図面 (/)

技術 横移動フォークとリブパレットによる立体駐車装置。

出願人 中島鉄雄
発明者 中島鉄雄
出願日 2001年11月16日 (19年1ヶ月経過) 出願番号 2001-390624
公開日 2003年5月21日 (17年7ヶ月経過) 公開番号 2003-147986
状態 特許登録済
技術分野 乗り物を格納するための建築物
主要キーワード 操作機械 昇降ロープ 利用スペース 移動待機 昇降架台 車両空間 次平面 車両スペース
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年5月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

立体駐車場に於て、車両の通路のために使われる上下左右の無駄な駐車空間を少なくし、駐車移動の作動時間を短縮し、電力消費節減をはかる。

解決手段

車両の横移動の通路を上方階層に設け、この通路を横行車台Aに内接させて横移動するフォーク状昇降架台Bと通路に沿った上下左右から所要の位置に移動待機させて載せ取るリブ状パレットCの組み合わせにより、リブ状パレットCで昇降させる車両を上下左右に振り分けて駐車させ、ワンタッチのボタン操作での少ない電力で、無駄な駐車空間と配車時間を極力少なくする。

概要

背景

立体駐車装置に於ては、従来、殆どが駐車位置の車両を出し入れするために前後左右に順次平面移動させる所謂パズル方式が採用されているが、これは、無駄な車両空間がかなり多く、また出し入れにかなりの時間がかかる。

概要

立体駐車場に於て、車両の通路のために使われる上下左右の無駄な駐車空間を少なくし、駐車移動の作動時間を短縮し、電力消費節減をはかる。

車両の横移動の通路を上方階層に設け、この通路を横行車台Aに内接させて横移動するフォーク状昇降架台Bと通路に沿った上下左右から所要の位置に移動待機させて載せ取るリブ状パレットCの組み合わせにより、リブ状パレットCで昇降させる車両を上下左右に振り分けて駐車させ、ワンタッチのボタン操作での少ない電力で、無駄な駐車空間と配車時間を極力少なくする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

立体駐車場に於て、上方階層に設けた通路空間レール3上を横行する横行車台Aに内接せしめて横移動するフォーク状昇降架台Bと、この通路空間に沿って上下左右に配置して所要の位置に移動待機させるリブ状パレットCとからなり、フォーク状昇降架台Bは吊り揚げ昇降可能に横行車台Aに内設させ、横行車台Aの作動に連動して個々のモーターで夫々昇降するリブ状パレットCのリブ2のピッチbを、フォーク状昇降架台Bのフォーク1のピッチaと同一で且つ接触しない位相とし、車両等を搭載し横行車台Aで指定の位置まで到達するフォーク状昇降架台Bと、同じ指定の位置まで移動待機したリブ状パレットCが組み合った時点で、車両をフォーク側の僅かな昇降によりパレット側に載せ替えた後、リブ状パレットCで吊り揚げた車両を、上下左右の駐車空間振り分け駐車させ、無駄な駐車空間と作動時間を極力少なくしことを特徴とした立体駐車装置

技術分野

0001

本発明は、立体駐車場に於て、横移動通路上方階層に設けて、この通路を横移動するフォーク状昇降架台と通路に沿って上下左右に配置して所要の位置に移動待機させて載せ取るリブ状パレットの組み合わせにより、リブ状パレットに載せ替えた車両を、リブ状パレットの吊り揚げ昇降により、上下左右の駐車空間振り分け駐車させ、無駄な駐車空間と作動時間を極力少なくする立体駐車装置に関する。

背景技術

0002

立体駐車装置に於ては、従来、殆どが駐車位置の車両を出し入れするために前後左右に順次平面移動させる所謂パズル方式が採用されているが、これは、無駄な車両空間がかなり多く、また出し入れにかなりの時間がかかる。

発明が解決しようとする課題

0003

従来、殆どの立体駐車装置に於て採用されている所謂パズル方式は、必ず地上面出入りと横行空間及び階層毎に横行と昇降の空間を必要とし、指示した車台の通路を前後左右順次平面移動させるための車両空間を作りながら配分格納又は出庫するため、装置は同時に作動する多数のモーターが必要となり、少なくも各階層に3台〜4台に1台の割合昇降通路が必要で、総体的に無駄な空間が多くなり、収容台数が減少せざるを得ず、土地面積に対する車両駐車の利用スペースが効果的に確保出来ず、又、1個の駐車スペースに入れるのに次々に動かして何か所も開けることになり、入出庫に時間がかかり過ぎて待ち時間が多過ぎる上、入出庫の最後まで車両に眼を放さずに操作ボタンを押し続ける必要があるなど、問題点が多かった。

0004

本発明は、車両の横移動の通路を上方階層に設け、この通路を横移動するフォーク状昇降架台と通路に沿った上下左右から所要の位置に移動待機させて載せ取るリブ状パレットの組み合わせにより、リブ状パレットで昇降させる車両を上下左右に振り分けて駐車させ、ワンタッチのボタン操作での少ない電力で、無駄な駐車空間と配車時間を極力少なくするものである。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、立体駐車装置に於て、上部階層に設けた通路空間レール3上を横行する横行車台Aに、吊り揚げ昇降可能に内接せしめて横移動するフォーク状昇降架台Bの、フォーク1のピッチaを、この通路空間に沿って上下左右に配置して、横行車台Aの作動に連動して個々のモーターで夫々昇降するリブ状パレットCのリブ2のピッチbと同一且つ接触しない位相とし、横行台車Aで指定の位置まで到達する車両等を搭載したフォーク状昇降架台Bと、同じ指定の位置まで移動待機したリブ状パレットCが組み合った時点で、車両をフォーク側の僅かな昇降によりパレット側に載せ替え、車両を載せたリブ状パレットCを昇降させて、上下左右の駐車空間に振り分けて駐車させ、無駄な駐車空間と作動時間を極力少なくしことを特徴とした。

発明を実施するための最良の形態

0006

本発明は、車両の横移動の通路空間を上方階層に設けて、この通路を横移動するフォーク状昇降架台Bと通路に沿った上下左右の配置位置から所要の位置に移動待機させる載せ替え用のリブ状パレットCの組み合わせにより、フォーク状昇降架台Bで吊り揚げた車両を、昇降させるリブ状パレットCに載せ替えた後、上下左右の駐車空間に振り分けて駐車させるもので、ワンタッチのボタン操作での少ない電力で作動させるものである。

0007

フォーク状昇降架台Bは、吊り揚げ昇降可能に横行車台Aに内設させ、リブ状パレットCは、横行車台Aの横行作動に連動する個々のモーターで夫々昇降して指定の位置に移動待機させるものとし、フォーク状昇降架台Bのフォーク1のピッチaは、リブ状パレットCのリブ2のピッチbと同一で且つ接触しない位相とする。

0008

フォーク状昇降架台Bは、地上で車両等を搭載し、横行車台Aのウインチ4のワイヤ5により吊り揚げられて横行車台Aに一体に内接し、通路空間に敷設してあるレール3上を自走モーターで走行横移動する横行車台Aによって指定の位置まで到達する。この時、リブ状パレットCは、横行車台Aの移動に連動して吊り揚げ昇降するロープ6a,6bによって、空車パレットが上部階層の時は下降し、下部階層の時は上昇して、通路空間の同じ指定の位置まで移動待機しており、両者が組み合った時点で、フォーク1群がリブ2のピッチ間に差し込まれて重合する。

0009

この時、フォーク状昇降架台Bの移動距離よりもリブ状パレットCの昇降距離が短いから、リブ状パレットCは減速してあり、馬力小さく電力消費量が少なくて済む。

0010

次に、車両を載せたフォーク状昇降架台Bを僅か降下させてフォーク1群をリブ状パレットCのリブ2のピッチ間に沈めるとフォーク側の車両がパレット側に載せ替えられる。この時点で、横行車台Aはフォーク状昇降架台Bを内接したまま後退して、自由になったフォーク1群をリブ2のピッチ間から抜き出し、昇降Dの位置に戻り、リブ状パレットCは載せ替えた車両を搭載したままウインチのロープ6aか6bにより吊り揚げるか吊り降ろして、上下の駐車空間に振り分けて駐車させる。場合によっては、左右にも移動させる。そしてこの一連の動作はワンタチ操作のコンピューターによる自動制御によるものとする。

0011

今、例えば駐車装置本体を3階建て構造とすると、地上面の1階は、何等の操作機械も出し入れのための通路も必要とせず、車両が地上面を自走で出入庫が自由に出来て、無駄な通路空間のない満杯駐車可能区域となる。

0012

そして2階と屋階は駐車スペースとし、その間の3階が駐車車両の移動する通路空間となり、2階と屋階の駐車スペース1台分毎に夫々個々に昇降ロープを有するリブ状パレットCを設置しておき、フォーク状昇降架台Bに車両を載せた横行車台Aが指定位置に走行して来ると、リブ状パレットCも3階の通路空間の指定位置に昇降して移動待機し、組み合って車両を載せ替えることになる。

0013

本発明に於ては、3階層を車両スペースのない通路空間とするこにより一見無駄なスペースが多いように思われるが、実際には、1階及び2階と屋階が満杯駐車可能区域となることにより、従来のパズル式等に比べて無駄なスペースはかなり少なくなり、構造は単純で、出入庫に要する時間が著しく短縮でき、ワンタッチ操作の自動制御作用により電力消費もかなり節減出来る。

0014

なお、フォーク状昇降架台Bのフォーク1は、夫々基端下底リフトフレーム7に固定支持し、これに平行するサブフレーム8で補強し、リブに組み合うための前方の部分は、サブフレーム8より突き出た片持ち梁の構造とするが、昇降塔Dが建屋の中央に位置する場合などに対応出来るよう、図5のようにリフトフレーム7から逆方向にもフォーク1aを片持ち式に突き出した構造とするも良い。この場合、リフトフレーム7とサブフレーム8の間隔は共通部分となるので、逆方向にもフォーク1aを片持ち式に突き出しても、フォーク状昇降架台の幅は、全体として大きくならず1・5倍程度に止どまる。

発明の効果

0015

本発明によれば、立体駐車場に於て、車両の横移動の通路を上方階層に設け、車両を上下左右の駐車空間に振り分けて駐車させることにより、これに沿う上下階層と地上階を満杯可能の駐車スペースとすることが出来るもので、動作が単純なので、従来の複雑な構造に比べ、制御回路の設計が非常にシンプルで済み、従来のように移動状態監視しながら操作ボタンを押し続ける煩わしさもなく、従来に比べ無駄な駐車空間が極力少なくなり、出入庫に要する時間が著しく短縮でき、ワンタッチ操作の自動制御作用により電力消費もかなり節減出来る効果を奏し得たものである。

図面の簡単な説明

0016

図1本発明の要部を示した斜視図である。
図2本発明のフォークとリブの組み合い状態の斜視図である。
図3本発明のフォークとリブの組み合い状態の一部側面図である。
図4本発明装置の全体正面視図である。
図5フォーク状昇降架台の応用例の斜視図である。

--

0017

A横行車台
Bフォーク状昇降架台
Cリブ状パレットC
D昇降塔
a,bピッチ
1,1aフォーク
2リブ
3レール
4ウインチ
ワイヤー
6a,6bロープ
7リフトフレーム
8 サブフレーム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ