日進月歩で製品の開発が行われている化粧品業界にあって、使用者が数多くの市販化粧品の中から、自分の使用目的或いは使用環境に最も適した化粧品レシピを満たす化粧品を選ぶことは至難の業であり、たとえ専業の美容師といえども、顧客の生活パターン行動パターン天候等の外的条件の変化に応じて、既知の化粧品レシピの中から最適の化粧品レシピを選択し、或いは、新たに最適の化粧品レシピを作成することの出来る美容師は極めて限られていた。

発明が解決しようとする課題

0003

従来、一般の使用者、或いは、理美容業界エステ業界、化粧品販売業界等の専業者による化粧品の選択、及び、その使用に関しては、次のような問題点があった。即ち、化粧品の使用は、単に美容のためだけに使用されるものではなく、健康な皮膚を維持するためのスキンケアの面でも化粧品配合成分は重要であることから、化粧品の使用に際しては、皮膚の状態を正確に把握し、最適の化粧品レシピから成る化粧品を選ぶことが大切であるにも拘わらず、皮膚の状態を正確に把握して化粧品を選ぶことは使用者にとって簡単に実行出来ることではなかった。

0004

しかしながら、一口に皮膚の状態とはいっても、その内容は多岐渡り、皮膚の状態は、角化変調老化度を反映する皮膚表面の形態、角層中アミノ酸類等によって決定される角層水分量角層バリアー機能指標と成る経皮水分損失(TWL:Transepidermal water loss)、不完全な核を持った角質細胞が作られる度合いを示す不全角化度、皮脂量と水分量割合によって決まる肌質、その他、病的な原因による皮膚の状態の変化等々、皮膚の状態を評価するに際しては、多くの要因が関連しており、加えて、使用者の年令や環境、生活行動などによっても毎日刻々と変化していることから、使用者にとって、自己の日々の皮膚の状態を正確に知ること自体不可能に近く、まして、日々の皮膚の状態に最適の化粧品レシピを選択することは極めて困難であった。

0005

さらに、一般の使用者がデパートの化粧品売り場等で入手可能な化粧品データは、固定された時間と条件から得られた汎用データに過ぎず、個人の肌の変化の状態を、時間の経過にともなって常に正しく把握し、抽出して決定した化粧品データではなく、また、肌と化粧品あるいは成分との相性には個人差があるが、デパートの化粧品売り場等で得られる汎用の化粧品データから各個人の肌に適した化粧品レシピの化粧品を的確に選ぶことも不可能に近く、加えて、従来の方法では、使用者は、デパートの化粧品売り場等に出かける必要があり、毎日知りたい時に簡単に化粧品データを得ることが出来なかった。

0006

また、デパートの化粧品売場、或いは、化粧品店等の販売員等は、関連会社の化粧品を推薦するので客観的な化粧品データ、化粧品配合成分、効能等に関する情報を得ることができなかった。即ち、化粧品メーカが生産する化粧品の成分配合は、実際に利用する個人の使用者の使用条件には必ずしも最適のものではなく、より多くの使用者が利用出来る様な最大公約数的なものにならざるを得ず、化粧品としての効果も平均的なものとならざるを得なかった。

0007

しかし、一般の使用者による化粧品の利用態様は、千差万別で、例え同一の使用者であっても、その日の行動パターン、或いは、天候等の外的条件によって使用する化粧品に要求される条件が異なって来ることから、化粧品レシピを種々の条件によって選択し、使用する化粧品を変えるのが望ましい。ところで、一般の使用者は、自分が持っている化粧品の中から、その日の行動パターン、天候等の外的条件に応じて最適と思われるものを、自己の経験則に照らして選択しているのが実状であり、その選択は、必ずしも科学的根拠に基づいたものではなく、時には誤った化粧品レシピの化粧品を選択をすることも往々にして起こっていた。

0008

加えて、化粧品には、本来化粧品の機能としては必要とされない保存料等の添加物も含まれており、この様な添加物を化粧品配合成分の中から識別し、これらの添加物を含まない化粧品を入手する等の選択は、専門的な化学物質の効能についての知識を通常持たない一般の使用者にとって困難であった。また、選択した化粧品が肌に合わなければ、新しい化粧品を実際に使用し、必要とする条件或いは要求項目に適合した化粧品配合成分を含む化粧品レシピからなる化粧品を試行錯誤によって見出すことが必要であった。

0009

本発明は、この様な従来の非科学的な化粧品の選択の仕方を改善するもので、その目的とするところは、高価な化粧品をテストの為に購入する等の経済的な負担を一般の使用者、或いは、専業の美容師に負わせることなく、インターネット接続された顧客のコンピュータシステムを、化粧品配合成分の種類、効能等についての情報、使用条件に応じた最適化粧品配合成分についての情報、天候、紫外線指数、うるおい指数等のインターネットによって配信された外的条件を記憶するホストコンピュータオンライン接続し、更に顧客コンピュータから、使用者の要求項目又は条件パラメータ、当日の行動予定行き先等の個人情報も併せて入力することにより、使用者の各種の要求項目又は条件パラメータに対応した最適の化粧品レシピをホストコンピュータの所定のプログラムによって算出して作成することを可能にするものである。

0010

さらに、本発明は、2001年4月から施行された「化粧品全成分表示義務」を踏まえ、使用者に密着した化粧品に関するデータベースの構築目指すもので、化粧品の使用方法次々と開発される化粧品の成分配合、化粧品に使用される成分、同成分が肌に与える影響に関する情報等についても顧客コンピュータからの検索を可能とし、化粧品配合成分全般の情報提供も可能とし、併せて、使用者は、本発明の使用によって、化粧品配合成分について多くの知識を得ることが出来るのみならず、使用した化粧品の評価をホストコンピュータに入力することにより、ホストコンピュータに学習機能をも持たせることが出来るので、一般の使用者が、美容師、理容師、化粧品販売員、エステシャン、薬剤師等の専業者が業務を通じて得た知識或いは情報を共有することが出来るようになり、今までは不可能であった専業者からのノウハウを一般の使用者が享受出来ることになり、従って、化粧品に関する良質なデータベース、化粧品レシピに対する評価等に関する情報について一般使用者及び専業者の共有化が可能となる。さらに、専業者にとっては、顧客毎の最適な化粧品レシピを作成し、蓄積することが出来ることから、顧客に対して肌理の細かいサービスを提供することが出来るため、化粧品業界における本発明の利用価値は計り知れないものがある。

課題を解決するための手段

0011

本発明は、上記目的を達成するために、予め記憶している化粧品配合成分のデータベースを参照して、肌の状態や嗜好アレルギー等の入力された複数の条件パラメータに最も適した化粧品配合成分を選択する化粧品の検索支援装置を提供する。

0012

本発明は、上記目的を達成するために、予め記憶している化粧品配合成分と化粧品レシピのデータベースを参照して、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された条件パラメータに最も適した化粧品を選択する化粧品の検索支援装置を提供する。

0013

本発明は、上記目的を達成するために、化粧品レシピのオンライン検索・作成を支援するためのコンピュータを、予め記憶している化粧品配合成分と化粧品レシピのデータベースを参照して、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された条件パラメータに最も適した化粧品を選択する化粧品の検索・作成支援をするように機能させるプログラムを提供する。

0014

本発明の他の特徴によれば、入力された条件パラメータに最も適する化粧品レシピを検索し表示のため出力し、検索した化粧品レシピに適合する化粧品リストを選択し表示のため出力し、入力された要求項目に適合する化粧品レシピが検索されない場合には、新たに最適の化粧品レシピを作成するようにした化粧品レシピの作成支援装置が提供される。

0015

また、本発明の他の特徴によれば、入力された条件パラメータに最も適する化粧品配合成分を選択する手段、選択された化粧品配合成分に最も適する配合割合を算出する手段を備えた化粧品レシピの作成支援装置が提供される。

0016

さらに、本発明の他の特徴によれば、入力された条件パラメータに最適の化粧品の配合成分を検索する手段と、検索した化粧品配合成分を含む化粧品を表示のため出力する手段と、検索した化粧品配合成分の詳細な効能を表示のため出力する手段を備えた化粧品レシピの作成支援装置が提供される。

0017

さらに、また、本発明の他の特徴によれば、個人使用者や、店鋪等で誰でもが簡単に利用することができる個人向け情報管理が可能なツール、例えば、パーソナルコンピュータ文字情報通信機能を備えた携帯電話機、インターネットに接続可能なゲーム機等の顧客コンピュータ、及び、皮膚表面解析用のデータ入力装置プローブ)等の解析装置から条件パラメータを入力し、化粧品配合成分データベース、化粧品レシピデータベース、インターネット経由で配信された外的条件等の各種データベースを記憶する記憶装置を備え、化粧品レシピの検索・作成プログラム、化粧品配合成分の解析プログラム、皮膚表面解析プログラム等のプログラムが組み込まれたホストコンピュータにインターネット経由で接続し、誰でもが何時でも手軽に客観的で且つ的確な化粧品配合成分データ、化粧品レシピデータ等に関する情報を提供できる化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置が提供される。

発明を実施するための最良の形態

0018

以下、本発明をその実施の形態を示す図面を参照して詳細に説明する。

0019

図1は、本発明の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置を使用して構成される化粧品レシピのオンライン検索・作成支援システム概略構成を示す図である。同図において、符号1で示すものは、システムの中枢となるホストコンピュータによって構成される化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置であり、化粧品の使用者の要求項目に最適な化粧品配合成分をオンラインで検索し、使用者の要求項目に適合した化粧品配合成分の組み合わせを算出して使用者個人の化粧品レシピをオンラインで検索し、作成して支援するサービスを提供する。

0020

符号2で示すものは、使用者によってアクセス可能な顧客コンピュータであり、ホストコンピュータのオンライン検索・作成支援装置1とは、例えば、インターネット等オープンネットワークのためのネットワーク回線3を介して接続され、オンライン検索・作成支援装置1による化粧品レシピをオンラインで検索し、作成して支援するサービスを受けることができる。

0021

図2は本発明のオンライン検索・作成支援装置1を使用した化粧品レシピのオンライン検索・作成支援システムを構成する顧客コンピュータ2の概略を示す図であって、21はキーボードマウス、皮膚表面解析用のプローブ等の入力装置、22は中央演算処理装置、23はROM等のプログラム記憶装置、24は表示を行うCRT液晶ディスプレイ等の表示装置、25はネットワーク回線3を介してオンライン検索・作成支援装置1と接続するためのモデムである。

0022

図3は本発明のオンライン検索・作成支援装置1を構成するホストコンピュータの概略を説明する図であって、11はキーボード、マウス等の入力装置、12は中央演算処理装置、13はROM等のプログラム記憶装置、14はRAM、ハードディスク等の各種データの記憶装置及び15はメンテナンスなどの際に入力装置11とともに使用され各種の情報を表示するCRT、液晶ディスプレイ等の表示装置、16は通信インタフェース制御部を示す。通信インタフェース制御部16は、顧客コンピュータ2とのインタフェースを司る部分であり、本例では、インターネットを用いるため、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)をサポートするものとする。

0023

記憶装置14に記憶される各種データの内、化粧品配合成分データは、化粧品に用いられる原材料成分化学名、表示名、分類名、INCI名等の名称、物性、機能、効能、有害性等のデータであり、化粧品レシピデータは、化粧品としての成分、機能、効能等のデータを含み、かつ、化粧品配合成分から所望の化粧品を調合する際に必要な情報であって、例えば、各配合成分の割合や調合の方法、調合した化粧品の使用法といった化粧品の処方に関するデータであり、これに関連する流行のレシピに関するデータを含む。

0024

化粧品レシピ検索結果データは、検索された化粧品レシピデータを格納する化粧品レシピの検索結果格納データであり、化粧品レシピ作成結果データは、作成された化粧品レシピを格納する化粧品レシピの作成結果格納データであり、化粧品レシピ評価データは、作成された化粧品レシピの評価を格納する化粧品レシピ評価格納データである。記憶装置14には、さらに、市販の化粧品の化粧品名、化粧品メーカー名、市販化粧品の配合成分表等の市場に出回っている化粧品に関する市販化粧品情報詳細データ、及び、インターネット経由で取り込んだ当日の降水量気温、紫外線指数、うるおい指数等、化粧品使用者が外出した際に受ける外的条件を考慮した化粧品レシピの作成にあたって必要とされる情報も収納している。さらに、化粧品に関する最近話題になっている情報を提供するために、定期的に更新されるトピックスデータも記憶装置14に格納しておき、検索レシピや作成レシピ等の結果に関連し、或いは、単独にトピックスとして提供できるようにしうる。

0025

中央演算処理装置12は、プログラム記憶装置13に記憶されている化粧品レシピ検索プログラム、化粧品レシピ作成プログラム及び化粧品レシピ評価プログラムに従って、化粧品レシピ検索処理、化粧品レシピ作成処理及び化粧品レシピ評価処理をそれぞれ実行する。各処理の詳細を図4を参照して以下具体的に説明する。

0026

化粧品レシピ検索処理では、顧客コンピュータ2のキーボード、マウス、タッチキー等の入力装置21によって使用者が入力した要求項目又は条件パラメータ並びに行動パターン、ホストコンピュータにインターネット経由で取り込んだ当日の外的条件等の条件パラメータ、及び、皮膚表面解析用のプローブを備えたデータ入力装置21等から直接入力した条件パラメータに基づいて、記憶装置13に記憶されている化粧品レシピ検索プログラムによって演算処理を実行し、入力された条件パラメータに最適の化粧品配合成分を記憶装置14に記憶されている化粧品配合成分データについて検索を行い、検索した化粧品配合成分データと化粧品レシピ評価データを参照することで、検索した化粧品配合成分を含む市販化粧品の検索を行う。

0027

検索した市販化粧品の配合成分を含み、入力した条件パラメータに最も適合する化粧品レシピを、記憶装置14に記憶されている化粧品レシピデータを検索して抽出し、抽出した化粧品レシピを基準にして、その内容に最も適合した化粧品レシピを持つ市販の化粧品から順に市販の化粧品の情報詳細を化粧品メーカー名と共にリスト化し、顧客コンピュータ2の表示装置24での表示のために出力する。もし、検索した化粧品配合成分を含む市販化粧品が、記憶装置14に記憶されている市販化粧品情報詳細データに見あたらない場合には、次項に記載の化粧品レシピの作成処理によって新規の化粧品レシピを作成し、その詳細を顧客コンピュータ2の表示装置24での表示のために出力することも出来る。

0028

化粧品レシピ作成処理は、顧客コンピュータ2の同じく入力装置21によって使用者が入力した要求項目、使用者の当日の行動パターン、気分等の条件パラメータ、及び、皮膚表面解析用のプローブを備えたデータ入力装置等から入力した条件パラメータ、さらに詳しくは、インターネット経由で取得している当日の気象条件等の外的条件パラメータに基づいて、記憶装置13に記憶されている化粧品レシピ作成プログラムによって演算処理を実行し、記憶装置14に記憶されている化粧品配合成分データを用いて、使用者が要求する各条件パラメータを満たす化粧品レシピを作成して、表示装置24での表示のために出力し、使用者が要求する条件パラメータに最も適した化粧品レシピから順に複数の化粧品レシピを表示して使用者による最適の化粧品レシピの作成を支援する。新規に作成した化粧品レシピの評価算出処理は、化粧品レシピ作成結果データを化粧品レシピ評価データに基づいて評価し、評価の高い化粧品レシピが作成された場合には、ホストコンピュータの記憶装置14に記憶してある化粧品レシピデータを更新する。

0029

本発明の一実施例において、化粧品レシピのオンライン検索・作成を支援するためのプログラムによってホストコンピュータ1が実行する処理フローを示す図5、顧客コンピュータ2の表示装置24に表示される入力画面を示す図6図7を用いて説明する。

0030

使用者が、化粧品レシピの検索・作成システムを構成する顧客コンピュータ2として、皮膚表面解析用のプローブ等の入力装置21を備えない汎用のコンピュータを使用した場合について説明する。使用者が、顧客コンピュータ2を使用してホストコンピュータ1によって構成されるオンライン検索・作成支援装置(サーバ)1にアクセスすると、顧客コンピュータ2の表示装置24に初期画面を表示させるための初期画面データを出力する。顧客コンピュータ2において、初期画面によってレシピ検索が選択されると、レシピ検索のための条件パラメータ入力画面を表示させるための条件パラメータの入力画面データを出力する。

0031

顧客コンピュータ2の表示装置24に表示される表示画面を用いて行われる実際の条件パラメータの入力操作に際しては、オンライン検索・作成支援サーバから送られてくる、例えば、図6に示した入力画面300から、化粧品レシピ検索用条件パラメータ、或いは、化粧品レシピ作成用条件パラメータの入力を行う。本実施例では、化粧品レシピ検索用条件パラメータの入力画面と化粧品レシピ作成用条件パラメータの入力画面とはシームレスとし、使用者にはその差を意識させない様に画面を構成している。

0032

使用者が顧客コンピュータ2の表示装置24に表示された入力画面300を使用して条件パラメータを入力し、これがオンライン検索・作成支援サーバから送られてくると、ステップ209において、この入力画面を利用して行われた手動による条件パラメータを入力する。

0033

入力画面300から手動で入力する条件パラメータには、フレーバー触感、色等の化粧品に対する個人的な嗜好、化粧品配合成分によるアレルギー性ニキビシミ、むくみ等の肌のトラブルの改善或いは解消、心理的効果といったものがあり、これらの条件パラメータも、条件パラメータ入力窓302、303、304....309から入力しうるように構成する。

0034

具体的な手動入力の一例として、例えば、図6に示すように、入力画面300の左側に入力する各条件パラメータ入力用の入力窓を選択するパレット301を用意し、パレットに表示されている必要な入力窓をクリックして画面中央部に開くようにして、入力画面が入力窓によって煩雑にならないように構成する。開いた入力窓からの条件パラメータの入力に際しては、予め用意したプルダウン形式条件入力メニューを各入力窓から引き出し、プルダウンしたメニューから所望の条件パラメータを選択して入力するように構成することができる。

0035

また、パレットに表示されている入力窓を開かず、同入力窓に対応する条件パラメータを入力しなかった場合には、各入力窓毎に予め初期設定してある条件パラメータを使用するようにプログラムされている。本発明では、さらに、使用者の行動予定、インターネットを介して取得した気象条件等の外的条件も条件パラメータとすることにより、使用者の行動パターンを反映した条件パラメータを満たす市販化粧品の検索、或いは、入力した条件パラメータに最適の化粧品レシピの作成が可能となる。

0036

化粧品レシピ検索処理の場合には、使用者が入力した条件パラメータをステップ209において取り込み、使用者の当日の行動予定、気象条件等の外的条件をステップ210において登録し、これらを満たす化粧品配合成分の検索をステップ211において実行し、記憶装置14に記憶されている化粧品配合成分データを検索する。次いで、検索した化粧品配合成分が含まれている市販化粧品の検索をステップ212において実行する。

0037

さらに、入力された条件パラメータに適合する化粧品配合成分及び配合割合を持つ化粧品レシピを化粧品レシピデータベース、化粧品レシピ評価データに基づいてステップ213において検索し、これらの情報を、ステップ215において検索した化粧品レシピを持つ市販の化粧品をそれぞれの化粧品レシピと対応させて結果リストとして出力する。この出力は、適合度の大なるものから順に幾つかの配合の異なる化粧品レシピを検索結果リストとして、顧客コンピュータ2の表示装置24において、図7に示すような表示画面400に表示させるように行われる。

0038

表示された市販の化粧品についてさらに詳細な情報を知りたい場合には、ステップ217において表示された化粧品名、配合成分名等を詳細表示とリンクさせておくことにより、単に画面400に表示された該当する文字表示をクリックすることによって、簡単にステップ218、222、226によって詳細表示に移行し、化粧品、配合成分の更に詳細な情報の表示を行うための出力を行うことが出来る。

0039

さらに、本発明では、ステップ220、224、228において、成分詳細、化粧品レシピ詳細或いは市販化粧品情報詳細画面から、適宜パラメータを選択入力し、ステップ209乃至ステップ214を実行させることによってより詳細な結果リストを表示させることが可能である。ステップ214において、適当なレシピが存在しなかった場合には、ステップ216のレシピ作成のプログラムを実行し、入力した条件パラメータ、外的条件等に最適の化粧品レシピを作成し、上記と同様に適合度の大なるものから順に幾つかの化粧品成分の配合が異なる化粧品レシピを結果リストとして表示画面400に表示させるように出力する。

0040

図7は結果リストを表示する画面を説明するもので、画面左側のパレット401によって、表示画面の選択を行い、それぞれ検索した市販化粧品名リスト、検索した市販化粧品と検索した化粧品レシピとの対応リスト、入力した条件パラメータを満たすように作成した化粧品レシピとその効能を記載したリスト(402,403,404)等を表示画面400上に適宜表示させることが出来る。

0041

さらに、本発明では、上述した検索処理における場合と同じく、例えば、作成した化粧品レシピに示された各化粧品配合成分の効能の詳細を知りたい場合には、各化粧品配合成分名をクリックすることにより、同配合成分の効能を説明する詳細画面に移行することが出来るように構成しているため、作成した化粧品レシピに使用されている化粧品配合成分単独の効能を知りたい場合にも、表示画面400から詳細表示画面にリンクさせることによって、本発明のシステムの利用範囲を更に広げることが可能であり、使用者の要求の度合いによってそれぞれ異なった情報を表示画面400に表示させることが出来る。

0042

また、化粧品レシピ作成処理の場合には、化粧品レシピ検索処理におけると同じく、ステップ209において、使用者が要求する項目、配合したい化粧品配合成分とその配合割合等の、化粧品レシピの作成に必要とされるより詳細な条件パラメータを表示された入力窓302...309を用いてそれぞれ入力される。これらの条件パラメータの入力に際しても、上記の検索処理におけると同じく、入力画面300の左側に表示されたカテゴリー分けした入力窓選択用のパレット301を使用して必要とする要求項目入力用の入力窓をパラメータ入力画面300上に表示し、例えば、プルダウン形式のメニューを使用した条件パラメータの入力が可能である。使用者が選択しなかった入力窓については、先に説明した化粧品レシピ検索処理におけると同じく、予め各入力窓毎に設定してある初期設定の条件パラメータを用いて化粧品レシピを作成する様にプログラムされている。

0043

この化粧品レシピ作成処理の場合、顧客コンピュータ2の表示装置24の入力画面300から入力した使用者が要求する条件パラメータ、を基準に、記憶装置に記憶されている化粧品配合成分データ、化粧品配合成分効能データ等を参照することで、使用者の要求項目に適した化粧品配合成分及び配合割合を持つ化粧品レシピを作成し、適応する化粧品配合成分及び配合割合を持つ化粧品レシピを適応の度合の大きいものから順に幾つかの配合の異なる化粧品レシピを作成し、この作成結果を顧客コンピュータ2の表示装置24の表示画面400上に結果リストとして表示させるため出力するとともに、作成された化粧品レシピを使用者が見た上で、条件パラメータを変更する必要がある場合には、再度入力画面300を立ち上げ訂正した条件パラメータを入力し、化粧品レシピ作成プログラムを最度実行させることによって、化粧品配合成分とその配合割合を修正した化粧品レシピを作成するようにして、使用者の要求に叶った化粧品レシピの作成支援を行うように構成している。

0044

顧客コンピュータ2の表示装置24の表示画面400に表示された化粧品レシピ作成処理における結果の一例を図7に示す。図7に示した画面400は、本発明によって作成した候補となる複数の化粧品レシピ402、403、404と、化粧品レシピごとの成分と分量のリストと、調合の方法とを示す複数のウィンドウを含む画面であり、使用者は、画面400に表示された各化粧品レシピ402,403,404を比較検討することで、最も適した化粧品レシピを選択することが出来る。一度作成した化粧品レシピは、記憶装置14に分類保存しておき、一度作成したレシピの再度の利用を容易にしている。

0045

さらに、本発明に含まれる化粧品配合成分データは、独立したデータベースとして使用し、例えば、顧客コンピュータ2の表示装置24の入力画面300(図6)のパレットで情報検索モードを選択し、入力窓から、市販されている化粧品に含まれる化粧品配合成分名を、例えば、プルダウン形式のメニューから入力することにより、市販されている化粧品に含まれる化粧品配合成分の物性や効能を、記憶装置14に記憶している化粧品配合成分データベースに基づいて顧客コンピュータ2の表示装置24の表示画面400(図7)に表示させることも可能である。

0046

使用者は、化粧品レシピ検索処理によって抽出した化粧品レシピを持つ化粧品、或いは、化粧品レシピ作成処理によって作成した化粧品レシピに基づいて調合した化粧品を使用501した後、図8に示す化粧品レシピ評価パラメータ入力502から使用した化粧品の評価を入力することを可能にし、入力された評価パラメータは、化粧品レシピ評価プログラムに基づく演算処理を経て、予め設定してある評価基準に基づいて、記憶されている化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データの評価が行われ、記憶済みの化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データの変更を必要とするものについては、ステップ503において、それぞれ化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データを更新し、新たに作成された化粧品レシピ及び化粧品レシピ評価データについては、その化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データを蓄積するようにしている。

0047

化粧品レシピ評価パラメータの入力は、例えば、図9に示す顧客コンピュータ2の表示装置24の入力画面600によって行う。入力画面600の左側に示すパレット601は、入力窓の選択用であって、選択した入力窓602によって、使用者が、洗顔効果保湿効果、フレーバー、使用感総合評価等の化粧品レシピの評価データを入力することができる。

0048

今、使用者が、化粧品レシピのオンライン検索・作成支援システムを使用して最適化粧品を決定する場合の手順について図10を参照して説明する。図10(a)は、顧客コンピュータ2として皮膚表面解析用のプローブ等の入力装置21を有する専用パーソナルコンピュータを使って構成した場合を示し、図10(b)は、コンピュータ本体を鏡台の裏側に設置し、液晶ディスプレイを鏡台中に埋め込んだ美容室向けのものを示すもので、機能的には同じものである。

0049

なお、顧客コンピュータ2として皮膚表面解析用のプローブ等の入力装置21を有する専用パーソナルコンピュータを使って構成した場合、コンピュータを、図11のステップ201でスタートすると、ステップ202で各種の初期設定値が自動的に読み込まれ、ステップ203において、肌状態検査システムを使用するか否かを選択する。肌状態の検査結果を化粧品レシピの検索・作成に反映させる為には、ステップ204において肌状態の検査を実行し、検査結果を条件パラメータとしてステップ208において登録する。この登録した条件パラメータは、顧客コンピュータ2において、初期画面によって選択されたレシピ検索のための条件パラメータ入力画面を使用して入力される条件パラメータの一部として利用される。

0050

肌状態を化粧品レシピの検索・作成に反映させる必要のないときは、手動により条件パラメータを入力する。実際の条件パラメータの入力に際しては、上述したように図6に示した入力画面300から、化粧品レシピ検索用条件パラメータ、或いは、化粧品レシピ作成用条件パラメータの入力を行う。

0051

肌状態の検査結果を条件パラメータとして入力することの理由は、人間の肌は略28日の周期スキンサイクル)で生まれ変わり、このスキンサイクルが乱れると、肌の状態に種々の変化が生じ、肌が敏感になったり、かさついたり、或いは抵抗力がなくなったりすることから、化粧品を選択するにあたっては、その日の肌の状態が重要なファクタの一つになる。従って、化粧品レシピ検索・作成処理に際して、例えばスキンケア化粧品レシピを必要とする場合、肌状態検査プログラムを実行させ、皮膚表面解析用のプローブを備えたデータ入力装置によって、肌の水分量、皮脂量、バリア機能保水力角質ダメージ度乾性脂性、敏感度加齢による肌質の変化等の皮膚の状態を検査し、その検査結果を条件パラメータとして入力する。

0052

具体的には、皮膚表面解析用のプローブを皮膚に接触させるだけで、自動的に必要な情報が条件パラメータとして入力されるように構成されている。

0053

(実際の手順)ステップ1使用者は、起きると、先ず、皮膚表面解析用のプローブ等の入力装置21を有し、検査プログラムをインストールした顧客コンピュータ2等の情報処理ツール(以下、単に「処理ツール」という。)を一体化した、図10aに示すような鏡台の前に座り、処理ツールに接続された皮膚表面解析プローブを化粧品を必要とする肌表面に当てる。
ステップ2 皮膚表面解析プローブは、肌表面の情報を取り込んで処理ツールに入力する。
ステップ3 取り込んだ肌表面の情報を処理プログラムで処理して、肌の状態をデータ化する。
ステップ4インターネットを通じて、当日の天気予報から、日照時間、紫外線指数、うるおい指数、降水量、気温等の外的条件パラメータを処理ツールに取り込む。
ステップ5最適化粧品選択プログラムで、データ化された肌表面の情報と、インターネットを介して取り込んだ外的条件パラメータから、当日の肌状態の変化パターン予想する。

0054

ステップ6処理ツール内に記憶している使用者のスケジュール管理プログラムから当日の行動予定を読み出し外出予定等の外的条件パラメータによって、予想した当日の肌状態の変化パターンを修正する。
ステップ7パソコン入力画面からの使用者の条件パラメータ及び修正した当日の肌状態の変化パターンに基づいて、記憶装置に記憶されている化粧品配合成分データベースから、入力された条件パラメータ及び修正された予想される肌状態の変化パターンに最適な化粧品配合成分を選出する。
ステップ8 入力した条件パラメータに適合し、当日の肌状態の変化パターンに最適な、選出された化粧品配合成分をパソコン画面に表示する。
ステップ9 記憶装置に記憶されている手持ちの化粧品データベースから、当日の予想肌状態の変化パターンに必要とされる最適な化粧品配合成分を含んだ市販化粧品を選択する。
ステップ10 使用者の処理ツールに入力してある手持ちの化粧品データベースから選択された最適化粧品を使用する。

0055

ステップ11手持ちの化粧品データベースに必要とする化粧品配合成分を含む市販化粧品が存在しない場合には、最適化粧品レシピを作成し、化粧品レシピデータベースとして処理ツールの記憶装置に記憶し、作成した化粧品レシピを調合出来る場合には、調合した化粧品を使用するが、作成した化粧品レシピを調合出来ない場合には、作成した化粧品レシピに最も近い化粧品レシピを含む市販の化粧品を使用する。
ステップ12 最適化粧品の使用後、化粧品レシピ評価プログラムによって、評価データを処理ツールに入力し、蓄積する。
ステップ13 翌朝上記ステップ1〜ステップ12の操作を繰り返す。
ステップ14 上記ステップ3によって得られた肌の状態データと、昨日の肌の状態データとを肌変化解析プログラムに入力して、使用者独自の肌状態の変化と使用した化粧品配合成分との関係を解析し、使用者個人の肌変化データとして処理ツールに保存する。
ステップ15 保存した使用者個人の肌状態の変化データは、上記修正プロセスステップ6の条件パラメータの一つとして利用する。

0056

なお、上述した実施の形態では、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された条件パラメータに適した化粧品配合成分を検索して選択し、選択された化粧品配合成分を含み且つ入力された条件パラメータに適合する化粧品レシピを検索又は作成し、検索又は作成した化粧品配合成分及び/又は化粧品レシピを表示のため出力するようにしているが、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された複数の条件パラメータに適した化粧品配合成分を、予め記憶している化粧品配合成分のデータベースを参照して検索し、検索された化粧品配合成分を表示のため出力することによって、使用者に複数の条件パラメータに適合した化粧品配合成分に関する情報をオンラインで提供することができる装置としても構成することができる。

0057

以上説明した実施例を要約すると、本発明は、入力手段と表示手段を有する使用者によってアクセス可能な顧客コンピュータとインタラクティブ通信可能に接続されるホスト・コンピュータを備え、ホストコンピュータが、予め記憶している化粧品配合成分、化粧品配合成分の効能、化粧品レシピ等のデータベースを有し、入力手段によって入力された肌の状態や嗜好、アレルギー等の条件パラメータに適した化粧品配合成分を検索し、選択された化粧品配合成分を含み且つ入力された条件パラメータに適合する化粧品レシピを検索又は作成し、検索又は作成した化粧品配合成分及び/又は化粧品レシピを表示手段に表示するためダウンロードして、使用者の要求する化粧品配合成分に関する情報検索並びに化粧品レシピ作成支援を行うことを特徴とする化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0058

ホストコンピュータが、入力された条件パラメータに適合する複数の化粧品配合成分及びその効能又は化粧品レシピを顧客コンピュータの表示手段の画面に表示するため結果リスト化して出力し、リスト化された化粧品配合成分及び効能又は化粧品レシピの構成成分を、それぞれ詳細情報にリンクさせるようにした化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0059

ホストコンピュータが、内蔵するデータベースを検索して選出した化粧品配合成分に最も適する配合割合を算出する化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0060

ホストコンピュータは、入力された条件パラメータに適合する化粧品配合成分を含む化粧品レシピが検索されない場合、新たに最適の化粧品配合成分の割合を算出して化粧品レシピを作成する化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0061

顧客コンピュータにおいて入力する条件パラメータが、少なくともインターネット等を経て取得した天候等の外的条件、皮膚解析装置によって得た肌状態、及び、使用者の行動パターンの何れかをさらに含む化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0062

顧客コンピュータが、インターネットに接続された、パーソナルコンピュータ、文字情報通信機能を持つ携帯電話機或いはゲーム機である化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0063

ホストコンピュータにおいて作成した化粧品レシピを新規データとして記憶装置に分類記憶し再利用に供しうるようにした化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0064

ホストコンピュータが、顧客コンピュータの入力手段から、前記検索又は作成した化粧品レシピを持つ化粧品の使用後の評価パラメータを入力し、ホストコンピュータの記憶装置に化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データが記憶されている場合には、入力された評価パラメータを化粧品レシピ評価プログラムに基づいて評価して各データを更新し、化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データが記憶されていない場合には、新たな化粧品レシピデータ及び化粧品レシピ評価データとして蓄積する手段を備えている化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0065

ホストコンピュータにおける前記評価は、予め設定してある各項目毎の評価基準に基づいて行う化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

0066

ホストコンピュータが、表示手段への表示のため出力した化粧品配合成分名からその効能を検索しうる化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置である。

発明の効果

0067

以上のように、従来、化粧品使用者は、商品として市場に存在する化粧品を使用することが一般的であり、使用者に最も適した成分配合の化粧品を、市場に出回っている数多くの化粧品の中から選び出して使用することは甚だ困難であったが、本発明によれば、必要なパラメータを入力条件として設定し、必要な処理プログラムを選択して実行させるだけで、肌の状態や嗜好、アレルギー等の入力された複数の条件パラメータに適した化粧品配合成分を予め記憶している化粧品配合成分のデータベースを参照して検索して表示のため出力することができるだけでなく、最適な化粧品レシピを備えた化粧品を選択することが出来、又、天候、使用者の行動予定等の外的条件をパラメータとして入力することにより、一日の行動予定に最適の化粧品レシピを作成することが可能であり、作成した化粧品レシピに基づいて、市販の化粧品を選択使用したり、新たに化粧品配合成分を配合して使用者独自の化粧品を作成することも出来る。

0068

従って、本発明は、従来型の、化粧品メーカーの研究開発によって作り出されてきた化粧品を単に選択して使用する形態を全く一新し、使用者自ら、自分の皮膚の状態、その日の行動予定、天候等の条件によって、最適の化粧品レシピを作成することができ、また、記憶装置に蓄積されている化粧品データに基づいて、使用者が購入しようとしている、或いは、購入した化粧品配合成分の効能を瞬時に知ることが出来、使用者の肌の状態と、使用する化粧品に含まれる化粧品配合成分との関係を定量的に知ることが出来る為、化粧品使用者にとっては、極めて利用価値の高い最適化粧品を使用するための化粧品レシピを提供することが出来る。さらに、本発明により、評価の高い化粧品レシピを使用者が自由に作成することもでき、化粧品業界には、今まで存在しなかった極めて評価の高い化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0069

図1本発明の化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置を使用して構成される化粧品レシピのオンライン検索・作成支援システムの概略構成を示す図である。
図2図1のシステムを構成する顧客コンピュータ2の概略を示す図である。
図3本発明のオンライン検索・作成支援装置を構成するホストコンピュータの概略を説明する図である。
図4本発明を実施するための装置における情報処理過程を説明するための図である。
図5ホストコンピュータの処理フローを示す図である。
図6顧客コンピュータの表示装置に表示される条件パラメータの入力画面の1例を示す図である。
図7顧客コンピュータの表示装置に表示される処理結果出力表示画面の1例を示す図である。
図8評価パラメータ入力の説明図である。
図9顧客コンピュータの表示装置に表示されるレシピ評価パラメータの入力画面の1例を示す図である。
図10顧客コンピュータの具体例を示し、(a)は鏡台と併設して利用する例を、(b)は鏡台中に組み込んで使用する例をそれぞれ示す図である。
図11顧客コンピュータの処理フローを示す図である。

--

0070

1化粧品レシピのオンライン検索・作成支援装置
11入力装置
12中央演算処理装置
13プログラム記憶装置
14データ記憶装置
15表示装置
16通信インタフェース制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ