図面 (/)

技術 携帯電話端末機

出願人 有限会社アイカエンジニアリング東レ株式会社林フェルト株式会社
発明者 山口透竹平富雄田邉充
出願日 2001年11月27日 (18年7ヶ月経過) 出願番号 2001-360760
公開日 2003年6月6日 (17年0ヶ月経過) 公開番号 2003-163726
状態 拒絶査定
技術分野 可聴帯域変換器の細部 I (筐付等) 電話機の構造
主要キーワード 改良構造 非定常成分 誤認率 微少振動 極細合成繊維 バインダーレス 布帛材料 信号伝達特性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年6月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

複雑に変化する動的振動下にあっても非常に微少振幅領域から通常領域、さらには高振幅領域まで、ノイズ発生の原因となる雑信号を大幅に低減し、明瞭度を代表とする各種特性の改善が可能な携帯電話端末機改良構造を提供する。

解決手段

マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料複合させてなることを特徴とする携帯電話端末機。

概要

背景

マイクおよびスピーカーを備えた携帯電話端末機においては、伝達される音声明瞭度の向上やハウリング防止特性等が求められる。とくに、ノイズを低減し、伝達される音声の明瞭度を向上することの他、聞き取り誤認率の低下、使用者疲労感の減少、さらには、関連注意力低下による事故の防止や判断力低下防止、ストレスレベル低減による病気原因の予防などが求められる。

しかし、従来のスピーカーやマイクを備えた携帯電話端末機は、主波長領域における音声を重視し、その主波長領域での特性改善のみに着目した古くからの設計思想のもとで、これを踏襲した範囲で開発されている。したがって、微少振動領域における特性や過渡特性に対する配慮は全くなされていないか、はなはだ不完全なものであった。つまり、スピーカーやマイクは、通常の音声領域では明瞭度の高い信号伝達が可能になっているものの、ノイズの原因となる微少振動領域、たとえばスピーカーやマイクの本体あるいはその支持部など、さらには端末機ボディのの微小振動共振が生じると、それらに起因してノイズが発生することがあり、それを抑制したり、防止したりすることに関しては、配慮がなされていないか、なされていても効果に乏しい。

すなわち、従来の携帯電話端末機においては、上記のような、とくにノイズの原因となる微小振動、さらには、検出信号過渡的領域におけるノイズ等に対して、適切な配慮がなされておらず、そのため、明瞭度等の特性改善に限界があった。

概要

複雑に変化する動的振動下にあっても非常に微少振幅領域から通常領域、さらには高振幅領域まで、ノイズ発生の原因となる雑信号を大幅に低減し、明瞭度を代表とする各種特性の改善が可能な携帯電話端末機の改良構造を提供する。

マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料複合させてなることを特徴とする携帯電話端末機。

目的

そこで、本発明の課題は、複雑に変化する動的振動下にあっても非常に微少な振幅領域から通常領域、さらには高振幅領域まで、ノイズ発生の原因となる雑信号を大幅に低減し、明瞭度を代表とする各種特性の改善が可能な携帯電話端末機の改良構造を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料複合させてなることを特徴とする携帯電話端末機

請求項2

マイク本体または/およびスピーカー本体に前記布帛材料が複合されている、請求項1の携帯電話端末機。

請求項3

マイク支持部または/およびスピーカー支持部に前記布帛材料が複合されている、請求項1または2の携帯電話端末機。

請求項4

マイク設置部または/およびスピーカー設置部を含む端末機ボディに前記布帛材料が複合されている、請求項1〜3のいずれかに記載の携帯電話端末機。

請求項5

極細繊維からなる布帛材料が不織布である、請求項1〜4のいずれかに記載の携帯電話端末機。

技術分野

0001

本発明は、携帯電話端末機におけるマイクやスピーカー信号伝達特性を改善できるようにした構造に関する。

背景技術

0002

マイクおよびスピーカーを備えた携帯電話端末機においては、伝達される音声明瞭度の向上やハウリング防止特性等が求められる。とくに、ノイズを低減し、伝達される音声の明瞭度を向上することの他、聞き取り誤認率の低下、使用者疲労感の減少、さらには、関連注意力低下による事故の防止や判断力低下防止、ストレスレベル低減による病気原因の予防などが求められる。

0003

しかし、従来のスピーカーやマイクを備えた携帯電話端末機は、主波長領域における音声を重視し、その主波長領域での特性改善のみに着目した古くからの設計思想のもとで、これを踏襲した範囲で開発されている。したがって、微少振動領域における特性や過渡特性に対する配慮は全くなされていないか、はなはだ不完全なものであった。つまり、スピーカーやマイクは、通常の音声領域では明瞭度の高い信号伝達が可能になっているものの、ノイズの原因となる微少振動領域、たとえばスピーカーやマイクの本体あるいはその支持部など、さらには端末機ボディのの微小振動共振が生じると、それらに起因してノイズが発生することがあり、それを抑制したり、防止したりすることに関しては、配慮がなされていないか、なされていても効果に乏しい。

0004

すなわち、従来の携帯電話端末機においては、上記のような、とくにノイズの原因となる微小振動、さらには、検出信号過渡的領域におけるノイズ等に対して、適切な配慮がなされておらず、そのため、明瞭度等の特性改善に限界があった。

発明が解決しようとする課題

0005

そこで、本発明の課題は、複雑に変化する動的振動下にあっても非常に微少振幅領域から通常領域、さらには高振幅領域まで、ノイズ発生の原因となる雑信号を大幅に低減し、明瞭度を代表とする各種特性の改善が可能な携帯電話端末機の改良構造を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために、本発明に係る携帯電話端末機は、マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料複合させてなることを特徴とするものからなる。

0007

上記携帯電話端末機において、上記布帛材料を複合させる部位とては、マイク本体または/およびスピーカー本体自身に複合されてもよく、また、マイク支持部または/およびスピーカー支持部に複合されてもよく、さらに、マイク設置部または/およびスピーカー設置部を含む端末機ボディに複合されてもよく、これらの組み合わせ構成であってもよい。極細繊維からなる布帛材料としては、たとえば不織布を用いることができる。

0008

このような本発明に係る携帯電話端末機においては、特定の極細繊維からなる布帛材料を、マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、適切に複合させることにより、微小振動の伝達等が効率よく抑制され、検出、伝達信号に望ましくないノイズ成分が入ることが抑制されて、音声の明瞭度等の特性が広帯域にわたって大幅に向上される。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下に、本発明について、望ましい実施の形態とともに詳細に説明する。本発明に係る携帯電話端末機においては、そのマイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料が複合される。

0010

本発明で用いられる極細繊維からなる布帛材料としては、単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる不織布や織編物等の布帛材料が採用される。この布帛材料は、マイク本体または/およびスピーカー本体の外面に貼り付け等により複合されることにより、音声信号伝達手段自身の望ましくない微小振動を抑制、防止したり、端末機を構成する他の構成部材、たとえばマイク支持部または/およびスピーカー支持部や、マイク設置部または/およびスピーカー設置部を含む端末機ボディの内外面にも極細繊維からなる布帛材料が複合されることにより、表面波の部材内部への再反射波形信号検出手段への伝達が防止される。複合部位は、マイク本体または/およびスピーカー本体の信号検出・伝達部(たとえば、これらの部分における振動板)以外のあらゆる部位で適用可能であるので、放熱コスト等の問題が許す限りなるべく多くの面に複合を実施することが望ましい。

0011

本発明で用いられる極細繊維からなる布帛材料においては、0.0001から3dtex、好ましくは0.001から1dtex、より好ましくは0.001から0.5dtexの極細繊維が、最低でも50重量パーセントは含まれていないと効果が著しく減じてしまう傾向を示す。極細繊維からなる布帛材料には、かかる極細繊維が80重量パーセント以上含まれていることが好ましい。

0012

この極細繊維は、縦弾性係数が100GPa以下であることが好ましく、より好ましくは4〜30GPaである。縦弾性係数が100GPaを上回ると、柔軟性がなくなって効果が減少するという問題がある。

0013

また、この極細繊維の比重は、好ましくは0.5〜12であり、より好ましくは1.0〜2.5である。この内において、比重1.1〜1.4の極細繊維が特に好ましい効果を示す。

0014

極細繊維は、長繊維でも短繊維でもよいが、短繊維の場合は通常10mm以上であり、好ましくは30〜70mmである。かかる極細繊維としては、ガラス純アルミニウムジュラルミンなどの無機繊維や、ポリアミドポリエステルポリオレフィンポリエーテルポリウレタンポリアクリロニトリルポリスルホンなどに代表される極細繊維化可能な有機繊維、あるいは炭素繊維等を挙げることができるが、本発明では、ポリエステル等からなる合成繊維が好ましく用いられる。

0015

本発明で用いられる極細繊維からなる布帛材料は、長繊維の場合は、通常のごとく織編み手段によりシート化布帛とするか、短繊維の場合は、例えば、上記極細繊維を抄紙法、カード法エアーレイ法などの方法でシート化し、そのままで、あるいは必要に応じ繊維相互ニードルパンチや、ウォータージェットパンチなどの物理的手段により絡合させたりバインダー結束させて布帛とすることができる。また、短繊維の場合は紡績糸とし、布帛とすることもできる。

0016

以下に、極細合成繊維の場合の好ましい具体例をもって詳細に説明する。極細繊維からなる不織布を形成する手段としては、メルトブロースパンボンドなど直接製糸法がある。また、間接的な方法としては2以上の成分からなる分割型複合繊維もしくは海島型複合繊維をニードルパンチもしくはウォータージェットパンチで絡合せしめてフェルトを形成し、分割型複合繊維を分割し、または海島型複合繊維を脱海処理して極細繊維化せしめ極細繊維不織布を形成する。これらの方法により得られた不織布はそのまま本発明に適用可能であるが、場合によってはバインダーにより繊維を部分的に結束したものとして用いることも有効である。これは、上記方法で得た不織布を極細繊維化後もしくは前もってバインダーを付与し、バインダーを固化して得られるものであるが、更に好ましくは、かくして得たシートサンドペーパーによるバフ処理等を行ない、必要に応じ少なくとも表面を起毛させたものである。この極細繊維の起毛により表面波の不要振動が抑制されるためである。

0017

この際、バインダーとして用いられる樹脂としては、低モジュラスの樹脂が好ましく用いられ、ポリウレタン、アクリル酢酸ビニルニトリル樹脂などの他一般的バインダーとして用いれられる公知のバインダーが使用可能である。また、極細繊維の特性を有効とするために、バインダー付量は、繊維重量に対し90重量%を超えないようにするが、より好適には50重量%以下である。

0018

更に、本発明では同じ極細繊維からなる材料であっても、バインダーを含浸させないものでも特に好ましい場合がある。特に、ウオーターパンチ処理を施したバインダーレスタイプの不織布は、繊維がより安定して絡み、それでいて繊維間の摩擦阻害する要因がないので、かえって分散して微少摩擦が生じやすく、通常の極細繊維不織布より好ましい。

0019

本発明で用いられる極細繊維は、短繊維でも長繊維でもいいが、長繊維(フィラメント)の方が好ましいことがある。極細繊維からなる織編物は、次のようにして製造することができる。すなわち、2以上の成分からなる分割型複合繊維もしくは海島型複合繊維からなる織編物を製編織し、次いで、分割型複合繊維を分割し、または海島型複合繊維を脱海処理して極細繊維化せしめる。このものにさらにウオーターパンチを施し極細繊維を絡合せしめてもよい。また、極細繊維からなる不織布は、次のようにして製造することができる。すなわち、まず、2以上の成分からなる分割型複合繊維もしくは海島型複合繊維を用いて不織状物を作成し、次いで、分割型複合繊維を分割し、または海島型複合繊維を脱海処理して極細繊維化せしめる。このものにさらにウオーターパンチを施し極細繊維を絡合せしめてもよい。

0020

本発明で用いられる極細繊維からなる材料は、好適には布帛材料として用いられる。上記布帛材料の厚さは、好ましくは、0.1〜5mmであり、より好ましくは、0.5〜3mmである。布帛材料の厚さが厚すぎると振動が全体に伝わりにくくなり、また薄すぎても効果が減少する。極細繊維を用いた不織布は、他の材料と違って、振動、音響エネルギー等を受けて自らが振動するとき、生物にとって、危険な状態などを示す不自然音響振動を発生しないことが重要なポイントである。

0021

本発明において、極細繊維からなる布帛材料が複合される部位には良否があり、本発明においては、携帯電話端末機のマイクやスピーカー本体および/またはそれらの支持部に、あるいは、端末機ボディーの内外表面に、適用することが好ましい。ただし、本発明においては、携帯電話端末機の上記部位以外の他の構成部材の内外表面にも極細繊維からなる材料を複合して、表面波の部材内部への再反射を防止することもできる。そのような部位としては、あらゆる部位で適用可能であり、携帯電話端末機の機能上障害とならず、放熱やコスト等の問題が許す限りなるべく多くの面に実施することが望ましい。

0022

極細繊維を用いることは、振動、音響エネルギーを受けて自らが振動するとき、他の部材と異なって、その固有振動は超高域ホワイトノイズ様にブロード分布しており、小さなピークも持たないことが、不要振動を抑制できる重要なポイントになっていると思われる。

0023

以下に、より具体的な実施態様を、図面を参照して説明する。図1は、本発明の一実施態様に係る携帯電話端末機の横断面を示している。図1において、1は携帯電話端末機全体を示しており、2は端末機1のボディを示している。ボディ2には、マイク本体またはスピーカー本体3が組み込まれており、音声信号は、ボディ2に設けられ外部に開口された孔4を通して入出力される。マイク本体またはスピーカー本体3は、支持部5を介してボディ2に支持されている。

0024

上記のような構成を有する携帯電話端末機1において、本発明に係る単繊維繊度が0.0001から3dtexの極細繊維からなる厚さ0.1〜5mmの布帛材料が、各部に次のように複合されている。本実施態様では、複合は、主として貼り付けによって行われている。本実施態様ではまず、マイク本体またはスピーカー本体3自身の外面に、極細繊維からなる布帛材料6aが複合されている。また、支持部5とマイク本体またはスピーカー本体3との間にも布帛材料6bが介装され、この部位にも複合されている。また、支持部5の表面にも布帛材料6cが複合されている。さらに、ボディ2の内面にも、極力広い範囲にわたって、布帛材料6dが複合されている。本実施態様ではなされていないが、ボディ2の外面に対して布帛材料を複合してもよく、内外両面に複合してもよい。

0025

このように携帯電話端末機1の各部に所定の極細繊維からなる布帛材料を複合することにより、複合された各部の共振を抑制、防止したり、内外の微小振動の伝達を抑制、防止したりでき、マイク本体またはスピーカー本体3における信号にノイズが入ることを抑制、防止することができる。これによってとくに、携帯電話端末機1において伝達される音声の明瞭度を向上でき、ハウリング発生を防止できる。中でも、特に人が音声を聞き分けるとき明瞭度確保に重要な高域の振動ループ遮断して、複合した布帛材料自体が二次的に発生する振動成分まで抑えることができるので、ノイズを極めて小さく抑えることができる。

発明の効果

0026

以上説明したように、本発明に係る携帯電話端末機の改良構造によれば、マイク設置部または/およびスピーカー設置部に対し、特定の極細繊維からなる布帛材料を複合し、微小振動の伝達等を効率よく抑制できるようにしたので、音声の検出、伝達信号に望ましくないノイズ成分が入るのを抑制でき、伝達音声の明瞭度等の特性を広帯域にわたって大幅に向上することができる。

0027

また、単に従来から要求されてきた特性改善にとどまらず、例えば、微少な非定常成分に対し極めて敏感な人の聴覚パターン認識の研究用など、今までにはない新たな応用をも期待できる、画期的な携帯電話端末機を初めて提供することができる。このような携帯電話端末機によれば、特に伝達される音声の明瞭度の向上、聞き取り誤認率の低下、使用者の疲労感の減少、関連注意力低下による事故の防止や判断力低下防止、ストレスレベル低減による病気原因の予防などに寄与することができる。

図面の簡単な説明

0028

図1本発明の一実施態様に係る携帯電話端末機の概略横断面図である。

--

0029

1携帯電話端末機
2 ボディ
3マイク本体またはスピーカー本体
4 孔
5 支持部
6a、6b、6c、6d 布帛材料

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ