図面 (/)

技術 炊飯装置及び炊飯装置と通信する携帯電話携帯情報端末及びこれらの機能を実現するコンピュータプログラムとコンピュータプログラムを記録した媒体

出願人 パナソニック株式会社
発明者 奥出隆昭野田桂子中谷直史西田一夫内山亘前田健一
出願日 2001年12月12日 (19年0ヶ月経過) 出願番号 2001-378309
公開日 2003年6月24日 (17年6ヶ月経過) 公開番号 2003-174965
状態 拒絶査定
技術分野 他装置と結合した電話通信 移動無線通信システム 計算機・データ通信 電話通信サービス 加熱調理器 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用)
主要キーワード 赤外線応答 データ通信用ケーブル 動作状況データ オプション製品 調理家電 機器製造者 料理教室 短時間通電
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年6月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

家庭台所等で、インタネットを経由して、世界中から炊飯料理に関する情報を入手し、その情報に基づいて、炊飯や保温を行うことが出来る炊飯装置とその為に使用する携帯情報端末を提供する。しかもこれを行う上で、特別な装置や特別な操作は何ら必要としない。

解決手段

インタネットに接続可能な携帯情報端末に、無線通信手段を付加する。炊飯装置にも同様の無線通信手段を付加する。これら無線通信手段によって、インターネットから取得した炊飯に関する情報等を通信する。携帯電話表示画面と操作手段の機能は、炊飯に関する情報に対応して切り替わる。

概要

背景

従来、炊飯装置、例えば炊飯器の操作は炊飯器の操作盤キーを押すことによりなされ、また、炊飯のしかたの選択は操作盤のキーの選択によりなされ、炊飯器の状態の確認は有識者目視や専用のツールを用いて行うのが一般的である。

この場合、あらかじめ炊飯器のマイコンメモリコース等炊飯器の制御などは保存され、操作盤に割り付けられた機能にそって、キーごとにその操作を駆動することが可能になる。つまり、一般使用者は、そのキーに特定の機能の動作を実現するため、キーを押し炊飯器を駆動させていた。

また、キーにより特定される炊飯器の機能は、炊飯器を買うときにすでに定まっているものであり、一般家庭において、一般使用者が自由に変更できるものではなかった。

更に、炊飯器の故障の際は、使用者マニュアルなどを見て対応する場合もあるが、一般には、修理専門家であるサービスマンを呼び、対応してもらうことが行われていた。

近年、特開2001−87128号公報に記載されたように、パソコンを炊飯器のデータ端末として使用して、メーカの開設したホームページから炊飯や保温に関するデータを炊飯器にダウンロードする方法や、パソコンからのデータをパソコンと有線で結合されたリモートコントローラを介して炊飯器にダウンロードされる方法が案出されている。

概要

家庭台所等で、インタネットを経由して、世界中から炊飯や料理に関する情報を入手し、その情報に基づいて、炊飯や保温を行うことが出来る炊飯装置とその為に使用する携帯情報端末を提供する。しかもこれを行う上で、特別な装置や特別な操作は何ら必要としない。

インタネットに接続可能な携帯情報端末に、無線通信手段を付加する。炊飯装置にも同様の無線通信手段を付加する。これら無線通信手段によって、インターネットから取得した炊飯に関する情報等を通信する。携帯電話表示画面と操作手段の機能は、炊飯に関する情報に対応して切り替わる。

目的

本発明は上記状況に鑑み、近年超小型化高性能化が著しく、しかもワイヤレスでインターネットに接続することが可能で、急速に普及している、特に近年は、家庭に1台からほぼ一人に1台の割合にまで普及の兆しが有る、携帯電話を初めとする携帯情報端末を使用し、炊飯装置の操作盤のキーを直接操作することなく炊飯装置の設置場所以外の外部、例えばこれも近年普及が著しく、しかも急速にその内容が充実しており、世界の何処からでも情報を入手することのできるインターネット上のホームページ、例えば、炊飯器メーカーが設置したホームページ、料理学校のホームページ等、フランスに住むフランス料理の世界的な第一人者が設置したホームページから、或いは電子井戸会議のように友人が開設しているホームページから、炊飯や保温に関する情報を入手し、この情報に基づいて機能させることができる炊飯装置及び携帯情報端末を提供することを目的とする。

また、これらの情報に基づいて、予め炊飯装置のマイコンやメモリに記憶され操作盤に割り付けられている機能以外の機能をも、付加し、拡大して機能させることができる炊飯装置と、これに使用する携帯情報端末を提供することを目的とする。

しかもこのような情報の入手、炊飯装置への送信は、例えばパソコン等、特別な装置を何ら用意する必要が無く、近年誰でもほぼ一人に1台にまで普及しつつあり、衣服ポケットにも簡単に収まる、携帯電話を初めとする超小型携帯情報端末だけを使って行うことを可能とすることを目的とする。

又、この炊飯装置の状態、例えば故障原因保守状況等を、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく確認することができる機能を実現することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
4件
牽制数
9件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

有線方式或いは無線方式により携帯情報端末通信する通信手段を有し、前記携帯情報端末或いは前記携帯情報端末を経由して情報提供装置プログラム及びデータの両方或いは一方を通信する炊飯装置。有線方式或いは無線方式により携帯情報端末或いは前記携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラムおよびデータの両方或いは一方を通信する通信手段を有する、炊飯装置。

請求項2

前記情報提供装置は、情報提供者サーバ又は家庭内に設置されたパソコン若しくは家庭内電器電気製品である、請求項1に記載の炊飯装置。

請求項3

前記通信手段は、赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う、請求項1又は請求項2に記載の炊飯装置。

請求項4

前記通信手段によって受信した情報プログラム及びデータの両方或いは一方に依って達成される機能の選択或いは実行指示割り当てられる操作手段を有する、請求項1〜請求項3のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項5

前記操作手段は液晶表示画面を有し、前記達成される機能に基づいて前記液晶表示画面の表示内容を変更する、請求項4に記載の炊飯装置。

請求項6

前記操作手段は、押しボタンスイッチと、前記押しボタンスイッチにより達成される機能を表示する表示手段を有し、前記操作手段に割り当てられたより達成される機能に基づいて表示手段の表示内容を変更する、請求項4に記載の炊飯装置。

請求項7

情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信する第1の通信手段と、有線方式或いは無線方式により炊飯装置と通信を行う第2の通信手段と、を有する携帯電話携帯情報端末。

請求項8

前記第2の通信手段は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う請求項7に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項9

前記第1の通信手段によって受信した情報プログラム及びデータの両方或いは一方を編集或いは加工する手段を有し、前記編集或いは加工した情報プログラム及びデータの両方或いは一方を前記第2の通信手段により前記炊飯装置に送信する、請求項7又は請求項8のいずれかに記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項10

前記炊飯装置の制御を行うためのプログラム及びデータの両方或いは一方を前記通信手段で受信し、前記受信したプログラム及びデータの両方或いは一方にた情報に依って特定の機能を達成するように動作を実行する、請求項1〜請求項6のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項11

前記通信手段が受信する情報プログラム及びデータの両方或いは一方は、請求項7〜請求項9のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末の前記第2の通信手段によって送信された情報プログラム及びデータの両方或いは一方である、請求項10に記載の炊飯装置。

請求項12

前記特定の機能は、炊飯の開始又は終了、急速炊飯の開始又は終了、保温の開始又は終了、再加熱の開始又は終了、脱の開始又は終了、洗米の開始又は終了、米の浸水開始又は終了、コースの変更、炊き上がり堅さの変更、炊き上がりの焦げ具合の変更、釜内圧力の変更、炊飯温度の変更、保温温度の変更、浸水温度の変更、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定又は解除時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定、これらの一時停止、一時停止した機能の再開始の1つ或いは2つ以上である請求項10又は請求項11に記載の炊飯装置。

請求項13

前記通信手段が受信する情報プログラム及びデータの両方或いは一方は米飯需要データを含み、前記米飯の需要データに依って炊飯実行回数を設定する手段を有する請求項10〜請求項12のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項14

前記設定された炊飯実行回数に基づいて炊飯タイミングを設定する手段を有する請求項13に記載の炊飯装置。

請求項15

設定された炊飯完了時刻から逆算して、炊飯コース自動選択する手段を有する請求項12〜請求項14のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項16

他の家庭内電気電器製品に対し当該家庭内電気電器製品を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を送信する、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項15のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項17

前記他の家庭内電気製品機器を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を携帯電話携帯情報端末から或いは携帯電話携帯情報端末を経由して情報提供装置から受信する請求項16に記載の炊飯装置。

請求項18

他の家庭内電気製品から、制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を受信することにより、前記プログラム及びデータの両方或いは一方に基づき動作する請求項10〜請求項17のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項19

前記特定の機能は前記炊飯装置の機種に応じた機能である請求項10〜請求項18のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項20

前記通信手段によって受信した情報プログラム及びデータの両方或いは一方によって決定される動作内容を記憶する記憶手段を有する、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項19のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項21

前記記憶手段は前記炊飯装置からその全部若しくは一部が着脱可能な記憶手段である、請求項20に記載の炊飯装置。

請求項22

前記通信手段によって受信する情報プログラム及びデータの両方或いは一方は他の情報処理装置から前記携帯電話携帯情報端末或いは前記情報提供装置に送信された情報プログラム及びデータの両方或いは一方である、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項21のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項23

前記炊飯装置の動作内容は情報提供装置に記憶した複数の予め決められた、炊飯コースのいずれか少なくとも1つを含むコースである請求項20〜請求項22のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項24

前記炊飯装置の動作内容は、携帯電話携帯情報端末又は携帯電話携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて予め定められた炊飯コースの中からいずれか少なくとも1つを含んだを含んだコースを選択し、決定する請求項20〜請求項23のいずれか1項記載の炊飯装置。

請求項25

前記炊飯装置の動作内容は、携帯電話携帯情報端末又は携帯電話携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて、予め定められた炊飯コースのいずれか少なくとも1つを含み、かつそれぞれのステップにおいてにおいて予め決められた複数の条件の条件から選択し、決定するコースである請求項20〜請求項23のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項26

前記回答は、動作内容の選択若しくは決定、又は前記炊飯コースの選択若しくは決定は、前記携帯電話携帯情報端末が有する表示手段と携帯電話入力手段を使って行う、請求項243又は〜請求項25のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項27

前記回答は動作内容の選択若しくは決定、又は前記炊飯コースの選択若しくは決定は、前記炊飯装置が有する表示手段と入力手段を使って行う、請求項24又は3請求項25のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項28

前記動作内容は、携帯電話携帯情報端末或いは携帯電話携帯情報端末を経由して情報提供装置に、コースの設定、炊き上がり堅さの設定、炊き上がりの焦げ具合の設定、釜内圧力の設定、炊飯温度の設定、保温温度の設定、水量の設定、浸水温度の設定、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定、タイマの解除、時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定等、炊飯装置の駆動に関する設定を直接入力して決定する、請求項4〜請求項6又は請求項10〜請求項27のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項29

前記通信手段で受信するプログラム及びデータの両方或いは一方は、前記炊飯装置の状態を確認するためのプログラム及びデータの両方或いは一方である、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項28のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項30

前記状態の確認結果を報知又は通信する手段を有する、請求項29に記載の炊飯装置。

請求項31

前記報知又は通信する手段は、外部からの要求信号によって確認結果を報知又は通信する、請求項30に記載の炊飯装置。

請求項32

前記状態の確認を、前記炊飯装置に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて実行する、請求項29〜請求項31のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項33

前記第2の通信手段で受信した前記炊飯装置の状態の確認結果のを、表示する或いは通信するの両方又は一方を行う、請求項7〜請求項9のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項34

前記炊飯装置の状態の確認を、前記携帯電話携帯情報端末に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて実行する、請求項7〜請求項9又は請求項33のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項35

前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置に要求し、前記要求に基づき前記情報提供装置から送信された前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置から受信する、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項34のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項36

前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置に要求し、前記要求に基づき前記情報提供装置から送信された前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置から受信し、前記受信したプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記炊飯装置に送信する、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項35のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項37

操作キータイマーセンサー、又はセンサ入力部の1又は2以上を有し、前記1又は2以上のいずれかからの情報によって前記炊飯装置への送信を開始する、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項36のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項38

操作キー、タイマー、センサー、又はセンサ入力部の1又は2以上を有し、前記1又は2以上のいずれかからの情報によって前記情報提供装置への送信を開始する、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項37のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項39

他の通信機器通話通信中でも、前記炊飯装置又は前記情報提供装置と前記一連の動作を機能することができる、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項38のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項40

前記携帯電話携帯情報端末と一体的に構成された請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項41

コンピュータに、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40のいずれか1項に記載の炊飯装置が有する機能の一部又は全部を実現させるための、プログラム。

請求項42

コンピュータに、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末が有する機能の一部又は全部を実現させるための、プログラム。

請求項43

請求項41又は請求項42に記載のプログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体

請求項44

前記情報提供装置は情報提供者サーバである、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項45

前記情報提供装置は、炊飯装置メーカが設置したホームページを介して情報を提供する、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39又は請求項44のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項46

前記情報提供装置は、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯電話携帯情報端末及び炊飯装置の両方或いは一方と通信可能な機器管理装置である、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39又は請求項44〜請求項45のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項47

前記情報提供装置は、家庭内電気製品を集中管理するための装置である、請求項7〜請求項9は請求項33〜請求項39又は請求項44〜請求項46のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項48

前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記憶する別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39又は請求項44〜請求項47のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項49

前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記録された情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39又は請求項44〜請求項47のいずれか1項に記載の携帯電話携帯情報端末。

請求項50

前記情報提供装置は、炊飯装置メーカが設置したホームページを介して情報を提供する、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項51

前記情報提供装置は、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯電話携帯情報端末及び炊飯装置の両方或いは一方と通信可能な機器管理装置である、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40又は請求項50のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項52

前記情報提供装置は、家庭内電気製品を集中管理するための装置である、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40又は請求項50〜請求項51のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項53

前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記憶する別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40又は請求項50〜請求項52のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項54

前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記録された情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40又は請求項50〜請求項53のいずれか1項に記載の炊飯装置。

請求項55

前記携帯情報端末は携帯電話である、請求項1〜請求項54のいずれか1項に記載の炊飯装置。

技術分野

0001

本発明の一は、入手したプログラム又はデータにより、制御、動作内容の決定、状態の確認などを可能とする炊飯装置に関するものである。

0002

本発明の他の一は、前記炊飯装置に、制御、動作内容の決定、状態の確認などを可能とする情報プログラム及びデータの両方或いは一方を送信する携帯電話などの携帯情報端末に関するものである。

背景技術

0003

従来、炊飯装置、例えば炊飯器の操作は炊飯器の操作盤キーを押すことによりなされ、また、炊飯のしかたの選択は操作盤のキーの選択によりなされ、炊飯器の状態の確認は有識者目視や専用のツールを用いて行うのが一般的である。

0004

この場合、あらかじめ炊飯器のマイコンメモリコース等炊飯器の制御などは保存され、操作盤に割り付けられた機能にそって、キーごとにその操作を駆動することが可能になる。つまり、一般使用者は、そのキーに特定の機能の動作を実現するため、キーを押し炊飯器を駆動させていた。

0005

また、キーにより特定される炊飯器の機能は、炊飯器を買うときにすでに定まっているものであり、一般家庭において、一般使用者が自由に変更できるものではなかった。

0006

更に、炊飯器の故障の際は、使用者マニュアルなどを見て対応する場合もあるが、一般には、修理専門家であるサービスマンを呼び、対応してもらうことが行われていた。

0007

近年、特開2001−87128号公報に記載されたように、パソコンを炊飯器のデータ端末として使用して、メーカの開設したホームページから炊飯や保温に関するデータを炊飯器にダウンロードする方法や、パソコンからのデータをパソコンと有線で結合されたリモートコントローラを介して炊飯器にダウンロードされる方法が案出されている。

発明が解決しようとする課題

0008

近年、社会構造の変化により核家族化が進むと共に、女性社会進出高齢化世帯の増加等により、炊飯装置に求める使用者のニーズ多様化してきはじめている。例えば、家族の生活時間帯が異なるため、いつも炊きたてのご飯を食べるためには何回も炊飯する必要があり、また、子供からお年寄りまで好みにあった堅さや焦げ具合食事したいという嗜好の多様化や、近年多くなったササニシキ、コシヒカリ、あきたこまちなど米の種類や銘柄米をそれぞれに適したよりおいしい形で食事したい、また、一台の炊飯装置でおこわやおかゆなど多種の調理を行いたいなどの要望が多く、加えて、コンビニエンスストアなどでの弁当販売の増加など、業務用の炊飯を行う施設が増加し、炊飯回数や炊き上がり時間や料理の種類にあった炊飯を大量に簡単に行いたいとの要望が多い。一方、女性の社会進出や、お年寄り世帯の増加などで必ずしも主婦が家にいて炊飯することが必要ではなくなり、誰にでも操作できることが期待されている。

0009

従来の炊飯装置の操作盤のキーによりこれらの多様化した要望をすべて対応するためには、キーの数が膨大になり、対応が困難である。

0010

また、職業をもつ主婦の増加により、主婦も家庭以外で拘束される時間が多くなる一方、家事の負担はなくならないため、外部からの遠隔操作、外部からの家庭内機器チェックに対する要望が高まっている。

0011

さらに、核家族化にともない、長年蓄積された家事情報、いわゆる家事のこつといった情報が年輩者から教えてもらいにくくなる一方、IT化の進歩により、ホームページ等からそのような情報を得る若い年代層の人口が増加している。

0012

また、パソコンのホームページからデータをダウンロードする方法や、パソコンからデータをリモートコントローラを介して炊飯器にダウンロードされる方法では、炊飯や保温に関する情報を取得するには必ずパソコンを準備する必要があり、しかもそのパソコンはインターネットに接続されたものでなければならなかった。従って、炊飯器が置かれた家庭の台所は空間的にも余裕が無い場合が多く、また食器その他調味料などいろいろなものが置かれているため、パソコンの置き場の限定され、パソコンを台所に持っていきパソコンからのデータをダウンロードすることは、現実的には困難であった。

0013

更に、インターネットを経由して炊飯や保温に関する情報を取得したパソコンから炊飯器に対して、これらの情報をダウンロードするにも、パソコンと炊飯器をデータ通信用ケーブルで接続する必要があるか、或いは少なくともパソコンと炊飯器のリモコンをデータ通信用ケーブルで接続する必要があり、この点でも非常に使い勝手が悪く、炊飯器が置かれた家庭の台所で実際に、手軽に使用することは現実的には困難であった。

0014

本発明は上記状況に鑑み、近年超小型化高性能化が著しく、しかもワイヤレスでインターネットに接続することが可能で、急速に普及している、特に近年は、家庭に1台からほぼ一人に1台の割合にまで普及の兆しが有る、携帯電話を初めとする携帯情報端末を使用し、炊飯装置の操作盤のキーを直接操作することなく炊飯装置の設置場所以外の外部、例えばこれも近年普及が著しく、しかも急速にその内容が充実しており、世界の何処からでも情報を入手することのできるインターネット上のホームページ、例えば、炊飯器メーカーが設置したホームページ、料理学校のホームページ等、フランスに住むフランス料理の世界的な第一人者が設置したホームページから、或いは電子井戸会議のように友人が開設しているホームページから、炊飯や保温に関する情報を入手し、この情報に基づいて機能させることができる炊飯装置及び携帯情報端末を提供することを目的とする。

0015

また、これらの情報に基づいて、予め炊飯装置のマイコンやメモリに記憶され操作盤に割り付けられている機能以外の機能をも、付加し、拡大して機能させることができる炊飯装置と、これに使用する携帯情報端末を提供することを目的とする。

0016

しかもこのような情報の入手、炊飯装置への送信は、例えばパソコン等、特別な装置を何ら用意する必要が無く、近年誰でもほぼ一人に1台にまで普及しつつあり、衣服ポケットにも簡単に収まる、携帯電話を初めとする超小型携帯情報端末だけを使って行うことを可能とすることを目的とする。

0017

更に加えて、携帯情報端末で入手した炊飯や保温に関する情報を炊飯装置に送信するにも、従来著しく使い勝手を悪くする原因となっていたケーブル接続等を全く不要のものとすることを目的としている。

0018

このようにすることで、家庭の台所のような空間的に余裕が無いような場所でも、誰でも、手軽にかつ簡単に、特別な装置を何も使わず、特別な操作を何ら必要とせず、携帯電話の使用だけで、世界中から料理に関する情報を入手し、その日の、自分の家庭の食事のメニューに加えることが可能になる。

0019

又、この炊飯装置の状態、例えば故障原因保守状況等を、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく確認することができる機能を実現することを目的とする。

課題を解決するための手段

0020

本発明は、有線方式或いは無線方式により携帯情報端末と通信する通信手段を有し、携帯情報端末或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信する炊飯装置としている。

0021

これによって、炊飯装置は有線方式或いは無線方式により携帯情報端末と通信し、携帯情報端末或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方又は一方を通信することができる。したがって、炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができる。また、炊飯装置は有線又は無線の簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。また、炊飯装置や情報端末の設置場所によって制約を受けることなく、炊飯装置にデータをダウンロードし炊飯装置を遠隔制御する機能を実現することができる。

0022

さらに本発明は、通信手段は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う炊飯装置としている。

0023

これによって、構成が簡単な赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えることで炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる、また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる機能を有する炊飯装置としている。またこれによって、炊飯装置は赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えた簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

0024

さらに本発明は、情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信する第1の通信手段と、有線方式或いは無線方式により炊飯装置と通信を行う第2の通信手段とを有する携帯情報端末としている。

0025

これによって、携帯情報端末は情報提供装置及び炊飯装置とそれぞれ別の方式の通信手段により通信を行うことができる。したがって、炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができる。またこれによって、炊飯装置は有線又は無線の簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

0026

通信手段としては有線シリアル通信方式、有線パラレル通信方式小電力無線通信方式、PHS通信方式、電力線搬送通信方式有線電話通信方式、無線電話通信方式、微弱無線通信方式、ブルートゥース通信方式、各種IrDAを含む赤外線通信方式などを使用することができる。例えば小電力無線通信方式の場合は構成が比較的簡単でありながら無線で数百メートル以上の通信距離を有するなどの特長を有し、PHS通信方式は無線で通信速度が速くまた一般のPHS通信網との連携が容易で用途の拡大も可能である。電力線搬送通信方式は新たな配線施設の必要がない。有線電話通信方式は通信信頼性実績があり、最も広く施設された配線網であることからインターネットやFAXとの連携など、用途の拡大が容易である。また、無線電話通信方式は普及が拡大しつつある携帯電話網との連携が容易であるなどの特長を有する。

0027

さらに本発明は、前記第2の通信手段は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う携帯情報端末としている。

0028

これによって、炊飯装置は赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えた簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

発明を実施するための最良の形態

0029

請求項1に記載した発明は、有線方式或いは無線方式により携帯情報端末と通信する通信手段を有し、前記携帯情報端末或いは前記携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信する炊飯装置としている。

0030

これによって、炊飯装置は有線方式或いは無線方式により携帯情報端末と通信し、携帯情報端末或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信することができる。したがって、炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができる。またこれによって、炊飯装置は有線又は無線の簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。炊飯装置や情報端末の設置場所によって制約を受けることなく、炊飯装置にデータをダウンロードし炊飯装置を遠隔制御する機能を実現することができる。また、これらの機能を携帯電話やPHSや家庭内LANに接続する携帯型情報端末等を使用することにより実現ことができる。

0031

請求項2に記載した発明は、前記情報提供装置は、情報提供者サーバ又は家庭内に設置されたパソコン若しくは家庭内電気製品である炊飯装置としている。

0032

これによって、炊飯装置は携帯情報端末或いは前記携帯情報端末を経由して情報提供者のサーバ又は家庭内に設置されたパソコン若しくは電気製品とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信することができる。したがって、炊飯装置はインターネットやローカルエリアネットワークにより、炊飯等の炊飯装置の使用に係わる情報や故障の診断等の炊飯器の維持に係わる情報を入手することができる。また、システム化された家庭内電気製品からも情報を入手することができる。

0033

請求項3に記載した発明は、前記通信手段は、赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う炊飯装置としている。

0034

これによって、炊飯装置は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって携帯情報端末或いは前記携帯情報端末を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信することができる。したがって、構成が簡単な赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えることで炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる、また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる機能を有する炊飯装置としている。またこれによって、炊飯装置は赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えた簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

0035

請求項4に記載した発明は、前記通信手段によって受信したプログラム及びデータの両方或いは一方に依って達成される機能の選択或いは実行指示割り当てられる操作手段を有する炊飯装置としている。

0036

これによって、炊飯装置の通信手段によって受信したプログラム及びデータの両方或いは一方に依って達成される機能の選択或いは実行指示を操作手段に割り当てることができる。したがって、新たに操作手段を増設することなく炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる、また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0037

請求項5に記載した発明は、前記操作手段は液晶表示画面を有し、前記達成される機能に基づいて前記液晶表示画面の表示内容を変更する炊飯装置としている。

0038

これによって、達成される機能に基づいて表示内容が変更される液晶表示画面により炊飯装置を操作することができる。したがって、新たに操作手段を増設することなく炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる、また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。

0039

請求項6に記載した発明は、前記操作手段は、押しボタンスイッチと、前記押しボタンスイッチにより達成される機能を表示する表示手段を有し、前記操作手段により達成される機能に基づいて表示手段の表示内容を変更する炊飯装置としている。

0040

これによって、達成される機能に基づいて表示内容が変更される押しボタンスイッチにより炊飯装置を操作することができる。したがって、新たに操作手段を増設することなく、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、請求項7に記載した発明は、情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信する第1の通信手段と、有線方式或いは無線方式により炊飯装置と通信を行う第2の通信手段とを有する携帯情報端末としている。

0041

これによって、携帯情報端末は情報提供装置及び炊飯装置とそれぞれ別の方式の通信手段により通信を行うことができる。したがって、携帯情報端末は情報提供装置及び炊飯装置とそれぞれの通信に適した手段より通信を行うことができる。炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができる。またこれによって、炊飯装置は有線又は無線の簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

0042

通信手段としては有線シリアル通信方式、有線パラレル通信方式、小電力無線通信方式、PHS通信方式、電力線搬送通信方式、有線電話通信方式、無線電話通信方式、微弱無線通信方式、ブルートゥース通信方式、各種IrDAを含む赤外線通信方式などを使用することができる。例えば小電力無線通信方式の場合は構成が比較的簡単でありながら無線で数百メートル以上の通信距離を有するなどの特長を有し、PHS通信方式は無線で通信速度が速くまた一般のPHS通信網との連携が容易で用途の拡大も可能である。電力線搬送通信方式は新たな配線施設の必要がない。有線電話通信方式は通信信頼性に実績があり、最も広く施設された配線網であることからインターネットやFAXとの連携など、用途の拡大が容易である。また、無線電話通信方式は普及が拡大しつつある携帯電話網との連携が容易であるなどの特長を有する。

0043

請求項8に記載した発明は、前記第2の通信手段は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって通信を行う請求項7に記載の携帯情報端末としている。

0044

これによって、携帯情報端末は赤外線通信方式又は微弱無線通信方式又はブルートゥース通信方式のいずれかの通信方式によって炊飯装置と通信を行うことができる。したがって、炊飯装置は赤外線通信手段、微弱無線通信手段、又はブルートゥース通信手段を備えた簡単な構成の受信手段を有するだけで、通信手段を介して双方が有する通信能力の範囲までデータ伝送の範囲を拡大することができる。これにより例えば広範囲の遠隔制御が必要でない場合は炊飯装置のみを使用し、広範囲の遠隔制御が必要な場合は炊飯装置に加えて携帯電話をオプションとして使用するなどの選択肢が生まれ、使用用途の広い炊飯装置を実現することができる。

0045

請求項9に記載した発明は、前記第1の通信手段によって受信したプログラム及びデータの両方或いは一方を編集或いは加工する手段を有し、前記編集或いは加工したプログラム及びデータの両方或いは一方を前記第2の通信手段により前記炊飯装置に送信する携帯情報端末としている。

0046

これによって、携帯情報端末は情報提供装置から受信したプログラム及びデータの両方或いは一方を編集或いは加工して炊飯装置に送信することができる。したがって、炊飯装置に送信するプログラム及びデータを必要に応じて携帯情報端末により編集或いは加工することができる。

0047

請求項10に記載した発明は、前記炊飯装置の制御を行うためのプログラム及びデータの両方或いは一方を前記通信手段で受信し、前記受信したプログラム及びデータの両方或いは一方に依って特定の機能を達成するように動作を実行する炊飯装置としている。

0048

これによって、炊飯装置は通信手段で受信したプログラム及びデータの両方或いは一方に依って特定の機能を達成するように動作を実行することができる。したがって、あらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けられた機能やコース以外の機能やコースを、炊飯装置を改造することなく携帯情報端末から機能させることができる。また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、離れた場所から炊飯装置を動作させることができる。

0049

請求項11に記載した発明は、前記通信手段が受信するプログラム及びデータの両方或いは一方は、請求項7〜請求項9のいずれか1項に記載の携帯情報端末の前記第2の通信手段によって送信されたプログラム及びデータの両方或いは一方である炊飯装置としている。

0050

これによって、炊飯装置は携帯情報端末から第2の通信手段によって送信されたプログラム及びデータの両方或いは一方に依って特定の機能を達成するように動作を実行することができる。したがって、あらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けられた機能やコース以外の機能やコースを、炊飯装置を改造することなく携帯情報端末から機能させることができる。また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、離れた場所から炊飯装置を動作させることができる。

0051

請求項12に記載した発明は、前記特定の機能は、炊飯の開始又は終了、急速炊飯の開始又は終了、保温の開始又は終了、再加熱の開始又は終了、脱の開始又は終了、洗米の開始又は終了、米の浸水開始又は終了、コースの変更、炊き上がり堅さの変更、炊き上がりの焦げ具合の変更、釜内圧力の変更、炊飯温度の変更、保温温度の変更、浸水温度の変更、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定又は解除時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定、これらの一時停止、一時停止した機能の再開始の1つ或いは2つ以上である炊飯装置としている。

0052

これによって、炊飯装置は、炊飯の開始又は終了、急速炊飯の開始又は終了、保温の開始又は終了、再加熱の開始又は終了、脱糠の開始又は終了、洗米の開始又は終了、米の浸水開始又は終了、コースの変更、炊き上がり堅さの変更、炊き上がりの焦げ具合の変更、釜内圧力の変更、炊飯温度の変更、保温温度の変更、浸水温度の変更、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定又は解除、時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定、これらの一時停止、一時停止した機能の再開始の1つ或いは2つ以上の機能を実行することができる。したがって、ここに記載の機能をあらかじめ炊飯装置に組み込み、操作手段に割り付けていなくても、炊飯装置を改造することなく携帯情報端末から機能を実行させることができる。また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、離れた場所からこれらを機能させることができる。

0053

請求項13に記載した発明は、前記通信手段が受信するプログラム及びデータの両方或いは一方は米飯需要データを含み、前記米飯の需要データに依って炊飯実行回数を設定する手段を有する炊飯装置としている。

0054

これによって、炊飯装置は通信手段が受信するプログラム及びデータの両方或いは一方に依って炊飯実行回数を設定することができる。したがって、米飯の需要に従って、離れた場所から必要な炊飯回数を設定し、炊飯装置を機能させることができる。

0055

請求項14に記載した発明は、前記設定された炊飯実行回数に基づいて炊飯タイミングを設定する手段を有する炊飯装置としている。

0056

これによって、炊飯装置は設定された炊飯実行回数に基づいて炊飯タイミングを設定することができる。したがって、米飯の需要に従って設定された炊飯実行回数に基づいて炊飯タイミングを設定することができ、しかも、離れた場所から炊飯装置を機能させることができる。

0057

請求項15に記載した発明は、設定された炊飯完了時刻から逆算して、炊飯コース自動選択する手段を有する炊飯装置としている。

0058

これによって、炊飯装置は設定された炊飯完了時刻から逆算して、炊飯コースを自動選択することができる。したがって、設定時刻通りに炊飯を完了させることができる。

0059

請求項16に記載した発明は、他の家庭内電気製品に対し当該家庭内電気製品を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を送信する炊飯装置としている。

0060

これによって、炊飯装置は他の家庭内電気製品に対し当該家庭内電気製品を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を送信することができる。したがって、炊飯装置を介して他の家庭内電気製品に対し当該家庭内電気製品を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を送信することができる。したがって、炊飯装置を介して他の家庭内電気製品を制御することができる。

0061

請求項17に記載した発明は、前記他の家庭内電気製品を制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を携帯情報端末から或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置から受信する炊飯装置としている。

0062

これによって、炊飯装置は携帯情報端末から或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置から受信したプログラム及びデータの両方或いは一方により他の家庭内電気製品を制御することができる。したがって、炊飯装置を経由して当該家庭内電気製品にプログラム及びデータの両方或いは一方を送信することにより、離れた場所から他の家庭内電気製品を機能させることができる。

0063

請求項18に記載した発明は、他の家庭内電気製品から、制御するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を受信することにより、前記プログラム及びデータの両方或いは一方に基づき動作する炊飯装置としている。

0064

これによって、炊飯装置は他の家庭内電気製品から受信したプログラム及びデータの両方或いは一方に基づき制御することができる。したがって、他の家庭内電気製品を経由して、離れた場所から炊飯装置を機能させることができる。

0065

請求項19に記載した発明は、前記特定の機能は前記炊飯装置の機種に応じた機能である炊飯装置としている。

0066

これによって、炊飯装置は機種に応じた特定の機能を実行することができる。したがって、機器の種類や機種が異なり、機能させるためのプログラム又はデータが異なる機器や機種についても、あらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けられた機能やコース以外の機能やコースを、炊飯装置を改造することなく携帯情報端末から機能させることができる。また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、離れた場所から機能させることができる。

0067

請求項20に記載した発明は、前記通信手段によって受信したプログラム及びデータの両方或いは一方によって決定される動作内容を記憶する記憶手段を有する炊飯装置としている。

0068

これによって、炊飯装置は通信手段によって受信したプログラム及びデータの両方或いは一方によって決定される動作内容を記憶することができる。したがって、あらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けられた動作内容を炊飯装置を改造することなく機能させることができる。また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、使用者の好みにあったコースや炊飯の方法等を選択できる。

0069

請求項21に記載した発明は、前記記憶手段は前記炊飯装置からその全部若しくは一部が着脱可能な記憶手段である炊飯装置としている。

0070

これによって、炊飯装置は記憶手段の全部若しくは一部を着脱することができる。したがって、記憶手段の交換が可能となり、炊飯装置の機能変更や、バージョンアップ共用化対応等、商品設計の範囲を拡大することができる。

0071

請求項22に記載した発明は、前記通信手段によって受信するプログラム及びデータの両方或いは一方は他の情報処理装置から前記携帯情報端末或いは前記情報提供装置に送信されたプログラム及びデータの両方或いは一方である炊飯装置としている。

0072

これによって、炊飯装置は情報提供装置以外の他の情報処理装置から携帯情報端末或いは情報提供装置を経由してプログラム及びデータの両方或いは一方を受信することができる。したがって、炊飯装置は情報提供装置以外の他の情報処理装置から、炊飯装置又は他の家庭内電気製品の使用又は維持に係わるプログラム及びデータの両方或いは一方を受信することができる。

0073

請求項23に記載した発明は、前記炊飯装置の動作内容は情報提供装置に記憶した複数の予め決められた、炊飯コースのいずれか少なくとも1つを含むコースである炊飯装置としている。

0074

これによって、炊飯装置は情報提供装置に記憶した複数の予め決められた炊飯コースにより動作することができる。したがって、動作内容をあらかじめ炊飯装置に組み込み、操作手段に割り付けていなくても、炊飯装置を改造することなく機能させることができ、また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、使用者の好みにあったコースや炊飯の方法等を選択できる。

0075

請求項24に記載した発明は、前記炊飯装置の動作内容は、携帯情報端末又は携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて予め定められた炊飯コースの中からいずれか少なくとも1つを含んだコースを選択し、決定する炊飯装置としている。

0076

これによって、使用者は携帯情報端末又は携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて予め定められた炊飯コースの中からコースを選択することにより炊飯装置の動作内容を決定することができる。したがって、使用者がコースを決めなくても、質問に答えることで自動的に適したコースを選択し、この機能やコースをあらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けていなくても、炊飯装置を改造することなく機能させることができ、また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、使用者の好みにあったコースや炊飯の方法等を選択できる。

0077

請求項25に記載した発明は、前記炊飯装置の動作内容は、携帯情報端末又は携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて、それぞれのステップにおいて予め決められた複数の条件から選択し、決定するコースである炊飯装置としている。

0078

これによって、使用者は携帯情報端末又は携帯情報端末を介して情報提供装置より質問された内容に対する回答に基づいて、それぞれのステップにおいて予め決められた複数の条件より選択し、コースを決定することができる。したがって、使用者がコースを決めなくても、質問に答えることで自動的に適したコースを選択し、この機能やコースをあらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けていなくても、炊飯装置を改造することなく機能させることができ、また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、使用者の好みにあったコースや炊飯の方法等を選択できる。

0079

請求項26に記載した発明は、前記回答は、前記携帯情報端末が有する表示手段と入力手段を使って行う炊飯装置としている。

0080

これによって、携帯情報端末の表示手段と入力手段を使って回答し、炊飯装置の動作内容の決定を行うことができる。したがって、携帯情報端末により、離れた場所から炊飯装置の動作内容の決定を行うことができる。

0081

請求項27に記載した発明は、前記回答は、前記炊飯装置が有する表示手段と入力手段を使って行う炊飯装置としている。

0082

これによって、炊飯装置の表示手段と入力手段を使って回答し、炊飯装置の動作内容の決定を行うことができる。したがって、炊飯装置からも炊飯装置の動作内容の決定を行うことができる。

0083

請求項28に記載した発明は、前記動作内容は、携帯情報端末或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置に、コースの設定、炊き上がり堅さの設定、炊き上がりの焦げ具合の設定、釜内圧力の設定、炊飯温度の設定、保温温度の設定、水量の設定、浸水温度の設定、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定、タイマの解除、時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定等、炊飯装置の駆動に関する設定を直接入力して決定する炊飯装置としている。

0084

これによって、炊飯装置は携帯情報端末或いは携帯情報端末を経由して情報提供装置に、コースの設定、炊き上がり堅さの設定、炊き上がりの焦げ具合の設定、釜内圧力の設定、炊飯温度の設定、保温温度の設定、水量の設定、浸水温度の設定、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定、タイマの解除、時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定等、炊飯装置の駆動に関する設定を直接入力して動作内容を決定することができる。したがって、使用者はあらかじめ炊飯装置に組み込まれ、操作手段に割り付けていなくても、炊飯装置を改造することなく、例えば使用者独自の機能やコースを設定することができ、また、あらかじめ備える操作手段の数を減ずることが可能であり、使用者の好みにあったコースや炊飯の方法等を選択できる。

0085

請求項29に記載した発明は、前記通信手段で受信するプログラム及びデータの両方或いは一方は、前記炊飯装置の状態を確認するためのプログラム及びデータの両方或いは一方である炊飯装置としている。

0086

これによって、炊飯装置は炊飯装置の状態を確認するためのプログラム及びデータの両方或いは一方を受信することができる。したがって、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができる。

0087

請求項30に記載した発明は、前記状態の確認結果を報知又は通信する手段を有する炊飯装置としている。

0088

これによって、炊飯装置は炊飯装置の状態の確認結果を報知又は通信することができる。したがって、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく炊飯装置の状態を確認することができ、さらに結果を認識することができる。

0089

請求項31に記載した発明は、前記報知又は通信する手段は、外部からの要求信号によって確認結果を報知又は通信する炊飯装置としている。

0090

これによって、炊飯装置は外部からの要求信号によって炊飯装置の状態の確認結果を報知又は通信することができる。したがって、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく、外部から炊飯装置の使用状態又は維持状態を確認することができる。

0091

請求項32に記載した発明は、前記状態の確認を、前記炊飯装置に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて実行する炊飯装置としている。

0092

これによって、炊飯装置は炊飯装置に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて炊飯装置の状態の確認を実行することができる。したがって、使用者は炊飯装置の質問事項に基づいて炊飯装置の状態を確認することができる。

0093

請求項33に記載した発明は、前記第2の通信手段で受信した前記炊飯装置の状態の確認結果の、表示或いは通信の両方又は一方を行う携帯情報端末としている。

0094

これによって、携帯情報端末は炊飯装置の状態の確認結果の表示或いは通信の両方又は一方を行うことができる。したがって、携帯情報端末により炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0095

請求項34に記載した発明は、前記炊飯装置の状態の確認を、前記携帯情報端末に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて実行する携帯情報端末としている。

0096

これによって、携帯情報端末は携帯情報端末に表示された質問事項に対する使用者の回答に基づいて炊飯装置の状態の確認を実行することができる。したがって、炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく、携帯情報端末により炊飯装置の状態の確認することができる。あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる。また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0097

請求項35に記載した発明は、前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置に要求し、前記要求に基づき前記情報提供装置から送信された前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置から受信する携帯情報端末としている。

0098

これによって、携帯情報端末は炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を情報提供装置に要求し、受信することができる。したがって、携帯情報端末から情報提供装置に要求することにより、前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を情報提供装置から受信することができる。

0099

請求項36に記載した発明は、前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置に要求し、前記要求に基づき前記情報提供装置から送信された前記炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記情報提供装置から受信し、前記受信したプログラム若しくはデータの1又は2以上を前記炊飯装置に送信する携帯情報端末としている。

0100

これによって、携帯情報端末は炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を情報提供装置に要求し、受信したプログラム若しくはデータの1又は2以上を炊飯装置に送信することができる。したがって、携帯情報端末により情報提供装置が有する炊飯装置の制御又は動作内容の決定又は状態の確認を行うためのプログラム若しくはデータの1又は2以上を情報提供装置から携帯電話を経由して炊飯装置に送信することができる。

0101

請求項37に記載した発明は、操作キータイマーセンサー、又はセンサ入力部の1又は2以上を有し、前記1又は2以上のいずれかからの情報によって前記炊飯装置への送信を開始する携帯情報端末としている。

0102

これによって、携帯情報端末は操作キー、タイマー、センサー、又はセンサ入力部の1又は2以上のいずれかからの情報によって炊飯装置への送信を開始することができる。したがって、使用者の操作又はタイマー、センサー情報に基づく自動動作により携帯情報端末から炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく炊飯装置を機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0103

請求項38に記載した発明は、操作キー、タイマー、センサー、又はセンサ入力部の1又は2以上を有し、前記1又は2以上のいずれかからの情報によって前記情報提供装置への送信を開始する携帯情報端末としている。

0104

これによって、携帯情報端末は操作キー、タイマー、センサー、又はセンサ入力部の1又は2以上のいずれかからの情報によって情報提供装置への送信を開始することができる。したがって、使用者の操作又はタイマー、センサー情報に基づく自動動作により携帯情報端末から情報提供装置に対し、炊飯装置の炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の使用状態又は維持状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上の送信を行うために起動させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0105

請求項39に記載した発明は、他の通信機器と通話中でも、前記炊飯装置又は前記情報提供装置と一連の動作を機能することができる携帯情報端末としている。

0106

これによって、携帯情報端末は他の通信機器と通話中でも炊飯装置又は情報提供装置と一連の動作を機能することができる。したがって、携帯情報端末の表示部による目視と、携帯情報端末を用いた会話を組み合わせてきわめて効率的に、炊飯装置の操作盤のキーを直接押すことなく機能させることができる。また、あらかじめ炊飯装置のマイコンやメモリに保存され、操作盤に割り付けられた機能以外も機能させることができる、また、有識者の直接の目視や専用のツールを用いることなく状態を確認することができる。

0107

請求項40に記載した発明は、前記携帯情報端末と一体的に構成された炊飯装置としている。

0108

これによって、携帯情報端末と炊飯装置を一体的に使用することができる。したがって、携帯情報端末を炊飯装置の付属端末として飯装置の制御を効率良く行うことができる。

0109

請求項41に記載した発明は、コンピュータに、請求項1〜請求項6又は請求項10〜請求項32又は請求項40のいずれか1項に記載の炊飯装置が有する機能の一部又は全部を実現させるためのプログラムとしている。

0110

これによって、炊飯装置の機能の一部又は全部をプログラムによって実行することができる。したがって、炊飯装置が有する機能の一部又は全部を記録媒体に記録したり通信回線を用いて配信したりすることで、プログラムの配布インストール作業が簡単にできる。

0111

請求項42に記載した発明は、コンピュータに、請求項7〜請求項9又は請求項33〜請求項39のいずれか1項に記載の携帯情報端末が有する機能の一部又は全部を実現させるためのプログラムとしている。

0112

これによって、携帯情報端末の機能の一部又は全部をプログラムによって実行することができる。したがって、携帯情報端末が有する機能の一部又は全部を記録媒体に記録したり通信回線を用いて配信したりすることで、プログラムの配布やインストール作業が簡単にできる。

0113

請求項43に記載した発明は、請求項41又は請求項42に記載のプログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体としている。

0114

これによって、炊飯装置又は携帯情報端末の機能の一部又は全部をプログラムとしてコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録することができる。したがって、プログラムを記録した記録媒体を独立した情報記憶手段として使用し、コンピュータを介在させることにより、プログラムの利用範囲を拡大することができる。

0115

請求項44に記載した発明は、前記情報提供装置は情報提供者サーバである携帯情報端末としている。

0116

これによって、携帯情報端末は情報提供者サーバから情報を受信することができる。したがって、携帯情報端末により情報提供者から炊飯に係わるプログラム及びデータの両方或いは一方を入手することができる。

0117

請求項45に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯装置メーカが設置したホームページを介して情報を提供する携帯情報端末としている。

0118

これによって、携帯情報端末は炊飯装置メーカが設置したホームページを介して炊飯装置メーカが提供する情報を受信することができる。したがって、携帯情報端末により情報提供装置からインターネットを介して炊飯に係わるプログラム及びデータの両方或いは一方を入手することができる。

0119

請求項46に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯情報端末又は炊飯装置の両方若しくは一方と通信可能な機器管理装置である携帯情報端末としている。

0120

これによって、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯情報端末又は炊飯装置の両方若しくは一方と通信可能な機器管理装置を情報提供装置とすることができる。したがって、携帯情報端末をローカルエリアネットワーク等における機器管理装置と接続し、炊飯装置を有線方式又は無線方式による機器管理システムひとつの構成要素として使用することができる。

0121

請求項47に記載した発明は、前記情報提供装置は、家庭内電気製品を集中管理するための装置である携帯情報端末としている。

0122

これによって、家庭内電気製品を集中管理するための装置を情報提供装置とすることができる。したがって、携帯情報端末を家庭内ローカルネットワーク等において家庭内電気製品を集中管理するための装置と接続し、炊飯装置を家庭内集中管理システムのひとつの構成要素として使用することができる。

0123

請求項48に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記憶する別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる携帯情報端末としている。

0124

これによって、情報提供装置は別に設置された情報記憶手段から炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる。したがって、情報提供装置を通信システムのひとつの構成要素として使用し、別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することにより、炊飯装置を管理するための装置として使用することができる。

0125

請求項49に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記録された情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる携帯情報端末としている。

0126

これによって、情報提供装置は情報記録媒体から炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる。したがって、情報提供装置を通信システムのひとつの構成要素として使用し、情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することにより、炊飯装置を管理するための装置として使用することができる。

0127

請求項50に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯装置メーカが設置したホームページを介して情報を提供する炊飯装置としている。

0128

これによって、炊飯装置は炊飯装置メーカが設置したホームページを介して炊飯装置メーカが提供する情報を受信することができる。したがって、炊飯装置により情報提供装置からインターネットを介して炊飯に係わるプログラム及びデータの両方或いは一方を入手することができる。

0129

請求項51に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯情報端末及び炊飯装置の両方或いは一方と通信可能な機器管理装置である炊飯装置としている。

0130

これによって、炊飯装置と別に配設され、有線方式又は無線方式によって携帯情報端末及び炊飯装置の両方或いは一方と通信可能な機器管理装置を情報提供装置とすることができる。したがって、炊飯装置をローカルエリアネットワーク等における機器管理装置と接続し、有線方式又は無線方式による機器管理システムのひとつの構成要素として使用することができる。

0131

請求項52に記載した発明は、前記情報提供装置は、家庭内電気製品を集中管理するための装置である炊飯装置としている。

0132

これによって、家庭内電気製品を集中管理するための装置を情報提供装置とすることができる。したがって、炊飯装置を家庭内ローカルネットワーク等において家庭内電気製品を集中管理するための装置と接続し、家庭内集中管理システムのひとつの構成要素として使用することができる。

0133

請求項53に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記憶する別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる炊飯装置としている。

0134

これによって、情報提供装置は別に設置された情報記憶手段から炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することができる。したがって、情報提供装置を通信システムのひとつの構成要素として使用し、別に設置された情報記憶手段から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することにより、炊飯装置を管理するための装置として使用することができる。

0135

請求項54に記載した発明は、前記情報提供装置は、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を記録された情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる炊飯装置としている。

0136

これによって、情報提供装置は情報記録媒体から炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上をインストールすることができる。したがって、情報提供装置を通信システムのひとつの構成要素として使用し、情報記録媒体から、炊飯に係わるプログラム若しくはデータ又は前記炊飯装置の状態の確認に係わるプログラム或いはデータの1又は2以上を取得することにより、炊飯装置を管理するための装置として使用することができる。

0137

請求項55に記載した発明は、前記携帯情報端末は携帯電話である炊飯装置としている。

0138

これによって、炊飯装置は携帯電話或いは前記携帯電話を経由して情報提供装置とプログラム及びデータの両方或いは一方を通信することができる。したがって、携帯電話から炊飯装置を機能させることができる。また、携帯電話から炊飯装置の状態を確認することができる。また、炊飯装置の設置場所によって制約を受けることなく、携帯電話から通話可能な場所であればどこからでも炊飯装置にデータをダウンロードし炊飯装置を遠隔制御することができる。また、携帯電話を炊飯器の携帯情報端末として使用することにより、携帯電話の機能も併用することができる。さらに、携帯電話を使用するための通信方式と通信設備、及び携帯電話が有する通信手段と通信機能使用方法等を炊飯装置の遠隔制御に活用することができる。炊飯装置の使用者は日常的に使い慣れた携帯電話により炊飯器を遠隔制御することができる。

0139

(実施例1)以下本発明の実施例1について説明する。図1は本実施例の炊飯装置10、及び、携帯電話11の構成を示すブロック図である。

0140

図1に示すように、本発明に係る炊飯装置10は、携帯電話である携帯電話11及び通信網の一例であるインターネット12を介して情報提供装置13と通信できる構成となっている。携帯電話11は携帯情報端末としての機能を有する携帯型の電話であり、有線電話、無線電話、PHS等の他、ブルートゥース通信、各種IrDAを含む赤外線通信など各種通信方式による携帯型電話を含んでいる。以下、これらの携帯型電話を総称して携帯電話11と記載する。炊飯装置10は炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米、等炊飯に係わる機能の全部又は一部を行う家庭用炊飯器や、職業用炊飯機車載用炊飯器等の各種炊飯装置を含んでいる。動作方式としては電気ガス等が考えられる。以下、これらの炊飯装置を総称して炊飯器10と記載する。炊飯器10は、炊飯器本来の機能である保温、予熱(浸水)、洗米、精米などを行う炊飯手段20(以下、炊飯手段20と記載する)と、制御手段であるマイクロコンピュータ21と、通信手段22と、表示部23と、データ入力部24と、操作手段25を有している。操作手段25はデータ入力部24の一部であるとしても良いが、ここではわかりやすさのため別の構成要素であるとして記載する。

0141

マイクロコンピュータ21には炊飯器10を機能させるためにあらかじめ作成したプログラムとデータや、外部から伝達されたプログラムとデータ等を格納するメモリ26を備えている。

0142

また、データ入力部24はデータ入力が可能なキーボードや、キースイッチ等の押しボタンスイッチで構成した専用の操作盤などであり、そのうちの全部又は一部として炊飯器の使用者などが所定の方法に基づいて機能を割り当てることができる割り当て可能部27を備えている。ここではデータ入力部24は炊飯器10の専用の操作盤であり、その一部が割り当て可能部27であるとして記載する。これにより、たとえば、家族構成健康状態等、ライフステージに合わせたコースのダウンロードが可能になる。つまり、キースイッチは限られており、その全部又は一部にデータ変更が可能である。

0143

通信手段22は有線及び無線の各種通信方式の通信手段で構成可能であり、例えば有線シリアル通信方式、有線パラレル通信方式、小電力無線通信方式、PHS通信方式、電力線搬送通信方式、有線電話通信方式、無線電話通信方式、微弱無線通信方式、ブルートゥース通信方式、各種IrDAを含む赤外線通信方式などで実現可能であるが、ここでは赤外線通信方式の通信手段であるとして記載する。

0144

一方、携帯電話11は、炊飯器10の通信手段22と通信する第2の通信手段30と、制御手段であるマイクロコンピュータ31と、第1の通信手段32と、表示部33と、データ入力部34と、操作スイッチ35と、センサ入力手段36と、通話部37を備えている。操作スイッチ手段35はデータ入力部34の一部であるとしても良いが、ここではわかりやすさのため別の構成要素であるとして記載する。

0145

データ入力部34はデータ入力が可能なキーボードや、キースイッチで構成した専用の操作盤などである。ここでは携帯電話の入力キースイッチであるとして記載する。また、第1の通信手段32は有線及び無線の各種通信方式の通信手段で構成可能であり、例えば有線シリアル通信方式、有線パラレル通信方式、小電力無線通信方式、PHS通信方式、電力線搬送通信方式、有線電話通信方式、無線電話通信方式、微弱無線通信方式、ブルートゥース通信方式、各種IrDAを含む赤外線通信方式などで実現可能であるが、ここでは携帯電話11が通信可能な無線電話通信方式の通信手段とする。

0146

また、マイクロコンピュータ31には携帯電話11を機能させるためにあらかじめ作成したプログラムとデータや、外部から伝達されたプログラムとデータ等を格納するメモリ38を備えている。また、入力したプログラムやデータを所定の形態に変換するデータ変換手段39と、タイマ40を備えている。

0147

情報提供装置13は情報提供者のサーバであり、インターネット12を介して携帯電話11と通信可能である。情報提供者としては炊飯装置メーカ等が考えられる。例えば情報提供装置13を使用して炊飯装置メーカは自社が設置したホームページに各種情報を有しており、携帯電話11等から閲覧、読み込み(ダウンロード)等ができるとともに、電子メールを送受信する、所定のデータの書き換えができる等の機能を有している。なお、通信手段及び、通信手段はこれにかわり同等の機能を有するものとして、SDカードなどのフラッシュメモリなどの各種メモリを用いても良いのはいうまでもない。

0148

次に、図1に基づき炊飯器10及び携帯電話11の動作を説明する。携帯電話11は操作スイッチ35を操作することにより第1の通信手段からインターネット12を介して情報提供装置13へプログラム又はデータの要求をする。ここで「プログラム又はデータ」とは、プログラム及びデータの両方或いは一方を意味するが、記載の便宜上、以下、同様とする。また、ここでは操作スイッチ35の操作により行うことを基調に記載するが、センサ入力手段35に接続した図示していないセンサ状態変化トリガとして、又は図示していない携帯電話に内蔵したセンサの状態変化をトリガとして行なうことができる。また、タイマ40からの信号をトリガとして、又はデータ入力部34からの情報をトリガとして、又は炊飯器10からの要求をトリガとして行っても良い。

0149

情報提供装置13は携帯電話11からの要求に従い所定のプログラム又はデータを送信する。携帯電話11は、第1の通信手段32により、インターネット12を介して情報提供装置13に記録したプログラム又はデータを受信する。第1の通信手段32で受信したプログラム又はデータをマイクロコンピュータ31で所定の規則に従って必要に応じてデータ変換手段39でデータ変換し、第2の通信手段30から炊飯器10の通信手段22へ送られる。このとき携帯電話11では、メモリ38にプログラム又はデータを必要に応じて記憶する。また、表示部33では所定の規則に従って表示する。また、携帯電話11は受信したプログラム又はデータを、データ入力部の入力に従いデータ変換手段39で所定の形に変換できる。また、通話部37はインターネット12を介して情報提供者サーバ13と、又は直接第3者と会話することができる。

0150

一方、通信手段22で携帯電話11からプログラム又はデータを受信した炊飯器10は、マイクロコンピュータ21のメモリに受信したプログラム又はデータを記憶する。またマイクロコンピュータ21は受信したプログラム又はデータに従い炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の炊飯手段20を機能させる。このとき、必要に応じて操作手段25から操作する。また、必要に応じてデータ入力部24からデータを入力する。データ入力部24の割り当て可能部27は受信したプログラム又はデータに従いキー割付を行う、又は既にあったキー割付の再設定を行い、キーに新規の機能を割り付けることができる。表示部23では操作手段25に割り当てられた機能に従って表示内容を変更する。本実施例では操作手段25として押しボタンスイッチを使用し、表示部23には液晶表示画面を使用しているが、液晶表示画面に入力機能をもたせ操作手段と表示手段を兼用する方法も考えられる。

0151

情報提供装置の内容の例を図2に示す。図2(a)は情報提供装置に登録したプログラム又はデータの例を示している。この例では機器の種類を選択するためのデータを登録する領域がある。図2(a)では炊飯器、洗米器、精米器、米とぎ器、餅つき器製パン器を例示している。この他にも各種調理家電の種類や調理家電以外の各種家電機器などの種類が登録できる。また例示していないが、炊飯装置などの機器の種類に対応して機器の型番を登録できる。これら情報提供装置に登録したプログラム又はデータは、携帯電話からの要求などにより伝達される。

0152

図2(b)に示す次の例は情報提供装置に登録した炊飯装置の制御に関するプログラム又はデータの項目である。ここでは炊飯の開始/終了、保温の開始/終了などの炊飯装置を制御するためのプログラムやデータの登録している状態を例示している。例えば携帯電話から炊飯装置の制御に関する各種プログラム又はデータの要求があったとき、情報提供装置から対応するプログラム又はデータが伝達される。

0153

図2(c)に示す次の例は情報提供装置に登録した炊飯装置の動作内容に関するプログラム又はデータの項目である。ここでは炊飯コース、保温コース、予熱(浸水)コースなど炊飯装置の動作内容のプログラム又はデータを登録している状態を例示している。例えば携帯電話から炊飯装置の動作内容に関する各種プログラム又はデータの要求があったとき、情報提供装置から対応するプログラム又はデータが伝達される。

0154

図2(d)に示す次の例は情報提供装置に登録した炊飯装置の状態の確認に関するプログラム又はデータの項目である。ここではヒータ確認、温度センサ確認、タイマ確認、など炊飯装置の状態の確認を行うプログラム又はデータの登録している状態を例示している。例えば携帯電話から炊飯装置の状態の確認動作に関する各種プログラム又はデータの要求があったとき、情報提供装置から対応するプログラム又はデータが伝達される。

0155

なお、炊飯装置の制御、動作内容、状態の確認などの具体的な実施例については後述する。また、情報提供装置に登録したプログラム又はデータの更新、削除、追加は、Web管理者や機器製造者機器販売者やサービス者などにより所定の手続きにより実施できる。

0156

次に、本実施例の炊飯器、携帯電話、情報提供装置を用いて実現できる機能の大枠図3に示す。

0157

図3に示す機能を簡単に説明する。詳細については個別に後述する。

0158

図3に示すとおり本構成では、大別して3種類の機能を有する。ここではリモコン50、お好み設定60、自動チェック70と名称を付けている。まずリモコン50について説明する。携帯電話11はインターネット12を介して情報提供装置13にあらかじめ記録してある炊飯器10の制御のプログラム又はデータのダウンロードと保存を行う。

0159

これにより、携帯電話11は炊飯器10を制御する機能を有する。この携帯電話11を操作することにより炊飯器10を制御するプログラム又はデータが携帯電話11から炊飯器10に伝達され、この制御信号を受信した炊飯器は、受信した制御信号に従って所定の機能を行う。この時携帯電話11では伝達するプログラム又はデータを必要に応じて所定の形態に変換する。また、本実施例では携帯電話11から炊飯器10へは赤外線通信方式で通信する。

0160

次にお好み設定60について説明する。お好み設定60はさらにコース選定61と、質問形式62と、細かな設定63と名称を付けた3つの機能に大別できる。

0161

まずコース選定61について説明する。携帯電話11はインターネット12を介して情報提供装置13にあらかじめ記録してある炊飯器10の動作内容を決めるプログラム又はデータのダウンロードと保存を行う。ここで携帯電話11が炊飯器の動作内容を決めるプログラムの選択のしかたは、携帯電話11に表示する、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米などの時間や水量など、あらかじめパターン化しておいた複数のコースの中から使用者が選択する。選択したプログラム又はデータを携帯電話11は必要に応じて形態を変換して炊飯器10へアップロードする。これにより炊飯器10は炊飯器10を操作することによりアップロードしたプログラム又はデータに対応した機能を行う。

0162

次に、質問形式62について説明する。携帯電話11はインターネット12を介して情報提供装置13にあらかじめ記録してある炊飯器10の動作内容を決めるプログラム又はデータのダウンロードと保存を行う。ここで携帯電話11が炊飯器の動作内容を決めるプログラムの選択のしかたは、携帯電話11に表示する、炊飯器10の使用者が実現したい内容についての質問に答える。質問内容は例えば、コースの設定、炊き上がり堅さの設定、炊き上がりの焦げ具合の設定、釜内圧力の設定、炊飯温度の設定、保温温度の設定、水量の設定、浸水温度の設定、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類の設定、水の銘柄の設定、タイマの設定、タイマの解除、時計の設定、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、炊飯時間の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定等などである。炊飯器10の使用者が、このうち少なくとも1つの質問について回答したとき、この質問に対する回答から、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米などの時間や水量などのあらかじめパターン化しておいた複数のコースの中から適したコースを情報提供装置上にあらかじめ保存しておいた手続きに従って、又はリアルタイムに情報の授受を行って、又は携帯電話にダウンロードした手続きに従って、自動的に選択する。選択したプログラム又はデータを携帯電話11は必要に応じて編集或いは加工し、形態を変換して炊飯器10へアップロードする。これにより炊飯器10は炊飯器10を操作することによりアップロードしたプログラム又はデータに対応した機能を行う。

0163

次に、細かな設定63について説明する。携帯電話11はインターネット12を介して情報提供装置13にあらかじめ記録してある炊飯器10の動作内容を決めるプログラム又はデータのダウンロードと保存を行う。ここで携帯電話11が炊飯器の動作内容を決めるプログラムの選択のしかたは、携帯電話11に、炊飯器10の使用者が炊飯器10を機能させる上で希望する条件を入力する。このとき携帯電話11は質問形式で使用者に問うても良い。入力する内容は例えば、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米コースの設定、炊き上がり堅さの設定、炊き上がりの焦げ具合の設定、米の種類の設定、米の銘柄の設定、水の種類・銘柄の設定、タイマの設定・解除、炊飯回数の設定、炊飯完了時刻の設定、保温時間の設定、米の浸水時間の設定などである。これらの内少なくとも一つの入力があったとき、対応したプログラム又はデータを情報提供装置13からインターネット12、携帯電話11を介して炊飯器10へ、又は、携帯電話11から直接炊飯器10へアップロードする。これにより炊飯器10は炊飯器10を操作することによりアップロードしたプログラム又はデータに対応した機能を行う。

0164

次に、自動チェック70について説明する。携帯電話11はインターネット12を介して情報提供装置13にあらかじめ記録してある、あるいはリアルタイムで第3者が記入した、炊飯器10の状態を確認するプログラム又はデータのダウンロードと保存を行う。このうち一例は、ダウンロードしたプログラム又はデータを炊飯器10に転送したとき、炊飯器10は炊飯器10の状態を確認するプログラム又はデータを機能させ、その結果を視覚的、聴覚的に報知する、又はデータを通信により返送する。ここで炊飯器10の状態を確認するプログラム又はデータが機能したとき、炊飯器10が自動的にあらかじめ決められた動作を行っても良い。例えば炊飯器10のヒータの状態を確認するためヒータに短時間通電して温度上昇度合いを確認する。このとき、一部使用者の操作や視覚、聴覚、感触などによる感覚を状態を確認するための手段、又は、これに対する結果を確認するための手段として含めても良い。

0165

また一例は、携帯電話11にダウンロードしたプログラム又はデータに対応する表示等がなされ、これに従い炊飯器10の使用者が操作や視覚、聴覚、感覚等により確認する方法がある。確認した結果は携帯電話11に入力、又は携帯電話から会話により、情報提供装置、又は情報提供装置にプログラム又はデータを記入、記録した第3者、又はその他のサービスなどを目的として炊飯器10の状態を確認したいところに伝達される。

0166

以上、ここではリモコン50、お好み設定60、自動チェック70の概要について記載したが、それぞれの詳細や、他の実施例については後述する。

0167

なお、メモリ26とメモリ38、タイマ40はそれぞれマイクロコンピュータ21とマイクロコンピュータ31に内蔵した形で記載したが外付けでよいのはいうまでもない。

0168

また、情報提供装置から提供してもらうプログラムやデータは、携帯電話のウイブブラウザを使って情報提供装置のホームページからダウンロードする方法もあれば、Eメール等でプログラムを送ってもらう方法もある。

0169

更に、携帯電話から炊飯装置に、情報提供装置からダウンロードした情報を必要に応じて加工して送信も可能であり、また、情報提供装置から受信したEメール等の場合などは、その情報を加工せずに炊飯装置に送信することも可能である。

0170

(実施例2)図4は本発明のひとつである携帯電話の外観を示す図である。

0171

携帯電話111には、データ入力部134がある。このデータ入力部の中には番号キースイッチ140、OFFフックスイッチ141、ONフックスイッチ142、マナースイッチ143などのよう主に電話の通話時に用いるスイッチと、表示部133を見ながら各種情報の処理操作を行うための矢印キー144、決定キー145、第1の操作キー146、第2の操作キー147が備わっている。また、送話手段148、受話手段149を用いて音声を話し、また聞くことができる。

0172

さらに携帯電話111には、電波を用いて通話や情報を送受信するためのアンテナ150と、携帯電話111近傍の機器と赤外線通信を行うための赤外線送通信手段151が備わっている。使用者は、操作部のデータ入力部134のスイッチを押すことにより、表示部133にさまざまな情報が表示して電話機能や情報端末として用いることができる。

0173

図4では、表示部133の表示の一例として、各種の機能を選択するためのメニュー画面を表わしている。

0174

通常、携帯電話を情報端末として用いる時には、表示部の最下段には操作を進めるための表示が現われる。すなわち、最下段左表示152は第1の操作キー146と対応しており、画面の操作を進めるための表示がなされ、使用者は最下段左表示152の表示を見ながら第1の操作キー146を操作する。同様に最下段中央表示153は矢印キー144と決定キー145と対応した表示が、最下段右表示154は第2の操作キー147と対応した表示がなされる。

0175

以下、表示部の液晶表示を示す図5から図22と、操作表示の流れを表わすフローチャートである図23から図25を用いて実際のリモコン動作を説明する。

0176

まず、リモコンを行うためのプログラムのダウンロードについて説明する。

0177

使用者は押しボタンスイッチを操作して炊飯装置を制御するためのプログラム又はデータが書き込まれているインターネット上のサイトに接続する(ステップ200)。インターネットのサイトに接続する方法は公知のものであり、必要な操作をすることで携帯電話の電波による通信を用いてインターネットに接続することができる。サイトは、例えば炊飯装置の製造メーカが開設するものであり、アドレスさえ公開されていれば、使用者は自由にサイトへの接続が可能である。

0178

図5は、携帯電話がサイトに接続された時の表示部133の表示状態(表示1)(ステップ201)である。

0179

図5のように最初の画面では使用する携帯電話の機種と制御対象商品分野を質問される。ここでは、携帯電話の機種をP503isとし、商品分野としては「6.炊飯器」を選択し決定する。すなわち、使用する携帯電話の機種に応じて表示の大きさを調整したり、商品分野ごとのリモコンプログラムをダウンロードすることができる。

0180

図6は、「6.炊飯器」の機種選択と機能のメニューを表示した画面(表示2)である。機能のメニューとしては、図のように「1.炊飯器用リモコン」「2.お好み設定」「3.マニュアルを読む」「4.Q&Aコーナー」「5.知って得コーナー」などの項目を並べることができる。ここでは、機種として「SR−HG18」を、機能として「1.炊飯器用リモコン」を選択し決定する(ステップ202)。

0181

図7は、炊飯器リモコンを行うためのプログラムをダウンロードするための画面(表示3)である。ここではプログラムの機能の内容とダウンロードを行うかどうかを質問する表示が現われる(ステップ203)。ダウンロードするのであれば、「ダウンロード開始」の操作を行い、ダウンロードを実行する(ステップ204)。この携帯電話で動作するプログラムの一つにiアプリと呼ばれるものがあるが、このプログラムはサーバのサイトからダウンロードして携帯電話に入力するのが一般的である。

0182

一旦携帯電話にダウンロードしたプログラムは、携帯電話に記憶して、必要に応じて直ちにまた何度でも使用可能である。すなわち、プログラムをサイトからダウンロードした後は、インターネットとの接続を解除してもよい。もちろん、プログラムがバージョンアップされたなら、再びインターネットのサイトに接続して、バージョンアップされた新しいプログラムを再びダウンロードすることができる。また、サイトでは、新しい炊飯器の機種を発売するごとにそれに対応した新しいプログラムを作って、サイト上に掲載することができる。

0183

その後、図8のようにダウンロードが終了した旨の表示(表示4)が現われたなら(ステップ205)、携帯電話11へのリモコンプログラムのダウンロードは終了である。

0184

次にリモコン動作について説明する。

0185

図9は、携帯電話11の初期メニュー画面(表示5)である。メニュー画面では、図のように様々な機能を行うためのアイコンが表示されており、使用者が必要な機能を行うためのアイコンを選択することによりその機能のプログラムを起動させることができる。ここでリモコンとして動作させる機能へ進むために画面上のアイコン606を選択し決定する(ステップ206)。

0186

図10は、リモコン機能のメニュー画面(表示6)であり、リモコンを行うことができる商品分野ごとのプログラムの一覧が表示される。図では、「炊飯リモコン」と「電子レンジリモコン」と「エアコンリモコン」と「洗濯リモコン」が表示されているが、ここでは、「炊飯リモコン」を選択する(ステップ207)。

0187

図11は、操作機能の選択を行う画面(表示7)である。実際に炊飯器を動作あるいは動作終了のように制御するための「リモコン機能」と、炊飯器の動作内容を家庭ごとに設定を変更するための「お好み設定機能」と、炊飯器の動作状態モニターするための「自動診断機能」から選択可能である。ここでは、「リモコン機能」を選択して決定する(ステップ208)。

0188

図12は、リモコンを行う時の送信データを設定するための画面(表示8)である。図のように「コース」、「炊飯」、「保温」、「予熱(浸水)」、「洗米」、「精米」を設定することができる。

0189

ここで、「おまかせコース」と表示された右横のプルダウンメニューボタン(▽)を押すと、図13コース選択画面(表示9)が現われ、コースの選択設定を行うことができる(ステップ209)。同様に図13の「白米おまかせ」と表示された右横のプルダウンメニューボタン(▽)を押すと、図14の炊飯選択画面(表示10)が現われ、炊飯の選択設定を行うことができ(ステップ210)、図12の「保温おまかせ」と表示された右横のプルダウンメニューボタン(▽)を押すと、図15の保温選択画面(表示11)が現われ、保温の選択設定を行うことができ(ステップ211)、図12の「予熱(浸水)おまかせ」と表示された右横のプルダウンメニューボタン(▽)を押すと、図16(表示12)の予熱(浸水)選択画面が現われ、予熱(浸水)の選択設定を行うことができ(ステップ212)、図12の「洗米おまかせ」と表示された右横のプルダウンメニューボタン(▽)を押すと、図17の洗米のありなし選択画面(表示13)が現われ、洗米のあり又はなしの選択設定を行うことができる(ステップ213)。もちろん、「コース」や「炊飯」などの項目の中で変更する必要のない項目はあえて変更する必要はない。

0190

図18はこのようにして、図13の最初の設定から設定項目を変更した後の画面(表示14)である。この送信データ設定画面で設定がOKならば決定を押すことにより(ステップ214)、各項目が炊飯器に送信するデータとして設定されて(ステップ215)、図19リモコン送信の画面(表示15)が表示される。ここでは、携帯電話111と炊飯器110との間の通信は赤外線通信方式を用いているので、図19の画面のように携帯電話111を炊飯器に向けて「送信開始」のボタンを押すように表示されている。図21は実際に炊飯器110に向かって携帯電話111からリモコン動作を行っている時の様子である。携帯電話111の必要なスイッチを押すことにより、携帯電話111から赤外線通信の赤外線が送信され(ステップ216)、その赤外線は炊飯器110の通信手段である赤外線通信部132で受信される。また、必要ならば、炊飯器110の赤外線通信部132から、携帯電話111に対して赤外線のリモコン信号を受け取った旨のデータや動作を開始する旨のデータを送信する。

0191

携帯電話111が、炊飯器110に対してデータを送信したならば、図20のように、炊飯器110が動作を開始した旨と、終了予定時間を表示することができる(表示16)(ステップ217)。この終了予定時間は、図18で設定した項目のデータにより携帯電話111内で予測算出して表示してもいいし、炊飯器110ら携帯電話111に対して終了時間をデータとして送信して表示してもよい。

0192

さて、動作開始後、携帯電話111で予測算出した予定終了時間になった時、あるいは炊飯器110から携帯電話111に対して動作が終了した旨のデータを受け取ったなら、携帯電話111は、図22のように炊飯器の動作が終了した旨の「お知らせ」を表示する(表示17)ことができる(ステップ218、219)。

0193

尚、終了予定時間は、情報提供装置内あるいは、iアプリ等の機能で算出し、終了予定時刻を携帯電話のアラーム機能に伝達することにより携帯電話で報知しても良い。

0194

さて、以上の説明は携帯電話111の側としてのステップについて説明したものである。

0195

炊飯器110の側としてのステップの流れは、図25を用いて説明する。

0196

炊飯器110は、携帯電話111から送信された赤外線通信の赤外線の受信を待ち(ステップ220)、受信されたのが確認されたなら、「コース」「炊飯」「保温」「予熱(浸水)」「洗米」「精米」を設定し(ステップ221)、動作をスタートする(ステップ222)。そして、動作の終了までの残り時間を赤外線通信部から赤外線通信の赤外線を送信する(ステップ223)。そして、動作を続け、動作が終了したことを確認したなら(ステップ224)、動作が終了した旨の情報を赤外線通信部から送信する(ステップ225)。

0197

さて、ここでは炊飯器110のコース・炊飯・保温・予熱(浸水)・洗米・精米について設定して動作の開始についてのリモコン制御について説明したが、炊飯器110を制御する内容としては、他にも以下のような制御項目が考えられる。

0198

(1)炊飯コースの開始や終了あるいは途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(2)炊飯・保温コースの開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(3)保温コースの開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(4)炊飯の開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(5)保温の開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(6)予熱(浸水)の開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(7)洗米の開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(8)精米の開始や終了や途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(9)コースの変更
(10)水量の変更
(11)時間設定の変更
(12)タイマの設定、解除
(13)時計の設定
これらの制御項目についても、携帯電話111のリモコン用のプログラムを変更することにより同様に実施することが可能である。

0199

また、ここまでは炊飯装置として炊飯器のリモコンによる制御について述べてきたが、業務用の炊飯装置では、前記の制御項目の他に、以下のような制御項目が考えられる。

0200

(1)複数の炊飯回数に対するそれぞれの炊飯の開始や終了あるいは途中停止あるいは途中停止した後の再開始
(2)炊飯回数の変更
(3)複数の炊飯回数に対するそれぞれの炊飯条件の変更(炊飯量、水量、温度、時間設定など)
もちろん、炊飯装置では機種が変わると制御項目が変更されることがあるが、リモコンのプログラムを機種に応じた項目に合わせて作ることで、機種に応じたリモコン制御を行うことができる。

0201

また、家庭用炊飯器や業務用炊飯機以外の他の炊飯装置でも、同様に炊飯装置の制御項目に応じたリモコンのプログラムを作ることで、炊飯装置に応じたリモコン制御を行うことができる。

0202

以上の説明では、家庭内での使用に関するものであるが、それ以外にも、工場等で、炊飯装置を組み立てる場合の検査において、一連の検査項目制御内容としてリモコンに記憶させておき、被検査対象の炊飯装置に対して、検査項目の制御を行うリモコン信号を送信することにより、炊飯装置の側によって直接操作部の操作を行うことなく簡単なリモコン操作で、一連の検査を行うことができる。つまり、これまでは、炊飯装置の検査においては、操作部の限られたボタン等を用いて検査をしなくてはならないため、複数のボタンを押しながら複雑なボタン操作を行わなければ工場検査を行うことができなかった。リモコンに一連の検査項目を記憶させることにより、このような複雑で面倒な操作の必要性がなくなりかつ遠隔でチェック操作も可能となる。

0203

(実施例3)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0204

図26は本実施例の構成を示すブロック図、図27は本実施例の情報提供装置401から携帯電話402を介して炊飯装置403に受信される動作内容の例である。本発明の炊飯装置は、情報提供装置401と、携帯電話402と、炊飯装置403とを備えて構成されている。情報提供装置401と携帯電話402は、各々の通信手段404、405によりインターネット等の所定の通信網406に接続可能で、電話回線等を介して相互にデータ送受信が可能な構成となっている。また、携帯電話402の第2の通信手段である赤外送信部407からの送信情報を、炊飯装置403の通信手段である赤外受信部408で受信できる構成になっている。

0205

情報提供装置401は、通信手段404と、炊飯装置用動作内容記憶手段409から構成され、携帯電話402は、通信手段405と、赤外送信部407と、これらを制御するための制御手段410と、操作部411、表示部412から構成されている。また、炊飯装置は、赤外受信部408と、動作内容記憶手段413と、これらを制御するための制御手段414と、操作部415から構成されている。動作内容記憶手段413は炊飯器に固定的に設置された半導体メモリに加え、一部が着脱可能なメモリカードによって構成されている。もちろん、動作内容記憶手段413は必要に応じ全部を着脱可能にしたり、全部を固定的に設置することもできる。着脱可能な記憶手段としては、フロッピー(登録商標ディスクFD)やICカード、CD(コンパクトディスク)、MD(ミニディスク)等各種の記憶媒体が考えられる。

0206

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって図27に示した炊飯装置用の動作内容が記憶されている。図27では「炊飯コース」の一例を示している。

0207

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網406を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、さらに炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0208

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0209

なお、本実施例では情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のデータが、携帯電話402を介して炊飯装置403の動作内容記憶手段413に記憶されるようにしたが、情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶内容を動作内容を制御するプログラムとして携帯電話402に受信し、炊飯装置403にそのプログラムをそのまま送信するか又は炊飯装置403へは制御内容のデータに変換して送信し、炊飯装置403の動作内容記憶手段413に記憶するようにしてもかまわない。また、本実施例では、携帯電話402の第2の通信手段を赤外送信部407、炊飯装置403の通信手段を赤外受信部408として、携帯電話402から炊飯装置403への赤外片方向通信としたが、共に赤外送受信部として双方向通信としてもかまわない。

0210

以上のように本実施例によれば、携帯電話の通信手段から送信された炊飯装置の動作内容を決めるプログラム又はデータを受信することにより、洗浄装置がその内容を記憶することで、炊飯装置は簡単な構成を準備するだけで、利用者が既に炊飯装置に予め準備されたコース以外の炊飯コースを容易に利用することができる炊飯装置を実現するものである。

0211

(実施例4)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0212

本実施例の構成を示すブロック図は、実施例3同様の図26である。図28は本実施例の情報提供装置401から携帯電話402を介して炊飯装置403に受信される動作内容の例である。

0213

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって図28に示した複数の予め決められた、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコース、即ち、本実施例では『白米コース』、『おかゆコース』、『おこわコース』、その他多くのコースを記憶している。『おかゆコース』も『おこわコース』も図27で示した『白米コース』と同様に、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の各ステップ毎回数動作時間、水量、強さ等が予め決められたコースである。

0214

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網7を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、転送され、表示部412に表示された動作内容の内、予め決められたコース、即ち、『白米コース』、『おかゆコース』、『おこわコース』、その他、いずれかのコースを選んで、さらに炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0215

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容を読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0216

なお、本実施例では、情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶している複数の内容は、炊飯対象毎のものとしたが、例えば「大量炊飯コース」、「屋外炊飯コース」等の、用途別に用意してもかまわない。

0217

以上のように本実施例によれば、炊飯装置の動作内容は、情報提供装置に記録した複数の予め決められた、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米又は精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコースであることにより、利用者各々が、例えば炊飯対象毎にステップ個別の回数、動作時間、水量等をわざわざ設定することなく、容易に炊飯コースを利用することができる炊飯装置を実現するものである。

0218

(実施例5)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0219

図29は、本実施例の構成を示すブロック図である。図26の構成に加えて、情報提供装置には、質問手段416を備えている。図30は本実施例の情報提供装置401の質問手段416から携帯電話402を介して利用者に質問される内容の例である。

0220

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって図28に示した複数の予め決められた、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコース、即ち、本実施例では『白米コース』、『おかゆコース』、『おこわコース』、その他のコースを記憶した。

0221

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網406を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の質問手段416からの質問が、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に、転送される。即ち、図30に示した質問内容である簡易設定したいコースのカテゴリーについての質問が表示部412に表示される。利用者は、図30に示した質問に対して、携帯電話402の操作部411を操作して『1』を選んで決定すると、通信網406を介して接続されている情報提供装置401から炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のうち「炊飯対象別のコース」である『白米コース』、『おかゆコース』、『おこわコース』、その他のデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。

0222

次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、転送され表示部412に表示された動作内容の内の1つを選んで、さらに炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0223

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容を読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0224

なお、本実施例では、質問手段416を情報提供装置401の構成要素としたが、情報提供装置401に接続することなく、情報提供装置401から携帯電話402に転送されたプログラム内で機能するものとして、携帯電話402自身が質問を行うようにしてもかまわない。

0225

以上のように本実施例によれば、携帯電話又は携帯電話を介して情報提供装置が質問した内容に基づいて、予め定められた炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米又は精米のいずれか少なくとも1つのステップを含んだコースを選択し決定することにより、利用者が、簡単な質問に答えるだけで、自分のニーズに応じた炊飯コースを容易に検索し、利用することができる炊飯装置を実現するものである。

0226

(実施例6)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0227

本実施例の構成を示すブロック図は、実施例5同様の図29である。図31は本実施例の情報提供装置401の質問手段416から携帯電話402を介して利用者に質問される内容の例である。図31において、炊飯ステップの選択肢としては、「炊飯物」が「白米、おかゆ、おこわ、ピラフ、・・・」、「かたさ」が「かため、普通、やわらかめ、・・・」、「炊飯時間」が「超高速高速、普通」、「米種」が「こしひかり、ささにしき、田こまち、・・・」を用意し、保温ステップの選択肢としては、「保温時間」が「連続、1日、半日、1時間、保温なし」、「予熱(浸水)時間」が「なし、1時間、30分」、「洗米」が「あり、なし」、「精米」ステップの選択肢としては、「あり、なし」を用意している。

0228

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって図31に示した炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の各ステップにおいて予め決められた複数の条件の選択肢を組み合わせた炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコースを記憶した。

0229

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網406を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の質問手段416からの質問が、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に、転送される。即ち、図31に示した質問内容が表示部412に表示される。利用者は、図31に示した質問に対して、携帯電話402の操作部411を操作して各々についての回答を選んで決定すると、通信網406を介して接続されている情報提供装置401から炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のうち回答内容に応じたコースのデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。

0230

次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、転送され表示部412に表示された動作内容の炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0231

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容を読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0232

なお、本実施例では、実施例5と同様に質問手段416を情報提供装置401の構成要素としたが、情報提供装置401に接続することなく、情報提供装置401から携帯電話402に転送されたプログラム内で機能するものとして、携帯電話402自身が質問を行うようにしてもかまわない。

0233

以上のように本実施例によれば、炊飯装置の動作内容を、携帯電話又は携帯電話を介して情報提供装置が質問した内容に基づいて、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米又は精米のいずれか少なくとも1つのステップを含み、かつそれぞれのステップにおいて予め決められた複数の条件から選択され決定されたコースとすることにより、利用者が、簡単な質問に答えるだけで、予め用意された出来合いのコースよりもきめ細かく自分のニーズに合致した炊飯コースを容易に利用することができる。

0234

(実施例7)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0235

図32は、本実施例の構成を示すブロック図である。図29の構成に加えて、情報提供装置には、最適コース選択手段417を備えている。図33は本実施例の情報提供装置401の質問手段416から携帯電話402を介して利用者に質問される各種炊飯情報に関する質問内容の例である。図33において、質問カテゴリーとしては、「ごはん全般について」、「炊飯時間について」、「味について」、「電気代について」、「水道代について」等を用意し、各々の選択肢としては、「ごはん全般について」が「やわらかめで良い、普通でよい、かためが良い」、「炊飯時間について」が、「急いでいる、あまり気にしない、時間をかけて良い」「味について」が「気にする、気にしない」、「電気代について」が「とても気にする、必要なら仕方ない、あまり気にしない」、「水道代について」が「とても気にする、必要なら仕方ない、あまり気にしない」を用意している。

0236

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって実施例6と同様の炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の各ステップにおいて予め決められた複数の条件の選択肢を組み合わせた炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコースを記憶した。

0237

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網406を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の質問手段416からの質問が、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に、転送される。即ち、図33に示した質問内容が表示部412に表示される。利用者は、図33に示した質問に対して、携帯電話402の操作部411を操作して各々についての回答を選んで決定すると、通信網406を介して接続されている情報提供装置401に回答が送られる。情報提供装置401の最適コース選択手段417は、炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のうち、送られてきた回答に最適のコースを選択して、そのコースのデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。最適コース選択手段417が、回答内容に最適なコースを選択するに当たっては、例えば「ごはん全般について」が「普通で良い」なら、炊飯時間は平均的な「あまり気にしない」を選択し、味や電気代、水道代についても平均的なものを選択し、「炊飯時間について」が「急いでいる」なら、電気代は普通でなく「必要なら仕方ない」に変更したものというように最適なコースを選択するようにする。

0238

次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、転送され表示部412に表示された動作内容の炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0239

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容を読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0240

なお、本実施例では、実施例5、6と同様に質問手段416を情報提供装置401の構成要素としたが、情報提供装置401に接続することなく、情報提供装置401から携帯電話402に転送されたプログラム内で機能するものとして、携帯電話402自身が質問を行うようにしてもかまわない。また、本実施例では、実施例6と同様に、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の各ステップにおいて予め決められた複数の条件の選択肢を組み合わせた炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコースを記憶したが、複数の条件の選択肢に例えば時間の小刻みな設定などさらに木目細かな内容を加えたものにしてもかまわない。

0241

以上のように本実施例によれば、炊飯装置の動作内容を、携帯電話又は携帯電話を介して情報提供装置が行う各種炊飯情報に関する質問に対する回答に基づいて、予め定められた複数のコースから最適なコースを選択し決定することにより、利用者が、簡単な質問に答えるだけで、自分の嗜好に合った最適な炊飯コースを容易に利用することができる炊飯装置を実現するものである。

0242

(実施例8)本発明の炊飯装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0243

本実施例の構成を示すブロック図は、実施例5、6同様の図29である。図34は本実施例の情報提供装置401の質問手段416から携帯電話402を介して利用者に質問される内容の例である。図34において、使用者が直接入力できる項目と、予め選択肢が用意されたものから選択する項目で構成されている。

0244

情報提供装置401の炊飯装置用動作内容記憶手段409には、情報提供装置401の管理者によって図34に示した炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米等の各ステップにおいていくつかの基本項目については予め決められた複数の条件の選択肢を組み合わせた炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米、精米のいずれか少なくとも1つのステップを含むコースを記憶した。

0245

次に、本発明の炊飯装置の動作について説明する。まず、利用者が、携帯電話402の操作部411で情報提供装置401にアクセスするための操作を行うと、携帯電話402が通信網406を介して、情報提供装置401に接続され、情報提供装置401の質問手段416からの質問が、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に、転送される。即ち、図34に示した質問内容が表示部412に表示される。利用者は、図34に示した質問に対して、携帯電話402の操作部411を操作して各々についての回答を選んで決定すると、通信網406を介して接続されている情報提供装置401から炊飯装置用動作内容記憶手段409に記憶されている動作内容のうち回答内容に応じたコースのデータと使用者が直接入力したデータを組み合わせられたデータが、通信手段404、通信網406、通信手段405を介して携帯電話402に転送され、表示部412に表示される。

0246

次に、利用者が、携帯電話402の操作部411で、転送され表示部412に表示された動作内容の炊飯装置403への転送のための操作を行うと、携帯電話402の制御手段410は、情報提供装置401より転送された動作内容のデータを、赤外送信部407より、炊飯装置403へ送信する。炊飯装置403では、赤外受信部408によりこの動作内容データを受信して、動作内容記憶手段413に記憶する。

0247

転送された動作内容データを動作内容記憶手段413に記憶した炊飯装置403は、利用者が操作部415での動作内容記憶手段413に記憶している炊飯コースの制御を行う旨の操作を行うと、制御手段414は、この動作内容記憶手段413の記憶内容を読み出してそのデータに従い炊飯装置403の制御を行う。

0248

なお、本実施例では、実施例5〜7同様に質問手段416を情報提供装置401の構成要素としたが、情報提供装置401に接続することなく、情報提供装置401から携帯電話402に転送されたプログラム内で機能するものとして、携帯電話402自身が質問を行うようにしてもかまわない。

0249

以上のように本実施例によれば、炊飯装置の動作内容を、携帯電話又は携帯電話を介して情報提供装置に、炊飯、保温、予熱(浸水)、洗米及び精米の中からのステップの選択、水量、時間、開始時刻終了時刻、等炊飯装置の駆動内容に関する情報を直接入力して形成されたプログラム又はデータであることにより、利用者が、きめ細かく自分のニーズに合致した炊飯コースを容易に利用することができる。

0250

(実施例9)次に炊飯器の状態の確認を行なうための自動診断機能に関する実施例について、図35及び図36を用いて説明する。

0251

図35は、この発明の実施例における携帯電話からの要求信号により情報提供サーバに格納されている炊飯器の自動診断プログラムをダウンロードする時の手順を示すフローチャートである。また、図36はこの発明の実施例における携帯電話の液晶画面の説明図である。

0252

まず、利用者はインターネットのホームページを閲覧する機能が付いた携帯電話である携帯電話を使って情報提供装置に接続しホームページを開く処理をする(STEP511)。ここではNTドコモのiモードに対応し、かつJAVA(登録商標)で書かれたプログラムであるアイアプリをダウンロードし実行できる携帯電話を想定して説明するが、iモードに限らずインターネットのウェブサーバからプログラムをダウンロードし、それを実行できる機能を持つものならば他の携帯電話でもいっこうに差し支えない。

0253

利用者がアクセスすると情報提供装置は携帯電話を使った利用者のアクセスの受付処理をして(STEP501)、ホームページのトップページを利用者の携帯電話に送信する(STEP502)。利用者の携帯電話でこのトップページを受信すると携帯電話の液晶画面には図36(a)のような画面が表示される(STEP512)。

0254

利用者は図36(a)に示されるトップページの製品分野メニューの中から携帯電話に付いているカーソルキーを動かして炊飯器を選択する(STEP513)。このとき図示はしていないが製品分野メニューの炊飯器の項目が白黒反転して表示される。

0255

情報提供装置は炊飯器が選択されたのを受け付けると、炊飯器用のメニューページを送信する(STEP503)。すると今度は携帯電話の液晶画面に図36(b)のような画面が表示される。

0256

利用者はまず図36(b)の上段に示される機種選択の欄を見て、自分の持っている機種と同じ品番が示されているかを確認する。もし、ここで違う品番が表示されていれば図示はしていないが、品番の上にカーソルを持っていき、携帯電話の操作キーを下方向に一回動かすと情報提供装置が現在サポートしている炊飯器の品番がずらりと表示され、その中から選択することになる。

0257

機種が選択できると次は、図36(b)に示されるメニューの中から携帯電話に付いているカーソルを動かして7番の自動故障診断を選択する(STEP514)。このときも同様に図示はしていないがメニューの中の自動故障診断が白黒反転して表示される。

0258

情報提供装置は自動故障診断が選択されたのを受け付けると、炊飯器用の自動診断機能を含んだアイアプリの概要を示すメニューページを送信する(STEP504)。すると今度は携帯電話の液晶画面に図36(c)のような画面が表示される。

0259

利用者はアイアプリの概要を読み、これで間違いがないことを確認できると、このメニューの下部に表示されているダウンロード開始のボタンにカーソルを移動し携帯電話の操作キーを一回クリックし、情報提供装置に対してダウンロード開始の要求を行なう(STEP515)。このときも図示はしていないがダウンロード開始のボタンが白黒反転して表示される。

0260

すると、情報提供装置は利用者の携帯電話に対して先ほどのメニューページで概要を示したアイアプリを送信する(STEP505)。

0261

携帯電話は情報提供装置からアイアプリを受信中は、図示していないがダウンロード中を知らせるメッセージを液晶画面に表示する(STEP516)。

0262

携帯電話は情報提供装置からアイアプリを完全に受信すると、図36(d)のようにダウンロード終了のメッセージを液晶画面に表示し、利用者がそれを確認して携帯電話の操作キーをクリックすると、このアイアプリダウンロードの一連の処理を終了し、この後はこのホームページへのアクセスを終了しても良い(STEP517)。

0263

情報提供装置もアイアプリを完全に送信し終わり、利用者の携帯電話からアクセス終了の処理を受け付けると、このホームページの提供処理を終了する(STEP506)。

0264

このように情報提供装置には常に最新の自動診断プログラムが保管されているため、情報提供装置にアクセスすることにより常に最新のプログラムを自分の携帯電話にダウンロードし入れておくことができ、いつでも起動して実行できる。また、言うまでもないが古くなったプログラムはいつでも消去できる。

0265

(実施例10)次にダウンロードしたプログラムを携帯電話で実行し、自動診断する実施例について図37図39を用いて説明する。

0266

図37はこの発明の情報提供装置からダウンロードしたプログラムを携帯電話で実行し炊飯器の自動診断をするときの手順を示すフローチャートである。また、図38及び図39はこの発明の実施例における携帯電話の液晶画面の説明図である。

0267

まず、利用者は携帯電話のアイアプリを実行するためのメニューを開き、すでにダウンロードしてある自動診断用のアイアプリを立ち上げる(STEP521)。自動診断用のアイアプリを立ち上げると、携帯電話の液晶画面には図38(a)に示す初期画面が表示される(STEP522)。

0268

今、実行したいのはリモコン機能ではないので携帯電話のカーソルをリモコン機能と表示されている欄に持っていき操作キーを下方向に一回動かすと図38(b)の第2画面が表示され、起動しているアイアプリが実行できる機能が表示される(STEP523)。

0269

この画面でカーソルを動かし自動診断機能に合わせ操作キーを一回クリックすると自動診断機能が選択され第3画面が表示される(STEP524)。ここで図38(c)の第3画面に示すように左下に表示されている実行ボタンにカーソルを合わせると実行ボタンが白黒反転表示され、操作キーを一回クリックすると図38(d)の第4画面が表示される(STEP525)。

0270

この第4画面では携帯電話から通信手段である赤外線送受信部を介して炊飯器の通信手段である赤外線送受信部にデータを送るため、携帯電話を炊飯器に向けることを利用者に要求している。

0271

利用者はこの画面のメッセージを見て携帯電話を炊飯器に向けて携帯電話のカーソルを自動診断開始の項目に合わせ操作キーを一回クリックする(STEP526)。

0272

携帯電話はこの利用者側の操作により送信可能と判断し赤外線送受信部を通じて炊飯器と送信を始める(STEP527)。

0273

炊飯器は最初は何もしていない待機状態であるが、携帯電話から赤外線信号を検知すると(STEP540)連続して送られてくる赤外線データの受信を始める(STEP541)。炊飯器は一連の携帯電話からの受信が終わると受信信号解析する(STEP542)。今回は携帯電話から受け取った赤外線信号が過去の動作状況を要求する情報を持った信号であったため、すぐに過去の動作状況データを自分のメモリから取り出し、応答情報を構成する(STEP543)。炊飯器はこの過去の動作状況データを乗せた応答情報を赤外線信号で送信する(STEP544)。

0274

一方、携帯電話は炊飯器からの赤外線応答信号を受信中は図38(e)に示す第5画面にて自動診断中を表示している(STEP528)。炊飯器の過去の動作状況データを吸い上げるのが完了すると(STEP529、STEP530)すぐにデータの解析を行う(STEP531)。この解析時間はほんの一瞬で完了し、解析結果に応じたメッセージを図38(f)に示す第6画面に表示する(STEP532)。

0275

利用者はこの第6画面の診断結果を読みとり確認すると携帯電話のカーソルを図38(f)に示す了解ボタンに合わせ操作キーを一回クリックするとこの自動診断処理は完了する。

0276

この実施例では携帯電話で実行するアイアプリから炊飯器に対して過去の動作状況データを要求するデータを送り、炊飯器から吸い上げた動作状況データを解析して携帯電話の液晶画面で診断結果を表示する実施例であった。

0277

しかし、自動診断用のプログラムはこの実施例に限らず、炊飯器側で実行させる場合も考えられる。また、診断結果の表示は携帯電話の液晶画面上でなく、携帯電話からの要求信号によって炊飯器の操作パネル上で行い、使用者に報知することも可能である。

0278

(実施例11)図39に示すフローチャートの炊飯器側は、携帯電話の赤外線送受信部から送られてくるのがデータだけではなく、炊飯器で実行するためのプログラムである場合のことも想定したフローチャートである。炊飯器は携帯電話から送られてきたものが問い合わせのデータか、あるいは炊飯器で実行するためのプログラムかを判断し(STEP574)、問い合わせデータならばすぐに応答データを作成し(STEP576)、プログラムならばそれを実行して(STEP575)その結果を乗せた応答データを作成する。

0279

また、図39に示すフローチャートの携帯電話側は送信する内容がデータかプログラムかの違いであるため、先の実施例の図37で示したフローチャートとほとんど同じである。しかし、第5画面の表示のあと炊飯器からの応答を待ってその結果を携帯電話の第6画面で表示するか、応答待たずに第7画面で炊飯器の操作パネルに表示される結果を見るようにメッセージを出すのかを切り替えている(STEP560)。

0280

図40は炊飯器に自動診断用のプログラムを送って炊飯器に自動診断させ、診断結果を炊飯器で表示する場合の手順を示す携帯電話の液晶画面であり、第4画面(STEP556)までは先の実施例と同じである。図40(e)の第5画面は最下段でプログラムを送信中であることを表示している(STEP558)。図40(f)の第8画面では、診断結果を炊飯器の操作パネルで報知し確認するメッセージを表示している(STEP564)。

0281

図41(a)は自動診断結果を携帯電話側で表示するために炊飯器と通信し炊飯器から診断結果を吸い上げている時の受信中を示す携帯電話の第6画面である(STEP560)。図41(b)は自動診断結果を携帯電話側で報知(表示)した時の第7画面である。

0282

このように情報提供装置からダウンロードするプログラムには携帯電話で実行するものだけでなく、炊飯器で実行するものも可能である。

0283

また、自動診断結果は携帯電話で表示するだけではなく炊飯器の操作パネルで表示し、携帯電話の液晶画面では、炊飯器の操作パネルで表示された値をどう判断するかを教える判断基準を表示することもできる。

0284

(実施例12)図42は本実施例の携帯電話の操作手順を示すフローチャート、また、図43は本実施例の携帯電話の操作手順を示す携帯電話の液晶画面である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ